単語記事: はちみつくまさん

編集

はちみつくまさんとは、

  1. Kanon川澄舞が言ったセリフ
    (正しくは主人公が「はい」なら「はちみつクマさん」、「いいえ」なら「ぽんぽこタヌキさん」と言っての返答)
  2. 同人サークルはちみつくまさん」のこと

である。ここでは2.を説明する。

概要

はちみつくまさんとは、RPG制作しているゲーム系の同人ソフトサークル
はちくま』と略されて呼ばれることもある。

制作物一覧

内容

はちみつくまさんの代表的な作品としては、KanonRPGAirRPGRomancingKanonToKと言ったKey系をメインに据えた作品と、
最近の作品として、東方冥異伝東方サッカー東方防衛軍等東方メインに据えた作品がある。
ごく一部ではあるがはちくまオリキャラメンバー中心の作品もある。
最新作のはぢきせがまさにそれで、この作品にははちくまオリキャラ勢以外の版権キャラは出てこない。

なおゲームだけでなくサントラ等も手がけている。
現在ではToKも含め、過去作は入手困難となっているが、メロンブックスDL販売も行われている、えあG、ロマカノTOK東方サッカーの4作品はこれらのDL販売で購入するのが確実である。
おKanonRPGのみフリーゲーム扱いではちみつくまさん公式サイト(最下部リンク参照)からDL出来る。

元々このサークルHP川澄舞ファンサイトであった。サークル名も彼女の名言から来ている。その名残でKanonRPGでは舞が異様な程強かった。中枢メンバーが舞萌えだったからである。
(ちなみにこの時代のはちくまアドレスにはmaimoeという単が含まれていた)

サークル紅魔郷好きなのもあって、ToK東方冥異伝などでの東方キャラクターの扱いは、基本的に紅魔館メンバー優遇(サイトでも認)、その中でも特に美鈴パチェ咲夜は扱いがいい。
例として、咲夜は両作品でボス級の待遇を受けているし(特に冥異伝では破格の扱い)、
パチェToKでは東方キャラ一の味方参入キャラ、そして実は冥異伝でのキーパーソンである。
美鈴Tokでもちゃんと本名で出番があった。(冥異伝でも主人公組に参入、イベントでの活躍も較的多い。
ただし、デフォルト名が「中国」になっている)これも、首謀者が紅魔郷きなことに由来している。特にパチェ咲夜はちくま作品内でも東方キャラで一番の扱い方をされているので今後も登場する可性が高い。

ちなみに、二次東方を作品に扱うサークルとしてはかなりい段階で手を付けている(2002年から)、元々神主とは正月サークル集まりやコミケ時の手伝いなどで交流があったようである。

このサークルゲーム作品の特徴として

  1. 斉藤」「久瀬」等、原作では顔すらなかった脇役が重要な役割を担っている。
    ちなみに前者は原作との会話で一度だけ話題に出るだけ、後者は一応生徒会長
    KanonRPGからの伝統で、最初のボスは必ず「斉藤」である。東方サッカーでもちゃんと最初のGK斉藤
    久瀬」は必ず大ボスまたはそれに準じた役回りになる。この2名は名実ともにはちくま作品を徴する者である。
    また作品こそ違うが「高槻」という原作Moon.でのキャラもほぼ毎作登場し、脇役勢を盛りたてている。
    その他、原作では顔さえ出ない人物たちが登場している。別の段落にてその一例を紹介する。
  2. ゲームバランス押しでは勝てない、基本的にゆとり非推奨をかかげている。
    はちくまゲーでは基本的にレベル々より対策(属性耐性等)が重要である、事実えあGは対策を取ればLvが初期でも倒せるバランスとなっている。
    冥異伝ではLVを上げればSBを除いてある程度どうにかなる場面も多い。
    最新作のはぢきせではPTメンバーと耐性が非常に重要な要素となっている。
  3. BGMに関しては定評があり、アレンジorオリジナル曲のどちらも高評価を受けている。特に1作KanonRPGから参加している○弘氏作「OUT」シリーズはちくまRPGを代表する名曲であり、毎RPGごとに必ずアレンジされてボス戦で流れる。はちくまキャラである「斉藤テーマ」 「久瀬テーマ」も必ずアレンジ使用され、久瀬戦のバトルBGMはどのRPGで好評である。
    その他には、「修羅の国」「規則用」「悲想」「人外の宴」「Fate to be」など、人気のあるオリジナル曲も多い。
    現在BGM担当スタッフは、○弘氏とサークルひえろぐらふの一人と1サークルであり、他は作品ごとに変更や続行など各作品ごとに異なる。
  4. シナリオBGMパロディネタが大量に含まれている。
    ロマカノToK聖闘士星矢ネタが大量に含まれているし、東方サッカーキャプテン翼オマージュ東方冥異伝本編シナリオが「バキパロディが多分に含まれる。また全作を通して北斗サガジョジョネタも多い。
  5. 原作崩壊度が異様に高い。
    それもそのはず、退魔士や魔神戦などのオリジナル世界観と設定では崩壊しない方がおかしい。
    それ故原作再現二次創作等を期待してはいけない。
    が、パロネタの1シーンはちゃんと再現してくれるのでそこは安心しよう、参ったぁああ!

