単語記事: <哲学>

編集

<哲学>とは、学問としての哲学を論じる動画につけられるタグである。

<哲学>誕生の経緯

ニコニコ動画における「哲学タグは、「ガチムチパンツレスリング」関連の動画につけられることが常習化しており、以前からごく少数存在していたマジメに学問としての哲学動画は共通タグを失ってしまっていた。そこでガチムチ等との競合を避けるためにいつからか付けられ始めたのがこのタグであるが、このタグがつく動画は「哲学タグ動画べて圧倒的に少ない。

概要

哲学とは何か? それを考えるのも哲学である。 例えば後期のウィトゲンシュタイン多くの哲学的問題は言葉の用法を間違えているだけの無意味な問いでしかないとして、(結果的にだが)分析哲学を生み出した。

簡単に言うと「物事の根本的な真理を探究する行為」が哲学である。探究の対世界であったり(※ただし一教のに限る)であったり人間であったり社会であったり、ときには哲学自身であったりと多様である。

哲学」は明治時代にできた訳であり、元になった古代ギリシャ語のフィロソフィア(φιλοσοφία)は知(ソフィア)をする(フィロ)という意味で、古代ギリシャでは知的探究一般をしていた。その名残で、現在でも学位の博士号のPh.D.は"Doctor of Philosophy"(哲学博士)の略である。

ギリシャ文明を継承した欧州では宗教家法律医師を養成する学・法学・医学を除いた学問一般を哲学と呼び、数学天文学、人文学社会学などもこれに含まれていた。ニュートンのような科学者は自然哲学者と呼ばれていた。

しかし物理学生物学・経済学歴史学など各分野は理論体系や研究方法が整備されてゆくにつれ自立していき、残された領域が哲学と言われるようになっていった。

哲学がわけのわからない役に立たないものという印を持たれているのは、論理学・倫理学・美学(それぞれ・善・美に対応)のような抽的な領域や、研究方法などが確立していない分野を扱うのが仕事になっているためと思われる。

なお、哲学と重なり合う部分のある知的探究は世界各地の文明で古くから行われており、それらを西洋の立場から捉える時はインド哲学イスラム哲学中国哲学仏教哲学などと呼ぶ場合がある。ただし、例えばインドでは哲学的思考と宗教的実践は別のものではないと考えるので、哲学の部分だけを取り出すことは難しい。インドの流れを仏教も、座のような瞑想抜きでは全体像を捉えられない。苛政治闘争や戦争が多かった中国の場合、政治哲学を切り離すことはできない。

こうした難点がありながらも、近代化の果てに行き詰まった感のある西洋文明にとって何かヒントはないか、と関心を持って研究を進める欧の学者は存在する。実際、西洋文明は宗教から陶磁器まで、外部からいろいろなものを吸収してきた歴史がある。

哲学関連項目一覧

西洋の哲学者

ギリシア哲学 自然哲学
ソフィスト
ソクラテス以降
近世哲学 哲学
ドイツ観念論
合理
近代哲学 物論
政治
実存
哲学
ポスト構造
現代哲学 政治哲学

中国の哲学者

中国には諸子や朱子・王陽明など他にもたくさんいるが、記事として作成された人物は少ない。

日本の哲学者

日本には儒学者や中江兆民など他にもたくさんいるが、記事として作成された人物は少ない。

哲学用語など

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

関連タグ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%3C%E5%93%B2%E5%AD%A6%3E
ページ番号: 205782 リビジョン番号: 2413976
読み:テツガク
初版作成日: 08/06/06 00:22 ◆ 最終更新日: 16/10/07 06:30
編集内容についての説明/コメント: 関連商品の項目自体を追加、『史上最強の哲学入門』2冊追加。ゆるい文体からくる流れるような哲学史は見事 出典が無いのが玉に瑕
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

<哲学>について語るスレ

297 : ななしのよっしん :2017/01/28(土) 00:44:12 ID: +e6orM7QkT
>>296
それは哲学が活躍しているというより
Googleが利用している諸要素の中の一つが哲学である、ということなのでは?
もちろんGoogleにしてもネットにしても、その土台をどんどん辿れば古代哲学に行き着くが
直接的な土台は何か?と言えば、ITだし

