単語記事: アイアンマン

編集

アイアンマンとは、以下を表す。

  1. 3.86km遠泳+18,025km自転車走+フルマラソンを行う長距離トラアスロンの呼称(Ironman Triathron, 鉄人レース)、およびその完走者への尊称(Ironman, 鉄人
  2. アメリカウェイトレーニング専門誌「アイアンマン」(Iron Man Magazine)。日本版はフィットネススポーツ社から出版されている
  3. マーベル・コミックスーパーヒーローアイアンマンIron Man)のこと。また、同ヒーローが登場するコミック実写映画などのこと

本項では3のスーパーヒーローとその実写映画についての情報を中心に記述する。

ネタバレ注意

このページネタバレを多く含んでいます

アイアンマン (Iron Man)とは
マーベル・コミックを代表するスーパーヒーローの一人である。

アイアンマン
出版社 マーベル・コミック
出版
作者 スタン・リー
ラリー・リーバー
ジャックカービィ
ドン・ヘック
初登場 Tales of Suspense
#39
1963年5月3日

アイアンマンは人間味あるヒーローが多いシルバーエイジ(60年代付近)に誕生した較的長寿なタイトルである。誤読を防止するため海外フォーラムでは度々意図的に「Aian man」と表記される。

連載当初、女性からファンレターが他のヒーローよりも多く届いたとう。作者スタン・リーは「性本をくすぐるからだろう」と考察している。

後にコミックを題材とする実写映画制作された。『アイアンマン』が2008年開され、世界的に大ヒットすると一躍マーベルを代表するキャラクターとなった。『アイアンマン』『アイアンマン2』『アイアンマン3』と『アベンジャーズ』に登場する他、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』と『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』に登場、今後はスパイダーマンの単独映画に登場する予定。

本作を始めとするマーベル制作実写映画版はマーベル・シネマティック・ユニバースというコミック版と異なる世界での物語であり、コミックの設定と一概に同一視してはならない。

トニー・スターク

「I AM IRON MAN」

主人公アンソニーエドワードスター( Anthony Edward Stark )。通称はトニー・スターク( Tony Stark )。

トニースーパーパワーを持たず、パワードスーツを装着して戦う点が特徴である。

スーツさえあれば自分でなくても良い」という自身の危うさに悩みながらも、正義の為に戦い続けている。

米国の巨大軍事企業スターク・インダストリーズ社長ワードスターク、マリアスタークを持つ。ハワードは戦中戦後の米国を支えた天才であり"アメリカ軍事産業の"と言われる。そのの頭を受け継いだトニーは、実写版では4才で集積回路基盤を組み立て、6才でエンジン制作し、15才でMITに入学17才で同大学を首席で卒業した。記憶も良く、『アベンジャーズ』では一夜にしてセルヴィグ博士らの論文を読み込み、専門レベルの熱核反応物理学の知識を披露した。

1991年トニー誕生日前後に両親が他界した[1]為、大な遺産と経営権を継承しスターク・インダストリーズのCEOエンジニアとして就任した。就任後は辣腕を振るい、スターク社は最盛を迎えた。

ある時、テロ組織に拉致され命辛々生還したの経験から過去振り返り軍事産業から撤退してアイアンマンスーツ平和の為に戦うヒーローとなった。

コミック実写版共に、地球防衛組織の「アベンジャーズ」を構成している[2]アベンジャーズ結成の中心であったキャプテン・アメリカマイティ・ソーアイアンマンの3人はビッグ3と呼ばれて親しまれている。コミック版ではトニーアベンジャーズの拠点として「アベンジャーズ・マンション」を提供している。また、実績を買われ一時は実写版にも登場する組織「S.H.I.E.L.D.長官に任命されていた。

オリジンから、日本国内では「社長」というあだ名でファンから親しまれている。

特徴

身長 実写版】175cm(5'9") 【コミック185cm(6'1")
体重 実写版】84kg(185lbs)【コミック102kg(225lbs)
年齢 実写版】42歳前後(?)
生年 1970年頃の4月29日または5月29日(?)[3]
俳優 ロバートダウニージュニア(以下、RDJ)
吹き替え 藤原啓治[4]
(日曜洋画劇場池田秀一)

アメリカの巨大軍需企業スターク・インダストリーズのCEOエンジニアを務め、フォーブス誌による推定資産は60億ドル[5]の億万長者である。大まかなキャラクター設定はコミック実写版に然程差はない。

性格は典ナルシスト。 切羽詰まった時でもジョークを放つ飄々たる性格である。強気な言動は立つが精面は強くない。原作ではアルコール依存に悩み[6]、『アイアンマン2』では自暴自棄から必殺技スイカ割りしたり、『アイアンマン3』では『アベンジャーズ』でのトラウマから重度のPTSDに悩まされ…といった常人並の一面も持っている。

好きなものはファストフード。「には刺身が合う」と熱燗を飲むシーンがあり、クラシックカー収集を趣味としカーレースに出場するほどの運転技術を持っている。は『アイアンマン』ではAudi R8、『アイアンマン2』ではその上位モデルAudi R8 Spyderである。前者は1600万~2000万円 [7]。また、ガレージには作中でアイアンマンペイントの元となったホットロッド[8]も並んでいる。

また、実写版ではBlack SabbathAC/DCの楽曲がテーマソングとされている。『アイアンマン』の冒頭ではAC/DCの『Back in Black』をCDプレイヤーで聞いていて、エンディングロールにはBlack Sabbathの『IRON MAN』が使用されている。『アイアンマン2』のスターク・エキスポ開会式のテーマソングAC/DCの『Shoot to Thrill』で、『アベンジャーズ』でシュツットガルトアイアンマンが登場したシーンでも使用している。また、中盤からはBlack Sabbath公式Tシャツを着ている。

実写版のトニーを演じるRDJは企画段階からジョンファヴロー監督に彼がトニー役に最適として推薦されていたが、制作は歳を重ねているRDJ採用に難色を示していた。しかし彼はスクリーンテストで見事役の座を勝ち取った。RDJはアイアンマン原作ファン[9]であり、作品のディテイルに関わっている[10]

原作トニーモデルはハワード・ヒューズという実在の実業とする説がある。全盛期には「地球にある財産の半分を持つ男」 とまで言われる億万長者であったが強迫性障害アルコール依存症を患っていた。

目次に戻る

能力

スーパーパワーを持たない一般人の為、俊才による機転とスーツで戦う。

トニー・スターク
アーマーの基本的性能(主に実写版の場合)
身長・体重 (コミック版かつトニー込み)198cm/113kg
装甲 ゴールドチタン の装甲はマークIIまで。
飛行 パルサーエネルギーによる飛行制御
飛行速度 実写版ではスーツ毎に異なるがF22とドッグファイトが可原作での最高速度はマッハ3。
パワー 3tの物を持ち上げられる腕
エネルギー 毎秒3GJ発電するアークリアクター
その他 高度映像認識によるオートエイム・敵性判定
リアルタイムの自己診断機
ライフサポートシステム、通話機

スーツごとに特徴が異なる。

武装
パルサーレイ 飛行制御システムを応用した攻撃。質量のあるビームを放つ。
ユニビーム 胸のリアクターから直接エネルギーを集めて放つ。
ミサイル ジェリコミサイルの小版。肩部に搭載し、狙撃と自動追尾可
ロケットランチャー 腕に搭載。弾数は限られるが強
撹乱用フレア に搭載。小ミサイル弾幕を放って撹乱する。
レーザービーム マークVIから搭載。マークVIIから使用回数制限し。

コミック版の武装
パルサーレイ 実写版と類似。
ユニビームプロジェクター 実写版と類似。
エナジーシールド リアって防御する。
パルス・ボルト 距離を狙撃する程威が上昇する。
プロトンキャノン 格闘ゲームでお染み。
スパイダーセンス スパイダーマンの直感を解析し、実装したもの。
ウルトラフロン
磁場操作 マグニートーに劣るものの、磁場を操作できる
ソニックブラスト
ホログラフ発生 囮を作り出す。
フォース・フィールド アーマーの全エネルギーを費やして対エネルギーフィールドを展開する。

目次に戻る

ヒーローになる経緯(オリジン)

原作実写版では時代の違い故にオリジンがやや異なる。また、原作2005年に一度リブートしており、トニーが襲撃された地をベトナムからアフガニスタンに移している。実写版はこの設定を元に再構成したものである。

原作

新開発の「兵器の出1000倍にするトランジスタ」を使用した追撃デモンストレーションのためベトナム派遣されたトニーは、地雷爆発で破片を心臓に受けて重傷を負った。現地のゲリラに拘束されたが、トニーの頭をつけたゲリラボスワンチュー図で一命を取り留めた。トニーはその命と引換にゲリラに件の新兵器の開発提供を強制されるが、トニーは自身の生命維持機ゲリラを殲滅しうる戦闘を兼ねたパワードスーツ制作を決意し、ワンへの従を装いながら、捕虜のホー・インセン教授の協を得てアイアンマンスーツ完成させる。インセンの捨て身の時間稼ぎによってスーツを起動して脱出しジェームズローズに救出される。帰後、自社のボディガードアイアンマン」を名乗ってヒーロー活動をはじめる。

実写版

軍に新開発のリパルサー技術を搭載したミサイル「ジェリコ」をプレゼンするためアフガニスタンを訪れていたトニーは、プレゼンを終え帰路に着いた所をテロリスト「テン・リングス」に襲撃され、スターク社の兵器で胸に重傷を負う。テロリストアジトに拉致され、捕虜であったインセン教授の手術で一命を取り留めるも余命一週間と告げられる。トニーは身柄開放と引換にテロリストに「ジェリコ」の開発提供約束される。トニーインセンの協を得て、ジェリコ開発を装いながら心臓ペースメーカー兼熱プラズマ反応炉の小アークリアクターを開発し、それを動とするパワードスーツを秘密裏に完成させる。インセンの捨て身の時間稼ぎによってスーツを起動し、アジトを壊滅させて脱出を果たした。自社の兵器兵士民間人が殺されていることをの当たりにしたトニーは帰すると軍事産業からの撤退を表。世界平和のためにパワードスーツ開発に着手する。

目次に戻る

シネマティック・ユニバース

実写化された『アイアンマン』からの登場作品をここに記述する。

アベンジャーズ』のジョス・ウィード監督シネマティック・ユニバースの中心はあくまでアイアンマンと考えているとコメントした。

アイアンマン』~『アベンジャーズ』までの一連をフェーズ1、『アイアンマン3』~『アベンジャーズ2(仮称)』までの一連をフェーズ2と定義されている。

アイアンマン』/監督:ジョン・ファヴロー 2008

装着せよ。強き自分

コミックオリジンを現代に再構成しトニーヒーローになるまでを描いた作品。世界的に大ヒットを記録し、アイアンマンの知名度を高めた。『アベンジャーズ』に至る大企画の足がかりとなった作品である。日本国内でもアメコミ映画としては好成績を収めた。細かなセリフの一部はアドリブであると知られている。RDJもこの作品でトップスターとなった。本映画の撮影時点で最もギャラが高額の俳優役のRDJではなくローディ役のテレンス・ハワードと言われている。

Forest Catによると制作費1億4千万ドル。全世界行収入は5億8517万ドル。 日本国内においては9億2千万円。

ヴィラン
アイアンモンガー
スタン・リー
パーティ会場の偽ヒュー・ヘフナー。

アイアンマン2』/監督:ジョン・ファヴロー 2010

ヒーローになった男、トニー・スターク。次なる試練。

アベンジャーズ』への布石として様々な伏線があり、他作品との渡し的役割が強い作品のため『アベンジャーズ』視聴にあたっては是非見ておきたい。ラストシーンハンマーは『マイティー・ソー』のムジョルニアである。

自身がアイアンマンであると表してから半年後の話である。アイアンマンによる"抑止の民営化"を謳い市民の信頼を集めたトニーだったが、程なくしてトニーを恨むウィップラッシュに苦戦したことで不信が広まった。アイアンマンの絶対的強さが否定されてトニーの精的な弱さが露見する。作中でトニーウィップラッシュの子関係を対しており、不仲であったワードの思いを知って自身について考えるようになる。また、彼女が取締役に就任したことでトニーと対等な関係となってペッパーとの関係が進展した。

ラストバトルが残念」という評価があるが、MARVEL示でラストバトルカット寸前であったのを、ジョンファヴローがMARVELに掛けあって追加した為である。

時系列的に『アイアンマン』と本作の間に『インレディブル・ハルク』がある。『インレディブル・ハルク』にもトニーが登場しているが、これはハルクアベンジャーズに招集するためではなく、軍属であるヴィランのアボミネーションを招くためである。

ローディ役がテレンス・ハワードからドンチードルに変更、ウォーマシンブラック・ウィドウが登場した。

制作費2億ドル。全世界行収入は6億2393万ドルで今作も大ヒット日本国内においては12億円。

ヴィラン
ウィップラッシュ(クリムゾンダイナモ)
スタン・リー
冒頭に偽ラリーキング

アベンジャーズ』/監督:ジョス・ウィードン 2012

日本よ、これが映画だ。

キャッチフレーズが有名で、本作を見ていなくてもキャッチフレーズを知っている者は多い。これは日本の配給会社が決めたフレーズであるためマーベル・スタジオズは関係である。

アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」らの大看が一同に介し、コズミックキューブ地球支配を論むロキに立ち向かう。アクション要素もさることながらヒーローの人間関係にも重きが置かれている。当初は不和であったアベンジャーズが「アベンジ(復讐)」を掲げて次第に手を取り合う。この「アベンジ」は討ち・正義の仕返しという意味合いを持つ。本作までに『キャプテン・アメリカ ザ・ファーストアベンジャー』 と『マイティ・ソー』が展開され、それぞれ世界観を共有している。映画史に残る大ヒットを記録し2012年で最も行収入が多かった。2013年4月現在で全世界歴代映画行収入はアバタータイタニックに続く第三位である。

エンドロール後のシュールなシャワルマ食事会は見どころ。コミックによるとNYにローディは急行したものの戦闘は終わっており、シャワルマを食べている彼らに呆れていた。

制作費2億2千万ドル。全世界行収入は15億1175万ドル、日本国内においては36億1千万円。

ヴィラン
ロキ&チタウリクレジット後にスーパーヴィランのサノスが登場する。
スタン・リー
ラスト近くのインタビューシーンに登場。未フィルムでは時代のギャップに苦労するキャプテン・アメリカに話しかけている。

アイアンマン3』/監督:シェーン・ブラック 2013

さらば――アイアンマン

アベンジャーズ』から一年後の物語地球外の脅威にされて衝撃を受けたトニーはそのトラウマからPTSDに悩まされていた。トニーは自身の弱さに怯えて取り憑かれた様にスーツ制作しており、一年で35体ものスーツを開発していた。

