単語記事: こ↑こ↓

編集

こ↑こ↓とは、真夏の夜の淫夢第四章「レイプ野獣と化した先輩」で、野獣先輩後輩遠野(淫夢)に自宅を紹介する際に発した「処(ここ)」の独特のイントネーションを表現したものである。

概要

処」という言葉は普通「こ↓こ↑」と発音するが、関連動画を見れば分かるように野獣先輩は「こ↑こ↓」と発音している。なぜこのような発音になったのか、いくつかの説を挙げて考察してみる。

その1:実は野獣先輩は訛りのきつい地方の出身で、上後は意識して抑えていたが、つい訛りが出てしまった

しかし、野獣邸遠野が一見て「はぇ~すっごいおっきい」と驚くほどの邸であり、普通に考えて地方から出てきた者がいきなりそんなに住めるわけがない。また野獣先輩が出演している他の作品では、相変わらず滑舌は良くないが割とまともなイントネーションで喋っているため、この説は信ぴょう性に欠けるだろう。

その2:する遠野に連れ込みレイプするという計画に緊し、おかしな発音になってしまった

野獣先輩遠野との行為中に「お前のことが好きだったんだよ!」と告白しており、以前から好意を寄せていたのが分かる。好きな人の前で緊してしまうのはごく自然な事であり、この説の方が信ぴょう性が高いと考えられるだろう。

ここでは2つの説を挙げたが、これらはあくまで推測に過ぎず、相はいまだに包まれている。また、「『処』と言ったにしてはイントネーションがおかしい」という摘から、そもそも野獣先輩が発したセリフが「ここ」であるかどうかにも疑いがあり、「ここ↑ここ↓」や「こっ↑ここ↓」等の説が生まれており、難聴兄貴たちの論争が日々行われている(→ここ論争

関連動画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%93%E2%86%91%E3%81%93%E2%86%93
ページ番号: 4976924 リビジョン番号: 2319579
読み:ココ
初版作成日: 12/10/07 17:16 ◆ 最終更新日: 16/01/31 23:21
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

こ↑こ↓について語るスレ

270 : ななしのよっしん :2016/07/10(日) 22:47:26 ID: 48Kz8iR6hL
http://anzn.net/sp/?p=04S&i=26544
ここ↑ここ↓真実だと明されましたね…
271 : ななしのよっしん :2016/07/10(日) 22:58:23 ID: XGx0lGMlj8
>>270
ノンケだし身長も異なるので野獣先輩ではない
よって「野獣先輩」と「ここ↑ここ↓」の結びつきは全に否定される
ゆえに「こ↑こ↓」が真理
K.B.S
272 : ななしのよっしん :2016/07/11(月) 12:34:56 ID: 9B1nslkkpg
普通に考えて地方から出てきた者がいきなりそんなに住めるわけがない。
野獣父でもあるんだからいきなりでもないんだよなぁ
273 : ななしのよっしん :2016/07/14(木) 15:43:40 ID: FO/o3PUThk
イントネーションじゃなくてアクセントなんだよなぁ…
274 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 16:29:58 ID: lf7LrPGGub
センター試験現代文
が鳴いている。じりじりと照りつける陽射しを受け、しかし嫌そうな素振りも見せず、男2人がゆるい坂を下っている。
この二人は、たいそう仲が良い様子で歓談を続けながらから歩いてきたのだった。もっともシャツの男がもっぱら良く喋り、 シャツの男は聞き手に回ることが多く、時として遠慮のような情が見て取れることからすると上下の関係があるのかもしれなかった。しかしのうるささは、二人の関係をはっきりしないものにしていた。
やがてシャツの男がひとつのさした。
「ここ」
饒舌な男から発せられたその短い言葉は、どういうわけか多少上ずっていた。しかしシャツの男は、その不自然に気づいているのかいないのか、そのの大きさに素直な感嘆のを上げてみせた。実際、大学生の二人には似合わない瀟洒(ア)な邸宅であった。
ドアシャツが開けた。シャツが続いたのを見届け、外部との界がガチャリと締めきられた。が聞こえなくなった。
シャツは相も変わらず、よく喋りシャツを招き入れる。単にシャツがであるという事情、シャツが客人であるという事情を越えて、そこにはやはり上下の関係が見て取れた。そしてシンと静まったの中では、両人のよく発達した筋肉がシャツの内で強いをして見えるのだった。
いくぶん薄暗いリビングで、二人の男は他もない話に耽った。シャツは上の立場をそこかしこに匂わせつつも、けしてシャツに過剰な尊大さを押しつけることはなかった。
を割った(イ)ような男だ。ただ、これだけの広いでの気さくな接待に、一切の飲み物が欠落しているのは妙であった。
そうして空気が透明になるほどの時間が経ったとき、やおら(ウ)シャツがつぶやいた。
「まずうちさぁ、屋上、あんだけど……焼いてかない?」
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
275 : ななしのよっしん :2016/08/09(火) 16:34:48 ID: lf7LrPGGub
問1 傍線部(ア)~(ウ)の本文中における意味として最も適当なものを、次の各1~5のうちから、それぞれ1つずつ答えよ。
(ア)瀟洒    1.大きな 2.真っ白な 3.あか抜けた 4.高そうな 5.奇妙な
(イ)を割った 1.が大きい 2.さっぱりした 3.の強い 4.気が利く 5.成長中の
(ウ)やおら 1.ゆっくりと 2.熟慮して 3.突然 4.小さなで 5.向き直って
問2 傍線部Aにおける「シャツ」の心情の説明として、最も適切なものを1~5から一つ選べ。
1.シャツのことを心の中で軽蔑しつつも、下の立場であるために表面上は笑顔を見せている。
2.屋上で体を焼くというシャツの提案を、素直に良いと思っている。
3.飲み物なしで長時間しゃべることに疲れており、飲み物を出して貰うことを期待している。
4.シャツの少々おかしな日本語に対し、笑いそうになるのをこらえている。
5.多少シャツの提案におかしなものを感じつつも、体の危険まではないと思い素直に賛同している。
問3 この文章における表現の特徴の説明として適当なものを、次の1~6から二つ選べ。
1.に意思があるかのような擬人法を用いることで、二人が多くの視線されていることを暗示している。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
276 : ななしのよっしん :2016/08/15(月) 01:50:02 ID: vR417YES83
>>274
多分笑顔で快諾したのはシャツだと思うんですけど(名推理)
277 : ななしのよっしん :2016/08/19(金) 00:52:06 ID: M5HU7FmwwN
Co↑cco
278 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 04:06:56 ID: BvOOczLJO1
>>275
問1
(ア)1
(イ)1
(ウ)4
問2
5
問3
1,4

大丈夫っすよ、バッチェ解けてますよ~
279 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 04:27:51 ID: TMMneKW20W
>>278
瀟洒の意味の解釈から間違ってるので)駄みたいですね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015