単語記事: ときど

編集

ときど近影(イケメン風味・掲示板からの投稿による)

ときどとは、格闘ゲームプレイヤーであり、日本で3人目の格闘プロゲーマーである。

概要

東大生ゲーマーとして知られ(2011年3月をもって東京大学大学院を卒業)、TV・雑誌に出演したり、プロ活動の一環として大会の開催、動画配信も行っている。
過去、KSKが経営していたGamer's VISIONの店員として、マゴやこくじんと共に勤務していた。また、強豪3rdプレイヤーのMOVは麻布高校時代の同級生で、ヌキと初めて出会ったときもMOVと一緒にゲーセンで遊んでいた。(ヌキ曰く「めちゃくちゃ礼儀正しかったのがときど、後ろでピースサインしてたのがMOV」。)

KOFプレイヤーで、名前の由来は八神庵の「と」んで(前ジャンプ)「キ」ック(J大K)からの「ど」うしたぁ!(闇払いのボイス)から。ストリートファイターシリーズはもちろんのこと、GGXX、鉄拳6、ブレイブルー、カプエス2など、2Dや3Dに関わらず、格闘ゲームであれば広範囲にプレイするマルチプレイヤーでもある。

近年はストリートファイター4シリーズを中心に活動中。

2010年11月、アメリカ・サンディエゴのアパレルメーカー「The Traveling Circus」と1年間のスポンサード契約を締結。これにより、ときどはついにプロゲーマーの道を歩むことになった。
さらに2011年6月には、アメリカの周辺機器メーカー「MadCatz」とスポンサード契約を締結。
ウメハラ、マゴと同じ「チームMadCatz」の一員として活動することになった。
現在海外では「MCZ TOKIDO」として活動を行っている。

またエンターブレインの雑誌「アルカディア」でのインタビューや、自身の配信などで明確に「プロ志向」を宣言、「あくまで日本をベースに」 と前置きした上で、可能な限りプロゲーマーとして活動していくことを明らかにした。
その前向きな姿勢や大会結果から、2011年に入ってからはすでに海外の大型ゲーム大会から立て続けに招待を受けており(Beat By Contest、Final Round XIV、CEO2011、Stunfest XI、Shadowloo Showdown2011 等)、BBCで個人戦優勝、FRXIVで三冠、Stunfest XIでは前人未到の4冠を達成。
特にTOPANGAでは動画配信を定期的に行い、配信戦国時代を宣言するなどさらに活躍の場を広げている。

豪鬼

  • ストリートファイター4シリーズでは豪鬼をメインに使用している。
  • 特にめくり空中竜巻を駆使して裏表2択の起き攻めをループさせる「ときど式」と呼ばれるセットプレイを発展、開発した。(したらば参照)
  • 一時期家庭用スパIVのPP(プレイヤーポイント)が7,000を突破し、さらにそこから暫くの間7,000台を維持し続けるなど、オンライン対戦においても非常に高い戦績を維持している。
  • 2010年10月12日には家庭版・豪鬼におけるBP(バトルポイント)が30,000を突破、アジア圏プレイヤーとしては初めてグランドマスターを獲得という快挙を成し遂げる。

