単語記事: この世界の片隅に

編集  

この世界の片隅に』とは、こうの史代による漫画作品である。

概要

太平洋戦争しさを増す昭和19年18歳で故郷の広島から20km離れた軍港都市の北ぐことになった少女すず。物資不足に悩まされながらも、工夫をこらしながら新しい場所で日々暮らしていくすずと、すずの夫・周作をはじめとする北を中心に、すずを取り巻く人達の日常を描いた作品。

こうの史代の代表作であり、2009年には第13回文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞を受賞している。執筆にあたっては、戦争で失われた広島風景や、今や多くの人が体験したことのない戦時中の生活について綿密なリサーチが行われ、その再現が試みられている。

双葉社漫画アクション』にて、2007年1月23日号から2009年2月3日号まで連載された。これに先立ち、同誌で2006年2月から翌2007年1月にかけてすずの幼少期を描いた3編の読切短編「の記憶」「大潮の頃」「波のうさぎ」が発表されている。

単行本は2008年1月から2009年4月にかけて、双葉社アクションコミックスより上中下巻の3巻構成で刊行。読切3編はプロローグとして上巻に同時収録されている。また後述のドラマ化を記念して、2011年に新装版が刊行された。こちらはB6判の前後編2巻構成となっている。

2011年8月日本テレビ系列ドラマ化された。2016年には片渕須直監督により劇場アニメーションが開されている。

メディア展開

TVドラマ

2011年8月5日に「終戦記念ドラマスペシャル」と銘打って日本テレビ系列で放映。

演に北川景子、また脚本を『ラブジェネレーション』『神様、もう少しだけ』『大』『ラストフレンズ』などで知られる浅野妙子が手がけた。

キャスト

劇場アニメーション

2016年片渕須直監督・脚本によりアニメ映画化される。2016年11月12日開。アニメーション制作MAPPA。配給は東京テアトル。

寡作で知られる片渕監督にとって、4作品監督作品にあたり、新作映画は『マイマイ新子と千年の魔法』以来実に7年ぶりとなる。原作者のこうの史代はもともと片渕監督の大ファンであり、監督から直々に映画化の申し出を受けたときには感したという。

2012年8月関係者のTwitterで制作発表があり、広島県山口県を中心に告知ポスターが展開された。その後、告知前からを含めて4年の準備期間を経て、シナリオ絵コンテ完成。これを受けてクラウドファンディングが展開され(詳細後述)、映画作品としては記録的な3900万円以上を調達。6月3日製作委員会が発足、東京テアトル配給での映画制作が正式に決定した。

2015年7月クラウドファンディング支援者ミーティング東京会場にて第1段の特報映像が初開。YouTubeでも配信されたほか、ユーロスペースなどいくつかの劇場で上映された。また、支援者ミーティングの広島大阪会場では作品冒頭にあたる「の記憶」の映像も上映された。2015年11月広島映画祭では続く「大潮の頃」も特別上映が行われている。

2016年8月5日、劇場開日が11月12日に決定したことが発表される。8月23日には、演を女優の「のん」(元・奈)が務めること、楽曲をシンガーソングライターコトリンゴが手がけることが発表されるとともに、予告編映像が公開された

2016年11月12日、全63館にて劇場開(順次拡大予定、累計100館以上での開が決定している)。開直後から反が相次ぎ、「ぴあ映画初日満足ランキング」「Filmarks初日満足ランキング」でともに1位を獲得、小規模な開ながら週末の行収入ランキングにおいても2週連続で10位にランクインした。劇場開と時を同じくして開催された広島映画2016ではヒロシ平和映画賞を受賞。71毎日映画コンクールでは、日本映画優秀賞、大信郎賞、音楽賞(コトリンゴ)の3部門を受賞。また、第41回報知映画賞の作品賞と監督賞にノミネート、第40日本アカデミー賞では優秀アニメーション作品賞、優秀音楽賞(コトリンゴ)にノミネート、第26回東京スポーツ映画大賞では作品賞、女優賞にノミネートされている

インターネットでの動画配信は2017年5月17日より開始し、Blu-rayDVD2017年9月15日に発売され初週合計5.7万枚の売上を記録している。

Animatsu Entertainmentにより、英など世界14カでの配給も決定している。英題は "In This Corner of the World"。なお先だって開された海外向けのトレーラーには、劇場開された本編ではカットされたシーンが含まれている。海外でも多数の映画祭のアニメーション部門、長編作品部門にノミネートされ、第41回アヌシーアニメーション映画祭では、長編部門審員賞を受賞している。

