単語記事: たまゆら(アニメ)

編集
たまゆら

写真が大好きな高校生 沢渡と、彼女をとりまく人達との日常とささやかな夢を描いた物語

たまゆら』とは、佐藤順一原作オリジナルアニメ作品である。
ARIAスタッフが中心になって制作されている。

2010年に、OVAたまゆら』が全2巻で発売。
2011年に、テレビアニメたまゆら~hitotose~』が全12話で放送。
2013年テレビシリーズ第2期『たまゆら~もあぐれっしぶ~』が放送された。

2015年から、劇場版4部作『たまゆら卒業写真~』が上映される。
『第1部 芽-きざし-』は4月4日より上映開始。

キャラクター

沢渡
(さわたり ふう)
あだ名は「ぽって」。
使用カメラはRollei 35S。
幼なじみ
趣味はポプリ作り。
岡崎のりえ
(おかざき のりえ)
いつも元気な女の子
夢はパティシエになること。
桜田麻音
さくらまおん)
のりえの親友。
感情を口笛で表現する。

ストーリー

たまゆら
写真が大好きな高校1年生、沢渡。あだ名は「ぽって」。このと山に囲まれた穏やかな瀬戸内の町、広島県竹原市に引っ越してきました。そこは亡くなった父親が子供のころに住んでいた町。古い町並み、美しい々、暖かな人々とそして新しくできた素敵な友達…。大好きになったこの町で撮った写真には、ときどきたまゆらが写ります。たまゆらの心がふわふわと舞い上がって幸せな気持ちの時に写るかわいい幸せが形になったような不思議な何か…。そして、その写真はみんなをちょっとだけ幸せな気持ちにしてくれるんです。
たまゆら(OVA) ひとつめ「大好きがいっぱいの町、なので」
210pt
瀬戸内の町、竹原に引っ越してきた幼馴染かおると一緒に学校に通っています。引っ込み思案なはこの町ではかおる一の友達。学校の帰りに、壊れてしまっていた父親の形見のカメラを取りに写真屋さんに行くと、そこでは、写真をじっと眺めていた麻音、そしてのりえと出会います・・。
たまゆら(OVA) ふたつめ「水色のちっさな切符、なので」
210pt
かおる、麻音、のりえの4人は仲良しになり、学校の帰りに母親が働いている喫茶店にみんなで寄ることに。喫茶店でくつろいでいると、に一枚の手紙が届いていたことを母親に告げられます。その手紙の送りが憧れている写真の志保美りほ。そして手紙には個展への招待券が入っていました・・。
たまゆら(OVA) みっつめ「みんなで歩けばハッピー、なので」
210pt
ある日、は香が幼稚園の時に描いた絵を見つけました。たまゆらが写ったお父さん写真の場所と同じかもしれないと思うでしたが、かおる、のりえ、麻音もその場所がわかりません。そんなときかおるのさよみがその場所に心当たりがあるからと、みんなをつれて出かけることになりました。電車に乗って、バスに乗って、普通女子高生にはハードすぎるをみんなへとへとになって歩きますが、その先にあった素敵なものは…
たまゆら(OVA) よっつめ「それはあの日のこと、なので」
210pt
かおる、麻音、のりえの4人は、かおるが出会った小さな頃の話やさよみの写真の腕前の話をしながら学校図書館で一緒に勉強をしています。そしていつものように日の丸写真館により、みんなでcafeたまゆらに行くと、そこにはが尊敬する写真の志保美りほが遊びに来ていました。上手に写真を撮ることにこだわり始めていたは志保美の言葉に気持ちがちょっと救われたわけです。そして、ふたたびさよみがみんなを連れて行く日がやってきます。
たまゆら ~hitotose~
写真が大好きな高校1年生、沢渡。あだ名は「ぽって」。この中学生までの時を過ごした町、横須賀市入から穏やかな瀬戸内の町、広島県竹原市に引っ越してきました。そこは亡くなった父親が子供のころに住んでいた町。古い町並み、美しい々、暖かな人々とそして新しくできた素敵な友達…。大好きになったこの町で撮った写真には、ときどきたまゆらが写ります。たまゆらの心がふわふわと舞い上がって幸せな気持ちの時に写るかわいい幸せが形になったような不思議な何か…。そして、その写真はみんなをちょっとだけ幸せな気持ちにしてくれるんです。
たまゆら ~hitotose~ 第1話「わたしのはじまりの町、なので」
210pt
中学生三年生の初いつもの図書館で借りた写真集に写っていた瀬戸内を見て、は亡くなったお父さんを思い出します。お父さんが亡くなった時から、大好きだった写真をやめてしまった同級生ちひろはそんなを励まそうとしますが自分のほうが先に泣いてしまってうまくいきません。その日、に帰るとの香がお父さんの撮った写真を見て楽しそうにしていました。悲しくなるからとしまっていた写真はどれも楽しくて忘れたくない間でした。懐かしく優しい写真を見ているうちにはあることに気づきます…。
