編集  

アイスバケツチャレンジ単語

アイスバケツチャレンジ

アイスバケツチャレンジIce Bucket Challenge)とは、筋萎縮性側索硬化症(通称:ALS)の研究を支援するために、病気のことを認識してもらうことと寄付を呼びかける慈善運動である。

概要

基本の形は「氷を頭からぶっかぶるか、ALSの団体に寄附をするか、その両方をする」→「次にそれをやる人を名する」という流れである。

ちなみにこの名は、「(君もアイスバケツチャレンジを)やらないか?」という誘いであり強制ではない

2013年ごろから一部の界では類似の事が行われていたらしいが、これは様々な分野の募へと分散したものでありALSに特化した動きではなかった。それが2014年7月ごろから、爆発的に流行りだすと同時に、ALS支援する方向に集中し始めた。

その理由としては諸説ある。「あるプロゴルファーがALSの団体に募しつつアイスバケツチャレンジを行ったのがきっかけ」「元大学野球チームキャプテンだったALS患者が広めた」などが、ある程度根拠がある説とされているようだ。「ALSを患ったアメリカの患者の父親が、病気のことを知ってほしいということを的に、自ら氷をかぶり、その姿を動画サイト投稿した。その動画を見たアメリカ俳優拡散した」という話もある。

なお、アメリカでは氷は祝福を意味し、「元気付ける」という意味合いもある。スポーツの分野においては、大きな試合に勝利した際、選手たちが監督に氷の浮いたスポーツリンクをタンクごとぶちまける「ゲータレードシャワー」が有名。ただし、この文化は世界共通のものではいため、日本などでは罰ゲーム的な意味合いに受け取られることが多かったことも記しておく。

レディー・ガガネイマールバラク・オバマジョージウォーカーブッシュなど世界中の著名人まで行うようになり、日本でも芸人や実業プロスポーツ選手、声優までもがチャレンジするくらいに広まった。

上記のバラク・オバマ大統領のように、氷を被らず寄附だけすることを選んだ人物も居る。またオバマ大統領以外の大物政治家として、韓国ロックバンド韓国朴槿恵大統領中国習近平国家席、日本安倍晋三首相の3人を名したこともあったようだ[1]

これら以外にも大量の著名人が自らが預かり知らぬところで勝手に名されているが、当然ながらそのほとんどはスルーされている。

成果

これによって、ALSという難病について広く認知されるようになり、各ALS関係の団体に多額の寄付が集まった。

アメリカにある「ALS Association」は、このチャレンジの広まりにより数十万人の新たな募者を得て、2014年7月末からの約一か日本円にして40億円以上の寄付を得たという。これは前年に一年かけて同団体が得た募の2倍をす。他の団体でも、「Project ALS」は前年同時期の50倍の、「ALS Therapy Development Institute」は10倍の寄附が集まったとしている。

でも、「日本ALS協会」が

これまでALSを知らなかった人達から協会へ問合せやご寄付のお申し出を頂いており、心より感謝しております。

頂いたご寄付は、ALS患者や家族の療養と治療研究のために、大切に使わせて頂きます。

との声明を発表している。

こうした状況を見るに、このチャレンジは単なる虚なお祭り騒ぎではなく、確かな成果が得られていると言えるだろう。

批判

反面、この運動に対して「氷をかけることは身体的な危険がある」、「本来の的が忘れられている」、「無駄遣いするな」、「強制ではないとはいえ、一方的名される事には圧を感じる」などの批判的な意見も決して少なくはない。

最後の点については、対等の関係にある親しい友人に「こういった事に参加したいのだが名してもいいか?」と事前に相談しておき、了承を得られた相手だけを名する……といった工夫で避けられるかもしれない。

危険性についても確かに皆無ではない。な低温にさらされると、皮膚の血管が一気に収縮するので血圧が急に大きく変動すると言われる。心臓や血管の持病がある人やお年寄りは、命の危険もあるのでやめておいた方がよい。