その頃中東マンダリンアメリカの批難を繰り返し、悪虐の限りを尽くしていた。明をめられたトニーマンダリンを挑発した所、報道ヘリに偽装した武装ヘリで自宅を爆撃されてしまった。試作段階のマーク42で何とかペッパーを助けたがラボは崩壊し、かつてのスーツは喪失した上脱出の手違いで彼女と離れてしまう。全てを奪われたトニーは事件解決に奔走する。

スーツに頼れないトニー創意工夫で強敵に立ち向かう。今までのスーツ無双から一転ギリギリの緊感が味わえる。34体のアイアンマンが登場するシーンは必見。『アイアンマン2』-『アベンジャーズ』で揺らいだアイデンティティを取り戻し「作って戦うヒーロー」として再起する。

軍属としてローディが装着したアイアンパトリオットが登場する。今までの作品とは異なってナレーションが多い[11]。「エクストリミス」の詳細はアルドリッチ・キリアンの項に記した。

アベンジャーズ』のヒットから日本国内でもプロモーションが行われ、アイアンマンマーク42がニコニコ超会議2に登場した。中国版の『アイアンマン3』には限定シーンが追加されており、製作中国企業が多く携わっている件とハリウッド中国市場へ接近の関係性が報道された。中国トレイラーにも中国人心臓外科医のウー博士シーンが特別にあり、マークVII(?)で訪中するトニーが見られる。

制作費2億ドル。世界行収入は12億1316万ドル、日本国内における行収入は24億円。

ヴィラン
マンダリンと見せかけたアルドリッチ・キリアン
スタン・リー
中盤のミスコンテストで十点満点を出している男。
『アイアンマン3』のFAQ

読む場合はスクロールしてください。内容は考察や推測が多く含まれます。

ネタバレ注意 ネタバレ注意

Q.『アベンジャーズ』での戦いがトラウマになるようなキャラなのか?
A. 決して精的に強いキャラクターではありません。『アイアンマン2』でヤケになるシーンなどからメンタルの弱さを見て取れ、『アベンジャーズ』での強気な言動は強がりと取れます。元々自身の強さは所詮スーツに過ぎないという負いを持っていました。そこに『アベンジャーズ』での経験が追い打ちを掛けて精を病んだと考えられます。
Q.ハッピーは何故爆心地の近くに居たのに生存しているのか?
A.屋台の陰に隠れて直撃を免れたからです。
Q.エクストリミスとは結局何だったのか。何故爆発したりしなかったりするのか?
A.エクストリミスコミックにも登場しているナノマシンのようなものです。実写版では腕や足を失ったため退役軍人や身体障者をキリアンが集め、エクストリミスを投与したようです。1999年キリアンが身体障者だったのに、数年にして健常者となれたのはエクストリミスの回復のおかげです。実写版のエクストリミスは身体に適合した場合は驚異的な身体と発熱を与えますが、適合できなかった場合は自身を蒸発させる程の高熱を発し、人間爆弾となります。また、投与の際には身体的苦痛を伴う為耐えきれずに死ぬ場合があるとされます。キリアンは人が集まる場所でエクストリミスめる人間に投与することで適合した者はA.I.Mに迎え入れ、適合しなければマンダリンに「あれは々の爆破テロだ」と言わせていたと考えられます。
Q.トニーが最初に腕に打ち込んだ物は何か。エクストリミス
A.エクストリミスではなく皮下に埋め込むマーク42の操作用チップです。
Q.何故時間が経ってもマークVIIの塗装が剥げているのか?
A.『アベンジャーズ』でJ.A.R.V.I.S.に「色を塗らなくても良い」と命令した為だと考えられます。
Q.マンダリンの正体は結局何なのか?
A.コミックではトニーの宿敵ですが『アイアンマン3』では、カリスマ性のある人物が必要であったキリアントレヴァーという役者に"マンダリン"という架テロリスト役をさせていました。
Q.キリアンがヴィランに変わった動機がよく分からなかった
A.先の大晦日約束したのに待てども待てどもトニーが現れないことから自身の不遇を嘆き、トニーないしアメリカ合衆に強い恨みを抱いた為です。復讐というより嫌がらせが的と言え、狂行そのものには大した動機はなくビジネス的でもいと考えられます。
Q.副大統領が何故大統領機に連絡しなかったのか理解できない
A.建前では「マンダリン大統領を殺し後任として副大統領大統領に就任する」シナリオになっていましたが、本懐は(孫?)の右足の欠損を治療するためにエクストリミス技術を支援していたからと取れます。
Q.マヤ・ハンセンが悪者か味方か結局分からなかった
A.彼女なりの葛はあったものの、研究資当てにキリアンに加担していただけのようです。トニーの邸宅に警告に訪れたことからも彼女は悪者でなかったと取れます。
Q.何故最初からアイアンリージョントニーを救出しないのか?
A.スーツ事でもJ.A.R.V.I.S.のシステム異常があった為です。ホールオブ・アーマーをマンダリンの手の者に開けられる寸前に漸く脱出できました。
Q.チタウリやソーと戦えるほどなのに『3』の敵に苦戦しすぎではないか
A.おそらくアイアンマンの強さは相対的に変化すると考えられます。を扱うソーには較的強く、熱を操るエクストリミス兵には弱い。コミックでも磁場を操るマグニートーに敗北しています。『アベンジャーズ』のチタウリのように数ので戦うタイプで、攻撃武器は高性であるもののハンドガンが通用するほど防御皆無でした。また『アイアンマン3』で使用されたマーク42は試作機であり、アイアンリージョンも自動操縦であった為トニーが操縦するほど強くないと考えられます。
Q.アイアンマンスーツが流石に脆すぎないか?
A.スーツ耐久性に関する詳細がいため脆さの説明はできません。
Q.スーツを壊されたのは闊に住所を開したのが原因ではないか。
A.結果論ですが、キリアンの復讐したい相手はトニーであったので遅かれかれ自宅は襲撃されてスーツは破壊されたでしょう。トニーの自宅は『アイアンマン2』に見られるようにパーティを催す程有名な邸宅である為、住所開はさほど問題ではありません。闊な挑発はトニーに余裕がかったのが原因でしょう。
Q.スーツラストで爆破させる意味が分からなかった
A. 彼にスーパーパワーはありませんが、そのスーツを自ら開発し、自ら装着して戦います。トニーはその本分を忘れて自身の人間としての脆さとペッパーを失う恐怖に怯えていました。爆破されたスーツは強迫観念に駆られるままに開発したもので、弱い自分からを背けるために開発したものです。作中でトニーは「ペッパーを取り戻す」という意志を持ち、創意工夫を凝らして戦ったことで作って戦うヒーローとしての自覚を取り戻しました。そこで今までの現実逃避の産物を弔いを込めて爆破させ、成長した自分をペッパーに見せたのだと思います。
Q.ペッパーキリアンにとどめを刺したのは何故か。
A.コミックペッパーアイアンマンスーツを着てヒーロー活動をした経緯を端的に表した物なのではないでしょうか。実のところ『アイアンマン』でもラスボスにとどめを刺したのはペッパーです。
Q.何故ペッパーが溶けないのか。
A.描写を見るに意図的に熱を放っていなければ体表はそれほど熱を発しないようです。ジャック・タガートも爆発の寸前でさえが溶けていません。
Q.トニー心臓を手術したのか?
A.冒頭の1999年スイス・ベルンで開催された技術会議にて出会った、中国人心臓外科医のウー博士です。コミックに登場するチェン・リューがモデルです。
Q.何で今になって手術したの?く手術すればよかったのに。
A.『アイアンマン3』になるまで心臓手術しなかった理由は定かではありません。トニーの性格ゆえに命を医者に預けるのが嫌だったと考えられます。ウー博士は命の恩人であるインセン教授の知り合いであるため信用したのでしょうか。また、シネマティック・ユニバースの時間進行は現実世界とほぼ同じとされています。『アイアンマン』『アイアンマン2』の時点で不可能だった外科手術がようやく可になった可性があります。他にもトニーアークリアクターその物がスーツ依存する要因と考えていたと取れます。ラストアークリアクターを放り投げるのは、スーツ依存していた自分との決別を表すのではないでしょうか。
Q.キャプテン・アメリカやソーなどが助けに来ないのは何故?
A.彼らが来なかったことにも理由があります。キャプテン・アメリカはS.H.I.E.L.D.ウィンター・ソルジャーの件で駆り出され、ソーはそもそも地球人ではなくアスガルド仕事をしているので気軽に地球に来られません(実は『アイアンマン3』の後に地球にやって来ますが)。バナー博士エンドロール後に登場しますが、 ハルク自由自在にコントロールできないため濫りにを使いません。ヒーロー達が過ごす時間もリアルタイム進行でそれぞれ解決すべき案件があります。
Q.最後に出てきた男性誰?
A. ハルクことブルース・バナー博士です。カウンセリングはバナー博士の専門外なので、トニーの話を全然聞いていません。ハルクを演じるマークラファロは別作品のアスリート役で体を鍛えて坊主頭にしており『アベンジャーズ 』とは印が違うのでか分からないかもしれません。ラストシーンRDJがバナーにりかけるシーン制作を望んだために急遽撮影したものとされます。マークラファロがアベンジャーズキャストオスカーに登場した際は既に坊主頭であったためその頃に撮影したと考えられます。

今後の展開・2015年以降

RDJ演じるアイアンマンの単独映画アイアンマン3で終了だが、今後はマーベル・シネマティック・ユニバースにおいて他ヒーロー映画、及び集合映画に登場する予定。

2015年アベンジャーズ2作である『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』に登場、人工知能ウルトロンを作り出すことで結果的に世界危機を招いてしまうがアベンジャーズで協して敵の野望を打ち砕いた。

2016年にはキャプテン・アメリカ3作である『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』に登場、ヒーロー自由な活動を禁止するソコヴィア協定を支持したためキャプテン・アメリカと対立し、アベンジャーズを二分することになった。

今後はスパイダーマン単独映画である『スパイダーマン/ホームカミング』への登場が決まっている。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーPART1』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーPART2』(共に仮称)の製作も決まっているため、こちらにも登場すると思われる。

目次に戻る

アーク・リアクター

トニーの胸に収められているプレーの装置のこと。チェスト・ピースとも呼ばれる。電磁石で心臓に残った兵器の破片が深部到達を防ぐと同時にスーツエネルギーを兼ねる。正式名は熱プラズマ反応炉。

アークリアクターの大版はスターク社の研究所に設けられており、30年以上前にハワードスタークと研究仲間アントンヴァンコがリベラルへのパフォーマンスとして開発したとされる。大規模設備の割にはエネルギー変換効率の劣る古い技術とされていた。しかしながら3ギガワット(秒間3ギガジュール)のエネルギーを作り出せる[12]。3ギガワットは日本の一般的な原発3基分の発電量に相当し、柳田理科雄によればこのリアクター25個あれば日本エネルギー問題を解決できる。だが、アイアンマンスーツは長時間稼働させられない。

そんな夢のエネルギーテロリストアジトでパワードスーツを作る片手間でガラクタを材料に小した。帰還後は設備の整った自宅で良版を制作している。当初はコアパラジウムを採用していたため膿のような機物が生じる。スーツを使用するほどパラジウムが破壊されて血中に素が溜まる問題が有り、一日2.4Lのクロロフィル(青汁のようなもの)を用しなければ命の危険がある。次第に限界が迫っていたが、ニック・フューリーのヒントからワードメッセージ読み取ってヴィブラニウムコアに採用することで問題を解決した[13]。更にアークリアクターの出も向上したとされる。

アイアンマン』で胸のリアクターが奪われ、エネルギーを確保できなかった反から以降のスーツには予備リアクターを搭載している。『アベンジャーズ』ではスタータワーに試作品の大リアクターがあり、タワー内の電を試験的に供給している。ロキはこのリアクターを利用してチタウリを召喚した。コズミックキューブの解析装置もチェスト・ピースの意とよく似ており、安定化にイリジウムを必要とするなどコズミックキューブと関連性が多い。『アイアンマン3』ではインセンと面識のあるウー医師心臓の破片を取り除かれ、リアクターを胸に収める必要がくなったため自宅前のリアクターを投げ捨てた。また『3』の未シーンではアークリアクターを胸から取り出してAEDのように使用している。

原作コミックにはアークリアクターは登場しない。原作ではスーツそのものの胸部に心臓ペースメーカーを備えていたので人工心臓移植するまではスーツを脱げなかった。また、原作スーツは、動実写版とは異なっている。実写版でアークリアクターが登場以降程なくしてコミック版に設定が一部取り入れられた。

目次に戻る

実写版に登場したスーツ

実写版では変身ヒーローのようにその場で都合よく変身できないので装着に時間がかかる。基本的にトニーのラボでロボットアームで体にパーツを装着していくが、バージョンが上がる毎に装着が容易になっている。スーツ着脱シーンシリーズを通して評価が高い。『アイアンマン3』ではVII以降のスーツが直立・飛行状態から装着可になった他、マーク42は意思に応じて飛来するため装着が非常にい。

ちなみに、破壊されたスーツはもとより奪われたスーツまでもラボに展示してある。スーツ情報IRON MAN WIKIを参照した。

スーツ

アイアンマン マークI/『アイアンマン』

インセン教授の命と引き換えに作り上げた。

同時進行で開発した小アークリアクターエネルギーとし15分が活動限界スーツの下にはレザー素材タイトなを着用する必要がある。

脱出用のため形はで溶接も雑。 前面の装甲は厚く堅だが、背部や関節は防備である。機動は低いが背部のロケットによる簡素な飛行はあり、テロリストアジトから脱出できた。しかし、飛行は安定せず墜落してスーツは大破。 残骸はテン・リングスの残党を通じてオバディア・ステインに渡った。

操縦システムはまだく、火炎放射器一発だけのロケットランチャーを搭載しており、テン・リングスアジトを壊滅させた。今日知られているアイアンマンとは異なり製でな外見である。原作のツルツルしたマーク1を、現実的にメカらしくしたデザインである。2009年には実写マークIと類似したマーク0コミック逆輸入されている。

アイアンマン マークII/『アイアンマン』『アイアンマン2』

生還したトニーが設備の整った自宅で開発に取り組んだプロトタイプのアーマー。飛行を大きく善してテスト飛行を行った。このアーマーの制作工程が『アイアンマン』の見所である。造形はよく知られるアイアンマンの物になったが塗装はされていない。装甲をチタンアルミニウムに変更し、リアクターアップグレードしている。正しく「の男」と呼べるのはこのマークIIまでと言えるが実際はマークIIですら色なだけで製ではない。

飛行テストの結果高高度でスーツ凍結し、飛行制御システムが停止してしまう。マークIIIはこの飛行データを元に良された。プロトタイプであるため最低限の武装のみ搭載している。後にスーツで遊んでいたトニーに憤慨したローディがまーくII軍に持ち帰り、ジャスティンハマーによる装でウォーマシンとなる。

アイアンマン3:プレリュードではローディからウォーマシンが返還され、ハマー装を取り外してラボに飾り直したことがられる。原作マーク2は色で、デザイン自体はマークIとあまり変わっていない。

アイアンマン マークIII/『アイアンマン』

今日よく知られる色を基調にしている。マークIIの試験データを元にJ.A.R.V.I.S.で自動的に開発した。

装甲に人工衛星に使用されるゴールドチタンの合を採用して凍結を回避しており、紛争鎮圧用の武装を多数搭載している。J.A.R.V.I.S.が提案したデザインゴールドを使用している為か全身色であったが、手過ぎるというトニーの意見を受けホッドロッドの火炎を参考に色を変更した[14]

マークIIも同様と思われるが設計に難があるらしく、スーツの下にはタイツのような薄手のを着る必要があり、スーツを脱ぐのが困難である。オバディア・ステインにアークリアクターマークIIを奪われ、アークリアクターマークIを理やり使った戦闘を余儀なくされる。ラストアイアンモンガーとの戦いで破損した。

余談だが、アイアンモンガー戦前マークIIIを装着するシーンRDJではなく男性モデルを撮影した後付けである。

原作では機能面や効率面を善し、色の有名なデザインとなった。装甲はナノテクノロジー3次元に編成された合である。ヘルメットアンテナがあるため「ホーンヘルメット」とも呼ばれる。

アイアンマン マークIV/『アイアンマン2』『アイアンマン3』

スターク・エキスポ開会式で登場したモデル。脱ぐシーンが格好いい。

マークIIIからのマイナーチェンジに留まるが、形状がやや細くなっている他、パワードスーツの下がテーラースーツのようなでも着脱しやすくなった。酔ったトニーの言葉であるので詳細は不明だが、尿分解する機もある(?)

