単語記事: νガンダム

編集

RX-93νガンダム

RX-93 νガンダムとは、

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に登場する地球連邦軍のニュータイプ専用試作モビルスーツ

アムロ・レイ宇宙世紀(U.C.)ガンダムシリーズでの歴史上において最後に搭乗した機体であり、シャア・アズナブルサザビー闘を繰り広げた。

名前の由来は「シャアえる」という意味合いを込めた「Hi-Sガンダム」がボツ案になった際に、仮称であった「NEWガンダム」の「NEW」の部分をギリシャ文字に置き換えたもの。
ちなみにこの名前がボツになったのは、シャアのイニシャルはSではなくCであるため。Hi-Sガンダムという機体名はHi-νガンダム及びSガンダムに再利用されている。

概要

ν GUNDAM
νガンダム
RX-93
頭頂高 22.0m
重量 27.9(本体)/63.0t(全備)

2,980kw
97,800kg
搭乗者 アムロ・レイ
装甲 ガンダリウム合
特殊 サイコフレーム
武器

ネオジオンの総帥シャア・アズナブルが起こした「シャアの反乱」に対抗すべく、ロンド・ベル隊のMS部隊隊長であるアムロ・レイが専用機として自ら設計した機体。

TMSの変形機構や大出ビームなどグリプス戦役~第1次ネオジオン戦役において多く見られた機構・装備は採用されておらず、武装はサイコミュ兵器を除くとビームライフルハイパーバズーカビームサーベルなどといった極めてオーソドックスなものを採用している。

これはアムロMSを純な“歩兵としての”機動兵器であると考えていたためであり、当機はRX-78ガンダムコンセプトを受け継ぐ正当な後継機といえる。

戦乱が長期化した場合に備えて、各パーツ連邦軍規格品を採用し、整備性や運用効率も意識して設計されている。過去の開発データをふんだんに取り入れつつも、運動性・追従性を追求したシンプルな構造は機体の軽量化・堅性・内部構造の余裕の確保に寄与し、本来相反する「専用機のハイスペック」と「量産機の信頼性」を両立させている。アムロ・レイMSパイロットとしての技量も相まって戦略上の兵器として見た場合「究極のガンダム」と言っても過言ではない。

フィン・ファンネル

νガンダムの特徴的な武装として挙げられる物は、地球連邦軍のガンダムタイプMSとしては初のサイコミュ兵器であるフィンファンネルだろう。
従来のファンネルとは発想を正反対とし、大化によって火力や稼働時間の大幅な増大を図っている。
また、複数のファンネル同士の間に場を展開する事で、あたかもIフィールドの様なビームリアる事が可であり、攻防一体のを持つ兵器である。

欠点として機体が急ごしらえのため、一度射出したフィンファンネルは回収できない(Hi-νガンダムでは再チャージ可になっている)。

開発の経緯

ロンド・ベル隊に配属された直後から、アムロガンダムタイプMSの配備を希望していた。これは設立直後のロンド・ベル隊が十分な戦を備えておらず、ネオジオン残党に対して遅れを取ることも多かったことに起因している。
当初はZガンダムの配備を要請していたが、ニュータイプガンダムの組み合わせを危険視する地球連邦軍上層部からなかなか許可が下りず、業を煮やしたアムロZガンダムフレームコピーした簡易生産であるRGZ-91リ・ガズィを強引に制作し、配備にこぎつける有様であった。

※そのリ・ガズィも、性的にはネオジオンのニュータイプ専用機と戦うには少々分が悪いと考えられており、後継機の開発が待ち望まれていた。

そんな中、シャアネオジオンを結成し、本格的な行動を起こした事に危機感を覚えた連邦政府のタカジョンバウアー議員の後押しによって配備が認められたのが、最新鋭機RX-93 νガンダムである。

機体の組立てはアナハイムエレクトロニクスのフォンブラウン工場にて行われ、僅か3ヶという突貫工事で完成
さらに事態の急変によって納期を10日も繰り上げられたため、配備時は調整が不十分な状態であり、一部の武装も未完成だった。

劇中での活躍

この機体を手に入れたアムロネオジオン軍のギュネイの乗るヤクト・ドーガクエスの乗るαアジールなどを圧倒し、シャアサザビー相手にも優位に戦いを推し進め、最終的にサザビーを撃墜している。
その後サイコフレームからのによってアクシズを押し返した後、機体ともどもアムロは消息不明になった。

