単語記事: 〈古典部〉シリーズ

編集

〈古典部〉シリーズとは、米澤穂信による推理小説シリーズである。

概要

古典部〉に所属する4人の高校生たちが、高校入学夏休み文化祭など学生生活のイベントの中で、日常の謎を解決していく推理小説。 同時に、それらの時間経過と共にゆるやかに変化する登場人物たちを描く青春小説でもある。

第1作『氷菓』は、第5回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞を受賞した米澤穂信デビュー作。2001年10月1日角川スニーカー文庫角川書店)の〈スニーカーミステリ楽部〉第1回配本として初版発行。

日常に潜むミステリーを描いた佳作として読者からの評価は上々だったものの、悪名高き2001年度版の装丁の拙さからか売れ行きは芳しくなく、翌年の第2作『愚者のエンドロール』を最後に一度は打ち切りになったが、その後米澤穂信が『さよなら妖精』などで再評価されたのに伴い、2005年に第3作『クドリャフカの順番』が刊行され復活したという経緯がある。

現在、『氷菓』、『愚者のエンドロール』、『クドリャフカの順番』、『遠まわりする雛』、『ふたりの距離の概算』の5巻が刊行済。〈スニーカーミステリ楽部〉として刊行されていた『氷菓』と『愚者のエンドロール』は、シリーズ再開後はカバーを新しくし角川文庫で刊行されている。『クドリャフカの順番』以降は単行本で刊行されており、『遠まわりする雛』までが角川文庫で読める。『ふたりの距離の概算』は単行本のみだったが、2012年6月に文庫が発売された。

単行本未収録短編として『連峰は晴れているか』(小説 野性時代56号掲載)、伊原摩耶花視点の『には映らない』(小説 野性時代105号掲載)、『長い休日』(小説 野性時代120号掲載)がある。
後に『連峰は晴れているか』は、アニメ氷菓』の9巻の特典で小冊子として収録された。

最新の話では、折木たち4人は進級しており、2年生となっている。作者く「巻数ではお答えできませんが(決まっていないので)、いちおう、折木が高校を出るまで書くつもりです。 」とのこと。(作者公式サイト「汎夢殿」の「畢生の十周年企画 100の質問」のQ2より)

あらすじ

神山高校入学した折木奉太郎は、「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に」をモットーに、人生に対して「省エネ」を心がける少年からの依頼で、かつてが所属していた部寸前の〈古典部〉に入部することになった奉太郎は、そこで好奇心の塊である少女千反田えると出会う。えるの「わたし、気になります」という言葉を合図に、日常細なを解き明かしていく。

主要登場人物

テレビアニメ

詳細は「氷菓」を参照。
2011年11月29日京都アニメーションによってアニメ化されることが発表された。
2012年4月9月に放送された。全22話+OVA1話。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%80%88%E5%8F%A4%E5%85%B8%E9%83%A8%E3%80%89%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA
ページ番号: 4783881 リビジョン番号: 2206754
読み:コテンブシリーズ
初版作成日: 11/12/16 18:39 ◆ 最終更新日: 15/05/17 22:11
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に登場人物の記事7つと台詞「わたし、気になります」の記事を追加して、2列組に変更しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

〈古典部〉シリーズについて語るスレ

54 : ななしのよっしん :2016/01/24(日) 20:34:42 ID: 4J1D45Db1B
いまさらと言われても、と愚者のエンドロールを較すると面いなー
愚者ではの前の問題の解決だけにしか向かってなかった意識がではなぜそうせざるを得なかったのかと言う内面まで向かってる。

そして長い休日を読んだ後で愚者を読むと、アネキがゲスに見えてしまう。
55 : ななしのよっしん :2016/02/03(水) 08:06:11 ID: c7P+DVkvtL
>>54
ふたりがこれからどうなるのかが楽しみになる話だったな。
姉貴は…「ちょっと前向きになった(ように見えた)から、そろそろ荒療治してもいいかなあ」くらいの気持ちでやったのかも。自身の楽しみが先行してるように見えたことは否定しないけど。結末もむしろトラウマを抉りそうな感じだったし…
56 : バコダ :2016/02/25(木) 22:23:11 ID: y6k07b5wZT
新作読んだんだけど、自分のと姪っ子のために心配かけさせたり、大人までつかせることになった奉太郎原に詫びも礼も言わずに迎えに行くことを小賢しいとまで表現した横手の婆さんを傲不遜に感じたのはの偏見か?
57 : ななしのよっしん :2016/03/17(木) 12:20:33 ID: 9g24tnQst0
ほうたるに肩入れしすぎなんじゃね
58 : ななしのよっしん :2016/04/07(木) 12:00:53 ID: U4gJNMbhmB
実写映画化されるそうだけど、どうなるんだろう。
59 : ななしのよっしん :2016/04/14(木) 14:38:05 ID: 8345ooSPj+
どうもこう嫌な予感しかしない
アニメ化してなけりゃそうでもなかっただろうけどアニメはいい出来だったしどうしてもアニメイメージがついててキャストも何も決まってないのに受け入れられる自信がない
60 : ななしのよっしん :2016/04/14(木) 22:56:22 ID: IAs75HvTnQ
このシリーズ読んでた頃は個人的にやかさとか手さとはあまり感じなくて
どこか殺風景というかそれこそ『色』なイメージだったから
アニメ化より実写化の方がありえそう」とアニメ化以前は思ってたんだけど今になって実写化するとは驚き

基本的にファンタジー要素のある作品ではないから役者の人がしっかりしてれば何とかなるんじゃない?
まぁあのクセのある登場人物達をしっかり演じれるのかと言われると何とも言えんけど
61 : 名無し :2016/05/15(日) 23:01:11 ID: Zv2Ra0V7qy
2016年11月頃に新刊が出るらしい。(漫画版じゃないよ)
内容は書籍化されていない短編集になる模様。
生時代買ってない人は今から楽しみだね。
62 : ななしのよっしん :2016/05/20(金) 21:21:16 ID: Lm56fku2S8
http://news.nicovideo.jp/watch/nw2193660?ver=video_q
コメント欄がなかなかひどくてな・・・
63 : ななしのよっしん :2016/05/21(土) 20:40:08 ID: ub0gGEpEWe
スニーカー文庫から出た氷菓・愚者、ふたりの距離の概算の単行本、
そのあたりの表絵をさして挿絵っていってるんだろうな
どっちみち「違いにびっくり! 原作アニメで絵柄が異なる作品7選」
とかいってあげられると、は?って感じだけど
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015