単語記事: ふたりはプリキュアSplashStar

編集

ふたりはプリキュアSplash☆Starとは、東映アニメーション制作の女児向けオリジナルTVアニメであり、プリキュアシリーズ第3弾である。
※「SplashStar」について:正式明記は「h」と「S(大文字)」の間に「☆」が入った「Splash☆Star」である。
ファンの間での通称は「SS」

概要

プリキュアとして、格闘による肉弾戦は初代なぎほのからしっかり受け継いだ上で、精霊の力によるさまざまな力を駆使して戦うさまは、初代に匹敵するかそれ以上であり、特に最終2話の戦闘は、同じ東映アニメーション制作のドラゴンボールを彷彿とさせるような、派手で大規模なものになっている。歴代最強とかいう噂がたつほどである。
歴代主人公の中ではかなり仲が良い(というか良すぎる・・・喧嘩1回しかしてないし・・・しかも映画・・・)

ただ、玩具収入は黒字であり決して低くはないものの、プリキュアシリーズ内では前作の半分に近い最低額の60億円程度まで減少し、映画の興行収入はかなり悪かった。(しかし、その映画はデジモンとの同時上映(監督はプリキュア5映画と同じ人)となっており、他のシリーズが単独上映だったのと比べて、時期的にもかなり悪い条件での上映といういきさつがある。)しかし監督・脚本家への評価は高く、「Yes!プリキュア5」以降のシリーズ映画で大いに活躍している。

また、後期ED「ガンバランスdeダンス」への評価もかなり高く(鷲尾プロデューサーのコメントによる)、
後のシリーズ第4弾「Yes!プリキュア5」以降に強い影響を与えている。

プリキュアオールスターズでも、精霊バリア、大ジャンプ、精霊ブーストを応用した飛行活動といった従来の見せ場は勿論のこと、ちょ~短編及びDX3部作では、ブルーム・イーグレットからブライト・ウィンディへの直接フォームチェンジ、低空飛行→上昇→空中投げのコンビネーション、キュアレインボー化等、NS3部作では空中バリア、精霊ブーストを応用したV-MAXのような連続攻撃、空中での乱舞&コンビネーション攻撃等、オリジナルのパワーアップ要素も取り入れられている。

あらすじ

日向咲は、夕凪中学ソフト部のエース。美翔舞は、美術に類まれな才能を持つ転校生。大空の樹の下、五年の歳月を経て再び出会った二人が、泉の郷からやってきたフラッピ、チョッピとともにダークフォールの魔の手から太陽の泉を守る為、伝説の戦士「プリキュア」に変身して戦う。

登場人物

メインキャラクター

日向 咲(ひゅうが さき) / キュアブルーム / キュアブライト

声- 樹元オリエ

本作の主人公の一人で、夕凪中学校2年生。1992年8月7日生まれ、O型。通称たぬたぬ。
美墨なぎさと同じようなポジションだが、比較的常識のあるなぎさとは違いこちらはド天然。詳しくは日向咲にて。

美翔 舞(みしょう まい) / キュアイーグレット / キュアウィンディ

声 - 榎本温子

本作のもう一人の主人公で、夕凪中学校に転校してきた2年生。1992年11月20日生まれ、血液型はAB型。

一部ではプリキュア一の美少女と言われることも。純朴なツリ目がチャームポイント。詳しくは美翔舞にて。

霧生 満(きりゅう みちる)

声 - 渕崎ゆり子

突然、夕凪中学校にやってきた謎の転校生で咲や舞のクラスメイト。
赤っぽい髪のショートヘアが特徴。

詳しくは霧生満にて。

霧生 薫(きりゅう かおる)

声 - 今井由香→岡村明美

突然、夕凪中学校にやってきた謎の転校生で咲や舞のクラスメイト。
青い髪のロングヘアが特徴で、背が高い。

詳しくは霧生薫にて。

日向 みのり(ひゅうが みのり)

声 - 齋藤彩夏

咲の妹で、活発な背伸びしたい盛りの夕凪小学校二年生女の子。
お姉ちゃん大好きっ子で、よく咲の口調や行動を真似をする。
しかしその事でトラブルになり、自身は嫌われ、咲と舞の間で険悪な雰囲気を作ってしまったりもする。
また、パン屋である自宅が仕事で忙しくなると、何か役に立とうとするが家族には相手にされないこともある。

