単語記事: ぷちます!

編集

タイトルロゴ verハルカ

ぷちます 二期ロゴぷちます 二期ロゴ

ぷちます!』とは、アスキー・メディアワークス漫画誌『電撃マオウ』に連載されている、明音作のProject iM@S四コマ漫画作品である。

概要?

「あっ、お客様ですか?すいません!今、事務所が騒がしくて……こら!みんな静かにしなさーい!」

概要

電撃マオウ公式サイト

公式サイトは立ち読み(試し読み)が可

キャラクター紹介

単行本巻頭のキャラ紹介順序に基づく。ぷちどるはその類似人物に併記する。

次: [ 天海春香 / はるかさん || 如月千早 / ちひゃー || 萩原雪歩 / ゆきぽ || 高槻やよい / やよ || 秋月律子 / ちっちゃん || 三浦あずさ / みうらさん || 水瀬伊織 / いお || 菊地真 / まこちー || 双海亜美・真美 / こあみ・こまみ || 星井美希 / あふぅ || 我那覇響 / ちびき || 四条貴音 / たかにゃ || 音無小鳥 / ぴよぴよ ]
[ プロデューサー / 社長 / まんぜう屋のおばちゃん / とんがった髪のひと / スペパププ / クマ / コカトリス / ボルボレ / ヤマタノオロチ / エレファフィレロ/ ユーレイさん / 天の声 ]

