単語記事: うちはマダラ

編集  

うちはマダラとは、漫画NARUTO」に登場するキャラクターである。
CV-内田直哉

概要

木の葉隠れ創始者の一人。

隠れ里というシステムかった時代にうちは一族を長として率い、戦い続けていた。この際万華鏡写輪眼を酷使し続けたことにより失明するも、イズナの万華鏡写輪眼移植することで永遠の万華鏡写輪眼を得た。後の初代火影千手柱間とは戦場で幾度となく戦ったライバルであり、共に里を創り上げた仲間であり、里をめぐり戦った宿敵でもある。

木の葉隠れの里を創立した後うちは一族が里の中心から追いやられる事を感じたため一族に里を出るよう提案するが相手にされなかった。を守れず、一族を守れず、一族から疎まれることになったマダラは「の眼計画」を画策し柱間と袂を分かった。その後九尾と共に木の葉隠れを襲撃し、終末で柱間と周囲の地図が書き換わるほどの壮絶な戦いの末に敗北した。

うちは一族の基本である火遁の他、三大瞳術の内「永遠の万華鏡写輪眼」「輪廻眼」を開眼しており、山をも切り裂く程の規模の撃を放つ「完成体・須佐乎」や巨大な隕石を創造し落下させる「」など圧倒的な戦闘を誇る。

本編では当初トビがマダラの名を騙り暗躍していたが、第四次界大戦で薬師カブト穢土転生の術で本物のマダラを復活させた。穢土転生カブトによる特別なチューニングを受けており、本来使用できないはずの木遁術を使用することができた。その圧倒的戦闘力連合軍を半壊させ、五影全員戦闘不能に追いやった。

思いで、本質的には非常に純で優しい男である。だが一方で、戦いを楽しむ矛盾した性質を持っている。その矛盾こそが人の本質であるとし、平和を守るために裏で何かが犠牲になり、悲劇が続く現実読によって書き換え、戦いのない夢の世界を作ろうとする。

ネット上での評判

親友である柱間に並々ならぬ執着を見せており、柱間のを食いちぎり細胞を培養して自身の胸部に埋め込む、五影との戦闘中にことあるごとに柱間の話題を出す、柱間が穢土転生で復活したことを知ると満面の笑みと武者震いを見せる(フルフルニィ…)、戦場に柱間が現れるやいなや喜色満面で躍り出るなどの行動により、ネットでは一部からクレイジーサイコホモなどと呼ばれているが、原作ではあくまで親友かつ生涯のライバルに向けた少し行き過ぎた友情である………はず……………多分

2015年4月からアニメで放送されたEDはマダラをメインとしたものになっており、冒頭でいきなりマジキチスマイル爽やか笑顔を見せて視聴者を震撼させた。次々と映しだされる暗澹とした映像と、バックに流れる繊細だが前向きな少女チックな歌のアンバランスさが、マダラの本質的を巧みに表現しており、ミスマッチ具合が却って絶妙なマッチ具合になっている。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%86%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%83%9E%E3%83%80%E3%83%A9
ページ番号: 5240271 リビジョン番号: 2552821
読み:ウチハマダラ
初版作成日: 14/06/12 21:41 ◆ 最終更新日: 18/01/08 00:40
編集内容についての説明/コメント: かんれんしょうひん など 編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

