単語記事: あきつ丸(艦これ)

編集

自分、あきつ丸であります。艦隊にお世話になります。

あきつ丸(-まる)とは、『艦隊これくしょん~艦これ~』に登場する、日本陸軍特殊船「あきつ丸」をモデルとした艦娘
絵師はくろくろ殿、担当声優能登麻美子殿であります。

将校殿…いや、提督殿。このあきつ丸に御用でしょうか

大型艦建造実装の際、「まるゆ」とともに実装された陸軍の艦娘。艦種は艦これ初の「揚陸艦」であります。

このように、尾に「あります」と付けるのであります。陸軍っぽいでありましょう?え、ケロロ軍曹っぽい?はて?
そして、提督殿のことは「提督殿」と呼ぶのであります。ときどき陸軍の癖で、「将校殿」と言い間違えそうになるのであります。 

ちなみに自分、最近知ったのでありますが、軍(と現在の海上自衛隊)では役職・階級自体が敬称となっているとのことで、「提督殿」という呼び方はしないのだそうであります。
言われてみれば確かに自分以外の艦娘提督殿の事を「提督」か「令」としか呼んでいなかったであります・・・。 クソ提督、なんて言っていた艦娘もいたようでありますが、軍の習は不思議であります。

性格はで、ふざけたりはしないのであります!ただ、軍の自由な気に影されて「新しい仲間が来たみたいですよ。あぁ…言の葉も感化されてきたであります。」とつい気安い口調となってしまう事も。
また、放置されてしまうと「提督殿……!自分、待機も任務の一つでありますが……隊に所属してから、少し、寂しいと思うようになったであります……。」と、意外と寂しがりやなところも見せてしまうのであります。

軍帽を被り、手袋を嵌め、詰襟の軍服の上衣を着ております……が、下はスカートであります。ミニスカートであります。そしてサイハイソックスを履いているのであります。絶対領域

色白。一部の方々から「顔が真っ白でちょっと怖い」とのもあるのが残念であります。
実はこのい顔は、史実における対迷彩塗装(本人が持っている飛行甲のように、幾何学的で暗い色の模様)をイメージしたものと思われるのでありますよ。
となった後のダメージ絵では、顔やおの色は真っ白ではなくなっているので、おしろいか何かで顔を化粧しているのだろう、とも推測されているのであります。

時々「少年っぽい」とも言われるのでありますが、胸部装甲は中々のものであります。だからと言ってお触りなどは厳禁であります。憲兵本来の管轄の陸軍艦でありますので、憲兵隊がすっ飛んでくるかもしれんでありますよ!

戦闘力としては生軍艦べると一歩譲らざるを得ないのであります。
軍で言うところのHPがちょっと多くて火力が低い駆逐艦と言ったところでありまして、駆逐艦よろしく小口径のしか装備できない事も相まって撃戦での火力は期待されると少し不安であります。
駆逐艦と違って15.5cm三連装副と言う強な火器を搭載可でありますが、本体の値があまり高くないので総合的な火力は大して変わらないのであります……。
ちなみには備えていないのであります。 

それではこのあきつ丸の売りは一体何なのかと言いますと、陸軍出身であるが故に軍にはない独特の装備を持っている事であります。
初期装備で持っている「大発動」、これは戦闘においては何の効果もないお荷物でありますが、これを装備して遠征に向かいますと、1つあたり5余分に資材を持って帰ってこれるのであります(最大20増し)。
あきつ丸は残念ながら燃費は駆逐艦などにべれば良くないのですが、大発を搭載できる艦は少ないので、あきつ丸の出番であります。

さて、進化したこのあきつ丸。本領発揮であります!

むしろ、とばしていくのであります!

改造して「あきつ丸」になると、色だったに一新!そして、艦載機の運用のために左腕側に持っていた飛行甲は背後から左横へとカーブを描いて展開される形となり、そして右手には小さな篭のようなものを持つようになるのであります。
この篭はいわゆる「走」で、カーブした飛行甲へと艦載機の影を映しこむことによって艦載機を召喚していると推測されるのであります。なかなか幻想的・魔術的なでありましょう?
装と相まって「帝都物語」の魔術師加藤」を、はたまたデビルサマナーシリーズ」の悪魔召喚士「葛葉ライドウ」をイメージしたりする提督もいるようですが……それどちらも男性であります!