プロデューサー太郎は、開後に行収入が10億円を突破したには予算と上映時間の都合上カットせざるを得なかったエピソードを含む『長尺版』を製作したいとニコニコ生放送での岡田斗司夫との対談でっていた。2016年の年末にはTwitterにて製作を始めているという旨のきを行い、2017年以降は片渕監督メインスタッフが準備に取り掛かってることが関係者のTwitterで明かされている。

キャスト

スタッフ

楽曲

以下、すべて歌唱はコトリンゴ

クラウドファンディング

2015年3月、4年の準備期間を経てシナリオ絵コンテ完成したことを受け、「この映画はみんなと一緒に作りたい」という片渕監督の思いの元、作品のプロデュース名乗りを上げたジェンコ太郎プロデューサーが提案した、近年様々なジャンル活用されているクラウドファンディングによって製作を調達するという、映画作品ではしい手法が取られた。

3月9日クラウドファンディングサイト「Makuake」上で開始された資調達(当該ページ)は僅か9日後の3月18日標額2000万円を達成、5月末の締切時には3374人の支援者から3900万円をえる資が集まり、当時におけるクラウドファンディング過去最高人数、また当時の映画クラウドファンディングにおける最高額を更新した。なお、集まった資スタッフの確保、パイロットフィルム制作等にあてられた。

当初本格的な映画製作の為の資調達を的として作られる予定だったパイロットフィルムであったが、このクラウドファンディングの反を受け、配給を務める東京テアトル他複数社が出資に名乗りをあげ、締切直後の6月3日々に映画製作が決定されることとなる。

映画開後の2016年11月には上映が決まっている海外(同現在15か)の現地上映に片渕監督を送り、監督本人に世界の人々がどういった感想を抱いたか、日本へどういう感情を残すかを感じてもらうために2度クラウドファンディングが行われた。11月22日に始まった資調達(当該ページ)はわずか8時間で標額の1080万円を達成。この事態に対し急遽支援額の上限を設ける、実行内容の強化を行うなどの対策が取られた。

映画作品としての特色

映画は非常に綿密な取材と時代考、および現地調を下に製作されており、片渕監督の尋常ではない拘りが随所に著されている。マンガ版は「正方形コマ」で描写される場面については、キチンと風景染むように左右を加筆するのは当たり前として、戦中当時の地図や現存する建物から当時の並みを限りく再現(これには、当時の記憶を持つ人々への聞き込みも大きい)、写真も残っていない建物は地図上の記述から当時の記録を頼りに新規に作成、さらに港に戦艦大和が登場する場面は、原作漫画の年に史実で大和が寄港した実績があるのか、そもそもその場面が時代として正しいのかどうかを徹底的に調し、原作になかった「日付」と「正確な」までも再現してみせたほか、劇中に訪れる重要事項ではから見えたであろうの大きさ形そのものまで計算して表現したという。

公開前後の反応と騒動

予告編が披露された2016年8月以降も、本作の宣伝はほとんど行われず、演の配役によって旧所属事務所による圧があったのではという説もある。(まともな特集で宣伝を行ったのは、自社で出資を行ったTBSラジオ及び芸事務所の意向に左右され辛いNHK、出資者のひとつである朝日新聞をはじめとするメディアインターネットメディアなど限られた媒体で、キー局ではあまり大きな宣伝は成されなかった。)
これは大手スポンサーがあまり付いていなかったという事情で、事務所轢が関係な『君の名は。』の開前においても同じように大々的な宣伝はうたれていなかった。
その一方で、監督Twitterでの情報発信や、クラウドファンディングでつながった支援者や『マイマイ子と千年の魔法』から続くファンなどによるの根での宣伝が広く行われていたことも明記しておく。

本作の高い完成度に多くクリエーターが称賛し、開前の試写段階からSNSを起点に様々なネット媒体、メディアを通してファンからの絶賛のが広まっていった。全上映とはいえ初日スクリーン数は63館と小規模(特に都市部はミニシアターが多い)、大手映画会社や代理店が関わっておらず前宣伝も少なかったものの開後はネット上を中心に口コミが広まり、劇場によっては、全回満員で立ち見も出るほどの盛り上がりとなっている。開二週間にはNHKクローズアップ現代プラスをはじめ、様々な民放ニュース番組で特集として本作が取り上げられている。

