単語記事: ほめ俺ら

編集

ほめ俺らとは、PlayStation®Homeに登場した俺らのことである。

登場

2009年2月――PlayStation®Homeに突如爆誕したほめ春香は、く間にアイマス界を混沌の渦に巻き込んだ。

あれから約1年。

PlayStation®Homeに、今度はらがやってきた・・・!

概要

PlayStationHome内で開催された「THE IDOLM@STER SPECIAL LIVE」において、スペシャルライブを行うことになった春香雪歩千早の3人を応援するため、アバター用にアイドル応援グッズが用意されることとなった。

リストバンドにハッピ、はちまき、サイリウムに至っては3本持ち・・・これらを全て身にった姿、々はこの男を知っているッ!

 

 

どう見てもほめ俺らです。本当にありがとうございました。

親衛隊結成

発表当初はイベントの成否が疑問視された本ライブだったが、よく訓練されたアイマスファンはここでも恐るべき団結ぶりを見せつけた。

応援アイドルごとに別れていの応援衣装に身を包み、最前列の一般客に迷惑をかけぬよう中盤に取り、一糸乱れぬポーズで待機し、いざ本番となれば全コール・拍手を打ちライブを盛り上げる。それはまさに親衛隊と呼ぶに相応しい集団であった。


             ._. _        _
            ////  __   ,-"::::::∠二ヽ 
            //////  /:::::::::/_,-‐ニ,,〉                 _      _、  _,-
           _/////    i:::r-、;;r'  "''',             _ -<ヘ _,, -"= ->'"
         / ミミヘ     ./';:ゝ-      >        _ - ": : : : : : ',#〉_ ,,―ツ="
        ./ /_ツ _./     //./ ∧      ',   _,, - ": : : : : : : : : : : : : :',# /
       /  / ""     /./ / ソ |  `" ,,<_ -": : : : : : : : : : : : : : : : : :_/,-'
     __/  i      _/ /./ /-i    レ'|::::',: : : : : : : : : : ::_,, - "
  ,<./、 _ '_ -‐ ": : : : : : : :/::〈` ‐-‐"  |:::::',: : : : : : : : /
  .|#"#/: : : : : : : : : : : : : : :|::::::',     |::::::',: : : : : : : i
  |#/: : : : : : : : : : : : : : : : ::',::::::',     ',:',: : : : : : i
  ',##/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',:7::',     ',:',: : : : : i
   \ ̄: : : : : : __: ::- "\: : : : : : : : :',::6:',     ',:::::::',: : : : i
     ` - "        \ : : : : : ',::5:',    .',::',: : : :|

 

要するにPSHomeでも俺ら俺らだったという話。

巨大化する親衛隊・・・分隊化の歴史

最初に、2ちゃんねるアイドルマスター本スレギャルゲー板)とHomeスレゲー)にてPS3タグ開したつわものがいた。自然と彼は「団長」という呼称になり、ほめ春香並びに親衛隊からされ敬われる存在となる。
ただし変態

しかし、彼のタグに対してフレ登録は間的に最大値(100人)に達する。そのころ現場では、親衛隊に合流できないという阿鼻叫喚の事態に。

これを乗り越えるために、半ば自然発生的に「分隊(第二分隊)」が産まれ、団長のいる隊は「本隊」「第一分隊」と呼ばれるようになる。

当初「第二分隊」は、あくまでも「本隊に合流できなかった人たちの避難所」的な立場だった。
しかし次第に「団長」と直接フレ登録もできず、「本隊」のいるサーバーににジャンプすら出来ない隊員が増えたため、第二分隊長へのフレ登録を行い、メンバー分割した。以後ライブ開始時間には「第一分隊」「第二分隊」と別の会場で応援をすることとなる。

「第二分隊」は設立当初より、ほめ春香スタイルの「分隊長」が存在し、彼のハートマークに対する的確な示により、「第一分隊」に負けず劣らずの応援を繰り広げることが可であった。

ただ、設立当初にはほめ春香だけが以上に多く、法被を身にう者は数えるくらいしかいなかった。そこで産まれたのが、「早着替え」「レバキャン」などのテクニックである。(テクニックに関しては後述)