しかし、たまたま店に来た霧生薫との対話の中で、自分にできる事をアドバイスしてもらい
自分の力でお店の手伝いができ、家族に褒められた事がきっかけで薫に懐くようになる。
映画ではプリキュアオールスターズDX1、DX2で出演、特にDX2では大好きな薫と共に出演し
ミラクルライトを先陣をきって振る活躍をしている。

そして十年後に妖精・プリキュアとなる。

中の人の反則的なロリボイスと性格でメインキャラに負けないほどファンがいる。

フラッピ

声 - 山口勝平

泉の郷からやってきた花の精。ブルームのパートナー。語尾は「~ラピ」。

例え上から押し潰されてもむしろ幸せそうな顔をしてしまうほどチョッピのことが大好きな純情さんだが、相手は天然すぎて恋が実らない可哀想な子。

チョッピ

声 - 松来未祐

泉の郷からやってきた鳥の精。イーグレットのパートナー。語尾は「~チョピ」。

プリキュアSSは天然キャラクター率が多いが、彼女もその一人。
フラッピのあまりにもわかりやすすぎる好意にすら気づいてくれない、ちょっと罪な女の子。でも最後はラブラブになった。

ムープ

声 - 渕崎ゆり子

空の泉からやってきた月の精の男の子。咲がブライトに変身するときに力を与える。語尾は「~ムプ」。

子供っぽい性格だが、シタターレに捕まって痛い目に遭わせられてしまうなどちょっと不幸なこともある。が、咲のアドリブに咄嗟に対応するなど、とっても空気が読める。

フープ

声 - 岡村明美

空の泉からやってきた風の精の女の子。舞がウィンディに変身するとき力を与える。語尾は「~ププ」。

人見知りな性格だったが、すぐに皆とも打ち解けた。ムープを含めて火の玉に見えるためお化け屋敷では先輩のフラッピとチョッピが悔しがるくらい活躍した。

フィーリア王女

声 - 川田妙子

泉の郷の王女。奇跡の雫が7個集まるごとに降臨する。いつも目をつむっており、困った顔をしている。

また、劇中ではいろいろと致命的なミスをおかしてしまう、うっかりした王女。

しかし満と薫の復活には二回とも彼女が関わっており、二人のファンにとっては非常にありがたい存在。

コロネ

声 - 渡辺英雄

咲が飼っているPANPAKAパンの看板猫。5年前に咲が拾ってきた猫で、最初は断られていたが咲の大怪我から救ったとして店に置かれることに。

ふてぶてしい性格だが、義理人情に熱いところがある。人間の年齢で40歳のオジサン。フィーリア王女に取り憑かれてからはすごい良い声で喋るように。キントレスキー曰く「いい面構え」で気に入られているが、咲曰く「無愛想」で、初期はどっしり構えたシーンが多い。フラッピ達とも仲が良い。

フィーリア王女が憑依してから、二足歩行で走ったり、ボール状にまるまって敵に一撃お見舞いするなどスーパーキャットになった。

滅びの国「ダークフォール」

咲と舞が敵対する的の組織の名称。詳しくはダークフォールにて

カレハーン

声 - 千葉一伸

「カレーパンではない、カレハーンだ!」

樹の泉を支配する幹部の一人。自他ともに通称カレっち。木に関連したものをウザイナーとして操る。

真面目そうに見えて、劇中では結構お茶目な面を見せており、隠れた人気者である。

そう、中辛がオスス……カレハーンだ!

ちなみにオールスターズDX2では他の組織の幹部にすら名前を間違われてしまった。

カレハーンだ……。

SSメンバーのライブでは中の人が登場したら「カレーパン!」と騒ぐのがお決まり。

モエルンバ

声 - 難波圭一

「セニョリータコス!」

火の泉を支配する幹部の一人。
男性だが物腰は女性的。しかしオカマではなく、むしろ喋ること自体は熱血漢的。その熱さからか、体が炎であるにもかかわらず水に濡れても平気という謎体質を持つ。むしろ海の中から現れたことすらある。

ドロドロン

声 - 岩田光央


「今度の作戦はすっごいことになるからね!」

土の泉を支配する幹部。土に関連したものをウザイナーとして操る。
五行幹部一の大柄な怪人にして、最大の根暗。が、中の人のせいで毎度毎度奇天烈なアドリブが満載なキャラクター。

キャラソンでの彼のはっちゃけっぷりは必見である。 「真面目に声揃えよう!」「何がおかしいの?」

長い間、ダークフォールの幹部の中で唯一劇場版に出ていないと散々言われてきたが、『プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』では、声こそないものの後ろ姿でようやく銀幕のスクリーンの中に現れる事となった。やったね!