先ほどのあきつ丸独特の装備の話の続きでありますが、まず一つは「あきつ丸」の初期装備その1「三式揮連絡機(対潜)」であります。
これは空母に搭載する艦載機の一種でありますが、他の攻撃機爆撃機の対潜が補助的な程度であったのに対し、こちらは対潜専用の艦載機であります。なお元々対潜がない正規空母には搭載できず、軽空母あきつ丸にのみ搭載できる艦載機であります。
ゲーム的な話になりますが、注意点としてこの連絡機は単体では相手が潜水艦であっても攻撃できないのであります。どういう事かと言いますと、艦爆または艦攻に属する艦載機を1つ以上積んでいない場合、そもそも撃戦に参加しなくなってしまうので、必然的に対潜攻撃をしないと言う事らしいのであります。

次に、あきつ丸の初期装備その2「カ号観測機」であります。こちらも三式連絡機と同様に対潜用艦載機であります。違いは命中や索敵を削った代わりに対潜値自体がさらに高いものとなっております。
またこちらは軽空母だけでなく航巡洋艦航空戦艦にも搭載できますので、対潜艦隊を組む際の大きな手助けになるはずであります。
またゲーム的な話ですが、こちらも軽空母に搭載する際は連絡機と同様に艦爆か艦攻を1つ積まないと攻撃しないので注意であります。航巡と航戦については元々装備でも撃するを持つのでカ号のみで攻撃できるであります。
余談でありますがこのカ号観測機、オートジャイロ搭載の回転機で、要するに現在の艦載ヘリコプターの始祖と言える艦載機であります。カ号のカは回転のカで、オートジャイロの方からオ号と呼ぶ場合もあるのであります。

次に、史実にて戦闘機を運用しようとしていた事から、撃をする艦種であるにも関わらず、本来は空母に積むものである艦上戦闘機を搭載することができると言う点も売りであります。烈風と言う最新鋭機まで搭載できるのであります。
と言っても改造前は搭載しても0機なので意味がく、改造してあきつ丸になって初めて意味を持つものではありますが、敵艦との制権争いの助けになれるのであります。ただし、自分の艦戦はあくまで上陸支援でありますから、味方に艦戦を本格運用する空母がいない場合は艦戦を出すことができないのであります。

もう少し史実に近づいて、乗り込むであります。

前述のとおり、あきつ丸日本陸軍の特種船なのであります。日本海軍の定義によれば「軍艦」とすらみなされず、当然旗竿側に寄った十六条日の軍艦旗を掲げもしない、陸軍船舶兵に所属する船舶であります。

「陸軍としては上陸戦を支援する艦が必要と具申する」
軍としては陸軍の提案に反対である。揚陸艦なんて特殊用途な艦を作っている暇も予算もない」
といった会話があったかもしれないくらい仲が悪いことで有名なのが軍さんとわれわれ陸軍。
そういう対立の結果陸軍所属の揚陸艦である自分が生まれたのか……と思われがちなのですが、それがちょっと微妙なところなのであります。もとはといえば相当遡るのでありますが、自分の上位令部であります陸軍船舶令部が1904年設置の陸軍運輸部に由来するものであること、あるいは日清戦役以来陸上上輸送は専ら陸軍に属する事項であったことからお分かりのように、そもそも揚陸だとか兵輸送だとかいうものは陸軍の職するところのものであったのであります。どうやら陸の間でそのあたり、「陸上の輸送は(の上を通るとしても)あくまで陸軍の担当である(ただしその護衛は軍に任せるものとする)」という認識上の役割分担が自然と存在したように思われます。アメリカの陸軍さんも、輸送船舶を多数擁していたようでありますし。

そのうえで太平洋での大規模な揚陸を考えるにあたり、単なる輸送にとどまらず専ら揚陸に用いる船を陸軍で保有しようとしたものがかの州丸殿であり、その運用実績をもとに上陸支援のためを強化したのがあきつ丸なのであります。自分、航装ゆえに世にもしい陸軍空母と扱われてしまうことも有りますが、あくまで陸軍が上陸に使う揚陸艦なのであります。

さて、すでに輸送船品丸殿州丸殿を保有していた陸軍が独で何隻も揚陸艦を保有するのは予算的に理でありまして、自分あきつ丸いずもま……じゃなかった飛殿のように戦時に徴用することを前提として補助を出し、商船として建造されたのでありました。もっとも、結局商船となることはなかったのでありますが。
なお、カタパルトを使用した発艦は可なものの、着艦は技術的に困難なためすっぱり諦め、占した飛行場に着陸させるか、あるいは落下降下で乗員だけ回収することとしました。実際に上陸の航支援を行う機会はなかったため問題にはならなかったのでありますが、高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に対処することをめられる乗員の方々はさぞ苦労されたのではなかろうかと思料致します。

