単語記事: とらドラ!

編集

とらドラ!ロゴ

とらドラ!』とは、竹宮ゆゆこライトノベル、およびそれを原作としたメディアミックス作品である。

キャッチコピーは「ラブコメ」。文庫本版のイラスト担当はヤス

概要

三人娘2006年2月本編に先駆ける形で外伝にあたる「幸福の手乗りタイガー伝説」(2巻に収録)が電撃hpに掲載された。その後2006年3月角川メディアワークス(現アスキーメディアワークス)から電撃文庫レーベルにて1巻が発売されてシリーズ開始。ちょうど3年後の2009年3月本編の10巻が発売になり、完結した。

そのほか、スピンオフが3巻まで発売されており、こちらも完結、だと思われる(著者は3巻のあとがきに新作を出す予定、と記述している)。また、電撃hp電撃文庫MAGAZINEなどに外伝が何編か掲載されている他、メディアミックス作品(変わり種では手乗りタイガーぬいぐるみ)の特典として、多数の短篇書き下ろしを行っている。

宝島社より発行されている「このライトノベルがすごい!2009」では、作品部門2位2007年6位、2008年4位)を受賞。キャラクター女性部門で逢坂大河が3位、男性部門で高須竜児2位を受賞するなどの評価をうけている。

アニメゲームコミックスドラマCDなど多メディア展開が為され、いずれも原作ファンを含んだ多くのファンの支持を得ている。後二者は2012年現在もなお展開中である。

ストーリー

高須竜児は、生まれつきのつきの悪さから、不良と勘違いされてしまうような人間だが、温厚でやさしい人間であった。
逢坂大河は、小柄で人形のような清楚美少女とみられているが、暴な性格で手乗りタイガーと揶揄されていた。
実はずぼらでドジな性格で、相当のおっちょこちょいでもある。
ある日、大河が間違えて児の鞄にラブレターを入れた事から、お互いの想い人を知ってしまう。
ここで、共同戦線を結ぶことになり、お互いのを応援をすることになるが...

主な登場人物

コミック

コミカライズ作画:絶叫)は、当初『刊電撃コミックガオ!』に連載されていたが、2008年4月号で休刊になってしまったため、『コミック電撃大王』に移動して連載継続中。単行本は2014年5月現在6巻までが発売中である。

なお、2巻特装版の付録とらドラ!スペシャルブック」には、原作の表を手がけるヤス4コマ漫画あらきかなおのショート漫画おかゆまさき田中ロミオショートストーリーなどが収録されている。

インターネットラジオ

アニメイトTVWEBページにて、『とらドラジオ!』というタイトル2008年9月4日より毎週木曜日更新で配信されていた。また、ゲスト登場回を中心とした放送音CD化されている。

パーソナリティ間島淳司高須竜児役)、喜多村英梨川嶋亜美役)

テレビアニメ

2008年10月よりテレビ東京系列6局およびAT-Xで放送、2009年2月よりKTS(鹿児島テレビ放送・ひようたん書店)にて放送。監督長井龍雪シリーズ構成岡田麿里キャラクターデザイン田中将賀J.C.STAFFによるアニメーション制作で全25完結

ニコニコでは、2011年11月26・27日にBlu-ray Box発売を記念し、ニコニコアニメスペシャルとして全話の一挙生放送が行われた。
また、公式チャンネルオープンし、第1話は無料、それ以降は有料で視聴可となった。

なお、2012年現在TVアニメ放送後も同じキャストスタッフによるドラマCD等での展開が続いている。

主題歌

ゲーム

関連動画

関連静画

関連商品

原作(ライトノベル)

ニコニコ静画(電子書籍)はこちらをクリック

コミック

ニコニコ静画(電子書籍)はこちらをクリック

テレビアニメ

楽曲

とらドラジオ!

その他

関連生放送

関連コミュニティ

関連チャンネル

関連項目

関連サイト


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%A8%E3%82%89%E3%83%89%E3%83%A9%21
ページ番号: 615547 リビジョン番号: 2087534
読み:トラドラ
初版作成日: 08/10/03 08:07 ◆ 最終更新日: 14/09/17 23:26
編集内容についての説明/コメント: 寒いギャグを削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


とらドラ!

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

とらドラ!について語るスレ

636 : ななしのよっしん :2016/05/06(金) 22:31:33 ID: yQ1L16Hcdv
>>634
今のままだと10年とかいくんじゃ・・
これでも富樫よりは仕事してるのかな
637 : ななしのよっしん :2016/07/11(月) 02:03:17 ID: Jq19SrefFm
なんていうか
散々悩んでる所を見ている間は、こいつずっとこうやって悩むのかなって思わせて
何か行動を起こした間に別人か?ってくらいの変化を感じさせるっていう、成長の緩急?がなんかリアルだなと思った

それゆえに展開によっては、え?急に飛躍しすぎじゃないか?って印を持たれたりする事もあるんだろうけどね
実際、何箇所か説明が欲しかったとこはあったけど他人の成長って基本的に唐突だからなぁ。で済む範囲だったな個人的に
638 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 18:58:33 ID: mfUuJVbIFu
うんこちゃんとらドラ好きらしいね
>>sm28265659
639 : ななしのよっしん :2016/09/14(水) 00:22:51 ID: v+DJvdtsKM
>>624
まさしくその通りだね。非現実現実に感じさせるってホント凄いことだと思うよ。(個人差は当然あり)

あとこの作品はこのキャラたちに少しでも共感を覚える人はドはまりすると思う。そうでない人にとっては基地外に見えるんだろうけど仕方ないな。いじめられっ子の気持ちをいじめっ子が永遠に理解できないのと同じさ。ああ大河かわいいよ大河。視聴者からも盛大に誤解を受けるなんてかわいそうな子。
640 : ななしのよっしん :2016/09/20(火) 13:32:40 ID: 8DIgmpN7ZX
639が果てしなくキモいことだけはわかる
641 : ななしのよっしん :2017/01/08(日) 06:27:11 ID: yhayzxhofJ
最近になってアニメ全部みたけど、全体で言えばよかった。ただ文化祭のあたりが微妙で、特に児が大河の父親の件で大河にしっかりと謝る描写がなくて納得いかなかった。
あんだけ大河に父親のこと炊きつけておいて謝罪しないの?っていう
みのりに対してはしっかり謝ってるのに。
642 : ななしのよっしん :2017/02/19(日) 12:12:49 ID: dW1FkwRyuq
とらドラ!映画化すれば行収入60億円行くだろうな
643 : ななしのよっしん :2017/04/05(水) 01:53:21 ID: 0uhLwD+Y+O
さっき1話から一気に見たけどアホなのかな...
涙腺崩壊で涙枯れた

続編マダー?
644 : ななしのよっしん :2017/04/07(金) 01:51:40 ID: q4XnfGDGHi
漫画はまだ文化祭やってたのか 面いけど
映画化?バカ
645 : sage :2017/05/21(日) 02:06:01 ID: K+lmMaFBLi
映画実写化なんぞしてとらドラを汚してほしくないが、普通アニメ映画にするのは尺が足りなすぎる事実
いや、もっと多くの人に知ってほしい作品ではあるんだけどね
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015