単語記事: μ's

編集

μ'sミューズ)とは、薬用石鹸電撃G's magazineのユーザー参加企画として開始したメディアミックス作品『ラブライブ!』に登場するアイドルユニット名であり、そのキャラクターボイスを担当している9名で構成される声優ユニット名でもある(後者の場合、μ's from ラブライブ!と表記されている場合もある)。

声優ユニットとしては、ランティス所属。

概要

劇中での音ノ木坂学院スクールアイドルユニットの名称。読みの「ミューズ」はギリシャの文芸を司る女神たち「ムーサ」に由来する。ちなみに薬用石鹸ネタは公式で許可を取っているとのこと。

リアルの声優ユニットとしては、Animelo Summer Liveに2012年から毎年出演しているほか、単独ライブも何度か開催している。2015年には、声優ユニットとしては異例となる紅白歌合戦やミュージックステーションへの出場を決定。雑誌企画からスタートしたものの、アニメ化によって知名度が格段に上がった。

2015年12月、東京ドームでの最後のワンマンライブおよびファイナルシングルの発売を発表。2016年3月31日・4月1日にファイナルライブが開催された。「解散」とはしていないものの、声優ユニットとしては事実上の活動終了となった。

電撃G's magazineユーザー参加企画

電撃G's magazineでの企画開始当初は導入部分以外ストーリーラインは明かされておらず、CDに収録されたボイスドラマや電撃G's magazine誌上に掲載されたインタビュー形式のショートストーリーで断片的に描かれるのみであり、その後に開始した漫画、アニメでμ's結成の経緯が明らかになった。

ユニット名は電撃G's magazine誌上で実際にユーザーから募集し、応募された物の中から製作側が5つに絞り込んだ候補の中から読者の最も投票の多かったμ'sに決定された。
μ'sのユニット名を投稿した読者は、PV、アニメのEDスタッフロールに「ユニット名考案」でクレジットされている。
また1stシングル「僕らのLIVE 君とのLIFE」発売時はユニット名がまだ決まっていなかった為、企画名である「ラブライブ!」をユニット名として使用している。

なお、その後3人ずつ分けるユニット分けが行われているが、これは穂乃果、海未、絵里がそれぞれ曲を思いついたのでユニット分けしようと言う流れによるもので、ユニット分け・ユニット名は読者投票で決まっている。ちなみに当時は真姫、絵里、にこぐらいしかキャラが立っていない中、3人ともBiBiに集まってしまったため、Printemps、lily whiteはどうなるのか状態であったが、ユニット分けのおかげで残りの6人もキャラが確立することになった。

アニメ(第1期)

※以下ネタバレにつき反転

穂乃果は学院を存続させる為、学院のいい所をアピールして新入生を集めようと海未、ことりに提案するも、思いつくものは学院の伝統ばかりで結局いい案が浮かばず暗礁に乗り上げる。
落胆する穂乃果は妹の雪穂に人気校「UTX学院」の事を聞き、生徒集めのヒントを探るため偵察に赴く。
UTX学院の人気スクールアイドルユニット「A-RISE」に衝撃を受け、各地のスクールアイドルの事を調べる内にスクールアイドルこそが生徒を集める最良の手段であると確信した穂乃果は海未、ことりにアイドル活動を提案する。

ループ名を決める際、穂乃果が「穂乃果・海未・ことり」「陸・海・空」を提示するも却下。アイデアが浮かばなかった穂乃果は注目を集める意味もこめて公募BOXを設置。その中に1枚だけ入っていた「μ's」に決まる。その後、花陽、凛、真姫、にこが加入して7人となり(この時になんだかんだで穂乃果がリーダーで確定する)、最終的に絵里、希が加わって9人となった。この時、「μ's」と書かれた紙を入れたのは希であることが判明する。

そして、ラブライブ!出場へ向けて活動していくが(出場条件は上位20位に入ること)、屋上でのライブ直後に穂乃果が倒れたことでラブライブ!への出場は無しとなった。さらにことりが留学することになったことや、廃校が取りやめとなり意義を見失った穂乃果がやめると言ったため、μ'sの解散の危機となった。しかし、他のメンバーを穂乃果が説得し、穂乃果がことりを引き止めたことから、μ'sとしての活動を続けることになった。

