単語記事: 〈古典部〉シリーズ

編集

〈古典部〉シリーズとは、米澤穂信による推理小説シリーズである。

概要

古典部〉に所属する4人の高校生たちが、高校入学夏休み文化祭など学生生活のイベントの中で、日常の謎を解決していく推理小説。 同時に、それらの時間経過と共にゆるやかに変化する登場人物たちを描く青春小説でもある。

第1作『氷菓』は、第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞した米澤穂信デビュー作。2001年10月1日角川スニーカー文庫角川書店)の〈スニーカーミステリ楽部〉第1回配本として初版発行。

日常に潜むミステリーを描いた佳作として読者からの評価は上々だったものの、悪名高き2001年度版の装丁の拙さからか売れ行きは芳しくなく、翌年の第2作『愚者のエンドロール』を最後に一度は打ち切りになったが、その後米澤穂信が『さよなら妖精』などで再評価されたのに伴い、2005年に第3作『クドリャフカの順番』が刊行され復活したという経緯がある。

現在、『氷菓』、『愚者のエンドロール』、『クドリャフカの順番』、『遠まわりする雛』、『ふたりの距離の概算』の5巻が刊行済。〈スニーカーミステリ楽部〉として刊行されていた『氷菓』と『愚者のエンドロール』は、シリーズ再開後はカバーを新しくし角川文庫で刊行されている。『クドリャフカの順番』以降は単行本で刊行されており、『遠まわりする雛』までが角川文庫で読める。『ふたりの距離の概算』は単行本のみだったが、2012年6月に文庫が発売された。

単行本未収録短編として『連峰は晴れているか』(小説 野性時代56号掲載)、伊原摩耶花視点の『には映らない』(小説 野性時代105号掲載)、『長い休日』(小説 野性時代120号掲載)がある。
後に『連峰は晴れているか』は、アニメ氷菓』の9巻の特典で小冊子として収録された。

最新の話では、折木たち4人は進級しており、2年生となっている。作者く「巻数ではお答えできませんが(決まっていないので)、いちおう、折木が高校を出るまで書くつもりです。 」とのこと。(作者公式サイト「汎夢殿」の「畢生の十周年企画 100の質問」のQ2より)

あらすじ

神山高校入学した折木奉太郎は、「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」をモットーに、人生に対して「省エネ」を心がける少年からの依頼で、かつてが所属していた部寸前の〈古典部〉に入部することになった奉太郎は、そこで好奇心の塊である少女千反田えると出会う。えるの「わたし、気になります」という言葉を合図に、日常細なを解き明かしていく。

主要登場人物

テレビアニメ

詳細は「氷菓」を参照。
2011年11月29日京都アニメーションによってアニメ化されることが発表された。
2012年4月9月に放送された。全22話+OVA1話。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%80%88%E5%8F%A4%E5%85%B8%E9%83%A8%E3%80%89%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
ページ番号: 4783881 リビジョン番号: 2206754
読み:コテンブシリーズ
初版作成日: 11/12/16 18:39 ◆ 最終更新日: 15/05/17 22:11
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に登場人物の記事7つと台詞「わたし、気になります」の記事を追加して、2列組に変更しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

〈古典部〉シリーズについて語るスレ

70 : ななしのよっしん :2016/11/07(月) 17:44:33 ID: /9VpffnMbB
実写化知った時は反射的に「またかよ」と思ったけど、よく考えたら、アニメよりも実写の方がよほど向いてる作品だよね。
原作のあの雰囲気から、アニメとしても評価される作品になったのは、ひとえにスタッフの手腕だと思うし。
よっぽどじゃなきゃ、見られないレベル映画にはならないんじゃないかな。
71 : ななしのよっしん :2016/11/22(火) 16:13:25 ID: K8vb9+5tJb
配役発表されたみたいだね
インシテミルの二の舞にならなきゃいいけど
72 : ななしのよっしん :2016/12/01(木) 19:01:46 ID: PEZ2Eq2cD+
概算の時もうすうすそんな感じではあったけども
最新刊でこう並べられると、
千反田のご両親が「継がなくてもいい」って言いだしたの、
奉太郎とえるがお付き合いしだした(と周囲に思われてる)からだよなあ…
73 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 16:43:35 ID: ub0gGEpEWe
そうか? と思ってもう一度新刊読み直してきたが別にそうでもないと思う

第一に奉太郎とえるが付き合いだした(と周囲に思われてる)かは確かじゃない

第二に、同級生ぐらいの範囲にそう思われてるとしても
物語内で描写された範囲で、えるの親族がそこまで把握してるとは思えない

第三に、付き合いだしたと親が思っててもそれなら継がなくていいって話になるのがピンとこない
74 : ななしのよっしん :2016/12/03(土) 18:22:48 ID: GhbJ3IkRVQ
古典部シリーズ折木奉太郎の成長物語という側面が有るけど、長い休日といまさらといわれてもを読んで、少し印が変わったな