人となり

  • 徹底的に勝つためのプレイスタイルが特徴。
    その「あまりにも勝利に徹した勝負スタイル」から、ついた異名が「アイス・エイジ」である。2010年5月15日に行われたニコニコ生放送では、著名なルーファス使いであるデヴ相手に負けた後、対ルーファスでは有利なキャミィを「キャミィ使います」宣言をした上で使用し勝利するというアイス・エイジっぷりを見せ付けた。1勝目を上げた際に「これがアイス・エイジの真髄ですから」と豪語して爆笑を誘った。
  • 端正なルックス(端正すぎて「えなりwwwww」なんてコメントが飛ぶこともあるが)とトークスキルの高さ、そして社交的な佇まいから、テレビなどの映像メディアへの出演も多い。
    例えば、2008年~2009年にMONDO21で放送された「ゲーマーズ甲子園」に出演。このときにはすでに特に空気を読むことをせず勝つ「アイス・エイジ」スタイルと、空気を読みながらムードメイキングを実践する、今で言うところの「殿スタイル」の双方を発揮していた。
    また2010年には、日本テレビのバラエティ番組「中井正広のブラックバラエティ」にストIIの達人として出演し、一流のプレイを披露した。またぷよぷよの達人として共演したくまちょむ氏とストIIで対戦し破れる、という芸当も見せている。
  • 常人を逸するほどの徹底したやりこみと、卓越した格ゲースキルをフルに生かした独自のセットプレイ開発を得意とする。しばしば彼が開発したセットプレイは「ときど式」「ときどハメ」などと呼ばれる。また理論に基づいた戦術・戦略を組み上げ、それを的確に伝える知性も特筆すべき点。実際、「顔TV」では二代目メンストリュウ、かみちゃん、総師範KSKへ的確な指導を行う様子を見ることができる。
  • 彼の圧倒的な強さ、アイスエイジスタイル、そして特筆すべき豊富なエピソードの数々から、ウメスレでは高いPPを維持する様が「ときど城建立」と表現され、ときど自身も「殿」と呼ばれ、さらに「顔TV」でときど単独のランクマ配信が行われる際には「風雲!ときど城」なんてタイトルがつけられてしまう始末である。
  • お分かりいただけたであろうか?
    そう、ときどの一番の魅力は、ここ一番でのネタ提供力の高さにある。「東京大学大学院に在学」という秀才肌や、徹底した練習量の多さに見られる実直、真面目な姿勢とは裏腹に、自らのキャラクターを理解していなければ到底放てない名言・迷言の数々や、人間くさくて愛嬌のあるトーク、そして周囲やチャット勢・コメント勢から散々ネタにされるほどの豊富なエピソードの数々。
    これらが合わさってこそ、「殿」としてのときどの魅力・キャラクターは完成するのだ。
  • なにより、彼は日本を代表するプロゲーマーの一人である。今後の活躍にますます期待したい。

主な大会戦績

闘劇

  • 闘劇03 カプエス2 優勝(Aさくら/ベガ/ブランカ)
  • 闘劇04 カプエス2 ベスト4(Nバルログ/サガット/ブランカ) Final(井上/ヌキ/ときど)
  • 闘劇05 Capcom Fighting Jam 優勝(ジェダ/ユリアン) 覇者(マゴ/ときど)
  • 闘劇06 サムライスピリッツ天下一剣客伝 ベスト4(真鏡名ミナ) 黒船(ときど/Reoth)
  • 闘劇09 ストリートファイターIII 3rd 準優勝(春麗/ヤン/ユン) ケンジにかけろ!(ときど/KO/おちび)
  • 闘劇10 ストリートファイターIV ベスト4(豪鬼/サガット/春麗) HEROES(ときど/マゴ/ネモ)
  • 闘劇10 ストリートファイターIII 3rd ベスト4(ヤン/ユン/春麗) KOファミリー(ケンゾー/おちび/ときど)

EVO

  • evo2002 カプエス2 優勝
  • evo2005 スーパーストリートファイターIIX 3位
  • evo2006 ハイパーストリートファイターII 3位
  • evo2007 スーパーストリートファイターIIX 優勝
  • evo2007 ストリートファイターIII 3rd 準優勝
  • evo2011 ブレイブルーコンティニュアムシフト2 3位
  • evo2011 スーパーストリートファイターIIX 3位
  • evo2012 ストリートファイター×鉄拳 2on2 3位
  • evo2013 スーパーストリートファイターⅣ AE2012 準優勝

クーペレーションカップ

  • ストリートファイターⅢ 3rd 第一回クーペレーションカップ 優勝(ユリアン) じゅうぜろ(ヌキ/JOE/ときど/シャオ/マッチ)
  • ストリートファイターⅢ 3rd 第六回クーペレーションカップ 準優勝(春麗)
  • ストリートファイターⅢ 3rd 第二回統一王座決定戦 二代目統一王(春麗)
  • ストリートファイターⅢ 3rd 刃万博 優勝(春麗) 総師範半ズボン祭り(KSK/キーパー/ときど)