感染拡大 第三分隊

しかし、分隊が二つで済んだのもつかの間、あっという間に団体は膨れあがる。
親衛隊の活動に感化された一般人のほめ化が進み、パンデミックと恐れられるのも時間の問題であった。

この事態に対処すべく、「団長」と「分隊長」の話し合いから「第三分隊」の設立が予定された。

が、予定されると時を同じくして、突如「第三分隊」は産まれた。

「第二分隊」と同じ場所で応援していた「第三分隊長(予定)」が、あまりの人の多さに他の会場へと自的に移動した。これを「第三分隊の設立」ととちりした数名が彼の後を追って移動する。この時「第三分隊長(予定)」は「ここは隔離ですよ」「あくまでも避難所ですよ」と言っていた。

たまたまそこに移動した数名の親衛隊が、一般人・隊と活動していないほめ春香や法被組のに留まり、一緒に応援することとなった。
こうなると最後には引けず、そのまま「第三分隊」として活動を開始することとなる。

「第三分隊」はその設立の流れからして、非常に自由な親衛隊である。特に「第三分隊長」が「常に一般の人と交じって応援を楽しみたい」との考えを持ち、会場は基本的に人が多いところを選ぶことになる。これに呼応した者達が彼に追随し、「第三分隊」の格は固まっていった。

「第三分隊」の応援の特徴としては、会場にいる単独のほめ春香の横に勝手に並び、そのまま巻き込んでしまうというスタイルや、法被隊も非常に緩く、色分けもせずにほめ春香の後ろに立ち、「とりあえポーズとっておけ」状態であった。しかも、ライブ開始数分前までは、法被隊もほめ春香スタイル正座して待っていたため、一般人には「ただの巨大なほめ春香の集まり」にしか見えなかったようだ。

またコールに対するきめごともせず常に流動的で、きちんとった様式美などを見ることは最後までかったが、これが一般人にも受け入れられ、自然と隊員希望者が増えていった。また、ライブ後半の日程では「ライブごとに会場を変える」という荒技までこなし、「没」「の分隊」などという他称もつけられたようだ。

余談ではあるが、「第三分隊」ではライブ前後の雑談時に、なぜか「昭和」が熱くられることが多く、中の人の年齢層の高さを伺わせた。これが心地よく、「第三分隊」に加入した者も少なくはない。

もう誰も止められない 第四分隊

ライブ最終日、やはり「第三分隊」も巨大化し、どうしても応援を共にすることが出来ない隊員が出始めた。これに対して「第三分隊長」は「今回ばかりは人の少ない会場を選ぼう」と、率先し会場探しに出る。どうにか人の少ない会場を見つけるも、まだ合流できない隊員がいたため、ここで一人の隊員がやむを得ずタグし「第四分隊」の設立となった。

「第四分隊長」となった隊員は、以前より「遊撃隊説」を持論としていた(少人数のほめ春香と法被隊でゲリラ的に移動し応援を一般人と楽しむスタイル)。最終日以前にも、人が多いと見るやいなや自ら移動し、多数の会場で一般人と応援をしてきた。

最終ライブ時(最終ライブの再演時だったかもしれない)に応援を終え、「第三分隊」と合流し再演のために移動した会場が、「さっきまで自分が応援していた第四分隊のいた場所」というオチがつき、隊員から拍手采を受けたのはまだ記憶に新しい。

このように親衛隊は分裂を繰り返し、最終的には200名をこえるであろう大所帯となった。分隊化は自然の摂理であり、にも止めることはできなかったのである。

朝も元気だ 早朝組

通常、ライブ20時~26時までの間に開催され、再放送と称して翌日の午前・午後にめて開催された。この午前の再演は開始が6時とのこともあり、出勤・通学まえに一応援と集まる人たちが後を絶たなかった。また、深夜ライブノリでそのまま徹夜し、も参加するという隊員も数人いたという。この6時の回に集中的に参加した親衛隊の総称として「組」という言葉が使われる。

