編集  

<哲学>単語

テツガク

<哲学>とは、学問としての哲学を論じる動画につけられるタグである。

<哲学>誕生の経緯

ニコニコ動画における「哲学タグは、「ガチムチパンツレスリング」関連の動画につけられることが常習化しており、以前からごく少数存在していたマジメに学問としての哲学動画は共通タグを失ってしまっていた。そこでガチムチ等との競合を避けるためにいつからか付けられ始めたのがこのタグであるが、このタグがつく動画は「哲学タグ動画べて圧倒的に少ない。

概要

哲学とは何か? それを考えるのも哲学である。 例えば後期のウィトゲンシュタイン多くの哲学的問題は言葉の用法を間違えているだけの無意味な問いでしかないとして、(結果的にだが)分析哲学を生み出した。

簡単に言うと「物事の根本的な真理を探究する行為」が哲学である。探究の対世界であったり(※ただし一教のに限る)であったり人間であったり社会であったり、ときには哲学自身であったりと多様である。

哲学」は明治時代にできた訳であり、元になった古代ギリシャ語のフィロソフィア(φιλοσοφία)は知(ソフィア)をする(フィロ)という意味で、古代ギリシャでは知的探究一般をしていた。その名残で、現在でも学位の博士号のPh.D.は"Doctor of Philosophy"(哲学博士)の略である。

ギリシャ文明を継承した欧州では宗教家法律医師を養成する学・法学・医学を除いた学問一般を哲学と呼び、数学天文学、人文学社会学などもこれに含まれていた。ニュートンのような科学者は自然哲学者と呼ばれていた。

しかし物理学生物学・経済学歴史学など各分野は理論体系や研究方法が整備されてゆくにつれ自立していき、残された領域が哲学と言われるようになっていった。

哲学がわけのわからない役に立たないものという印を持たれているのは、論理学倫理学・美学(それぞれ・善・美に対応)のような抽的な領域や、研究方法などが確立していない分野を扱うのが仕事になっているためと思われる。

なお、哲学と重なり合う部分のある知的探究は世界各地の文明で古くから行われており、それらを西洋の立場から捉える時はインド哲学イスラム哲学中国哲学仏教哲学などと呼ぶ場合がある。ただし、例えばインドでは哲学的思考と宗教的実践は別のものではないと考えるので、哲学の部分だけを取り出すことは難しい。インドの流れを仏教も、座のような瞑想抜きでは全体像を捉えられない。苛政治闘争や戦争が多かった中国の場合、政治哲学を切り離すことはできない。

こうした難点がありながらも、近代化の果てに行き詰まった感のある西洋文明にとって何かヒントはないか、と関心を持って研究を進める欧の学者は存在する。実際、西洋文明は宗教から陶磁器まで、外部からいろいろなものを吸収してきた歴史がある。

哲学関連項目一覧

西洋の哲学者

ギリシア哲学 自然哲学
ソフィスト
ソクラテス以降
近世哲学 哲学
ドイツ観念論
合理
近代哲学 物論
政治
分析
実存
哲学
ポスト構造
現代哲学 政治哲学

中国の哲学者

中国には諸子や朱子・王陽明など他にもたくさんいるが、記事として作成された人物は少ない。

日本の哲学者

日本には儒学者や中江兆民など他にもたくさんいるが、記事として作成された人物は少ない。

哲学用語など

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

関連タグ


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%3C%E5%93%B2%E5%AD%A6%3E
ページ番号: 205782 リビジョン番号: 2527687
読み:テツガク
初版作成日: 08/06/06 00:22 ◆ 最終更新日: 17/09/28 12:55
編集内容についての説明/コメント: 哲学者にエーリッヒ・フロム追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