ミズ・シタターレ

声 - 松井菜桜子

「ウザイナー、いらっしゃーい!」

水の泉を支配する幹部の一人で、五行幹部の紅一点、水に関連したものをウザイナーとして操る。ファンからは「水下姉さん」「シタターレ姉さん」でお馴染み。

消滅時はキントレスキーの告白を受け入れたような形で終わったが、オールスターズDXでは本編でも組まなかったモエルンバと一緒に登場した。

キントレスキー

声 - 小杉十郎太

「明日にジャンプ?何故今日飛ばないのだ!」

の泉を支配する、ダークフォール最強の戦士。属に関連したものをウザイナーとして操る。

悪役らしく結構汚い手も使っているものの、基本的には紳士的な性格、正々堂々とした戦い振りからニコニコ動画でも人気の高い悪役である。

ウザイナー

声 - 渡辺英雄

「ウザイナァァ~!」

色んな物に乗り移り、姿を変える。劇場版以外のウザイナーはプリキュアに倒されると元のいろんな精霊に戻る。奇跡の雫を核とし、、基本的には雫一つにつき一体召喚され、大半は一体ずつである。

奇跡の雫が全て取り戻された40話以降は一切登場しなくなってしまい、それ以前も登場しなかった話が有る。

そんな不遇な怪物キャラだったが、カレハーンに先駆けてオールスターズに出演し、カレハーンの中の人を悔しがらせた。

SSライブではいつも中の人が観客として見に来ていて、最近ではガンバランスが歌われると舞台に出てきて、カレハーンと一緒にED途中の幹部ダンスを一緒に踊っている。

アクダイカーン

声 - 五代高之

「これで最後だ。もう次はないと思え!」

滅びの国「ダークフォール」の支配者。名前のモチーフは見ての通り時代劇の悪代官であり、外見は鎧武者そのもの。声がおそろしく渋い。

ゴーヤーン

声 - 森川智之

「ゴーヤーン、もういヤーン、コケたんヤーン!」

アクダイカーンの腹心。幹部達が戦いに敗れると、何かとイヤミを言ってくる典型的な腰巾着。ミズ・シタターレからはゴーちゃんと呼ばれる。

ふたりはプリキュア Splash☆Starで是非見ておきたい回

第2話 阿部さんポーズでカレ「カレッチと呼んでくれ」。歴代トップの飛距離を誇るダブル投げなど。
第8話 夕焼けが美しいモエルンバ初登場回にして日向姉妹喧嘩回。咲に対するみのりの心情が表現されている。
第11話 フラッピと咲の心温まる友情回。犯人は「ニャー」。
第14話 霧生満、霧生薫初登場。ついでにドロドロン初登場。
第18話 満薫お手伝い回。メロンパンスキーとヨウジョスキーはここから始まった。
第23話 咲舞と満薫が和解。アクダイカーン許すまじ! アクションシーン良。
第24話 ムープ&フープとミズ・シタターレが初登場。「薫お姉さんって…誰?」
第25話 みずしたやとアロハシャツを着たゴーヤ。脅威の空中入れ替わり変身(笑)。ウツボ戦。
第27話 5年前を思い出すお祭り回。浮かれる鼻水にゴーヤのテキ屋(笑)。一番の笑いどころはど素人の腹話術。
第28話 ひと夏の思い出づくりに電車旅行。咲舞の友情を強く表現した回。
第29話 珍獣同士の喧嘩回。怒りのフラッピに視聴者爆笑間違いなし。
第30話 「天空に満ちる月キュアブライト!」「大地に薫る風キュアウィンディ!」驚異の大変身回。
32 ミズシタターレとのガチバトル。
第35話 ソフトボール決勝戦。この話が感動の最終回へと導く。戦闘シーンにいつもより速い演出あり。
第38話 咲がアイドル?Aパートはうららファン必見?キン「いかせはせん!いかせはせんぞ!」
第40話 咲の絵(爆笑)。カッペイの縄跳び。果たし状。ムキムキキントレスキーとのガチバトル。
第42話 満と薫復活!そして咲舞と感動の再会。
第43話 満薫奮戦。このアニメの主人公って誰だっけ?(笑)。
第45話 咲舞満薫みのりん水サンタコス! アンタホレタネー!アンタガスキー!
第48話 今までの鬱憤を晴らすかのようなDBZ風ガチバトル。花鳥風月揃い踏み。
第49話 SS最終回。滅びの世界での最終決戦。地球崩壊。ビッグバン級最終奥義(笑)。ラストは感涙モノ。
劇場版 ふたりはプリキュア」の集大成。牛「パーフェクトなコンビダッタノカー」。見所は短めの戦闘シーンと神変身。

