単語記事: すあだ作品

編集  

すあだ作品とは、妙奇シュールギャグを特徴とする、すあだによる創作物の総称である。

基本的に氏が制作、または投稿した動画についている固定タグのようなものだが、動画の趣旨によってはあえて外されている動画もあるので、検索の際は注意。

作者

作者すあだは、様々な人物・キャラクターになりきって、ラジオ実況ドキュメント作品を作っているのが特徴。どの作品においても何らかのキャラクターを通じて登場している為、その素性・私生活はに包まれており、いわゆる覆面作家のような人物である。

某世代であるかのような言葉遣い、話題やネタの振り方から、その正体はおっさんではないか?という根強い疑念が存在するが、当時開していたブログでは自分が大学生であるかのような日記を書いており、細かいところでは手が奇麗であったり、地が若々しかったりもする。言葉遣い、話題やネタの振り方はいわゆる狙っている感があり、実際のところは「中の人おっさん」というキャラクター付け、その為のミスリード、単なるネタ・演出の可性もある。

なお、『すあだ』のイントネーションは『カナダ』と同じである。

作風

最初期にはホラーテイストを売りとして自身のブログにてホラー漫画開していたらしく、その後は『少年VIP』にて『呪われた人』をはじめとする数々のホラー漫画社会風刺漫画開していた。楳図かずおのような劇画調が特徴で、NeetshaWikiによれば人気は高かったらしい。さらにその後の動画投稿活動初期においてもホラー動画に見せかけたネタ動画ライオンシリーズ)をいくつか投稿して好評を得ていた。

動画投稿活動に移った後では、シュール世界観と独創的な作を持つアニメ動画などを投稿するようになり、作品の傾向としては既成作品・キャラクターパロディ化したものが多く、ちょっとした小ネタも好んで用いる。そうして2008年までは動画投稿な活動としていたが、現在ニコニコ生放送にも活動の場を移している。

主な作品

()内はその作品のメインキャラクター

他、『おもしろ選手権』『いとうたかひろシリーズポケモンマスターへの若干キモいうp主実況)』、作品ではないが過去ラジオ放送として『エルモラジオ』など。近年では生放送を使った『カナレイ少年』内で、ドラマ作品のちょまらーず他短編企画を手がけた。

また、2009年には名義を隠して『ピコタン』という動画作品群を制作し、「国際ニコニコ映画祭」に出展していたが、堀江貴文から否定的な感想を受けたらしく、さらに同年末にはその大部分を削除してしまったことを明かした。

作品に関する逸話

ニコ生配信者の『力也』が過去に『すあだ』をパクった『力也』を放送した事がある。
放送の流れや、登場するキャラクターすあだ氏の持ちネタ声真似ジャスティスボーイ真のあの高いなど、
すあだ』を忠実かつ妙に再現している。
力也本人は『すあだ』の大ファンらしく、すあだ氏にメールを送り、直々に許可を取ってパクったらしい。
また、すあだ氏の放送をパクった事から、すあだ氏の放送技術の高さに驚嘆し、放送の中で彼をリスペクトしている。
ちなみにこのパクリ版『力也』はまずまずの評価であった。

生まれたキャラクターたち

SHIZUKA

な出演:小学五年生が~、すあだ、カナレイ少年

すあだ作品の初期から登場する代表的なキャラクター

すあだ2ちゃんねるにて「小学五年生」を名乗り、「ドラえもん」の源静香声真似をしながらネットラジオを放送したことに由来して出来たキャラクター映像配信では、後のWii配信で完成したゲームアバターを模したキャラ画像で登場するようになった。

