編集  

アイドルマスター ミリオンライブ!単語

アイドルマスターミリオンライブ

アイドルマスター ミリオンライブ!』とは、バンダイナムコエンターテインメントが展開するゲームシリーズ及びメディアミックスアイドルマスターシリーズの一作品群である。

曖昧さ回避 この項ではGREEソーシャルゲーム、およびシリーズ全般について記述しています。

笑って、悩んで、女の子たちは、もっと
私たちと、この劇場で夢をえて下さい!

アイドルマスター ミリオンライブ!』とは、バンダイナムコエンターテインメントが展開するゲームシリーズ及びメディアミックスアイドルマスターシリーズの一作品群である。

ニコニコ動画ではタグアイドルマスターミリオンライブ!」がに用いられている。

概要

シリーズでお染みの芸事務所765プロダクション」を基本設定としつつ、天海春香ら従来のアイドルたちの後輩となるアイドルたちを事務所に迎え、アイドルたちのホームとなる「765プロライブ劇場」を中心に彼女たちをプロデュースしていく。

略称は「ミリマス」「ミリオン」など。GREE版の配信開始当初はGREEグリー)のアイマスという事で「グリマス」と呼ばれており、現在も同作をす言葉として使われることがある。

登場アイドル

天海春香
(CV:中村繪里子)
高槻やよい
(CV:仁後真耶子)
秋月律子
(CV:若林直美)
我那覇響
(CV:沼倉愛美)
田中琴葉
(CV:種田梨沙)
徳川まつり
(CV:諏訪彩花)
ロコ
(CV:中村温姫)
高坂海美
(CV:上田麗奈)
北沢志保
(CV:雨宮天)
横山奈緒
(CV:渡部優衣)
豊川風花
(CV:末柄里恵)
篠宮可憐
(CV:近藤唯)
周防桃子
(CV:渡部恵子)
如月千早
(CV:今井麻美)
菊地真
(CV:平田宏美)
三浦あずさ
(CV:たかはし智秋)
春日未来
(CV:山崎はるか)
島原エレナ
(CV:角元明日香)
箱崎星梨花
(CV:麻倉もも)
七尾百合子
(CV:伊藤美来)
中谷育
(CV:原嶋あかり)
舞浜歩
(CV:戸田めぐみ)
二階堂千鶴
(CV:野村香菜子)
宮尾美也
(CV:桐谷蝶々)
百瀬莉緒
(CV:山口立花子)
ジュリア
(CV:愛美)
星井美希
(CV:長谷川明子)
水瀬伊織
(CV:釘宮理恵)
双海亜美
(CV:下田麻美)
最上静香
(CV:田所あずさ)
佐竹美奈子
(CV:大関英里)
野々原茜
(CV:小笠原早紀)
高山紗代子
(CV:駒形友梨)
天空橋朋花
(CV:小岩井ことり)
木下ひなた
(CV田村奈央)
馬場このみ
(CV:高橋未奈美)
福田のり子
(CV:浜崎奈々)
永吉昴
(CV:斉藤佑圭)
白石紬
(CV:南早紀)
萩原雪歩
(CV:浅倉杏美)
四条貴音
(CV:原由実)
双海真美
(CV:下田麻美)
伊吹翼
(CV:Machico)
所恵美
(CV:藤井ゆきよ)
望月杏奈
(CV:夏川椎菜)
松田亜利沙
(CV:村川梨衣)
エミリー
(CV:郁原ゆう)
矢吹可奈
(CV:木戸衣吹)
大神環
(CV:稲川英里)
真壁瑞希
(CV:阿部里果)
北上麗花
(CV:平山笑美)
桜守歌織
(CV:香里有佐)

白石紬桜守歌織は「シアターデイズ」より登場。

春香を始めとする以前からのアイドル13人を「765PRO ALLSTARS」(以下765PROAS)、本シリーズで新登場したアイドル39人を「MILLIONSTARS(765THEATER ALLSTARS)」(通称シアター組)と呼称する。彼女たち765プロ所属アイドル全員して「765 MILLIONSTARS」と呼ぶ。異称が複数あるので個別記事も参照されたい。