天海春香
あまみはるかですっ(SE登場の際に「天海春香です!」と自己紹介を入れるのが定例化している、フリーダム系・笑顔一杯の芸人アイドル
原作のそれにべると押しがとにかく強くなっており、亜美・真美美希と並ぶ765プロトラブルメーカーである。はるかさんの事をとても可がっており、幾度か増殖を試みては律子に怒られている。
一方、律子などに可哀想な子扱いされたり、ぷちどる暴走に巻き込まれたりで、不憫にあったりツッコミ役となることも多い。
また一時は仕事どなかった模様で、そのことを嘆いている描写が見られた。後にはまこちーと共演するラジオの担当コーナーを持ったり、やよい美希料理番組にゲストとして出演したこともある。
女子高生らしくダイエットにも強い関心があり、それで周囲を巻き込んだこともある。というか、ビキニ着てる時の胸以上におエロ。また勉強は余り得意ではない模様。
はるかさん」「みうらさん」というアイドル当人と紛らわしい名前をぷちどるにつけた本人である。
はるかさん(命名・春香
はるかさん無茶ぶりサババルロケで、お堂で雨宿り中の伊織が発見してしまっ春香っぽいぷちどる。危険物第3類(自然かっか物・禁性物)定。
ぷちの中では最も野性的な部類。基本的に4足?歩行…というかぷちの中で一二足歩行できない。ただし少しなら踊ることができる。
日のが苦手で、をかけると増殖、もしくは巨大化し、に餌をやると暗面に陥る。炭酸の場合はきっかり二分裂におさまる模様。暗黒化状態ではくなるため外見でも判別可
増殖を起こした場合、基本的にはやよい律子しか収拾させることが出来ない。最近は雪歩も収拾役を務めるようになった。またその性質故か、引き取り手にはしっかり者のやよいが選ばれた。
結構人なつっこく、好きな人に対してはもにゅもにゅと甘噛みする癖がある(ただし、暗黒化状態ではを立ててマジ噛みする。出血するほどではないが痛痒いらしい)。「(はる)かっか!」「ヴァ~イ」と鳴く。
如月千早
ちーちゃん基本的にはかつクールな人で、ツッコミポジション
しかし原作のそれとべるとが少ない。笑顔を見せる機会が多く、ファンに対してもかなり想よく接せられ、事務所内では亜美・真美など他メンバーと一緒に遊んでいる描写をよく見ることが出来る。
仕事を選ぶことも余りないのか、伊織とともにサババルロケ企画に参加したことや、蕎麦打ちの体験収録で一緒に参加していたちひゃーによって萌え死に掛けたことがある。ちひゃーが足をピコピコするシーンが彼女にとってはツボらしい。ただし生過ぎて時おり暴走することが有り、それがPの悩みの種となっている。
形から入る性分な上、変身願望もあるのか、昨今はテレビCD企画でよくコスプレ猫耳喫茶店ウェイトレス、それに巫女蕎麦打ち伝統作業着、果ては着ぐるみ等)をしている。あかん萌え死ぬ。
マンションでちひゃーと二人暮らしをしており、場になると毛状態のちひゃーに寝ぼけて顔に登られ、幾度か窒息死の縁に追いやられ、寝不足に陥っていた。現在では慣れた模様。
壊滅的なネーミングセンスの持ちであり、ぷちどるの命名をする際は最初に「ゴンザレス」を補とし、次に「ゴ」が頭につく別の単を持ち出す癖がある。
かなりの負けず嫌いでもあり、亜美・真美ゲーム対決で負けたときは本気モードへ移りちっちゃんとともに彼女らをフルボッコしたり、毎日トレーニング腹筋をしていた時にちひゃーがやりだすとさらに負荷を上げたりしている。
歩くと「スターン」という擬音がする。「ぺたーん」ではない。
ちひゃー(命名・律子
ちひゃー美希の部族からおにぎりで引き取ってきた、千早っぽいぷちどるのうえ人見知りなのかなかなか人に慣れない。また「ばいんばいん」(巨乳)な女性を極端に嫌う。ただし律子に対しては面倒を見てくれるからかよく懐いており、「くされ日記」連載版ではその誕生日あずさの抱っこを認めている。
千早ちひゃーの面倒をみることになったのはその性格に起因している。毎目覚まし時計が鳴ると速攻で止め、鳴き千早を起こしている模様。ちなみにこの時の鳴きは「くぅぅぅぅぅぅ」。なぜかバッチリが覚めるらしい。事務所で寝ているあふぅに対しても効果覿面である。牛乳毎日2リットル余裕。
になるとが伸びた上でネコミミ状の毛となる。またくせっ毛でもあるため、ブラシングに2時間かかる。好きな人に対して頭に登り、ぺしぺしといたりする。千早同様に歌が大好きだが、好きなジャンルは何故か演歌。「くっ!」と鳴き、「シャー!」と威嚇する。
萩原雪歩
雪歩"ほぼ原作通り、引っ込み思案で大人しくてネガティヴ志向でを掘る。
初登場時にはエジプトロケの荷物持ち兼任をさせられ、そのときファーストキスはるかさんに奪われて窒息しかけた。
そのトラウマか、基本的に動物が苦手なためか、はるかさんが大の苦手。それなのに、ことある毎にはるかさん暴走に巻き込まれる不憫な人。
他のぷちどる達とも最初は染むことが出来ず、まこちー相手に気絶したり、ゆきぽが隣にいただけでパニックを起こしたこともあった。「くされ日記」連載版では誕生日にようやくゆきぽと仲良くなれた程度である。現在でははるかさん以外とは概ね普通に接することが出来るようになり、一緒に遊ぶこともある。
自覚のうちに増殖暴走したはるかさんを1匹に戻すことができる。このため本人は嫌がっているが、周囲からははるかさんの収拾役とみられるようになった。
怒らせると結構怖い一面も見せる。それによってはるかさん暴走を抑えたこともある。またが絡む場合、自身の欲望に忠実な行動をとる(フヒ歩化)こともある。
お茶日本)に対しては並々ならぬこだわりがあるらしく、どういう過程があったのか不明であるが、それに踏み込んだ貴音土下座させたことがある。
ゆきぽ(命名・真美
ゆきぽWeb連載時代、雑誌連載時代共に、最初に真美が拾ってきた雪歩っぽいぷちどる。とても大人しく臆病。
元々は話すことがなく、ラッパや手旗信号で意思疎通を図っていたが、現在は「ぽえー」・「ぽー」・「ぷー」・「ぷぃぃぃ」と鳴くようになり、他のぷちどるとも会話している。
貴音のお気に入りでしょっちゅういぢられている。や自分で掘ったや巾着袋など、狭いところに収まるのが好きな様子…というか、寝相が悪いのでそうしないと寝れないらしい。気が優しく、気配り上手でもあり、そのようなところからこうした寝方をしているのかもしれない。