ゲーム実況プレイ動画を手掛けており平成まれのSHIZUKAが昭和世代のゲームバカにしつつゲームをした時にはWiiプレイしたりとゲームジャンルは多種多様。

源静香から離れ始めると会話の流れに関係なくたけしさ~ん』と突如を上げて質のチューニングをする、いわゆるたけしチューニング』を行うことが多い。

自分で言うようにゆとり世代であり、ほぼ確実にどこかでキレるのも特徴。キレたときのは大抵の場合源静香に似ておらず、後述のジャスティスボーイ真に非常に似たとなる。

いぬわんたん

な出演:ちょまらーず、にんぎょう世界劇場、いぬわんたんTV

すあだ作品でも特に個性的で著名なキャラクター舌足らずな喋り方と独特な訛りが特徴的。「○○なやちゅやな」が口癖だが、この口癖は周囲のキャラクターへの感染も確認されるようになるほどのものであった。登場の仕方はバラエティに富んでおり、時には天気予報をしたり、時には殺人事件に巻き込まれたりしている。 

初期は登場すると毎回のように脱糞したり、食べ物からゴミまで何についてもこじつけで「ウンコみたいだね!」と形容してみたりと、らしい容姿とは裏に言動が非常に下品なキャラクターであるため、『』と蔑称を付けられて卑下されていた。しかし、ニコニコ生放送の配信にて単独の雑談配信を持った際には淡々として落ち着いたトークを披露したほか、投稿動画では可らしい仕も数多く見せるようになり、出番が多くになるにつれてらしい側面も見せるようになったことから視聴者人気を多く獲得した。

この様な癖のある設定の持ちであるにも関わらず、近年ではすあだ作品の代表的キャラクターとして台頭しており、段々と出演の幅を広げつつある。人気に乗じて彼のTシャツすあだ氏によって制作・販売されたが、 視聴者からはTシャツの販売に関して喜ぶがある一方、元となった人形著作権の有摘するも聞かれる。

すあだが低めの裏で喋ることによって演じられているキャラクターだが、すこしギリギリなの出し方をしているためにうっかりを出してしまうことが度々ある。

ツイッターにてすあだ生放送等に関する広報を担当しており、たまに自分の考えをコメントすることもある。

pnd

な出演:インターネット漂流番組pndTV、すあだ

すあだ作品の代表的なキャラクター。設定はすあだ作品プロデューサーと思われる。テレビ系の作品をに手掛けるのとプロデュースが得意。当初はとにかく音痴だったが、配信中に突然登場し歌を披露するというシチュエーションが増えていくにつれて歌唱が上がっていった。

その才マルチで、クロマキー講座を手掛けたり、中高年に大人気の『ハンガリング』では「飛翔」と題される素晴らしい作品を完成させおさる先生から称賛を受けた。また、寂しいニコ厨共に贈るプレゼントとして『セルバレンタイン』を提案するだけでなく実践するなど行動に富む。会業も手掛け益々すあだ作品の核となるキャラクターとして成長を見せている。

すあだボイスチェンジャーをかけた上の地で喋ることによって演じられるキャラクターだが、ボイスチェンジャーのかけ忘れや切り替えのタイミング間違いなどによってしばしばすあだの地が出てしまう。

ジャスティスボーイ真(しん)

な出演:ジャスティスボーイ真すあだ、カナレイ少年

大人を絶対的に憎む子ども。「すあだ」「カナレイ少年」など様々な生配信にて会を務めた上に2期にもアニメ化までされるなど、一時期は非常に高い登場頻度を見せていた。

初出は2008年すあだYoutubeにて投稿したほんの十数秒の動画である。チャージマン研!動画検索していると、チャージマン研に酷似した貌の人物が「こんにちは。は、ジャスティスボーイ!悪いを見ると、放っては置けない性分なんだ。」と自己紹介するだけで終わる短い動画が何故か関連動画に上がってくることから、チャージマン研視聴者の間では当初から少しばかりの話題性があったとされる。常に甲高いで喋るが、初出のこの時はもっとが高く、アニメジャスティスボーイ真事に最終回を終えた際に記念としてニコ生でこの映像が流されると、多くの視聴者からの違いを摘されていた。キレるとSHIZUKAとの区別がつかなくなる。 