なお、余談ながらこの映画クラウドファンディングをさらに盛り上げたイベントのひとつである『マチ★アソビ』で、片淵監督による詳細なメイキングを交えたトークショー企画した徳島県では、元々上映できる映画館そのものが少ない事情(県内の映画館は2つのみ)もあるものの、上記の63館に入っておらず、県内初回上映が県下で最小規模の映画館において12月末に入ってからと大幅に遅れる形となっていた。

映画評論家町山智浩は前述の本作の扱いについて、各種メディアに対して旧所属事務所からの圧が(噂や単なる憶測といった陰謀論ではなく)に存在したことをにしており、彼によれば「『タブーなき』といわれる東京MXですが、大川プロデューサーが『この世界の片隅に』の"のん"こと能年玲奈を番組に出そうとしたんですが旧事務所から抗議があって断念しましたテレビの片隅のMXくんだりまでマメに圧ご苦労様です。」といているほか、安易なテレビ局の"自主規制"に対して「のんこ能年玲奈への旧事務所および音事協の放送メディアへの圧は「彼女を出演させるな」につきるので『この世界の片隅に』という作品そのものはいくら取り上げてもかまわないのに、テレビが全然扱わないのは単なるビビリの自主規制ですね。」と批判している。

このほか、投資山本一郎は「MXからは、東京テアトルから営業があり、映画の宣伝を依頼されるにあたり、能年玲奈の出演の件になったので、レプロ担当者と話し合いを持ち、契約問題についての事実関係を確認して、それであれば出演は問題が落ち着くまで見送るという結論になったと言っています。」と前述の町山のツイートに対しての事情を明かし、ジャーナリスト津田大介は「町山さんが言うようにまさにこれこそが「圧」では。「この進言は御社リスク回避のためです」って言えば、テレビ局側も「あくまでリスク回避のための自主規制であって圧に屈したわけじゃない」という形で面が立つ。でも、動いた当事者からすればそれは忖度の名を借りた「圧」と映るわけで。」とやはり各社の本作に対する取り扱いについて批判的に述べている。

関連動画

関連静画

関連商品

単行本

TVドラマ

劇場アニメーション

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E7%89%87%E9%9A%85%E3%81%AB
ページ番号: 5454106 リビジョン番号: 2539493
読み:コノセカイノカタスミニ
初版作成日: 16/11/08 05:53 ◆ 最終更新日: 17/11/10 22:36
編集内容についての説明/コメント: 情報追加、整理
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

この世界の片隅にについて語るスレ

336 : ななしのよっしん :2017/10/28(土) 01:03:39 ID: qy9XW+nmLp
>>335
それは置いといて
自分はどう考えるかって話ですよ
この映画が向こうで賞とったって事に邪気に喜んで、それで終わりでいいのかな?て事
歴史的な確執というのが純然としてある中、優れた芸術を介せば繋がれる
な物言いだけど、この映画から一歩先踏み込んで知識や理解を深めていける契機なるような気がして
自分が勝手にそう思ってるだけで、上手い言い方が出てこなくすまない
337 : ななしのよっしん :2017/10/28(土) 12:23:33 ID: MY8PhUT8qh
富野が絶賛している=エースコンバット7の架機は秒速52~秒速60キロ出せる、ソースはこの動画
>>sm21808239

338 : ななしのよっしん :2017/11/18(土) 15:27:50 ID: d5Pcuv/18/
だから駄というわけじゃないが戦時中のリアルをありのままに表現した作品ではないよね
戦時中というのはただの背景でしかない人間ドラマというか
火垂るの墓とかそういう作品とはまた違う
339 : ななしのよっしん :2017/11/22(水) 23:56:32 ID: J3vhxPmyKr
「戦時中のリアル」という言い方だと、戦時中の出来事の真実を訴えるような印を受けるが、監督も言ってるように“たまたま戦争背景にあった”という感じに留まっているだけで、それは戦争を何かに置き換えても伝わることは伝わる映画でもある。
けどそれは一方で戦争という忌むべき出来事に対する反抗精というのを隠してるとも受け取れないわけで、それにツッコむ人もいる理屈もわかる。最終的には「そういう作品」ということで折り合いつくんだけど。

