単語記事: ありす/アリス(Fate/EXTRA)

編集  

うふふっ! 楽しいね、あたし(アリス)
ええ、とってもすてき。もっともっと楽しみましょう?

ありす/アリス(Fate/EXTRA)とは、原作担当のTYPE-MOONと、イメージエポックが開発、マーベラスエンターテイメントから発売されたPSPの対戦ダンジョンRPG、『Fate/EXTRA』に登場する2人組のキャラクターである。

CVキャラクターボイス)は、どちらも野中藍が担当。

概要

学園に度々姿を見せる、没な幼い双子(と見られる)の少女主人公の見立てでは「おそらく10歳に満たない」とされる。本作のロリ担当

大きな帽子ゴスロリなドレス衣装で身を包み、まるで人形のような外見をしているげな印幼女少女主人公談)。
さらに全く同じ外見、同じをしているが、の色だけがそっくりそのまま反転したように逆(いドレスに身をっているのが「ありす」で、反対にいドレスっているのが「アリス」)となっているのが特徴。(ちなみに、二人の手足には球体関節のようなものが見えているが、タイツデザイン的な物らしい)
ついでに言っておくと銀髪で、髪型三つ編みおさげだったりする。あざとい

一人称は「あたし」だが、お互いに自身を「あたし(※)」と呼び、相手を「あたし(※)」と呼び合い、そしてさながらのように両者で言葉を掛け合うため、下手すればどちらが喋っているのかわからなくなってしまう。
(※ 作中では一応プレイヤーに配慮して、呼称に“ありす(orアリス)”とルビが振られ、色もあたし(ありす)あたし(アリス)となっている)

性格は一見すると二人とも遊びたい盛りの邪気な子供であり、どこからか知らない世界に紛れ込んだ童話の少女のようでもある。キャスターく「電波ロリ」。

ありす」はとある理由により孤独を嫌い、かと一緒にいたがる寂しがり屋。時には涙を流して泣きじゃくる子供の面が立つ。主人公のことを初めて出来た「同じ遇の友達」として懐き、遊びに誘いたがっている。
それに対し「アリス」も基本的には同じ性格だが少々口が悪くなり、どこぞの駄狐に対してオバサマ呼ばわりする勇者もとい、子供であるがゆえの残性を含んだ面がより立っている。

初登場は予選の時であり、学校で“さまよう少女”として噂になっている怪談話を取材していたプレイヤーの前に現れる。
突然現れては消えるため、聖杯戦争の場にいながら“マスターなのかサーヴァントなのかすら不明”というの多い存在だった(他のマスターも存在の有り様を測りかねていた模様)。

しかし聖杯戦争の三回戦にて、プレイヤー彼女とまた出会うことになる。

キャラクター情報は以下の通り。

 

ネタバレ注意 注意!
以下の項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

 

 

聖杯戦争の参加者として

聖杯戦争の三回戦にて、対戦相手として主人公の前に姿を表す。

セラフ内のいたるところを『鬼ごっこ』と称して易々と瞬間移動して回ったり、また彼女たちが「お友達」と呼ぶ"バーサーカーサーヴァントのような巨大ない異形"を従えて相手の行動を妨したり、果ては膨大な魔を常に消費する固有結界を苦もなく発動し続けるなど、その実はまさに規格外の離れ業。

しかし本人に『聖杯戦争に参加している』という自覚は最初からく、要は“どこか知らない場所に紛れ込んだら同じような遇の友達に会えたので、嬉しくて一緒に遊んで欲しい”というだけであり、それが結果として相手をし、退ける手段となっている。

そんな彼女たちの仕掛ける危険な“遊び”によって主人公は何度も命に危機されていく。まさに「可愛い顔したヴォーパルバニー♪」のような邪気で恐ろしい行為を然と行なう、子供の残酷さの徴のような相手と言える。

マスター及び、サーヴァントの正体について

主人公側は当初、相手側がバーサーカーのような巨大な異形「ジャバウォック」を呼び出したことから、彼女たちは双子マスターで、サーヴァントバーサーカーではないかと考察する。

そして後に概念宝具ヴォーパルの」で異形を退けることに成功したが、次に相手は大魔術である固有結界名無し」を発動。自とともに存在そのものが徐々に薄れて消えていく、という悪な効果で主人公を苦しめる。

だがそれにより、強魔術結界を使う=バーサーカーの可性があり得ない(バーサーカークラスでは高度な術は使用できない)ことを知り、疑問を持つ。
(そもそもムーンセル聖杯戦争ではそのルール上、双子マスターは認められていないという問題もあった)

最終的に、敵のサーヴァント魔術の行使が得意なキャスタークラスであり、そのマスターが「ありす」、サーヴァントは「アリス」であることをつき止め、主人公側は7日決戦に赴く。

サーヴァントの能力・宝具

彼女サーヴァントとしての名はナーサリーライムNursery Rhyme)。
マザーグース」に代表される絵本のジャンル(わらべうた)が、“子供たちの英雄”として顕現したのが彼女である。ネタバレにつき反転