地味持ちさん。軽々とつき用の杵を振り回すことができるほど。それ故、ぷちどるの中ではまこちーと並んで仕事を担うことが多い。
になると毛として状のしっぽが生え、3割増しで行動が雑になり、いろいろと物を壊す。
765プロ寝起きしており、アイドル達と住んでるぷちどるが帰るとしいらしい。ちなみに765プロで生活していることが明確になっているぷちどるは、ゆきぽの他にはあふぅとぴよぴよである。
高槻やよい
にくたいはゲーム原作通り根は素直ないい子なのだが、かなり強引パワフルで、自然児を通り越してぐ野生児となる台風アイドルぅゎゃょぃっょぃ
私生活では原作のような子供っぽい発言が少なく、アケマス初期設定並のしっかり者。「べろちょろ」もほとんど携帯していない。そして私にはなにかしらの文字が書かれている。大体ひらがなな食品名で子供が好むようなものではなく、なぜか焼肉系(EXホルモン、ハラミ)。
頭に植物が生えており、通常状態では芽だが、嬉しいときなどは、呆れたり怒ったりしているときはパックンフラワー?のような状態になる。何かしらのショックを受けると枯れることもあり、また異例としてカウベルに変化したこともある。
アイドル活動では「高槻ゴールド伝説」というバラエティ番組のメインを務める。よく伊織掻っ攫い誘い、サババルロケを敢行する。中身としては某テレビ局のとったどー!!的な生活がメイン。番組内では大の未知生物を軽々と打ち倒している。更に高所恐怖症でもなくなっており、登山ダイビングなどの企画気でこなしている。
初期の頃よりぷちどる達の言葉を理解でき、増殖したはるかさんを元に戻すことができる。ただ、はるかさんを1匹に戻す際にはものすごい悲鳴が発生する上、人に見聞きさせたがらない。現場にいた春香&ちひゃーく「怖かった」との事。「じゃがじゃん!」と擬音が出る。
そのとしっかり者であることを買われてか、はるかさんに引き取っている。暴走しかけたはるかさんを「だめだよー」の一言で制止できるほど、きちんと躾はしている模様。
また本気で怒らせた際は大変怖いようで、まじめに仕事をしない美希を放心状態に追い込んだことや、まこちーへ暴飲暴食させたには「ボス」と呼ばれたことがある。
やよ(命名・恐らく貴音
やよ貴音が硬貨を落としたときに釣れてしまったやよいっぽいぷちどる。その場でダッシュ(奪取)され、こあみ・こまみとともに貴音で暮らすようになった。
性格は割と温厚だが、硬貨の落下音を出すと簡単に釣れる。そのせいもありとてもがよく、みうらさんを捜索する時によく呼ばれたりする。ついでに鼻も利く。
また貴音の影ぷちどるの中では最も受けており、最近は思考パターンが彼女と同様になりつつある。
またになると髪の毛もっさりするぐらい伸び、伸びた毛はゴム紐のように弾がある。絡まることがあるので、後には団子状にまとめるようになった。
になると筍が生え、ツインテールを引っると勢い良く発射される。結構痛い。硬貨を咥えたり、地面に植えてをやっているイラストが描かれたりもした。「うー」「うっうー↓」と鳴く。
秋月律子
りっちゃん事務所の統制役兼、ぷちどるの世話役というかお母さん兼、Pやアイドルたちへのツッコミ隊長にして、実質的なメインヒロインである。彼女がいなければ事務所はとっくの昔に全崩壊しているものと思われる。はるかさん増殖いおビームちびきモンスター召喚、ゆきぽ掘りが原因。
人に慣れにくく巨乳嫌いのちひゃーが懐くなど、世話焼きっぷりはかなりのもの。また言葉で理解できているのかいないのか、初期よりぷちどる達の意思表示を理解している。反面、怒らせると増殖中のはるかさんでも怯えるほど怖い。小鳥さんく、何もつけていなくても「の形相が見える」とのこと。
やよい同様に増殖したはるかさんを元に戻せるが、こちらは「統制」の形でスマートに戻すので安心。
登場アイドルの中で一、明確にPに対する心が描写されたりしているが、素直になれないツンデレ。そのPへのツッコミに関してはハリセンの他、ジャーマンスープレックス、ボートによるモンガロン轢き逃げアタック体当たり、ローリングソバット、シャイニングウィザードなど容赦がなく、毒ヒェンテュラヒル状の軟体生物)のの物大量一気食いをさせた時の笑顔はとてもらしく、美しく、恐ろしかった。
亜美・真美温泉地のお土産として買ってきた般若の面が、二刀流ハリセンと共に標準装備。この時に取るポーズ地鳴動の構えと呼ばれている(モンハン双剣人化のようなモーションも取る)。前述の般若の面に加えて、といったメガネ屋であふぅが持ってきた一級品フレーム(即決&分割払いで買おうとしたがに止められた)や、巫女の体験バイト中の千早が薦めたの面(最終的にPに買ってもらった)を欲しがる等、強面のものがお気にいりらしい。
時おり壊れてしまうこともあり、その際は伊織ツッコミを務める。
ちっちゃん(命名・小鳥
ちっちゃん小鳥さんが拾ってきた律子っぽいぷちどる。小さな体でノートPCを操り、律子並の事務作業と他のぷちどるダメ人間導・世話をこなす。
銭に関しては律子以上に厳しい等、生で少々怒りっぽい
他のぷち達が気で持った羽子を持てないぐらいには非だが、ハリセンは手に染むらしい。それを猛な勢いで振り回し、ライオンすら一撃でKOしたことも。
また律子同様プロデューサーに弱く、あふぅがひっついてると嫉妬心から引きはがしたり、頭を撫でられただけでのぼせあがってしまうほど。
「めっ!」「もー!」と鳴く。どうやらこの鳴き外人にも通用するらしい。
唐揚げが大好きであり、銭関係には厳しくてもこれだけは例外らしい。
また貴音あふぅなど、最近は周囲に流されて「ダメ」になってしまうシーンも見られる。
三浦あずさ
あずささんA級ジャンパー普通海外地球の裏側)あたりまで迷う。765プロ事務所ロッカーに入ったと思ったら社長室から出てきたりと、間操作を疑うような描写もある。
性格は原作に近く、気難しいはずのいおをあっさり手懐ける程、おっとりで温厚で性的。ゆえに少々抜けているところも。ただし時々勢い余ってがりすぎる。また彼女も怒るとかなり怖い一面があるようで、言や一言でPや千早を威圧したことがある。
アグレッシブな一面もあり、伊織を幾度か拉致して抱えて仕事現場へ向かっている。その他に亜美拉致したことや、アニメ版では貴音こあみ・こまみと組んで千早拉致したことがある。ボケキャラ貴音も、あずさ相手ではツッコミ役となることが多い。
