単語記事: ふたりはプリキュア

編集

ふたりはプリキュアとは、東映アニメーション制作の女児向けオリジナルTVアニメ。
女玩売り上げに苦しんでいたバンダイの久々のヒット作である。

概要

初代

現在も続いているプリキュアシリーズの始まりであり、「無印」とも呼ばれる。また、このシリーズを指すこともある。

従来の魔法中心よりは、肉弾戦的な格闘シーンなど少女アニメでは見られなかった派手な戦闘シーンが特徴。その斬新な試みから、女児にとどまらず幅広い層に人気を集め、大ヒット作となった。玩具においても100億円以上の収入を記録し、玩具業界の常識を覆した。

後に第2期となる「ふたりはプリキュア Max Heart」へと続き、主人公を変えて「ふたりはプリキュア Splash☆Star」、「Yes!プリキュア5」、「Yes!プリキュア5GoGo!」、「フレッシュプリキュア!」「ハートキャッチプリキュア!」「スイートプリキュア♪」「スマイルプリキュア!」「ドキドキ!プリキュア」「ハピネスチャージプリキュア!」「Go!プリンセスプリキュア「魔法つかいプリキュア!」が放映され、現在14作目(12代目の主人公)となる「キラキラ☆プリキュアアラモード」が放送されている。

プリキュア5からは戦隊物の要素も組み込まれ、一時期のセーラームーンを思わせるような展開である。

登場キャラクター

メインキャラクター

  • 美墨なぎさ(キュアブラック) CV:本名陽子

本作の主人公、詳しくは個人記事参照。「ありえなぁーい!」

  • 雪城ほのか(キュアホワイト) CV:ゆかな

本作のもう一人の主人公。詳しくは個人記事参照。「もう、なぎさったらぁ」

  • メップル CV:関智一

なぎさのパートナー。光の園の選ばれし勇者だが、その正体はリア充。いつもミップルとラブラブしているKYな奴で、ワガママだが意外と大人だったりする。なぎさとは喧嘩ばかりだけど実は強い絆で結ばれているんだメポ。

  • ミップル CV:矢島晶子

ほのかのパートナー。光の園の選ばれし姫君だが、その正体(ry)。メップルと比較すると常識的でおしとやかだが、ある意味控えめ過ぎたせいで一切登場しない回があったりするミポ。かわいそうな子……。

  • ポルン CV:池澤春菜

レインボーブレスを召喚する、後の作品でもお馴染みとなった追加妖精。当時あまりのウザキャラっぷりにみんなから嫌われていたが、続編からはちょっと成長を見せマシになったのでそれも終息した。実は「未来へ導く光の王子」だポポ。

  • 光の園のクイーン CV:松谷彼哉

実は変身アイテムのカードの絵柄になっている、その名の通り偉い人。続編でもっと重要度が増した。普段は王座にずっと座っているが、ジャアクキングが攻めてきた時は本気を出した。

  • 久保田志穂 CV:仙台エリ

っていうかっていうかっていうか!なぎさの親友でラクロス部の一員。このテンションは後年の追加戦士となるお世話役になっても変わらないどころか一層ひどくなっている

  • 高清水莉奈 CV:徳光由禾

なぎさの親友でラクロス部の一員。背が高くちょっと冴えないが、おっとなぁ!

  • 藤田アカネ CV:藤田美歌子

ラクロス部の先輩。たこ焼き屋を経営している。外見相応にかなりの姉御肌。プリキュア達のいわゆるアドバイス役の元祖と言える人。

  • 雪城さなえ CV:野沢雅子

本作品最強の人。初代キュアホワイト!ではない。何を知っていて何に気づいていないのか分からない。恐ろしい人……。

ドツクゾーン

なぎさとほのかが敵対する悪の組織。詳細は「ドツクゾーン」の記事を参照。

  • ピーサード CV:高橋広樹

本当の名前はカブキマン。いや、ウソです。ドツクゾーン最初の刺客。彼の死に際に放った一連の台詞は幼女アニメとしてはあまりにも過激で物議を醸し出したとかそうでもないとか。

  • ゲキドラーゴ CV:石井康嗣

ドツクゾーンにおける初代アホの子。典型的な脳筋野郎、あとパワーアップするとキモイ。せっかくパワーアップするんだからオールスターズDX2に出てもいいじゃないかと思ったゲキドラーゴファンは多いのではないか。ウガッ!

  • ポイズニー CV:雨蘭咲木子

ドツクゾーンの姉さん。何にでも変身できるすごい人で、隠し芸も多くもっている。旅館エピソードでは萌えキャラっぷりを発揮。、またの名をポイ子さん。18話とポイ姉さんの最終バトルは伝説的なクオリティを持つ。ヤバヤバじゃーん?

