単語記事: ぼくらの

編集

titleぼくらのとは、IKKIで連載されていたの鬼頭莫宏漫画作品。
平成22年度[第十四回]文化庁メディア芸術祭マンガ部門にて
優秀賞を受賞。

TVアニメライトノベルなどのメディアミックスも行われた。
単行本は全11巻、アニメDVDは全8巻。ライトノベル版も全5巻で発売中。

ニコニコ動画では石川智晶の歌うオープニングテーマ
アンインストール」が有名である。

概要

巨大ロボット「ジアース」を操縦することになった15人の少年少女物語
どこからともなくやってくる敵を倒さないと地球が滅びてしまうが、一の対抗手段であるジアースを操縦するとそのときの操縦者は死ななければならない。
その残酷で無慈悲な「ルール」に直面したとき、少年少女たちは自分たちの「生」について見つめ直す。

2007年テレビアニメ化。原作アニメでは後半の展開が異なる。
ゲーム」における影を受けた財界の暗躍や政界の混乱マスコミ界の足の引っり合いが描写されている。
制作サイドく「社会を描く」。
監督スタンスや、ブログにおける発言などで、放送期間中に炎上事件を起こした。
登場する敵性体の一部は原作を踏襲しているが、多くはアニメオリジナル
巨大さや重量感の描写を重視した純な格闘戦がメインとなっている。

同時期にライトノベル版もガガガ文庫より展開された。
原作世界という位置づけを明確にし、搭乗者となる15人の内訳や戦闘順の変更、新規キャラの追加などによるぼくらのif」を描いている。
原作以上の」をしており、原作に劣らない程のえげつないネタも容赦なく放り込まれている。
原作者をして(たとえ宣伝用のリップサービスでも)「だんだんがかってきましたね」と言わしめた。
こちらも「社会を描く」ことを的のひとつとしているが、その方向性は際間の軍事的緊、それによる世界規模の影などに絞られている。
敵性体もほぼオリジナルとなっており、その特殊な形態の描写と攻略法も見所のひとつ。

詳しいあらすじなどはWikipediaの『ぼくらの』へ。

主な楽曲

オープニングエンディングはすべて、歌:石川智晶 / 作詞作曲石川智晶 / 編曲西田マサラ。

関連動画

アンインストールも参照。

関連商品

関連チャンネル・コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%AE
ページ番号: 69567 リビジョン番号: 1965625
読み:ボクラノ
初版作成日: 08/05/17 22:30 ◆ 最終更新日: 14/01/29 10:13
編集内容についての説明/コメント: 関連項目追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


僕らの敵

ぼくらの敵 アニメ偏


この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ぼくらのについて語るスレ

365 : ななしのよっしん :2016/04/12(火) 18:26:52 ID: XcDEKqZlsf
今日一巻だけ買ってきたけどアニメから入ったからか純に楽しめたわ。これからどう変わっていくのか楽しみだな
366 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 17:18:49 ID: XcDEKqZlsf
>>365
なんだけどアニメ漫画小説版ってどんな違いあるの? 
367 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 17:42:35 ID: V844RaOnsh
漫画版:病んでる
アニメ版:監督が好き勝手やってゲームの意味すら陳腐化、生存者が出るところと邪魔なオリキャラと意味のない権闘争、敵が弱い、やくざ。あのOPを生み出したことに価値がある
小説版:並行世界の話としてパイロットから原作とどんどん離れてく、原作への理解度が高いからおすすめ
368 : ななしのよっしん :2016/04/29(金) 14:33:43 ID: y+weLcFWdQ
小説版は初めは全滅エンドの予定だったらしい
その場合は、エピローグでマーヤを、自分が人類説滅状態で勝ち残らせた世界にもう一度派遣したら面いなと思った まあまず間違いなく負け確定
理由は「時の剪定が進まなかったから再度戦闘が回ってきた」ってことで

マーヤも「『』が私を認識して邪魔に思った拠だ」と解釈するのでは? 自業自得だがきっと満足だろう
369 : ななしのよっしん :2016/04/29(金) 14:37:27 ID: y+weLcFWdQ
間違えた…説滅ってなんだよ絶滅だよ…
370 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 02:32:01 ID: DU/AdbFGxr
アニメ版は戦闘シーンは好きだよ(他がいいとは言っていない)
371 : ななしのよっしん :2016/05/09(月) 00:24:16 ID: jYw5hFm/D5
なるたるべるとすごくポジティブ
登場人物には最低な人間もいるけど、良き人も多い。
なるたるは悲惨すぎて読み返す気にならないけど
ぼくらのときどき読み返す。

劇中に出てきた、思期特有の思考についての解釈とか好きだよ。
ウシロの父さん田中さんと話してるところとか。
もひろんは明確な答えがない問題について
に考えるのが好きなんだろうな。
372 : ななしのよっしん :2016/06/19(日) 19:08:58 ID: 6HPy3GyeGH
漫画の、マチコロしたおっさん氏ね
泣いた
373 : ななしのよっしん :2016/07/18(月) 14:34:46 ID: JgjRq6Dk1/
チズの両親は良い人なんだけど良い人過ぎて不気味
小説ぼくらのの「頭の中が理性だけになってしまった狂人」みたい。
374 : ななしのよっしん :2016/08/20(土) 07:01:42 ID: cjZipTcgYJ
なるたる」を先に読んでただけにヒヤヒヤして読んだ
掲載雑誌が違うからか「なるたる」の様な悲しいグロはなく
なるたるならガッツリ見せた描写を見せないので綺麗な漫画に感じた。
辛いけど「なるたる」よりはまだ読み返せる漫画

けど少女達のエピは来るものが有って泣けるね
男達は決めた連中が多く救われた
ウシロの件で可奈ちゃんの死への恐怖を嘆くあれ見せられたら心壊れるわ…
気丈振る舞ってどこか漫画キャラで居てくれたら気持ちも収められたけど
あんな人間味あるの見せられちゃダメ
そこで来たあのシーンでドッときた
マジで油断できない漫画だったわ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015