アニメ(第2期)

※以下ネタバレにつき反転

第2回ラブライブ!が開催されることが決まり、μ'sのメンバーも出場も決める(当初、穂乃果は出場する意思が無かったが、μ's9人でラブライブ!に出場できるのはラストであったことから、出場することを決めた)。今回のラブライブ!は地区予選上位4グループが最終地区予選に出場し、最終地区予選で1位通過で、本大会出場となる。このため、地区予選では前回優勝のA-RISEとぶつかることになるため、恐れられていたが、穂乃果は恐れることはなくチームを引っ張り、地区予選は4位で通過となった(1位はA-RISE、2位はeAst heArt、3位はMidnight cats)。その後、最終地区予選はA-RISEを破って優勝。本大会に東京都代表として出場を決めた。

本大会出場に向けてキャッチフレーズをつけることになったが、なかなか決められない。しかし、μ'sは多くの人に支えられていることに気づき、最終的にμ'sの原動力となる言葉として「みんなで叶える物語」とつけた。
そして、μ'sは本大会を前にラブライブ!が終わったらおしまいにすることを決めたのであった。

最終的にμ'sは本大会で優勝を果たす。こうしてμ'sはおしまい・・・かと思いきや、卒業式当日に突然重大な何かが起ころうとしているのであった・・・。

映画

※以下ネタバレにつき反転

第3回ラブライブ!がアキバドームで開催されることを検討していることを知ったμ'sは、大会主催者からの呼びかけで、ドームライブを開催へ導くため、スクールアイドルをアピールすることになり、ニューヨークに行くことになった。ちょっとしたドタバタはあったものの、無事にニューヨークでのライブは成功し、日本に帰国。

ところが、秋葉原を始め日本各地で、海外ライブをしたμ'sが話題になっており、μ'sはたちまち有名人に。また、μ'sをおしまいにすることをメンバー以外に発表していなかったため、皆が次のライブを待っていることを知る。そこでμ'sの活動終了を知らせる最後のライブを開催することを決めるが、話の途中で理事長からドームでのラブライブ!を成功させるためにμ'sを続けて欲しいと言われる。しかし、既に3年生が卒業したら、μ'sは解散すると決めていたため、穂乃果はμ'sを今後どうするか迷い始める。
その後、3年生は話し合った上でスクールアイドルを終わりにしたほうがいいと結論を出し、穂乃果も雪穂や亜里沙、A-RISE、女性シンガーの話を聞いて、μ'sはおしまいにすることを決める。

これではドームライブの開催は危ういと思われていたが、穂乃果がスクールアイドルの合同ライブを開催させることを提案。これにμ's全員が協力して、他のスクールアイドルに呼びかけたところ、A-RISEを始め、多くのスクールアイドルが参加してくれた。
合同ライブの前日にμ'sの活動終了を宣言。合同ライブは無事に成功。

そして、μ'sは最後のライブを開催して、活動を終了したのであった。

漫画

※以下ネタバレにつき反転

1年生の穂乃果は廃校を阻止するために、剣道の大会で優勝を果たすが、入学者数は減少する一方であった。失意の穂乃果はたまたまUTX学園を訪れ、「A-RISE」のライブに参加。そこでスクールアイドルの存在をしる。幼なじみのことり、後輩で友達の凛、花陽とスクールアイドルを結成する。海未は剣道部からスクールアイドルになった穂乃果を責めたが、本気だとわかるとスクールアイドルに合流した。

穂乃果たちは廃校を阻止するための最後のチャンスと言える「ラブライブ!」に出場することを決めたが、「ラブライブ!」に出場するためには9人の部員と顧問が必要とわかる。このため部員・顧問探しが始まったがなかなかうまくいかない。その後、部員が1人しかいないために廃部寸前だった超常現象研究会と、アイドル部を統合することで顧問の問題は解決。超常現象研究会の希が合流した。さらに「ラブライブ!」優勝者に与えられるUTX学園の無試験編入枠を目指す真姫とにこが合流。
これで部員はあと1人となり、最後に生徒会長の絵里に声をかけたが、絵里は生徒会長の仕事が忙しいことから入部を拒否する。しかし、練習風景に心を動かされ、ついに入部。こうしてアイドル部は9人が揃い、スクールアイドルとして本格的に活動を開始するのであった。