たまゆら ~hitotose~ 第2話「やさしい香りに包まれた日、なので」
210pt
竹原の町にやってきて1カが経ちました。 幼なじみかおる、新しく出来た友達の麻音とのりえと、一緒に朝日山に登ったりして、すっかり仲良くなった今日いつものようにみんなで通学をしています。 そしてまもなく祭りを迎えるある日、いつものようにみんなでカフェたまゆらお茶をしていました。 そこでかおるが、翌日は全員留守にしているためかおる一人ぼっちであることを知ります。 これを聞いたは思いきって、みんなとのお泊まり会を提案するのでした…。
たまゆら ~hitotose~ 第3話「出現!たたかう女の子、なので」
210pt
今日いつもの四人でCaféたまゆらランチタイム大人気のたまゆらランチを食べ、香とも絡めて上機嫌なのりえ。 そんなのりえを影から見つめる視線が…。 麻音とのりえは帰り道に何やらつけられている視線を感じました。 そこに現れたのは、篠田こまちと名乗る小学生。 のりえを監視していた“こまち”は香に気がある様子。 後日…。 Caféたまゆらで再び、こまちに遭遇したのりえ。 香の気持ちをかけてスイーツ勝負を挑みこむ“こまち”。 のりえとこまちスイーツバトルが今、幕を開けます…!!
たまゆら ~hitotose~ 第4話「潮待ち島に聞こえる音、なので」
210pt
今日から夏休み。 期待に胸を膨らませながら帰る四人。 そんな中、麻音は実家大崎に帰る予定だという。 の祖も下にいるということで、みんなで麻音の実家である館に遊びにいくことになりました。 竹原港から船で大崎に向かい、麻音の両親が経営している館を訪ねます。 館の手伝いをする麻音に出迎えられ、みんなでを散策することに。 途中、ある建物の前で麻音は立ち止まります。 中に入って物思いに耽る麻音。 なんだが麻音の思い出の場所らしいのですが…。
たまゆら ~hitotose~ 第5話「ちひろちゃんがきてくれたよ!なので」
210pt
今日入の友人・三次ちひろ竹原に遊びに来る日。 わくわくしながら竹原駅で到着を待ちます。 高校が引っ越して離ればなれになるまで、小学校からずっと一緒だった二人。 久しぶりに再会したちひろは相変わらず涙もろい女の子。 互いに変わっていないことにどこか安心するちひろ。 そんな大好きなちひろかおる達に紹介して、一緒に竹原を案内するのをは楽しみにしていましたが、何故かちひろは少し不安そうにしていました…。
たまゆら ~hitotose~ 第5.5話<TV未放送話>「あったかい風の想い出なので」
第5.5話「あったかいの想い出なので」(TV未放送話)
配信なし
竹原に引っ越してきて、色々なことがありました。 かおる達と友達になったり、ちひろ竹原に遊びに来たり、素敵なことを発見できる日々。 も終わりに近いある日、かおるから花火大会に誘われますが、みんな浴衣を着て参加すると聞いて、なぜか元気がなくなってしまいます。は、昔ちひろ花火大会に行ったとき、次の年には浴衣を着て一緒に竹原花火を見に行こうと約束したことを、思い出すのでした・・・。
 たまゆら ~hitotose~ 第6話「A:それはいつかの日のこと、なので/B:そしてある日のこと、なので」
210pt
A:いつかのお話。 の高台で一人本を読んでいる麻音。 父親はぐれてしまった色を見に高台へ遊びに来たかおるとのりえ。 知らずのうちに集まっていた子供時代の四人。 友達になる前のちょっと素敵な昔のお話。 B:ある日のお話。 麻音は学校帰り道に同じクラスののりえと出会います。 普段と違いどこか元気のないのりえ。 話を聞くとどうやら落ち込むことがあった模様。 人に何かを伝えるのは難しいと悩む二人ですが不思議と二人の会話は盛り上がっていきます。 のりえと麻音が友達となるきっかけとなった少し昔のちょっと素敵なお話。
たまゆら ~hitotose~ 第7話「竹灯りの約束、なので」
210pt
憧憬の路。 竹原にたくさんの観光客が集まって賑わうお祭り竹原に来てとっても楽しみにしていたお祭りです。 幼少時代に来た時には途中で寝てしまって楽しめなかった。 そんなのためにかおる達はが降って中止にならないように、てるてる坊主を作ったりしてみんなのためにり切っています。 着々とお祭りの準備が進む中を写真を撮りながら歩くをかける人物が…。 それは憧れの写真・志保美りほでした。 多くの人が集うお祭りに高まるみんな。 そんなとき、パラパラが降ってきたのでした…。
たまゆら ~hitotose~ 第8話「かわらない人かわりゆく時、なので」
210pt