ありす」とそっくりな外見であるのも、ナーサリーライムマスターとなる人物の心を映し出すもの。つまりこの「アリス」は“ありすだけのサーヴァント”ということになる(他のマスターではまた別の存在へと変化する)。

邪気で爛漫な「ありす」の影でありながら、彼女の“遊び”を戦いへ結びつけて主人公を排除しようとしたり、彼女が口を滑らせて情報漏えいしてしまうことを防いだりと、ありすよりも聖杯戦争については理解し、マスターを勝たせるために真剣に取り組んでいる描写が見られる。

クラス性能

スキル 効果(一部電波ネタバレのため反転
変化:A+ 変身するわ、変身するの。
 私は方、方は私。
 変身するぞ、変身したぞ。
 はおまえで、おまえはだ。
自己改造:A 『自身の体にまったく別の体を付属・融合させる適性。
 このランクが上がれば上がるほど正純の英雄から遠ざかっ
 カカ、かかか関係ない関係ないそんなのまったく関係ない!
 何であろうときっかけ方の注文通り!
地作成:A 小さな、くるくるお茶会、
 マス原、お喋り双子禅問答
 でもでも、お気に入りはやっぱり一つ。
 全てを忘れる、名無しにご招待!

キャスターであるアリスは、全ステータスのパラメーターがオールEと、サーヴァントとしてはあまり強といえず、宝具を使われる前に戦闘終了という事態もしいことではない(逆を言えば、そうでなければ非常に危うい状況と言える)。
しかし、彼女の行使するスキルはどれも強なものであり、油断はできない。

また、「不思議の国のアリス」や続編である「アリス」を読していたのか(あるいはそれを元に顕現したのか)、それら由来の名称や効果が随所に現れている。

以下は、彼女が作中で使用した

ちなみに、アリススキル使用時のエフェクトあざといぐらい可らしいものとなっている。

また、ありす自身も「火吹きトカゲフライパン」というBREAKスタン効果の魔ダメージを与える炎の魔術や「紅茶マーチ」と呼ばれる治癒魔術を使って支援してくる。

宝具

物語永遠に続く。
 か細いを一に戻すように
  あるいは二巻を手に取るように。
 その読み手が、現実を拒み続けるかぎり。』

ランク:C
種別:対己宝具(対界宝具
レンジ:0
最大補足:一人

キャスターとしての「アリス」の宝具戦闘演出ではマスターサーヴァントが共同で発動させる。
 実はナーサリーライムという存在そのものが固有結界であり、マスターの心を映し出すというサーヴァントの性質が、擬似サーヴァントを創り上げる。そしてそれは「ありすが思い描いた夢(心風景)」そのもの。
この宝具はもとより、前述のジャバウォック名無しなども、元はナーサリーライムという固有結界から生したものに過ぎない。
よって、これはサーヴァントである「アリス」の宝具とも言えるが、マスターである「ありす」自身の固有結界(心風景の具現化)とも言えるかもしれない。ネタバレにつき反転
戦闘での効果としては、規定ターン終了時に相手に魔ダメージを与えると同時に、自身のHP全回復させるというもの。
使う頻度が低いこととキャスター自身のスペックが高くないため、苦戦しなければ見る機会はあまりい。が、規定ターンになると必ず発動する(防ぐことができない)ため、場合によっては逆転やジリ貧になってしまう可性もある恐ろしい宝具である。

“越えて越えて原。マス王様ゲーム。”
  “走って走って迷宮。みじめなウサギサヨナラね♪”

さぁ、ようこそ♪ ありす/アリスお茶会へ!

 

ナーサリーライムは童歌。トミーサムの可愛い絵本。マザーグースのさいしょのカタチ。
寂しいアナタに悲しいワタシ。最期の望みを、えましょう』

 

ありす」の存在

前述の離れ業の数々は、本来であれば術者(マスター)に相当な負荷がかかるにも関わらず、ありすはそれらを然とやってのけている。

なぜならば、彼女はすでに死んでしまっている人間、つまりはサイバーゴーストと呼ばれる存在。生者のから外れているために、本来であればが焼き切れるほどの、ありえない魔消費量の魔術行使を易々とやってのけることができる。(ただしこれはリミッターが外れているだけであり、使い続ければやがて電池が切れるように消えて行くのもまた事実である)

彼女はただ、遊びたかっただけの、寂しい子供。そして、そのサーヴァントは、そんな子供の夢をえるための存在。
ありすマスター」がいなければ「アリスサーヴァント」は存在できず、「アリス」がいなければ「ありす」は生きることができない。

敗北後、「ありす」は側でずっと遊んでくれたアリスや、にも見られず寂しかった自分を見つけ、遊んでくれた主人公感謝して
アリス」は例えまた召喚されたとしても、それが「アリス」になれないことへ涙を流して
砂糖菓子のように消えていった・・・

この戦いの後、主人公はある重要な決断を迫られることとなる。

余談

決戦開始前に二人が主人公の周りをチョコチョコと歩き回るのも可らしい(下記動画参照)が、二人の歩き方に違いがある点にも注してほしい。

あと、マジキチもとい不可思議すぎるスキル情報マトリクスの説明文
そしてありすアリスの不思議な言葉の掛け合いも一見(一聴?)の価値あり。

関連動画


キャス狐「よし♪徹底的にぶっ潰す!」           ←の0:07~1:35とほぼ一致

関連商品

関連項目

“あわれで可愛いトミーサム、いろいろここまでご苦労さま。でも、ぼうけんはおしまいよ。”
“だってもうじき夢の中。のとばりは落ちきった。アナタの首も、ポトンと落ちる。”

“さあ―――、みたいに殺してあげる。ページを閉じて、さよならね!”