<哲学>について語るスレ

345 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 21:17:58 ID: 5GhoKCOTvC
>>343
批判するにせよ(ry)現状を知るということには常に過去の営みを振り返ることが付きまとうんちゃうかな?
思うに「◯◯の歴史の現状」を知るには、◯◯の過去の営みを振り返る必要は一定度あるだろうけど、「◯◯の現状」とは直接的関係がいのでは? 例えば、精健康の現状。
>【どこまで分かる その検鬱病の血液検 2000人の測定で精度は88以上
https://bit.ly/2zBVMts
>「血液で鬱病を測る」臨床研究が進められている。「PEA検」と呼ばれ、5ccほど採血をするだけ。開発した「川村総合診療院」(東京都港区)の川村則行院長が説明する。
>「この検は、血液の血漿(けっしょう)中に含まれる『リンエタノールアミン(PEA)』という非常に小さい化合物の濃度を測定します。その数値によって本当に鬱病なのか、鬱病であれば治療でどの程度よくなったかの善度も分かります」
>「当院の鬱病の患者さんは生活善も含めた治療で、ほとんどが1年半あれば治っています。だから他院で2年経過しても治らなければが適切でなかったり、診断が間違っていたりする可性があります」

>例えば勇気とか節制といった徳について考える時、古代人と現代人が考えるのとでそんなに違うとこあるかな?
古代人が思想や文献等から哲学的に考えるのと、現代人が血中物質等から生化学的に考えるのとでは、大分違うと思う。今の医学上、「徳」について客観的定義はいが、「うつ病」にはある。
https://bit.ly/2LcQgC8
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
346 : ななしのよっしん :2018/07/15(日) 21:39:29 ID: 5GhoKCOTvC
>>343
あと、入した言葉やツイートから筆者の特徴を推定する人工知能があって、Personality Insightsで使える
https://personality-insights-demo.ng.bluemix.net/

言葉でられるものは、「徳」や哲学に限らず日常会話とか、数にあるけど。言葉について考える時、古代人の考えとAIの考えとでは全然違う。

そして、医学AI情報工学)が考えて出した分析結果について、現代の人間は考えることができるが、故人や過去の人間にはできない。そういう新技術が明した言葉やデータについて考えることができるのは、新技術登場以降の人間に限られる。
その点から見ても、哲学過去の中における「普遍性」が、果たして哲学過去の外に存在するのか疑問。
347 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 00:48:15 ID: VcQPhS8bFi
この人こわい・・・
348 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 15:07:16 ID: qADh/TiLE3
最近はどこに行っても人工知能の話が出てるな
349 : ななしのよっしん :2018/07/16(月) 15:16:58 ID: IgVz0p4Ypm
人間種以外の、しかも人間が作った理性なんて歴史上始めてだからな。そりゃ議論にもになるよ
350 : ななしのよっしん :2018/07/21(土) 17:41:27 ID: 7cKFG+sgGZ
>>346
宇宙論や人間原理など科学的な新発見を元にした理論、環境問題や生命倫理など現在もなお論争的でなおかつ実現性が拡大している最中のものは確かに、過去めるにしても限界があるが、哲学ってあくまでも普遍性を問う学問領域であるから、現在とは時間的隔絶があるから直ちに過去の学問の成果が現在に還元されないと考えるのは少し疑問。

例えば倫理については、人間や自己、自然といった定義を用いる事があるが、これらは積み重ねがあってこそ現在に応用できる。
過去議論視して一からやり直しても良いけど、過去議論を知ることは議論の節約や温故知新的効果もあるんじゃないか。
あなたの考える人工知が将来解決を出すとしてもそれにはインプットがなきゃいけないわけだし、積み重ねを一顧だにしないのはなんか変な気がする。
いや、人工知能はこれまでの人類とは隔絶した存在であって、過去議論全てが意味を持たない、例えば喩として「コウモリであるとはどのようなことか」というのがあるが、独論さえ通用しないような意識の主観性について問いかける存
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
351 : ななしのよっしん :2018/07/21(土) 17:50:18 ID: 7cKFG+sgGZ
まあどうせだから人工知能哲学についてもっと深めても良いとは思うが、そもそも話の通じる相手なのかな。つまり人間が人工知能について考えても実際人工知能ったことになるのかな。
例えば、人間に近い存在としてなど動物畜が挙げられたり、人間の意識を反映したものとして古くから音楽演劇スポーツなど身体表現、近年は映像などが取り上げられるけど、それで意識自体に達するわけではないし、未だに物理的なと意識の関係性は隔絶したものとして捉えられてるよね。
社会性や感情といった面で動物を観察したり、社会性などを呼び起こす表現形式というのは視出来ないけど、意識の原初状態とは関係があるともないとも言い切れないというか。