そこにいるだけで「どたぷーん」という擬音がつく程のナイスバディ。ちひゃーからは幾度と威嚇されているが、その性格ゆえ懐柔してしまうことも多い。
自分似のぷちどるであるみうらさんのことは「みーちゃん」と呼んでいる。
みうらさん(命名・春香
みうらさん頭上設置ボソンジャンプ装置。やよい伊織エジプトで発掘したあずささんっぽいぷちどる。何故かの中で寝ていた。
あずささんに輪をかけて温厚であり輪をかけて迷子体質。それどころか、大きな音で驚いた場合や、両手でパンッと鳴らせば間跳躍をする。突発的なものだとランダムに跳ぶが、事前に意識すれば思ったところに跳べるらしい。日中日本から日中アマゾンに跳んだこともあるので、時間軸を視している可性が高い。
ぷち仲間に対してはあずささん同様スキンシップをしたがり、ちひゃーがぐしゃぐしゃになるぐらい撫で回したこともあった。
「あらー」と鳴き、「こたぷーん」と擬音が出る。
基本的に住所が不定であり、寝るときは伊織亜美・真美など様々なを転々としている。日中765プロ事務所では際に座っていることが多い。
ここ最近は、確信犯的なジャンプで他のぷちどるたちの拉致を敢行するようになった。一人での移動は寂しいらしい。な犠牲者はちひゃーである。
水瀬伊織
ぱっつんいおりん恐らくこの作品一の苦労人でツッコミ役。しょっちゅうPやよい貴音ぷちどる達に振り回されている。千早律子暴走した際には彼女らにも容赦なくツッコむことがある。
Pややよいに巻き込まれる形で過酷なサババル系の仕事(先述の「高槻ゴールド伝説」関係が多い)を多く割り当てられている。初期の頃はこれらの仕事をあからさまに嫌がり、撮影中に逃げ出すことや、やよいあずさに連行(拉致)されて現場に向かうこともあった。サババル系以外の仕事が来ると、それが時期はずれのものであったり、「新罵りショー」のような企画であっても感していたほどである。
箱入り娘のため、を捌くことができず、また大工仕事を打ち付けたりしたこともあったが、気がつくとウサギの彫刻を彫ったり、エジプトロケで示を出す側になったりと、たくましく成長している。6巻以降は貴音理やり教えられたという棒術四条流)をいおビームとともに使いこなすようになり、未知生物相手でも互に戦えるようになった。
現在ではどのような企画であれ、やよいと一緒に仕事が出来ることに喜びを感じているようであり、彼女と組んでかつての自身とは逆にアイドル拉致する立場へ回ったこともある。その犠牲者第一号貴音(幾度と彼女に振り回されたことに対する恨み込み)。また「水瀬プラチナシリーズ」として「高槻ゴールド伝説」の生番組を持つにも至っている。
伊織似のぷちどるであるいおゴキブリが大の苦手だが、伊織然としていた。「高槻ゴールド伝説」で慣れてしまったのか、コウモリ、蛭などにも動じる気配がない。
驚いたりすると「デチョーン」「でちょっ」と擬音が出る。
いお(命名・美希
いお美希の部族からおにぎりで引き受けた伊織っぽいぷちどる伊織のようにわがままで気分屋だが、伊織のようにツンデレで寂しがり屋でもある。
また人見知りの側面もあり、雪歩と一緒になった時は会話が進まず硬直したことがある。現在伊織に住んでいて、伊織と一緒に雪歩ラジオを聴いている。
額からチャージ式のビーム(出を落とせば照明代わりにもなる)を発射できる。ゴキブリが大の苦手。半ば錯乱して事務所ビームを乱射するほどである。直撃してもコゲるだけで死にはしないらしい。「もっ!」「キー!」と鳴く。
菊地真
真割と原作に近い「まこまこりん♪」な女。普段はツッコミ役である律子暴走時のツッコミ要員。女性に人気がある事と、あふぅに男と認識される事にコンプレックスを抱いている。そのため、「可愛い」と言われた時はえたり号泣したりしている。可愛いらしい装にはそれなりに関心があるようで、結構スカート穿いたりもしている。
スポーツ系の仕事を割り当てられることが多いが、やよい伊織らの逞しさには敵わないことも多い。またドラマメインヒロイン役を割り当てられた時には、女性としての魅に自信を持てず、ふて寝してしまったこともあった。
まこちーを見て一惚れし、マジにして「お持ち帰りで」宣言をしたりも。と争った末にまこちーを引き取ったが、しょっちゅう暴飲暴食させてはでっぷり太らせており、やよいに窘められたことがある。その度にジムダイエットをしに行くのはお約束パターンと化している。
原作通り空手もたしなんでおり、まこちーに伝授した。しかしなぜかまこちー空手ではなく、どこをどう間違ったかプロレス技を習得した。
まこちー(命名・美希
まこちー美希がどこからか拾ってきたっぽいぷちどる邪気で素直、スキンシップが好きな癒し系。「まきょっ」「やー」と鳴く。そのらしさからか、雪歩ラジオ番組でレギュラーの座を獲得した。
空手の練習で何故かプロレス技を覚えた。フィニッシュホールドはまこちースペシャル。今のところ被者は亜美。「鉄拳」の雷神拳も何故か披露している。その後、連拳・風神拳・奈落払い・六腑砕きを習得しており、師匠が「あの方」である事が判明する。
格闘ゲームも得意でゲーマー亜美・真美が手も足も出ないほど。
太りやすく痩せやすいようで、正月による暴飲暴食をさせられただけででっぷり太る。しかし僅か三日の運動で元に戻る。
双海亜美・真美
きぐるみとかち765プロ最大のトラブルメーカー。最初にぷちどるを拾ってきた面子である。
イタズラ好きであるが、ぷちどるやよフリーダムな周囲人物に振り回されることが最近は多く、ツッコミポジションとなるケースも見られる。たかにゃを引き取ったが、たかにゃハイスペック振りの前に手も足も出ないらしい。
仕事では亜美・真美共に愛知万博の「モリゾー」そっくりな着ぐるみを着用することが多い。この着ぐるみはお気に入りのようで、電車での帰宅時にそのまま着用していることがある。
亜美は「高槻ゴールド伝説」の準レギュラーとなっており、伊織やよいと同様に逞しく成長している模様。また、仕事ダブルブッキングした際に真美が上記番組に亜美役で参加したこともある。
初代版の原作設定に基づき、漫画版では基本的には「2人で1アイドル」として活動しているが、片方が着ぐるみを着用する形で共演したこともある。一方でアニメ版においては魚釣りレポート番組のリポーターを2人で務めるなど、双子であることが一般に表されていることをほのめかすシーンも見られる。