765PROASシアター組先輩後輩の関係だが、営業やイベントなどで一緒に仕事をしたり、遊びにいったりしているなど等に描かれている。GREE版では当初765PROASは先にデビューしているがまだ経験は浅いとされていたが、後輩との経験の差については描写が一定せず曖昧だった。シアターデイズでは765PROASの活動が軌に乗ってから後輩を迎える、という形である程度明確にされている。後述の劇場版漫画版では765PROASが先に大きな成功を収めており、後輩たちの憧れの存在という立ち位置がより強調されている。

765プロダクション

その他の登場人物

個別記事のある人物に留める。

シリーズタイトル

GREE版

GREEをプラットフォームとしたアイドルマスターソーシャルゲームの予定は以前より表されていたが、2013年2月4日タイトル発表とともに事前登録が始まり、2013年2月27日サービスインとなった。
2017年10月30日に近い将来のサービス終了が予告され、11月を以ての各種機更新停止および有償ガシャ等の終了が発表された。2018年3月19日をもって正式にすべてのサービスが終了した。

ゲーム内容

営業

元気を消費して経験値やマニーを獲得することができる。ライブバトルを発生させたり、プロデューサーLvを上げるためにこなしていく。元気は1分に1回復するほかアイテムスパークリンク」で回復できる。

ライブバトル

ライバルアイドルとのアピールバトルが行える。BPを消費することでアピールが行える。勝利するとファンが増えアイテムを獲得できる。最大BPは5固定で、30分に1回復するほかアイテムバトルキャンディ」で回復できる。
2016年5月2日アップデートより、スキル関係の新システムが導入され「合同フェス」から名称を変更した。

劇場

劇場でライブを開催し、ファンを増やしたりマニーを獲得することができる。また劇場ユニットに応じて劇場ポイントが獲得でき、アイテムや劇場背景、肩書などと交換できる。

ドラマシアター

ゲーム内の機を使い、背景ポーズを組み合わせてショートストーリーを作ることができる。不定期にコンテストが行われることもあり、入賞するとフルボイス化する事もある。

ゲームセンター

アイドルが登場するミニゲームを遊ぶことができる。現在開されているものは全て過去エイプリルフールキャンペーンで行われたものであり、ネタとしても人気が高い。

カード

ミリオンライブ!ではアイドルカードプロマイドという形で入手できる。これはアイドル仕事やプライベートでの様子を写したものであり、アイドルごとにVocalDanceVisualの3種類の属性に分類される。
カードにはN,HN,R,HR,SRと5段階のレアリティが存在し、レア度が高いほどカードステータスも強くなる。入手したカードはレッスンで育成できるほか、覚醒カードだと覚醒することができ、絵柄は変化しステータスも上昇する。50人の属性分けは以下の通り。

Vocal

Dance

Visual

天海春香
如月千早
水瀬伊織
四条貴音
三浦あずさ
春日未来
最上静香
田中琴葉
箱崎星梨花
望月杏奈
高山紗代子
松田亜利沙
天空橋朋花
木下ひなた
矢吹可奈
ジュリア
高槻やよい
菊地真
我那覇響
島原エレナ
佐竹美奈子
野々原茜
高坂海美
エミリー
舞浜歩
横山奈緒
馬場このみ
大神環
福田のり子
真壁瑞希
百瀬莉緒
永吉昴
北上麗花
星井美希
萩原雪歩
秋月律子
双海亜美
双海真美
伊吹翼
所恵美
徳川まつり
ロコ
七尾百合子
中谷育
北沢志保
二階堂千鶴
豊川風花
宮尾美也
篠宮可憐
周防桃子