  • キリヤ(入澤キリヤ) CV:木内レイコ

キリヤくん。ほのかの正式な旦那とされる人。一番貧弱そうなというか普通の男の子みたいな格好をしているくせにかなり強い。裏切りキャラの元祖で、彼の苦悩に満ちた人生は感動エピソードとして有名。

  • イルクーボ CV:二又一成

ダークファイブ最強の男。だけど初登場回の作画と動画が微妙。プリズムストーンを手に入れてパワーアップしたりいろいろと忙しかったが、ジャアクキング様に処刑されてしまった。

  • ジュナ(角澤竜一郎) CV:松本保典

窓から飛び降りて覚醒したことで有名な人。翔子のでかい声が苦手なのか、一々オーバーに驚いてしまう。風の力を使う。

  • レギーネ(小山翔子) CV:深見

人間形態の時は極端な引っ込み思案だが、変身するとぶっちゃけありえない感じになる人。かつて星の戦士だったとは思えない。

  • ベルゼイ・ガードルード(結城玄武) CV:西村知道

何気に一番人間界で成功してるっぽい病院長のおじいさん。自分達の運命に反発して裏切りを画策するという敵キャラとしては珍しい立ち位置。後年はジュナを率いて全世界の統治者としてパラレルワールドの侵略を狙うように。(中の人的な意味で)

  • ジャアクキング CV:小野健一

シリーズ通して登場する最大のボス。とにかくしぶとい。あとアゴがすごい。

ストーリー

美墨なぎさは、ラクロス部のエース。雪城ほのかは、学年トップの成績優秀少女。
お互いまともに話したことも無かった様な正反対の二人が、光の園からやってきたメップルとミップルに出会い、プリキュアに変身するうちに段々と距離を縮めていき、ドツクゾーンからプリズムストーンを守る為に力を合わせて戦う。

主題歌

◆OPテーマソング『DANZEN!ふたりはプリキュア
作詞:青木久美子、作曲:小杉保夫、編曲:佐藤直紀、歌:五條真由美

◆EDテーマソング『ゲッチュウ! らぶらぶぅ?!』
作詞:青木久美子、作曲・編曲:佐藤直紀、歌:五條真由美

ふたりはプリキュアで是非見ておきたい回

第1話 記念すべきプリキュアシリーズの第1話。全プリキュアファンは必見。
第2話 幻の(第14話もある)プリキュアバリア初登場回。第15話以降で存在が消えた理由は不明。
第6話 幻のプリキュア・レインボー・セラピー初登場回。
子熊の声を演じていたのは、のちに花咲薫子を演じることになる坂本千夏。
第7話 教頭先生(元祖デザトリアン)VSプリキュア。一般人が敵になる無印特有の回。
第8話 歴史に残る喧嘩&プリキュア解散?回。喧嘩ネタを語るときには欠かせない超有名エピソード。
第11話 普段仲の悪い美墨妹弟の隠れた絆の見られる回。それ以上にブラックのキック乱打はすごい。
第12話 ポイズニー登場。生身で敵を投げ飛ばし、挙げ句の果てに一喝して黙らせてしまうほのかのおばあちゃま
(声・悟空野沢雅子)。
第14話 プリキュア(たんなるごっこ)登場。偽ブラックの夏子役はのちのキュアメロディの小清水亜美。
第16話 黒板消しダンスの回。友華先輩の影が量産されて、二人が圧殺されかけた際に……「出してぇ、出してぇ」
第17話 ほのかの尻のアップがある回。「ヒーロー参上!」「ヒロインでしょ」
第18話 バトルアクションの面でファンの間では有名な回。ブラックのラッシュ攻撃と回転投げは必見
第20話 ポイズニー最後の戦い&キリヤがプリキュアと戦うことを決断する回。
第28話 普段のほのかからは信じられないような、なぎさに依存していたことを語るひとこと。
第37話 なぎさ=ロミオ、ほのか=ジュリエットな文化祭。
第40話 ほのかの家にお泊り回。無印なぎほのの真骨頂。「~ほのかのそばにいるから…」
第42話 またも二人の絆が試される回。格闘シーンに力を入れており、その内容はもはや伝説の域である。
第45話 合唱コンクール回。ちなみにこの回の主役・矢部千秋役は中川亜紀子(のちのキュアパイン役)。
第46話 なぎほのが手を握りあいながら「私たちどんなことがあっても一緒だよね」。そして最終決戦へ。
第47話 プリキュアの大ピンチ。そして行方不明となっていたキリヤとの再会。
第49話 無印最終回。戦いを見届けたキリヤは消え、そしてなぎほのはキリヤ似の男の子を見かける…。

