編集  

あおざくら 防衛大学校物語単語

アオザクラボウエイダイガッコウモノガタリ

3.11――――その時、動いた。市民を守るために。
災害派遣、領土防衛、テロ問題、際援助活動。
この物語の防衛を志した、若者たちの青春物語

                                                                          (第1話冒頭より)


あおざくら 防衛大学校物語とは、週刊少年サンデーに連載されている漫画作品である。
作者二階堂ヒカル

えーと概要ね

2016年2223合併号より連載を開始した作品で、今まであまり実情が明らかにされなかった『防衛大学校』(以下防大とする)のキャンパスライフにスポットを当てている。
連載開始当初には左の人達が攻撃材料として各所で話題を呼んだが、内容そのものは笑いあり涙あり成長ありの王道的な熱血青春学園ストーリーものといった感じで、物語の舞台はともかくとしてテーマがあまり重くなく、気兼ねなく読むことができる。
また作者の前作にあたる『ヘブンズランナーアキラ』同様取材に取材を重ねており、漫画的な描写や演出はあるものの、雰囲気自体は防大そのものである模様。
防大に興味がある人やこれから受験したいといった受験生はこの作品を読んで雰囲気を知るのもいいだろう。(漫画作品なので丸々みにはしないように)

尚、防大という特殊な機関を取り扱う関係上、連載時は所々ミスが存在する。
これらの問題は単行本版で修正されているが、その関係及び下記の掲載の為か単行本の販売は他の作品にべやや遅めである。
その単行本版では1巻の防大OBの覆面座談会を始めとして、巻末に防大に所縁ある人物のインタビューを掲載している。当時の重なエピソードなどもっているので防大のみならず自衛隊興味があるならば是非とも一読していただきたい。断じてステマではない

因みに、ニコニコ静画内の『クラブサンデーぷらす』でも本作を読むことが出来るのでお試しで読んでみるのも良いだろう。

中に入るとまたあらすじがあるから頑張ってね

近藤勇美は、高校で学年1位を取るほどの優等生だが貧しい自営業の息子である為、進学を諦めてかけていた。
そんなある日、店番をしてた際かつて遊んでくれた郎が来店し、自衛隊に入り活躍してることを後で聞く。その動画を見て仮に進学できても、を継ぎ地元で生きていくことになるだろうと思っていた勇美の心に揺らぎが生じ…その矢先、再開発で店を畳むことが決まる。
進学が絶望的かと思われかけた時、進路担当の先生が集めた資料の中に、木が勧めた防衛大学校の存在を知り、自分にはここしかないと勉強に励み見事合格!
着校後、部屋をともにする同期先輩たちと出会い、和気藹々とした雰囲気で上手くやっていけるだろうと思っていたが…入校式が終わったその日の、今まで優しかった先輩たちの態度が一変し、疾風怒濤の防大生活が始まりを告げた。

今、登場人物を呼び出してるから、ちょっと待ってね

名前は幕末実在した人物がモデルとなっている。

近藤勇 (こんどう いさみ)
本作のき不備主人公東京調布木多高校出身で113小隊所属で中期の小隊学生長付。校友会は儀隊所属。
実家は『近藤食堂』という小料理屋を営んでいる。
高校時代は優等生だったのだが、実家が学費を捻出できないこともあり進学には消極的だった。
だが木の勧めと進路担当が集めた資料で受験料・入学・学費が無料で毎手当が支給される防衛大学校へ進学する。
大の勉強好きで料理スキルも高く、貧しい環境で育った故か入校式以降の変化にも必死についていこうとする鋼メンタルの持ち。だが、その反動高校時代はクラスメイト相手に商売ごとを行い、銭ごとに関わると性格が変わりかつ嗇なためあまり女子が寄り付かなかった。また奢りやお返しという単に弱い。
入学した当初こそ銭の為に入ったものの、夢や標を持って入学してきた同期の当たりにし、また木からの問いもあり自分も本気でやりたいこと、守りたいものを探し続けることになる。
高校時代に、彼が作ったマル秘ノートの中身を写メで撮った同級生に対し、流出したら特定者を見つけて潰すと脅しを掛けているが、そのスキルは冗談抜きで鬼女顔負けと言っていいレベルで、ヘルウィークでいかんなく発揮されることになる。
ヘルウィークが落着後は、武井の全てをしたを謝罪させヘルウィークを終焉に導いた男として小隊内で注を浴びることになる。
季定期訓練でカナヅチだった自身を鍛えてくれた乙女、そして上訓練中に溺れかけたトラウマから自分を見失っていた際に励しに駆け付けた坂木に特別な感情を抱いており、土方から坂木への侮蔑的な発言を投げつけられた時には怒りの表情をみせる。
名前のモデル新撰組局長近藤勇