    某五階級魔神「パロが嫌なホイホイ二次創作同人ゲームをやるんじゃねぇええ!!」
  6. かのGからの首謀者である某氏の魔神関係の設定がある、その関係で魔神RPG全作品に必ず登場する。
    基本的にRPG作品での元であり強敵、霊結界(退魔障)を持ち退魔属性のついた攻撃でなければダメ-ジが通りにくいなどの特徴を持つ。
    階級別に強さも異なり、どの作品でも終盤の強敵として立ちはだかることが多い。
    はちくまRPG作品の軸として、魔神との対決は作品共通であり最大の的でもある。
  7. 初期版など発売当初はバグが多い、ただし最近はプログラムスタッフオリジナルプログラムで開発しているようで、以前とべて大幅にバグを減らせているらしい、現に新プログラム1段はぢきせには従来の作品のような致命的なバグはほとんどなかった。
  8. 一部の作品を除いて、基本的にはちくまRPG作品は他作品と話が繋がっている、これはRPG世界観や設定が共通であり、そのまま引き継いでいる為である。
    はぢきせ久瀬RPG(KanonRPG外伝)→KanonRPGAirRPG東方冥異伝ToKと、左から順番にシナリオが連動しておりはちくまシナリオの根幹を成す作品と言える、特にTOKは時間軸で最後の作品なので設定や強さのインフレが他作品にべて非常に高くなっている。
    RomancingKanonだけはこの系譜に入ってないが、これはロマカノKanonRPGのパラレルストーリー的な作品なので時系列とは外れた並行世界の話であるため(ただし確定ではない)
    作品ごとにネタや設定などの繋がりを持っているため、はちくまRPG作品をプレイする場合はKanonRPGから順にプレイすることを進められているが、実際にそうしたほうがより楽しめるためである。
    いきなり冥異伝TOKプレイする前に、先にかのGやえあGをプレイしておいたほうが良い・・・かもしれない。
    ちなみに、RPG作品以外でも繋がりを持った作品(ネタなど)もあり、例えば東方サッカー冥異伝の半年前の時系列であったり、はぢだまは後の作品に影を与えていたり、ZILはアレックスザーグの話であったりする。

    2009年8月はちくま最新作ははぢきせ!~はぢめての着せ替え
    2010年8月サークル坊主制作東方蒼神縁起制作参加

脇役たちの例

はちくま作品での最強ボスは誰なの?

多くの高難易度RPGを出しているはちくまだが、基本的にRPGはどれも難易度が高い。
その中でもロマカノ」「東方冥異伝の2作品が特に高難易度だと一般的に言われている。
ロマカノは全体的にボスが非常に強く、序盤から難易度は高い。
冥異伝の方は本編EXSBシナリオが3つある上に、独自システムが多いためシステム的な意味でも難易度が高いく、ボスも独自な行動をする敵が多い上に対策必須な為非常に高難易度である。
逆に、KanonRPG」「AirRPGあたりは難易度較的控えめな方なので順番的にも先にプレイしておくと良い。

ちなみに全RPG作品での最強ボスかと言うと、ロマカノ隠しボスである。
たどり着くだけでも大変だが、最大LVまでPTを育てても対策と運を使わないとまず勝つことは出来ない。
今後の作品もロマカノ隠しボスえる最強ボスは恐らく出てこないと思われる。

貴重な久瀬RPGの動画

BGM


実況動画

ニコニコ動画ではmilene氏によるはちくま実況動画が有名。
興味が湧いたら是非購入すると良いだろう。

冥異伝SB編(完結)↓

AirRPG(完結)↓

はぢきせ


新作の退魔ハチクToK東方蒼神縁起

関連項目

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%AF%E3%81%A1%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%95%E3%82%93
ページ番号: 726464 リビジョン番号: 1945366
読み:ハチミツクマサン
初版作成日: 08/11/18 03:59 ◆ 最終更新日: 13/12/23 16:27
編集内容についての説明/コメント: ロマカノもToKに繋がってるというスタッフの発言有り
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