余談だが、『アイアンマン2』のトレイラームービーではペッパーヘルメットキスして飛行機から放り投げているが、そのシーンはボツになった。

自暴自棄になって泥酔したトニーがこのスーツで遊んでいた所ローディの怒りを買い、マークIIを没収されて殴り合いの喧になる。

アイアンマン3』では調整中のマーク42のパーツが衝突してヘルメットが潰れてしまった。

アイアンマン マークV/『アイアンマン2』

モナコカーレースに参加していたトニーウィップラッシュの襲撃を受けた際に装着した。

カラーリング地にで、他のスーツデザインが異なっている。

通常はアタッシェケースであり、携帯でどこでも着られる。13.6kgしかないので非ペッパーでも持てる。 このスーツの装着シーンは必見で、足で起動し腕を挿して抱え込むとスケイル状のパーツが自動的に展開されて体を包む。

装甲にマグネシウムを採用することで軽量化に成功し、タングステンフレームで強化している。携帯ゆえに装甲が薄く防御面が心もとない。リパルサーレイとユニビーム以外の武装は確認できず、飛行も低いためあくまで緊急用のスーツと言える。しかしを蹴飛ばすほどの人的パワーはある。

原作シルバーセンチュリオンアーマーがモデルと考えられる。実写マークVのようなカラーリングと厳つい顔が特徴である。 胸部のマウントは逆三角形。アタッシュケーススーツとなった由来は、おそらく原作のエクストリミスアーマーがアタッシェケースに入るほどコンパクトになることからと思われる。

アイアンマン マークVI/『アイアンマン2』『アベンジャーズ』

他のスーツと異なり、アークリアクターのマウントが従来の丸から逆三角形になった。

コアパラジウムからヴィブラニウムに変更したリアクターを採用しているためスーツもそれに対応したハイスペックモデルである。ある程度中や宇宙空間での活動に対応している。カートリッジ式のレーザービームを搭載。耐久性が高く、『アイアンマン2』ラストの戦闘から『アベンジャーズ』の後半まで使用されている。

アベンジャーズ』では神様であるソーと戦闘する。ムジョルニアから放たれるJ.A.R.V.I.S.の予想の400という大な電気エネルギーに耐えてユニビームにその電を反映している。さすがにソー相手ではアーマーに負担がかかっている[15]

実写版での造形は原作のエクストリミスアーマーに近い。『アベンジャーズ』での後半では酷使によってガタが来ていて、ロキを前にしてスーツを脱がざるをえなかった。

アイアンマン マークVII/『アベンジャーズ』『アイアンマン3』

アベンジャーズ』の後半に登場する。装着シーンは必見のカッコ良さだ!

普段はカプセルでコンパクトである。起動するとロケットで自動的に飛行し、手首のコラントッテにセンサーが反応して落下中でさえ装着できる。J.A.R.V.I.S.によると着用時点では実用段階でなく、良されたヴィブラニウムアークリアクターでもエネルギーが枯渇している。マークVIレーザービームを一度だけ使用できたが、マークVIIパワーが続く限り何度もレーザービームを使用可。また、飛行の向上で手のからリパルサーを噴射しなくても滞できる。武装が他のアーマーよりも多く、セラミックメッキを施した鋼などの複合装甲を採用しているので重い

ジョス・ウィードンが監督が丸リアクターを好んでいるため、胸部のマウントは従来の丸に戻っている。『アベンジャーズ』のオーディオコメンタリーではジョス・ウィードンが「初めてHUD(顔の前の操作画面のこと)を横から写したんじゃないかな」と発言しているが、実際は『アイアンマン』でマークIIIが一だけ横を向いている。

アイアンマン3』にも登場し、起立させた状態からも装着可なことが判明した。『アベンジャーズ』から一年経っているが塗装は剥げたままである。中国版のトレイラーではこれらしきスーツで訪中している。

アイアン・リージョン

アベンジャーズ』から一年間で作られた『アイアンマン3』の35体のスーツアイアン・リージョン(の軍団)と言う。「ホームパーティプロトコル」で7体のスーツを中心に全体登場した[16]。「ホールオブ・アーマー」という極秘の地下室に格納されていたので爆撃の被を受けなかった。

以前のアーマーとは異なって、ナンバリングと共に"通称"を持っている。映画開当初は全ての情報開されていなかったため、当時開されていたたものから先に紹介している。また、ローマ数字表記ではナンバーが見辛いので、アラビア数字で記述している。胸部のリアクターの形状は特記しない限り通常の丸

アーマー目次に戻る

アイアンマン マーク17 "ハート・ブレイカー" Artillery evel RT suit

露出したリアクターが特徴。大砲=ユニビームを発射することに特化している。

コミック寄りのこれまでにデザインをしており、な頭部と肩が特徴的な他、アークリアクターが他のアーマーより大きい。概要の"RT"は「リアクター」の略で、自在にユニビームを放てる。防御機として「リパルサーシールド」を生成可。「ホームパーティプロトコル」のアイアン・リージョン登場シーンではセンターを担当し、最初に画面に映っている。

トニー示で3人の兵士わりつかれたレッド・スナッパーを援護した。レッド・スナッパーがなんとか引き剥がした一人をリパルサーレイで追撃した。その後置き去りにされたローディを回収し、妨を受けながらも港の上層に運び上げている。余談だが「ハート・ブレイカー」は「惜敗する」という意味もある。

コミックスペース・アーマー・マークIIIに首から下のデザインがよく似ている。

アーマー目次に戻る

アイアンマン マーク33 "シルバー・センチュリオン" Enhanced energy suit

原作マーク7と同じ「シルバーセンチュリオン」を題するアーマー。ペイントばった逆三角形リアクターが特徴。同様の塗装のマークV程明瞭な発色ではなく薄暗い事もあって色が分かりづらい。装甲や背格好は従来マークVIIによく似ている。デザイン的にはコミックシルバーセン・チュリオン・アーマーよりもエクストリミス・アーマーに近い。

フォース・フィールドを搭載し、磁性を変化させることで金属の対物を引きつけたり離したりすることが可で、パルス・キャノンという武装を搭載している。また、ガントレットにはブレードが仕込まれている。

ホームパーティプロトコル」ではハート・ブレイカーら7体と共に登場している。戦闘でトニーが最初に装着したスーツで、瓦礫に埋もれたペッパーを救出している際にキリアンの奇襲を受けマウントを取られてしまったが、隙を見てブレイドキリアンの左腕を両断し、緊急離脱した。

アーマー目次に戻る


アイアンマン マーク35 "レッド・スナッパー" Disaster rescue suit

名前の由来はロブスター。ロボットアームが特徴的なアーマー。リアクターは縦長の長方形である。イゴール程ではないが大で、災害救助用として設計された。には油圧システムが採用されていて瓦礫を打ち砕くを持つ。アームとは用途に応じて付け替えが可。腕のリーチは長いが戦闘用でないので直接殴っている。

ホームパーティプロトコル」ではハート・ブレイカーら7体と共に々しく登場している。腕がの鋏状で遠からでも判別しやすく、視点が変わってもよく立っている。

3人のエクストリミス兵にしがみつかれていた所をハートブレイカーの援護で左腕の兵士を引き剥がしたが、残った1人に顔面パーツをもがれて制御を失い、燃料タンクに衝突してもろとも爆発した。爆キリアンペッパーに及んでいる。

アーマー目次に戻る

アイアンマン マーク38 "イゴール" Heavy Lifting suit

原作に登場したハルクバスタースーツを彷彿とさせる大の重量級アーマー。しかしながらゴールは対ハルク用どころか戦闘用ですらなく、重量物運搬作業用である。脊椎パーツがジャッキのような構造をしており、パーツを展開して重いものでも背中で支えられる。一飛行の有を作中で確認できない。上半身は太くて首が短く、を基調としたボディが特徴である。リアクターは横長の長方形。脚部はボーダーに塗られている。ホールオブアーマーのワインセラー(スーツが格納された)はイゴールで作ったとされる。

トニーの要請でコンテナをなぎ倒しながらハルクのような足取りで駆けつけ、崩れ落ちてきた大コンテナを支えた。

「イゴール」の名は物語フランケンシュタインに出てくる脊柱後弯症の男から取っている。

アーマー目次に戻る

アイアンマン マーク39 "ジェミニ(スターブースト)" Sub orbital suit

スターにも登場している。「ジェミニ」は双子座のことで、転じてアメリカが行った有人宇宙飛行計画もす。名前から察しうるように宇宙飛行可なアーマーである。

スペースシャトル宇宙を合わせたようなデザインで、ペイントに逆三角形リアクターを持つ。取り外し可ブースターを搭載している他、重力下での飛行を可とするスラスターも搭載している。

ホームパーティプロトコル」ではハート・ブレイカーら7体と共に々しく登場。エクストリミス兵の投げたパイプの直撃を受けるも、怯まず反撃してリパルサーレイで吹っ飛ばした。

Gameloft版の公式ゲームでは通称が「ジェミニ」ではなく「スターブースト」となっている。

アーマー目次に戻る

アイアンマン マーク40 "ショットガン" Hyper velocity suit

アイアン・リージョンの特攻隊長たる高機動性スーツマークIIのような銀色シャープな装甲とやや細い面長の顔が特徴で、長四リアクターを持つ。

パルサーを強化したことで飛行が向上しており、マッハ5以上の高速飛行を可とする。また、音速飛行を的としたデザイン空気抵抗を少なくするためか他のアーマーと較すると流線である。体当たりを得意とするが、武装がリパルサーレイ以外にいのが弱点。

ホームパーティプロトコル」ではハート・ブレイカーら7体と共に々しく登場。キリアンとの戦闘で3番に装着した。

持ち前の飛行を活かして落下したトニーを救出しキリアンを下から体当たりで強襲、屋上にまで持ち込む。リパルサーレイの連撃をキリアンに放つが全て躱され、手首を取られてリパルサーレイを顔面に誤爆し仰け反る。背中のリパルサー噴射で体勢を立て直してキリアンに蹴りと裏拳を叩きこむも右足を取られて切断、最終的に体をっ二つにされ大破した。

アーマー目次に戻る

アイアンマン マーク42 Prehensile suit

他のスーツのような通称は不明。勘違いされやすいが通称は「エクストリミス」ではない。作品の情報が不確かな内はナンバリングが8ではないか、47ではないか…とあれこれファンの間に推測されていたが、実際は42であった。

余談だが、「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」でGoogle検索するとこのアーマーの作中における役割が分かる→検索結果

これ以前のアーマーの特徴をバランスよく併せ持っており、パーツの分離が可かつ、他の基本的なアーマー性より飛行も高く、高速高高度飛行が可耐久も高く、墜落したり衝突したりと乱暴な使われ方が多い割になかなか壊れない。耐熱性も備えておりエリック・サヴィンの熱攻撃にも耐え抜いて高出のユニビームで反撃した。

遠隔操作という危うい機を試験的に搭載しているため、セーフティとして緊急時にトニーパワーダウンと言うと動作を停止し、手を切るような動作でバラバラにすることができる。

調整中のアーマーであるというのに、全てを失ったトニーの一番近くに有ったばかりにやたらと酷使される。全てのパーツを14個に分解で、パーツそれぞれにバッテリーエンジンを搭載している。トニーの意思に反応して自動的に飛来し、そのまま装着することが可オーディオコメンタリーによるとシェーン・ブラック監督的には「アークリアクターでもエネルギーが足りない」らしく、パーツごとにバッテリーを搭載していることもあって使用し続けた場合は外部電からの充電も必要である。

個別飛行するパーツの動作はまるでソーのムジョルニアである。単体でも結構な速度で長距離飛行可できる。しかし、トニーの意思に反応できても進路上に障物があると簡単に飛行を阻まれてしまう。その他の欠点としては衝撃への弱さが挙げられ、人状態ではトラックにぶつかられただけでもバラバラになってしまった。また、気密性に欠けるのかヘルメットが侵入するため中活動はできない。

調整が済んでおらず、トニーがいよいよ窒息死するという時になるまで飛行も不可能だった。遠隔操作を可としているためトニー本人が中に入らなくても稼働させられ、任意で他人に装着もできる。自宅襲撃時にはマーク42をペッパーに装着させて彼女を守っている。

作中では終始三枚な立ち回りをさせられ、「ハウスパーティプロトコル」には大統領機救出に使用したために出遅れた。息子と称する割には最初から最後まで使い潰され、キリアンとの交戦時には既にボロボロだった。最終的に理やりキリアンに装着して自爆し、キリアン瀕死に追い込んだ。

アーマー目次に戻る

その他のアイアン・リージョン

Gameloftからリリースされたアイアンマン3公式ゲーム(Android版iPhone版)ではスーツ情報開されていて、自由にアーマーの姿を見られる。

詳細な画像はこちら → 【新作情報】映画を観る前にゲームで盛り上がろう。『アイアンマン3-公式ゲーム』配信スタート

また、米国サイトCOMICBOOK.COMの「Iron Man 3 Suits Of Armor Revealed In Detailで一部コンセプトアートと情報が判明した。詳細な情報は不確かな点が多いので適宜修正をお願いします。