こあみ・こまみ(命名・意外にも千早
ぷちます!について語るスレ#1554あずささんボソンジャンプ迷子の末、どこからか拾ってきたぷちどる貴音にとてもよく懐いており、貴音もとても可がっている。また、ぷちどる随一のいたずら好きであり、この二匹がいると騒ぎが絶えない。こあみが「とかー」、こまみが「ちー」と鳴く。
こあみ・こまみの名は発見者あずささんの発案により、壊滅的な命名センスあずささんの気で押さえ込んだ千早によってつけられた。その面倒を見ることとなった貴音には「あなたもやればできるのですね」と評されている。
星井美希
美希基本的に「ゆとり」「未覚醒」状態でやる気ムラッ気があるアイドル。普段は事務所のソファーかコタツで寝ていることが多い。
またアイドルでは亜美・真美に次いでイタズラ好き。その上、海外に行くたびにぷちどるおにぎりと交換して引き取ってきたり、社長飛行機チケットを頼まれた際はとんでもない行き先のものをとってきたりと、自覚トラブルメーカーである。
アイドルとしての才自体は高く、また天才さは健在であり、料理番組出演時は人参包丁を彫ったりもした。
仕事に対して「めんどくさいの」とやる気のない姿勢を見せたり、トラブルを起こしたりする度、律子ハリセンで「導」されるのが慣例化しており、彼女が不在の時でもハリセンを見ただけで動揺することがある。
プロデューサーに対しては、作ったシチューを褒めてもらいたがる程度にはなついている模様。おにぎりを巡ってはあふぅライバル関係を認め合っている。「みきっ!」と擬音が出る。
あふぅ(命名・恐らく亜美
あふぅゆきぽと共に、最初期に発見された美希っぽいぷちどるこあみ・こまみ並のいたずら好きであり、さらにおにぎり大好き。それ以外の時は大抵寝ていて、事務所で寝ている場合はしょっちゅうゆきぽの寝床を独占している。
になると発情期を迎え、茶髪状態になり、鳴きも変化アホ毛ハートを彷彿とさせるような形へ変形している。P、社長、そしてにとてもよく懐く(顔面ハグしてくっつきっぱなし)。この時期は少々甘えん坊になるようで、引きはがされると泣き出すほど。
ぷちどるにとっての長さの基準とされており、「1あふぅ」、「2あふぅ」と計算されている。「あふぅ」「ナノッ!」、(発情期のみ)「はにぃ」と鳴く。
我那覇響
事務員響割と原作に近いツッコミ要員。貴音ぷちどるなど個性的なメンバー暴走に振り回されることが多い。若干アホの子。あとまゆげ
動物好きで、初期の頃はぷちどるだけでなくやよいもお持ち帰りしてペットにしようとしたことがあった。ときどき餌の問題でストライキを起こされる。
ぷちどるを飼いたいと思っては不発する毎日であったが、最終的にちびきと出会う。やよい同様、初期よりぷちどる達の言葉を明確に理解できる。
世話好きという性格もあってか、ぷちどるの面倒を見る機会が多く、動物感覚でその暴走をあしらうことにも長けている。また人手不足で小鳥に嘆願されて以来、765プロ事務の手伝いをすることもある(事務員響)。
連載当初は別事務所961プロ?)所属のように描かれ、美希たちに呼ばれて765プロに遊びに来ているという設定であったが、いつの間にか765プロ所属メンバーとして描かれるようになった。単行本5巻以降、やよい伊織亜美たちと共に「高槻ゴールド伝説」の準レギュラーとなっている。
ちびき(命名・
ちびき貴音の命を受けたこあみこまみがどこからか(恐らく沖縄から)捕獲してきたぷちどる。性格はに似ており、元気で陽気で大雑把。自分からで暮らすと言い出し、住み着くことに。自称:沖縄出身だが、沖縄の事を余り知らない模様。
また、ぷちどるの中では最も言が堪で、常人でも較的理解しやすい。あとまゆげ。「だぞっ!」「あがー!」等と鳴く。
泣くと怖い動物ちびきの友達らしい)を召喚する。クマはもちろん、ボルボレヤマタノオロチなんかも呼び出す。 花粉症や笑い泣きでも召喚してしまう。いおにゴキ教室をしておきながら自身もゴキがダメ。
泣いて動物召喚するのを脅しに使ったことがあるなど、最近は色々と学習しつつある。また的あって動物を召喚する場合、涙を出すべくハリセンを横向きにして頭を打つことが多い。結構身体ってます。
四条貴音
貴音ぷちどるトランプと食べる事をこよなくするお人。原作(特にSP)にあるような高な面はほとんど見せることがなく、強引かつどこか抜けた性格をしている。
ぷちどるの仕を見てはニヘラ顔になったり鼻血をたらしたりし、いつも突拍子もない言動で伊織など周囲人物を振り回している。ぷちどるの気配を感じ取ると、どこからともなく仕事を放り投げてでも参上することがある。またコタツの季節にぷちどると一緒に居られなかったため号泣するなど、かなり涙もろい側面もある。
からは「そんなキャラだっけ?」と言われてしまったことがある。
にはこあみ・こまみやよぷちどる3名を住まわせている。その面倒見はかなり良いようで、よく慕われている模様。その他のぷちどるではゆきぽまこちーが特にお気に入りらしく、彼女らを弄るシーンがよく見られる。
千早並みの壊滅的ネーミングセンスを持つ。…が、こあみこまみの命名時は千早を外に閉め出したりもした。
登場人物中、一吹き出しの形と台詞フォントが違う。また「しじょっ」と擬音が出る。
同様、最初は別事務所所属で765プロをしばしば訪れているように描かれていたが、いつの間にか765プロ所属メンバーとして活動するようになった。寒そうにするぷちどる達のためと称し、事務所コタツを持ち込んだ本人でもある。
初めのうちはぷちどるの擬音(言葉?)が理解できず、全に理解できているやよいを「物の怪の類」と言ったこともあるが、いつのまにか普通に会話できるようになっており、ゆきぽしっぽのことまでもを理解している。
たかにゃ(命名・恐らく本人)
たかにゃ貴音っぽいぷちどる亜美・真美が面倒を見ているらしい。は出せるが基本的に2音節しか話せないため、普段は筆談で対話をはかる。しかし基本的に単単位な上、その単貴音同様の独特なセンスで用いるため、意思疎通は意外と難しい。
普段はむすっとしているが、実は泣き。「ホロホロホロ」と泣く。
色々とスキルが高く、の上を高速で走ったり、ゲームも何戦やっても勝つことができないほど強い。筆談用を武器にすることもあり、切れ味はかなり高い。