漫画では「μ's」の名前は穂乃果がエントリーシートにチーム名を書く時に「アイドル部じゃかっこ悪い」と言う理由で勝手に考えたものとなっている。

メンバー

名前 CV 所属ユニット イメージカラー サイリウムカラー
高坂穂乃果(こうさか ほのか) 新田恵海 Printemps 山吹色 オレンジ
絢瀬絵里(あやせ えり) 南條愛乃 BiBi 水色 水色
南ことり(みなみ ことり) 内田彩 Printemps グレー
園田海未(そのだ うみ) 三森すずこ lily white 青、群青
星空凛(ほしぞら りん) 飯田里穂 lily white にこりんぱな ターコイズ 黄色
西木野真姫(にしきの まき) Pile BiBi 朱色
東條希(とうじょう のぞみ) 楠田亜衣奈 lily white バイオレット
小泉花陽(こいずみ はなよ) 久保ユリカ Printemps にこりんぱな 黄緑
矢澤にこ(やざわ にこ) 徳井青空 BiBi にこりんぱな ショッキングピンク ピンク

イメージカラーについてはhttps://twitter.com/kisalantis/status/81511663802662912より。ただし、2015年現在はイメージカラーは、事実上サイリウムカラーの色に移行しているようである。
サイリウムカラーについては「ラブライブレード! →NEXT」の配色名を参考にしていますが表の背景色と実際の発光色は違います。

コール&レスポンス

ライブイベント等で行われる定番のコール&レスポンスを記載する。

  • 高坂穂乃果(新田恵海):「せーのっ!」と言った後に、一緒に「ファイトだよっ!」と言う。
    • このコール&レスポンスはTwitterで告知されたものである(リンク)。
  • 絢瀬絵里(南條愛乃):「かしこいかわいい~?」と言った後に、「エリーチカ!」と返す。
    • 元ネタは「KKE(かしこいかわいいエリーチカ)」。
  • 南ことり(内田彩):「ことりのおやつにしちゃうぞー!」と言った後に、「ちゅんちゅん」と返す。
    • ただし、本人があまり使わない上に「ことほのまき」でのみ告知されたコールであるため、あまり知られていない。ファイナルライブで使われた際には、本人は「(返しについては)特に決め事は無い」と言っていた。
  • 園田海未(三森すずこ):「ラブアローシュート!」「ぴゅんぴゅんぴゅん」と言った後に、「うっ!」と返す(打たれる様子を表す)。
    • 「うっ!」のレスポンス部分は、5thライブ2日目に決まったもので、それまでは盛り上がるだけであった。
  • 星空凛(飯田里穂):
    ①「にゃんにゃんにゃーん!」と言った後に、「にゃんにゃんにゃーん!」と返す。
    ②「凛ちゃんと言えば~?」と言った後に、「イエローだよー!」と返す。
    • ①については、上海Fan Meetingあたりから「みんなも一緒にー?」と言った後に、「にゃんにゃんにゃーん!」と返すようになっている。
    • ②については、「にこりんぱな」で決まったコール。当初は凛のブレードカラーはターコイズブルーであったが、2ndで黄色に変更になり、このコール&レスポンスが使われた。
  • 西木野真姫(Pile):「真姫ちゃんかわいい~?」と言った後に、「かきくけこー!」と返す。
    • 1stライブでのSDドラマが元ネタ。正確には「真姫ちゃん○○○○」の○の先頭1文字の行を返す。例えば「さいたま~?」なら「さしすせそ」であり、「ファイトだ~?」なら「はひふへほ」と返す。
  • 東條希(楠田亜衣奈):「希パワー注入!はーい、ぷしゅ!」と言った後に、「いただきました!」と返す。
    • これには動作があり、注入される時には手を前に出し、「ぷしゅ!」の時に胸元に手を寄せるものである。しかし、あまり知られていないようだ。
  • 小泉花陽(久保ユリカ):「だれかたすけてー!」と言った後に、「ちょっと待っててー!」と返す。
    • にこりんぱなで徳井青空が考えだしたコール。
  • 矢澤にこ(徳井青空):
    ①「にっこにっこにー!」と言った後に、「にっこにっこにー!」と返す。
    ②「大銀河宇宙~?」と言った後に、「ナンバーワン!」と返す。
    • ②については、「にこりんぱな」で決まったコール。

