単語記事: かな入力

編集

かな入力とは、日本語方法の一種である。

「JISかな入力」や「親指シフト」などの種類がある。
ここでは日本で最も普及している前者の「JISかな入力」を中心に解説する。

概要

JIS配列キーボードに印字されている「ひらがな」をタイプすることで入する。

ただ実際の利用者は、なかなかおにかかれない。何故なら日本人口の9割以上が「ローマ字」者であり、「かな入力」者は7[1]
ここまでくると、特技として履歴書に書けるかもしれない。

その人口さゆえ、タッチタイピングソフト/ゲームでは、かな入力に対応していないことも多い。

かな入力」は、作家や新聞記者、広報など「日本語を書く仕事にあるもの」が多いとされる。またタイプライターワープロ全盛期を生きた高齢者層にも多い。

ニコニコ大百科ヘビユーザーの中にも、恐らく……。

長所と短所

メリットは「日本語時の回数が少なく済む」こと。
そのため「疲労(感)が少ない」「短時間で入できる」「タイプミス時のdelete回数が少なくて済む」ことが挙げられる。その他、「あいうえお以外でも連打が可」なことも挙げられる。

ローマ字専門利用者が一から習得する労はかかる。だが10年や人生のスケールで考えると、メリットは大きいと思われる。

デメリットは「タイプ範囲が広い」「ローマ字と両方覚える必要がある」「記号・数字・拗音の入では逆にタイプ回数が増える」ことである。

利用方法

基本的にWindowsでは、ローマ字が標準である。IMEツールバーの[KANA]をクリックする、もしくは[Alt] キー + 「カタカナ|ひらがな|ローマ字キーを同時押しすることで使用可となる。

共用パソコンの場合は、かな入力利用後、かな入力使用前の設定に戻しておく。理由は先述の通り、かな入力者人口が非常に少ないためである。

入力方法

一般的なホームポジションを以下に示す。

左小 左中 左人 右人 右中 右小
BS
Tab Enter
Caps
Shift Shift

上のホームポジションはあくまでも一例である。作成にあたり、「タッチタイピング」の記事から引用の上、変した。

特に右小ポジションは広いので、一部を右に置き換えるのも吉。

上の表に載っていない文字は、Shiftと同時押しで入する。

拗音(小さい文字)は、Shift+「該当の文字」で入する。(例:Shift+「ゆ」→「ゅ」)

「?」や「」などの右上記号は、一旦「・」「ぇ」を打つ。その後、全角は【F9】、半は【F10】を押す。

かな入力状態のまま、英字を入れたい場合は【Capslock】を押すか、そのまま打って【F9】【F10】を押す。数字も【Capslock】や【F9】【F10】で入できるが、テンキーがある場合はそれが断然い。

親指シフト

また別のかな入力法。ローマ字かな入力(JISかな)に次ぐ、第3の入法。

「JISかな」と較したメリットは「全体的に打つ回数との割合が少ない(小に負担がかからない)」こと。

デメリットは「IME標準ではないため、導入ハードルが高い(特に職場での利用)」こと。またJISキーボードに印字されておらず、USキーボードでは構造上利用できない。

親指シフト志願者は、新たに専用配列キーボードの購入が望ましい。

関連動画

JISかな入力

親指シフト

関連商品

関連リンク

かな入力対応のタッチタイピングサイト

関連項目

脚注

  1. *角川アスキー総研(2015年)の調査による

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%8B%E3%81%AA%E5%85%A5%E5%8A%9B
ページ番号: 5473862 リビジョン番号: 2467444
読み:カナニュウリョク
初版作成日: 17/03/01 17:19 ◆ 最終更新日: 17/03/11 04:27
編集内容についての説明/コメント: 本文、リンクの追記
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

かな入力について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/03/01(水) 19:01:19 ID: T7bJOJLjda
何故作たし
2 : ◆rSBzQMOICI :2017/03/02(木) 19:16:55 ID: FfXGqFZcCg
>作家や新聞記者などの日本語を書く仕事にあるものが多いとされる。
だから、艦こけ・・・もとい、艦これTwitter公式アカウントの管理者はかな入力なのか・・・
3 : ななしのよっしん :2017/03/03(金) 16:47:22 ID: PlfzKMMtXF
>>2
確かに広報さんの利用率も高そう。
RとKを間違えることはないと思う
4 : ななしのよっしん :2017/06/21(水) 09:07:04 ID: PlfzKMMtXF
学校ローマ字と並行してJISかな入力や親タイプ練習させたほうがいんじゃないかと思う日々。業務作業と効率の向上も狙えるし、人生単位で考えれば大幅な労縮小となる。
日本の過労も少しはマシになるのでは
プログラミング教育も否定しないが

ただ世はタッチネル音声入力進化して、キーボードかない将来もあるかもしれない
5 : ななしのよっしん :2017/08/18(金) 17:54:05 ID: 1CAZ6E/xUr
文章タイプしててアルファベットや英単を打ち込む機会が皆無なんて人はそうそういないだろうから
結局アルファベットの場所も同時に覚えられるローマ字が優れてるでしょ
6 : ななしのよっしん :2017/08/23(水) 19:39:56 ID: luOFf3i9Us
濁点打つのがとにかく面倒なのが欠点
@[がもう少し幅あって手元に近いところにアレばもっと打鍵速度上がるんだけども
変換無変換ど使わなくなってるしここにあってもいい位だが最近のキーボードはこの2つどんどん幅狭くなってるぽいですね
7 : ななしのよっしん :2017/08/23(水) 20:50:35 ID: 2YkMvYpMu2
速さだけ見れば断然かな入力が優れている。
学習コストは特に問題ではない。
疲れやすさは手やを痛めやすい人やVDT症候群の人なら問題となるが健常者ならさほど問題ではない。
記号など一部の文字の煩雑さは、キー配列IME設定のカスタマイズで解決すること。

一点明に不便なのは、他者や共有のパソコンを触る機会が多い場合に細かなカスタマイズができないこと。
自分は一時期タイピング趣味ローマ字も習得したのでど困らないけど。
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829