憧れの写真・志保美りほ竹原の町で暮らし始めることに。 あるはほぼろの前でりほに出会います。 りほがほぼろに居することになったと聞いて驚く一同。 りほはお客さんや店のちもを撮ったりと色々な写真を撮っていました。 りほに最近、写真は撮っていないことを聞かされ、なんだか寂しくなった。 そんなを見て、りほはちもの先輩がやっている喫茶店カサブランカ」に行かないかと誘いました…。
たまゆら ~hitotose~ 第9話「A:ももねこさまの憂鬱、なので/B:失恋カメラ、なので」
210pt
A:ももねこ様は、のんびりと寝をしたり、自由気ままに町の中を歩き回っている没な不思議な。 そんなももねこ様は、実はには竹原の町を回り町の安全とか観とか、いろいろ守っていたりもします。 ある日、この平和な町で、の作物が何者かに荒らされるという事件が…。 B:のほぼろに一人訪れる客人。 たまに竹原写真を撮りに来る大学生飛田志麻子。 席に着くなりほぼろ焼きを大量注文。 たまたま居合わせた堂郷と食い意地のりあいをしてしまい、食べすぎで動けなくなります。 どこか訳ありの様子に大事をとって、Caféたまゆらで介抱することに…。 次の日、駆けつけてきた同級生保志まなみから事情を聴きますが…。
たまゆら ~hitotose~ 第10話「明日のわたしはどんなわたし、なので」
210pt
週末にポプリの材料を探しがてらみんなでおでかけに行こうと誘うかおる。 しかし、週末は三人ともそれぞれやりたいことで予定が埋まっていました。 それを聞いてなんとなく物思いに耽るかおる。 自分のやりたいことは何なのか…。 みんなとは違いしっかりとした標をもっていない自分…。 翌日、それぞれの予定に一緒に行かないかとみんなからをかけられますが、かおるはどこか元気がありません。 週末、かおるで考え事をしているところ、のさよみにプチ秘探検に誘われます…。
たまゆら ~hitotose~ 第11話「聖夜のものがたり♪ なので」
210pt
かおるがやりたいこと。 それはみんなと一緒に何かをすること。 そんなかおる企画したのは『私たち展』。 みんなで思い思いのものを展示することとなり、なんだかワクワクしていました。 そんな中、麻音は口笛演奏会ではなく朗読劇をやってみたいと言い出しました。 自分の思っていることを口に出して言うこと。 それは麻音が昔から頑ってきたこと。 『私たち展』を迎える前に練習もかねて御手洗の実家朗読会をすることに。 朗読会の内容も自分で作成すると意気込む麻音。 しかし、発表間近になってもなかなか物語を作ることができません…。
たまゆら ~hitotose~ 第12話「新しいひととせ、なので」
210pt
『私たち展』。 自分たちの今を見てもらう展覧会、場所は旧笠井邸。 町の中でチラシを配って歩いたり、会場の準備をしたりと大忙し。 この日のために頑ってきた四人はどこかそわそわしていました。 アグレッシブな自分になろうと竹原に引っ越してきて、あっという間の一年。 みんなと過ごした、おだやかで大切なものがいっぱい詰まった日常。 様々な思いとともに『私たち展』がいよいよオープンします。 そして、四人全員で迎える初めての大晦日にちょっとした事件が…。
OVAの第1話から第4話は、『たまゆら~hitotose~』の第1話と第2話の間の話になっている。
たまゆら~もあぐれっしぶ~
写真が大好きな高校生沢渡高校入学を機に、横須賀市入から父親との想い出の町、竹原に引っ越してきてから1年が経ちこの高校2年生になります。 写真は心と心を繋ぐもの。そう教えてくれた父親の形見のカメラで新しく出会った友達やいろんな人たちとたくさんの写真を撮ってきました。 そんな写真を通じて、この町で出会った素敵な想い出の数々・・・、もっともっとそんな想い出を作りたいという思いを胸に、は新たなチャレンジを始めます。 それは写真部を作ること。古い町並み、美しい々、あたたかな人たちに囲まれた高校生たちの生活を描く心温まる優しい時間が流れる物語
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第1話「おかえりなさいの一年に、なので」
無料配信中
が生まれた時からずっと暮らしてきた町入から亡くなったお父さんが大好きだった竹原に来て1年が経とうとしています。 をあたたかく迎えてくれたこので、この1年間たくさんの写真を撮ってきました。 新しい友達との出会い。友達と作ってきたたくさんの想い出。お父さんの想い出との再会・・・。 素敵な出会いがたくさんだった1年間を振り返りながら、次の1年はもっと素敵な出会いがあるようにはあることを思いつきました。 それは写真部を作ること・・・。
たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第2話「どきどきの新しい一歩、なので」
