単語記事: うえきの法則

編集

うえきの法則とは、週刊少年サンデーにて連載されていた、福地翼原作漫画作品である。

概要

週刊少年サンデーにて2001年から2004年まで連載。単行本は全16巻刊行。

その後、続編として『うえきの法則+』が同誌にて連載された。単行本は全5巻刊行。

ストーリー

界において、が次期の『』に就任するかを決めるため、100人の界人次期補がそれぞれ才を見込んだ地上の中学生達を選び、を与えて代理戦争させるというバトル漫画である。

主人公中学生植木耕介は中学校教師であり補のひとりでもあったコバセンにを与えられ、補たちの戦いに巻き込まれてしまう。

解説

  • 中学生たちに与えられるは「AをBに変える」に限定されている。AとBの間には何のつながりもないことも多く、主人公植木耕助からして「ゴミを木に変える」である。実にエコロジーである。
  • 発動に関しては限定条件と呼ばれる発動条件が設定されている場合がある。あまりに強すぎるは限定条件を満たすのが難しくなっている。一番発動条件の厳しいが、相手の精や思考に直接作用して変えてしまう「洗脳系」の主人公に一番身近なとある人物が後々、この最強に類するを、一番くだらない形で手に入れてしまい、色々と絶することになる。
  • 者の戦いに勝つと才がひとつ増える。者以外を傷つけると才は減る。才をすべてなくした者は消滅する。才とは才のことで、初期ではこの才をいくつ持っているかが勝利の鍵だった。最終的に勝ち残ると、自らが望む才を書き込める「空白の才」が褒賞として与えられることになっている。
  • はとある条件を満たすことにより、レベル2といわれる新たな段階に成長する。レベル2になるとで変えたものに対して新しい特性を付与することができるようになる。
  • 界人たちはと呼ばれる10個の特殊を持つ。ただし、は一ツから十ツまでランク付けされており、界人自身がそのランクにまで達しないと使用することはできない。を与えられた中学生の中にも界人が混ざっており、彼らは器を融合させた攻撃を放つ。
  • 者同士の戦いの重要なファクターは序盤:才、中盤:、終盤:器と順調にインフレが進んでいる。が、最後の最後で再び才が重要になる。
  • 同時期に同じ掲載誌で連載していたチチをもげ!漫画と設定がかぶっているような気がしないでもないが気にしてはいけない。あちらは魔界の王を決める戦い、こちらはを決める戦いである。
  • メガネ好きにしてください」→「変態だー!!
    メガネ好きにしてください 変態だー!!!

登場人物

要人物のみ登場順に紹介。

植木耕助

無印プラス主人公正義感が強く、自分よりも他人を助けることができる人間。が、その正義感がになり者のペナルティで才を減らすこともしばしば。もともとの才の数も11しかなく、バトル開始時点で既に2つ失っている。
(ただし、その11個の内判明してるだけでも勉強の才、走りの才 泳ぎの才女子にモテる才と恐らく普通に生きる分には最強ラインナップ。バトルが始まる前は文字通り天才運動神経抜群、モテモテと璧に近かった。なお、バトルの中でその才は全て失われた…。
 しかし次々と才を失いながらも、「努で何とかなる」とほとんど意に介していなかった様子。)

ゴミを木に変えるゴミと認識さえすればゴミでなくても使用可。限定条件は手のひらで覆えるもの。半年前に後の担任の小林にもらったが、選んだ理由は「面倒だから」とかなり適当だった……。
バトルでは才とを併用することで有利になるために才の多さと有用さで他の参加者は選ばれていた。しかし植木の場合、ただでさえ少ない才を次々と投げ捨て、自体も強なものではなかったためカモとして多くの敵を引き寄せている。 

後に界人だとわかり、器と組み合わせてを使うこととなる。

森あい

植木同級生ヒロインポジションツッコミ役。テスト中に植木を見て宇宙人か何かと思いストーキングを開始。

その後「補が中学生を与えて最後まで残った中学生を選んだ補がになれる」という代理バトルと「才が0になった中学生は消滅」を聞いて、植木を守るためにもないのに付きまとう。植木同様自分よりも他人を助けることができる人間。詳しい話は個別記事参照。