多分同じことは人工知能が発達しても解決するか分からないんだよね。そもそも人間のが全体を把握するにも限界を抱えてたりして。
あとが知ってるのは、人間がバージョンアップしてポストヒューマンとして「人工知能化」することだけど、それってもう人類じゃないよね。なる前の事は最分からないと思う。
もなんと
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
352 : ななしのよっしん :2018/07/21(土) 18:02:06 ID: 7cKFG+sgGZ
>>344
言語学者って哲学者とそんなに違うの?例えば「事典・哲学の木」って講談社から出ているけど、確かに広辞苑よりは踏み込んだ内容だが、それが優劣関係にあるかは分からないと思う。
それに広辞苑は少なくとも学会とかは関係ないよね。大学広辞苑を参考図書に挙げたらまずど意味あるものとしては受け取ってもらえないよ。普通に論文を参考にして書いた方が評価上がる。
別に広辞苑が全て役に立たないわけじゃないしむしろ新聞記事や小説での表現を扱うのには有用だけど、それだとしても小説を知るには辞書だけじゃ限界があるし、辞書がめる一般性と辞書が扱う言葉や領域それ自体とはまた隔絶があるというか。

あと広辞苑といった一般的な辞書と数理言語学はまた違う問題のような。なんか、あなたからは人工言語を理想的に抽出しすぎてる感じがする。ベタに言うなら数学こそ真理みたいな?
いや、それならそうと言ったほうが問題が分かりやすいんだが、辞書と数学を一緒にしてると何がしたいの分からないので、もう少し説明む。
353 : ななしのよっしん :2018/07/21(土) 18:13:48 ID: 7cKFG+sgGZ
あと哲学者が言語学者と違うって発想がどこから来ているのか分からないが、言ってど全ての人類が扱っているから、専門領域としては違うかもしれないけど、例えばカント研究者は言葉を用いるのは当然として言語学内部の議論とは直接は関係ない、全ての哲学者が言語学議論を利用したり参照関係にないわけじゃないよね。
例えば、日本だと永井均や三浦論理学、分析哲学の研究を用いて哲学的な思考を披露してるけど、あの人達がやっている事を「ここからは哲学、ここからは言語学」と切り分け出来るのだろうか。
他の領域でも多分そうだけど、物理学者であり哲学者でもあったりするようなのってそこまで禁欲的に分けなきゃいけないの?
そもそも哲学って特に名しづらい幅広い領域だから「〇〇哲学」って呼ばれてると思う。
言語学者も言哲学というものとして扱えばいいだけでは?あなたが言語学者を代表してるなら良いけど、「自分が考える言語学者」を少し強調しすぎてる感じ受ける。
論似たことは論理義と呼ばれた領域で言ゲームを取り上げる事である程度有用な課題抽出出来たけど、それも
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
354 : ななしのよっしん :2018/07/21(土) 18:28:48 ID: 7cKFG+sgGZ
あと小さな事かもしれないけど、「徳」って結構実社会だと大事じゃね?倫理という領域の中心的概念でしょ。「徳」と精医学が直接較出来るかは分からないけど、同じこと考えるなら「気」とか五行説かな。も詳しくないから受け売りだけど、悪い部分を抽出して排除すれば病気が治ると思われていたらしい。
割と現代医学も患部を摘出するから全部間違いとも言わないが、血を理やり出すとかあまり関係ない事もやられてたから確かにもはや効な事のが多い。直接役立てるとしてもヒポクラテスの誓いとかくらいかもな。
あと言わずもがなだと思うが、精や意識は統計とか科学じゃまだ達成可かどうかすら分からないと思うぞ。病気など器質的疾患、環境による問題については現代医学は驚くべき進歩を精についてももたらしたけど、じゃあ意識という存在が分かったって言ってる人寡聞にして知らない。
もし言ってる人いたらが間違ってただけだからいいけど。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829