210pt
が訪れ、たちは2年生になりました。新しい1歩を踏み出すために写真部を作ることに決めた学校写真部の設立を申請しました。自分で写真部を作るということは、写真部の部長になるということ。 これまでに部長らしいことを経験したことのないが不安になるのを友達たちが励まします。そんな中、 写真コンテスト雑誌にの姿が映った写真が特選に選ばれていることを知ります。その撮影者はと同じ竹原高校生でした・・・。
第3話「写真部、本格始動、なので」
210pt
今日は、新入生へのクラブ紹介の日。から緊しています。写真部はまだ一人だけ。 写真部のことをもっと知ってもらって新入部員を増やすチャンスクラブ紹介に臨みますが、緊してしまってうまくいきませんでした。写真部を設立してからいろんなことがうまくいきません。先日部室に突然現れて出て行ってしまった三谷かなえさんのこともは勝手に自分が写真部を作ったことにかなえが怒っているのではないかと心配しています・・・。
第4話「特別な場所、特別な想い、なので」
210pt
かなえが写真部に入り、2人での写真部が始まりました。だんだん息があっていく二人ですが、写真部の課題であるまつりパフォーマンスがなかなか決まりません。そんな中、先生の提案で歌と演奏に合わせて二人で踊りながら写真を披露することに決まりました。準備を始めるは、まつりおこなわれるバンブー・ジョイハイランドでは、の記念植が行われていたことを知ります。そしてお父さんが生まれた時に植したがあることも・・・。
第5話「明日のためにレッツフォト、なので」
210pt
のある日、やかなえ、かおる達のみんなで浴にやってきました。みんなでわいわいと楽しい時間を過ごしていると、そこにの憧れの写真志保美りほさんがを訪ねてやってきました。その傍らにはたちが知らない女性が一緒にいました。その人はお父さん旅行会社で働いていた時の後輩だと名乗ります。そして十数年前にツアー企画のために、お父さんとめぐったルートと一緒に回ってみたいと提案をしてきました・・・。
第6話「もう届かない笑顔を訪ねて、なので」
210pt
のある日、やかなえ、かおる達のみんなで浴にやってきました。みんなでわいわいと楽しい時間を過ごしていると、そこにの憧れの写真志保美りほさんがを訪ねてやってきました。その傍らにはたちが知らない女性が一緒にいました。その人はお父さん旅行会社で働いていた時の後輩だと名乗ります。そして十数年前にツアー企画のために、お父さんとめぐったルートと一緒に回ってみたいと提案をしてきました・・・。
第7話「ついに、みんなで来たよ!なので」
210pt
夏休みも残りわずか。さよみお姉さんが運転する旅行に出かけることになります。不安の表情のかおる達を乗せて、たどり着いたのはの生まれ育った町、横須賀市入。 にとっては、竹原に引っ越してから初めて帰る懐かしい町です。入に帰ってきたを出迎えてくれたのは、ちひろと、ちひろ高校の友達のともちゃん。たちは初めてのともちゃんとの出会いです。そんなともちゃんの提案で、皆で入散策をすることになるのでした…。
第8話「あの日の遠い約束、なので」
210pt
夏休みのとある日の写真部の部室。いつものように机を囲んでいるたちと、今日入から遊びに来たちひろの姿もあります。 が作った写真部の部室を見て、ちひろは感して思わず泣きそうになります。ちひろを迎えて、たちは写真部の作戦会議を始めました。今回の標は竹原花火大会花火写真におさめる事。そしてその竹原花火を一緒に見ることは、幼い日のちひろが交わした大切な約束でした…。
第9話「心に灯す竹あかり、なので」
210pt
りを町中にお祭り憧憬の路。竹原に来てから今回で2回です。今年は見る側から見られる側になり、わくわくしながらみんなと一緒に準備を進めています。 お祭りの準備が進む中、いつものように日の丸写真館に写真現像にやって来た。そこでマエストロから、今日にお客さんが来ることを伝えられます。ドキドキしながらカフェたまゆらに行くと、そこに座っていたのは亡くなったお父さんの友人の夏目望さんでした…。
第10話「いつかくるその日まで、なので」
210pt
が訪れ、気がつくと卒業アルバム用に撮った写真もたくさん溜まっていました。これまでに撮り溜めた写真を、楽しそうに見ているたち。 しかし、かなえだけ一人うつむいています…。卒業アルバム用に撮った写真が増えたこと、それはかなえの卒業も近いということ。 残り少ない高校生活、そして写真部での活動に悔いが残らないようにとかなえはあることを思いつきます。それは、みんなで撮影旅行にいくことでした…。
第11話「今年もありがとう、なので」
210pt
-
第12話「そして…旅立ちの季節、なので」
210pt
-