ALSに関する各団体の反応

各団体は「大変助かっている」と感謝しきりである。

ただし注意のも挙げており、例えば「ALS Association」は「の使い方には注意!渇で困っている地域の人は、は他の事に使おうね」と言った意味の注意文を、公式サイト内のこのチャレンジに関するページに載せている。

日本ALS協会」の先の明文でも、

皆さまへのお願い

アイスバケツチャレンジ」で、冷たい氷をかぶることや、寄付をすることは強制ではありません。

皆様のお気持ちだけで十分ですので、くれぐれも理はしないようにお願いします。

との文章が記載されている。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *“アイス・バケツ・チャレンジ”に終止符か? 韓国の3人組ロックバンドが朴槿恵大統領と安倍首相を指名 | ガジェット通信 GetNews

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%90%E3%82%B1%E3%83%84%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8
ページ番号: 5262371 リビジョン番号: 2615167
読み:アイスバケツチャレンジ
初版作成日: 14/08/24 14:32 ◆ 最終更新日: 18/08/11 23:20
編集内容についての説明/コメント: 安倍首相等に関する文章を、出典を付けて編集しつつ「批判」から「概要」の大統領関連の文の下に移動。関連項目で一文字記事にリンク付加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アイスバケツチャレンジについて語るスレ

219 : ななしのよっしん :2015/09/28(月) 05:17:34 ID: 5IEEpdC9oT
熱い油をぶっかけられれば原爆症の認知になるのか?
220 : ななしのよっしん :2015/11/29(日) 02:17:24 ID: Ehfltq6D7d
属性アイスバケツチャレンジ
属性我修院チャレンジ
221 : ななしのよっしん :2015/12/03(木) 12:04:19 ID: FOChJ8D6Jk
なんかこの運動そのものが注されているだけで、ALS自体がどんな病気かはまだまだ知られてない気がするのは気の所為かな
222 : ななしのよっしん :2016/01/18(月) 21:12:10 ID: ojgXse4bsF
断言できるけど病気についての認識は絶対に浸透していない。
223 : ななしのよっしん :2016/02/29(月) 07:11:52 ID: HdJqjNHhdn
>>220
どう見ても属性なんですが・・・
224 : ななしのよっしん :2016/07/23(土) 12:47:05 ID: sZaulB0J8+
なんでこれが日本で流行ったのかが未だにわからない
そもそも何故氷をかぶるのか?というのが理解できなかった
アメリカでは氷は祝福を意味し、「元気付ける」という意味合いもある
これ、調べればわかるんだが、調べないとわからない、
つまり報道された時にその理由付けを説明してるところがどうも少なかったのがまず印悪い

そしてそれを病気の認知のために行うって発想も
を被ったように全身が冷える症状ってわけでもないんだろ?
こんなのより病気についての概要を音読して理解を深めるとかでいいじゃん…
225 : ななしのよっしん :2016/07/26(火) 23:53:54 ID: L1F/KAmmUx
今にして思えば、あの流行は何だったのか。
日本では結局根付かなかったけど、それは元々離という願かけの文化があるからだと思う。
226 : ななしのよっしん :2017/04/23(日) 15:34:24 ID: q6AsHF0cLg
>>223
火病「大好物マンセー
227 : ななしのよっしん :2017/07/31(月) 19:23:01 ID: V6bqqYbVFc
実際世界に広がって寄付も集まったから良いことだ思いつつアイスバケツに疑問がないわけでもなかったが
ええじゃないかって言われてるのすごい納得した
なんか世を良くしたいと皆で1つになるのはいいけど手段だけは妙ちきりん
って案外ありふれてることなんだろう
かわいそうなPVとかひどい病気の解説みたいなネガティヴな話題でしとしとるのより
動画ってことで軽く人に見せたりやったりしやすいからずっと広まりやすいわけだし、実際理にかなっているわけだ
228 : ななしのよっしん :2018/08/11(土) 15:45:21 ID: 5FZhijh2Me
実質的な強制になってるのが一番ダメ
拒否したら悪い印を持たれる時点で拒否権があるとは言わない
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829