イベント

期間限定で開催されるイベント。それぞれに専用のポイント(Pt)が存在しており、イベント内のライブバトルに勝利したり、イベント専用のコミュニケーションを成功させることでPtを稼ぎ、ランキング報酬などを得ることが可イベントで配信されるショートストーリーは思い出機から全て振り返ることができる。
以下は現在大百科に記事のあるイベントリストである。

イベントの形式

形式はに以下の通りに分けられる。名称は特に決められておらず便宜上のもの。

その他にも初期はイベント専用エリアを走り、緊急対決オーディションバトルで対戦する「オデバマラソン」や、ランダムでシャッフルされたイベント専用のチームによる対抗戦なども行われていた。

絆ライブ/旧絆フェス系

専用営業エリアを進みながら次々と出現するライバルアイドルとのアピールバトルに勝利し、Ptや報酬を稼いでいくタイプイベントイベントであり、最も多く開催されている。専用アイテムは「劇場の」。

上位枠変動系

実際のライブモチーフにしたイベントが開催され、それぞれのライブ略称(HHP、EHなど)で呼ばれる。システムライブ形式に近いが、大きな特徴として上位報酬アイドルが複数(10~37人)登場し、全参加者の総獲得Ptによりアイドル別上位報酬獲得人数が変動する。アイドルランキングでその人数より上位に入れば上位報酬を獲得できる。このため上位報酬ボーダーとなる順位が可変となる。

実際のライブを踏襲、多くのPを巻き込む(1st3rd4thミリオンスターズ全員が上位報酬となった)ことからミリオンライブでも一際盛り上がりを見せるイベントである。ネクストプロローグ編アルティメットライブアリーナイベントもこの形式で行われた。

アイドルマスターズカップ

略称はIMCラウンジ対抗戦をメインとし、あらかじめマッチングされたリーグにおいて規定時間内に相手ラウンジメンバーオーディションバトルを行いPtをため、リーグ上位や個人ランキング上位をす。

アイドルマスターズカップエボリューション

略称はIMCE。IMCの後継イベントであり、ライブバトルに勝利して得られるPtからリーグ上位や個人ランキング上位をす。

シーズン最終ライブイベント

プラチナスターライブ全国キャラバン編それぞれ各シーズンの最後に開催される。イベントを進行しながらライブパフォーマンスを成功させ、動員数やエリアファン数を増やし報酬を獲得する。進行している営業エリアの楽曲を再生しながらプレイできるなど、よりライブ感を味わえるイベントとなっている。

ハコユレ系

シーズン最終ライブイベントの後継イベントであり、システムは異なるものの各シーズンの最後に行われることが多い。ライブバトルに勝利しハコユレを上昇させながら報酬を獲得する。

アイドルフィーチャリング系

通称チョコイベント営業しながら、各営業エリアを担当するアイドル達とアイドルフィーチャリングによってコミュニケーションを図り、親を深める。ほとんどの場合ミリオンオールスターズ全てのアイドルイベント専用の新規テキストが用意されている。専用アイテムは「ベストチョコ」。

プライベートレッスン系

通称極。少数のアイドルにスポットを当て、アイドルコミュニケーションを取りながら、Ptを貯める。アイドル毎に豊富な会話パターンが用意されているので、深く内面を掘り下げていくことができる。

ガシャ

ゲーム内にはミリオンコインGREEコインで回せる「プラチナガシャ」、ガシャPtで回せる「ポイントガシャ」、イベント報酬等で回せる「チケットガシャ」、アイドル名のついたガシャチケットで回せる「アイドル名ガシャ」の4つが存在する。

中でも「プラチナガシャ」は課金が必要な分、4回新カードが登場し様々なテーマコンセプトのガシャが行われ、アイドルのそれを演じている姿や日常の姿が描かれる。ガシャ購入時には有用なアイテムセットで付属する。実際に当てのカードを入手する際にはこれらのアイテム(〇〇%SR入手チケットなど)に頼ることも多い。またアイテムは付かないもののミリオンジュエルプラチナチケットを使えば同内容のガシャを回すことが可である。