舞台

広島県竹原市を中心とした瀬戸内の町並みや風景を作中で忠実に再現している。また第二の舞台として、神奈川県横須賀市も登場する。

な舞台となる竹原市の町並み保存地区では、アニメの舞台を一見ようとファンが多数訪れるほか、たまゆらの関連イベントも毎年開催されている。さらに、地元の自治体・団体や商店の側からも積極的にPRに参加している。

放送・配信情報

テレビ神奈川テレビ新広島TVQ九州放送サンテレビ三重テレビ放送、TOKYO MXAT-Xアニメワンにて2011年10月から『たまゆら~hitotose~』全12話が放送・配信された。

TVシリーズたまゆら」2期製作決定を記念して、TV未放送の第5.5話がニコニコ動画などのWebAT-Xにて一定期間無料配信・放送された。2012年5月13日6月17日AT-X2013年3月よりとちぎテレビ2013年4月よりNHK広島にて、『たまゆら~hitotose~』が再放送された。

2013年7月より、AT-XTOKYO MXテレビ愛知NHK広島テレビ神奈川サンテレビTVQ九州放送にて『たまゆら~もあぐれっしぶ~』が放送された。同じ番組がNHK民法で同時ネットされることは極めて異例である。NHK広島報道では、本編映像終了後に『たまゆら紀行』というオリジナルコーナーが放送された。

2015年1月8日より、『たまゆら卒業写真~』の上映を記念して、これまでのたまゆらシリーズのセレクション放送がTOKYO MXで行われる。全12回。

現在ニコニコチャンネルにて『たまゆら』『たまゆら~hitotose~』『たまゆら~もあぐれっしぶ~』が有料配信中。

主題歌・挿入歌

たまゆら(OVA)