沖田 (おきた そうじ)
勇美の前期同期東京・麻布西高校出身。
父親エリート自衛官であり、自らもその姿に憧れ入校した。
いわゆるお坊ちゃまで高校時代は留学を経験したり父親の教えでヨットを嗜んでいる。
優し気な性格かつ背も高く女性受けがいいが、良くも悪くもマイペース不器用なために、入校式直後はミスが多く同期はもとより上級生達からもを向けられる。
見たとは裏に大食らいで、他の皆がマズいと思ってるベチャめしも難なくらげてしまうほど。
メンタルは太いほうだが楽天で、校友会では短艇委員会を希望するも練習についていけず、見かねた坂木に退部と引き換えに彼が所属する剣道部に強制入部させられてしまう。
育ちやら器量やら何もかも勇美とは対称的に描かれており、ヘルウィークで名を挙げた勇美に対し、゛ダメっ子”の烙印を押され、坂木やである美月からもなじられてしまう始末。
それでも尚、自衛官になるという決意や思いは紛れもなく本物で、憧れであり先の標でもある勇美に少しでも追いつくよう己を磨き続ける。
名前のモデル新撰組一番隊組長沖田総司

原田 (はらだ ただし)
勇美の前期同期愛媛今治第二高校出身。
タイもでかく、高校まで野球一筋で高校甲子園に出場する強校だったがレギュラーには届かず、将来は海外派遣に従事し野球を普及することを夢見ている。
プラモを作ってあげたりする兄貴肌な人物でムードメーカーなのだが、ある出来事をきっかけにミスを重ね続け、苦悩の末学校から脱柵(脱走のこと)しかけるが、勇美の涙ながらの説得によりすんでのところで思いとどまる。
上記の件で夢を持ち他人に気遣いする余裕を見せる一方で、足元を見てすらいなかった己の未熟さを痛感し、気分転換で野球観戦に連れていってくれた際に西脇に相談。その勧めで校友会で最も厳しいとされるリーダー部への入部を決意する。
武井とは着校当初こそともいえる仲だったものの、季休暇にてある一件を経てからは意気投合するようになる。
名前のモデル新撰組十番隊組長原田左之助(本名は彼の諱である忠一から)。