マーク15/スニーキー
Stealth suit
ステルスアーマー。クロムでコーティングされた装甲を持ち、独特なの模様がある。アークリアクターは露出面積の少ないんだ三角形
劇中でハーレーが提案したステルスアーマーとの関係はなく、敵のレーダーに反応しない方のステルスを搭載している。環境に合わせて明度を変えることでカモフラージュが可。戦闘用ではないため武装はリパルサーレイとユニビームのみである。
ホームパーティプロトコル」ではハート・ブレイカーら7体と共に々しく登場。ラスト戦闘シーンで飛び降りたトニーに飛びつかれて体勢を崩し、障物にぶつかりながらなんとかトニーを着地させるも、衝撃でバラバラになった。
マーク16/ナイトクラ
Black stealth suit
ブラックステルスアーマー。みがかったの怪しいアーマー。顔はショットガン系の面長で肩がっているのが特徴。潜入用にデザインされているためマーク15よりも戦闘が苦手。その代わりステルスシステムの精度はマーク15以上。ポスターにも登場。シルバーセンチュリオンの次にトニーが装着したアーマーである。キリアンとの戦闘では赤色になっており、ぶつかり合いで徐々にパーツを損壊、最終的にキリアンによって破壊された。
マーク25/サンパー(ストライカー)
Heavy construction suit
やや大い装甲に、削岩機状の大きな両腕と縦に細いリアクターが特徴。ストライカーは「かなづち」という意味。 建設作業用のアーマーで、コンクリートを破壊できる強い腕を持つ。 高電圧の電気を受けても安全。リーク情報における通称は"ストライカー"ではなく"サンパー(Thumper)"となっていて、こちらも「強く打つ」という建設作業っぽい名前。
ホームパーティプロトコル」ではの上で襲いかかってきた二人の兵士桁ごと梃子の原理で吹き飛ばし、大きな両腕でそれぞれ突き上げた。非戦闘用アーマーながらも善戦を見せた。
Gameloft版の公式ゲームでのストライカーは体と攻撃が高く、アンロックすると序盤のゲームプレイが楽になる。
マーク37/ハンマーヘッド
Deep sea suit
名前はハンマーヘッドシャークとも言われるシュモクザメが由来。やや大で、ずんぐりとした頭とを基調とした分厚い装甲が特徴である。深海作業用のアーマーで、高圧に耐えうる大きなボディを持つ。濁中の視界を確保するため、左右のにとても強くる高性ライトがある。「ホームパーティプロトコル」ではどアップで映り、エクストリミス兵をサーモグラフィーで視覚識別した。
マーク41/ボーンズ
Skeleton suit
い装甲の上にのように露出した金属部分が特徴のアーマー。
飛行速度と機動の向上のために軽量化を図っており、全体的に細身である。このスーツが搭載しているパーツ分解がおそらくマーク42の原であると思われる。ポスターにも登場。
ホームパーティプロトコル」では2番に攻撃を開始している。「参りましょう」というJ.A.R.V.I.S.の言葉と共にパーツ分解して5人のエクストリミス兵を弾き飛ばした。

アーマー目次に戻る

リークされたアイアン・リージョン

Sciencefiction.comCloser Look At Armors & Unused Concepts For ‘Iron Man 3’に掲載されている情報によって判明したアーマーたち。リーク画像はの加減で色が見辛いので、色の見間違えがあるかもしれません。ご了承ください。 正しい翻訳を募集中。

Mk8~Mk11/概要不明
従来のアーマーを参考にしていると思われ、カラーリングや趣を残しつつ良したもの。
基本的なデザインマークVII等に酷似しており、ナンバリングが増えるほどヘルメットハートブレイカーっぽくなっていく。最後にペッパーを襲撃したアーマーはこの内のどれかであると推測できる。
Mk12~Mk14/概要不明
全体的にい。ナイトクラブやボーンズなどの原となったと思われるアーマー。
マーク18/カサノバ(Casanova)
Stealth artillery lebel RT suit
いボディに通常アーマーの頭を持ち、ハート・ブレイカーの大きなアークリアクターを搭載している。ステルスを持ちながら強なユニビームを発射可。機的にはハートブレイカーと同様と思われる。名前の意味は女たらし。
マーク19/タイガー(Tiger)
High velocity prototype suit
おそらくショットガンプロトタイプを散りばめた配色のボディが特徴。他のアーマーとべるとやや流線的なデザインをしている。「ホームパーティプロトコル」でも視認できるシーンに登場している。
2013年8月9日アイアンマン3公式ゲームアップデートゲームにも登場。
マーク20/パイソン(Python)
Long distance suit
名前の意味はニシヘビ。従来に似た頭部に褐色のボディが特徴。長距離飛行用と思われる。2013年8月9日アイアンマン3公式ゲームアップデートゲームにも登場。他のアーマーとは入手方法が異なる。
マーク21/ミダス(Midas)
High altitude suit
全体的に色がかったデザインが特徴。ボディが他のアーマーとべるとやや細い。高高度飛行用と思われる。
名前の由来は触れたものをにするギリシア神話のミダス。「ホームパーティプロトコル」でも視認できるシーンに登場する。
マーク22/ホットロッド(Hot rod)
war machine 2.0 prototype
アークリアクターを持ち、いボディにみがかった炎のデザインの手足が特徴。
アイアンマン』でトニーが作っていたホットロッドを思わせるデザイン。ウォーマシントニー趣味通りにデザインしたということだろうか。アイアンパトリオットはこのアーマーを元に制作した「ウォーマシン2.0」に塗装を施したもの。「ホームパーティプロトコル」ではシルバーセンチュリオンを壊されたトニーの要請を受けて待機していたが、トニーが着用する前にエクストリミス兵の攻撃を受けて柱に衝突し、スクラップとなる。2013年6月15日アイアンマン3公式ゲームアップデートゲームにも登場。
マーク23/シェーズ(Shades)
Extreme heat suit
高熱スーツ。おそらくは耐熱の意味と思われる。若干がかったショットガン色違いといったデザインが特徴である。ボディはショットガンよりも少し大きい。名前の意味はサングラス
マーク24/タンク(Tank)
Heavy combat suit
ハート・ブレイカーより少々大の重装甲版で黒色。独特の縞模様がある。基本的にはハート・ブレイカー色違いといったデザイン。ポスターにも登場している。機的にはハートブレイカーと同一と思われる。「ホームパーティプロトコル」でも視認できるシーンに登場している。
マーク26/ガンマ(Gamma)
Heavy construction suit upgrade
がかったボディが特徴。マーク25ストライカー(サンパー)のマイナーチェンジバージョン。見たストライカーと大差ない。ストライカーよりもやや大で、危険な場所での作業用ガンマ放射線から装着者を守る。緑色なのはハルクを意識したからだろうか。
マーク27/ディスコ(Disco)
Cameleon suit
オレンジの奇抜なカラーリングをしたボディが特徴。「カメレオン スーツ」という概要の通りボディの色を自在に変更可らしく、ナイトクラブ以上のステルス性を持つ。「ホームパーティプロトコル」ではハート・ブレイカーら7体と共に々しく登場する。
マーク28/ジャック(Jack)
Radiaion zone suit
放射能汚染されたエリアでの作業用ハートブレイカー系の顔にスズメバチのような警告色のデザインデザインが特徴である。「ホームパーティプロトコル」では、々しく登場しているレッド・スナッパーとディスコの間に一だけ映った少し後、背後からも映っている。コミックにもこれと似たような用途のアーマーが登場している。
マーク29/フィドラー(Fiddler)
Nimble construction suit
高度(器用)な建設作業用。手先が器用なのだろうか。デザインで、左腕だけがサンパーのように大きく、アークリアクターハート・ブレイカーのように大きい。
マーク30/ブルースチール(Blue steel)
Silver centurion suit upgrade
シルバーセンチュリオン概要訳はシルバーセンチュリオンの強化版となっているが、マーク33のシルバーセンチュリオンよりナンバリングが若い。誤記である可性も否めないが、開発に高額な費用を用する航空機製造の現場においては過去プロトタイプモデルを流用して強化し、最新モデル実験的な良版とする場合があるらしい。「ホームパーティプロトコル」でも視認できるシーンに登場している。
マーク31/ピストン(Piston)
High velocity centurion suit
いボディに部に薄い縞模様を持つ。やや大。「ホームパーティプロトコル」では切り込み隊長としてっ先に攻撃を開始。1人を吹き飛ばした後3人のエクストリミス兵を相手に戦う。戦闘で左腕と頭を引きちぎられ、連れとばかりに一人の兵士を捕まえたまま地面に衝突して心中を遂げる。
マーク32/ロメオ(Romeo)
Enhanced RT suit
カラーリングで、胸部パーツだけはハート・ブレイカーのようにばったボディを持つ。アークリアクターハート・ブレイカーと同様に大2013年6月15日アイアンマン3公式ゲームアップデートゲームにも登場。正式な名前の読みが「ロメオ」であることが判明。
マーク34/サウスポー(Southpaw)
Disaster rescue suit prototype
レッドナッパーの原と思われる。ホット・ロッド系の顔にレッドナッパーのような肩を持ち、胸から下は通常系のいボディである。リアクターは通常の丸で、左利きの名の通り左腕だけレッド・スナッパーほどではないが大きいアームを持っている。
マーク36/ピースメーカー(Peacemaker)
Riot control suit
暴動鎮圧用。
オレンジ色のレッドナッパーといったデザインとボディを持つが、特徴的なロボットアームを持たず通常の腕を持つ。

ラストトニーが「クリーンスレート・プロトコル」を実行して、残ったアーマーを全て爆破させて花火にした。

ちなみに、『アイアンマン3』に登場したアーマーのメイン14体(どのアーマーがメインである かは不明)のCGモデリングを担当したのはデジタルドメイン社に所属する日本人成田氏である。 その他のアーマーは他社のスタッフが氏のCGモデルを弄ってバリエーションを増やしたもの。 そのためアーマーの各パーツが見覚えのあるものとなっている。

アーマー目次に戻る

アイアンマン マーク43 /『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』から登場した、マーク42のアップデート版。

マーク42とデザインは共通だが黄色の配色を一部反転させたようなカラーリングになっている。
試作のうえ調整不足だったマーク42とは違い、腕部ミサイルや肩部特殊弾などの武装が復活。

重武装したヒドラ戦闘員どころか最初のウルトロンライムすらも正面から撃破する性を持つ。

アーマー目次に戻る

アイアンマン マーク44 "ハルクバスター" /『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』に登場する巨大装甲アーマー。

万一ハルク暴走した時のことを考慮し、ハルク本人であるブルース・バナーと共同開発された。

時は人工衛星に接続された『ヴェロニカ』と呼ばれるユニットパーツごとに分離して搭載されており、トニーの呼び出しに応じてヴェロニカごと飛来し既に装着されているアーマーからさらに着込む形で合体する。

ハルクと正面からぶつかることを前提にした巨体とパワーを持つ上にこの形態においても飛行可

損傷が出た際には、中に待機しているヴェロニカからスペアパーツが射出され損傷部分と入れ替わることで圧倒的パワーを持つハルクに対しても継続した戦闘が可となっている。スペアパーツには種類があるようで、交換時には異なる機を有する腕部に換装された。

スカーレットウィッチにより暴走させられたハルクを止めるために実戦投入され、マーク43の上から装着され正面衝突。破壊された部品を入れ替えながら闘を繰り広げ、正気ではなかったとは言え無敵ハルクを鎮圧することに成功した。

アーマー目次に戻る

アイアンマン マーク45 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の終盤に登場。

流線のボディとリアクターの形状が六角形になっているのが特徴の新アーマー。ウルトロンとの最終決戦に向けて開発された。

マーク43では確認されていなかったレーザービームを腕部に搭載している。分割は不明。

前作『アベンジャーズ』におけるマーク7ほど立った活躍はなかったが、ヴィブラニウム装甲にアップデートされたウルトロンライムにヴィジョン、ソーとの同時攻撃により大ダメージを与えている。

また、この時点で補助AIが「F.R.I.D.A.Y」に変更されている。

アーマー目次に戻る

アイアンマン マーク46 /『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』

『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』に登場した、マーク45アップデート版アーマー。

一見するとマーク45と同じアーマーに見えるが、肩や足が細くなっていたり発する丸いパーツが取り付けられていたりと細部が異なっている。
ヘリ機内で先にアーマーを装着すると椅子が倒れ、同時に全身にアーマーが装着され中に射出されるという新しいアーマー装着シーンを披露した。

空港キャプテン・アメリカ達と戦った時は性を遺憾なく発揮していたが、縮小化したアントマンに装甲内の電子部品を破壊されるという思わぬ攻撃を受けた。

その後シベリアヒドラ基地でキャプテン・アメリカウィンター・ソルジャーと対決。2対1という数的不利の戦いでありながら、ユニビームウィンター・ソルジャーの左腕を破壊、更にキャプテン・アメリカの格闘パターンを解析し反撃するなど互に渡り合う。しかし最後はキャプテン・アメリカに胸のリアクターを破壊され行動不になった。

アーマー目次に戻る

目次に戻る

登場人物

原作であるマーベルユニバースの登場人物はど登場するため、実写版のな登場人物と設定を紹介。補足的に一部原作の設定も併記する。登場人物名などの表記のゆらぎにはご容赦願いたい。キャストの後ろCV:は吹き替えキャスト名。ソフト版/日曜洋画劇場の順で記述。

人物

目次に戻る

ヴァージニア・ポッツ (通称:ペッパー・ポッツ)/ グウィネス・パルトロウ  CV:岡寛恵/田中敦子

トニー秘書。普段は冷静で敏腕だが、予想外の出来事には慌ててしまいドジを働いてしまう。シリーズを経るごとにどんどん肝が太くなっている。『アイアンマンシリーズヒロイン(スーパーヒロインではない)で、トニーとはお互いに特別な感情を抱いていてシリーズを通してトニーとの恋愛模様が描かれている。イチゴアレルギー持ち。彼女がセキュリティの責任者を務めると何故かシステムが脆弱になるという。通称の「ペッパー」は「胡椒」という意味で、彼女のソバカスを胡椒に見立ててトニーが付けたあだ名である。「ペッパー・ポッツ」でちょうどコショウ瓶という意味になる。