登場当初は、的の為に大人を殺戮していたが、最近は自分の失敗をかった事にする為に女の子を殺したり、挙句の果てに小さい頃から良くしてもらっていたお兄やんが彼女持ちだと知るや否や即刻殺に至るなど、実は大人が憎いのではなく友だちが大人になり自分が取り残されていくことが嫌なだけの寂しい少年なのかもしれない…

やがて彼が主人公アニメニコニコ生放送で放映され、最初からスタイリッシュオープニング映像視聴者を圧倒するも、本編オープニング明らかに違う気の抜けた作となっており、更に視聴者を圧倒した。第10話になって突然シリアスバトル展開に突入し敵対する人物たちと次々対決していくが、最終的にはブラックジャスティスボーイを倒す過程でが過剰なまでに増大し、守るべき子ども達まで地球ごと粉々に爆発させ立ってしまった。

前述の初出動画で使用されていた画像が「チャージマン研!」の作中で使用されている一コマと酷似しているため、元ネタは恐らくTVアニメチャージマン研」の主人公泉研である可性が高い。自作アニメジャスティスボーイ真」でもチャージマン研に酷似したBGMや絵が数多く使用されている。

後に彼のイラストを使用したパーカータオルなどがすあだ氏の手によって販売・制作された、妙に割高である。

おさる先生

な出演:インターネット漂流番組pndTV、すあだ

インターネット漂流番組pndTVの「でもできるハンガリング講座」で登場したおキャラクター
ハンガリング講座先生として、教え子のpndたちを導した。
おすぎを彷彿させる妙にカマっぽい喋り方と、ハンガリング講座での絶妙な解説で強存在感を放った。第一回ハンガリング講座の最後では池に転落したために薄汚れた状態で登場していた。

さょ

な出演:女子中学生がはじめて~、すあだ、カナレイ少年バーチャル女子中学生YouTuber

SHIZUKAより後発で登場した女子キャラメンヘラの気があり、貌から少しばかりホラーな雰囲気を醸し出している。

すあだ作品においてゲーム実況プレイ動画生放送に登場するなどSHIZUKAと若干キャラが被るところも見受けられるが、SHIZUKAと決定的に違う点はとにかく自分可愛い義を貫くところであり、実況プレイ動画においてもそれが如実にあらわれている。ロマサガ実況プレイ動画を4パート開したにもかかわらず、いずれにおいてもプレイすらせず自己紹介に終始したことから視聴者に恨みを持たれており、出てくるたびに「ロマサガやれ」という暴言を投げつけられる。

生放送においては相談員として登場するも相談文章をざんしたり、最終的に自分可愛いでしめるなど本当に可くて仕方ないらしい。

2009年9月3日24時間テレビに触発されたのか深夜からにかけてぶっ通しでラジオ放送をした。
また2010年10月24日長谷川後藤由美早乙女先生UNK48なるユニットを結成した。4人しかいないが、どこから「48」の数字を取ってユニット名につけたかは不明。


 2013年5月6日の『すあだZ』にて、SUADARECORDSからデビューシングルポジティブレディゴー』が、amazonにて発売されていることが発表された。しかしこCD以外の出品物を持っていないという「アストラルサイド」なる出品者の住所が詳細まで記載されてしまっているため、すあだの住所が流出してしまったのではないかという可性が懸念されている。

さょぶろぐ(現役女子中学生BLOG) : http://sayodayooooo.blog47.fc2.com/

ジオン軍少佐

な出演:ジオン軍少佐が初めて~

すあだ氏の投稿作品『ジオン軍少佐がはじめてCOD4』で登場したキャラクターゲーム実況プレイ動画にて登場する。決め台詞は「ぅ教えてやるっ!!」

ジオン軍少佐」というハンドルネーム台詞回しから「機動戦士ガンダム」のシャア・アズナブルCV:池田秀一)を意識して声真似していると思われるが、視聴者からは「ギリギリ似てない」と評されている上、どちらかというとさまぁ~ず三村マサカズではないかとまで言われている。絶妙なによる実況と、そこから生した空耳などから人気を博した。

エルモ

な出演:エルモラジオ

すあだ氏のラジオで登場したキャラクター

非常に可らしい色と、その可らしさとは裏腹黒さと毒舌ぶり、トークの面さから人気を博した。
彼の単独出演による作品は今のところ存在しない。
元ネタアメリカ人形劇番組「セサミストリート」の登場キャラクターエルモ

お兄やん

な出演:すあだ

ジャスティスボーイ真が小さい頃可がってもらったお兄やん。
すあだの第6回の夏休み子ども相談室SPにおいて初登場し、子どもたちの疑問を次々と解決…した??