たまゆら~hitotose~

おかえりなさい オープニングテーマ 作詞坂本真綾 / 作曲松任谷由美 / 編曲俊之 / 歌:坂本真綾
神様いたずら エンディングテーマ 作詞作曲大江千里 / 編曲清水信之 / 歌:中島愛
-うたとぴあの- 第2話エンディングテーマ 作詞作曲舞 / 編曲ピアノ演奏清水信之 / 歌:中島愛
やさしさに包まれたなら 第4話挿入歌 作詞作曲由美 / 歌:marble
ヒマワリ 第5話挿入歌 作詞作曲編曲北川勝利 / ストリングス編曲長谷 / 歌:沢渡竹達彩奈
花火 第5.5話エンディングテーマ 作詞作曲矢吹香那 / 編曲北川勝利 / 歌:清浦夏実
夢の兆し 第6話挿入歌 作詞松浦有希 / 作曲:hermin / 編曲鈴木智文 / 歌:岡崎のりえ(井口裕香) & 桜田麻音(儀武ゆう子
星空 第7話エンディングテーマ 作詞伊藤恵子 / 作曲編曲西脇辰弥 / 歌:中島愛
ずっと一緒-うたとギター- 第9話挿入歌 作詞:西直紀 / 作曲:F.GIRAUD / 編曲子重治 / 歌:保志まなみ中島愛
ももねこ音頭 第9話挿入歌 作詞:西直紀 / 作曲編曲中島ノブユキ / 歌:沢渡竹達彩奈) & ももねこ様福井裕佳梨
希望のカタチ 第10話挿入歌 作詞micco / 作曲編曲菊池達也 / ストリングス編曲杉本優 / 歌:かおる阿澄佳奈
あしたの陽だまり 第11話エンディングテーマ 歌:沢渡竹達彩奈)、かおる阿澄佳奈)、岡崎のりえ(井口裕香)、桜田麻音(儀武ゆう子
A HAPPY NEW YEAR 第12話エンディングテーマ 作詞作曲由美 / 編曲窪田ミナ / 歌:坂本真綾

たまゆら~もあぐれっしぶ~

はじまりの オープニングテーマ 作詞作曲大貫妙子 / 編曲俊之 / 歌:坂本真綾
ありがとう エンディングテーマ 作詞作曲尾崎亜美 / 編曲佐藤準 / 歌:中島愛
つつまれて 第7話挿入歌 作詞micco / 作曲編曲菊池達也 / 歌:marble
おかえりなさいAcoustic Ver.〜 第8話挿入歌 作詞・歌 - 坂本真綾 / 作曲 - 松任谷由実 / 編曲 - 子重治
神様いたずら 〜うたとぴあの〜 第9話挿入歌 作詞作曲大江千里 / 編曲ピアノ演奏中島ノブユキ / 歌:中島愛
希望のカタチ 第10話挿入歌 作詞micco / 作曲編曲菊池達也 / 歌:marble
色のフィルム 第11話エンディングテーマ 作詞作曲編曲矢野博康 / 歌:中島愛
最後の休み 第12話エンディングテーマ 作詞作曲松任谷由実 / 編曲山本隆二 / 歌:千菅春香

