単語記事: うたわれるもの

編集

本作は、アダルトゲームブランドLeaf」が2002年に発売したアダルトゲームである。
2005年漫画2006年にはテレビアニメが発表された。
本作品は、記憶を失い、外れない仮面をつけた謎の男ハクオロが、
圧政を敷く領への抵抗からやがて一となり、民族抗争に身を投じていく戦記物。
アイヌモチーフとした世界観からファンタジー作品に分類されるが、
物語の終盤においてはSF的な設定が明かされることになる。

こみっくパーティ」に続くLeaf東京開発室の第2作。
練り込まれたストーリー世界観、シミュレーションゲームとしての完成度などが高く評価され、 『まじかるアンティーク』『誰彼』とやや評価の微妙な作品が続いていた中で面を保った。
難易度は低めに設定されていたため、後に高難易度モードを搭載したDVD版も発売。
最高難度は一筋縄どころではない無理ゲーである。

PC版発売から4年後の2006年PS2への全年齢移植TVアニメ化がなされ、
特にアニメ版は気鋭スタッフの手による高い完成度で人気作となった。
また同時期に開されていたハクオロ役の小山力也エルルゥ役の柚木涼香による
ネットラジオうたわれるものらじお」がある意味アニメ本編える
爆発的な人気を得たことでも知られる。

元は18禁ゲームであるが戦記物としての色が濃く、18禁要素は非常に薄かったため、萌えMADでは
エロゲ化してくれ」と言われたりする。しかし、実際に色々誤解するユーザーも多数発生しそれが原因で動画が荒れることもある。

続編「うたわれるもの 偽りの仮面」が2015年9月24日に発売。世界観は同じだが、新たなキャラクターを中心としてストーリーが展開する。また三部作の完結編として「うたわれるもの 二人の白皇」が2016年9月21日に発売される予定となっている。


- - 要 人 物 - -

ハクオロ
CV小山力也
本作の主人公で、怪をして倒れていたところを、エルルゥに助けられ、トゥスクルので手当てされて以来、エルルゥや村の事を想う様になる。
外すことの出来ない仮面を付けており、記憶を消失したため、トゥスクルに「ハクオロ」の名を貰う。
父親の居ないアルルゥには「おとーさん」と呼ばれている。早漏
※以下ネタバレの為注意
正体はウィツァルネミテアと呼ばれる存在の空蝉ハクオロとはき皇という意味をもち彼の名でもある。トゥスクルは彼の正体を看破し、その名を返還した
物語終盤にて自身の正体に気付き苦悩するも封印される時まで自らの意志を貫き通す大人でもある
なお、彼のしている仮面数の未知の繊維によって髄に取り付けられており脱着は文字通り不可能となっている
遺伝子的にみると登場人物すべてのとも呼べる存在のためアルルゥの「おとうさん」という発言はかなり的を得ている事になる
ゲーム版、アニメ版共にエンディングにて何人かが彼の存在を感じ取っており、エルルゥは振り向き微笑みを浮かべているが戻ってきているのかは一切不明
エルルゥ
CV柚木涼香
本作のヒロインで、怪をして倒れていたハクオロを助けた事から行動を共にする様になる。
優しく面倒見の良い性格で、事全般が得意。
一の欠点はやきもち焼きであることが庭版で追加された用辞典に載っている。
自身の記憶や戦いで苦悩するハクオロを最後まで支えた。
戦闘時はサポートキャラで攻撃は一切しないが庭版では敵を状態異常にする技を覚える(PC版では回復のみ)
アルルゥを助ける為に自らの存在のすべて(身も心も文字通り魂のひとかけらまで)を差し出す契約を行っており、情の一部分はその契約によるものだが契約とは別に本当の意味でハクオロ情を抱いている
最終的にハクオロにより契約を破棄されているのでハクオロの封印における影かった(死亡ではなく封印なので契約の有に関わらず影かった可性もある)
アルル
CV沢城みゆき
エルルゥムックルとガチタラの飼い
人見知りしく、ハクオロに対しても最初は避けていたが、ムティカパ退治後は「おとーさん」と呼び慕っている。
カミュとユズハとは親友であり、よく遊んでいる。
戦闘時はムックルに乗っかって参戦する。初期値の防御は全キャラ随一だがなどに浸かるステージの場合は自慢の防御がガクンと下がってしまう欠点をもつ。
ガチャタライベントまでは必殺技を発動させても必ず失敗する
実は彼女も契約を行って生しているが契約内容は不明
エルルゥ契約と一緒に契約が破棄されたかどうかは不明
オボロ
CV桐井大介
ユズハのだが重度のシスコンである。
当初はユズハと親しくなるハクオロを嫌っていたが、紆余曲折あり兄者と慕うようになり、彼を支えた。
戦闘時はいの一番に行動することが多く、移動距離も長い。防御較的低いので策に突っ込ませたらあっさりと沈む。また、連撃の間隔が狭くほぼ連打に近い操作が必要になる。
ドリィ/グラァ
CV:渡辺明乃
双子兵でハクオロ少女と間違える容姿だが男である。
オボロを若様と呼び慕っており、エンディングでもオボロ理矢理同行している。
双子だがステータスは別になっている。
ベナウィ
CV:浪川大輔
愚皇インカラに仕えていたが、自らの手で介錯し、戦を終わらせた。その後自害しようするもハクオロに止められ、配下となる。
かなり有能なため配下となった後はハクオロの代わりに事務処理などを行う羽になったりしている。
戦闘時はシシェといういウォプタルに騎乗する。アニメでは普通に降りて戦っている時もあるがゲームではどこにいようと騎乗している。
クロウ
CV小山剛志
ベナウィの部下。戦は好きだが戦闘狂ではない。
自身の部下の信頼は厚い。
庭版にて追加されたカムチャタールに好意を持たれているが気付いていない。
戦闘時はベナウィと同じくウォプタルに騎乗する。やはりアニメでは降りて戦っている時もあるがゲームではどこにいようと騎乗している。
カルラ
CV:田中敦子
ギリヤギナ族の女(ナクァン)で本名はカルラゥアツゥレイ
大人三人掛かりで運ぶのがやっとの重のナマクラ(特注)を片手で扱うことが出来るほどの持ちだがその理由はギリヤギナ族の素質もあるが同時に父親大神契約した為である。
戦闘時にはそのを振り回して敵をなぎ倒す。
トウカ
CV:三宅華也
エヴェンクルガ族の少女
当初はハクオロと敵対していたが誤解が解けると同時に配下になる。
どこか抜けており、うっかりミスをよくするのでうっかりというあだ名がある。
戦闘時はを使い麗に戦う。
ウルトリィ
CV:大原さやか
オンカミヤリュー族の第一皇女で本来はの役割である。
普段は女のような佇まいだがとあるイベントでは変する。
最終的にはカミュと一緒にを封印するという大罪を背負う事になる。
戦闘時にはの術法で戦う術士タイプアニメでは一部を除いて戦うシーンい。
カミュ
CV:釘宮理恵
ウルトリィで第二皇女
羽根がいがその理由は先祖返りをしているからである。
最終的にはウルトリィと一緒にを封印するという大罪を背負う事になる。
戦闘時は火と土と闇の術法で戦う。ウルトリィと同様にアニメでは一部を除いて戦うシーンい。
ユズハ
CV:中原麻衣
オボロの異
生まれつき大病(トゥスクルく「中のオンカミがいがみ合い、争う病」)を患っており、幼い頃に高熱を出し、盲目となった。
オボロにより過保護にされた影で友達という言葉の意味すら知らなかった(ハクオロオボロにこのことを「ユズハという名の動物を飼っている」と評した)。
自分は長く生きられないことを知っていたのか悟ったのかは不明だが生きたが欲しいと言い、ハクオロの子供を事出産(偽りの仮面のクオン?)しエンディングにて死亡していることが確認されている。ただしゲーム版のみでアニメ版では子供は産まないがエンディングではやはり死亡していることが確認されている。
余談ではあるが柚木涼香氏は何故か原作者でなく小山力也氏にこの事を怒ったらしい