口癖は「~なんだよ↑」 また同番組内で歌った「蚊取り線香」は神曲としてリスナーから賞賛されている。
夏休み子ども相談室SPの終盤、相談室で得た稼ぎをデート代に充てる事をに話した際、殺された。

元ネタNHK教育番組の歌のお兄さん今井ゆうぞう。

シバ

な出演:ゴナガナウェイすあだ、ちょまらー

動画作品シリーズ『ゴナガナウェイ』に登場する殺人鬼動画序盤では見覚えのあるテレビ番組で会やレギュラーを務めているような出で立ちで登場するが、後半では周囲の人物を殺していることが発覚し、最後では撮影者を殺する演出に至る。

 今後の出方に期待されるキャラクター2010年10月24日に開催された「いぬわんたんスペシャルライブ【ナウヤングセレクション】」においてシバも登場したがシバとの関係については不明である。

エビバディセイ高口

な出演:ライオンシリーズすあだ

ホラー動画を模したドッキリ作品(通称ライオンシリーズ)に登場するキャラクターライオンの姿をしている事から彼の登場するシリーズライオンシリーズと呼ばれている。思う存分恐怖を演出したかと思えば、急に登場し、くるしい姿とアクションで、別の意味で視聴者ドッキリさせる。他にも短編映像作品(富士サファリパーク)に出演。シマウマと共演し、外を元気に駆け回るなど、ドッキリ作品とはまた異なった存在感を見せている。

当初はすあだ(と思われる)がライオン着ぐるみをき、様々なアクションを見せるのみという、すあだの作品における仮の姿とも言うべき存在であり、上記のような名前も存在せず、明確なキャラクター付けもなかった。後にSHIZUKAやpndといった人気キャラクターの登場で、その出番もくなり、影に隠れた存在となっていたが、『すあだ』にてまさかの復活を遂げる。その唐突な登場と『エビバディセイ、たーかぐち!!』というラッパーのような掛けは、視聴者を驚かせると共に、古くからのファンを喜ばせた。この再登場により、上記の名前が公式に命名され、キャラクター化されるに至った。今後の出方が期待されるキャラクターである。

なお、エビバディセイ高口の着ぐるみAmazonで購入可である。(市場を参照)

長谷川茜、後藤由美

な出演:カナレイ少年

カナレイ小学校バスケ部に所属している仲良し二人組。 所属クラスは6年3組。長谷川バスケ部の副部長。また、UNK48メンバーとして新な振り付けを披露した。

どこの学校クラスにも必ずいたであろうムードメーカークラスに必ず複数存在する女子グループ
与党第一党に確実に所属しているであろうメンバー。好きな男子女子複数名で呼び出し、
あんた由美のことどう思ってんのよ。付き合っちゃいなよ。」みたいなことを絶対やっていそうである。

早乙女草男

な出演:カナレイ少年

カナレイ小学校美術教師ガチホモ

カナレイ少年にて初出演を果たし、強な個性でリスナー人気を一気に掻っ攫った。顔がい斑点だらけのバナナであり、遠足では「早乙女先生おやつに入りますか?」という質問が飛ばされる。ショタコン疑惑、オカマ疑惑、ホモ疑惑が一斉にかけられているが、本人は「ホモなんじゃないかな?と疑われているだけ」と否定をしている。しかし、言動は非常に性に関してオープンであり、これらの疑惑を更に深めるようなものが多かった。

