単語記事: さかなクン

編集

さかなクンとは、日本の男性タレント・イラストレーター・魚類研究家である。本名は宮澤正之(みやざわ まさゆき)。

敬称としては氏や役職ではなく、さん付け、すなわち「さかなクンさん」と呼ばれることが多い(ただし日本では著名人に敬称を付けないことも一般的なので、単にさかなクンと呼んでも必ずしも失礼なわけではない)。

さかなクンさんの概要

1975年8月6日生まれ。東京都生まれ神奈川県育ち。現在は千葉県館山市に在住。
父は「武闘派」として知られるプロ囲碁棋士の宮澤吾郎九段。
子供の頃から魚に興味を持ち、その後出演した『TVチャンピオン』の「全国魚通選手権」にて5連覇を果たし、その存在を知れ渡らせた。

現在の芸名は中村有志が同番組にて付けたニックネームに由来する。
同様の例に大食いタレントのギャル曽根がいる。

その後は、タレント・研究家としてメディアに出演するようになり、2006年に東京海洋大学の客員准教授に就任するまでに至った。
イラストレーターとしても活躍し、2007、2008年度の水産白書イラスト版「図で見る日本の水産」は子供から大人まで好評を博している。

さかなクンさん役職

  • 東京海洋大学 名誉博士
  • お魚らいふ・コーディネーター
  • 環境省 地球いきもの応援団
  • 水産庁 お魚大使
  • 特定非営利活動法人自然のめぐみ教室 海のめぐみ教室室長

さかなクンさん略歴

  • 日本政府 クールアースアンバサダー
  • 水産庁 水産政策審議会特別委員
  • JF全国漁業協同組合連合会(全漁連) 魚食普及委員
  • WWFジャパン 顧問
  • グアム政府観光局 ハッピー大使
  • 千葉県立安房博物館 客員研究員
  • 千葉県館山市 ふるさと親善大使
  • 静岡県御前崎市 なぶら親善大使
  • 新潟県 新潟おさかな大使
  • よしもとおもしろ水族館 研究員

さかなクンさんの功績

2010年、かつて秋田県田沢湖のみに生息し、現在は絶滅動物と思われていたクニマスの再発見、生存確認に大きく貢献した。

発端は京都大学の中坊徹次教授がさかなクンにクニマスのイラスト作成を依頼したことに始まる。(イラストと言ってもヒレの数から鱗の枚数まで正確さと精緻さが求められる形態学上のイラストである。)
しかし、絶滅したと考えられていたクニマスは液浸標本しか無く、ホルマリン漬けの性質上標本から本来の色は失われ、ヒレなどの形状も判別し難いものであった。そこで中坊教授は近縁種のヒメマスを参考にすることを提案。さかなクンは山県西湖から近縁種のヒメマスを取り寄せたところ、その中にヒメマスとは微妙に異なる魚が紛れ込んでいることに気付き、中坊教授に鑑定を依頼。
結果、その魚がクニマスであることが判明し、このクニマスの再発見、生存確認の事実は2010年12月15日に公表された。
同12月22日には、ハゼの分類学的研究の魚類学者でもある今上天皇陛下が記者会見の中でさかなクンの名を挙げてクニマス再発見についてコメントしている。

クニマスについては,私には12歳の時の思い出があります。この年に,私は,大島正満博士の著書「少年科学物語」の中に,田沢湖のクニマスは酸性の水の流入により,やがて絶滅するであろうということが書かれてあるのを読みました。そしてそのことは私の心に深く残るものでした。それから65年,クニマス生存の朗報に接したわけです。このクニマス発見に大きく貢献され,近くクニマスについての論文を発表される京都大学中坊教授の業績に深く敬意を表するとともに,この度のクニマス発見に東京海洋大学客員准教授さかなクン始め多くの人々が関わり,協力したことをうれしく思います。

宮内庁 天皇陛下記者会見 天皇陛下お誕生日に際し(平成22年12月20日)より引用

平成23年2月22日付けの日本魚類学会英文誌(電子版)に中坊徹次教授らとの連名でクニマスの発見の論文が発表された。もちろん本名で。さかなクンにとってはこれが初めての論文となる。

Oncorhynchus kawamurae “Kunimasu,” a deepwater trout, discovered in Lake Saiko, 70 years after extinction in the original habitat, Lake Tazawa, Japan