スタッフ・キャスト

WEBラジオ

たまゆらんど
回数 配信日 パーソナリティ ゲスト
1 2010年4月1日 儀武ゆう子 佐藤順一飯塚晴子
たまゆらじお
回数 配信日 パーソナリティ 備考
1 2010年7月30日 竹達彩奈阿澄佳奈
井口裕香儀武ゆう子
2 2010年8月27日 コミケ会場付近から放送
3 2010年10月1日 阿澄佳奈儀武ゆう子
4 2010年10月29日 阿澄佳奈井口裕香
5 2010年11月26日 竹達彩奈井口裕香
6 2010年12月10日 井口裕香儀武ゆう子 竹原市での開録音
7 2010年12月31日 竹達彩奈阿澄佳奈
井口裕香儀武ゆう子
石丸電気本店での開録音
金曜日最終回除く)に公式サイトにて配信。パーソナリティメインキャスト4人が当番制で担当。
たまゆ~し~
回数 配信日 パーソナリティ ゲスト
1 2011年4月1日 儀武ゆう子 佐藤順一飯塚晴子
たまゆらじお~hitotose~
回数 配信日 パーソナリティ 備考
1 2011年7月14日 竹達彩奈阿澄佳奈
井口裕香儀武ゆう子
2 2011年8月11日 竹達彩奈阿澄佳奈
3 2011年9月8日 井口裕香儀武ゆう子
4 2011年10月6日 竹達彩奈井口裕香
5 2011年11月10日 儀武ゆう子阿澄佳奈
6 2011年12月8日 阿澄佳奈井口裕香
7 2012年1月12日 竹達彩奈阿澄佳奈
井口裕香儀武ゆう子
クリスマスイブ開録音
8 2012年2月8日 竹達彩奈儀武ゆう子
9 2012年3月30日 竹達彩奈阿澄佳奈
井口裕香儀武ゆう子
最終回
第二木曜日公式サイトで配信。「たまゆらじお」と同じくパーソナリティは当番制。
たまゆぴあり
回数 配信日 パーソナリティ ゲスト
1 2013年4月1日 儀武ゆう子 佐藤順一
初めてでも星空む~~~ん!
回数 配信日 パーソナリティ ゲスト
1 2013年6月7日 儀武ゆう子佐藤順一
2 2013年7月1日 儀武ゆう子佐藤順一 和田京子
たまゆらじお~もあぐれっしぶ~
回数 配信日 パーソナリティ ゲスト
1 2013年7月7日 阿澄佳奈井口裕香
2 2013年7月22日 阿澄佳奈井口裕香
3 2013年8月4日 阿澄佳奈井口裕香 儀武ゆう子
4 2013年8月18日 阿澄佳奈井口裕香

イベント・キャンペーン

たまゆらの日」、と称し竹原で行われるイベントや、入のイベント2013年に行われた「進級イベント」など大規模なものから、小さなトークイベント、上映イベント等まで、大小様々なイベントが多数開催されている。

開催予定のイベントは下記。詳細は公式HPを参照。

たまゆら進級イベント2015

開催日 2015年3月15日(日) ※時間未定
会場 江戸川区総合文化センター
内容 -
出演(予定) -

過去に行われた主なイベント

日付 イベント名・概要 開催地
2010年10月10日 たまゆらの日~ようこそ、あたたかな町へ~
出演 
広島県竹原市
2011年8月14日 祝!TVアニメ化記念 たまゆら2011 in 入 ~始まりの場所なので~ 横須賀芸術劇場
2011年10月9日 たまゆら~hitotose~トークショー in ヴェルニー公園 神奈川県横須賀市入町
2011年11月19日20 たまゆらの日2011 ~おかえりなさい、あたたかな町へ~ 広島県竹原市
2011年11月20日 たまゆらの日2011ファイナル~新しい想い出とともに~
2012年7月28日 ももねこ様 広島県竹原市
2012年9月30日 たまゆら2012 ~ただいま入、なので~ 横須賀芸術劇場
2013年4月14日 たまゆら進級イベント~新しい季節の始まり、なので~
たまゆら進級イベント~素敵な巡り合い、なので~
 (2部構成)
TOKYO DOME CITYHALL
2013年7月27日28 ももねこ様2013 竹原ショッピングパークあいふる316
2013年11月2日 たまゆらの日2013 音楽
上野学園ホール
2013年11月3日 たまゆらの日2013ファイナル~もあぐれっしぶ~
2014年8月3日 たまゆら2014 会堂
2014年9月6日 ももねこ様2014 広島県竹原市
2015年7月25日 ももねこ様2015 広島県竹原市
竹原駅前商店

生放送


ニコニコ動画

お絵カキコ

グッズ

Blu-ray

DVD

主題歌

サウンドトラック・ドラマCD・コミカライズ

チャンネル・コミュニティ

関連項目・外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%9F%E3%81%BE%E3%82%86%E3%82%89%28%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%29
ページ番号: 4482646 リビジョン番号: 2365031
読み:タマユラ
初版作成日: 10/10/12 17:41 ◆ 最終更新日: 16/05/23 01:04
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目・外部リンク」に「竹原市」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ともちゃん