武井明 (たけい とらあき)
勇美の前期同期島根県出身。
博識で防大のことも知っているようだがも多く、明らかに勇美たちとは距離を取っており、あまり快く思われてない。
休養日に単独行動してた際、自身の不注意で務事故を起こしてしまい、ミスを恐れ報告を怠ったためにミーティングで坂木から大を浴び、中隊全体を巻き込むヘルウィークの起因を作ってしまう。
同期達がヘルウィークで苦難にあってるにも関わらず、自身は罰を免除され、余計な発言で同期から不を買う。
とはいえ、自覚はあるものの謝罪をすることには頑なに拒み続ける様をの当たりにした勇美へ、いらぬ一言を口走ってしまったばかりに己の過去を徹底的に暴かれることになってしまう
(以下ネタバレ)
彼自身は幼少から「武ちゃん」と呼ばれ、高校も名門『開政高校』(モデルは説明不要)に進学する童で、祖介護の為地元に戻り、その後亡くなった祖との約束である自衛官になる為防大にやって来た。
…のだが、その一方で、女子と付き合ったことが皆無で、女子にモテるリア充に強い憎悪を抱いており、謝罪しないのも、自分より女子受けがいいらに頭は下げないという困ったチャン自分勝手な考えによるものだった。
しかし、そのことをシイッターの裏アカウントでつぶやいたことが勇美のに止まってしまい、つぶやきをはじめ、ナンパ用の画像等々、彼が作ったパワーポイント無慈悲にも115号室の1学年達の日のもとにされてしまいついに沈。
その後、自らの胸の内をぶちまけ開き直るも、外見だけをみて中身を知ろうともしていないことを勇美から論破され、それを飲み込んで仲間と認めているという言葉を聞きついに折れ、中隊全員に謝罪を行い、自らもヘルウィークに参加することでヘルウィークは終わりを迎える。
(ネタバレここまで)
ヘルウィーク以降は勇美達115号室1学年の面々と行動を一緒にするようになったり、風邪で休務になった勇美に代わりノートを取ったりと協的な態度を取るようになる。

…そして前期が終わってからもう一つの顔が浮き彫りになっていくようになり、原田とは季休暇に起きたある一件を通して意気投合する仲になる。
名前のモデル新撰組五番隊組長武田観柳斎

東堂進 (とうどう すすむ)
東京都出身で着校しなかった人物の人数調整で勇美達の部屋にやってきた前期片割れその1。
音楽に詳しく高校時代は軽音楽部に所属しギターを担当していたバンドマン。当時の呼び名は“Shin
防大でも軽音楽部に入るつもりだったが運動部への入部が必須と知り、上対番と同じ部であるパラシュート部へ入部する。
原田同様あるいはそれ以上に武井に対し快く思っておらず、ヘルウィークでその不満を爆発させるもその意を知り、仲間と認めるようになる。
ブルーインパルスに憧れて防大を志望した大の航空マニアで、浜松基地へ見学に行った際には人もはばからずに奮する様子を見せた。
前期メンバーの中では常識人ポジションといえるのだが、物事を甘く考えるふしがあり、季訓練にてそのツケを払う羽になってしまう。
名前のモデル新撰組八番隊組長藤堂平助

平山郎 (ひらやま ごろう)
兵庫県出身で着校しなかった人物の人数調整で勇美達の部屋にやってきた前期片割れその2。
高校では元相撲部に所属していた。セリフが一言しか喋っておらずぶっちゃけ影が薄…かったのだが、115号室同期に中で一の彼女持ちであることが判明し、独自のポジションを得る。
地味ながらも物事をそつなくこなし前期を乗り越えるが、季休暇中に世間とのギャップを痛感し、土方の勧めもあり退校を決意。ではなくする人を守りたいという胸の内を受け止めた勇美ら前期メンバーに見送られながら防大を去る。
名前のモデル新撰組副長助勤・平山五郎

土方俊明 (ひじかた としあき)
東京都出身で勇美の中期同部屋の同期。校友会はアメリカンフットボール部所属。
前期では部屋長や校友会から太鼓判を押されるほどの優等生であった一方、季休暇も防大に残ったり同部屋だった同期からは穏やかならぬ感情を抱かれた。
小隊学生長付の地位を熱望していたものの、勇美が選ばれた際につきが変わり、その仕事の内容を知り弱音を吐いた勇美に対して挑発的な言葉を投げつける。
夢という重荷に憑りつかれ潰れた、それに失望し荒れた父親によって既に庭が崩壊し、その影で徹底された現実的かつ義者であり、前述の平山は元より呼び出しが善しない沖田季訓練でヘマをした東堂に対し容赦のい言葉を浴びせ、勇美とはその考えの違いから季訓練で衝突、以降の仲となる。
名前のモデル新撰組副長・土方歳三