組」は自然発生的に集まることが多く、その分一般の人々との交流は深まっていたようだ。組には、驚くべきことに「スカウト」が存在し、わざわざタグして人集めをしたり、別会場から親衛隊を連れてくるなどして、率先して「組」の安定に一躍買っていた。また、「先生」と呼ばれるほめ春香が、一般人に応援の協を要請したこともあり、の部に負けず劣らずの応援を日々繰り返していた。

ほメイド(ホメイド・Homeメイド春香)爆誕

最終ライブも間近な2月8日ライブ会場は、近づく祭りの終わりに一の寂しさを感じながらも、盛り上がりに欠けることはなかった。しかし、どこかでマンネリ化を感じていることも間違いはなかった。

そこへ突如として、アバターコスチュームとして「チョコ制作中!!」セット女性アバター専用、500円)と「チョコ募集中!!」Tシャツ男性アバター専用、無料)が発表される。

かが、ほめ春香に「チョコ制作中!!」セットを着せた。それが全ての始まりだった。

エプロンレス、頭には三巾、足にはニーソックス、手にはレシピ帳と生クリームの付いたハンドミキサーというスタイルである。

メイドじゃん」

あっという間に隊員達は、マーケットプレースに駆け込み、まるで新曲や衣装DLCを買うようにこぞって「チョコ制作中!!」セットを購入し、自ら身にう。そして自慢げに、「普通のほめ」の前でくるくるとまわり、かわいらしいアピールJPY!」と繰り返す。そしてまた犠牲者が増える。

メイドじゃん」

HOMEアバターは全体的に顔が小さく、また非常に欧的な作りのため、普通に「チョコ制作中!!」セットを着せても、まったく可くない。しかし、ほめ春香は元々「お面」なので若干作りが大きく、これがまた見事に「チョコ制作中!!」セットマッチした。いままで「お面気持ち悪い」などと蔑まされてきたほめ春香、再ブームはここで起きた。

メイドじゃん」 「ちょっとウォレット突っ込んでくる」

各隊では、ほめ組エリアのうち一部を「ほメイド」に当てるなどして対応。これ以降、動画内でも「ほメイド」の姿が見受けられるはずだ。また、なぜかライブ前は全員ほめ春香スタイルで待機してきた「第三分隊」では、最大時には隊員数約40人を数えたが、そのうち約8割が「ほメイド」という、天国とも地とも付かない状況になっている。

応援テクニック

早着替え

法被隊の人数が少ないときに使われる、荒技中の荒技。曲間のMC時に先読みして着替えるか、アイドル登場時のスクリーンの絵柄(サン・スター・ムーン)を素く感知し、それに対応した法被に着替えること。先読み時は会場横のスクリーンに表示されていたマーク雪だるま)から登場するアイドルを予想して着替える。

ただ、回線状況の良くない隊員やHDDの容量が少ない隊員などがこれを行うと、フリーズする状態が起きることがある。重傷者はPS3本体裏の電スイッチを切らなくてはならないほど。軽傷者でも、「アイドル仁王立ちでフリーズ」というも当てられない状況になる。

レバキャン

「レバーキャンセル」の略称。法被隊の人数が少ないときに使われる。コールの発生は、アバターアクションにより出る文字が決まっていた。これを少人数でこなすには、一人で複数の文字を発生させなければならない。必然的に、アバターアクションが終わるまでは、次の文字を同一人物が出すことは出来ない。このアクションを、左アナログスティックを軽く弾いてアバターをかすかに動かすことによってキャンセルし、他のアクションをすることによって、一人で複数の文字を出せるようになる。

一般的には2~3文字がいいところだが、歴戦の勇士になると、一人で4文字まではあまりラグもなく出せるようだ。

コールテクニック

フラット

コール文字を横一直線に出すテクニックタイミングを合わせて同時に出す方法と、ん中のマークを先行させてマーク印にほかの文字を出す方法の2種類が存在する。較的少人数でも可な万タイプ全員タイミングを合わせる必要がある。