怒ったり寝ているときにいたずらされると風車状の手裏剣を投げる。その他にも「忍者」を想起するような行動をとったりすることが多い。
音無小鳥
音無小鳥765プロ事務社員。「ダメな大人」と表現されることが多いが、流されたり巻き込まれたりしやすいだけでそこまで酷くはない。本人は悪いことをしていないのに叱られることがある不憫な人でもある。
ぷちどる可愛いものに弱く、ぴよぴよに一惚れした際は「おつきあいを前提に結婚したい」と口に出してしまったほど。
温泉旅行こあみ・こまみと一緒に寝た際、二匹がかりで顔面に乗っかられ窒息により危うく昇天しかけたこともある。ちひゃーといい、ぷち達と一緒に寝ることは命の危険を伴うらしい。ちっちゃんを引き取っており二人って出勤している(ちっちゃん持ち帰り専用バックあり)。
3年連続で町内会のくじ引きで旅行を引き当てており、「くじ引きの女王」との異名がある。旅行を通じて本人はアイドル達との「アバンチュール」を論んでいるが、不発に終わることが多い。他にも遊園地のチケットや焼き肉の招待券などを引き当てている。
しばしば酔いつぶれるほどの好きであり、そのことで幾度かちっちゃんに窘められたこともある模様。
ぴよぴよ(命名・何と千早
ぴよぴよ小鳥っぽいぷちどるちっちゃんと共に、765プロ事務仕事の手伝いをしている。ひょっとしたら小鳥より有能かもしれない。
命名の経緯について何が恐ろしいかというと、「ゴンザレス」を経ずに「ぴよぴよ」と命名された事に尽きる
キンシップは少々苦手な模様。また実は飛行可であり、Pを抱えて浮くほどの浮を持つ。弱いらしく二度寝することも。一、自分から765プロを訪れたぷちどる。「ぴっ!」「ぴー!」と鳴く。
最近、飛ぶことに慣れてしまって歩き方を忘れつつある。
プロデューサーCV:間島淳司)→間島PマジP
プロデューサー首から上がPの立体文字でできている。ぷろとん作の公式四コマ漫画やそれに準拠した2次創作で良く見掛けるPヘッドタイプと違い、文字の左側面が顔の正面となっている(ポンキッキーズPちゃんのような感じといえば近いか)。
いろいろと仕事を取ってきている描写があるので有能Pなのだろうが、すぐに調子に乗ってなにかをやらかすため、律子伊織のキツイお仕置きをよく受ける。
ぴよぴよ事務所に案内しようとしたり、カメラマンとして美希の撮影をしていただけで不審者と思われ警察に連行されるなど、割と踏んだり蹴ったり。
体格は筋肉質で意外と逞しい。一気食いの後や、漫画を觀る限り、結構若く、視はあまりよくないようだ。因みにその一気食い後日や公式漫画(本気時)の時の顔は、「アホ毛くてメガネを掛けたで更にイケメン」と言うのが妥当。
営業先では2種類の被り物(というか変装マスク)をしてテレビ局などを回っており、美希伊織からは「カッコイイけどなんかムカツク」という奇妙な評価を受けている。
最近は警察対策なのか、仕事やプライベート時のアイドル達の前でも被り物をする機会が多い。被り物をしている際は、基本的にツッコミキャラとなる。
社長
社長?もっと踏んだり蹴ったり。特に何もしていないのにロクなに遭わない不憫な人。
密かに自分のぷちどるが欲しかったりする。(漫画版ではるかさんぷちどるサイズ社長に変装させている)
まんぜう屋のおばちゃん
765プロ近所の和菓子の肝っ玉かーちゃん。
ぷちたちの言葉を理解できるだけでなく、増殖するはるかさんちびきの出す動物たち、いおビーム攻撃に全く動じなかったり、万?)の製法に通じていたりと万である。異名は「俵の女」。
ちなみに32歳でお酒はダメらしい。漫画版のみに登場。
とんがったのひと
765プロの取引先の偉い人らしい。
見たは強面ながら物怖じしないちびきを気に入ったり、まこちーに技を伝授したりと何くれとなく面倒を見ているいい人。律子やよいが演じていた演劇を気に入って全でやろうと提案するなど、どっかずれている?ような面もある。
同じバンダイナムコゲームスの顔と云える作品のあの方と思われる。漫画版限定のキャラ
と、思ったがアニメ2期に登場した。
スペパププ
スペパププ雪歩く「美味しく」て「可愛い生物(同じ反応をあずささんもしている。美希やよい伊織貴音は図鑑や実物を見たり思い出したら色んな意味で驚愕していた)。
性格はいたって温厚で、迷子になったちっちゃんあずささん貴音の元へ送り届けたり、住処である洞窟に迷い込んだ雪歩たちを迎えたり、律子が教えたらお宿を建築して営業していたりと野生動物?らしからぬ行動が見られる。「ぶもー」と鳴く。
伊織はPによって踊り食いをさせられたことがあり、サババルロケに慣れた今でもトラウマとして心に残っている。
特大化した個体もあり、これはぷちどるだけでなく人間も載せて運ぶことが出来る。
クマ
ちびきの召喚動物の一。アラスカ出身。アニメ版では退屈そうにしていたぷちどるに構ってあげていたことがある。最近、まこちーとタッグになり大会に出場した。
コカトリス
ちびきの召喚モンスターの一。さん。人間やぷちどるを載せて飛行することが出来、みうらさんはるかさんと共に765プロメンバーの移動手段として使われることもある。名前は「小次郎」。出身地はなぜか目黒らしい。
ボルボレ
ちびきの召喚モンスターの一。鳥じゃない方千早伊織サババルロケに赴いた際、ちびきが泣いて召喚したモンスター。その正体はオウガテイル
ヤマタノオロチ
ちびきの召喚モンスターの一。伝承通り高志(越の)出身。コカトリス同様に移動手段として使われることがある。
エレファフィレロ
ちびきの召喚モンスターの一。発音が難しく、ちびきでもきちんと呼ぶことが出来ない。品川出身の模様。
ユーレイさん
ぷちどる達と取りに出かけた際、寺で遭遇した幽霊三白眼がプリチーな恐らく女性。後にで、ドラえもんスタイルで生活している。
には場の冷房扱いされており、膝枕してもらうと肌寒いというか全自動ナイトメアでもあるため、距離を置いてもらうぐらいが丁度よい。
ちびき召喚獣リストに名を連ねており、特技はペン連打周回。幽霊うんの以前の問題で怖い。かなり世俗的で現在の生活を満喫しており、成仏or墓暮らしするのを嫌がっている。
天の声CV:大川透
ナレーション担当。
とてもダンディ癒し系ボイスナレーションを担当してくださる。実はぷちたちには聞こえているらしく、ゆきぽを過ぎても起きなかった際には、「起きなさい!!」と叱りつけたことがある。