 (たに)
勇美の同期土方とは前期同部屋。
校友会の合宿中に土方のいる部屋の前で、立ち尽くしていたことを勇美に訝しく思われた。
その時は何も答えなかったが、実際は前期で土方から散々言葉を浴びており、彼が東堂に浴びせた言葉に感情を爆発させ平山達を退校させたことをカミングアウトしてしまう。
名前のモデル新撰組七番組長谷三十郎

坂木也 (さかき りゅうや)
4学年で勇美の前期部屋長で中期の小隊学生長。高知県出身。
小柄な容姿ながら常に威圧感をい、なにかしら不備があるたびに厳しく𠮟るがため1学年からはの部屋長と恐れられる。
しかし、なぜ意味のない導をするのかという勇美の問いに(条件付きで)答えたり、原田が脱柵未遂を起こした際には上に報告する前に捜索に協したり…と厳しいながらも根は後輩思いの人物。
4学年のみが知っているが、乙女実妹。そしてひょんなことからその事実を知ってしまった勇美に対して脅迫釘をさしている。その乙女とは定期的に連絡を取り合っており、彼女携帯が壊れた際は普段以上にヤバイオーラを漂わせるほどの重度なシスコンっぷり一面を見せた。
ミスを積み重ね脱柵を試みるわ、務事故を起こすわ、ダメっ子の面倒を見なきゃいけないわ、きが守銭奴がいるわと一癖も二癖もある115号室部屋っ子を束ねる作中屈の苦労人だが、(勇美のアシストもあれど)見事にまとめ上げ、中隊導教官から中期からの小隊学生長の打診を受けるに至る。
沖田同様、父親が自衛官。趣味釣り高校時代の剣道後輩たちとキャンプに行ったりするアウトドア
名前のモデル援隊隊長坂本龍馬

西脇史 (にしわき たかし)
4学年で勇美の前期サブ部屋長。鹿児島県出身。
非常にゴリラ大柄で性格も容姿に違わぬほど快かつおおらかで、細かいことは気にしないウホッナイスガイするものを守りたい為に防大に進学したロマンチストそしていびきも快。
着校当初は非常に優しかったが、防大生活始まりの口火を切り、入校式以後は坂木同様、勇美達1学年に厳しい導を行うようになる。
だが(訓練も兼ねるが)料理を奢ってあげたり、原田の校友会への問いに真剣に答えたりと坂木以上に後輩を気遣い、勇美に乙女心を説いたり思いやりに見返りをめようとする行動に苦言を呈したり…とコメディ寄りのキャラ付けながらかなり常識人ハイスペックな人物。
所属校友会はラグビー部だが、過去には様々なスポーツを経験している。
口癖は「バッカもーん!」「防大生たるもの…」
名前のモデル薩摩士・西郷隆盛

岩崎林太郎 (いわさき りんたろう)
4学年で勇美の中期部屋長。高知県出身。
書道をよく嗜むが腕前は…お察しください
小隊学生長付に任命されるも、その役に戸惑っていた勇美に本来の役割を話す。
名前のモデル三菱財閥創業者・岩崎弥太郎

乙女 (おかがみ おとめ)
勇美と同期高知・土佐筆山高校出身で112小隊所属。
高校時代は薙刀で全大会に出場してたほどの腕前で、部屋にのぞきに来た勇美とを返り討ちにするほど。
のちに引率外出で皆とはぐれた勇美と行動を共にして打ち解けあい、一緒に頑ることを誓い合う。
両親が離婚したため苗字こそ違うが、坂木は実兄貴兄貴だがこっちも負けず劣らず愛が重いブラコンっぷり
校友会で悩む勇美に儀隊への見学を勧め、のちに一緒に入部する。
水泳が抜群に上手く、小隊学生長付に推薦したに恥をかかせぬ為に、カナヅチ皆から取り残されつつあった勇美を鍛え上げる。その勇美からは惚れられるも異性としての感情は全く持ち合わせてはいない。
名前のモデル坂本龍馬坂本乙女苗字彼女ぎ先であるから。両親の離婚兄妹という設定は乙女の史実に基づいたものと思われる。

