単語記事: ときど

編集

ときど近影(イケメン風味・掲示板からの投稿による)

ときどとは、日本格闘ゲームプレイヤー2010年11月からプロ格闘ゲーマーとして活動。

概要

東大プロゲーマーとして知られ(東京大学教養学部理科Ⅰ類入学工学部マテリアル工学科に進学し卒業東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻を中途退学)、TV・雑誌に出演したり、プロ活動の一環として大会の開催、動画配信も行っている。
過去KSKが経営していたGamer's VISION店員として、マゴこくじんと共に勤務していた。また、強3rdプレイヤーMOVは麻布高校時代の同級生で、ヌキと初めて出会ったときもMOVと一緒にゲーセンで遊んでいた。(ヌキく「めちゃくちゃ礼儀正しかったのがときど、後ろでピースサインしてたのがMOV」。)

KOFプレイヤーで、名前の由来は八神庵の「と」んで(前ジャンプ)「キ」ック(J大K)からの「ど」うしたぁ!(闇払いのボイス)から。ストリートファイターシリーズはもちろんのこと、GGXX鉄拳6ブレイブルーカプエス2など、2Dや3Dに関わらず、格闘ゲームであれば広範囲にプレイするマルチプレイヤーでもある。

ストリートファイター4シリーズの終盤からは取り組むタイトルの数を減らし、1つのゲーム攻略をより深める傾向にある。

2010年11月アメリカサンディエゴのアパレルメーカー「The Traveling Circus」と1年間のスポンサー契約を締結。これにより、ときどはついにプロゲーマーを歩むことになった。
さらに2011年6月には、アメリカの周辺機器メーカーMadCatz」とスポンサー契約を締結。
ウメハラマゴと同じ「チームMadCatz」の一員として活動することになった。
それから約5年の間「MCZ TOKIDO」として内・外を問わず活躍した(2016年3月MCZとの契約は終了)。

2017年1月からはアメリカプロチームEcho Fox」と契約し、新たなを歩んでいる。

またエンターブレインの雑誌「アルカディア」でのインタビューや、自身の配信などで明確にプロ志向」を宣言、「あくまで日本ベース」 と前置きした上で、可な限りプロゲーマーとして活動していくことを明らかにした。
その前向きな姿勢や大会結果から、2011年に入ってからはすでに海外の大ゲーム大会から立て続けに招待を受けており(Beat By ContestFinal Round XIV、CEO2011、Stunfest XIShadowloo Showdown2011 等)、BBCで個人戦優勝FRXIVで三冠Stunfest XIでは前人未到の4冠を達成。
特にTOPANGAでは動画配信を定期的に行い、配信戦国時代を宣言するなどさらに活躍の場を広げている

EVO2017

ラスベガスにて2017年7月14日7月16日日本時間で7月15日7月17日)に開催された世界最高峰の格闘ゲーム大会「EVO 2017」。前日にPunkかりん)に敗れるもハイタニネカリ)に逆転勝利を決めてトップ8まで辿り着いたときど豪鬼)は、最終日に最高のプレイを連発。Filipino Champ(ダルシム)、 NuckleDu(ガイル)、板橋ザンギエフザンギエフ)、かずのこキャミィ)を次々に撃破して決勝でついにPunk突し、試合前の予想を大きく覆す圧倒的な展開で優勝を決めた。内容も素らしく、決勝戦の最中に6ボタン同時押しが必要な魅せコンボを選んで成功させたり(これはコントローラーの設定を変えれば押すのが楽になるが、帰後の本人配信によればこの時は実際にボタンを6つ押していたとのこと)、瞬獄殺フィニッシュを決めるなどのスーパープレイで大きく会場を沸かせた。試合開始までは大会の実績や当日のプレイ内容から見てもPunkこそが絶対的な最強プレイヤーと考えられており、観客はこの劇的な勝利に酔いしれた。実況James Chen称はチェンおじときど中学生の頃からファン)は号泣。この吉報は日本でも各種ニュースに取り上げられ、週刊文春2017年8月3日号)にインタビューが載るなどして多くの人に祝福された。

豪鬼

人となり

主な大会戦績

闘劇

EVO

クーペレーションカップ

その他の国内大会

海外大会(2010~2011年)