CDドラマ

ゆきぽ2作画ストーリー原案・ジャケットイラスト明音アイドルぷちどる達は原作ゲームと同じキャスティングナレーション大川透題歌『ぷちどるのうた』は作詞yura、作・編曲佐々木宏人ドラマCD化に伴い無口ゆきぽが啼く様になった。

2011年4月27日発売の1巻は音無小鳥&ぴよぴよ以外はiM@Sオールスター出演。滝田樹里が産休中に収録されたためと思われる。脚本は高橋龍也ぷちどるの登場はCDに収まる様に変更をされているが、概ね原作物語を踏襲しつつ、CDドラマとしてのオリジナルエピソードが盛り込まれている。

同年7月27日に2巻が発売。

アニメ化

第1期 - ぷちます! プチ・アイドルマスター

ぷちます!について語るスレ#12632012年9月23日アニメ化が発表され、2012年10月20日には番組の配信予定が発表された。

2013年1月1日よりニコニコ動画アニメイトTVで配信、毎日配信(1話2分)。

ナレーションドラマCD版と同じく大川透が務めた。

2016年4月、急遽『ウルトラスーパーアニメタイム』での再編集版の放送が決定し、同放送開始のSEASON 4の3本として放送中(放送予定だった別作品が放送延期したことによる埋めである)。

2013年1月 2013年2月 2013年3月
話数 タイトル 話数 タイトル 話数 タイトル
第1話 っちゃなぷちどる 第24話 っちゃなふたご」 44 ちばんはだれ?」
第2話 つものふうけい」 25 ねくねくにゃぁ」 45 いにけっちゃく!」
第3話 わやかなはじまり」 第26話 うかあ 第46話 ってってー」
第4話 うかくわれるか」 第27話 んぱりことり 第47話 ごとですから」
第5話 あわせ」 28 るとん? 48 るかな?ポロリ
第6話 いしょうなし」 第29話 —じほっこり 49 きわきかーにばる」
第7話 ーるどわいど」 30 ぁきづいたらえじぷと」 50 いしをかけたたたかい」
第8話 ろいろなたいけい」 31 こにひそんでる」 51 なたについていく」
第9話 いなかま」 32 じきこく」 52 んでこうなるの!?
第10話 ぜかむじんとう」 第33話 んとにだめ?」 53 びはみちづれよはなさけ」
第11話 っこんらぶ」 34 かまえたっ」 54 っぴきならぬ!」
第12話 こされたひと」 35 かぺかおでこ 55 いや!そいや!」
第13話 つもどおり」 第36話 らいどをかけて」 第56話 かんす!?
第14話 きいっぱつ!? 37 どあることは」 57 こやかないちにち」
第15話 うかんべんならぬ」 第38話 れいがーる」 58 っつしょーたいむ!」
第16話 どかないちにち」 39 んげんふしん」 59 うこんのいちげき?」
17 ちどるのことば」 40 っとだぞ」 60 はやこれまでか!?
第18話 ゃん♪ちゃん♪」 41 きあいあい」 61 ちおつかい♪」
第19話 っさりふっさり」 第42話 あめんだいすき」 62 たくちくたく」
20 いはともをよぶ」 第43話 ってかぶとのおをしめよ」 63 うにかこうにか」
21 きえ」 64 いはともをよぶ」
22 しんでんしん」
23 てるかな?」

第2期 - ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター

ぷちます!について語るスレ#12912013年9月21日幕張メッセで開催されたTHE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP! STEP!! FESTIV@L!!!いて、アニメ版の第2期の製作が決定したことが発表された。

2014年4月よりニコニコ動画にて配信開始。また、それに先んじて同年1月には、1期の再配信も実施された。

詳細は「ぷちます!!プチプチ・アイドルマスター公式サイト」にて。

1期に引き続き1日1話の配信だが、4月17日・16日・15日、5月7日・6日・5日、6月27日・26日・25日は、765プロにちなんでポイント2倍感謝デーとして日2話の放映とされた。

2014年4月 2014年5月 2014年6月
話数 タイトル 話数 タイトル 話数 タイトル
第1話 「Pから生まれたPたろ 第26話 はるかさん像()をせ! 51 「うぉ~た~どろっ
第2話 「きんぐおぶくちべ 第27話 「やっぱりいつも 52 「お染みの1に
第3話 「意外な伝えか 28 やよいおいまじねいしょ 53 ごゆるりだいえっとろぉ
第4話 「鳴らぬ 第29話 ウルトラスーパーミラルアイドルの誕生 54 の拳!緊急すくらん
第5話 ラジオでいつも 30 なふた 55 あふぅでんでんむし
第6話 「2人の仲はお 31 ぴーっ!ぴぴぴ 第56話 「勝ってみせる
第7話 「歌える幸 32 ミラルコ 57 「お留守番ま~」
第8話 「あっぷっぷ 第33話 が名はP!の趣くまま 58 「口パクぴった
第9話 風邪ひいちゃった 34 「あら〜なたいし 59 「なんてこっ
第10話 「まるで湯たん 35 「魂のトークバッ 60 「わっくわくな私た
第11話 「たまにはのんびりしてみる 第36話 ちひゃーセレナ 61 「マダゼスチンサイダー!な
第12話 「遅れてワンテン 37 図書館まるえが 62 の日のあうとど
第13話 「おしごとのけっ 第38話 今日メガネの気分か 63 音無小鳥を囲むか
第14話 「哀しみよNOモ 39 「新品メガネはぴっかぴ 64 たかにゃデキる子ムテキな
第15話 「Before→アフー」 40 ぷちしりとりたいか 65 末くえす
第16話 「Re@Before→アフー」 41 「イタズラ大好き 第66話 「言えないこと
17 小春日和でぽっかぽ 第42話 せお宝!1点とっ 67 「わぁるど・おぶ・えんそ
第18話 音無小鳥のばあ 第43話 ラジオDE着ぐるみ 68 プロデューサーのひみ
第19話 ちっちゃんのひみ 44 「みっしょんぷちぽっしぶる 第69話 とかちつくち
20 「あの手この 45 「あの店のゆく 70 「これが世のつ
21 ほっこりおみあ 第46話 四条貴音くら 71 「Pの
22 はぁときゃっちぐらび 第47話 「昔々のものがた 72 「はじめてのあどべんちゃ
23 「ごーるでんあー」 48 貴音の在りか 73 「おもいめぐら
第24話 はるかさん像()を 49 I don't クラ 第74話 「食って寝て遊
25 はるかさん像()を 50 「いっつ!しょ~たい