アイアンマン
社長秘書という関係であるがお互いに淡い心を抱いている。テロリストアジトから帰還したのを機にトニーペッパーが自身にとってかけがえのない存在であるのに気が付いた。良したアークリアクターの交換という重大な責務を任されるが事失敗し、トニーは危うく心停止しそうになる。この作品でコールソンと知り合い、オバディア逮捕の協を仰いでいる。
アイアンマン2』
トニーが取締役の座をペッパーに譲ったため関係が進展した。社長秘書というくびきがくなり親しい仲となった。慣れない社長業で苛立っていたのもあって、何も相談せず行動するトニーを度々叱っている。この作品でブラック・ウィドウと知り合い、トニーに執拗に近寄る彼女に嫉妬している。
アベンジャーズ
トニーとの関係が更に進展したことが伺え、スターク・タワーデザイン等に12%したという。コールソンとの懇意であることが判明しトニー嫉妬を買った。元々出演の予定はなかったが、RDJの希望で彼女だけは各作品のヒロインを差し置いて『アベンジャーズ』に一出演している。核爆弾を異間に押しこむ時、トニーペッパーに連絡を取ったが心配からテレビを見ていたペッパーに着信音は届かなかった。
アイアンマン3』
『2』から引き続き社長を務めている。トニーのボディガードから解任されたハッピーを部下に持っている。トニーと寝室を共にする程仲は進展していたが、悪夢にうなされたトニーマーク42に襲われかけたため同じ寝室で眠るのをやめた。だが、トニーに近寄ってきたマヤ・ハンセンを不審に思うと同時に嫉妬を露わにしている。マンダリンの襲撃以降マヤと逃亡していたが、キリアン拉致され、エクストリミスを導入された。しい苦痛に苛まれるが最終的にエクストリミスに適応し、誤判断で襲ってきたスーツ人的なでリパルサーをもぎ取ってキリアンにとどめを刺した。後にエクストリミストニーによってあっさり解され穏を取り戻した。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
スターク・タワーアベンジャーズの拠点として使われるようになったのでトニーとは別居している。会社の経営は順調なようだ。
コミック
トニーにおべんちゃらを言うような女性であったが、実写版では時代変更に伴って現代的な自立した女性として性格が変更された。本来の彼女の人はトニーではなくハッピーである。

登場人物目次に戻る

ハロルド・ジョセフ・ホーガン (通称:ハッピー)/ ジョン・ファヴロー  CV:大西健晴/落合弘治

トニーの専属運転手兼ボディガード。元ボクサーの経験からトニーボクシングコーチもしている。通称の「ハッピー」は「想で全然ハッピーに見えないから」とトニーが付けたあだ名である。実写版2作の監督ジョンファヴローが演じており。監督を降りた『アイアンマン3』でも続投している。実写版のハッピーコミカルに描かれることが多い。

アイアンマン
トニーの運転手として登する。セリフも少ない。
アイアンマン2』
引き続きトニーの運転手兼ボディガードとして登場し、セリフが増えている。格闘技に自信を見せるがブラック・ウィドウに格の違いを見せつけられた。襲ってきたウィップラッシュをで轢くシーンは、原作トニーハッピーの出会いを意識したものと思われる。
アイアンマン3』
少なくとも1999年にはトニーのボディガードを務めていたことが判明する。その頃はヒゲを蓄えていた。「アイアンマンのボディガードと言うたびに笑われたから」とトニーのボディガードの職を退き、スターク・インダストリーズセキュリティ部門の部長に就任した。エクストリミスの商談を持ちかけたキリアンエリック・サヴィンを不審がり独自に尾行したがエリック・サヴィンに気づかれて返り討ちに遭ったが、エクストリミス被験者の自爆に巻き込まれて重傷を追った。ラストに意識を取り戻し看護師とのフラグを立てている。
コミック
敵に襲撃されたトニーを機転で救ったのを縁にトニーの運転手兼個人秘書となる。ペッパー結婚したが、一時大怪の治療装置で手違いがあり、怪物化してしまう。紆余曲折を経て元に戻る。ペッパーとは離婚結婚を繰り返している。

登場人物目次に戻る

ジェームズ・ルパート・ローズ(通称:ローディ。原作では「ジム」 )/ テレンス・ハワード(『アイアンマン』)
ドン・チードル(『アイアンマン2』『アイアンマン3』)
CV:高木渉(『アイアンマン』)→目黒光祐(『アイアンマン2』『アイアンマン3』)/山寺宏一(シリーズ共に担当)

トニーの親友。中佐(後に大佐に昇進)であり兵器開発部に所属しているためビジネスでの付き合いもある。現役軍人なだけあって素の身体も高い。トニーのよき理解者であり、生だが柔軟で気さくな人物である。

アイアンマン
襲撃を受けて行方不明になったトニーを数ヶも捜索するなど、親友思いな面を見せている。軍需産業撤退を宣言したトニーアイアンマンスーツ開発の協を持ちかけられたが、壮絶な体験のショックと取って話も聞かなかった。トニーアイアンマン開発を知り、マークIIIを見て「次は着てみたいものだな」とくがその夢は『2』でった。
アイアンマン2』
自暴自棄となったトニー軍事でもあるスーツをふざけて使用していたのに怒り、正しくスーツを運用するためマークII軍に持ち帰った[17]スーツジャスティンハマーの手に渡り、間接的にイワンヴァンコにも渡った。マークIIハマーによって装され「ウォーマシン」としてローディが着ることとなった。プロモーション中に制御系統をイワンに乗っ取られたが、ブラック・ウィドウによってシステム再起動されて制御を取り戻し、トニーとタッグを組んでドローンと戦った。
アベンジャーズ
本編には登場しないがタイアップコミックに登場。マンダリンの勢と戦闘していたところニューヨークの事件をにして駆けつける。、帰った時には既に全て片付いており、シャワルマを食べる異様なメンツに言葉を失った。
アイアンマン3』
良されたウォーマシン2.0を星条旗に塗り替えた政府直属の「アイアンパトリオット」として活動している。アンケートで決まった名称と塗装を気に入っておらず、ウォーマシンの方が良かったと嘆いている。 やたらラフなパトリオットスーツの下に着ている。マンダリンの手勢との戦闘のさなか、AIMの策略でスーツを奪われた。危うきをトニーに助けられ、乗っ取られたパトリオット暴走を止めるためトニーに協した。トニーと共にキリアンの居場所を突き止め、囚われた大統領救出を優先して帰還した。パトリオットを起動して大統領と共に脱出した。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
アイアンパトリオットからウォーマシンに戻り活動している。軍人なのでトニー達ほど自由には動けない。アベンジャーズタワーで開かれたパーティーではとっておきの戦車ジョークを披露したが、なぜかアベンジャーズメンバーにはウケが悪かった。
コミック
トニーが戦えなくなった時期にアイアンマンとして代役を務めた。死を偽って敵のを逃れていたトニーに結果的に騙されたことを知り、仲たがいをしてウォーマシンとなった。

登場人物目次に戻る

J.A.R.V.I.S. /C.V.: ポール・ベタニー  CV:加瀬康之/東地宏樹

ジャービスと読む。厳密には人物ではなくトニーが開発した人工知能である。システムの根幹が何処かは明らかでない。高度な知性がえ、トニーの話し相手を務めている。トニーな挑戦をたしなめたり、皮を言える[18]トニーの発明品のインターフェースとして統合されているらしく、セキュリティシステムホロラム3DCADソフトウェアブラウザ電話、そしてアイアンマンなどあらゆる場面でJ.A.R.V.I.S.を頼っている。

しかし、人工知能の宿命として基本的に示を待っていて自した行動を苦手としている。融通の効かない面の描写も多く見られる。

J.A.R.V.I.S.の名の由来である執事ジャービスはシネマティック・ユニバースにも存在していて、アントンヴァンコの裏切りからアルコール依存したに怯える幼いトニーに優しく接していた。実写版ではバットマン主人公ブルースウェインの執事アルフレッドとの類似を考慮してAIという設定になった。

2013年9月現在iOSではセカンド・スクリーン/JARVISAndroidではアイアンマン3ライブ壁紙が配布されており、前者はJ.A.R.V.I.S.の目覚まし時計などが利用可、後者無料コンテンツで動くアイアンマンスーツ壁紙と有料コンテンツでJ.A.R.V.I.S.の時計ウィジェット時報を利用できる。

アイアンマン』、
トニーの自宅を管理しており、クリスティンを認で弾いている。スーツ開発前にはホットロッド制作サポートも行なっていた。帰還したトニーアイアンマン開発を手伝い、以降はスーツインターフェースも務める。アイアンモンガーの飛行を確認してから「あのスーツは飛べるみたいです」と報告するなどズレた一面も見せている。
アイアンマン2』
トニーの命令でパラジウムに代わってリアクターコアとなる物質を研究していたが発見できなかった。後にハワードの遺したエキスポ会場の模型を解析し、ヴィブラニウムの存在を突き止めた。
アベンジャーズ
スターク・タワーの管理も行っている。S.H.I.E.L.D.エネルギー事業を不審に思ったトニーの命令で小端末越しにS.H.I.E.L.D.の機密を探った。ジョス・ウィード監督の「敵との戦闘中トニーと一心同体である」との考えから忠実にトニーに従っている。それでもジョークを言うセンスは健在である。
アイアンマン3』
マーク42の開発を手伝っている。マンダリンの襲撃で没して窒息寸前だったトニーを機転で救出したが、自身もシステムに損傷受けていたため、誤ってマーク42をローズヒルに飛ばす。故障を自己診断し、システム復旧のために稼働停止する。ハーレーの自宅にて復旧待ちで休息しながらも電話越しにトニーサポートした。ラストアイアン・リージョンジャービスが操作しており、ピンチトニーを救った。機が回復したとはいえJ.A.R.V.I.S.の行動に不可解な点が幾つか見られ、苦手な機転を利かせてトニーから引きずり出したり、熱探知で攻撃を命じられたとは言えペッパーを攻撃したり、ローディに軽妙な挨拶をするなど、おかしな挙動がある。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
ペッパーと共に会社経営にも携わっている。ウルトロン計画で誕生したウルトロンに対話を試みるが、攻撃され破壊されてしまう。しかし密かに分身をネット上に構築し、ウルトロンデータ間での襲撃を防いでいた。その後クレイドルで作られていたウルトロン用の体にアップロードされ、ヴィジョンとして生まれ変わった。
コミック
エドウィンジャービスというスターの従順な執事。穏やかな老紳士トニー父親代わりとも言える大切な存在である。アベンジャーズメンバーの住むアベンジャーズマンションのコンシェルジュを務めた。

登場人物目次に戻る

ニコラス・ジョセフ・フューリー (通称:ニック・フューリー)/ サミュエル・L・ジャクソン  CV:手塚秀彰(『アイアンマン』『アイアンマン2』他)、竹中直人(『アベンジャーズ』以降)/玄田哲章

戦略土調停補強配備局、略してS.H.I.E.L.D.の長官。

ハッキングや、狙撃など多な技術を持つスパイであり、指揮官としても優秀である。ヒーローたちのを信頼し、そのパワーを理解している。しかしながらコールソンの死をチャンスヒーロー結束させるなど。に一物を抱えた食えない態度を取る。『アベンジャーズ』以降は特にキャプテン・アメリカと親しい。

アイアンマン
エンドクレジット後に登場。J.A.R.V.I.S.のセキュリティを抜けてスターク邸に侵入し、トニーヒーローアイアンマンだけでないことを伝えアベンジャーズ計画を持ちかける。
アイアンマン2』
ワードスタークと交流があったことを明かし、ハワードの遺志をトニーに伝えリアクター良のヒントを与えた。
アベンジャーズ
ストーリーの中心人物であり、スーパーヒーローを一同に介させた。また、彼の上に極秘裏の上部組織"世界安全保障委員会"なるものがあることが示唆された。トニーによってコズミックキューブを用いた大量破壊兵器開発の計画が明るみとなり、ヒーローたちの不信を招いた。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
S.H.I.E.L.D.が解体されたので長官を辞めてヒドラを追っていた。中盤アベンジャーズの元に現れ彼らを団結させる手助けをする。更に密かに保管していたヘリキャリアでソコヴィアに来て、救助活動を揮した。
コミック
眼帯実写版と共通である。

登場人物目次に戻る

ナターシャ・ロマノフ (ブラック・ウィドウ)/ スカーレット・ヨハンソン CV:佐古真弓(『アイアンマン2』)、米倉涼子(『アベンジャーズ』以降)/冬馬由美

スタイル抜群の妖艶な美女。正体はニック・フューリー直属の女スパイで、屈強な警備員12人を1人で倒すほどのマーシャルアーツの達人である。アスリート並の身体持つマルチリンガルで、狙撃やハッキングや尋問やハニートラップも何でもござれの完璧超人である。コードネームエージェント・ロマノフ[19]。『キャプテンアメリカ/ウィンター・ソルジャー』にも登場している。

アイアンマン2』
スターク・インダストリーズの法務部社員として登場する。経営権をペッパーに譲って秘書不在のトニーは、すぐに彼女を新たな秘書として向かい入れた。ニック・フューリーの手のスパイとしてアベンジャーズトニーが採用に値するか秘密裏に評価していて、中盤で正体が判明した。ジャスティンハマーのラボに乗り込んでその戦闘を披露している。
アベンジャーズ
スーパーヒロインとして登場。ホークアイと懇意である。『アイアンマン2』から髪型を変えショートヘアになった。得意の誘導尋問でロキの企みを聞き出している。ウィドウ・スティングなる高圧電流を流す武器を使用する。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
バナー博士と親しくなっており、ハルクのなだめ役を担っていた。互いの抱える問題をえてバナー博士とは恋愛関係になるものの、バナー博士は消息を絶ち彼女はアベンジャーズに残った。
コミック
1964年アイアンマンのヴィランとして初登場した。ホークアイへの情からヒーロー(ヒロイン)へ転身した経歴を持つ。「ブラック・ウィドウ」とは直訳で「未亡人」を意味し特にアメリカでは「セアカゴケグモ」のことを表す。『未亡人の噛み付き(ウィドウ・バイト、電撃)』『未亡人の糸(ウィドウ・ライン、ロープ)』『未亡人キス(ウィドウ・キッス、催涙スプレー)』などの武器を使うが、実写版にもそれらしき具が登場している。

登場人物目次に戻る

フィリップ・コールソン (通称:フィル・コールソン)/ クラーク・グレッグ  CV:村治学/根本泰彦

S.H.I.E.L.D.所属の捜官。生な苦労人である。未婚者だがチェリスト人がいる。その貌と裏に掴みどころのない独特なキャラから海外では妙にファンが多い。演じているクラーク・グレッグはアメコミオタクとしてとても有名。『アベンジャーズ開後、キャプテン・アメリカのトレーディンカードと、"コールソンの血付き"トレーディンカードが販売された。