Final Rouind XIVにおける登録名は「Happy Set」。

2012年以降の主な大会戦績 (国内・海外)※EVOは除外して要約

2012年の戦績→WGC2012(フランスBBCSEX優勝、スパ4(個人戦/3on3/別対抗5on5)優勝、3rdOE優勝、アルカプ3位/Shadowloo Showdown 2012(オーストラリア3rdOE準優勝、スト2X優勝、ソウルキャリバー5優勝、KOF13準優勝/Treta Armageddonブラジルスパ4KOF13ソウルキャリバー5・アルカプ優勝、ストクロ準優勝/Canada Cup 2012(カナダKOF13準優勝、ペルソナDOA5優勝、アルカプ3位、スパ4別対抗5on5優勝/SF25周年大会3rd準優勝、ストクロ準優勝など

2013年の戦績→トパンガZリーグ日本アルカプ準優勝/DUC2013(ドイツスパ4アルカプ鉄拳TAG2KOF13優勝/WGC2013(フランススパ43rdOE優勝/SEAM(シンガポール)ペルソナKOF13準優勝/Shadowloo Showdown 2013 (オーストラリアスパ4優勝、KOF13準優勝/Canada Cup 2013(カナダKOF13準優勝、ストクロ優勝など

2014年の戦績→Id global Tournament韓国スパ4準優勝、KOF13優勝/Northwest Majors (アメリカスパ4KOF13優勝/SEAM(シンガポール)KOF13優勝/一千撃杯(日本ウル4 3on3準優勝など

2015年の戦績→Red Bull Kumite(フランスウル4準優勝/Hypespottingスコットランドウル4準優勝、KOF13優勝、StunfestフランスKOF13優勝/SEAM(タイウル4準優勝/Canada Cup 2015(カナダウル4優勝など

2016年の戦績→Final Round(アメリカスト5 5on5優勝、スト5個人戦準優勝/NorCal Regionals(アメリカスト5準優勝/Red Bull Kumite(フランススト5準優勝/CRASH韓国スト5 3on3優勝/TWF(台湾スト5準優勝/Dreamhack Summerスウェーデンスト5 3位/Community Effort Orlando(アメリカスト5優勝/Never Give Up(チリスト5準優勝/SEAM(シンガポールスト5優勝/Red Bull Battlegrounds:CPT(アメリカスト5地区最終予選優勝、決勝大会準優勝など

エピソード

風雲!ときど城にウメハラ参戦 → 101戦連続ガチ野試合「ジハード」へ

2010年9月16日。突発的にユーザー生放送裏・顔TV! 風雲ときど」の配信が開始された。
標、PP7,000!」を掲げ、ときどランクマッチにてプレイヤーの対戦を受けていたのだが……。

深夜1時20分をえたあたりだろうか。
対戦相手の乱入を待っていたところ、画面に見慣れたあの名前が飛び込んできたのだ。

gameinn」 <ピコーン

そう。ウメハラが突如としてランクマッチに参加してきたのである。
ウメハラと言えば、最近はふり〜だ生放送配信に突如乱入し、それまで稼いだBPを根こそぎ持っていくほどの「連コ連コイン→連続して乱入を続けること)」ぶりで知られ、一度ランキングマッチに参加すれば、相手が止めるまで連コし続ける…と言われるほど。長期戦は必至である。
突然の「カリスマ登場」に色めき立つコメント勢をに、ときどウメハラの挑戦を受けてたった。


気が付いてみれば、対戦が終了したのは午前7時8分ごろ。実に1015時間50分近くに渡ってときどウメハラは拳を交わしたのであった。対戦成績はネタバレを避けるため、下の動画をごらんいただきたい。

ときどは対戦途中の予約配信からマイクをつけての実況配信に移行。
まじ許さん」「4:6までいければOK」「理論的には有利! でも人差がなあ…」などの迷言を挟みつつ、実況しながら果敢にウメハラに対峙して行くときど摯な姿が印的であった。
対戦終了後は余った配信時間を使ってきっちりとトレモで対策練習を続けるときど。もうの7時なのに。さすがは「殿」である。

実際の対戦の模様は、ぜひ以下の生放送タイムシフト配信、及び動画を見ていただきたい。

SoCal Regionalsにおけるときど伝説

これらは、2010年11月5日から7日(現地時間)にかけてロサンゼルスで開催された格ゲー大会「Southern Califonia REGIONALS」での出来事である。
この大会は、格ゲー界に古くから名を馳せながらもの場に出ることの少なかった関西の五sakoが、同じ五ウメハラときどとの邂逅海外で果たすということで注を集めていた。
ときどはこの大会でスパ43rdスト2HDブレイブルーCS鉄拳6の5種に出場。
こんなにたくさん出場してるプレイヤーが他にいるのかは
出発前、ときどは直前に行われたGODSGARDEN Online#2で予選落ちを喫したことから、「東西のとそのオマケ」「芸人」など散々な言われようだった...