その他

  • Gamer's VISION ストリートファイターⅢ 3rd 第五期ランキングバトル 総合優勝
  • Gamer's VISION ストリートファイターⅢ 3rd 第六期ランキングバトル 総合優勝
  • Gamer's VISION ストリートファイターⅢ 3rd 第七期ランキングバトル 総合優勝
  • Gamer's VISION ストリートファイターⅢ 3rd 第八期ランキングバトル 総合優勝
  • 第2回タイトー12店舗合同大会 ブレイブルー 優勝(アラクネ)
  • GODSGARDEN #2 ストリートファイターⅣ 優勝
  • stunfest(フランス大会)スーパストリートファイターIV 2on 準優勝 シングル3位
  • 綾野杯5on5(関東) ストリートファイターIV 準優勝 バリアントナイフ(マゴ/ときど/ボンちゃん/ももち/デヴ)
  • 名古屋ストリートバトル #11 ストリートファイターIV 優勝「OH MY GODS」(ときど/マゴ/ファビ夫)
  • 名古屋ストリートバトル #15 スーパーストリートファイターIV 準優勝「GODSGARDEN」(マゴ/ときど/ウメハラ)
  • 名古屋ストリートバトル #30 スパIVAE 優勝「Team MadCatz」(ウメハラ/マゴ/ときど)
  • 第1回TOPANGAチャリティーカップ 優勝 「TOPANGA」(ウメハラ/ときど/マゴ/にゃん師/ボンちゃん)
  • 第4回TOPANGAチャリティーカップ 優勝 「勝ちたがり」(sako/ときど/ふ~ど/ボンちゃん/かずのこ)
  • ストリートファイター25周年記念 公式全国大会 格闘秋祭り ストクロ部門 優勝
  • スーパーストリートファイターIV AE 最強頂上決定戦 優勝

海外大会

  • Socal Regionals 2010 スーパーストリートファイターIV 3位(豪鬼/フェイロン/勝ちPA
  • Socal Regionals 2010 ストリートファイターIII 3rd 優勝(春麗)
  • Socal Regionals 2010 ブレイブルーコンティニュアムシフト 優勝(バング)
  • Shadowloo ShowDown 2010 (オーストラリア) スパIV 個人戦 準優勝(豪鬼)
  • Beat By Contest (スイス・2011年) スパIV 団体戦 準優勝(マゴ/ときど)
  • Beat By Contest (スイス・2011年) スパIV 個人戦 優勝(豪鬼)
  • Final Round XIV (アメリカ) スパIV 個人戦 準優勝 …EVO2011シーズンポイント「32ポイント」獲得
  • Final Round XIV (アメリカ) スパIV 団体戦 優勝
  • Final Round XIV (アメリカ) マブカプ3 団体戦 優勝
  • Final Round XIV (アメリカ) スパIIX(スパII Turbo) 優勝
  • Final Round XIV (アメリカ) スパII HD Remix 3位
  • Final Round XIV (アメリカ) ブレイブルーコンティニュアムシフト 4位
  • Stunfest XI (フランス・2011春) ブレイブルーコンティニュアムシフト 個人戦 優勝(ライチ)
  • Stunfest XI (フランス・2011春) マーブルVS.カプコン3 個人戦 優勝(フェニックス/センチネル/ウルヴァリン)
  • Stunfest XI (フランス・2011春) スパIV 団体戦 優勝 Elive 1(ときど/Alioune/RF)(豪鬼/キャミィ/サガット)
  • Stunfest XI (フランス・2011春) スパIV 個人戦 優勝(豪鬼)
  • CEO 2011 (アメリカ) スパIVAE 個人戦 優勝(豪鬼) …EVO2011シーズンポイント「64ポイント」獲得
  • CEO 2011 (アメリカ) マブカプ3 個人戦 優勝
  • CEO 2011 (アメリカ) ブレイブルーコンティニュアムシフト2 個人戦 優勝
  • CEO 2011 (アメリカ) 鉄拳6 個人戦 3位
  • Shadowloo Showdown 2011 (オーストラリア) マブカプ3 個人戦 優勝(ウルヴァリン/センティネル/フェニックス)
  • Shadowloo Showdown 2011 (オーストラリア) BBCS2 個人戦 優勝
  • Shadowloo Showdown 2011 (オーストラリア) 鉄拳6 個人戦 優勝
  • Shadowloo Showdown 2011 (オーストラリア) スパIVAE 団体戦 優勝 Three kings(マゴ/ときど/GamerBee)
  • Shadowloo Showdown 2011 (オーストラリア) スパIVAE 個人戦 4位(豪鬼)
  • Canada Cup 2011 (カナダ) スパ2XHDR 個人戦 3位
  • Canada Cup 2011 (カナダ) BBC2 個人戦 優勝
  • Canada Cup 2011 (カナダ) 鉄拳6 個人戦 優勝
  • Canada Cup 2011 (カナダ) ストリートファイターIII 3rd 個人戦 準優勝
  • Canada Cup 2011 (カナダ) マブカプ3 個人戦 3位
  • Canada Cup 2011 (カナダ) スパⅣAE 個人戦 4位
  • Canada Cup 2011 (カナダ) スパⅣAE 国別対抗戦 3位