千早法被を着た親衛隊が好む

山型

マークを頂点に文字山形に出すテクニック、すべての文字を個別に担当しなければ不可能な技。それぞれの担当とタイミングを合わせる必要がある。

V字型

右端と左端の文字を頂点に文字をV字に出すテクニック。すべての文字を個別に担当しなければ不可能な技。それぞれの担当とタイミングを合わせる必要がある。

ギネス申請

2010年8月29日トロ夏休みイベントバーチャルライブ動員数世界一としてギネス申請準備中の発表。

要するに、俺ら世界に行っても俺らだったという話。

ライブ後のほめ俺ら

2月頭にライブ全日程を終え、その役も終えたかに思える親衛隊とほめ春香の一団。

しかし、彼らの活動はけして終わったわけではない。

エアーライブ

2月11日17時。いつもなら、ただのhomeメンテナンスの時間。しかし、この日だけは違った。

この日のメンテナンスにより、homeライブ会場が撤収されてしまうのだ。

見知らぬ間柄だった々を一つに結びつけたイベント、その会場が撤収されるというのに、をくわえてみているわけにはいかない。そう思った有志が再び集結した。

ライブ会場よありがとうお前の気持ちは受け取った!!エアーライブ

何のイベントもない。アイドルもいない。音楽もならない。論、観客は我々だけ。その状態でも熱気だけは冷めることはない。そう信じた親衛隊とほめ春香の集団。はたからみれば、ただ腕を振り、飛び上がっているだけのおかしな集団である。しかし、やっている本人達はごくごく真剣である。ひたすらにライブ当時を思い出し、思い思いに歌い、コールし、心のに写るアイドルを応援する。

ひとしきりエアーライブを楽しんだ彼らの次の行く先はホームクエアだった。

そこには、会場への入口として「自動販売機」が設置されていた。その自販機アクセスすることにより、ライブ会場へと行くことが出来た。まさに夢の世界への入口である。

メンテナンスで会場が消えるということは、論その入口である自販機も撤収される。メンテナンス時間が刻一刻とせまるなか、着々と自販機前に集まる親衛隊とほめ春香。口を開けば思い出話、を開いていれば自然と涙が流れる中、情にもメンテナンス開始と共に一人ずつ消えていく親衛隊とほめ春香。彼らに見送られ、自販機もそっと姿を消す。 

一つのイベントが本当の終わりを告げたのであった。

バレンタインデー

しかし2月14日、彼らはライブ中に設置された数あるクラブハウスの一つに集まり、秘密の特訓をしていた。全員がほめイドスタイルで直立不動。その隊列の先頭には団長がいた。

ほめイドスタイルは、正式には「チョコ制作中!!」セットである。home内でのバレンタインイベント期間中、この装を女性アバターに着せることにより、対となる「チョコ募集中!!」Tシャツを着た男性アバターに配ることが出来るのだ。

この素敵なイベントを見逃すわけには行かない。可愛いほめイドをもっとみんなに見て欲しい。ついでにチョコも配れる。ただそれだけで、彼らは再び一丸となり、それまで半被を着ていた親衛隊もほめイドスタイルチェンジして、homeホームクエアを行き交う人々にチョコ差別に配るイベントを開催した。

「ドキッ?ほめ春香だらけのアンラッキーバレンタイン2010 ~おい、チョコ食わねえか」

ホームクエアにいる男性アバターに向かって集団で突撃、「さあ、チョコを食え」とばかりに周りを取り囲み、多数の男性アバターを恐怖に陥れたイベントであった。

なお、このイベントの模様は動画としてアップされている。編集者のつけたBGMにより、イベント当時の恐怖感が再現されているのは言うまでもない。また、homeイベントトロとなつやすみ」8月18日の回にて、ホームカフェ前で取り囲みをするほめイドの集団の写真が使用された。

ホワイトデー

さらに3月14日、再び彼らは集結する。半被に身を包み、ぬいぐるみを腕につけ、口にはを咥えている者もいる。今回はバレンタインデーと違い、親衛隊が大活躍する日である。

彼らは半被ごとの(春香千早雪歩)集団に分かれ、それぞれ数人のほめ春香を伴ってホームクエアへと飛んでいった。行く女子アバターに対し「を食え!」「をくらえ!」とアクションを繰り出し、見知らぬ人たちを2月同様に恐怖の底へと陥れていった。

 

