単語記事: うそつきノーランド

編集  

うそつきノーランドとは、「ONE PIECE」に登場する劇中作である。

概要

“北のノーブルー)”では知らない者はいないと言われるほどの有名な絵本。

探検ノーランドウソのような冒険の話を人々に聞かせ、最終的にウソがばれて死刑になるというもの。

むかしむかしのものがたり
それは今から400年も昔のお話──

北ののある
モンブランノーランドという男がいました

たんけんかのノーランドの話はいつもウソのような大ぼうけんの話
だけど村の人達にはそれがホントかウソかもわかりませんでした

あるときノーランドから帰って
王様にほうこくをしました

「私は偉大なるのあるで山のようなをみました」

ゆうきある王様はそれをたしかめるため2000人の兵士をつれて
偉大なるへと船をだしました

大きなかいじゅう達との戦いをのりこえて
そのにやっとたどりついたのは王様ノーランドそしてたった100人の兵士

しかしそこで王様たちが見たものは何もないジャングル

ノーランドはうそつきの罪でついに死刑になりました
ノーランドのさいごの言葉はこうです

「そうだ!山のようなにしずんだんだ!!!」

王様たちはあきれてしまいました

もうノーランドしんじたりはしません
ノーランドは死ぬときまでウソをつくことをやめなかったのです

北界民話「うそつきノーランド」 

ONE PIECE 巻二十五より

史実

童話ではあるが、このモンブランノーランドは(ONE PIECE世界に)かつて実在し、物語実話を元にしたものである。ONE PIECEの作中にはノーランドの子孫である「モンブランクリケット」も登場する。

絵本では最期の言葉のシーンアホ面を添えて描かれているが、実際には大粒の涙を流しながらの念の死であったという。
にしずんだ」という言葉も、実際には「地殻変動による(の)遺跡の海底沈没」の。意味としてはあまり変わらないが、印は随分と違ってくる。 

事実、そして真実

の遺跡は確かに存在していた。
しかし、ノーランドするような海底沈没ではなかった。

こののある域では“突き上げる流(ノックアップストリーム)”と呼ばれる、その名の通り『上』へ向かう流がときどき発生する。
この流がノーランドが2度に訪れる1年前にの下で発生し、の遺跡を含むの半分をか上へと突き飛ばしてしまった。さらにこのとき、ちょうど上に(正確には)が飛来して来ており、飛ばされたはそこに定着することになる。

しかしノーランドはそのことを知る由もなく、が半分なくなり、そこにあったはずの村や遺跡もなく、友情を交わした原住民達もいなくなってしまったことに愕然とする。
さらに当てであった国王はそれがないことに激怒し、ノーランドを捕縛して祖国へ帰還。「(1回の上陸時に)があったというのはウソ」という言をするための偽者人まで仕立て上げて、ノーランド死刑にした。

へ飛ばされた原住民達は、に元々住んでいた者たちによってを追われ、以後400年に渡ってを取り戻すべく戦い続けることになる。
この間、“北の”からの船乗りがを訪れたため、原住民達にノーランドの最期は伝えられた。しかし現在に至るまで地上の人々にの遺跡の実在や、それがにあることは知られていない。というか、の存在自体が都市伝説レベルである。

モンブラン・ノーランド

CV大塚芳忠

ルブニール王所属の探検。また、植物学者でもある。

1度の遺跡を訪れたときには「提督」の地位にあり、それ以前に2度も“偉大なる航路(グランドライン)”を航し、生還している実績の持ち

中で王類を仕留めたり、自分の何倍も大きいを一太刀で仕留めたりと、戦闘も相当なものである。

関連動画

YouTube

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%86%E3%81%9D%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89
ページ番号: 5160407 リビジョン番号: 1919793
読み:ウソツキノーランド
初版作成日: 13/11/04 19:59 ◆ 最終更新日: 13/11/04 19:59
編集内容についての説明/コメント: 新規作成。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

うそつきノーランドについて語るスレ

13 : ななしのよっしん :2015/11/15(日) 11:33:10 ID: pfPkJosezN
まぁジャヤを侵略するのがルブニール軍かの民だったかって違いにしかならないと思う。
もし上に打ち上げられてなかったらそれはそれで物凄い悲劇になってそう。
14 : ななしのよっしん :2016/01/25(月) 21:37:36 ID: VeNbvvT/FX
こいつとカルガラエピソード徴的というか
伝統とか確執を乗り越えた友情だったんだが新しい悲劇の幕開けになっちまったからな
(うそつき伝説400年戦争の原因)
15 : ななしのよっしん :2016/04/15(金) 17:42:16 ID: 15LkUsX8O0
新世界まで行って帰ってくるほどの実を持った、偉大な冒険なのよね。

シャンドラも戻って、ドレスローザでも像が建てられてたみたいだから、
この後世間の誤解も次第に解けていって、いずれ名誉も回復するのかしら。
16 : ななしのよっしんた :2017/07/31(月) 02:06:02 ID: NoQycOQKOZ
>>11
ノーランドを慕う船員じゃなく、王直下の兵隊連れてったことからも明らか当ての侵略的だろう
いくらカルガラたちがお礼にを渡すと言っても
「もっとを隠しているかもしれない」
の鐘を含め、あのはぜーんぶを見つけたたちルブニール王のもんだ!」と王様なら考えるだろう
(大臣と思わしき人物を顔を合わせてニヤニヤしてるし)

結果起こるのは王兵による虐殺と略奪
ノーランドも王を止めれば反逆者として妻子を危険にされる

もし王直下の兵じゃなく、ノーランドの船員を連れて行って
もしジャヤがに行ってなかったら、ノーランドは探検から海賊にならざるを得なかったかもしれない
17 : ななしのよっしんた :2017/07/31(月) 02:16:03 ID: NoQycOQKOZ
シャンディアたちがを全部差し出したとしても
つくな!もっとがあるんだろう!の隠し場所を吐け!」
拷問にかけられたり、探しのため女子供を人質に取られた上で強制労働や奴隷扱いさせられることもあり得る
18 : ななしのよっしん :2017/10/11(水) 23:26:18 ID: DlsOvnJtCq
実はポーネグリフがあるだったのでノーランド嘘つきにして事実を隠蔽した…なんて考察した人もいたな。
まあ、王がなにを考えていたとしても結果的に王に非はないわな。
19 : ななしのよっしん :2017/11/02(木) 06:31:16 ID: ez8P2N30vk
自らの浅はかな考えで大勢の兵を死なせ、偽物人を立てて性の欠けた裁判を行い、全ての責任をひとりの探検に押しつけた導者に何も非がないとお前がそう思うんならそうなんだろう
20 : ななしのよっしん :2017/11/09(木) 00:52:36 ID: uIdCQOOUwj
肝心のが全部、に飛んでないという状況でなければ王にも非はあるとは思ってる。
21 : ななしのよっしんた :2017/12/06(水) 11:43:53 ID: NoQycOQKOZ
ノーランドが一族とを守るガラガラたちに味方するか、奪いたい王に味方するかの局面に追い込まれたらかなり厳しいな
王に敵対するってことはノーランドやその船員たちの家族を危険にすってことだし
シャンバラに行ってもいなくても、ノーランドにろくな未来が待ってない
22 : ななしのよっしん :2018/01/21(日) 12:45:51 ID: MOBLWaaFXb
グランドラインを航に慣れてない兵士や王を連れて航できる化物
信用くなった後の帰り道とかどうしたんだ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829