プラチナガシャから排出されるSRカードの一部にはボイス付きカードアイドルエピソード付きカードがある。
ボイス付きカードカードボイスが収録されており、1枚につき4種類のボイスが収録されマイページセリフにも反映される。なお後からボイスが追加された場合ボイスは1種類のみである。
アイドルエピソード付きカードはガシャからカードを入手した場合にアイドルボイスドラマが開放される。バザーやトレード等で入手しても開放されないため、エピソードが見たければ自で入手するか一定期間後に交換所で開放するしかない。

本作では1年を最後にいわゆる青天井ガシャが撤されており、一定額の課金SR確定チケットが交換可になり、任意の限定SRカードを確定で入手できる。覚醒にも同一のカードを要されないため、限定ガシャについては較的良心的な設定となっている。

プロデュースモード

ミリオンライブ!ゲーム内では半年から一年の期間に及ぶ、プロデュースモードが展開されることがある。期間ごとに決められたメンバーユニットで活動をし、社長が示した標を達成することが的である。CDシリーズと連動しユニットとして新曲が出ることもある。

プラチナスターライブ編

2014年5月28日から2015年3月30日まで実施。選ばれた5人ユニット2組を中心に活動を行い、5回に分けて開催される「プラチナスターライブ」全てで動員数100万人を達成し、500万人ライブを達成することが標。略称は「PSL」。

全国キャラバン編

2015年4月6日から2016年5月2日まで実施。2ヶ1シーズン毎に決められたエリアで営業活動を行い、ミリオンオールスターズで行うエリア締めくくりのライブを成功させることが標。

Next Prologue編

2016年5月2日から2016年11月7日まで実施。トップアイドルを決める祭典「アルティメットライブアリーナ」で優勝を勝ち取るのが標。

Brand New Stage編

2016年11月7日から2017年3月27日まで実施。新たな3つのグループとそのグループユニットを軸にして「お披露ライブ」を行い認知度を上げ、ミリオンスターズ単独で行われる「武道館ライブ」を成功させることが標。

メディア展開

CD

制作・販売はランティス

LIVE THE@TER PERFORMANCE

ミリオンライブ!最初のCDシリーズ。01は最初のテーマソングThank you!」、02以降は50全員ソロ曲とユニット曲が収録され、1年で63曲というリリース速度も話題になった。

LIVE THE@TER HARMONY

2014年6月7日に開催された1stLIVEにて発表されたCDシリーズアイドル5人を1ユニットとし、2ヶごとに2ユニットずつのリリースとなる。ゲームPV開されているユニット曲に加え、全新曲の各ソロ曲が収録されている。下記の各ユニットメンバーのうち、それぞれ一番に記載したアイドルが各ユニットリーダーを務めている。

ドラマパートいものの「プラチナスターライブ編」と連動しており、それぞれのユニットボイス付きストーリーゲーム内で楽しむことが出来る。

LIVE THE@TER DREAMERS

2015年7月19日に開催されたアイマス10thライブ2日にて発表された新CDシリーズ。本シリーズは初のデュエットアルバムとなる。

01は新曲「Dreaming!未来・静香・ver.と「Welcome!!50人ver.を収録。初回限定盤には10thライブで一部が開された「Dreaming!アニメPVと、2ndライブより「Thank you!」「Welcome!!」の映像両日分を収録したBlu-ray Discが同梱される。

02以降はアイドル2人のデュエット曲と「Dreaming!」収録メンバーver.に加えてミニドラマが収録される。収録メンバー(デュオ)と発売スケジュールは以下の通り。

THE@TER ACTIVITIES

LIVE THE@TER」シリーズとは趣向を変えた、プロデューサー投票によってキャスティングを決定するドラマCDシリーズ投票結果の詳細については「CD&ボイスドラマキャスト投票キャンペーン」を参照。