三谷かなえ

三次ちひろ

桜田麻音

岡崎のりえ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

たまゆら(アニメ)について語るスレ

629 : ななしのよっしん :2016/04/11(月) 01:05:57 ID: pqOy7NV7mf
演は本当に笑いありで最後はしみじみ。
澄さんの話で魔法美少女かおたんというスピンオフの可性が捨てきれなくなったりwww
ともちゃんの胸は声優さんたちも気にしてらしたようでww
そういえばどうでもいいけどともちゃん・・・フルネームは最後まで明かされなかったww
結構学生生徒の生活関係の作品ってあるけど、演で卒業式は覚えがなくて新鮮な気持ちで感動した。
竹原行けなくて残念だけど、全終了の区切りの一部とはいえ参加できて良かった。

ただ演終了時儀武さんが電車の時間大丈夫?みたいなジェスチャーしてたけど、
21:58入発の品川電車内埋めたり曇らせたり、寂しさが吹っ切れたのか笑ったよww
全員席の隅に座るレベルガラガラが急にどういうこったと思われたに違いない。
630 : ななしのよっしん :2016/04/13(水) 06:18:09 ID: c3CAOAsEKJ
>>629 ともちゃんとのりえの胸かなり大きいよね。映画見てるときにめて大きいことに気がついた。 魔法少女かおたん←何だろう・・・まどマギみたいな扱いで終わりそうな・・・。 フルネーム←まぁ、D.C.杉並とかハルヒキョンとか他にもフルネーム分からない人は居るからね。

しかし、たまゆらイラスト集がイベントに参加しないと手に入らないってのがなぁ・・・スタッフ中の人の座談会にそこまで興味いのと横須賀竹原とか遠すぎて理って事でスルーしたらイラスト集がイベント限定品でショボンってなった。
631 : ななしのよっしん :2016/04/29(金) 22:00:36 ID: +AeZeRcwhZ
広島地区を盛り上げるアニメとして作られたのに映画特典は東京とか
なんというか・・・
632 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 14:19:17 ID: sArDxVeB9b
そんな>>630に朗報。
http://froovie.jp/shop/default.aspx
⬆ここでそのイラスト集が買えるぞ。
633 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 20:14:31 ID: L+8pJCxJed
イラスト集買ったけど思ってたよりも厚くて大満足だったぞ
たまゆら好きなら買って損なし(ダイマ
634 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 14:54:03 ID: q3aBKHui9+
映画館に行かなかったから今日まで情報を一切絶っていたけど、ようやく円盤でみれたわwww
このシリーズはいつもそうだが、精がそがれる最終回だわ。

上映延期の影4月イベント情報も見ていないので、これから調べることにするよ。
635 : ななしのよっしん :2016/05/15(日) 15:02:46 ID: q3aBKHui9+
しまった、書きたいことが抜けていた。

JR西日本が誇る新車両227系を出すために上演延期したんじゃなかったのかwwwwwデビュー前だしなwwww
末期色じゃない方の105系3ドアで終わってくれたのはベスト

それはともかく、脚本吉田玲子鉄板だわ。
636 : ななしのよっしん :2016/05/16(月) 22:09:22 ID: q3aBKHui9+
14日に中の人向けの打ち上げ会をやっていたので、そのうち情報が出てくるのかしら。まめぐ氏が出没した模様。

>>624-625
やるとしたら高校時代のエピソードを補するとか、合間に過去のことや埋め込むというスタイルかな。
花咲くいろは映画版がそんな感じだった。

堂郷&ちもさんの結婚式は、まつらいさんが寛解した時のために用意していたそうだがお蔵入り
hitotoseで止まっているコミックでやってくれたらいいけどな。
637 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 00:49:44 ID: c3CAOAsEKJ
>>632 イラスト集以外にも、持ってなかったグッズも含めてある分だけを注文してきました、到着待ちです。(尚、一気に注文しすぎてお金くなり給料日まで極貧生活をする模様)
638 : ななしのよっしん :2016/06/01(水) 00:07:38 ID: TTbJ9KN8od
たまゆらじおのラストで「またねー」といってるのがずっと気がかりで・・・
たまゆらロスをそれでごまかす毎日もそろそろ限界です。卒業写真を聞くだけでも切なくなってくる
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015