容介 (まつひら ようすけ)
2学年。111小隊所属。
勇美の上対番で、防大のいろはを勇美に教える。
女好きなのが玉に瑕だが面倒見がよく、必需品以外にも参考書を泣く泣く奢ってあげたり、原田が脱柵した際、自身が行った行動について悩んでいた勇美に対し励ましの一をかけてあげたりした。
校友会はバドミントン部だが、過去リーダー部へ強引に入団させられたことがあり、原田が入部を示唆した際には血相を変えて考え直すよう促した。
ちなみに初登場時は134小隊だったのだが、後に上記のように変更されている
名前のモデル会津9代容保。

大久保 (おおくぼ としみち)
4学年。112小隊所属。
糸目で常に笑顔を絶やさないが、考えが読めず不気味な雰囲気を漂わせている。
着校日直後の週番担当で覗きでとお仕置きされた時から勇美にをつけており、後に自身の所属校友会である少林寺拳法部へスカウトした。
季定期訓練時、ホテル小原台の中隊週番で、その際に見せた変態行動っぷりは1学年は元より本作読者たちの度肝を抜いた。
名前のモデル薩摩士・大久保利通

武智満 (たけち まんぺいた)
4学年。第1中隊所属。
気迫あふれる人物でゴルゴ顔が特徴。
1学年初の外出日時の週番担当で、外出点検の際は1学年達に防大の洗礼を浴びせ、勇美に対し゛き不備!!彼の代名詞と言い放つ。
所属校友会は短艇委員会で、校友会紹介で115号室に訪れた際はその気迫でユニフォームを破るケンシロウばりのパフォーマンスを見せ、入部を促した。
名前のモデルは土佐士・武市半平太

清川一郎 (きよかわ いちろう)
3学年。第3大隊所属。
勇美が呼び出し導されている時に出くわし、曲がった襟章を直してあげたり与太話をして気を逸らして導を終わらせたり…と助け船を出した。
所属校友会は儀隊で、乙女と共に見学に来た際に勇美と再会して、その鋭い表情はここでは武器になると褒め、儀隊への入部を決意させる。
名前のモデルは浪士組を結成した明治維新の火付け役的存在・清河八郎

松井常代 (まつい とこよ)
近藤食堂のお向かいである屋ので、勇美とは同級生幼馴染称は『常ちゃん』
スタイル抜群で、勇美の将来を気にかけたり弁当を作ってあげたりしていたためか、高校時代はクラスメイトから正妻扱いされていた。自身は現役で大学合格し、現在女子大生
勇美とは定期的に連絡をとっているが、幼馴染以上の進展はない様子。
後にGW令外出のため原宿にきてた勇美とバッタリ再会。忙しくて帰れないと言っておきながらだいたいのせいでナンパに現を抜かしてたことに激怒し喧別れしてしまうが、翌日勇美が実家に帰ってきた際には体つきやが変わっていることに気付き、彼なりに頑ってることを再認識し、帰った後勇美へ励ましのメッセージを送る。
季休暇ではこれといったサービスシーンく、編集者含め読者達を落胆させたが単行本6巻のカバー裏を覗くと…。
連載当初は名前の呼び方が「つねちゃん」だったが、後に「とこちゃん」と同様変更されている。
名前のモデル近藤勇正妻松井つね。

郎 (かつらぎ ごろう)
幼い頃に勇美とよく遊んでいた近所のちゃん。
当時は『ごっちゃん』と呼ばれバスケ選手のような体格だったが、現在筋肉々の偉丈夫に様変わりして、再会した際に勇美が本人と見抜けなかったほど。
高校卒業自衛隊に入隊し、東日本大震災に従事。その時の活躍が動画サイトアップされている。
近藤食堂にはちょくちょく顔を出しており、勇美に防大への進学を勧め、合格を知った際は期待を込めた一方で少なからぬ責任を感じており、季休暇で実家に戻った勇美と面を向かってその覚悟を問い、その答えに安堵し励を送る。
名前のモデル長州士・桂小五郎こと木戸孝允

関連動画で起きるんだぞ~

今のところ関連動画はない様子

なんと、関連商品は草食系か!