※Final Rouind XIVにおける登録名は「Happy Set」。

エピソード

風雲!ときど城にウメハラ参戦 → 101戦連続ガチ野試合「ジハード」へ

2010年9月16日。突発的にユーザー生放送「裏・顔TV! 風雲ときど城」の配信が開始された。
「目標、PP7,000!」を掲げ、ときどはランクマッチにてプレイヤーの対戦を受けていたのだが……。

深夜1時20分を超えたあたりだろうか。
対戦相手の乱入を待っていたところ、画面に見慣れたあの名前が飛び込んできたのだ。

gameinn」 <ピコーン

そう。ウメハラが突如としてランクマッチに参加してきたのである。
ウメハラと言えば、最近はふり〜だの生放送配信に突如乱入し、それまで稼いだBPを根こそぎ持っていくほどの「連コ(連コイン→連続して乱入を続けること)」ぶりで知られ、一度ランキングマッチに参加すれば、相手が止めるまで連コし続ける…と言われるほど。長期戦は必至である。
突然の「カリスマ登場」に色めき立つコメント勢を尻目に、ときどはウメハラの挑戦を受けてたった。


気が付いてみれば、対戦が終了したのは午前7時8分ごろ。実に101戦5時間50分近くに渡ってときどとウメハラは拳を交わしたのであった。対戦成績はネタバレを避けるため、下の動画をごらんいただきたい。

ときどは対戦途中の枠予約配信からマイクをつけての実況配信に移行。
まじ許さん!」「4:6までいければOK」「理論的には俺有利! でも人差がなあ…」などの迷言を挟みつつ、実況しながら果敢にウメハラに対峙して行くときどの真摯な姿が印象的であった。
対戦終了後は余った配信時間を使ってきっちりとトレモで対策練習を続けるときど。もう朝の7時なのに。さすがは「殿」である。

実際の対戦の模様は、ぜひ以下の生放送タイムシフト配信、及び動画を見ていただきたい。

SoCal Regionalsにおけるときど伝説

これらは、2010年11月5日から7日(現地時間)にかけてロサンゼルスで開催された格ゲー大会「Southern Califonia REGIONALS」での出来事である。
この大会は、格ゲー界に古くから名を馳せながらも公の場に出ることの少なかった関西の五神sakoが、同じ五神のウメハラ・ときどとの邂逅を海外で果たすということで注目を集めていた。
ときどはこの大会でスパ4、3rd、スト2HD、ブレイブルーCS、鉄拳6の5種目に出場。
こんなにたくさん出場してるプレイヤーが他にいるのかは謎。
出発前、ときどは直前に行われたGODSGARDEN Online#2で予選落ちを喫したことから、「東西の神とそのオマケ」「芸人枠」など散々な言われようだった...

スパ4決勝トーナメント、ときどは全米No.1のいぶきと対戦中おもむろに上着を脱いで肩にかける。
この寒いのか暑いのかわからない行動に誰もが疑問符を浮かべた。


対戦はコンボミスや確反ミスが目立つも、終始ときどが圧倒し、実力差を見せつける。
そしてトドメにセビ2からの真・瞬極殺を決めるやいなや立ち上がり、なんと上着を脱ぎ捨て、プロジェクタースクリーンの前で仁王立ち。背中を見せる豪鬼のポージングと重なるように自身の影をスクリーンに映し、ときどの背中には赤く染まった「」の文字が。
これによって、上着の肩がけも、中にGODSTシャツを着ていたのも、全てが伏線であることが判明。

この知性と派手さを兼ね備えた圧倒的パフォーマンスに会場は大いに湧きあがり、実況は興奮しながら

"Why are you so godlike?" (訳: ときど神懸かりすぎワロタwwww)

と大連呼。誰だよこいつをアイスエイジって言った奴は!!