さかなクンさんの人物像

カラフルなハコフグの帽子をかぶり、普段から高いテンションで動き回るが、魚を目の前にするとテンションが更に高くなる。

魚を食すことに関しても強い興味を示しており、その調理方法についても豊富な知識を有する。

さかなクンさんの有名な発言

以下はさかなクンさんが、東京海洋大客員助教授として新聞のコラムで語った言葉 [1]

いじめられている君へ

中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩(せんぱい)が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。

でも、さかなの世界と似ていました。たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。 せまい水槽(すいそう)に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃(こうげき)し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。 いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。

広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが 始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。広い空の下、広い海へ出てみましょう。

この発言は多くの人に感動を与え、インターネットの掲示板に賞賛の書き込みが相次いだ。

さかなクンさんについての豆知識

  • ドランクドラゴンの鈴木拓とは中学校と高校の同級生
  • 中学校3年生の若さで学校で飼っているカブトガニの人工孵化に成功し、新聞に取り上げられる
  • 『TVチャンピオン』の「全国魚通選手権」で準優勝、さらにその後5連勝という快挙を果たす
  • 初恋の相手が魚
  • アルバイトはしたことあるが、魚に関するアルバイトしかしなかった
  • 中学生の頃、部活は『吹奏楽部』に入ったが、これは『吹奏楽』を『水槽学』と勘違いしたため
  • 勘違いして、『吹奏学部』に入ったが、サクソフォーンとバスクラリネットの演奏が上達しまくった
  • 浜崎あゆみの愛称である『あゆ』を知らず、ずっと『鮎』の事だと勘違いしていた。
  • 妖怪にも興味があり、魚に興味がなかったら『妖怪クン』になっていただろうと語る
  • 絶滅したと思われていたクニマスの再発見に貢献した(歴史的発見)
  • 天皇陛下の前でも魚の帽子を取らなかった(後に陛下はさかなクンのクニマス再発見を、賞賛なされている)
  • 彼が魚好きになった理由は、小学校2年生の頃に友人が自由帳に書いた『タコ』が可愛かったから
  • 小学校2年生の頃に『タコ』が好きになり、母親にお願いして一ヶ月間毎日『タコ料理』を食べまくった
  • 小学校2年生の頃から、図書館で『タコ』の図鑑を読みまくり、魚屋で『タコ』を見まくっていた(そこから魚が好きになる)
  • NHKの広報局がツイッターで『先ほどさかなクンさんをさかなクンさんと呼ばず失礼しました』と謝罪(さんをつけろよデコ助野郎がネタとは知らなかった)
  • イギリスBBCの番組でさかなクンさんが登場したときは『世界で3本指に入る魚に詳しい人物』と紹介された
  • イラストレーターでもあり、絵が異常に上手く、速筆。自分が知っている魚の絵は全て特徴を捉えてイラストにできる
  • 父・宮澤吾郎九段から碁の手ほどきを受けたが、「才能がなかった」「自分の手よりも対局者の手を褒めるような子だった」ので、それほど強くない

全盛期のさかなクンさん伝説

※これ以降は「全盛期のイチロー伝説」コピペ派生改変であり、ごく一部合ってますが9割創作です。 cf.