小ネタ・話題

注:本記述は続編『MaxHeart』を含んだ初代シリーズとしての記述となっています。

  • 雪城さなえ役の野沢雅子がブラック役の本名陽子に言った「まず10年プリキュア続けましょう」という一言は有名で、2014年2月にプリキュア10周年を迎えた。
  • 生みの親の鷲尾天(キン肉マンⅡ世など)も、初代シリーズ監督の西尾大介(ドラゴンボールなど)も女児アニメにはかなり疎い人選であった。二人ともここまで当たるとは思いもしなかった。ちなみに西尾に頼み込んだのは鷲尾である。
  • 初期稿のなぎさの名前は「クニ」。デザインは二人とも別物だった。
  • MaxHeartの由来=もう(気持ちが)いっぱいいっぱい
  • 実はMaxHeart版コスのブラックが作画ミスでヘソ出しモードになっているカットがある(ルミナス登場回)。
  • 上記のように仲間同士のプリキュアプリキュアが敬遠されるようになったのは、件のブラック対ホワイトのシーンで多くの幼女が号泣したから。(演じ手の視点で見ても、これは辛かろうと気づいたとか)
  • 2011年から2012年にかけて、無印・MaxHeart共にDVD-BOXが発売された。  
  • 2015年9月16日に初となる小説版が発行され、ほのかの祖母・さなえの秘密の出来事が明かされている。

関連生放送

2017年3月に『映画 プリキュアドリームスターズ!』が公開されるのを記念して、同年3月4日から6日の3日間に渡り全49話を一挙生放送する。

関連商品

関連項目

プリキュアシリーズ

関連リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2
ページ番号: 99850 リビジョン番号: 2460236
読み:フタリハプリキュア
初版作成日: 08/05/19 15:56 ◆ 最終更新日: 17/02/17 15:16
編集内容についての説明/コメント: 公式一挙生放送追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


初代

ミップル

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

DANZEN!ふた...

ふたりはプリキュアについて語るスレ

137 : ななしのよっしん :2016/06/16(木) 22:31:46 ID: zYyIyqtdup
基本どのプリキュアもそうなんだけど無印見返すと
この2人本当にドツクゾーンの奴らと殺しあいしてたんだなあと思ったわ
ピーサードの最後のほのかとか今見たらなんかゾッとするわ
138 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 08:20:28 ID: qJU7sUvi+4
シリーズが長く続くと、元祖たる第一作目が実はシリーズ一番の異色作みたいな感じになるのも
珍しくないかんね。プリキュアシリーズもその例に漏れずと言った所だと思う。
139 : ななしのよっしん :2016/06/17(金) 09:53:29 ID: rfnDwazoBR
サンテレビで放送終了、しかし初代だけで終わったら結構切ないねメップル達は眠りについてキリヤは和解したのに消滅だしで
140 : ななしのよっしん :2016/06/18(土) 02:15:56 ID: zYyIyqtdup
遊戯王とかはむしろ初代であらかたやった部分(アニオリ含め)をあの手この手でまたやってるイメージもあるが
ストーリーの基本とか戦い方はおおまかに言えば変わってないけど
やっぱ最初にやると規制がまだ緩いからやりたい放題できるし
あの時期はTV全体で徐々に規制され始めてたけどまだ今ほどガチガチじゃなかったとか
まあ生死云々はセーラームーンのが重苦しかったろうけど、それ以上に戦い方にインパクトありすぎたよね初代
2人で話回すし、2年やったから主人公の描写は濃くなる

MHだけど女子中学生の後頭部に両拳叩きつける敵なんてもうジャンプ漫画ですわ
即座にプロレス技でブラックが反撃するけど、コンクリの上でやっちゃいけない技だし
141 : ななしのよっしん :2016/08/21(日) 22:23:17 ID: n7Y4UYc7qN
発売からほぼ1年経つ小説版の話題が中々持ち上がらないのが残念だな…。
さなえおばあちゃちゃまが幼少期に体験した秘密の出来事はあの凄まじい
肝っ玉ぶりの秘訣とも言えるべき凄い発見だと思うんだけどな…。
142 : ななしのよっしん :2016/10/19(水) 08:09:46 ID: Pan/PGByWS
やっぱり初代は最高だなカッコイイしイケメンだ
143 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 10:27:11 ID: DBi0U3XaAj
結局サンテレビはレイアース終わったあとMax heart→Splash☆Starと再放送してるという
年明け直後に最終回になるけど、Yes!以降はやってくれるかな
144 : ななしのよっしん :2016/12/23(金) 10:36:17 ID: r0UxpduhCN
同時期に放映されたデカレンジャーの敵の名前は「アリエナイザー」
145 : モナカ :2017/01/07(土) 19:45:06 ID: S3a4gjA2uM
光に覆われて変身しているから眩しくて攻撃できない。これは上手いよね。
正直女児向けだからってなめてたけど、ストーリーも演出もしっかりしてるから老若男女に愛されるべき作品だと思うようになった。
146 : ななしのよっしん :2017/02/03(金) 20:50:58 ID: n+Hvn991g4
藤P先輩が登場人物にいない…
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015