小林

植木の担任。植木を渡した本人であり補。テキトーなオッサンだが今の時代に正義があるのかを知りたく、才が0になろうとも正義を貫くことができると判断して植木バトルに参加させた。が、小林もまた正義を貫いて姿を消すことに。

佐野清一郎

関西人。空白の才で温泉発掘の才をもらって温泉を掘り当てるために参加を決めた。

植木たちとはバトル開始直後、銭湯の煙突から降りられなくなった子供を使って助けたところで出会う。に警されて逃げられたが、その後植木が窮地に陥っていた所に助けに入る。その後引越しで近所からいなくなったが、敵として再び会うこととなった。

手ぬぐいをに変える。限定条件は息を止めている間のみの効果を得ること。使用前に手ぬぐいの形を変えておけばいろんな具に変えることが可

犬丸

佐野を選んだ補。小林とは違い至ってまじめで空白の才が善にも悪にも使えるものということを警しており、空白の才に相応しい中学生を選んだ。

神様

世間一般の想像する神様像から遠くかけ離れたアフロ頭で女好きのファンキーオッサン。「持ってる才である程度ができる」というのならと「勝ったら相手の才を奪うことができる」バトルを思いつき、中学生やらせて勝った世界を託すことを提案した。変なオッサンだがなので戦闘はかなり高い。

崩(リホウ)

強い相手を追いめる者。補のガンジからをもらったが「修行のため」ともっぱら体術で戦っている。その植木で出した木を素手で破壊するほど。引き分けとなるが、勝ち残って植木と再度の対戦を誓った。

ロベルトハイドン

最強者と言われており神様からも有補としてをつけられていた。補はマーガレット

初登場時、植木シャボン玉で相手をして植木を上から叩き落してトドメを刺そうとするが、邪魔が入り失敗。そのまま邪魔者と共に退場。全く勝負にならなかった植木敗北危機から救う。

を使うと寿命が1年縮むため、ロベルト者集団「ロベルト十団」を結成して自分がを使うことがないように努めていた。

植木の新たな補の地味界人。いなくなった小林と引き換えに登場してバトルからやめるよう説得するが、その直前に小林意を知っていた植木は拒否。その後もしつこくやめさせようと、持ち込んだモバイル端末を使って説得を続けた(その後端末はに取り上げられた)。

本当のやめさせる理由はマーガレットから補佐の座を約束されていたからである。しかし植木ロベルト十団の者を次々倒すと……

子・ジェラード

ジェラード財閥の令嬢。友人はいたが扱われ方がヅルでしかないことに失望し、ロベルトの誘いを受けてロベルト十団に入る。ロベルトから信頼されていることでロベルトに好意を寄せていたが終盤……。補のミケはマーガレットの手下。

団員を次々倒していく植木に対して別の者と共に2人がかりで倒しにきたが、仲間を簡単に見捨てる十団の行動に疑問を感じ十団を裏切り、をなくした団員を助けに行って攻撃されそうになっていた植木を助けに入る。以降植木仲間となる。

ビーズを爆弾に変える。限定条件は一度触れたもののみの対になること。ある程度近距離なら遠隔爆破は可。財団にを生かした具を用意させて使うことも。

テンコ

界人のを測ることができる獣。巨大になったがために界人から恐れられ、適当な罪を着せられて地界に封印させられた。ある人の助けにより地界を抜け出して植木の窮地に現れる。

当初は界人の植木を食べる予定だったが、仲間になり界人のレベル上げに協することとなる。

宗屋ヒデヨシ

ビビリで人をだますことがうまく、普段は孤児院「たいようの」の子供たちと遊んでたりしている。補はネロ。しかし途中でヒデヨシ助けていなくなり、新しい補のザックが来たが、悪人だったため協することはなかった。