小ネタ・話題

  • 作品のモチーフに北欧神話(世界樹)、花鳥風月(プリキュア)、五行思想(ダークフォール幹部)が使われている。
  • 咲舞の師匠(演技的な意味で)はカレハーン
  • 戦闘シーンで空が曇らないのは、作品の雰囲気を決定づける背景にこだわっているかららしい。
  • 監督の小村がS☆Sの雰囲気作りで目指したのは「世界名作劇場」。反面アクションは苦手だった。
  • S☆Sについてのインタビューでは商業面での失敗が触れられることもあるが、鷲尾Pは「作品としては良いものを作ったという自信があります」と必ず答えている。前作における大成功による慢心が原因だったと述べたことも。
  • 放送終了後、ほぼ欠かさず番組関係者とライブを継続しているのはS☆Sメンバーだけ。(5は終了記念に一度だけ)
  • 満薫が最終回で変身した姿は、月と風の力を受けて変化した姿であって、プリキュアではないと公言されている。また、プリキュアでないことに意味があるとのこと(人間界の普通の女の子が変身したものがプリキュアという位置づけだが例外もある)。
  • S☆Sも二年目の構想が練られていた。ブライトとウィンディは本来二年目に持ってくるはずのもの。
  • 単独シリーズでの3D映画が作られているのは今のところS☆Sだけ(その他はオールスターズのみ)。
  • 最終回のエンディングが総集編のような特別仕様になっているのは今のところ『S☆S』と『スマイル』の2作品だけである。
  • アクダイカーンの声優は太陽戦隊サンバルカンの2代目バルイーグル(飛羽高之)役の五代高之であることから、戦隊レッドの俳優がプリキュアの悪役を演じるのは今の所S☆Sのみと話題視されている。
  • 最終回で上記の特別仕様のエンディング映像が流れた最後に咲と舞が手を振るカットで締めくくっているが、実はこれがS☆S最終回のエンドカードとされている(プリキュアのエンドカードはたいてい終わりの提供の後に表示されている)。
  • 2013年頃から体調を崩していたチョッピ役の松来未祐が2015年10月27日、38歳の若さでこの世を去った。死因は「慢性活動性EBウイルス感染症」に伴う悪性リンパ腫であった。所属事務所からの公表は同年の11月2日、奇しくもこの日はCSテレビ朝日にて劇場版のS☆Sが放映される日であった。
    当時の全プリキュアシリーズのメインキャストでの訃報はこれが初めての事で、勿論共演していたメンバーの衝撃は計り知れなかった。特にパートナーの美翔舞役で、歳やキャリアも近い榎本温子のショックは大きく受け入れるまで時間がかかった(ツイッター上での本人談)ほか、同年年末のテウチライブの途中、ファンに渡されたチョッピのぬいぐるみで歌っている最中涙する場面もあった。フラッピ役の山口勝平は、追悼の意味でもイラストを描いている。S☆Sを見た人、これから見る人も是非一度この素晴らしいイラストを見てほしい。
    他ツイッター上で確認されている方で樹元オリエをはじめ齋藤彩夏、千葉一伸、岩田光央、松井菜桜子、ブログ上で渕崎ゆり子等が哀悼の意を表しているほか、同年11月13日に行われた映画プリキュアオールナイト上映イベントでは、イベントの最後に鷲尾天プロデューサーが思い出話を語ると共に哀悼の意を表している。また、2016年9月11日に行われた『松来未祐愛悼イベント、39!未祐ちゃん』にて、S☆Sメンバーがビデオレターでメッセージを送っている。
  • 番組が終了して10年目となる節目で、日向みのり役の齋藤彩夏が『魔法つかいプリキュア!』で妖精モフルンを演じる事となった。ツイッター上では、その絡みもあってまほプリ関連の他、姉の咲役の樹元オリエと姉妹トークとかもしていたりする。

