単語記事: さまよえるオランダ人

編集

さまよえるオランダ人(Flying Dutchman)とは18世紀のイギリスで発祥した怪談で、欧圏の船乗りには数年にわたり最も恐れられている幽霊である。較的近年に撃者(被者)も出ている。

概要

今から300年ほど昔、オランダのアムステルダム港から南洋のバタビア(現ジャカルタ)港まで、帆船で航するのに3かもかかっていた。まだスエズ運河がなく、アフリカの南端(喜望峰)を回る必要があったのだ。ところがオランダ人デッケン船長を務めるフライング・ダッチマン号ネプチューン号とする資料もある)は、わずか1かでの航に成功する。

バタビア港にいた他の船長たちは「そんなはずはない」と口ぐちに否定し、あげくデッケンと口論になってしまう。デッケンは「だったら、さらに日数を縮めてやる」と宣言し、船長らは「そんなことができたら世界一ダイヤをくれてやる。できなければ世界一の大ぼら吹きだ」と言いかえした。

名誉をかけた大博打に乗ったデッケンは、積荷の支度を整えて好機の訪れを待った。そして5月13日明け、ついに強い東が吹くや、船員らに出発を示。しかし縁起かつぎの船乗りたちは「今日13日の金曜日なので船出はよくない」と込みしてしまう。「このチャンスを逃せるか」とデッケンが強引に船出を決定すると、心配は杞憂だったのか東に乗った船は20日かかるインド洋をわずか5日で渡り切った。

このペースならば賭けに勝てる、と確信したデッケンだったが、フライング・ダッチマンが喜望峰に差しかかったその時、突然が西向きの猛に変わった。文字通りの逆にめげず、デッケンメインマストの帆を下ろさせ、自分でをとるとをわかたず7週間にわたってと戦い続けた。だがいっこうにはやまず、しかも船は逆にあった日とまったく変わらぬ位置にあることがわかった。

デッケンの怒りの矛先は、こんな運命を与えたに向けられた。「め、呪ってやる。悪魔を貸せ!貴様の魔で喜望峰を突っ切って船を進めてくれ!そのかわり、の魂をくれてやるぞ!」呪いの言葉を吐いたとたん、それまで吹き荒れていたはピタリとやんだ。しかしデッケンの乗るフライング・ダッチマンものごとく薄れてついに消え失せてしまった。

それから幾年も経ち、デッケンの記憶が人々の記憶から薄れかけたころ、大西洋の港に奇怪な噂がたちはじめた。

の起こる前の日、上に恐ろしい幻の船が現れる」

その帆船は帆がボロボロに破けているにも関わらず、強に逆らって突き進もうとしており、甲にはを振り乱して発狂した船長が、必死になって何やらわめき叫んでいる。船はのようにすぐ消えてしまうが、数時間後に必ず第一発見者が死ぬ、という。ある者は帆げたから甲へまっさかさまに墜落死し、ある者は理由もないのにのうちにへ身を躍らせ、またある者は寝ているうちに冷たくなっていた。

幽霊船となったフライング・ダッチマンの撃者はしだいに増え、いつしかこの怪奇譚はヨーロッパ中に広まっていった。

怪談はおおむねこのような内容であるが、記録として残っている最も古い文献は1795年の「ボタニー湾への」で、「船長オランダ人で、遭難したすえ幽霊になった」という基本設定以外、違う点がいくつか見受けられる。船長の名前も「デッケン」だったか定かではないようだ。おそらくは初期の噂が伝言ゲームなどによって変化発展し、このような怪談の形となったものと思われる。

この怪奇譚はドイツ詩人ハインリッヒ・ハイネの『フォン・シュナーベレヴォプスキー氏の回想記』(Aus den Memoiren des Herren von Schnabelewopski)によってノベライズされ、さらにリヒャルト・ワーグナーの『さまよえるオランダ人』(Der fliegende Holländer)によってオペラ化が果たされた。これらの作品によって更に知名度を高めた「さまよえるオランダ人」であったが、ただの伝説として終わることはなかった。

ジョージ五世の目撃

1881年、世界一周の航をしていたイギリス軍練習船バッカント号に、当時のイギリス王太子ジョージ五世(現エリザベス女王の祖)が乗り込んでいた。これはイギリス王室の習わしで、王座に就く前に軍人生活を送って体を鍛え、世界を回って見分を広める的があった。

7月11日、バッカント号は南アメリカ東海を南へ進み、ホーン岬からかなり離れた洋上を航行中であった。その一面にでもかかっていたのか、もないっ暗闇ながら、は極めて穏やかだったという。甲勤務についていたジョージ五世は、13人の同僚とともに300m離れた洋上に、ぼうっとした撃した。