植木たちとは2次選考開始前に仲間集めをしていたところで出会う。当初は断っていたが、別のチームがたいようのを破壊して断る理由のなくなったヒデヨシチームに入れようとしたため、植木たちが敵チームを追い返して破壊作戦阻止。優勝すればネロを助けられるとわかったため植木たちのチームに入る。

似顔絵に変える。限定条件は絵1つに対して1本を折り曲げている間のみ有効。攻撃に使いようがないだが、このやハッタリで敵の隙をついてカンチョー醤油ボンバー(醤油に入れる)など、精的なダメージを与えるセコイ攻撃を食らわせている。

テレビアニメ

テレビ東京系列にて2005年4月から2006年3月まで放送された。

アニメーション制作スタジオディーンによる。

ゲーム

ゲームは以下が発売された。

関連動画

関連商品

うえきの法則 第1巻(ニコニコ静画配信版)
うえきの法則プラス 第1巻(ニコニコ静画配信版)

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%86%E3%81%88%E3%81%8D%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87
ページ番号: 4557631 リビジョン番号: 2303942
読み:ウエキノホウソク
初版作成日: 11/02/02 18:54 ◆ 最終更新日: 15/12/23 18:20
編集内容についての説明/コメント: 植木の才について再記述
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


植木耕助

植木耕助(途中)

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

うえきの法則について語るスレ

124 : ななしのよっしん :2017/01/24(火) 17:39:35 ID: D81qkpGAzT
勉強ができる才がなくなるから勉強ができない←?
女子に好かれる才がなくなるから女子に好かれない←??

もに突っ込まんのか
125 : ななしのよっしん :2017/03/06(月) 13:50:36 ID: DGSaYuWfC9
親父になるために利用され、赤子の頃に人間界に落とされ、
命がけのバトルに参加し、最終話には界人の器をすべて失い、才も2つしかなくなってしまう
植木が明るくて常に前向きだから読んでるときはほとんど気にならないが、
何気にかなり悲惨なに合ってる主人公の一人だよね

>>120
器っていう他の漫画なら「後付け」と言われるような技が出始めたあたりで
に面くなっていくしい作品よな
126 : ななしのよっしん :2017/06/01(木) 14:32:22 ID: B5zDApBWPu
植木対多数とか、敵も器使ってきたりするから植木器使えるのはむしろバランスが取れてるんだよね

そういえば蹴り上げた土を鉄球に変える人とか、仮に最初の予選を通過しても後に石畳の上で戦うことになるから的に詰んでたよなぁ…
127 : ななしのよっしん :2017/06/01(木) 14:52:42 ID: H7HrdCBdK0
この漫画が面いのはテンポがすごく良いからだと思うわ
器習得も威風堂々百鬼夜行独尊まで一気にだったし、アノン戦の才消滅も残り16→4までの破片被弾で1ページで終わらせるとかすごいと思うわ
他の漫画なら各器習得の修行のために3話ずつとかかけそう
128 : ななしのよっしん :2017/06/09(金) 20:29:01 ID: cmPKLXIV/K
アノンって神様吸収しているからロベルト吐いても者扱いじゃね?
神様器使えるし
129 : ななしのよっしん :2017/06/10(土) 04:28:56 ID: t/rH4eH02f
>>128
器が使えるのは界人の特性であってではないぞ
130 : ななしのよっしん :2017/06/10(土) 10:03:43 ID: cmPKLXIV/K
者はあくまで参加してを得ている者のことか
131 : ななしのよっしん :2017/07/06(木) 01:45:45 ID: 6tRHHVLA+Y
>>124
元々才を持ってないのと、持っていた才を失うのとではペナルティ的な意味で違いがあるんだろ
132 : ななしのよっしん :2017/07/13(木) 03:01:21 ID: 3S5qFfMILF
例えば泳ぐのが得意な人が
「どうやって泳いでるか」を意識すると
途端に泳げなくなる、みたいなもんじゃない?
133 : ななしのよっしん :2017/09/01(金) 11:01:38 ID: Lvw3Bzj2Hl
子どもの頃は普通に楽しく読んでいたが、
大人になって読むと「ここ編集部に路線変更させられたんかなぁ」と思わしき点がについて集中できない
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829