単語記事: もぐらのアバンチュール

編集

もぐらのアバンチュールとは、日本最古のテレビアニメである。カラー、8分55秒。

概要

1958年日本テレビが試作したアニメーション作品。

完成後の同年10月15日()に放送された記録があるほか、7月14日()にも放送された可性が摘されている。

元々はカラーテレビの試験放送用に製作された作品であるため、モノクロ全盛だった時代に産初にして既にカラー製作アニメとなっているのも興味深い。

アニメ』とは分類されているが、どちらかというと紙芝居や切りに近い方法で製作されており、場面転換を波ガラスを使った撮影処理で表現していたり、宇宙船の操縦席を飛び出す絵本のごとき立体技法で魅せるという非常に実験的な手法が用いられ、現代までの流であるセルアニメーションとは一線を画するものとなっている。(そもそも本作を制作した村田映画とは切り抜き動画を得意としたそうである)

作品そのものの存在は1977年の「日本アニメーション映画史」という本にも記述があり、識者の間では知られていたが、放送されていたか否かについては長らく不明で、「試作はされたが未放送に終わったアニメ」という扱いが多くの書籍でなされてきた。

しかし、原口アニマックスで放送される記念番組「TVアニメ50年の」のための資料整理の際に偶然から、斉藤之夫によってもたらされた「『もぐらのアバンチュール』は放映されていますよ。新聞のTV欄に載っているのを見ましたから」という一言がきっかけで、'58年の新聞縮小版を取り寄せると、テレビ欄に本作の名称が記載されていることが確認され、『日本最初のアニメにしてカラー作品』という非常に重要な位置づけの作品に生まれ変わった。なお、斉藤氏がこの作品を記憶していたのは「際立ってヘンなタイトルだったため」だそうである。(タイトルの「アバンチュール」はちょっと妖しいイメージがあるかもしれないが、この作品では単純に「冒険」の意味合いで使われる)

フィルムが現存するか否かについても、永年不明であり、放送事実発覚後に日本テレビフィルムライブラリーに問い合わせたものの、担当がやる気かったこともあってか、最初の捜索は失敗に終わった。しかし、原口アニマックスで先述の番組編成担当の佐藤功に気迫る思いをぶちまけたところ、佐藤から再度日本テレビに捜索依頼が出され、非常にアッサリと発見された。しかも、半世紀以上前の作品にも関わらずきちんと放送可な綺麗な状態で見つかっていた。同じく最古のアニメのひとつである幸内純一の『なまくら』とはやや対照的である。

そして、来る2013年7月21日日本最新のアニメ映画風立ちぬ』が開された翌日に日本最古のアニメ映画45年ぶりに「再放送」された。

現時点ではDVDなどのメディアにはなっておらず、当日の放送を観た、いは録画した人しか全編の物語把握できない状態ではあるが、発見者の原口が「作品の現物を観た私は、この魅をもっと広く、本当に望んでいる人のもとへと届けたいと考えた。広島アニメーションフェスティバルに足を運ぶような、個人作家アニメーション興味を持っている人に、本作の存在を知らせる必要があると感じたのだ。」との明を発表しており、今後放送やソフト化の機会もあると思われる。

それは、のどかな日差しがいっぱい輝いている午後のおはなし

もぐらクロちゃんは大きな夢がありました。

ロケットを作って火星にひとっ飛び。途中でさんを怪させちゃったりしましたが、事に火星に到着。

そこで、火星もぐら宇宙人ケンカになっちゃいますが・・・

という夢を見たのさ、というのがストーリー

なかなか超展開かつ突っ込みどころ満載な部分はあるものの、良質な作品なのでご安心を。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%82%E3%81%90%E3%82%89%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 5134098 リビジョン番号: 2225347
読み:モグラノアバンチュール
初版作成日: 13/08/24 20:59 ◆ 最終更新日: 15/06/28 20:47
編集内容についての説明/コメント: タグ剪定
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

もぐらのアバンチュールについて語るスレ

1 : めいさく :2014/09/15(月) 17:11:58 ID: Svvg/ZaKNB
もし、この頃のアニメのままの状態が何十年も続いていたなら、今の深夜アニメみたいな勝つだの負けるだの殺すだのするだのといった厨二アニメは存在してないでしょうね(´・ω・`)
2 : ななしのよっしん :2015/05/05(火) 13:38:43 ID: x8O6fcw/3Y
当時のレベルのままならあっという間にマンネリ化して一分野にまでなることもなかったろうなぁ。
それこそ人形劇と同じく子供向けのお芝居の形態の一つで終わってた。
それがアニメーションというものにとって幸か不幸かはの知る所ではないが。

なぜかアトムが最古だと思ってました(小)。
3 : ななしのよっしん :2015/06/12(金) 01:47:43 ID: WwbEpmRgbO
鉄腕アトムは「30で放送されたシリーズものの」最古の作品だから間違ってはいない
この間にもNHK30分単発ものとかフジTBSでの1分シリーズものの帯アニメがあったりするけど
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829