相互呼称表

媒体(CDドラマ、漫画、TVアニメ、スクフェスなど)によって呼称が異なるため、全ての呼称を記載する。なお、TVアニメ版については1期10話以降の呼称を記載。

  呼ばれる側
 
穂乃果 絵里 ことり 海未 真姫 花陽 にこ
私|穂乃果 絵里ちゃん ことりちゃん 海未ちゃん 凛ちゃん 真姫ちゃん 希ちゃん かよちゃん|花陽ちゃん にこちゃん
穂乃果|穂乃果ちゃん ことり 海未 真姫 花陽 にこ
穂乃果ちゃん 絵里ちゃん ことり|私 海未ちゃん 凛ちゃん 真姫ちゃん 希ちゃん かよちゃん|花陽ちゃん にこちゃん
穂乃果 絵里 ことり 真姫 花陽 にこ
穂乃果ちゃん 絵里ちゃん ことりちゃん 海未ちゃん 真姫ちゃん 希ちゃん かよちん にこちゃん
穂乃果 エリー|絵里 ことり 海未ちゃん|海未 凛ちゃん|凛 かよちん|花陽 にこちゃん
穂乃果ちゃん 絵里ち ことりちゃん|ことりっち 海未ちゃん 凛ちゃん 真姫ちゃん ウチ かよちん|花陽ちゃん にこっち
穂乃果ちゃん 絵里ちゃん ことりちゃん 海未ちゃん 凛ちゃん 真姫ちゃん 希ちゃん 花陽|私 にこちゃん
穂乃果ちゃん|穂乃果 絵里ちゃん|絵里 ことりちゃん|ことり 海未ちゃん|海未 凛ちゃん|凛 真姫ちゃん|マッキー かよちん|花陽 にこ|私