関連動画

ふたりはプリキュアSplash☆Starに関連する東映さんに怒られない動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

プリキュアシリーズ

外部リンク


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2splashstar
ページ番号: 288908 リビジョン番号: 2442056
読み:フタリハプリキュアスプラッシュスター
初版作成日: 08/06/27 17:32 ◆ 最終更新日: 16/12/26 10:24
編集内容についての説明/コメント: キラプリ追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

まかせて★スプラッ...

ふたりはプリキュアSplashStarについて語るスレ

284 : ななしのよっしん :2016/08/21(日) 22:03:15 ID: L9gLnC2zGk
個人的にチョッピの声は松来さんしかありえないから永久欠番にするべきだと思う。
プリキュアを見ている子供たちの夢と松来さんの名誉と敬意をお守りするためにも
今後のオールスターズ映画等の派生作品で後任は一切設けないでほしい。
285 : ななしのよっしん :2016/09/12(月) 21:11:31 ID: JqYu5SkE22
昨日の松来さん愛悼イベントに行ってきたよ。その展示の中でビデオレターがあって、プリキュアSSチームとして榎本さん、オリエさん、勝平さん、一伸さんと五條さん、うちやえさんがメッセージを送ってたよ。
やっぱり食べる話が中心でオリエさんとの移動中、お昼に食べ過ぎて電車のなかで薬を飲んで夜に備えたり、プリキュアになれたら結婚できる!とか面白い話が結構ありました。
本当に惜しい人を亡くしたんだなぁ・・と改めて思うよ。
286 : ななしのよっしん :2016/10/24(月) 10:36:36 ID: JjlTyZsQUz
11月にサンテレビでマックスハートの次にやるの確定みたいだね
287 : ななしのよっしん :2016/11/02(水) 07:49:56 ID: PZUOIExSGc
サンテレビの再放送をたまたま見たけど、妖精が幹部らしき敵にフルボッコにされててドン引きした…
プリキュア初期シリーズはあまり見たことなかったから衝撃的だった
288 : ななしのよっしん :2016/11/13(日) 00:34:58 ID: hyoeKoh8Jp
売り上げ悪かったらしいけど、再放送見たら面白いんだよなぁ
289 : ななしのよっしん :2016/11/19(土) 22:56:42 ID: L9gLnC2zGk
ダークフォールの記事が出来てるからそいつらの説明はこの作品から削ってもいいんじゃないかな?
あと、みのりとコロネの個別記事も作って説明をそっちに移したいんだがよろしいかな?
290 : ななしのよっしん :2016/11/23(水) 06:21:47 ID: JqYu5SkE22
>>289
ダークフォールはここでいう咲や舞みたいに簡単な説明後の参考記事ってな感じにしてもいいと思う。ただみのりちゃんやコロネは別に個別にしなくてもいいと思うよ。出番こそあれど咲舞や満薫、ダークフォール勢程多くの出番がある訳でもないし。
291 : ななしのよっしん :2016/12/10(土) 00:40:19 ID: L9gLnC2zGk
>>290
検討の末、とりあえずダークフォールの面々の説明はこの記事から削っておきましたが、その分ダークフォールの記事に大量加筆しておきました。
みのりとコロネの記事化はまあ先送りにするってことで。
292 : ななしのよっしん :2016/12/11(日) 04:35:04 ID: nfRg9xdQ+t
売上は60億で女児向けとしては良い方だったのに
プリキュアシリーズが終わりそうになったほど不振だったんだから
費用対効果の関係であまり利益出なかったのかね…

バンダイカーン様は過去にたまごっちでも生産数増やして赤字を生み出したのでそれと似たような大変さだったのだろうか?
293 : ななしのよっしん :2017/01/11(水) 00:16:50 ID: lhkFJDeZT6
サンテレビ再放送で初めて全話観た
ベタを恐れない全力王道のクライマックス、最終回は涙を禁じえず
良作だねえ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015