単語記事: アイドルマスター2

編集

アイドルマスター2』 (The IdolM@ster2)とは、バンダイナムコゲームス発売の家庭用ゲームXbox360では「民的アイドルユニットプロデュースPlayStation3では「アイドルプロデュース」とされる育成シミューレーションゲームソフトである。略称は「アイマス2」。

きらめく舞台は、さらなる高みへ!

765 Production, Rest@rt!~私たち、トップアイドルしてます!~-

アイドルマスター2』 (The IdolM@ster2)とは、バンダイナムコゲームス発売の家庭用ゲームである。

Xbox360では「民的アイドルユニットプロデュースPlayStation3では「アイドルプロデュース」とされる育成シミュレーションゲームソフトである。略称は「アイマス2」。

「新たなステージへ共に羽ばたけ!!」のXbox360版は2011年2月24日発売。「選んで、育てて、頼られて。ゲームアイドルプロデュース」のPlayStation3版は2011年10月27日発売予定。

Xbox360版のメーカー参考小売価格は特典付き初回限定版、通常版共に8,800円。予約特典DLC限定楽曲は『Little Match Girl』。[1]

PlayStation3版のメーカー希望小売価格は通常版7,980円アニメDVD/BD同梱特典付き初回限定版19,800円

なお本作と設定を共有しているアニメ作品については「アイドルマスター(アニメ)を参照。

概要

765プロを舞台に「民的アイドルユニット」をし、9人の個性的なアイドルの中から、3人組のユニットを結成してプロデュースするゲームである。ナンバリングが示す通り、基本的にはシリーズ流である『アイドルマスター』(アーケード版及びXbox360版)の正式続編であるが、『SP』が初登場である貴音765プロ所属アイドルとして登場しているなど、前作までの世界とは異なるパラレルワールドになっている。

765プロ(+旧961プロ)の13人のアイドル達は全員登場する。ただし全員1歳年齢が上がり、背が伸びたり髪形が変わったり、真美独立してプロデュースできるようになるなど、変更点も多い。また萩原雪歩の担当声優長谷優里奈から浅倉杏美へ交代した。

発表

2009年5月に開催された4周年記念ライブツアーにおいて『アイドルマスター』の続編ゲーム制作開始したことが発表され、翌2010年7月に開催された5周年記念ライブにおいて本作の情報が発表された。発表後のニュース記事などは過去のリビジョン参照。

2010年9月18日にはアイマス2イベント765プロダクション 2010年度決起集会』が東京ゲームショウで行われ、伊織あずさ亜美の所属する「竜宮小町」はプロデュース外の非プレイアブルキャラクターであること、961プロから敵アイドルユニットとなる男性アイドルグループジュピター」が登場することなどが開された。この発表にまつわる騒動については9・18事件参照。

PS3版

2011年7月21日PS3版の発売が発表された。
発売は『アイドルマスターBD/DVD第1巻発売日である2011年10月27日
竜宮小町NPCであるのは、相変わらずである。

先着予約特典である、「アニメフィルム」がある通常版は7,980円
テレビアニメ同梱初回限定生産版アイドルマスター2 初回限定生産版 『アニメゲームグラビアも! アイマス@スペシャルBOX』 特典 アニメフィルム付き』は、19,800円で以下の特典がある。

及びテレビアニメBD/DVD初回限定版付属特典が付属する。

ストーリー

765プロ所属アイドル補生が、半年の補生生活の後、アイドルとしてデビューして半年…。担当プロデューサーがいないままデビューしたため、彼女らはいっこうに芽の出ない底辺アイドル生活を過ごしていた。そのとき、社長高木順二朗に見いだされてプロデューサーとしてやってきたのがプレイヤーであるあなたである。

プロデューサーアイドルの中から3人を選んでユニットを組み、年に一度トップアイドルを決めるイベント、「アイドルアカデミー大賞」にくべく、「民的アイドルグループ」へのす。全各地を営業してローカルでの人気を集め、トップへの階段を駆け上がってゆく。

必要なのは3人のアイドルユニットとしての団結。だけどユニットリーダーアイドルプロデューサーとの間にも、1対1のコミュを通じてが深まって……。

そしてプロデューサーたちの前には、ライバルとなる「竜宮小町」と「ジュピター」が立ちはだかる。

竜宮小町
ゲーム開始時点で、新生765プロダクションでは秋月律子プロデューサーを務める水瀬伊織双海亜美三浦あずさトリオユニット竜宮小町」が既に活躍中である。プロデューサー不在の状況に、律子は自らプロデューサーとなってユニットを結成した。先行してデビューした彼女らは、プレイヤーの当面のライバルでもある。
竜宮小町の4名は、とある条件を満たせば、5人ユニットクインテットユニット)のステージシーンゲスト参加が可である。
9月18日の『東京ゲームショー』において、坂上陽三総合プロデューサーから、「竜宮小町」はプロデュース不可のNPCキャラである事が正式に明かされた。詳細は「竜宮小町」を参照。
因みに、石原章弘総合ディレクターは2では対人ネット対戦いために、COM対戦を競う対としての「実ユニット」として竜宮小町を設定したと説明している。
ジュピター
アイドルマスターSPライバル事務所となった961プロは今回も敵となる。アイマス2世界では「プロジェクト・フェアリー」は存在せず、「ジュピター」という男性アイドルユニットアイドル界の頂点を獲りに行く。
なお男性ユニットが登場するのは、COM対戦で「多少むかつく相手」として、プレイヤーが本気になって倒すための悪役に徹したユニットを用意するという意図があるようである。