うちはマダラについて語るスレ

743 : ななしのよっしん :2018/02/05(月) 17:57:31 ID: 48G95i1LnS
マダラが柱間に「殺すか自害しろ」って言ったのは、それくらいいえばさすがの柱間も諦めてマダラを殺す選択をするしかないだろう、って思ったんじゃないかな
のことしか考えてなかったのならむしろとっとと同盟組んでるんじゃないかなって思った
柱間がマダラより強いのはマダラ本人も分かってただろうし、あれは最初から死ぬつもりで柱間に戦いに挑んでいったんだと思う
マダラの中にもずっと、柱間と同じように夢を諦めたくないというか、幼少期の頃から変わらない気持ちはあったんだと思う
けど亡命者をたくさん出してしまうまでに一族を追い詰めしまった自分が今更柱間と一緒に平和世界をつくろうとしてもそこで自分が疎まれるのはに見えていただろうから、どうせなら最後まで暴君らしく戦って宿敵に殺してもらおうと思った……っていうのは考えすぎだろうか……
744 : ななしのよっしん :2018/02/05(月) 20:12:06 ID: 48G95i1LnS
あとマダラが里抜けしたのはあくまで、人々を守るために作られた里が、次第に人民よりも最優先で守るべき「的」になってしまいかねないことを危惧したからであって、そんな「里の闇」に気づいて暗い気持ちになっていた時に読というもうひとつの平和への手段に出会ってしまったからそちらのに進んだのであって、実際は復讐心とか里の人間に認められなかったからとかそういうことは原因ではないと思った
745 : ななしのよっしん :2018/02/11(日) 01:09:19 ID: /66KyVvl0q
うちはマダラと獅子堂クルル
読とカタルシス
似たような的、願いでもキャラが違うだけでここまで印が変わるもんだな
救世主を謳っていながらオビトをそそのかして戦争吹っ掛けさせたりしようなんて、純に救世を望んでいたならそんなことはしないはずだし、
やろうと思えば犠牲を最小限に、読を内密に発動出来たはず
マダラは結局憎しみに囚われた復讐者でしかない
746 : ななしのよっしん :2018/02/23(金) 12:58:51 ID: YibvQYhE0a
マダラと柱間のシーンハートで装飾するのヤメロ
マダラの柱間への台詞ハートつけるのもヤメロ
747 : ななしのよっしん :2018/03/04(日) 03:33:53 ID: cGq76R9Dnf
マダラが土影襲撃した件は木葉の圧倒的なを恐れて泣き寝入りしたのか柱間が全で謝罪と賠償したのか 
748 : ななしのよっしんた :2018/03/16(金) 15:56:43 ID: 93HCQ3LZwk
卑劣様ナチュラルに卑劣なことしたり、禁術開発しまくったりもそうなんだけど
マダラも『戦争の時代』というものに適応しすぎてしまった人だと思う
平和な時代に居場所がない
749 : ななしのよっしん :2018/04/21(土) 10:55:35 ID: EG4X9PMhX5
どこで間違えたのだ→生まれた時から

最初から転生体として生まれたしゼツにみられてたという
その時点で間違えている
750 : ななしのよっしん :2018/04/26(木) 19:56:27 ID: QSzX+KELKf
大規模の火遁に大人数を圧倒する体術と脅威的な基本スペックを披露
写輪眼万華鏡写輪眼輪廻眼の流れるような移行
同話内で巨大岩石を召喚「これが術だとでもいうのか…!?
当時最強の木遁術だった界降誕、さらにその上位版である界降臨まで発動
明かされる化物染みた強さの秘密(マダラ+マダラ以上の初代火影との融合体)
多重木遁分身からの須佐乎×25卑怯とはぬかすなよ」
とどめの完成体須佐

穢土転マダラは術がどれもこれもド手で絶大なインパクトを毎回残してくれたから大好きだわ
その圧倒的な強さに引かれてNARUTO読み始めた人間なのでここら辺の下りはいつ読んでも飽きない
751 : ななしのよっしん :2018/04/29(日) 00:57:20 ID: IJhN2pidhc
写輪眼だけでも高スペックなのに、永遠の万華鏡輪廻眼まで手に入れて、数え切れないほどの利便性の高い術を擁していながら、それでもほぼ木遁と仙術だけで対抗できるほど膨大なチャクラ持ってんだから、そりゃもう嫉妬通り越して惚れちゃうよなぁ
サスケナルトの成長を直に感じるたびに焦りと嫉妬を感じて、それに対してナルトは対等になれたことを喜ぶって感じの対だったけど、マダラも柱間と対等な実で戦うことに喜びを感じてたし、この二人二組の関係って似てるようで逆な気がする
何世代も続いたアシュラインドラの転生者の系譜において、基本アシュラ側が挑戦者っぽいけど、実面でマダラだけはインドラ側で一挑戦者的立場だったんかな
752 : ななしのよっしん :2018/05/04(金) 12:59:43 ID: +lvhU5Uwuu
アシュラの系譜なのにガキの頃から天才だった柱間が異質なのでは
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829