スパ4決勝トーナメント、ときどは全No.1のいぶきと対戦中おもむろに上着を脱いで肩にかける。
この寒いのか暑いのかわからない行動にもが疑問符を浮かべた。


対戦はコンボミスや確反ミス立つも、終始ときどが圧倒し、実差を見せつける。
そしてトドメにセビ2からの極殺を決めるやいなや立ち上がり、なんと上着を脱ぎ捨て、プロジェクタースクリーンの前で仁王立ち。背中を見せる豪鬼のポージングと重なるように自身の影をスクリーンに映し、ときど背中にはく染まった「」の文字が。
これによって、上着の肩がけも、中にGODSTシャツを着ていたのも、全てが伏線であることが判明。

この知性と手さを兼ね備えた圧倒的パフォーマンスに会場は大いに湧きあがり、実況奮しながら

"Why are you so godlike?" (訳: ときど懸かりすぎワロタwwww)

と大連呼。誰だよこいつをアイスエイジって言ったは!!

その後、EVO準優勝のリッキーを下すと、この日何度かのジャスティンとの対戦。
今大会のジャスティンsakoを相手に徹底したキャミィ対策を見せるなど璧な仕上がりで、苦手なヴァンギエフを破った試合では解説者が涙を浮かべるほどであった。
しかしそこはらがときど
そんなジャスティンを相手にときど式を決めまくって、何度も何度もピヨらせる。
そして余裕のPA(アピール・挑発コマンド)まで叩きこむ。
最終的に3PAを決め、文句のつけようのない完全勝利

続くセミファイナルではウメハラと対戦し、互の対戦を繰り広げるも敗退。

最後までときどらしい負け方だったが、終わってみれば二冠に加えスパⅣ三位と大健闘。
今大会は見所が多く、極めて評価の高い大会であり、ときどは間違いなく立役者の一人として歴史に名を刻むことになった。


ときどは帰後の11月12日総師範KSKが配信する「顔TV!」にレギュラーとして登場し、今大会について以下のようにった。

配信において、ときどSoCal話は2時間に渡り続いた。ここでもときどの「殿」っぷりは健在だったのである。
詳細は以下の動画を参照のこと。

なお、大会後のpixiv以下のようなイラストが投稿されている(要ログイン)。ときどウメハラsakoはもちろん、その時の実況・解説者や総師範KSKまで登場している。

この大会での活躍が功を奏したのかどうかはさておき、ときど12月に行われた「Shadowloo ShowDown」(オーストラリア)に3人ゲストとして招待(しかも「Tokido The Murder Face」として!)されただけでなく、上記のようにスポンサー契約までも勝ち取ってしまった。
The Traveling Circusから発売されたときどTシャツには、しっかり背面に「ズレた『』の文字、通称ズレ」がプリントされているという……。

TOPANGAチャリティー開催

2011年3月アメリカの大会に参加していた際に、東日本大震災が発生。以後日本への帰が滞ってしまっていた。

以前よりマゴが対戦会を計画していたが、東日本大震災の影で急遽延期を余儀なくされていた。
その後被災された方々や格闘ゲームファンのために日本の復を掲げ、TOPANGAという格ゲー団体の設立、および同団体催のチャリティーイベントを開催した。
大会はチャリティーのためにお祭り要素を含んでの5on5形式での開催となり、この大会にはときどを含めた「マゴにゃん師、ボンちゃんウメハラ」というスターチームでの参戦を宣言。

肝心の大会ではボンちゃんにゃん師、ときどの3人がそれぞれ各試合の先鋒で出撃し、その3人とも5タテで試合を終わらせ、駒を進めるという圧倒的な戦をもって準決勝まで勝ち進んでいった。

しかしそのチームですら準決勝では苦戦を余儀なくされ、中堅としてプレイをしていたときどは対戦チームの副将であるキャベツ戦において、勝ち確定の状況から生ウルコンを発動。しかし、ウルコン発生前のわずか1秒程度の隙にピヨり状態を回復したキャベツヴァイパーから反撃を食らい、逆にウルコンを決められ敗北するという逆伝説を作り出してしまった。

その後はボンちゃんの活躍でチームは決勝に進み、最後は劣勢の状況の中、同じプロゲーマーであるウメハラ大将としての役をきっちりと果たし、大会催であるチームTOPANGAが優勝する形で大会は幕を閉じた。

大会エピソード

  • 当初、自信たっぷりに「ウメハラ大将)に試合はまわさない、彼の出番はい」とマゴっていた。
  • 試合後はウメハラの戦いっぷりに「魅入ってしまった」、「プロとして大きな隔たりがある」と冗談交じりに話した。

