単語記事: うちはイタチ

編集

うちはイタチとは、漫画NARUTO』に登場する架キャラクターである。

CV - 石川英郎

概要

うちは一族の1人で、うちはフガクの長男うちはサスケである。
サスケが幼い頃に、里のサスケ以外のうちは一族を皆殺しにして里を抜け姿を消した。
その後はの一員となり、尾獣収獲の為に暗躍する。
同じの一員である干柿鬼鮫とはツーマンセルを組んでおり、共に行動することが多い。

うちは一族に伝わる血継限界の瞳術「写輪眼」、さらには一族でも開眼するのは極希と言われる「万写輪眼」をも使いこなす。
体術・手裏剣術術・幻術とあらゆるスキルで高い準を誇る一流の

イタチであるサスケは、家族と一族のを討つためイタチへの復讐に燃えていた。
仲間を裏切り木の葉の里を抜け、大蛇丸の下でを得たサスケは、ついにイタチを倒し復讐を果たす。
だが復讐を果たした直後、サスケうちはマダラからイタチ真実を聞かされる。
犠牲になったのは木の葉やうちはではなく、イタチ自身だった。

うちはイタチ犠牲になったのだ・・・

真実と過去

※ 以下、ネタバレにつき読みたい人は反転

イタチが犯した罪の真実は、イタチ自身が当初サスケって聞かせたものとは全く異なるものであった。

九尾襲撃事件から始まるうちは一族への迫に耐えかね、うちは一族の中でクーデターを計画する者が現れ始めていたため、里の上層部ではうちは一族の粛清を唱えるが挙がっていた。
うちは一族は暗部に所属するイタチを里に対するスパイとして選び、クーデターの雰囲気に気づいていた里上層部は同じくイタチをうちは一族に対するスパイとして選ぶ。結果、二重スパイ状態になりイタチは苦悩する。

そんな苦悩の日々が続いた中、シスイの件が発覚し、イタチっ先に嫌疑をかけられる。何とかその場はいだものの、罵倒に対して反射的に手を出してしまった事、土下座した後も辛辣な言葉をぶつけられた事から、自分以外のうちは一族の傲慢さに絶望してしまった。

どんどん深まっていく里とうちはの間の溝のため、ダンゾウを始めとした里上層部のタカはついにうちは一族を滅ぼす事を決定。その実行をうちはの人間でもあるイタチに命じる。
イタチはこの時点でうちはとの対立問題について何ら結果を出せていなかったヒルゼンらハトを信用できなくなっていた事、上述のうちはに対する絶望、シスイに教わった「里のための自己犠牲」と言うの生き様に加え、ダンゾウより交換条件として「サスケだけは見逃せる」と提示された事により、うちは一族ではなく里につく事を決意。

こうしてうちは一族の皆殺しは実行された。

一人残されるサスケに対しては、私欲によって非に及んだ悪を演じてを騙り、万開眼しろと言い残して姿を消した。
これは、自分が一族殺を図った本当の理由が知られてしまうと里を守る事にならないと考えた事もあったが、何よりたった一人残される事になるサスケに、んだものであっても生きる的を与えるためのである。

先述の、親友であるうちはシスイを殺して万開眼した事については、事実である。
ただしそれもサスケなどが当初想像していたものとは全く違い、ダンゾウがシスイの右を奪う事件が発生した時点でシスイによりもはや助からない身体になっていた事、残る左が奪われる事態を防ぐ必要があったことから、シスイイタチに後を託す事を既に決意していた。
この時に万開眼条件をイタチに伝えた上で、自ら「を殺して万開眼しろ」とイタチに要請。シスイの意をんだイタチはシスイに突き落として殺、シスイの望み通りに万開眼したのである。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%81
ページ番号: 4345315 リビジョン番号: 2365752
読み:ウチハイタチ
初版作成日: 10/04/24 16:22 ◆ 最終更新日: 16/05/25 12:37
編集内容についての説明/コメント: ネタバレ部分追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