関連動画

公式

MAD動画

関連チャンネル

関連商品

掲載誌『電撃マオウ』

単行本

ドラマCD

BD/DVD

キャラクターソング

シリーズタイトル名は「PETIT IDOLM@STER Twelve Seasons!」で、各CDメインアイドルナンバリングイメージは、各アイドルの誕生と合わせている(但し、亜美・真美と誕生が同じ伊織は、他のアイドル達と被らない9月に設定されている)。また、歌詞カードの裏側が2013年の各カレンダーになっている。

CDには全て新曲ソロが収録されており、そのタイトルは以下の通り。

Vol.( アイドルぷちどる 新曲ソロタイトル
1月 四条貴音 & たかにゃ リンセス~「Princess Snow White
2月 如月千早 & ちひゃー ョコ fondue
3月 高槻やよい & やよ ほろば
4月 天海春香 & はるかさん イッチオンSWITCH ON
5月 双海亜美・真美 & こあみ・こまみ キッ♥ラブアトラクション
6月 秋月律子 & ちっちゃん ェディングベル WEDDING BELL
7月 三浦あずさ & みうらさん ーン of fortune
8月 菊地真 & まこちー ーイドン!!
9月 水瀬伊織 & いお イヤルストレートフラッシュ
10月 我那覇響 & ちびき あわせのレシピ
11月 星井美希 & あふぅ ローゼットCloset Fashion Lover
12月 萩原雪歩 & ゆきぽ がいひとつ

また、アニメ2期のタイミングで新たなキャラクターCDシリーズタイトル名「PETIT IDOLM@STER Twelve Campaigns!」)も発売された。前シリーズとは異なり、2組のアイドル/ぷちどるで1枚の構成となっている。

やはり新曲ソロが収録されており、そのタイトルは以下の通り。

Vol. アイドルぷちどる 新曲ソロタイトル
1 高槻やよい & やよ ンゲキハッピーエコロジー
水瀬伊織 & いお ピソードラブ」
2 四条貴音 & たかにゃ きノさくら
我那覇響 & ちびき んと うみの しま「
3 秋月律子 & ちっちゃん ュー アンド エー 「Q&A
天海春香 & はるかさん えむきでゆこう 「前向きで行こう♪」
4 如月千早 & ちひゃー っくりとゆっくりと」
菊地真 & まこちー いせつなひと」
5 萩原雪歩 & ゆきぽ -ル-ル 「Pu-Ru-Ru」
星井美希 & あふぅ ャンピオン
6 双海亜美・真美 & こあみ・こまみ っきりハピバ」
三浦あずさ & みうらさん ックザスカイ「LOOK THE SKY

キャラクターチャーム




関連項目

ぷちます!について語るスレ#1235

関連外部リンク

ぷちます!について語るスレ#215

上記外部リンクドラマCDの試聴が可アニメイトTVと電撃オンラインの試聴配信内容は異なる。


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%B7%E3%81%A1%E3%81%BE%E3%81%99%21
ページ番号: 2808532 リビジョン番号: 2399710
読み:プチマス
初版作成日: 09/04/15 20:11 ◆ 最終更新日: 16/08/28 21:48
編集内容についての説明/コメント: まこちーといおは原作で美希が名付けたことが分かる描写があるため
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


どるふぃん

あにめからー

 

 

これが俺の本体のイケメン顔だ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ぷちます3分クッキ...

ぷちます!について語るスレ

2006 : ななしのよっしん :2015/06/28(日) 16:44:47 ID: PrnrklasLB
モブぷちどるが居ないのは何故だろう
2007 : ななしのよっしん :2015/07/08(水) 16:37:19 ID: YXcqReKaiZ
シーズン1・シーズン2共に放送時期があの・・・いや、なんでもない
2008 : ななしのよっしん :2015/07/19(日) 09:00:54 ID: FewdqAZpOg
アイマス10thライブ1日の直前挨拶マジPとともにぷちどるが登場!
とある4人組に扮したぷち達が可すぎる オチはいつも通りだったw
2009 : ななしのよっしん :2015/07/29(水) 17:41:59 ID: g5NXMsfbj6
>>2004
一番最初の頃、律子をとかされながら笑顔だったよ

10thのアニメライブBDのみ収録なのかな、また一挙放送やって最後に付けてくれたら嬉しいな
2010 : ななしのよっしん :2015/12/16(水) 19:47:11 ID: tVo7J7aAKZ
ぷちどるナンバ(手の振り方が左右逆になる歩き方)が出来ない!?
2011 : ななしのよっしん :2016/02/11(木) 15:55:47 ID: iP69XZkPZ+
最近2期のアルバム聞いてる。特に「しっくりとゆっくりと」最高だな、なんかせつなくていいね・・・
ぷちます系もいい曲ぞろいなのに、残念だぜ
2012 : ななしのよっしん :2016/04/03(日) 19:48:35 ID: 5R+RTJKfZF
クールウルトラスーパーアニメタイムで1期やるっぽい
ふとBSの番組説明みてたらぷちますの名前あったんだが・・・
2013 : ななしのよっしん :2016/04/04(月) 01:31:58 ID: YT8cmillwc
見た感じ順番的に影鰐の後で番組の最後だな。
2014 : ななしのよっしん :2016/04/10(日) 12:36:42 ID: 3xtj9BjsaH
落ちた埋めだけど嬉しい
2015 : ななしのよっしん :2016/04/25(月) 01:59:05 ID: qB95TSsjYe
ジョジョ大川さんとはまた違った大川さんが聞けて今期は非常に充実している
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015