はちみつくまさんについて語るスレ

333 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 21:19:19 ID: K9Mlgkuo5E
は?
334 : ななしのよっしん :2016/06/29(水) 18:44:34 ID: y3NME0QOFx
>>330
中学2年頃に原作東方を知って、初めて手をつけたゲーム冥異伝だったよ。
ストーリーカオスだが、戦略性の高いゲーム性でラストまで遊んだがレミリア強すぎて8年経った今なお倒せていない…。
335 : ななしのよっしん :2016/08/16(火) 21:17:55 ID: 5gIQJ1xWfI
>>321
2年前にレスしてもアレだけど
見事に2サークル共に全なドウジンゴロに成り下がったなw
著作権ガン視だわ、結局他作品の全下位互換のままだわw
流石に商業で売り始めるのは笑ったわw、別サークルは訴訟寸前だったしw

まぁ今は東方要素抜きでも面い作品作るサークル多いから
はちくまも後二つもどうでもいい存在になったが
336 : ななしのよっしん :2016/08/31(水) 18:56:05 ID: Fj1XRLWEzH
リアルタイムオタでかのGえあGやっててロマカノ出るくらいの頃に一時卒業して、2010年くらいに忘れてた同人の事を思い出してめてTOKロマカノやったようなの意見だが・・・

えあGはあゆの救済をめての続編(の割にまた次に丸投げになったが)だったし、救済対観鈴が加わったとは言え大筋にブレはなかったと思うんだよな。がえあG買ったのはかのGの続きを見たかったからだし。
萌えと燃えの融合というわけのわからん事をしながらもシナリオをそれで引っっていたと思う。
ロマカノでそれらの引き継いできたストーリーが一新されて、TOKに関しては、「え、続編???」みたいな有様。
全に戦闘とノリに特化しちまったもんなあ。
あゆの救済シナリオを望んでいた側としてはこの辺は残念と思う。

それはそれとしてTOKは大層楽しんだけど。最後の5人倒せなかったくらいまで。
337 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 17:41:24 ID: MNgXCqZRhe
はちくま公式消滅寸前で、瀕死な今めて考えるとえあGはかなりの異端に思えてくるな
バトルバランスは少々難しめだけど抜けも多く、バトル中の演出やギミックも豊富
ダンジョン構造もシンプルで、駄に往復させて戦闘回数とプレイ時間を増しするギミックも極少
ゲームの中心はダンジョン攻略や戦闘ではなく、会話によるストーリー進行と大半がパロだがそこそこ考えられた設定の数々

なんでバトルメインに変わって行ったんだろうか、葉鍵に飽きたとしてもになってもパロとバトルしかないゲームなのは変わらなかったし
338 : ななしのよっしん :2016/12/09(金) 21:36:26 ID: MgvKtZ3nNn
playdoujin参加してるのに瀕死扱いなのか
339 : ななしのよっしん :2017/01/19(木) 02:22:35 ID: ZWjArJGa0g
一躍有名になったえあG時代のメインスタッフがもう一人も残っていわけだし、
残念ではあるが終わり方としては綺麗じゃないかな。
スタッフが消えていく度に露クオリティ下がって行ったから、
あのメンバーあってこその良い意味で同人サークルだったんだなと思う。
340 : ななしのよっしん :2017/03/15(水) 12:45:56 ID: DbMV5L8yRS
坊主の話題がでる度、どんな場所でも馬鹿の一つ覚えに
はちくまがーダミーがーってのたまってるが心底陶しすぎる
何年も昔のこと蒸し返して変わる前の名前連呼して見苦しいったら
坊主ってサークルとして評価してる身からしたら病的すぎてドン引きする
341 : ななしのよっしん :2017/03/25(土) 17:32:23 ID: ZWjArJGa0g
発足当初に他ならぬ坊主自身がそう吹聴してたんだから、言われ続けるのは自業自得だわな
今となっては、はちくまの名を借りていた事すら気分悪い有り様だが
342 : ななしのよっしん :2017/07/08(土) 23:41:58 ID: bAZOUpjcXC
懐かしいなぁ
東方サッカーは楽しめたがそれ以外はサークルオナニーがキツ過ぎた
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829