ITによって活躍できるフィールドが広がっているのは、哲学以外も同じでしょ?
しかもITと不可分な情報工学や電子工学等は、指数関数的にめちゃ拡大してる

IT化が広がると
哲学や人文学は、副次的に広がる可性がある
IT根本原理である理系学問は、必然的に広がる(というか広がるしかない)
298 : ななしのよっしん :2017/02/01(水) 07:26:20 ID: ycIR9bMP+u
>>297
別に自分はこれから哲学は「他の分野とべて」伸びていくとは
言っていないので、「他の分野はもっと伸びる」なんて
当たり前のことを摘されても「そうですね」以外の感想はないな
299 : ななしのよっしん :2017/02/05(日) 23:48:54 ID: 5K+BKWWFeV
何故それを問題にしているのかがわかれば、それは工学です
何故それを問題にしているのかがわからなければ、それは理学です
そして、そもそも何が問題になっているのかさえわからないならば、それは哲学です

なんてジョーク(?)をふと思いついたが、どこまで的を射ているもんだろうか
あるいは、思いっきし的外れなジョークだろうか
300 : ななしのよっしん :2017/02/11(土) 17:09:55 ID: J1LFjVm707
>>299
マジレスしちゃうと
問題の具体的解決法をさぐるのが工学
問題を糸目を付けずに解決しようとするのが理学で
「なぜそれが問題なのか」を考えるのが哲学
だから
問題の実践的解決法が分らなければ、それは工学です
問題の解決法が全く分からなければ、それは理学です
問題にしている理由が分らなければ、それは哲学です
とすべきだろう
「何が問題になっているのかさえわからない」ならばそれは問題がにも認識されていない事に等しいのだから哲学ですらない
301 : ななしのよっしん :2017/02/14(火) 01:59:45 ID: odx1YPIuiX
ここは哲学者の記事が少ないよなあ。自分で書きたいぐらいだが一人ひとり著作と思想を網羅していくとなるとかなりが折れそう
302 : ななしのよっしん :2017/02/20(月) 07:54:36 ID: Tz0js4HmgT
他の分野の学者よりは相対的に充実してるんじゃない?>哲学者の記事
303 : ななしのよっしん :2017/03/23(木) 01:01:10 ID: Ej5PbwKbru
問題を解決するのが工学
問題を説明するのが理学
問題をそのままにするのが哲学

と個人的にはいいたい。
304 : ななしのよっしん :2017/04/02(日) 07:34:17 ID: nvHLYLEhFV
問題をあぶり出すのが哲学:人はどうしてのようにを飛べないのか?
問題の解法を探るのが理学:空気で押して揚で飛んでいる
問題を解決するのが工学:人を飛ばせる揚を生む装置作った

問題の種類にも色々あるけど解決担当の工学以外(哲学、理学)は定位置だな。
305 : ななしのよっしん :2017/04/09(日) 21:06:12 ID: SzbdzwRKs4
>>296 >>298
工学フィールドが伸びて哲学を吸収中であることと
哲学フィールドそのものが伸びることは違う
306 : ななしのよっしん :2017/05/22(月) 16:06:50 ID: 0yFWEZAgY8
哲学って「学問」じゃないよな

なぜ?って最初につければ疑問を持てるんだから大した労じゃないし、問題をあぶりだすのにわざわざ「哲学」とやらを学ばなきゃいけないわけでもないんだから(人はどうして飛べないのか?の疑問を持つのに哲学は必要ないが、解法には理学、解決には工学が必要)。

で、現実に「哲学やってます」って人がすることと言えば偉い人の引用といった「哲学史」の勉強。

上で言ってた「言葉がどのように文脈によって定義されるのか」の理論だって、客観性や理論を組み立てて「言葉」について試行してるならそれは「哲学」より「言語学」って言ったほうがいいんじゃねーの?(形上学は結構言葉遊びで終わってる感があるけど)

まぁ「疑問を持つ」思考が学問の始まりだというのにそれほど異論はないとは思うけど、実際の現場じゃ言葉遊びで終わって客観性も再現性もないことを言う人が「哲学はすべての学問の起ニダ」とか言っても何言ってんだコイツって評価になるのは仕方ない
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015