その後、EVO準優勝のリッキーを下すと、この日何度目かのジャスティンとの対戦。
今大会のジャスティンはsakoを相手に徹底したキャミィ対策を見せるなど完璧な仕上がりで、苦手なヴァンギエフを破った試合では解説者が涙を浮かべるほどであった。
しかしそこは我らがときど神。
そんなジャスティンを相手にときど式を決めまくって、何度も何度もピヨらせる。
そして余裕のPA(アピール・挑発コマンド)まで叩きこむ。
最終的に3PAを決め、文句のつけようのない完全勝利。

続くセミファイナルではウメハラと対戦し、互角の対戦を繰り広げるも敗退。

最後までときどらしい負け方だったが、終わってみれば二冠に加えスパⅣ三位と大健闘。
今大会は見所が多く、極めて評価の高い大会であり、ときどは間違いなく立役者の一人として歴史に名を刻むことになった。


ときどは帰国後の11月12日夜、総師範KSKが配信する「顔TV!」にレギュラーとして登場し、今大会について以下のように語った。

  • 今回の遠征は大会側からの招待ではなく「自腹」だった
  • sakoの奥様がツイッターに投稿した「DAIGO THE BEASTと書かれたサインボード(スケッチブック)を掲げて応援するときどの写真」のサインボードは、ときどが出発前に横浜駅で購入したもの(仕込み)で、ロスアンジェルス到着時にウメハラと落ち合う際にも使用し、その際ウメハラに「そういうのはいいから」と突っ込まれた
  • CAL連合×ドリームチーム戦でときどがOCVを達成した際、sakoはときどに「頼もしい」と語った

配信において、ときどのSoCal話は2時間に渡り続いた。ここでもときどの「殿」っぷりは健在だったのである。
詳細は以下の動画を参照のこと。

なお、大会後のpixivに以下のようなイラストが投稿されている(要ログイン)。ときど、ウメハラ、sakoはもちろん、その時の実況・解説者や総師範KSKまで登場している。

この大会での活躍が功を奏したのかどうかはさておき、ときどは12月に行われた「Shadowloo ShowDown」(オーストラリア)に3人目のゲストとして招待(しかも「Tokido The Murder Face」として!)されただけでなく、上記のようにスポンサー契約までも勝ち取ってしまった。
The Traveling Circusから発売されたときどTシャツには、しっかり背面に「ズレた『天』の文字、通称ズレ天」がプリントされているという……。

TOPANGAチャリティー開催

2011年3月にアメリカの大会に参加していた際に、東日本大震災が発生。以後日本への帰国が滞ってしまっていた。

以前よりマゴが対戦会を計画していたが、東日本大震災の影響で急遽延期を余儀なくされていた。
その後被災された方々や格闘ゲームファンのために日本の復興を掲げ、TOPANGAという格ゲー団体の設立、および同団体主催のチャリティーイベントを開催した。
大会はチャリティーのためにお祭り要素を含んでの5on5形式での開催となり、この大会にはときどを含めた「マゴ、にゃん師、ボンちゃん、ウメハラ」というスターチームでの参戦を宣言。

肝心の大会ではボンちゃん、にゃん師、ときどの3人がそれぞれ各試合の先鋒で出撃し、その3人とも5タテで試合を終わらせ、駒を進めるという圧倒的な戦力をもって準決勝まで勝ち進んでいった。

しかしそのチームですら準決勝では苦戦を余儀なくされ、中堅としてプレイをしていたときどは対戦チームの副将であるキャベツ戦において、勝ち確定の状況から生ウルコンを発動。しかし、ウルコン発生前のわずか1秒程度の隙にピヨり状態を回復したキャベツ・ヴァイパーから反撃を食らい、逆にウルコンを決められ敗北するという逆伝説を作り出してしまった。

その後はボンちゃんの活躍でチームは決勝に進み、最後は劣勢の状況の中、同じプロゲーマーであるウメハラが大将としての役目をきっちりと果たし、大会主催であるチームTOPANGAが優勝する形で大会は幕を閉じた。

大会エピソード

  • 当初、自信たっぷりに「ウメハラ(大将)に試合はまわさない、彼の出番は無い」とマゴと語っていた。
  • 試合後はウメハラの戦いっぷりに「魅入ってしまった」、「プロとして大きな隔たりがある」と冗談交じりに話した。

マーダーリスニング

South East Asia Major 2013で彼が見せた技。マーダーフェイスと英語リスニング能力が合わさり最強に見える。

わかりやすい説明なので、下記動画の説明文から引用させていただく。

日本人は英語がわからないだろうと高を括り、堂々と英語でアドバイスをする対戦相手のセコンド。しかし彼らが見せたその一瞬の隙を、ときどさんが見逃すはずもなく・・・。

関連動画 

コミュニティ

Tシャツ

現在確認されているときどオリジナルグッズとして、TTC公式の”Tokido / Murder Face Tシャツ”と、2011年4月にニコニコ直販に投入した”ときど「マーダーフェイスTシャツ(4サイズ)」”の二つがある。なお、TTCが販売しているTシャツはときど本人が普段から持ち歩いて販売をしていたらしい。