編集者の編集不備ィ!! 

関連コミュニティが終われば、いずれわかる

今のところ(ry

二人ともー関連項目の挨拶は済んだか?


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%82%E3%81%8A%E3%81%96%E3%81%8F%E3%82%89%20%E9%98%B2%E8%A1%9B%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E7%89%A9%E8%AA%9E
ページ番号: 5466655 リビジョン番号: 2603214
読み:アオザクラボウエイダイガッコウモノガタリ
初版作成日: 17/01/19 15:37 ◆ 最終更新日: 18/06/30 13:53
編集内容についての説明/コメント: 登場人物追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

あおざくら 防衛大学校物語について語るスレ

11 : ななしのよっしん :2017/10/24(火) 19:53:42 ID: 5V4HAvyQVW
 >>9
ブラック企業っていうのは
普通商社企業仕事内容と関係ない自衛隊真似事でのパワハラを意味するんで
頭が悪いんですかね
全く的外れなこと言ってるのわかる?
これ本職
12 : ななしのよっしん :2018/02/15(木) 13:22:19 ID: 5wq74KChNl
後の筍みたいにこういうくっそキモいプロパガンダ増えてるな最近
ネトウヨアフィブログみたい
13 : ななしのよっしん :2018/03/21(水) 09:20:51 ID: utHhwwu4/s
こんな漫画みて軍隊=ネトウヨと思う思考が・・・
ア ホ く さ
14 : ななしのよっしん :2018/05/23(水) 21:02:42 ID: /3Qcjqr5Kc
ネトウヨ沸いてる おーこわ
15 :   :2018/06/29(金) 23:12:32 ID: GHvvkSdx/e
>>いきなり頭悪いはないんじゃないの
自衛隊だったら仕事とは関係ない嫌がらせはいいのかい?
あんたが本職だったらちょー怖い
16 :   :2018/06/29(金) 23:15:04 ID: GHvvkSdx/e
自衛隊真似事でのパワハラってとこについて
本物の自衛隊だったらいいのか と思ったってことね
17 : ななしのよっしん :2018/07/01(日) 17:49:49 ID: nEHk57PXSS
>>9
なんとも言えん。
坂木や西脇みたいなをちゃんと使いこなせる優秀な人がトップなら安心できるが、土方武井みたいに他人に興味なかったりついていけないなら辞めろ、あるいは潰すみたいな人間がトップだと途端に恐怖に変わる(武井はともかく土方は全く隙がないので余計に性質が悪い)


(ごく一部だと思うが)怒鳴ったり、いじめたりする事を導と言う建前の元、嬉々として行うもいたりするらしいから、運としかいい様がないのかもしれない。
18 : ななしのよっしん :2018/07/01(日) 18:07:49 ID: oelBj9cuxe
武井はともかくな理由だけど、士官様育成学校だからな。
有事の際は、下士官に対して命がけの命令する立場なんだから土方の方が多少マシな気がするけど。
19 : ななしのよっしん :2018/07/09(月) 21:56:49 ID: +rKPnXxLJ4
徴兵制の大切さがわかる漫画
根性を鍛え直す的での徴兵制は必要だな
20 : ななしのよっしん :2018/07/09(月) 22:05:58 ID: 2mfAaaisUz
100%釣りだとわかってるがレス

お前は軍師じゃなくて兵卒だぞ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829