あれは噂に聞く幽霊船フライング・ダッチマンに違いない!」と兵のひとりが大で叫んだ。その言葉に釘づけとなった兵らが吸い込まれるようにを見ていると、帆がぼろぼろになった古い帆船が浮かび上がった。不可解なことに、帆船の周りだけ強が吹き荒れており、荒波に突き進む帆船の甲では、船長らしき男がを振り乱しながら意味をなさぬ言葉をわめきたてていた。

その船は30分あまり見えていたが、やがて現れた時と同じように消え失せて、は再び暗闇に戻ったという。ジョージ五世ら撃者らは「今のは夢か幻か」と互いの顔を見合わせたが、一度に10人以上の人間が同じ幻覚を見ることが果たしてありえるだろうか。

……その数時間後、最初に幽霊船を発見し大で叫んだ兵がマストの帆げたから甲に落ちて死んだ。

現代のさまよえるオランダ人

怪談として非常に興味深い「さまよえるオランダ人」だが、洋上に行かないと見ることができない伝説通りに死者が出ている、といった理由からか、ネタにされることは少ないようである。海外映像作品では映画パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズに見られる程度だろうか。ちなみに欧スポーツ業界ではオランダ人、オランダ系というだけで「さまよえるオランダ人」と称をつけられることがある。

キリスト教の概念が絡んでいるため、神道仏教日本ではほとんどネタにされることはなかったが、近年になって尾田栄一郎漫画ONE PIECE」で鼻歌のブルックの初登場イメージや、魚人編の敵役において「さまよえるオランダ人」が取り入れられた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

さまよえるオランダ人に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%95%E3%81%BE%E3%82%88%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E4%BA%BA
ページ番号: 4839649 リビジョン番号: 2197640
読み:サマヨエルオランダジン
初版作成日: 12/03/06 22:04 ◆ 最終更新日: 15/04/27 23:04
編集内容についての説明/コメント: 「13の金曜日」→「13日の金曜日」に変更、関連項目に「怪談」「~ワーグナー」を追加、関連動画から視聴不能の1つを除去しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

さまよえるオランダ人について語るスレ

3 : ななしのよっしん :2014/02/12(水) 21:30:46 ID: mgqlW5zH1c
やや。関連項にあ~るがあるじゃないですか
が深い
4 : ななしのよっしん :2014/05/15(木) 23:35:20 ID: p684Ef+Rn8
ソウルイーター関連の記事かと思って来たが全然違った
5 : ななしのよっしん :2014/06/22(日) 22:00:52 ID: jRt0QEJN0L
スポンジボブにもでてるよね
6 : ななしのよっしん :2015/07/08(水) 00:04:54 ID: uj8g4Z/LJF
しかし、デッケンフライング・ダッチマンごと消え去ったのに、
なんでを呪って悪魔に頼った事が言い伝えられているのだろう
まるで禁足地に伝説の武器あると知っているRPGの村の長老みたいww
7 : ななしのよっしん :2015/07/22(水) 07:16:25 ID: dYCZbbH4Ye
々もミッドウェーに巻き込まれて以来ずっと…彷徨っているのだ…
8 : ななしのよっしん :2016/02/24(水) 14:22:52 ID: tlaCBLO4Kg
>>6
マジレスで申し訳ないが

>甲にはを振り乱して発狂した船長が、必死になって何やらわめき叫んでいる
>数時間後に必ず第一発見者が死ぬ

ってことはさ、裏を返せば第一発見者“以外”は死なないし
一発見者以外が発狂した船長の言葉を聞いてれば、記録に残せるってことじゃないの?
9 : ななしのよっしん :2016/02/24(水) 14:26:28 ID: tlaCBLO4Kg
ところで中二病の気がある(という自覚がある)人はぜひワーグナーの「さまよえるオランダ人」、
その序曲を聞いてみるといい
結構テンション上がると思うぞ
10 : ななしのよっしん :2016/12/25(日) 12:39:40 ID: cWfam9Un/B
>>8
確かに船長の吐いた言葉については説明付くが、デッケンの船の状況まで事細かに言い伝えられているという別のが残るな
11 : ななしのよっしん :2016/12/25(日) 12:46:16 ID: X5xUqPg6fB
>>11
発狂した船長がものすごく説明的にを罵倒してたんじゃね?
12 : ななしのよっしん :2017/08/04(金) 20:12:14 ID: 34W6/flX5l
しかし大とはいえ上で別の船の声が聴こえるものだろうか
すくなくとも自分は強吹きすさぶ中で300メートル先のを聞く自信はないなあ

あとわりとどうでもいいツッコミをさせてもらうと喜望峰はアフリカ大陸の南端じゃないです
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829