  • 太刀魚を持って打席に立つと3打数5安打は当たり前、3打数8安打も
  • 父親は囲碁棋士。さかなクンさん自身の棋力もプロ棋士レベル(魚や妖怪に興味を持たなかったら、父と同じ囲碁棋士の道を歩んでいただろう。しかし、極度に囲碁棋士に向かない性格だと父親が認めたため、囲碁棋士にはならなかったといわれている)
  • 「左ヒラメに右カレイ」というヒラメとカレイの見分け方を発見したのはさかなクンさん(小4の夏休みの研究)
  • さかな漢字258文字検定1級保持者(1級の合格者は2009年現在でさかなクンさん一人だけ)
  • 魚を食べる事に関しても大好きで、ひそかにギネスの「人類で最も多くの魚類を食べた」記録保持者(3228種)
  • ディスカバリーチャンネル、「深海の謎を追え」ではイギリスの潜水探査船チームからも名前が上がるほど
  • フグの毒、テトロドトキシンに対して抗体が出来ているただ一人の人間としてWHO(世界保健機関)に記録されている
  • さかなクンさんの初代本体(上の帽子)はサザビーズオークションに出品され、約340万円で落札された(落札は全額寄付)
  • 松方弘樹が巨大クロマグロを釣り上げたのは有名だが、それを落札したのはさかなクンさん
  • 釣りバカ日誌には初代から特別監修としてさかなクンさんの名前(本名)が載っている
  • 実は現存の約1割の魚の発見者がさかなクンさん。まさに現代版トリコ
  • マクドナルドのフィッシュバーガーはさかなクンさん考案
  • 一時期話題になったスカイフィッシュは昆虫が映り込んだものだと言われているが、さかなクンさんは実物を保持している
  • SPEEDO社の水着は「バショウカジキの生態をモデルにしてはどうか」とアドバイスしたさなかクンさんの功績
  • クロマグロ取引禁止案が否決になった要因が「(もし取引を禁止にするなら)反対した国には行かない」というさかなクンさんの声明
  • 魚を使った戦闘術に長けており、ダツ(駄津)が一尾あればイラン・イラク戦争も終結させられる実力
  • テレビの取材でパレスチナへ行った際に「ダゴンの生まれ変わり」として神の如く崇められた
  • デビューCD『コイシテイルカ』はEXILEの一部ファンらがCD屋で破壊行為を行ったためオリコンランク外という結果に(その週の一位はEXILEのTHE MONSTER)
  • 最近の主な仕事はシーシェパードの妨害阻止
  • サザエさんから度々出演オファーが来ているが、「ボクはカツオ君やタラちゃんとは違って『単なる魚』なので」と出演を断っている
  • 民間人で最も多く『しんかい6500』に搭乗した。海洋研究開発機構は極力しんかい6500が潜水する際にはさかなクンさんに声をかけている
  • AKB48の総選挙では敢えて自分が最下位になる事で他の子たちが辛い思いをしないようにした
  • 2010ワールドカップで有名になった占いタコのパウル君をドイツのシー・ライフ水族館に寄贈し、命名したのはさかなクンさん

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

  • タレント
  • 教授
  • クニマス
  • さんをつけろよデコ助野郎
  • 中坊徹次

脚注

  1. *asahi.com:教育 - いじめられている君へ/朝日新聞(2006年12月02日)

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%95%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%82%AF%E3%83%B3
ページ番号: 4503247 リビジョン番号: 2249435
読み:サカナクン
初版作成日: 10/11/12 18:04 ◆ 最終更新日: 15/08/20 01:43
編集内容についての説明/コメント: 名誉博士に差替、「さかなクンさん「の」○○」に変更、他。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

さかなクンについて語るスレ

196 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 09:57:57 ID: Iz3o9nEaB8
まあこの手のバカには言って聞かせるより実際に同じ体験させた方が早いかもね
197 : ななしのよっしん :2016/07/21(木) 01:10:26 ID: p4NTjhbrwj
というか、客員准教授なんて、絶対にそんな暮らしていける額じゃないぞ・・・。
198 : ななしのよっしん :2016/07/29(金) 21:38:28 ID: cKTVcd45f9
うわ掲示板の雰囲気、悪…
誰か一人が言えば済む話なのに…
199 : ななしのよっしん :2016/08/15(月) 04:56:14 ID: 2VJrpO8Ps9
おまえら魚の話しろよ。
なんだよ、人類かおまえら。
200 : ななしのよっしん :2016/09/22(木) 18:18:38 ID: z9/ifiaWTW
サメの話しようぜ
201 : ななしのよっしん :2016/10/28(金) 14:54:42 ID: Nl7DxIT33K
さかなクンは
いままでに食べたことがある魚の能力を使用することができる。
(ファミ通町内会より)
202 : ななしのよっしん :2016/11/28(月) 12:40:21 ID: N2EBTWM33j
海の底でも脱がなかった帽子を吹っ飛ばしやがって
203 : ななしのよっしん :2016/12/15(木) 13:31:24 ID: lhR2oHRYvL
そのうち南米の奥地でユーステノプテロンでも発見するんじゃなかろうか
204 : sage :2017/01/08(日) 15:02:34 ID: cU+pU+oLnV
この人、給料の他に講演料・出演料や印税やらでかなり稼いでるらしいけど、

・飼育してる魚や設備の維持費・研究費
・日頃お世話になってる全国の漁師さんや学者さんとの交際費

でばんばんが消えてくらしい。そりゃがいくらあっても足りないわ。講演料に150万というのも仕方ない気がする。
205 : ななしのよっしん :2017/02/04(土) 20:14:11 ID: Q9MrJ3uPHu
別に講演がいくら高くても嫌なら見に行かなければいいだけだと思うんですけど
水や医薬品と違って聞かなかったら死ぬわけではないです
それが資本主義というか貨幣制度の真髄なんだよなあ
嫌なら物々交換の時代に帰ってどうぞ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015