いとうたかひろ

な出演:ポケモンマスターへの若干キモいうp主実況

若干どころかキモくないところを探す方が難しいのではないだろうかという男。
 年齢は不詳である。自分で言ったことに対して自分で笑うなど、キモ男の典的な言動をとることが多い。

すあだ氏の人間観察が非常にすぐれていることを如実にる作品である。

またゲーム実況だけでなくリアル公園ポケモンを探す動画もあげておりかなりのキモっぷりがうかがえる。
名言「ピー課長、ピー課長

 ピートン

な出演:ピートTVクイズ!!ハチャミチャミ

突如登場し「ピートTV」の配信に挑んだ人物。非常に聞き取りづらい話し方が特徴であり、その聞き取りづらさはわんたんですら通訳を務めなければならないほどのものである。生意気な性格も特徴的であり、勝手にピートTVの配信を始めたことをわんたんに咎められた際には言い訳をした上、わんたんに対して「お前のほうが何言ってるか分からない」などと言い猛な反撃に出ていた。しかし、それより後の登場ではあまり生意気な言動を取ることはなくなっており、非常に大人しくなっていた。

胴体が丸くて柔らかいことを鼻にかけているが、わんたんに言わせればただのデブである。「504円」と書かれた値札シールが付けられていることを視聴者摘されると、「ピートンはそんな、あついあつじゃありまてん(安いじゃありません)!」と否定した。

2010年8月放送の「クイズ!!ハチャミチャミー」では賞を懸けたクイズ番組の会進行を務めたために、視聴者から通報を受けたpnd警官に賭博容疑をかけられて発される。「はためためーハチャミチャミー)」という一言を残して起き上がらなくなったままエンディングを迎えるが、最後には立ち上がっており元気に別れの挨拶を言っていた。

その後登場することが全くと言っていいほどなくなったため、本当は発された際に死んでしまっていたのではないかなどとも思われたが、2011年11月生放送妖怪人間べむ」にて久々の登場を果たした。しかしこの時は、常にカメラに映り続けていたのにもかかわらずかつてのピートンなど見る影もないほど大人しくなっており、放送半ばで視聴者から空気だと摘されていた。摘を受けたピートンは千円札を身体に巻き付けておにぎりに擬態して見せるという一発ギャグを披露したが、機嫌の悪いすあだ扮する妖怪人間ベラにその場でどこかへ投げ飛ばされてしまい、それ以降は二度とカメラの前に現れることがなかった。

キャラ被りが著しく、いぬわんたんに「わんたんのパクリ」と摘された他、話し方に関しては「おほ~」「おほほ」という口癖までぴんくのぶた(同作者による「おもしろ選手権」シリーズ等での登場人物)に酷似している。そのため、ピートンの登場以降はぴんくのぶたが登場した際に視聴者に素で「ピートン」と呼ばれるようになるなどといった大きな間違いも生じ始めている。 

ぴんくのぶた

な出演:おもしろ選手権、笑ういぬわんたんのやつ

おもしろ選手権に登場しネタを披露した。ネタの内容は「てぃのっかなー(死のっかなー)」と何度も連呼したり、「おーい!てかいでゅうのこどもたて(世界中の子供達)ー!!いまとぅぐでんいんてぃんでくらぁ(今すぐ全員死んでくれ)!!」としつこく要したりなどと、病的なものが多い。後に登場するピートンと話し方が酷似しているが、ピートンよりもキャラが薄くなってしまったせいかやがて彼までもピートンと呼ばれるようになってしまった悲しいやつ。「笑ういぬわんたんのやつ」内で「なぞのせいぶつ」シリーズに登場し、「納豆!!」という掛けとともに突然出現するという演出で視聴者を驚かせたが、他に大した台詞がなかったためピートンとの立場逆転は果たせなかった。

ちなみにぴんくのぶたという名前であるにもかかわらず、おもしろ選手権に登場した際は全身灰色であった。また、「笑ういぬわんたんのやつ」に登場した際は体の色がかったが、それほどまでにおもしろ選手権に登場した時のぶたが汚かったかどうかは定かではない。