武装

量産型νガンダム

大河原邦男コレクション』(M-MSV) において設定のみの登場。
シャアの反乱」が長期化する可性を考え、ジェガン以上の性をもつMSとして設計されていたが、実戦に投入された記録はない。

・・・と装備を戦況とパイロットに合わせて選択出来るのが特徴である。
その他の装備はνガンダムと共通であるが、独自に「ビームスプレーガン」を右腕部に装備している。

νガンダム ヘビー・ウェポン・システム装備型

CCA-MSV」に登場。略称は「HWS」。
νガンダムに追加装甲と追加武装を取り付けた形態である。言わばフルアーマーガンダムνガンダム版。

高い機動性はそのままに追加装甲で防御も向上し、新たな追加武装として、肩部ミサイルランチャーハイパーメガライフルの二つを装備した他、メガ粒子を2門備え付けたしたハイメガシールドを従来のシールドに重ねて装備している。一説には胸部にIフィールド発生装置の取り付けも予定されていた。

歴代ガンダムにも見られた強化が施されたνガンダムといった趣ではあるが、 HGUC1/144νガンダムHWS装備」のインストによれば、往年のフルアーマー機体にはない様々な実験的な武装の搭載が計画されていたようであり、肩部ミサイルランチャーのサイコミュ化内部のフルサイコフレーム化プランに挙がっていた。
上述のIフィールド発生装置の搭載も、その計画の一つであった。
これら全ては机上のプランのまま立ち消えたとされていたが(シャアの反乱の期終結、専属パイロットアムロ・レイ行方不明になったのも原因か)、研究課題として残存し、後の時代のガンダムに成果として実を結ぶに至った。

なお、この機体にあるハイパーメガライフルに酷似した武装を持ち、 設計思想までも受け継いだ真っ白い機体が、
シャアの反乱後に起きた事件で確認されている。

スーパーロボット大戦シリーズ」においても隠しユニットとして登場する事が多い。

νガンダム ダブル・フィン・ファンネル装備型

初出は旧キット「1/144 νガンダム フィンファンネル装備インスト。その後「CCA-MSV」に分類された。

バックック部分のビームサーベルの格納ラックを取り外し、フィンファンネルを装着。左右にフィンファンネルを装着したνガンダム本来の姿と言えるMSである。
因みに、本バリエーションも設定上ではHWSを装着する事が可とされている。

漫画ガンダムReon」ではνガンダム仕様と思しき機体が左右に6基ずつ、計12基装備している。

Hi-νガンダム

小説機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」および「CCA-MSV」に登場する機体。

→詳細は「Hi-νガンダム」の項を参照。

PX-00531

漫画機動戦士ガンダム ジオンの再」に登場。

非公式的な存在だがνガンダムの試作機であり、近藤プロνガンダムと呼べる存在。00531は製造番号で登場した段階ではサイコフレームは搭載されていない。
輸送中にジオン軍の襲撃に遭遇。兵士の独断で戦闘に参加しジオン兵士を圧倒する火力を見せる。戦闘でクルツ大尉が乗る陸戦サザビーを追い詰めるも、トドメをさす直前にオーバーヒートを起こしてしまい、逆に撃破されている。
連邦ガンダム神話を忘れられず作られたという経緯のためか「時代がつくり出した愚作」と言われている。

この機体が破壊されたせいでνガンダムの開発が遅れる事になった。アムロからすると迷惑な話である。

Gコマンダー

漫画「新MS戦記 機動戦士ガンダム短編集」および「新ジオンの再」に登場。番:RX-92LASMF-92S

地上戦用の巨大な移動台であり、式番号が示す通りLASランド・アーマー・システム)の制御にRX-92(νガンダムの同機)が使用されている。武装はミサイル、連装メガ粒子マシンガンビームキャノンなど。
下半身は巨大なホバーユニット、後部にはコンテナが装備されており、コンテナ部分には大量のミサイルを収納。本来ならコンテナにはMSが入るのだが、漫画内ではミサイルが収納された。多数のMSを格納でき、もはや小規模な「地上用移動要塞」と言っても差し支えない。

マ・クベの鉱山で無双にも近い働きを見せたが爆撃により埋まっていた核が誤爆、核の光の中に消える。
その際、交戦中に懐に入ったギラ・ドーガがGコマンダーに守られる形で生存している。皮にも本機の性が如何に高かったかが伺える。