マイティ・ソー』と、アニメ版『Ultimate Spiderman』にも登場し、テレビドラマにも登場している。

アイアンマン
初登場。当初はS.H.I.E.L.D.略称かったため[20]、戦略土調停補強配備局の~と毎回名乗っていた。 ペッパーの依頼でオバディアを逮捕に向かったが、アイアンモンガーには手も足も出なかった。事件解決後はトニーアリバイ作りのために尽したが、トニーが結局「私がアイアンマンだ」と表てしまったので苦労は泡に帰した。
アイアンマン2』
ニューメキシコへの転勤が決定した。『アイアンマン』から親しくなり、トニーと冗談を言う仲になっている。ラストにはコールソンがソーのムジョルニアを確認している。
アベンジャーズ
アベンジャーズ計画に関係し、その人柄からトニー論各ヒーローとも親しい。加えてペッパーとも親しいことがわかり、トニー嫉妬されて海外旅行を提案される。キャプテン・アメリカの大ファンであり、『アベンジャーズ』ではやや緊君にキャップと話している。アベンジャーズ結束を望んでいて、キャプテンが現代で着るスーツデザインしたり、ソーのジェーン・フォスター事をソーに説明するなど、メンバーのケアに勤しんでいた。中盤にロキに殺されたのを機に不和なアベンジャーズ結束した。しかし…
ドラマS.H.I.E.L.D.
本当は生きていました。
コミック
実写オリジナルの人物で、原作には登場していなかったがコミック逆輸入されて少しだけ登場している。

登場人物目次に戻る

マリア・ヒルコビー・スマルダーズ  CV:本田貴子

S.H.I.E.L.D.所属の女性ブラックウィドウのようなコスチュームである。

アベンジャーズ
ニック・フューリーの部下として副官を務め、持ち前の冷静さで大所帯のS.H.I.E.L.D.を取り仕切っている。狙撃などもこなし、身体の高さがえる。本作で初登場のため、実写版におけるトニーとの関わりは薄い。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
S.H.I.E.L.D.解体後はアベンジャーズタワーで働いている。立場的にはペッパー秘書である。
コミック
2005年にフューリーの代理として登場。規則を重んじるため冷酷にも取れるが、核発射を阻止したことでトニーの信頼を買った。

登場人物目次に戻る

ホー・インセンショーン・トーブ  CV:井上倫宏/古川登志夫

故人。テロリスト「テン・リングス」の捕虜となっていた。 平和義の天才物理学者で、エンジニアとしても優秀であった。様々な言を使いこなせるようで、作中でトニーの通訳をしている。出身地はアフガニスタングルミラという架の村であった。既に家族を失い涯孤独の身であったのでトニー未来を託し、捨て身の時間稼ぎをした。

アイアンマン
囚われたトニー心臓を手術し命を救った。彼も囚われの身であり、トニーとは以前にスイスのベルンで開かれた技術会議で会ったことがあると明かすも、覚えられていなかった。 絶望の淵にあったトニーを励まし、脱出計画を練る切っ掛けを作った。トニーの助手を務め、マークI開発に協している。この時点では「インセン」としか名乗っていない。
アイアンマン3』
回想シーンでベルンの技術会議の模様が描かれている。本名をフルネームで名乗ってトニー挨拶をするも相手にされなかった。彼が冒頭で紹介した中国人医師のウー博士が、アイアンマン3のラストトニー心臓から破片を取り除いた。
コミック
実写版と同様トニーの脱出の時間を稼いで散っていったが、原作ではゲリラアジトから彼のだけが救出され、「サンズ・オブインセン」という彼を崇めるカルト教団が登場する。

登場人物目次に戻る

ダミー (ぶきっちょアーム)

人物ではなく本体側面に「DUM-E」と書かれたロボットアーム実写版にのみ登場する。トニーの作業をよく手伝っている。拙い人口知を搭載しているため不器用で、トニー消火器を噴射したりミキサーを壊したりシャンパンを雑に運んだりしている。出来損ないゆえトニーによくづかれるが、決して嫌ってはいないようで可がっている。おそらくはトニーマサチューセッツ工科大学在学中に開発したものと思われる(『アイアンマン』冒頭の新聞記事の写真に写っている)。同機のUが居る。

アイアンマン』ではマークII開発を手伝っている他、着陸に失敗したマークII消火器を噴射している。リアクターをオバディアに奪われて命の危機にあったトニーに旧リアクターを渡したのも彼である。『アイアンマン3』ではマーク42の開発を手伝っていて三帽子を被せられている。マンダリンの襲撃を受け、爆撃をモロに受けて大破したユーを助けようとしていたが没してしまう。作品のラストトニーが回収した。

登場人物目次に戻る

ユー

ダミーと同ロボットアーム。同様に実写版にのみ登場する。左側面に「U」と書かれている。『アイアンマン』や『アイアンマン3』では撮影係を任されていて『3』では三帽子を被りながら撮影していたがマーク42のパーツが追突してカメラを落としている。『アイアンマン2』ではシャンパンを雑に運んだりクロロフィルしている他、プリズム加速器の制作を手伝っている。

登場人物目次に戻る

マヤ・ハンセン/レベッカ・ホール CV.東條加那子

植物学者の女性博士。驚異的なを人間に与えるウイルス「エクストリミス」を研究している。1999年大晦日トニー一夜を共にしてそれっきりの女性であった。13歳の子供がいる(?)

アイアンマン3』
研究資当てでエクストリミス技術をA.I.M.に提供していた。マンダリンを挑発したトニーにすぐ逃げるよう警告しに来たところ、爆撃に巻き込まれる。以降ペッパーと行動を共にするもキリアンに見つかってしまった。エクストリミス研究を握る自身を人質としてキリアンに説得を試みたがなく殺されてしまう。
コミック
アルドリッチ・キリアンと共にエクストリミステクノオーガニックウイルスの研究をしていた。

登場人物目次に戻る

ハーレータイ・シンプキンス CV.関根航

トニーが手違いで不時着したローズヒル在住の少年。親はに帰って来ず、E.Jという少年らにいじめられながら寂しく暮らしていた。ポテトガンを自作するほど機械工作に詳しく、アイアンマンを開発したトニー興味を持って情報収集や武器開発に協した。彼の子供らしい素直な言葉がトニーが自分を見つめ直す切っ掛けを作った。ジャービスの再調整が了するまでマーク42はハーレー宅の倉庫に隠されていた。

余談だが彼がトニーに貸した時計は「ドーラと一緒に大冒険(DORA the EXPLORER)」という実在海外アニメグッズである。時計トニーが監禁された際に壊されてしまったが、後日トニー儀に新しいこの時計を返している。

交友関係のあるヒーロー

アベンジャーズメンバーとの交流が特に深い。

原作ではスパイダーマンや、ファンタスティック・フォーメンバーなどとも交流があるが、今日まで実写版に登場し、トニーと親交のあったヒーローのみ掲載している。アベンジャーズ記事に詳細は詳しい。

登場人物目次に戻る

キャプテン・アメリカ(本名:スティーヴ・グラント・ロジャース)/クリス・エヴァンズ CV:中村悠一
『キャプテン・アメリカ:ザ・ファーストアベンジャー』『アベンジャーズ』『キャプテン・アメリカ:ウィンターソルジャー』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

キャプテン・アメリカの記事も参照。

第二次世界大戦期の「スーパーソルジャー計画」で作られた兵士血清を投与することで、ひ弱な青年が人間として璧な体を手に入れた。「スーパーソルジャー計画」にはトニーワードスタークも携わっており、彼が使用するはハワードが作ったという設定に。キャプテンと親しく話す場面もある。

キャプテン・アメリカ:ザ・ファーストアベンジャー』では彼の活躍がダイジェストで描かれたためあまり戦闘経験がいようにも見て取れてしまうが、何年も戦い何度も死線をかい潜って生き延びた歴戦の兵士である。トニーもその経歴は知っているので、戦闘中示を仰いでいる。

アイアンマン
キャプテン・アメリカのレプリカがチラッと登場。『アイアンマン2』のものより解りにくい。
アイアンマン2』
トニーがハワードの遺品を整理するシーンがあり、キャプテン・アメリカコミックらしきものが見られる。ヴィブラニウムの生成のための粒子加速器を衡にするため、ハワードが遺したキャプテン・アメリカのレプリカを下に敷いた。
アベンジャーズ
一見不ジョークばかり言うトニーとなかなか反りが合わず、敵前で仲間割れすることを良しとしないキャプテンと意見が食い違う。しかし、彼自身S.H.I.E.L.D.としてフューリーと迎合しているわけではない。劇中では破壊されたヘリキャリアの修復をトニーと協して行ったり、にリパルサーレイを反射させて戦ったり、と関わるシーンが多い。
70年凍土で眠りについていたことから現代における時代の変遷について行けず、高度な機械などは理解できていないが、決して脳筋などではなくむしろ常人の数倍の知を誇っている。その高い知と観察眼を駆使して各ヒーローたちの適性と事態を冷静に判断し、ニューヨークでのチタウリ襲撃で揮を取った。トニーも彼のを買い、示を仰いでいる。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
様々な戦いを経てトニーとも打ち解けており、アベンジャーズとして活躍する。トニーが密かに進めていたウルトロン計画については、地球かに任せず自分達で守るべきだという考えを示し否定した。新生アベンジャーズではトニーやソーらが離脱してしまうが新たなメンバーを加えて引き続きリーダーを務める。戦闘中に言葉が悪くなったことをトニーに何回もネタにされている。
コミック
アベンジャーズチームビッグ3の一人。トニーの友人ではあるものの、考え方の違い故シビル・ウォーなどでっ向から対立していることも。しかし本質的にはとても良い友人で、キャプテンが亡くなったと思われた時には、面のモニタ一杯にヤンデレよろしく写真を表示しまくり、「スティーブ…」とトニーがうな垂れるシーンがある。 原作でのの開発者はハワードではない。偶然できた超合金で作ったルーズベルト大統領から勲章として授与されたもの。

登場人物目次に戻る

ソー・オーディンソンクリス・ヘムズワース  CV:三宅健太
『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』『マイティ・ソー/ダークワールド』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

マイティ・ソーの記事もを参照。

アスガルド神様トール(のモデルという設定)。

マイティ・ソー』でニューメキシコに転勤となったコールソンが、ロキの送り込んだ"デストロイヤー"というアスガルドの戦闘兵器を見て「あれはスタークの新しい武器か?」と言うシーンがある。『アイアンマン2』ではコールソンがニューメキシコの広原に落ちたムジョルニアを報告している。ちなみに、 中盤にソーの役者であるクリス・ヘムズワースがカメオ出演している。

アベンジャーズ
ロキ暴走を止めるためオーディンの助を得て地球を再び訪れた。アイアンマンの噂は予てから聞いていたようで「来たかの男!」と放っている。マークVIとの戦闘シーンでの彼は決して本気を出していないが、マーベルトップクラスパワーを持つソーとマークVIの殴り合いを見られる。「二度とに触るな」とトニーに忠告するも、ヘリキャリア内で再会した際に「いい腕してるねサーファー君」と、鍛えぬかれた腕をかれている。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
色々な経験を積んだのか人間とはすっかり打ち解けている。ヒドラに奪われたロキの回収という標を達成したためアスガルドに戻るはずだったがウルトロンが誕生したことでそうもいかなくなり、ウルトロンを生んだ責任をトニー問い詰めた。スカーレットウィッチに見せられた幻覚からの宝石が持つに気付き、ヴィジョン誕生の手助けをする。パーティーではトニーがソーのムジョルニュアを持ち上げようとしたが、当然持ち上げられなかった(ちなみにキャプテンは少し動かせた)。
コミック
アベンジャーズチームビッグ3の一人でトニーの友人であるが、「友人である故に私が制御しなくてはならない」とソー・バスターという彼との戦闘に特化したアーマーを開発している。

登場人物目次に戻る

ハルク (本名:ロバート・ブルース・バナー)/ エドワード・ノートンマーク・ラファロ 
CV:水島ヒロ(『インクレディブル・ハルク』)→宮内敦士(『アベンジャーズ』)
『インクレディブル・ハルク』 『アベンジャーズ』『アイアンマン3』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

ハルク」のページも参照

ガンマ線研究の第一人者として知られ、ガンマ線を使用して失われた兵士血清技術の再現をする計画に携わった。実験の成功を確信したバナーが自ら実験台となって投与したところ、実験に失敗し"ハルク"となった。『インレディブル・ハルク』にはトニーエンドクレジット後に登場している。

アイアンマン2』
終盤にニック・フューリーと会話するシーンで、ホロラムモニターにハルクが暴れた時の映像が流れている。
アベンジャーズ
ブラック・ウィドウがコルカタに居たバナーとコンタクトを取りコズミック・キューブの放つ微量のガンマ線を解析する任務に就いた。ハルクは制御できず暴走してしまうため、本来は戦闘要員ではなくあくまで研究者としての招集であった。『アベンジャーズ』登場のヒーローの中でキャスティングが変更されているが、トニーとの絡みがあるのはマークラファロ演じるバナーだけである。逃亡生活を送っていたのでS.H.I.E.L.D.に対しては良い感情を抱いておらず、裏の思惑に気付いたトニーと共にニック・フューリーの計画に疑問を呈した。エネルギー切れで上から落下したトニーハルクが受け止めた。受け止めた所で衝撃はどうなんだよ!
アイアンマン3』
エンドクレジット後に登場している。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
研究者同士トニーとは仲が良いが、バナー本人はハルクとして戦うことに抵抗がある。他のメンバーには秘密でウルトロン計画を手伝い、後にはヴィジョン誕生も手伝わされる。中盤でスカーレットウィッチに操られ暴走し、トニーは対ハルク用アーマーであるハルクバスターを持ち出しなんとか気絶させた。ちなみにトニーが開発した「のびのびパンツ」を履いているのでハルク状態でもズボンが破けない。
コミック
アイアンマン自身がハルクにとってのヴィラン的立ち回りをすることがままあって仲が良いとは言い難い。トニーは対ハルク用のハルクバスターという重量級スーツを開発したことがある。コミックに関しては「ハルク」の項を参照。

登場人物目次に戻る

ブラック・ウィドウ (本名:ナターシャ・ロマノフ)/ スカーレット・ヨハンソン
『アイアンマン2』『アベンジャーズ』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

アベンジャーズ』では『アイアンマン2』では明かされなかった彼女の過去めかされている。また、彼女の乗る戦闘機トニーがハッキングし、「エージェトロマノフ!会いたかった!」と皮たっぷりな音を送っている。『2』以降トニーとはあまり仲が良くないらしい。彼女の詳細は上記参照。

ホークアイ (本名:クリントン・フランシス・バートン 通称クリントン・バートン)/ ジェレミー・レナー 
CV:阪口周平(「マイティ・ソー」)→宮迫博之(「アベンジャーズ」)
『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

マイティ・ソー』に初登場している。S.H.I.E.L.D.所属のエリートエージェントで、組織一の人的な射撃を持つ。肉弾戦も得意としていて、状況把握に優れる。「高いところのほうがよく見渡せる」とは彼の言である。