坂宮

な出演:おもしろ選手権、笑ういぬわんたんのやつ

ぴんくのぶたと共におもしろ選手権で登場しネタを披露した。「十字架背負って楽しく生きてもいいんじゃない♪」を始めとする様々な名(迷)台詞を残している。

バーチャルおばあちゃん(VB)

な出演:バーチャルおばあちゃんシリーズ

通称「VBFaceRigリセット80代の過おばあちゃん。

CoDMHWGTAなど最新ゲーム実況動画投稿している。実況の際には戦争ネタ差別ネタ、高齢者ネタなどの危険極まりない問題発言を繰り返している。

VBTwitterhttp://twitter.com/virtual_obachan

監視する為にドナルド・トランプしかフォローしていない。

関連動画

タグ検索→ すあだ作品

アニメ作品

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%99%E3%81%82%E3%81%A0%E4%BD%9C%E5%93%81
ページ番号: 641071 リビジョン番号: 2563847
読み:スアダサクヒン
初版作成日: 08/10/14 15:39 ◆ 最終更新日: 18/02/19 13:09
編集内容についての説明/コメント: VB追加、一部手直し。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


a

ジャスティス!

ジャスティスジャスティス!

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

すあだ作品について語るスレ

279 : ななしのよっしん :2018/02/18(日) 19:44:27 ID: Mz0WYzErdm
>>274
ヤイヤイ森のコミーコラボしたやつかな?あれ面かったわ
280 : ななしのよっしん :2018/02/18(日) 22:40:13 ID: WG/p24rTJu
VBきっかけに再燃したけどやっぱりすあだ作品は面いな
アニメ職人何度も見直してしまう
281 : ななしのよっしん :2018/02/18(日) 22:48:31 ID: 3JMzLhFSgd
久しぶりにすあだ作品見返してるけど、第1回すあのわんたん天気予報抱えて笑ったわ
282 : ななしのよっしん :2018/02/18(日) 22:49:16 ID: W+OEkfeFpH
昔からのファンは流行らせなかったことを恥じろ。
283 : ななしのよっしん :2018/02/18(日) 23:32:37 ID: Awuj+H0KyD
昔からのファンVBとさょちゃんに投げ銭するんだよ!
284 : ななしのよっしん :2018/02/19(月) 02:38:09 ID: MtK7kQvTee
1回も超会議に呼ばないとかやっぱニコニコはわかってねぇよな
顔出ししてる有名実況者()やら踊り手歌い手()ばっか呼びやがって
285 : ななしのよっしん :2018/02/19(月) 09:48:29 ID: yCKGC3IhyW
大舞台に呼ぶってのもなんか違うと思うけどなぁ
やっぱすあだは自分のフィールドでやることでくと思うし
286 : ななしのよっしん :2018/02/19(月) 13:29:08 ID: vxN9TLP7Go
VB見てすあださんを知り、過去作をちらほら見始めてこんな熱い人が10年前からいたのかとショックを受けてる。
もちろん古参ファンにとっては往年の(?)キャラクターであろうさょちゃん等ももっと人気出てほしいと思うのはもちろんだけど、VBVBすあださんの長年培ってきた素のユーモアセンスとかが詰まってる気がして、売れたのには単なる流行だけではない確かな面さが理由にあると思う。
これからファンとしてすあだ作品を楽しみたいと思います。
287 : ななしのよっしん :2018/02/20(火) 00:24:25 ID: mhOHA2UglK
VBで知ったけど「さょちゃんのグリム童話ライブ」これほんと凄いね・・・
288 : ななしのよっしん :2018/02/20(火) 04:32:40 ID: ZBhSYCMpES
>>286
古参にとっての往年のキャラは十中八九いぬわんたんになるかと思う
すあだ自身にとっても特別な存在だし

というわけで新参はにんぎょう世界劇場からうんこの魅をどうぞ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829