穂乃果
絵里
ことり
海未
真姫
花陽
にこ
 

ディスコグラフィ

※順位はオリコン調査によるもの。

背景色がのものは日本レコード協会よりゴールドディスク認定を受けた作品。

シングル

- No. シングル名 発売日 順位 備考
1 1st 僕らのLIVE 君とのLIFE 2010/8/13
(夏コミ限定版)
2010/8/25
(通常版)
167位 「ラブライブ!」名義
センターポジション:高坂穂乃果
2 2nd Snow halation 2010/12/22 74位 センターポジション:高坂穂乃果
3 3rd 夏色えがおで1,2,Jump! 2011/8/24 62位 センターポジション:矢澤にこ
4 4th もぎゅっと"love"で接近中! 2012/2/15 31 センターポジション:高坂穂乃果
5 5th Wonderful Rush 2012/9/5 30位 センターポジション:南ことり
6 - 僕らは今のなかで 2013/1/23 12位 テレビアニメ第1期オープニングテーマ
7 - きっと青春が聞こえる 2013/2/6 8位 テレビアニメ第1期エンディングテーマ
- - ススメ→トゥモロウ/
START:DASH!!
2013/2/20 11位 (参考)テレビアニメ第1期挿入歌
「高坂穂乃果、南ことり、園田海未」名義
8 - これからのSomeday/
Wonder zone
2013/3/6 7位 テレビアニメ第1期挿入歌
9 - No brand girls/
START:DASH!!
2013/4/3 5位 テレビアニメ第1期挿入歌
- - LONELIEST BABY 2013/9/25 -- テレビアニメ第1期BD7巻特典CD
10 6th Music S.T.A.R.T!! 2013/11/27 5位 センターポジション:西木野真姫
11 - タカラモノズ/Paradise Live 2014/1/29 4位 ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル
書き下ろし
- - ENDLESS PARADE 2014/1/29 -- μ's 4th Live
チケット最速先行販売限定CD
12 - それは僕たちの奇跡 2014/4/23 3位 テレビアニメ第2期オープニングテーマ
13 - どんなときもずっと 2014/5/8 2位 テレビアニメ第2期エンディングテーマ
14 - ユメノトビラ 2014/5/28 3位 テレビアニメ第2期挿入歌
15 - Love wing bell/
Dancing stars on me!
2014/6/11 3位 テレビアニメ第2期挿入歌
16 - KiRa-KiRa Sensation!/
Happy maker!
2014/7/9 3位 テレビアニメ第2期挿入歌
17 - Shangri-La Shower 2014/10/1 5位 『ラブライブ! School idol paradise』主題歌
- - そして最後のページには 2014/12/25 -- テレビアニメ第2期BD7巻特典CD
- - Dreamin' Go! Go!! 2015/1/14 -- μ's 5th Live
プレミアムチケット限定CD
18 - ミはμ'sicのミ 2015/4/22 5位 『電撃G's magazine』コラボシングル
19 - Angelic Angel/
Hello,星を数えて
2015/7/1 2位 『ラブライブ!The School Idol Movie』
挿入歌
20 - SUNNY DAY SONG/
?←HEARTBEAT
2015/7/8 2位 『ラブライブ!The School Idol Movie』
挿入歌
21 - 僕たちはひとつの光/
Future style
2015/7/15 2位 『ラブライブ!The School Idol Movie』
挿入歌
22 - HEART to HEART! 2015/10/28 3位 ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル
書き下ろし
- - これから 2015/12/15 -- 『ラブライブ!The School Idol Movie』
BD特典CD
23 - MOMENT RING 2016/3/2 2位 Finalシングル

アルバム

- No. アルバム名 発売日 順位 備考
1 1st μ's Best Album Best Live! collection 2013/1/9 12位 ベストアルバム
2 - 天使たちの福音〜feat.μ's〈ラブライブ!〉 2013/4/24 61位 『神様と運命革命のパラドクス』
コラボレーションアルバム
3 2nd μ's Best Album Best Live! collection II 2015/5/27 1位 ベストアルバム

ライブイベント

これまでにμ's単独のライブイベントは6回開催されている。

  • μ's First LoveLive!(横浜BLITZ、2012年2月19日開催)
    記念すべき最初のライブイベント。テレビアニメ化が発表される。
  • μ's New Year LoveLive! 2013(TOKYO DOME CITY HALL、2013年1月3日開催)
    2回目のライブイベント。
    絢瀬絵里役の南條愛乃はスケジュールの都合から不参加となったため、BiBiの曲は飯田里穂もしくは楠田亜衣奈を加えた形で披露された。
  • μ's 3rd Anniversary LoveLive!(パシフィコ横浜国立大ホール、2013年6月16日開催)
    3回目のライブイベント。日本全国の劇場でライブビューイングが実施された。
    ゲーム化、テレビアニメ第2期が発表される。
  • μ's →NEXT LoveLive! 2014 〜ENDLESS PARADE〜(さいたまスーパーアリーナ、2014年2月8日・9日開催)
    4回目のライブイベント。エンド2モードで開催。初めて2日開催となった。
    日本全国だけではなく海外の劇場でもライブビューイングが実施された。
  • μ's Go→Go! LoveLive! 2015 〜Dream Sensation!〜(さいたまスーパーアリーナ、2015年1月31日・2月1日開催)
    5回目のライブイベント。スタジアムモードで開催。前回と同じくライブビューイングも開催された。
  • μ's Fan Meeting Tour 2015 〜あなたの街でラブライブ!〜(2015年5月30日~8月9日に会場10箇所で開催)
    ライブイベントではないが、トークとミニライブを行うファンミーティングツアーである。
  • μ's Final LoveLive!〜μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜(東京ドーム、2016年3月31日・4月1日開催)
    6回目のライブイベント。最後のワンマンライブ。これまでと同様ライブビューイングが開催され、翌日に2日目の再上映という形のスペシャルビューイングも行われた。