収録内容は題歌(5人曲)、共通曲「DIAMOND DAYS」、ボイスドラマとなる。

LIVE THE@TER FORWARD

2016年8月20日ニコニコ生放送にて、4thライブTH@NK YOU for SMILE!!」の詳細と共に発表された新CDシリーズ4thライブと連動して各ライブの出演者と同じ組合わせで3枚発売。ゲームでも4thライブCDに連動した企画Brand New Stage編」が展開される。

CD毎にメンバー全員ユニット曲、3〜4人ユニット曲4曲の計5曲が収録される。

※…本来は田中琴葉がスコーピオに参加しカルテットとなるが、種田梨沙病気療養による休業に伴いCDの歌唱及び4thライブには不参加となる。03のドラマパートには琴葉も一言だけ登場している。

MILLION THE@TER GENERATION

ゲームアイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」と連動したCDシリーズ

M@STER SPARKLE

シアターデイズ」から登場の新アイドル2人を迎えたMILLIONSTARS39人のソロシリーズ

ラジオ

ニコニコ生放送で配信されるWebラジオ。詳細は「アイドルマスター ミリオンラジオ!」を参照。

2013年4月26日パイロット版を皮切りにスタート。配信元は「アイドルマスター ミリオンラジオ!チャンネルで、公式生放送として毎週金曜21時からオンエアパーソナリティ山崎はるか春日未来役)、麻倉もも箱崎星梨花役)、田所あずさ最上静香役)の3名。

公式生放送の直後に配信される15分ほどの「チャンネル会員限定・おまけ生放送」の視聴には540円のチャンネル会員登録が必要となる。会員登録するとブロマガ記事購読と過去放送分のアーカイブ視聴が可となる(ブロマガ記事は会員登録しでも個別料100ニコニコポイントを支払うことで購読出来る)。

ちなみにこの番組は開始当初ゲーマガ編集長を辞めてドワンゴ所属となったウメPが担当していた。

書籍・コミカライズ

漫画

アンソロジー

画集

雑誌

映画出演

2014年1月25日より開の映画THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ」に、以下の七名がゲスト出演している。

ミリオンライブ!ゲーム内とはやや設定が異なり、アイドルスクールに通うアイドル補生という設定。春香AS組とはかなりはっきりとした先輩後輩の関係である(ゲーム内でもAS組のほうがやや先輩だが、実質的には同期に近い)。映画に出演するアイドルはかなりくから決まっていたようで、ゲーム稼働以前の声優オーディションの時点でどのキャラ映画出演するかはすでに決定していたらしい。

出演キャラの選択にあたっては"春香たちの後輩"という立ち位置・役割であることを念頭に、「強い個性を描写しないと成り立たない子」「春香たちと年齢が離れすぎている子」は避け、バランスビジュアルなども考慮してこの7人に決定したとのこと。また、ミリオンライブのいわゆる信号機トリオである春日未来最上静香伊吹翼が登場しなかった理由として、彼女たちがミリオンライブの中心キャラであるために、下手に登場させると単純な先輩後輩という構図以上のものになってしまうから、ということが挙げられている。

ライブ

アイドルマスター ミリオンライブ!ライブイベントでありシアター組を演じる声優、いわゆる中の人であるアイマスガールズが出演する。詳細は「MILLIONSTARS(765THEATER ALLSTARS)」及び「iM@Sライブ」を参照。

周年記念ライブ

765プロ合同ライブ

その他

関連動画

動画検索アイドルマスターミリオンライブ!