率直に言うと、奉太郎は成長しているというよりも再生過程にあるというか
本当の意味で殻を破って成長するのは、これからなんじゃないかと思った
75 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 12:24:11 ID: PEZ2Eq2cD+
>>73
それぞれ単品で見るとそんなでもないんだけど、編集の妙というか。

には映らない」の麻耶の言動、
「長い休日」の十文字かほの行動及びの話
から、二人の関係性を直近の周囲がどう見てるかは露だし

かほの行動と合わせて「わたしたちの伝説の一冊」での感想文の話を踏まえたうえで「いまさらといわれても」の横手さんの言動を見ると、
遠まわりする雛」の話で奉太郎が呼ばれた時点で、すでに千反田に親い大人たちに「そういう意味」で観察対とされていて、一定の評価を得ていることがわかる。

」の話で、えるがそのまま千反田を継ぐのであれば、現状の奉太郎ではお相手となりえない(という考えにえるが縛られている)のは描写されてるので
「現時点でのお付き合いを認める=を継ぐかどうかはいったん棚上げにする」というのはむしろ普通に出てくる話じゃないかと
76 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 17:44:38 ID: zXZP68gbyG
そうかなぁ…
確かに原は二人をそう見てるだろうけど、
単純に生き雛祭りピンチヒッターとして来たクラスメートを、
「あれが千反田のお嬢さんの想い人か…」って千反田の関係者(や親)がいきなり見るかな?

後継の話については、千反田本人が出について可性に満ちてないみたいなことを
生き雛祭り後に言ってたと思うんだけど、ご両親も似たようなことを考えていたんじゃないかな
で、「昔とは違うんだから、には出に縛りつけられず自由に生きて欲しい」みたいに考えて
そんな話を切り出したというに想像してた

まあ根拠なんてない、こういう展開の方が自分がしっくりくるというだけの
願望みたいなもんだけど
77 : ななしのよっしん :2016/12/04(日) 19:37:52 ID: 4J1D45Db1B
には映らないと長い休日の件は同意だけどもいまさらといわれてもは違うと思うなぁ
横手さんが居場所を教える前のやり取りで折木が「たちは迎えに行く」と言ったことで横手さんの態度が軟化したように見える
周りからそういうで見られてるなら一人で行かせても問題ないでしょう
何かあってもすぐには気づかれない千反田のいる蔵に男1人で行かせたくない、と思ってたから「たち」という言葉に反応したんじゃないかと思う。
実際には折木1人で行ったわけだが折木の話から千反田に危が加わることがいと思ったんじゃないかな
78 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 01:01:34 ID: ub0gGEpEWe
まぁ、麻耶十文字かほ、折木供恵、『』の白髪頭の老人あたりがどう考えてるかは
親族の動向とあまり関係ないと思うからおいとこう

>>77
>周りからそういうで見られてるなら一人で行かせても問題ない
おれは、奉太郎がえるに対して事に及ぶかもと横手さんが懸念していたとは思わない。
いくらなんでも重要な役の前に失踪したと聞いて駆けつけてきた友人が、
そのことをに置いて、友達の立場も考えずにレ○パーになるなんて想像豊かすぎでは?
仮にそう考える人だとして、特別な関係なら一人で行かせて事に及んでも問題ないのか? 納得しがたい

たち」「原の方が心配していました」「行くならいっしょ」「なんだったらあいつ一人で」
から読み取れるのは、奉太郎とえるは特別な関係じゃなくてあくまで友人の一人だということだ。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
79 : ななしのよっしん :2016/12/05(月) 01:05:20 ID: ub0gGEpEWe
>>75
>かほの行動と合わせて「わたしたちの伝説の一冊」での感想文の話を踏まえたうえ
これが何をしてるのかちょっとわからない

』以降観察対説についてはどうか。まず「ご立」は社交辞令でも言うだろう。
奉太郎は打ち上げ?の場にも呼ばれてるし、えるが呼んだ部外者(物しい人)として横手さんが記憶してるのは不思議ではない。
そもそも横手さんは伯母とはいえ、千反田の人間ではない。千反田の後継問題に関与する立場とは思いにくい。
田舎農家のヒエラキー考えたら下手したらでさえ口出しできず、千反田がどう考えているかだけかもしれない。
横手さんの評価はあまり参考になるとは思えない

>「」の話で、えるがそのまま千反田を継ぐのであれば、現状の奉太郎ではお相手となりえない(という考えにえるが縛られている)のは描写されてる
えるがそう考えているということは可性としてはありえるとは思うが、描写って具体的にどのあたりをしてる?
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015