天照

うちはイタチ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

うちはイタチについて語るスレ

385 : ななしのよっしん :2016/03/06(日) 20:39:06 ID: 1B5+1qWZcT
うちはシンイタチの表裏どっちの思想に共感したのか
サスケ伝出るまでいまいち分からなかったけど作中の行動
よくよく思い返してみればまあやっぱりうちは虐殺事件、イタチの思想だわな。ナルトもなんだかんだ儀にイタチとの約束を守ってかつ苦の策ではあるけどイメージアップしようとはしてたんやな。虐殺事件の相さえ明かさなきゃいいわけで界大戦でイタチサポートしてくれたの自体は事実だしね
386 : ななしのよっしん :2016/03/11(金) 14:52:53 ID: Li/1nO9h+y
今でこそサスケが圧倒的に強いけど昔はサスケがかわいそうになる天才ぶりだ
結果的にはイタチ熟なだけだったけど
387 : ななしのよっしん :2016/03/17(木) 23:20:37 ID: fWgmPIEMc/
サスケみたいに師やライバルに恵まれてたらイタチも順調に最強の火影のを歩んでたんだろうなあ。虐殺ストレスやら病気やらで縛りが多すぎる
388 : ななしのよっしん :2016/03/18(金) 11:51:05 ID: BwwBkeq7sJ
イタチ伝で見せた読のあの使い方は優しすぎる
389 : ななしのよっしん :2016/03/18(金) 17:28:35 ID: 4NViAcI+1m
イタチ伝の回想かなんかで「サスケェ!!」の顔はさむんかな
390 : ななしのよっしん :2016/03/27(日) 10:04:44 ID: rIjJIUreOD
サスケの方が才が上だったんじゃなくて
サスケイタチ並みの才があったって感じだな
サスケナルトや保護者丸みたいな天才が居たから開したけど
居なければイタチみたいに無能共に潰されてた
二の天才で親友だったまで無能共に潰されたイタチ以下だっただろう

全てはうちはを影に追いやり、ダンゾウやコハル達を育てた卑劣な男のせいなのだ…
391 : ななしのよっしん :2016/03/29(火) 03:07:08 ID: L1u5VOG/3k
普通病気も自分を偽り続けた心労・自責の念のせいじゃなかろうか…
392 : ななしのよっしん :2016/04/30(土) 00:08:58 ID: +owtCvw4Vr
>>386
熟なだけ?悪いけど、とてもじゃないがそうは思えなかった
戦争経験で哲学してたり(普通ならトラウマになるばかりで中々そこまで行けない)、
写輪眼も開いてない子が一見ただけでいきなり火球の術できちゃうとかさ

この漫画における天才チャクラによる特殊持ちという意味で使われてるのは分かってるけど、
それだけにチャクラ取っ払ったら、ほとんどのサスケナルトも含め)が良くも悪くも普通の人になる一方、
イタチはやっぱり気のだけれど、を歩める普通人になってたとは思えない
というのも、カブトヒルゼン、ゼツによるイタチ評は、チャクラ由来の瞳術とは全く関係ない部分、
彼の持つ「鋭敏さ」に集中していたし、イタチ以上のを持ってたオビトがの上のたんこぶ扱いしてたのだって
イタチ頂がそこだと分かっていたからでしょ
自分からすれば、むしろ写輪眼がイタチの足を引っったと思ってるぐらい余計なものだった
393 : ななしのよっしん :2016/07/08(金) 03:09:21 ID: jZpYjayxY6
伝最近知った口だけどアニメでのイズミの扱いあかんよなぁ…
あの最後ってイタチ読で現実から逃避して
2人の思う理想の世界文字通り一生(読は時間も質量も思いのまま)を過ごし
それでも結果としてイズミを殺したことで踏ん切りつけたイタチ
非情な現実世界で、最後の最後にだけは守ろうって動くのに

幻とはいえイタチ幸せに過ごせたっていう描写を結構見たい人多かったんじゃないのかと
その後に強な悲しみに襲われるけども
394 : ななしのよっしん :2016/07/08(金) 07:53:38 ID: Wt1Zz8qN9U
印すら〜のセリフ喋らせたこと、影様は後悔してるだろうなぁ。
影様もサスケイタチをそれぞれ別々のを歩ませるのが辛くなったとか言ってたし、イタチの悲劇の男の設定は後付けだと思う。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015