マーダーリスニング

South East Asia Major 2013で彼が見せた技。マーダフェイス英語リスニングが合わさり最強に見える。

わかりやすい説明なので、下記動画の説明文から引用させていただく。

日本人英語がわからないだろうと高を括り、堂々と英語アドバイスをする対戦相手のセコンド。しかし彼らが見せたその一の隙を、ときどさんが見逃すはずもなく・・・。

関連動画 

コミュニティ

Tシャツ

現在確認されているときどオリジナルグッズとして、TTC公式の”Tokido / Murder Face Tシャツ”と、2011年4月ニコニコ直販に投入した”ときどマーダフェイスTシャツ(4サイズ)」”の二つがある。なお、TTCが販売しているTシャツときど本人が普段から持ち歩いて販売をしていたらしい。

2011年5月27日()にニコニコ生放送内ので放送された、『高橋名人椿姫彩菜ゲームトークショウゲッチャ!」』においてスパ4プロゲーマーとして出演を果たし、椿姫彩菜と対戦を行った。この番組の最後においてときどマーダフェイスTシャツ現在売)の宣伝を行った。

2012年6月時点でニコニコ市場から購入可ときどTシャツTeam Mad Catz Tシャツサイズ米国サイズ

著作

PHP新書から2014年7月16日発売

関連記事

4Gamer.net ― “GODSGARDEN×4Gamer”座談会企画 第2弾。トッププレイヤー4名が語る「スパIV AE」,そして格闘ゲームシーンの未来

4Gamer.net ― 「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」攻略連載が始動。第1回はEVO2011でアメリカに挑んだ“ときど&ふりーだ”が語る「MvC3」の海外事情

蒼い世界の中心で : クリムゾン× プロゲーマー ときど

格ゲーファン注目のマッドキャッツブースをリポート! ウメハラ、ときど、マゴインタビューも【TGS2012】 - ファミ通.com

ときど式PS Vita版『ストクロ』講座! -  ファミ通.com

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%A9
ページ番号: 4141893 リビジョン番号: 2511519
読み:トキド
初版作成日: 09/08/16 16:56 ◆ 最終更新日: 17/07/31 15:26
編集内容についての説明/コメント: 数字や戦績のこまかいところを微修正。とりあえずこれで
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ときど

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ときどについて語るスレ

319 : ななしのよっしん :2017/07/18(火) 04:41:15 ID: r64IvcaPCo
試し読みみたいなので本の内容をちょっと見れたけど、この人研究者肌で一つのことにのめり込むっていうか、それ故の(生き方が)不器用なところがある人だったんだね。
ウメハラ等他のプレイヤーもそうだけど何の因果かプロゲーマーになって未開のを進んでいくのが凄く凄いと思いました。
320 : ななしのよっしん :2017/07/18(火) 05:12:21 ID: 5frFKhx598
配信みながら大で叫んでたよ、Punkがおかしすぎて試合前絶望しかけてたのに、ときどさん今回格好よすぎるよ
321 : ななしのよっしん :2017/07/18(火) 08:52:27 ID: ot0yusiIH1
さらに熱いのが、punkときどの戦友、ボンちゃんに憧れてもいるんだよな
ボンちゃんは今回伝説を残せそうだったのに
https://mobile.twitter.com/SRKRanking/status/887038946424893442
322 : ななしのよっしん :2017/07/18(火) 16:34:46 ID: rXTN+6oDKm
優勝おめでとうございます!!
323 : ななしのよっしん :2017/07/18(火) 21:09:21 ID: iZFMATcV1g
本当に感動したわ
ときどおめでとう!!
324 : ななしのよっしん :2017/07/18(火) 21:58:01 ID: RtSLRMxxIq
EVO2017Punk戦のときど覚醒しすぎてたな。

ホントにアイスエイジと呼ばれた男があの試合をやったのか?
325 : sage :2017/07/18(火) 22:18:12 ID: A+/EZErNZK
punk異次元過ぎてもう優勝決まったみたいな空気になってたからな
それだけに熱かった
326 : ななしのよっしん :2017/07/19(水) 02:40:10 ID: ZxE1e6xI+M
ときどさん素らしかったけど動画勢が間違った知識ひけらかして、悦に入ってるのが気持ち悪かった
せめて格ゲー興味をもって欲しいな
327 : ななしのよっしん :2017/07/21(金) 02:42:47 ID: mrtqUaivgk
か本記事に、EVO優勝書き加えてくれ。これは書き加える価値のある事実なはずだ。
328 : ななしのよっしん :2017/07/22(土) 14:05:52 ID: +xdH6k/v+y
ときど未来見るからな
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829