- - 関 連 動 画 - -


- - 関 連 商 品 - -


- - 関 連 項 - -



【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%86%E3%81%9F%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%82%82%E3%81%AE
ページ番号: 420895 リビジョン番号: 2398883
読み:ウタワレルモノ
初版作成日: 08/08/01 21:34 ◆ 最終更新日: 16/08/26 21:06
編集内容についての説明/コメント: 二人の白皇を追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ドリィグラァ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

うたわれるものについて語るスレ

408 : ななしのよっしん :2016/03/04(金) 16:05:59 ID: MgyeN0Do7Q
すれ違いだけど、2も販促としては失敗ではないよ
実際2アニメで1思い出したもいるから
っていうか今更1アニメ見ようとする人はいるかな
アニメも最後の方かなり駆け足で、当時は案外評価悪かったとも聞いたけど
409 : ななしのよっしん :2016/03/05(土) 23:05:29 ID: 7W1VWcpYIV
そうやって安易に初代と偽りの仮面の相対化を図るなよ・・・
も偽りは嫌いじゃないけどゲームアニメも作りこみが甘すぎる
410 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 15:53:56 ID: MgyeN0Do7Q
ま2は一つの作品として終わった1と違って
ゲームアニメも間埋めみたいなもんだと思う
そこそこ楽しめるけど何かこれからの期待だけで持ってるような
411 : ななしのよっしん :2016/04/09(土) 03:36:01 ID: Hj0/U1FHVB
で、最大の要点が3部作最後の結末が納得できるかどうか
何の救いもなかったらどうなってしまうか・・・。
412 : 削除しました :削除しました ID: Hj0/U1FHVB
削除しました
413 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 20:55:02 ID: +tgtEg+PJL
救いがある結末で良かったな
414 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 20:28:31 ID: P0aJiKhPye
何でも結末しっかり書いて欲しいには今回の作品(二人の白皇)は良作になるんかな。

プレイヤーが色々想像できる幅のある締め方が好きな人(自分含む)にとってはこういう終わりも有りなのかなぁって感じでもあったけども。

なんだかんだ、原作が10年以上も前の作品ってのは感慨深い。
415 : ななしのよっしん :2016/09/28(水) 00:03:18 ID: 7KuiruWB0T
○○○様に関しては色々想像できる点も多いしいいんじゃないかな
個人的には二人の白皇うたわれるもの完結編として最高の締め方だったと思ってるよ。
416 : ななしのよっしん :2016/10/24(月) 18:18:21 ID: 58RP1puN8a
二人の白皇すごい良かった。確かに期待を裏切らなかった
ただ、クーヤとサクヤのその後に一切触れなかったのが残念
417 : ななしのよっしん :2016/11/12(土) 21:45:43 ID: vj4rxC3Dau
>>416
たしかになぁ 
富坂さん復帰してるしクーヤの自復活期待してたよ
最後にテレビで見たのって犬夜叉だったかな・・・
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015