※上記2回のイベントは、home公式イベントに乗っかって行われた。これ以外にあくまでも身内が楽しんだイベントとして「どうあがいても絶望病棟ツアー」「ボウリング大会」「ピッチ集合」などがあった。

ほめ俺ら、ついにリアルへ

ライブへ出撃だ!                                            「THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!」 

スタンドフラワー

7月3日・4日の両日、幕張メッセにおいて「THE IDOLM@STER 5th ANNIVERSARY The world is all one !!」 が開催された。アイドルマスター出演声優による、大きなライブイベントである。従来、このナンバリングのついたライブイベントは1DAYイベントであった(4thは数回あったが会場が別で規模も小さかった)が、今年はなんと2DAYSで、さらに会場は幕張メッセと、ただのゲームライブイベントでは考えられない規模の大きさであった。

homeにおける親衛隊やほめ春香も、中身は普通に人間であり、アイドルマスターの大ファンである、もちろん、このライブに行かないわけはない。今までもライブも何回もあり、握手会やお渡し会なども参加して楽しんできた。

しかし、今年は違う。ライブの規模じゃない。2DAYSだからじゃない。今年の彼らは「ほめ俺ら」なのだ。

彼らはまず、を贈ることを決めた。ただ束をプレゼントボックスに入れるわけではない。スタンドフラワーを会場に贈ることにした。さすがにhomeライブから数ヶが経ち、アクティブメンバーは少なくなったとはいえ、そこは情熱でカバー。最終的には巨大なスタンドフラワーを2台、会場へと贈らせていただいた。

そのには誇らしげに「PS Home アイマスライブ親衛隊」と書かれた看が飾り付けてあった。

半被・鉢巻

親衛隊と言えば、半被と鉢巻きは最低限の正式スタイルであることはいうまでもない。home内では少しの小銭で買えるが、これをリアルに持ってくると、デザインから発注、もちろんかかる費用まで落ではすまなくなる。

しかし、彼らはこれをついに実現させた。

一人の男が半被班長として(半ば強制的に)選出され、彼を筆頭として細かいデザインを見直す作業が始まった。

homeアバターの半被は、それはそれで非常に出来が良く、これを再現させるだけでも一苦労なのに、さらに全アイドル分を現実の物とするには、並大抵の努では間に合わない。半被班は仕事に、帰宅してからはそれぞれのアイドルデザインなどを考え、日付が変わっても床に入らず、PCの前でを迎えた者も少なくはないという。

そうして出来上がった半被は、ライブ数日前に参加者の元へ送られていった。開封してそのリアルさにを奪われた親衛隊たちは歓喜のを上げ、中には到着と同時に着用し、家族から非難を浴びる者もいた。

ライブ当日、長の列を乗り越えて会場へと到着した親衛隊。着々と半被に着替え、鉢巻を頭に巻く。その勇姿はまさに親衛隊。ただでさえ立つデザインな上に、彼らはひときわ大きな集団でもあった。最終的にこの半被を着用してライブに挑んだ親衛隊は50人を越えるという。まさに圧巻である。

なお、スタンドフラワーと半被の写真は、homeイベントトロとなつやすみ」8月29日回において使用されている。

 

 その後の俺ら

5thライブで初めて顔を合わせた親衛隊。オフ会50人近くが参加するという、巨大イベントになった。

その後もラジオ開録音、シークレットパーティークリスマスパーティーゲームショー、お渡し会などにも法被をって現れるため、アイマスファン一般人を問わずに留まることも多くなった。

2011年は「アイドルマスター2」の発売をきっかけに、背中ロゴを2仕様にした新デザインの法被も6thライブから着用を開始する。この法被は袖裏にもチェックの模様が入るなど、細かい部分にも手が入っている。作成班の努の賜である。 

竜宮小町の3名(あずさ亜美伊織)と律子の法被は上記変更点に加え、「袖口のマーク竜宮小町ロゴに変更」「背中エンジェルマークドラゴンに変更」と竜宮小町仕様となっている)

法被を欲しいと言われることもまれにある。着用当初は親衛隊の友人などごくごく一部に配られることもあったが、現在では管理が難しくなるため、親衛隊のみの配布となっている。