関連動画

関連商品

ラブライブ!の楽曲一覧」を参照。

リアル

関連コミュニティ

関連チャンネル

関連項目

  • 声優ユニット一覧
  • ラブライブ! / ラブライブ!The School Idol Movie
  • 高坂穂乃果
  • 絢瀬絵里
  • 南ことり
  • 園田海未
  • 星空凛
  • 西木野真姫
  • 東條希
  • 小泉花陽
  • 矢澤にこ
  • ラブライブ!の楽曲一覧
  • ランティス
  • Solo Live! from μ's
  • 畑亜貴(ラブライブ!全楽曲の作詞を手掛けている。)
  • Animelo Summer Live
  • シスタープリンセス(電撃G's magazineつながり)

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%CE%BC%27s
ページ番号: 5043851 リビジョン番号: 2351267
読み:ミューズ
初版作成日: 13/02/15 19:37 ◆ 最終更新日: 16/04/18 10:31
編集内容についての説明/コメント: コール&レスポンスに追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

μ'sについて語るスレ

241 : ななしのよっしん :2016/10/19(水) 14:05:36 ID: 8WBj+7tP1o
>>240 そうかスクールアイドルってことをすっかり忘れてたな 
スクフェスの方もμ'sのストーリー終わってしまったし畳まれてる感が否めないな
242 : ななしのよっしん :2016/10/20(木) 15:07:48 ID: tL1glZ6GAk
だらだら長く続けさせるよりスパッと終わったんだからいいんじゃねえの?
個人的には二期途中~劇場版の構成好きじゃなかったし「はいμ's終わり!次次!」って感じで潔い
キャラ掘り下げと絡みやってほしかったのに謎の女性シンガー()は呆然としましたね
243 : ななしのよっしん :2016/10/20(木) 15:26:53 ID: xResqwy8MN
でもまあ同窓会みたいな感じで、μ'sの9人が帰る場所ぐらいは残してあげてほしいけどね。
244 : 削除しました :削除しました ID: 8ZWdokKv9d
削除しました
245 : 削除しました :削除しました ID: Dr37JFgxzW
削除しました
246 : ななしのよっしん :2016/10/26(水) 20:12:09 ID: jOzBqM/8qx
ラブライブ十周年とかにサクラ大戦みたく復活ライブとかあったりしてな
247 : μ's終 :2016/10/31(月) 03:34:47 ID: d0qpbWTJ71
>>239
μ'sの時代は君の言う通りとっくに終わっちまったしな、所詮懐古が思い出に浸って新規を叩くことしかできないツールに成り代わってしまったのさ
248 : ななしのよっしん :2016/11/05(土) 12:10:44 ID: u8XtSNUbKW
μ's活動終了の少し前にラブライブから離れたけど、サンシャインになってから周囲の熱が下がったのが目に見えてる。
249 : ななしのよっしん :2016/11/05(土) 13:58:47 ID: +ge/WdWgbG
μ'sをキレイに終わらせつつコンテンツを維持したかったのであれば、
Aqoursの展開を早めるべきだったと思う

アイマスは、モバマス初期のころ765プロを使って既存Pを呼び寄せて盛り上げて、
モバマス兼任Pやモバマス専門Pを多く作ることに成功した。
結果、いま765プロの展開が終了しても、(荒れるだろうけど)人気を維持できるレベルに
モバマスを定着させてる。

同様にμ'sとAqoursが並行して展開する時期があれば、Aqours「も」応援するラブライバーが
増えてたかもしれないけど、Aqoursが本格的に始まっていこうとした矢先に
μ's終了が周知されて、そっちに話題を全部持っていかれた上に、
μ's終了という、ラブライバーが応援終了するキッカケを作ってしまった。
250 : ななしのよっしん :2016/11/17(木) 15:57:47 ID: YNxGQbqYSn
週刊文春が「ミューズのメンバーにスキャンダル!」とか
便所の落書きを載せてたけど、ダメージを受けるファン
の少ないPileで笑った。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015