PV・CM


アイドル紹介


メドレー


その他

関連静画

関連商品

『LIVE THE@TER PERFORMANCE』シリーズ


『LIVE THE@TER HARMONY』シリーズ

『LIVE THE@TER DREAMERS』シリーズ

『THE@TER ACTIVITIES』シリーズ


『LIVE THE@TER FORWARD』シリーズ


その他

ライブ映像の商品については「アイドルマスター ミリオンライブ!のライブ商品一覧
書籍については「アイドルマスター ミリオンライブ!の書籍一覧」を参照のこと。


関連コミュニティ

関連チャンネル

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
http://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%20%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%21
ページ番号: 5038296 リビジョン番号: 2614535
読み:アイドルマスターミリオンライブ
初版作成日: 13/02/04 14:39 ◆ 最終更新日: 18/08/09 10:44
編集内容についての説明/コメント: その他の登場人物に簡易的な説明を加筆。
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


未知のブラックホール発見か

    

  

 

  

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アイドルマスター ミリオンライブ!について語るスレ

2553 : ななしのよっしん :2018/06/19(火) 23:18:24 ID: 4vb4oVVAgr
人多いわw
2554 : ななしのよっしん :2018/07/05(木) 11:07:04 ID: Lxdqe9k8cl
>>2551
テイルズ以外見たことないな
ゲーム以外ならカラとはしたことあるけど
2555 : ななしのよっしん :2018/07/17(火) 21:00:54 ID: vgOMA+y/oI
会社で考えると判りやすいんじゃない。
デレグラブルは開発が同じなんだからそりゃハードル低いし
テイルズアイマスだって同じ。
コラボして新規ユーザーになってくれることのメリットが大きいでしょ。
バンナムサイゲはどうかなあ
2556 : ななしのよっしん :2018/07/17(火) 21:54:01 ID: ntW15OwrzQ
グラブル側にテイルズコラボイベが常設され、
テイルズ側で新しくグラブルコラボイベが行われるあたり
同じバンナムゲームでもテイルズチームとの関係はかなり良好だと思われる
それと較するとアイマス(765ミリオン班)との関係は…
2557 : ななしのよっしん :2018/07/20(金) 06:15:47 ID: HyxhjUj3yt
会社間の関係が良好だからこそ互いのメリットにならないならやらないでしょ
ミリが盛り上がってない時期はミリ側が新規層の提供出来ないし、今はサイゲ開発のデレステの客奪う可性もあるから企画があっても慎重にならざるをえん
2558 : ななしのよっしん :2018/07/22(日) 15:00:22 ID: VgtXoOKkBL
コンシュとミリシタ間みたいな技術提供ならともかく
ただの宣伝コラボチームの仲が良いとか言われても困る
テイルズに至っては落ちを看にぶら下げて延命ってだけだし
そもそもガチャ体ソシャのコラボはただの版権のレンタルだし
2559 : ななしのよっしん :2018/07/22(日) 15:30:17 ID: HyxhjUj3yt
グラブル側で4/1の為だけに太鼓の達人提供してもらったりコラボの常設提供やったりUnite tokyoでバンナムサイゲの開発者同士のやりとりもあるんだから関係良好といっても良くないかな
ミリオンとあんま関係ない話だからこれ以上は控えるけどビジネスパートナーとしても良い雰囲気築いてるとは思うよ
2560 : ななしのよっしん :2018/07/25(水) 00:33:07 ID: kW/y2MJXpb
どこまでいっても邪推のチラ裏だし考えるだけ
2561 : ななしのよっしん :2018/08/05(日) 21:10:13 ID: VgtXoOKkBL
結局運営同士の仲良ししか出せないなら追記しなくていいだろw

まぁ元々アイマスは他版権とのゲームコラボは全然しないから
単にデレが異様なだけなんだけどね
異様と言うか運営も違う全な別作品なんだけど
2562 : ななしのよっしん :2018/08/11(土) 10:42:24 ID: 1z8VWYXDHp
そもそもがコラボで見込めるアイマスからの新規層は
デレとMでだいたい拾い尽くした感あるからなあ
ツイとかで765ミリもって言う人見かけるけど
既にグラブルプレイ済みの人ばかりだし
多分、アイマス作品とのコラボ自体もうやる気いんだと思う
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829