コンパウンドボウを駆使して戦うがは好んでいない。コンパウンドボウのホルダーには矢にギミックを追加する機がある他、頑丈なため敵を殴打できる。

アベンジャーズ
同じエージェントのブラック・ウィドウとは因縁があり、彼女を殺す任務に就いたホークアイが逆に彼女の命を救ったようだ。作中で彼女と親密であることがわかる。序盤からロキ洗脳され、終盤までロキ営として活躍している。彼がヘリキャリアエンジンを壊したためにトニーキャプテンが修理をする羽になる。後半にはキャプテン示で高所からの状況把握を命じられ、トニーを追跡しているチタウリを狙撃している。矢を撃つ時に敵から視線をずらすのはジェレミーアドリブである。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
トニーとは軽口を飛ばしあう仲。実は家族がおり、劇中では疲弊したアベンジャーズが身を寄せている。メンバー内で一家族と子持ちということからマキシモフ姉弟を「クソガキ」と呼びなんだかんだで気にかけている。ラストではアベンジャーズを離脱し家族の所に戻った。
コミック
サーカス団での腕前を磨いた。原作ブラック・ウィドウと同じく元ヴィランであり、彼女にをしたことで自分を見失い、アイアンマンの敵として戦った。元々はアイアンマンに感銘を受けており、ジャーヴィスの命を救ってトニーと和解したのを機にヒーローに転向してアベンジャーズメンバーとなった。

登場人物目次に戻る

ウォーマシン (本名:ジェームズ・ルパート・ローズ)/ ドン・チードル
『アイアンマン2』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

トニーの親友ローディ。ローディの詳細は上記参照。

アイアンマン2』
マークIIを装着したローディを「戦争マシンになりたきゃ撃てよ!」とトニーが一している。ウォーマシンの誕生の経緯が原作と異なり、ヴィランのジャスティンハマーマーク2を改造したという設定になった。両腕にはFN F2000アサルトライフルを、背中にはM134ミニガン[21]、そして肩にはハマー特製の最終兵器別れた妻」を搭載している。スーツ本体にリアクターを搭載していて手のリパルサーは手付かずだがに装備の銃器で攻撃しているので飛行以外にはあまり生かされていない。
システムに仕掛けをしていたイワンヴァンコによって制御を乗っ取られ、トニーを襲撃してしまうがブラック・ウィドウの活躍で再起動されて制御を取り戻した。
アベンジャーズ
本編には登場しないが、タイアップコミックに登場している。マンダリンと戦闘していたところにニューヨークの事件をにして駆けつけるが到着した時には全て片付いていて気にシャワルマを食べるヒーローたちに言葉を失った。
アイアンマン3』
アイアンマン2』以降トニーによって新たに製作され、性が上昇したウォーマシン2.0を塗装された良版となった。塗装と名前が変更され、キャプテン・アメリカを模した「アイアンパトリオット」となった。アイアンパトリオットについての詳細はヴィランの項に記述。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
ローディは他のメンバーと違い軍人なので自由には動けないが、終盤にヘリキャリアの護衛役として登場。飛来するウルトロン・セントリーを撃墜するが、ヴィジョンに役を奪われて困惑するシーンも。
コミック
ローディの項を参照

登場人物目次に戻る

ヴィジョンポール・ベタニー CV:加瀬康之
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

J.A.R.V.I.S.がウルトロン用に製造されていた体にアップロードされたことで誕生した存在。

額にインフィニティ・ストーンの一つであるマインド・ストーンが埋め込まれている。マインド・ストーンのを使うことが出来る上に体はヴィブラニウムを原料としているため強固、更に飛行可とソーに並ぶ実を持つ。

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
J.A.R.V.I.S.がウルトロン用の体にアップロードされることで、J.A.R.V.I.S.でもなくウルトロンでもない新たな存在として誕生した。ウルトロンは自分に似た存在であると認めつつ、倒すためにアベンジャーズと協する。その精は非常に高潔で、アベンジャーズメンバーではも持ち上げられなかったソーのムジョルニュアをいとも簡単に持ち上げた。
コミック
ウルトロンによって作られたアンドロイド。しかし優しさや自己犠牲の精を持っていたためウルトロンと決別しアベンジャーズに加わった。後にスカーレットウィッチ結婚している。

登場人物目次に戻る

ヴィラン(悪役)

こちらも実写版で登場した範囲で紹介。

登場人物目次に戻る

テン・リングス
『アイアンマン』『アイアンマン2』

アフガニスタントニーを捕虜にした多テロリスト集団。リーダースキンヘッドが特徴のラザ(/ファラン・タヒール)。

トニーは彼らの所有するスターク・インダストリーズ製の兵器を垣間見て、兵器製造の中止に思い至った。トニーを襲撃したのは暗殺の依頼があったため、と作中で明かされる。

アイアンマン2』にもテン・リングスメンバーが登場していて、イワンヴァンコに偽造パスポートを手配したのは彼らである。

「テン・リングス(=10の指輪)」 という名前の由来は原作のヴィラン、マンダリンから。特殊なを持った10の指輪をつけている。リーダーのラザがる「ジンギスカン世界征服」の下りはマンダリンの話すこととそっくり。

登場人物目次に戻る

アイアンモンガー (本名 オバディア・ステイン 通称:オビー)/ ジェフ・ブリッジス  CV:土師孝也/壤晴彦
『アイアンマン』

ワードスタークのビジネスパートナーで、トニーの成人までスターク・インダストリーズを経営をていた。野心に溢れており頭も良い。内心トニーを快く思っておらず、トニーを殺してスターク社経営の乗っ取りを画策していた。

裏でテン・リングスと通じており、アフガニスタンに赴いたトニーの暗殺を彼らに命じていた(が、テン・リングス大物トニーを暗殺すると聞かされていなかったため、暗殺を保留してしまった)。トニーが脱出時に使用したマークIの残骸をテン・リングスの残党に回収させ、それを元にアイアンモンガーを開発している。動の小リアクター研究のために精鋭エンジニアを集めて秘密裏に「セクション16」を設立したが、リアクターの小化に難航する。ペッパーに計画を感付かれ、焦ったオバディアはトニーからリアクターを強奪してアイアンモンガーを起動してペッパー論む。ペースメーカーを失ったトニーは死にするが、ペッパーが記念に残していた初期アークリアクターを装着して九死に一生を得る。トニー理やりマークIIIを装着してアイアンモンガーと戦った。

技術の差ゆえかアイアンモンガーマークIIIの2倍近い大きさで乗り込む形を取っている。名称は「武器商人」を意味しその名の通り沢山の武装を搭載している。飛行も可だが凍結対策がなされていない。元々は『アイアンマン2』のヴィランとして構想されていたが、前倒しになった。

原作実写版のどちらでもハゲ男性であるが、これはジェフブリッジスが原作イメージを損なわないよう配慮でわざわざ頭を丸めたから。

登場人物目次に戻る

ウィップラッシュ (本名: イワン・ヴァンコ)ミッキー・ローク  CV:菅生隆之/磯部勉
『アイアンマン2』

スターに恨みを持ち続けているロシア天才物理学者。普段はロシア語訛りの英語を喋っている。キバタン(オウムの一種)を可がっている。鍛えられた体を持ち、格闘技術と鋭い勘も持つ一方、プログラムの造詣も深い。かつて兵器プルトニウムパキスタンに売った罪で15年間役していた。彼のアントンヴァンコは、アメリカに亡命して以来ハワードスタークとアークリアクターの共同開発をしていたが、スパイ容疑で逮捕されロシアに強制送還された。

の他界を機に、遺されたデータを元にアークリアクターを独自に小化し(しかしトニーリアクター程の効率ではない)、エリクトリカル・デスウィップという破壊抜群の電気を開発する。偽造パスポートでモナコカーレース作業員に成りすますとレースに出場していたトニーを襲撃した。外格式のパワードスーツの危険性を衆すことでトニーが勝とうが負けようが世論が彼に不信を抱くよう誘導するのが狙いの一つだった。モナコの一件で逮捕され、収監されたがジャスティンハマーの手引きで脱獄し、自身のスーツ良版とドローンを開発。ウォーマシンの制御も乗っ取ってトニーを再び襲った。

原作キャラクターブラックラッシュの名でよく知られる。実写版にでは"ロシアアイアンマン"として知られるクリムゾンダイナモブラックラッシュを足して2で割ったような設定となっている。冒頭でテン・リングスが彼に手配した偽造パスポートの名前は「ボリス・ツルゲノフ」という二代クリムゾンダイナモの本名であった。初代の本名は彼の元ネタの「アントンヴァンコ」なので、二代の名を借用したと思われる。

登場人物目次に戻る

ジャスティン・ハマーサム・ロックウェル  CV:森川智之/飛田展男
『アイアンマン2』

トニーに恨みを抱くキザでな男。政府には武器専門として通るほどの頭と権を持つが、トニーの足元にも及ばない。スターク・インダストリーズが軍需産業から撤退したため、ハマーインダストリーズはその恩恵に与った。

劣等感から強くトニーを恨んでおり(彼を化し続けるトニーの性格のせいでもあるが)、アイアンマン過去にする高性パワードスーツ開発をしている。カーレーストニーを襲撃したイワンに感銘を受け、収監されたイワン脱獄を手引きするが御しえずにかえって振り回されてしまう。後にローディからマークIIを受け取り、ウォーマシンとして装した。

スターク・エキスポで未来軍事としてロボットドローン」とローディ扮する「ウォーマシン」をプレゼンするが、イワンに出し抜かれてプロモーションにされた挙句、逮捕されてしまった。

原作ではトニーと敵対するヴィランで、違法資で他のヴィランの武器支援したりアイアンマンスーツの機密情報を盗んだりしている。実写版の彼はトニーと同年代だが、原作ではトニーより年上の設定である。また、イギリス出身だが、実写版にはそれを示唆する描写は特にない。強いて言えばCHAPMANの小ネタは彼の設定由来だろうか。

登場人物目次に戻る

ロキ /トム・ヒドルストン CV:平川大輔
『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』『マイティ・ソー/ダークワールド』

マイティ・ソーの項も参照

ソーの義アスガーディアンと敵対するフロストジャイアント(巨人族)の血を引いている。敵地のヨトゥンヘイムで捨てられていた彼をオーディンが拾った。両親はソーとロキを対等に育てたが、『マイティー・ソー』で出自を知り、劣等感から義のソーをしく恨む。放磊落なソーと反して狡猾で、知謀と魔法に優れている。身体はソーに劣るとされるが、キャップが投擲したシールドを容易く弾いて見せるなど、地球人をかに上回る怪耐久を持っている。

アベンジャーズ』ではチタウリと結託して明日地球侵略を画策し、計画の障であるアベンジャーズ結束を壊すべく立ち回った。ワームホールを抜けて地球に現れ、コズミック・スピアという『キャプテン・アメリカ:ザ・ファーストアベンジャー』に登場したヒドラの武器と似た魔法を操っている。コズミック・キューブ宇宙人チタウリの軍隊を召喚し、地球を恐怖に陥れた。本作のチタウリ原作で言うところのスクラ人にあたり、名称は『アルティメッツ』でのアベンジャーズから取っている。

やや詰めの甘い描写が見られ、『アベンジャーズ』での彼の行いは公式「やってることは壮大な兄弟とまで評される。物語い段階で屋に閉じ込められたり、ブラック・ウィドウの誘導尋問に引っかかったり、話の途中でコールソンに反撃されたり、ホークアイの矢をキャッチしたらの前で爆発したり、ハルク叩きつけられたり……と三枚な描写がやけに多い。トニーと関わるシーンはそこそこあり、スターク・タワーでは綱渡りの駆け引きをした。コズミック・スピアは対の胸を小突くと洗脳するがあるのだがトニーには何故か効果がなかった。胸にアークリアクターがあるためか。コミックでは変身をよく使うヴィランで、ソーの義である。

登場人物目次に戻る

アイアン・パトリオット

装着者はローディ・ローズ。このスーツを着用して大統領の警護などに当たっている。

トニーが開発したマーク22"ホット・ロッド"に良を加えたウォーマシン2.0を軍属機として塗装と名前を変えたもの。

"ウォーマシン" という不穏な名称が好ましくないためかアンケートで新たな名前を募って決定した。作中でも「名前を変えただけ」と批判されている。合衆政府認のためキャプテン・アメリカを模した塗装がされた。トニーもローディもこの塗装と名称が不で、ローディに至ってはウォーマシンの未練を捨てきれず衛星通信のセキュリティIDを「warmachine68」パスワードを「warmachine rox(ウォーマシンサイコー!)」に設定している。

かつてのウォーマシンよりスマートなボディになり、腕のサブマシンガンくなった為リパルサーレイを使用するようになった。背部のガトリング独立動作機構は健在で、意思に応じて自在に口を向ける。星条旗にあたるリアクター部分はチェスプレートで保護されているため露出していない。AIMによる調整を受けていたため、彼らの策謀でアーマーを強奪され、大統領拉致を許してしまった。

コミック
正体はスパイダーマンのヴィランとして知られる初代グリーンゴブリンことノーマン・オズボーンである。アベンジャーズがとある事件を機に失脚した頃、オズボーンは方々のヴィランを集めて"ダークアベンジャーズ"を結成した。ホークアイの位置にブルズアイウルヴァリンの位置にダケン…といった具合にヴィランを当てはめた際、アイアンマンキャプテン・アメリカに相当する人物が不在だったため、自らが両名の特徴を併せ持つ"アイアンパトリオット"を名乗った。スーツ抜けを持つヴィランのを借りてトニーから奪ったものである。

登場人物目次に戻る

マンダリンベン・キングスレー CV:麦人
『アイアンマン3』

ファンからテン・リングスとの関係が摘されてきたヴィラン。中国人で、明王朝の官吏「満大人マンダリン)」を名乗っている。

アメリカ内のテレビ局ジャックし、挑発行為やテロを繰り返して市民の不安を煽っていた。マスコミから明をめられたトニーが自宅の住所を開するという大胆不敵な挑発をすると、程なくしてスターク邸上報道ヘリに偽装した軍用ヘリで自宅を襲撃している。首にはアベンジャーズを皮ったAnarchy刺青がある。

正体はの舞台役者で、キリアンに高額で雇われて言われるが儘テロリストを演じていただけだった。要人殺シーンなどは別撮りの合成編集であったため本人に犯罪の自覚はなかった。撮影場所は「I'm AIM」のアナグラムであるマイアミ(MIAMI)である。提供された自宅で寛いでいたところトニーに発見され、呆気く経緯を状する。

コミック
Tales of Suspense #50 に登場して以来アイアンマンの敵役である。墜落した宇宙船内に落ちていた10のを持つ指輪を拾ってヴィランとなった。科学者としても優秀で様々な装置を操る一方で 指輪魔法も駆使する。