2011年5月27日()にニコニコ生放送内の枠で放送された、『高橋名人と椿姫彩菜のゲームトークショウ「ゲッチャ!」』においてスパ4のプロゲーマーとして出演を果たし、椿姫彩菜と対戦を行った。この番組の最後においてときどマーダーフェイスTシャツ(現在は完売)の宣伝を行った。

2012年6月時点でニコニコ市場から購入可能なときどTシャツはTeam Mad Catz Tシャツ(サイズは米国サイズ)

著作

PHP新書から2014年7月16日発売

関連記事

4Gamer.net ― “GODSGARDEN×4Gamer”座談会企画 第2弾。トッププレイヤー4名が語る「スパIV AE」,そして格闘ゲームシーンの未来

4Gamer.net ― 「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」攻略連載が始動。第1回はEVO2011でアメリカに挑んだ“ときど&ふりーだ”が語る「MvC3」の海外事情

蒼い世界の中心で : クリムゾン× プロゲーマー ときど

格ゲーファン注目のマッドキャッツブースをリポート! ウメハラ、ときど、マゴインタビューも【TGS2012】 - ファミ通.com

ときど式PS Vita版『ストクロ』講座! -  ファミ通.com

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%A9
ページ番号: 4141893 リビジョン番号: 2120509
読み:トキド
初版作成日: 09/08/16 16:56 ◆ 最終更新日: 14/11/25 11:45
編集内容についての説明/コメント: 詳細追記。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ときど

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ときどについて語るスレ

287 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 15:10:21 ID: enJrkamueT
ときどVSウメハラ、ほんとハラハラした
288 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 19:09:07 ID: ePBlxnm8hR
ときどは心眼が光ってたなあ
BeasTV見たら、ウメハラはリュウ戦では心眼捨ててたけど、ときど戦を通じて練習すべき技術だと認めたようで。熱い戦いだった
289 : ななしのよっしん :2016/08/06(土) 13:09:46 ID: xlbhBqgL89
>>286
>まず、ときどってやつは態度が偉そうで気にくわない
>喋り方がムカつく
君個人の主観。批判する根拠にはなり得ない。

>プロゲーマーとかいう職業がそもそもありえない
世界に何人プロゲーマーいると思ってんだ。日本だって相当数いるぞ。

>劣化ウメハラ
スト5においてはときどの方が上だし、そもそもプレイスタイルが全然違う。
と言うかウメハラもプロゲーマーなんだけど、その点についてはどう思う?
290 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 01:47:01 ID: +OYE1TGWpo
>>289
世界がどうかは知らんが日本プロゲーマーなんてウメハラも含めて、サーカスの珍獣の見世物レベル。
家族や親戚がプロゲーマーなんて、フリーターより恥ずかしい。
ウメハラもときども、どんぐりの背比べだと思ってる、ウメハラはまだ見てられるけど、ときどは偉そうな態度で見てられない。
291 : ななしのよっしん :2016/10/03(月) 03:42:54 ID: c4+RFye60j
お前の生涯より恥ずかしい生き方してる奴なんて居ないから安心しろ
292 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 09:30:24 ID: Oikab8zz1S
>>290
東大行ってからコメントしな^^
293 : ななしのよっしん :2016/10/10(月) 13:09:52 ID: ieiZIw1TQL
SEAM2016 おめでとう
294 : ななしのよっしん :2016/11/21(月) 18:51:12 ID: GfJM3+88+i
>>290
彼の経歴の場合、外でプレゼンをする以上、内心はさておき自信ありげな態度をとっておいた方がいいと学部か院で教育されているはずです。許してあげてください
295 : ななしのよっしん :2017/01/03(火) 16:20:05 ID: enJrkamueT
>>294
お前、ときどをフォローしたいんだろ?
なにもときどが悪いわけじゃないのによくそんな下手な態度に出られるよなー 情けないわ

えらそうってのがそもそも失礼なんだよ
実績、立場相応の態度だから。
296 : ななしのよっしん :2017/02/13(月) 11:46:20 ID: b+UA7XFs/H
最近中学生に負けたらしいね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015