火垂るの墓高畑監督戦争映画じゃないと言ってるように、戦争という背景があったものの、その苦難からひたすらに逃げ続けた14歳の話なわけで、根底は火垂るの墓も片隅も同じよ。
ただ、火垂るの墓が苦痛によって訴える現代への思いであるのに対して、片隅は楽観によって現代に訴える話だと言える
340 : ななしのよっしん :2017/11/25(土) 23:43:35 ID: JHtEQoFiCy
火垂るの墓が戦時中のリアルをありのままに表現した作品で、この世界の片隅にがそうではないというのは違うだろ。
火垂るの墓的な側面、この世界の片隅に的な側面、フルメタルジャケット的な側面などが物事には多様な側面があるだけだ。

一部の左翼たちは自分たちが知ってる信じてる、戦争は悲惨なだけだった、日本全加者で悪だったという以外の側面を見せられて「こんなの戦争じゃない」と憤ってるんだろ。
341 : ななしのよっしん :2017/11/26(日) 00:50:16 ID: YvpkU23iSR
ある種の左翼は「火垂るの墓」も戦争の実態をありのまま表していないとして、ちゃんと批判してる。
例えば主人公は艦長の息子という恵まれた立場の人間であり、本来なら絶対に餓死しない、それが餓死してるのは作者に都合のいい虚構という批判。これは他ならぬ監督の盟友、宮﨑駿批判だ。

同じように「この世界の片隅に」についても批判はある。描かれた描写は徹底的と行っていいほど考に裏付けられてるが、一方で、当時の大日本帝国の戦時下の国家主義的なイメージ、観客が視聴中に「引く」要素は、注意深く省略されてる(特に映画からは)。
http://blog.livedoor.jp/std2g/archives/49566357.html

一見現実を反映しているように見えても、物語というのは現実の写し絵ではなく、あくまで現実の要素を使った作者フィクションに過ぎない。それをわかって見ている分には、問題ないけど。
342 : ななしのよっしん :2017/11/26(日) 16:25:40 ID: 76+kRHFEmi
日の丸旭日旗を堂々と映すと発狂するがあるからねえ
ビジネスだからそのにも輸出しなきゃいけないし
343 : ななしのよっしん :2017/12/01(金) 22:53:08 ID: hqmvfSGooi
大半の人にとってのリアル戦争なんてはだしのゲン火垂るの墓イメージだからな、自覚の有は別にして
日本じゃ戦争を題材にすると軍部が辜の市民や現場の軍人を理不尽に苦しめる系か逆に美化しまくってバンザイか両極端だったのがこういう描き方もあるよって一例だと思うが
344 : ななしのよっしん :2017/12/02(土) 07:24:33 ID: U5NPtSnoeM
>>341
フィクションに過ぎないというのには同意だけど

>戦時下の国家主義的なイメージ、観客が視聴中に「引く」要素
憲兵
建物疎開
旅行・移動の制限
食糧配給
徴兵

思いつくだけでもこれぐらいある(自分は映画しか見てないです)
それらの描き方は、それまでは普通に出来ていたことが出来なく
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
345 : ななしのよっしん :2017/12/04(月) 13:10:55 ID: J3vhxPmyKr
知りたきゃ調べろよと。教材具じゃねーぞこれは。ってことだろ。
「こうで、こうで、こんな酷いものがあったんですよ。いけませんねー」っていうのも一側面的過ぎるだろ。隣のからしたら全なプロパガンダだろ?
反戦・反核を訴えれば訴えるほど、片方の側面が疎かになる。だから反戦映画で究極的に辿り着くのがプライベートライアンになるわけだ。
ただこの映画に関しては戦地じゃなくて、もっと身近なところ。ギャグだとか反戦じゃないとかぬかしてるいるが、
襲警報鳴った日数及び時間の羅列を見せられて、があの映画を生ぬるいと見るよ?
憲兵シーンなんか最初からギャグとして描いてないだろ。後から“北条によって”ギャグに変えられとるだけで、憲兵に取り上げられたシーン全にシリアスだぞ。
酷かったものを酷いものとして言わないと駄って輩は、ハナから批判しようとしてるだけだろ。物分かるなら陽子が原爆症にかかっていないなんて発想わかねーよ。
バカにも分かるようにしろって言ってるようなもんじゃねーかそれじゃあ。それ望みなら記録文書漁れよと。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829