単語記事: はだしのゲン

編集  

ガハハハ、まもなくはだしのゲンの解説を始めます。プッ プッ プッ プー

はだしのゲンは、中沢啓治というおっさんが描いた半自伝漫画じゃ。

ヒヒヒいいじゃろ、読んでも読んでも無くならんニコ大百科の概要じゃぞ

アメ公の落としたピカドンで、人生を滅にされた少年少女物語なんじゃ。くやしいのう。

戦争政治天皇等デリケートな問題をあつこうとるけぇ、単行本を出して貰えんかったり連載誌から追出されたり……おどりゃええ加減にせい!! その後日教組に拾われたお陰で全の小中学校に単行本が置かれ、この作品は70年代以降に生まれた世代の多くが知る麦の様に強い漫画に成長したんじゃ。ガハハハ

実写映画アニメドラマにもなっとるんじゃぞ。

実は途中までじゃけど、あの週刊少年ジャンプに連載されとったんじゃぞ?すごいじゃろ?

ラわーんばかたれー、あんちゃんに名言を盗られたー

わしの様な男前が多く出る漫画じゃけえ、当然心に台詞も多いのう。

  • ああ クソばばあがクソぼに落ちたぞ
  • あのおっさん気が狂っとるぞ
  • こ、こいつはきちがいか……
  • オ、ナイスデザイン
  • ふむ、こいつら事じゃないな。どうみても本当に気が狂っている……
  • ウンコ屋でございまーす。ウンコはありませんか
  • わ、わしはこれからピカのを取去る実験を開始する
  • ガハハハ 成功したぞ成功したぞ ピカのがみんなきえたぞ わしは元気になったぞ
  • うわ~ん ねえちゃんのバカたれー あんちゃんにイモをとられた~~~
  • です
  • ギギギ
  • 元よ麦じゃ きびしいい芽をだし ふまれてふまれて強くまっすぐにのびて 実をつける麦になるんじゃ
  • 「オース」「メース」「サース」
  • さよならまたきて四
  • おどりゃクソ森

ち、ちがうこれはただの関連動画じゃ……

オ、ナイス関連商品

その後の構想

実は中沢おっさんは第二部として元が上した後の話も書こうとしとったんじゃけど、第一部完結後に持病の糖尿病が悪化してしもうたこともあってか、簡単なあらすじ程度しか作れなかったそうなんじゃ。さらに、2013年おっさんが亡くなってしもうて第二部は永遠にお蔵入りになってしまったんじゃ。残念じゃのう。

ヒヒヒ、関連項目をみたらビックリするわい


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%AF%E3%81%A0%E3%81%97%E3%81%AE%E3%82%B2%E3%83%B3
ページ番号: 4167330 リビジョン番号: 2543967
読み:ハダシノゲン
初版作成日: 09/09/25 01:53 ◆ 最終更新日: 17/12/01 09:02
編集内容についての説明/コメント: 全角数字を半角数字に。関連項目に説明を付け加えました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

はだしのゲンについて語るスレ

655 : ななしのよっしん :2017/11/08(水) 02:25:25 ID: jWT/cf6JEc
鮫島伝次郎みたいなやつは現代でもたくさんいるな
656 : ななしのよっしん :2017/11/21(火) 15:13:53 ID: /J42urYPeH
>>653
だからこそ他人をすぐに恨んだりしないで欲しいと思うけどね。それは自分が酷いにあったから他人を傷つけてもいいという発想だよ。
657 : ななしのよっしん :2017/11/29(水) 04:25:11 ID: unrx3BWE5+
>>653
でも戦争中散々嫌な思い(というか死ぬ思い)したはずの大多数の人たちは終戦の途端テノヒラクルーアメリカ様万歳、だもんなあ(上に出てる鮫島なんかまさにそうだが)
時子供だった、のちに作家になったような人には違和感を覚えて後の創作活動に影が及んだ人も少なくないそうだが、もっともではある


閑話休題
平和祈念展示資料館で表画展やってるみたいだけどここじゃ話題になってないのね
雑誌掲載時の作者コメントが読めたり、インタビュー動画を視聴できたりするそうだ
会期も残りわずかだが、興味のある人や近場の人はぜひ。
658 : ななしのよっしん :2017/12/27(水) 11:03:55 ID: +H+GdenKyU
>>656
まさにゲンに出てきそうな偽善者セリフワロタ
659 : ななしのよっしん :2017/12/28(木) 21:19:57 ID: XyibvsUufJ
マイト造とかいうジャンプバトル漫画にありがちな異名持ちキャラの走り
660 : ななしのよっしん :2018/01/08(月) 22:34:22 ID: NBw7OQkUMN
大吉の反戦の意志は尊いが、最近はあの時点で町内で喚いてもただの非国民にしかならないとわかった(下手したら敵国に利する自覚しの工作員)とはいえ一般市民に出来る反戦活動なんてあれくらいしか出来ないだろうしな。
661 : ななしのよっしん :2018/02/02(金) 13:39:49 ID: tM1487sZUs
漫画自体にはなんの文句もないけどこの漫画を拒絶するのを許さないみたいな潮はやめてほしい
あちこちで読むことを勧められて、ショッキングな描写が多いから読みたくないというとすぐ「これは読まなきゃいけない漫画だ」とか「お前が読んでるどんな漫画よりも価値がある」とか「関心なのが許せない」とかボロクソ言われる

反戦思想々の文句ではなく、読む読まない好む好まないの自由くらいは与えてくれよ
662 : ななしのよっしん :2018/02/16(金) 20:38:26 ID: sPyWFbvu1d
戦争原爆への憎しみは右だの左だのではれない当事者ならではのガチっぷりだし
特に3巻までの地獄巡りは漫画としても体験談としても必見じゃのう
ただ7巻以降のゲンの立ち位置は全に掲載誌に引っられてると言わざるを得ないんじゃ
663 : ななしのよっしん :2018/03/26(月) 09:25:32 ID: hTVNTNutLD
>>662
第1部後期の要掲載誌である、文化評論誌や教育評論誌へのゲンの思想性を規定したかは、中沢先生が率直にり得るお人柄ながらその前に第2部を残してご逝去なさったので、軽々にり得ないとして…

戦争及びその被害徴たる原爆への憎悪は、作中でもられている様に「侵略戦争導者(天皇)や原爆の開発者及び使用者(アメリカ)への批判」と表裏一体を成している。
中岡一家は寧ろ被害者となったが「庶民の戦争責任(特に、戦争に加担するのみならず侵略でさえあったという具体的な思想面)の自覚」と不可分で、生存競争に追われる中でも折々に痛感させられざるを得ない。
『この世界に片隅に』では、そういった要素が綺麗さっぱり抜け落ちていたが、本作ではふんだんに盛り込まれている。
為に、「そういった要素がないのが良い」等というの賞賛を被る事がない反面、左との親和性が高く「左巻き」的誹謗中傷にもされる運命にある様だ。
664 : ななしのよっしん :2018/03/26(月) 15:26:21 ID: hTVNTNutLD
>>663
「(前略)文化評論誌や教育評論誌への(忖度で)ゲンの思想性を規定したかは(後略)」だった。
義憤を抱えて生きるだけではいられないゲンの思想性が、第2部で被爆者差別の払拭延いては救済運動へと進展して行くだった様だ。
その傍ら、戦争延いては侵略自体と向き合う態度と、どの様な形で連携していっただろうか…
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829