戦果としてはジャワ上陸戦に参加し、大成功させる活躍!を見せたのでありますが……その後は上陸作戦自体がありませんでした。しかしこうして不遇をかこっている中、自分に新たな活躍の機会が与えられたのであります!
実はさんが不甲斐ないことに、敵潜水艦による上輸送の被が多発しているということでして、自分、いわゆる護衛空母としての改造を受けカ号観測機なるオートジャイロを積むことになったのであります。しかし戦闘の問題が有りまして、結局三式揮連絡機を搭載いたしました。こうして自分は対潜の任務に就いたのであります。このときに甲上の煙突などの構造物を撤去、着艦装置を搭載し航空機の着艦が可となりました。

しかし……、期待された対潜戦を行ったことはありません。
結局、艦載機を降ろし兵員輸送船として使用されることとなったのでありますが、1944年11月15日潜水艦クイーンフィッシュ」の撃を受け、弾薬庫が誘爆を起こし転覆。輸送中の兵員含め2000人以上の戦死者とともに海底に沈んだのでありました。

その発想に技術と運用がついて行けなかった自分ではありますが、設計コンセプトとしては優秀で現海上自衛隊おおすみ型輸送艦ひゅうが型護衛艦の祖ともいえるやもしれません。あ、いや、日向殿、自分いま大それたことを申しましてその……

関連動画、まずまず、であります。

動画タグ検索あきつ丸(艦これ)

関連静画ありがたい…!のであります。

静画タグ検索あきつ丸(艦これ)

MikuMikuDanceモデルも準備万端、であります!

毛玉伍長殿により、MikuMikuDanceモデル開・配布されているのであります!

このモデル大変素らしく、公式絵師くーろくろ殿もご自分のツイッターアカウントで賞賛のをあげておられるのであります(2014年1月19日1月24日ツイート)。

このモデルを使用した動画なども沢山作成いただいており、大変晴れがましい事であります。

この関連商品、本領発揮であります!

海軍のコミュニティ…実に良い…ハァ~…

陸の関連項目ですか?知りませんね。まるゆ!?はて?


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%82%E3%81%8D%E3%81%A4%E4%B8%B8%28%E8%89%A6%E3%81%93%E3%82%8C%29
ページ番号: 5187035 リビジョン番号: 2054755
読み:アキツマル
初版作成日: 14/01/04 06:48 ◆ 最終更新日: 14/07/16 12:29
編集内容についての説明/コメント: イラストを一部更新
記事編集 / 編集履歴を閲覧

あきつ丸(艦これ)について語るスレ

133 : ななしのよっしん :2014/06/28(土) 13:37:18 ID: LR4Nbpf2vI
幻想郷がないからね、そりゃ相性が悪いですよ
134 : ななしのよっしん :2014/06/29(日) 03:57:07 ID: PTlqxO/0kQ
が名はあきつ丸都に為す者也。
135 : ななしのよっしん :2014/06/29(日) 06:27:31 ID: K6R2TQJq2x
そうだ、和着せよう
136 : ななしのよっしん :2014/07/03(木) 15:51:08 ID: 3SzvyldtZY
的にはモアちゃんだね
137 : ななしのよっしん :2014/07/03(木) 18:43:18 ID: HD28mvpKfs
陽炎、抜錨します!』3巻に登場決定!
138 : ななしのよっしん :2014/07/04(金) 02:37:30 ID: WMGmrTd3SL
あきつ辺りにある装はなんていうんや?
139 : ななしのよっしん :2014/07/06(日) 22:57:54 ID: XbViVrJxZE
胸きつ丸ってタグほんと好き
140 : ななしのよっしん :2014/07/12(土) 20:10:23 ID: k4OvPad6pT
貼ってある静画が非開なんだが・・
141 : ななしのよっしん :2014/07/12(土) 20:22:49 ID: IYJdOtsMZj
>>140
艦娘静画大百科の記事絵に良く使われてた人がいたんだけど,その人が静画を非開にしちゃって多くの艦娘の記事がこんな感じになってる
ここまで手が回ってない感じだからプレミアムの人が修正していただけると助かる
142 : ななしのよっしん :2014/07/12(土) 22:04:47 ID: ai+ALauh2S
>>140
絵師の糸麦くん氏が非開にされたようですよ。

代わりのイラスト推薦しておきますね。
>>im3962145


>>im4063079
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015