μガンダム

初出はモデルグラフィックス「ガンダム・センチネル」。μミュー
アナハイムガンダム一覧式番号:RX-90 サイコフレームの試験機とある。

1992年ファミリーソフトから発売されたPC9801用ソフト機動戦士ガンダム アドバンスドオペレーション」にも同名の機体が登場している。番はYRX-90A、基礎試験機のためサイコミュの搭載などは行われていない。
AOは近藤設定をゲーム化した作品であり、先述の「PX-00531」とも何かと類似点が多い。

シルヴァ・バレト(ファンネル試験型)

ゲーム機動戦士ガンダムUC」および「UC-MSV」に登場するモビルスーツ地球連邦軍が接収したネオジオンのMSドーベン・ウルフを元にAE社が修した試作機。
本機はフィンファンネルの試験機として使用された機体であり展開機の付いていない有線タイプフィンファンネルを搭載。この機体がνガンダム開発に大きく貢献したとされている。

→詳細は「シルヴァ・バレト」を参照。

関連動画

ゲーム作品におけるνガンダム

関連商品

外部リンク

関連項目

アナハイムギリシア文字ガンダム一覧
リンク リック・ディアス - エプシィガンダム - δガンダム - Ζガンダム - ΖレイピアⅠ - ΖΖガンダム - Sガンダム - Σガンダム - λガンダム - μガンダム - νガンダム - Ξガンダム - οガンダム

 


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%CE%BD%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0
ページ番号: 4287739 リビジョン番号: 2122626
読み:ニューガンダム
初版作成日: 10/02/18 22:21 ◆ 最終更新日: 14/11/30 12:17
編集内容についての説明/コメント: 若干の追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

νガンダムについて語るスレ

343 : ななしのよっしん :2014/12/20(土) 14:14:31 ID: UTIiCS9onl
やっぱり兵器としての理想って感じだねνガンダム
前の作品のZZガンダムや後のユニコーンガンダムべるとな性だからこその強さがあるんだなってUCみてて思った
344 : ななしのよっしん :2015/01/14(水) 11:49:21 ID: 6pwsHhoYXN
機体サイズこそ重MS的な印の強いZZガンダムよりさらに大化してると言うのに
重量は初代ガンダムよりもずっと軽量と言う驚異。(まあ他のMSも基本的にそうだけど)
345 : ななしのよっしん :2015/01/22(木) 23:11:37 ID: qXz9bxJ1vs
>>344
素材であるルナ・チタリウム(ガンダリウム合)の精製技術が上がって一年戦争の数分の一程度の薄さでも同等以上の強度得られるようになったしね。

あとムーバブルフレーム方式なので全身理に装甲化する必要がなくなった≒装甲してもビーム防げないので機動性重視=軽量化になってるというのもある。
346 : ななしのよっしん :2015/01/27(火) 03:12:54 ID: eDxlw/Vepb
>>343
っていうがった機がないだけで機体性は同時代最高レベルで纏まってるだろう
347 : ななしのよっしん :2015/04/04(土) 00:35:24 ID: 36kQSArlya
関連動画に加えてください
>>sm25941848
348 : ななしのよっしん :2015/04/04(土) 20:13:22 ID: r7xhLoXoRo
大体シロッコジ・Oコンセプト同じよね
「変わった機とかいらんわ。の思った通りに動かせればそれが最強
かっこいい
349 : ななしのよっしん :2015/04/07(火) 09:52:48 ID: VQb6tLzCC0
ジ・Oは隠し腕があるだろ!
350 : ななしのよっしん :2015/04/08(水) 00:00:48 ID: iqHz48bz+5
本当にかっこいい
シンプルスマートで露イケメンでもない
まさに機能美
351 : ななしのよっしん :2015/04/22(水) 12:45:43 ID: 85WBf4D8Pz
ジ・Oサザビーみたいな体メカってボスキャラとしての面もあるだろうけど
「肥大した自」のあらわれでもあると思うので
νガンダム本体のシンプルさはアムロNTである前に等身大の人間だって対でもあるんだろうなと

それにしても見れば見るほど「サザビーを倒す」為の仕様で関心する
サイコフレームなしでもり勝ちできたんじゃないだろうか
(なおアクシズは止められない模様)
352 : ななしのよっしん :2015/05/13(水) 23:46:03 ID: z+JKeyMpjX
(ダブった発言だったら申し訳ない)
HWSのシールドて初期は機動補助のブースターシールド(?)だったはずだけど、いつの間にハイメガシールドになったんだろ?
最近のゲームも資料もそうなってるし。

漫画ガンダムALIVEではブースターとして使ってる描写あるけど。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015