登場人物目次に戻る

アルドリッチ・キリアン/ガイ・ピアース CV:小原雅人
『アイアンマン3』

シンクタンク「A.I.M.」の代表者。かつては足に障を持った吃音男性であった。1999年大晦日トニーに商談を持ちかけたが適当であしらわれ、屋上で待ちぼうけを食らった。以降はトニーアメリカに恨みを募らせ、嫌がらせじみた裏からのアメリカ支配を的に生きていた。それから10年以上経過したある時、部下のエリック・サヴィンを従えてエクストリミス研究をペッパーに持ちかけた。ペッパーとは以前からの知り合いであるらしいが、エクストリミスで障しているため気付かれなかった。トニー宅の襲撃後、キリアンマンダリンの裏で糸を引いていると知ったペッパーを誘拐し、エクストリミス理やり投与した。別に拉致した大統領公開処刑前にトニー達が駆けつけ、アイアンリージョンと直接対決している。

エクストリミスとは
マヤの研究で生まれたナノマシン注射や吸入で体内に投与し、被験者がエクストリミスに適合した場合驚異的な回復や身体と発熱を与える。投与時はしい苦痛を伴い、適合しなかった場合には3000度の高熱を発して死亡する。エクストリミスを導入された人間は体温が高く、髪の毛が伸びやすくなっている。キリアンはエクストリミスと相性が良く、口から火を吹くこともできる。
コミック
人的パワーを人間にもたらすエクストリミスを研究していた。冒頭でエクストリミス血清の情報が流出したことに気を病み、事実マヤ・ハンセンに伝えるべく遺書を残して自殺した。原作におけるA.I.M.は悪の研究組織として知られ、第二次世界大戦の頃ナチスで発足したヒドラの分だった。

登場人物目次に戻る

エリック・サヴィンジェームズ・バッジ・デール(CV:桐本琢也)
『アイアンマン3』

アルドリッチ・キリアン心。スターク・インダストリーズを訪れた際はボディガードとして待機していたが、態度が悪くハッピーにバッジを付けるよう言われてもからかって視している。行動を不審に思って彼らを尾行したハッピーエリックジャック・タガートの取引現場を撃し、爆発に巻き込まれた。正体はエクストリミス計画の被験者で不死性を持っている。行方知れずのトニーを追う一方、ローディから強奪したアイアンパトリオットを着用して大統領機に潜入。大統領拉致を終えたところをマーク42と交戦し、熱攻撃で圧倒するも至近距離からのユニビームに敗れる。未シーンでは着慣れないパトリオットで雑誌を読むのに苦戦している。

登場人物目次に戻る

ウルトロンジェームズ・スペイダー(CV:木下浩之)
『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

人工知能によって地球を守らせるという、トニーが計画したウルトロン計画によって誕生した人工知能ロキに入っていたマインド・ストーン内部の構造がベースになっている。平和を守るという的のためには人類滅亡が不可欠だと考え、ソコヴィアを浮上させて隕石として落下させようとした。一方で人間に対して関心やコンプレックスを持っており、全な存在になるために有機体とヴィブラニウムのハイブリッド体を製造した。本体はデータなのでボディーを破壊してもネットウルトロン・セントリーに時に移動してしまい倒すのが難しい。な攻撃手段はからのレーザー攻撃や磁攻撃、格闘。最終決戦時には全身をヴィブラニウム製にしている。ネットへの移動を封じられた上でアベンジャーズの攻撃によってボディーを失い、最後に残ったウルトロン・セントリーに移動した所でヴィジョンに破壊された。

コミック
アントマンであるピム博士に開発されたロボット。体はアダマンチウムで構成されている。破壊されてはアップデートを重ねてアベンジャーズの宿敵である。

登場人物目次に戻る

格闘ゲーム

カプコン対戦格闘ゲームマーベルスーパーヒーローズ』『マーベルVSカプコン2』『マーベルVSカプコン3』『アルティメットマーベルVSカプコン3』にマーベル側のプレイヤーキャラとして登場している。 [22] [23]

キャラは、飛行ダッシュといった高い機動性を持ち、通常技でミサイルを出したり必殺技がすべて飛び道具(見た飛び道具含む)である。果てには相手を浮かせて攻撃判定のある巨大なビームプロトンキャノン」を出現させ、発射までのタイムラグ本体の攻撃判定にヒットさせてそのまま極太ビームを喰らわせたりられるのだが、それ以上にVSシリーズにおけるアイアンマンの代名詞は「永久コンボ」である。永久コンボイメージは、格闘ゲーム初登場のマーベルスーパーヒーローズの時代から変わらず、チーム制のVSシリーズでもワンチャンから相手チーム全員永久コンボで締めたりする。下記動画参照。

コンボレシピ自体も大会出場クラスの格闘ゲーマーには簡単な部類である為最強キャラにも思えてしまうが、永久コンボ以外では立ち回りに難があり、マーベルVSカプコン2の時代では上には上のキャラが10人ほど居るのである(所詮上位キャラしか対戦が成立しないと言われるゲームである)。

マーベルVSカプコン3にも当然の如く登場し、キャラ紹介トレーラーではモリガン・アーンスランド中戦という名のデートを繰り広げたが、キャラはというと全体的な中戦の下方修正の影をモロに受けた他、リーチが短くなり、牽制技のスマートボム仕様変更で牽制技として使えなくなり、スーツを着ているのに何故か生身のリュウ以下のHPが設定されており、代名詞の永久コンボも入れ辛くなるという全に弱キャラに落ちてしまった。アルティメットマーブルVSカプコン3では強化はおろか2段ジャンプ削除も有り更なる弱体化を果たすが、代名詞であった永久コンボチームアシストから可である事が確認された(カプコンく「仕様」)。だが、そもそもゲーム自体が一部キャラを除いて10割コンボが当たり前なので今更復権はしないだろう。社長は泣いて良い。

目次に戻る

TVアニメ版(マーベルアニメ)

2010年には日本国内にて独自のTVアニメ版がアニマックスにて放送された。「マーベルアニメプロジェクトの第1弾であり、後に『ウルヴァリン』、『X-MEN』、『ブレイド』が続いている。アニメ製作マッドハウスシリーズ構成井上敏樹と、過去に『Devil May Cry(アニメ)』、古くは『YAWARA!』を手がけたスタッフ達である。

ストーリー世界平和プロジェクト推進のため来日したトニーの組織「ゾディアック」との戦いを描く本作オリジナルのもので、設定は実写版のものがそのまま引き継がれている。スタークの祖原爆開発に関わっていた件がゾディアック的と密接な関係を持っている。第4話ではウルヴァリンとの共闘も実現。実写アベンジャーズでは不可能な組み合わせが映像で見られる重な機会である。公式サイトはこちら


2014年からは『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』がテレビ東京系列で放送されており、アイアンマンも登場している。設定が少々特殊で、少年たちがディスクに封じられたヒーローパートナーとしてヴィランと戦っている。公式サイトはこちら

目次に戻る

関連動画


目次に戻る

関連項目

目次に戻る

関連リンク

目次に戻る

関連商品

目次に戻る

小ネタ

『アイアンマン』

『アイアンマン2』

『アベンジャーズ』

『アイアンマン3』

目次に戻る

脚注

  1. *実写版ではMIT卒業後から成人までの間に両親が他界しており、彼が21歳になるまでオバディア・ステインが経営していたという設定である。しかしながらこの冒頭の時点で既に時系列矛盾が生じており、トニーの成人年齢がおかしく、両親の他界は12月17日となっている。
  2. *実写版では「『アイアンマン』にヒーローの適性はあるが『トニー・スターク』にはその適正がない』と評価され、アベンジャーズのコンサルタントとして参加するが事実上の戦闘員である。
  3. *キャプテン・アメリカ/ザ・ファーストアベンジャー』の未シーン情報1970年4月29日、『アベンジャーズ』のBDに収録されている未フィルムプロフィールによるものが1970年5月26日。『アイアンマン3』では「初めて心が病んだのは1983年14歳で…」と発言しており、この時点では42歳なのが分かる。コミック版の誕生日は不明だが、ロングアイランド生まれで35歳前後のイメージとされる。実写コミック共に年齢設定は不明瞭である。
  4. *アニメ等のメディアミックスでも藤原啓治吹き替えを担当。
  5. *実写版の設定である。
  6. *実写版のトニーアルコール依存症かは定かでないが、裏設定ではのハワードアントンヴァンコの裏切りからアルコール依存症に苦しめられたとられている。
  7. *前者は1600万~2000万相当で、後者2500万円相当で映画開時には発売されていなかった。アベンジャーズではHONDA Acuraの特別モデルに乗っている。
  8. *パーツから組み立てるカスタムカーのこと。塗装も自由であるが多くが火炎のペイントである。
  9. *少年期RDJが「アイアンマンになりたい!」と友人に相談すると「背が低いから理だ」と言われたとう。コミックアイアンマン高身長のため、実際に撮影では多くのシーンシークレットブーツを履いている。
  10. *アイアンマン』にて監禁から脱出した際の「三ヶも洞窟にいたんだからチーズバーガーを食べたい」というセリフや、『アイアンマン2』でキャストが変更されたジェームズローズに「ローディ、お前が来るとは思わなかった」とを掛けるシーンジョンファヴロー監督と相談してRDJが考えたものとされる。
  11. *バナー博士にカウンセリングを受けているという設定から。しかし博士トニーの話をど聞いていない。
  12. *インセン教授によると「心臓人生50回分動かせる」エネルギー量である。
  13. *ヴィブラニウムはキャプテン・アメリカ用するを構成する金属である。ヴィブラニウムと鋼の合物理法則上絶対に壊れず、衝撃を吸収する性質を持つ。地球上にヴィブラニウムはキャプテンに使えるのみ存在していたが、プリズム加速器を使用して生成に成功した。生成時に加速器がなかなかににならなかったが、装置の下に遺されたキャプテン・アメリカのレプリカを置くとになった。
  14. *前述の通り原作マークII色であり、トニーは帰後開発したこのマークIIヒーロー活動をしていたが、原作マークIIIからは色のデザインを採用した経緯を表したのだろう。また、原作におけるカラーリングトニーの出身小学校スクールカラーモチーフにしたという。
  15. *を受けた際、字幕版と吹き替え版の解釈がかなり異なっていて、本来は「バッテリー400充電了」といった具合であり、耐えたというよりもラッキーと言わんばかりの調子である。のぶつかり合いでマーベルヒーロー最強クラスのソーに勝てる理はいが、電撃による攻撃に対してアイアンマンは強いようだ。
  16. *アイアン・リージョンの登場シーンコミックでの登場シーンオマージュである。
  17. *本来スーツの起動には生体認が設定されており、トニー以外が装着できないようになっているだが、パラジウムで余命幾許もかったトニースーツを死後次の世代に託すため、少なくともローディは使用できるようロック解除をしていたと考えられる。
  18. *マークIIIカラーリング色で出したJ.A.R.V.I.S.にトニーが「手すぎる」と言われると「失礼、あなたは控えめな方でしたね」と返し、「あの(ホットロッド)の色にしろ」と言われれば「それは手すぎなくて結構です」と返している。
  19. *コミック版での本名はナタリアアリアノブ・ロマノフである。「ロマノフ」は男性形であるため本来は「ロマノワ」が正しいが、彼女がロマノフ王の末裔であることを誇りとしていて、わざとロマノフと名乗っている、という裏設定がある。ちなみに原作においては実際に未亡人であるが、実写版では不明。
  20. *キャプテンアメリカ/ウィンター・ソルジャー』の特典映像でハワードがS.H.I.E.L.D.略称を口にしているため、正式採用していなかっただけとも取れる。
  21. *あまり立たないが独立駆動しているのか、背後のドローンを攻撃をしているので是非確認されたし
  22. *マーベルVSカプコン」の際も登場予定だったが、版権の都合で登場させることができなくなり、すでに許可をとっていたウォーマシンが登場した。
  23. *カプコン格闘ゲームの他に、データイーストの「アベンジャーズインギャラクティックストーム」にサポートキャラとして登場している。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3
ページ番号: 5001340 リビジョン番号: 2382773
読み:アイアンマン
初版作成日: 12/11/23 13:10 ◆ 最終更新日: 16/07/13 01:10
編集内容についての説明/コメント: 市場修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


マーク42

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アイアンマンについて語るスレ

309 : ななしのよっしん :2016/06/30(木) 19:17:20 ID: BehdvlwMnr
ワンダは幻覚見せたんじゃなくて、トニーが自滅するようにしくんだんだが
310 : ななしのよっしん :2016/07/02(土) 22:34:50 ID: GKo5WiVDml
人工知能サノスシステムに介入して完成させた様にも見えるんだよな。
311 : ななしのよっしん :2016/07/11(月) 09:15:45 ID: ZTACbmDE3R
やめてください…やめてください…イヤァ…怖い…怖い…
やめてください…アイアンマン
312 : ななしのよっしん :2016/07/16(土) 14:35:34 ID: wQ+bfjUtoj
ゆるしてアイアンマーン
313 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 14:24:39 ID: +//3zvZ4V5
というか市民護りながらハルクと戦えるアーマー作り出してる時点で社長核爆弾並じゃないですかね…

アーマーの成長に限界がなさそう
314 : ななしのよっしん :2016/08/04(木) 03:24:57 ID: 96BGMT/Lk5
コミックのシビルウォー敗北が決定した上にアイアンマンの座も少女悪魔博士に取られるみたいだがこっからどう這い上がるんだろうか
315 : ななしのよっしん :2016/08/19(金) 20:44:52 ID: 8LAsCOLXMX
シビルウォーじゃキャップ主人公補正全開だったとはいえ、戦車の直撃に
耐えたり、手加減されてたけどソーの攻撃にも耐えたアイアンマンの装甲が
素手のキャップにすらボロボロにされて、数tの物を持てるのに取っ組み合いではキャップ負けしてたのは残念だった

マーク6あたりから、機性や装着性を重視した反面装甲薄くなった感じがする
316 : ななしのよっしん :2016/09/17(土) 18:13:03 ID: 1no+7nj+Ec
ウォーマシン一番好きなんだけど、アイアンマン2からシビルウォーまでど見せ場ないまま引退とか悲しすぎる

あんなにかっこいいデザインなのに、人気ないんですかね彼は
317 : ななしのよっしん :2016/09/19(月) 21:33:27 ID: lKzrvGJ6Bq
主人公相棒ポジションとしてはかなり見せ場があったと思うけど
318 : ななしのよっしん :2016/09/25(日) 11:24:22 ID: g7OWA8+gZ0
スティーブの要請でキャプテンアメリカスーツを作ったハワード
ピーターに勝手に文句を言って勝手にスパイダーマンスーツを作ったトニー

理由はどうあれ歴史は繰り返すんだなぁ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015