ライブはもちろん、6thライブでも全会場にスタンドフラワーを贈呈した。各会場それぞれの担当者が屋に発注し、それぞれのデザインで会場に飾られた。

なお、東京会場では3台のスタンドフラワーが飾られたが、「どうもデザインを持ち込もうとして拒否られたらしい」と噂された。「屋が持ち込んだスタンドフラワーを見て、会場スタッフが絶句した」「時間ギリギリまでったが、最後は通常デザインに戻すことになった」などの話もあるようだが、相は闇に包まれている。

最近では他のファン集団から「リーダーですか」と聞かれることもあるようだが、これもまた闇に包まれている。

「そうね、リーダーなんて必要ない」  「だって私たちみんな」  「仲間だもんね!

 Homeよ永遠に

あれからどれだけの日が経ったのだろう。

アイマスは10周年を迎え、色々なジャンルで盛り上がっている。喜ばしいことだ。

夢のような日々だったほめライブからも5年。

しかし、われわれが待ち焦がれていた「ほめライブ2nd」が来ることはかった。

そしてとうとう、Home自体が終るその日が来てしまった。

永遠にほめライブはもう来ない。来るわけないと思っていても、心のどこかでもしかしたら・・・と待ち望んでいた諸も少なくないだろう。

帰るHome)すら、々は失ってしまった。

2015年4月1日Playstation Home 閉鎖

だが、々には心がある。いつでも、そこに帰る事が出来る。

Homeはいつまでも、心の中に。

参考動画 

 たるき亭(公式ch)より

 第1回演  ほめ春香は多いが、まだ立った集団はなく応援もまばら。

 第3回演  初期メンバーが集結。応援が本格的になってくる。

 第4回演  アクシデント発生。抗議○○待機。

 第6回演  3組+1組に組織化され、コールや応援の手順も確立されてきた。

 第9回演  とうとう戦場以外の別でも分隊発足。

 第25演  ついに第三分隊の姿が動画に。

 バレンタインデー

 ホワイトデー
 

 トロとなつやすみ 第10回「サイリウムくとき」

ちなみに、実際のライブではこんな感じでコールを入れている。

 

こうして、ほめ俺ら進化する。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%BB%E3%82%81%E4%BF%BA%E3%82%89
ページ番号: 4273728 リビジョン番号: 2185337
読み:ホメオレラ
初版作成日: 10/02/02 00:43 ◆ 最終更新日: 15/04/01 00:38
編集内容についての説明/コメント: Home閉鎖に寄せて
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ほめ俺らについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2010/02/08(月) 22:57:35 ID: e2fr4IbEoQ
PS3とほめ限界に挑戦し続けた一週間@運営
アクシデントにめげず応援し続けた一週間@めおまえら

本当にお疲れ様
2 : ななしのよっしん :2010/02/10(水) 10:04:37 ID: p4l+ZrHRx1
フラットや第二のお嬢ネタか書いてくれー
3 : ななしのよっしん :2010/02/11(木) 20:14:56 ID: VAJxIJ6Wcf
分隊の話がすごいかったww
皆次も頑って!!
4 : ななしのよっしん :2010/02/16(火) 09:13:56 ID: i8RwjNKuof
いつの間にかすごい記事になってるw
5 : ななしのよっしん :2010/02/18(木) 13:13:28 ID: V6zuNjtp8K
なげーよw
6 : ななしのよっしん :2010/05/23(日) 10:54:44 ID: SBRFg6Ya+n
本当にお前らアイマス好きだなって感じで嬉しくなる
7 : ななしのよっしん :2010/08/31(火) 13:03:55 ID: HDNaTlP+OY
まさかのギネス申請とは・・・
顔がほめになるな。
8 : ななしのよっしん :2011/07/26(火) 23:07:22 ID: G2fLx7HA54
今更だが、なんでこんなに記事が充実してるんだよwww
9 : ななしのよっしん :2011/07/29(金) 19:34:37 ID: rU99fdYKZm
すごすぎるw
10 : ななしのよっしん :2013/02/16(土) 23:22:13 ID: 89+yOIgnpP
ほめたちの伝説は、これからだ!
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829