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%99%2F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%28fate%2Fextra%29
ページ番号: 4787472 リビジョン番号: 2310642
読み:デンパナロリ
初版作成日: 11/12/23 00:29 ◆ 最終更新日: 16/01/09 15:32
編集内容についての説明/コメント: スキル欄の「遠ざか"っ"」の色をわずかに変更。「ありす」の存在の"電池が切れて→電池が切れるように"へ変更。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ありす/アリス(Fate/EXTRA)について語るスレ

150 : ななしのよっしん :2018/03/11(日) 16:19:29 ID: Gs6t4tjzzA
>>149 いろいろ中途半端だな
人類の希望を見つけられなかったシンジ
の開拓者をやめたドレイク
理やり延命されたダン
変わってしまった彼と共にあり続けるロビン
バッドエンドを拒否し続けて醜くゆがんだありす
見守ることしかできないアリス
最後はみんな救われてよかった
それとアニメではない
151 : 削除しました :削除しました ID: Rh6TCDCqxK
削除しました
152 : ななしのよっしん :2018/03/11(日) 18:47:00 ID: WBDSM8vrt/
>>145 修正
http://www.nicovideo.jp/watch/sm32867076

ありす魔女 NassarRaimu
その性質は孤独。消えたくない事とある人物との約束を果たすため、リソースによる補充によって全体が変質してしまった突然変異の魔女。そのと姿はかつて子供達の英雄として顕現したマザーグース作の英霊と類似しているという。

アリスナーサリーライム
役割は夢。ありすの本体の代わりとして尽くしていた。
マスター暴走を止めると信じて、とある人物に真実を見せた。
153 : ななしのよっしん :2018/03/12(月) 03:27:22 ID: NyXRpI37bY
イヌカレーで変質するからって魔女にするのはとてもで好きじゃない。あくまで自分個人の感想だから好きな人がいるならそれでいいけど

ありすは始まりの時点でとてもつらいからラスアンただただ悲しくて前後篇通して観なおしてたけど涙が止まらない
ありすの名前が『怪物』になってたのがやりきれないけれど、残されるのではなく見送ることは悲しくないと彼女自身が最後に気がついただけまだ救われたのかなぁ……
本当に型月世界で人間が延命しようとするとろくなことがいね……
154 : ななしのよっしん :2018/03/12(月) 15:26:50 ID: 4dMKHDVqUq
そもそも戻って来るから待っていてくれと言い残して死地に赴いたのは野だからなぁ
ありすからしたら置いて行かれたとしか思えないでしょうよ
野を上層に送り出すことが見送りだと言うなら、ありす約束を捨てて消えれば良かったのか?
今回のありすの結論は、理やり美談にされたみたいで納得いかなかった
155 : ななしのよっしん :2018/03/14(水) 06:20:49 ID: s5VjxW2dW6
>>154
待つことにも、見つけてもらえないことにも、殺すことにも、気の遠くなるほどの時間を経てなお苦しめられて、その果てにようやく終わりが訪れたことへの安堵が大きかったんじゃないかなぁ。
これまでに消えていった登場人物全部に言えるけど。

そういう観点では異常に感じるね。
156 : ななしのよっしん :2018/03/14(水) 21:26:51 ID: Gs6t4tjzzA
>>154 千年前に約束をした時点でもうアカンのよ
ありすの結論は「送り出す」であって「待ってる」ではない。ましてや「見捨てる」なんかでは到底ない
157 : ななしのよっしん :2018/03/14(水) 23:16:16 ID: VeWSe+vD9J
>>154
野は「待ってろ」なんて一言も言ってない。「戻ってくる」とだけ言った。
158 : ななしのよっしん :2018/03/15(木) 06:25:29 ID: 4dMKHDVqUq
>>156
ならどうすれば良かったのか具体的に教えてくれよ
約束をしたのが間違いなら、野の帰りを待たずに死ねば良かったってことになるじゃん
そんな禅問答みたいな教訓を押し付けられても一文の足しにもならんわ
159 : ななしのよっしん :2018/03/21(水) 19:37:26 ID: 00E7hqmf2C
どうすればよかったなんていう答えはないと思う。
彼女の選択はどれをとっても最後には消えるだけという結末しかない。
約束したのが間違い という意味ではなく
ただただその約束が怪物をうみだした、
そういう話。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829