ゲームシステム

前作からはゲームシステムも大きく異なる。

ゲーム中で選択していく行動は、レッスン・オーディションライブ・フェス・営業・ショップなど。

プロデュース形式は、基本的に3人(トリオ)のみ。ただし「クインテットライブ」として、プロデュースするユニット以外のアイドル2人を含めた5人を一つのステージで踊らせられるようになっている。

日本が「南(九州沖縄地方)」「西(中国四国地方)」「上方(近畿地方)」「中央(中部地方)」「首都関東地方)」「北東(北海道東北地方)」の6つのブロックに別れ、それぞれのエリア別にファン数が計算されている。

お金に相当する「マニー」という要素がある。フェスや営業を成功させることで入手できる模様。一部の営業やレッスン、ライブを行うのにコストという形で行動を消費していく。

なお本作ではDLCオンラインランキングは搭載しているが、オンライン対戦は

 

個々の行動について、発売前に開されている情報を以下に羅列する。

レッスン
「レッスン」と「ちょーレッスン」の2種類がある。ダンスレッスンの内容が変更されており、他のレッスンも変更されている?
オーディション
前作同様、TV出演をかけて全版とエリア版の2種類のオーディションに挑む。ファン人数やマニーの他に、ファン度が上がるという利点がある。
ライブ
ライブ会場にユニットファンを集めて開催する。オーディションと同様のシステムで、ライブが盛り上がりアンコールが起こるとファン人数とマニーが増加する。またアンコールの際にはトリオだけでなくデュオ・ソロの編成を選ぶ事が可である。
プロデュースするユニットでの「トリオライブ」の他に、他のアイドルを2人加えての「クインテットライブ」がある。
フェス
ライバルユニットと一緒に音楽イベントに出演し、バーストアピールなどを駆使してどちらがより会場を盛り上げられるか対決することになる。勝てば自ユニットアンコール(オーディションで言う番組出演PV映像)を観賞できるが、敗北すると相手側のユニットアンコールを見せつけられることになる。
営業
「通常営業」と「資営業」の2種類があり、『これから向かう都道府県はどこか?カーソルで示せ』という地理クイズのようなものも発生する。例えば、山口県での営業イベントなら、山口県カーソルを当てて決定する。というもの。失敗すると、何らかのペナルティがある模様。都道府県地図が必須となるようだ。
なお営業ではユニット3名の中からを相手にするかを最初に選択する。要するに前作までと同じである。
ショップ
マニーを消費してアイドル達の衣装を購入することができる。一部のEXTEND衣装はDLCだけでなくショップで手に入れられることも……?

またこれらのスケジュールの前後には「シークレットコミュ」「ストーリーコミュ」「3人コミュ」などが入ることもある。

関連動画

公式チャンネル『たるき亭』公式PV

MAD

ジェバンニ組

 
左:1stPVの解禁96分後に投稿された最速MAD。速過ぎである。
右:2ndPVでは解禁後38分という更なるMAD動画作成投稿速さを見せつける。

その後



7月以降順次開されていくわずかな素材を集めてMADに挑戦するという、β時代ニコマスに回帰した感がある。

予言動画?

アイドルマスター2』でのアイドル髪型の変化をぴたりと的中させた(?)二次創作動画もある。


左上菊地真の新髪型を予言。
右上三浦あずさの新髪型を予言。
左下・右下:双海真美の新髪型を予言。

左:菊地真三浦あずさの新髪型セットで登場した再生数の多い動画ジュピターの出現も予言したとかしないとか

関連商品

The Idolm@ster2

テーマソング

関連チャンネル

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *特典付き初回限定版、通常版のメーカー参考小売価格の価格差がかったSP,DSの販売戦略を踏襲している。無印アイドルマスターは通常版7,140円、特典付き限定版19,800円L4U!は通常版7,140円、特典付き初回限定版9,800円であった。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC2
ページ番号: 4405544 リビジョン番号: 2101330
読み:アイドルマスターツー
初版作成日: 10/07/03 21:33 ◆ 最終更新日: 14/10/14 22:02
編集内容についての説明/コメント: 見かけ上自動リンク回避
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


キミと契約したい☆

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

First Ste...

アイドルマスター2について語るスレ

14907 : ななしのよっしん :2016/07/25(月) 16:08:46 ID: SZvL0mNRxx
潰すっていうか競い合うって感じだったけどな
事務所でもライバルであることには変わりない
14908 : ななしのよっしん :2016/07/30(土) 14:05:45 ID: 4nqRvxObEg
>>14905
それは知ってるけどアイドルめさせた上で律子にこんなテキスト作った連中には殺意しか湧かないなぁw
千早にしたって雪歩にしたってアケの頃からアイドル適正メチャ低いけど才と努とPとの二人三脚でトップに立てたんだろ?
亜美真美入れ替わりチートして、あずさは動機が男探しで、でもアイドルとして頑って成功するんだよ

そういうプレーヤーの思いをパラレルだったらなんでもアリで破壊されたのが律子だからな
プロデュース不可はもちろんとんでもない暴挙だけどアイドルめさせるなんてアイマス世界で絶対やっちゃ駄なんだよ
14909 : ななしのよっしん :2016/08/01(月) 12:51:26 ID: eZIlQFk/y2
据置機の作品としては1番完成されてるゲームな気がする。最新作のプラチナスターズは酷い出来だよ。グラフィックは確かに良くなったけどストーリースカスカだし、ランク上げは苦行だし、今ではジュピターが懐かしいよ。
14910 : ななしのよっしん :2016/08/01(月) 12:58:22 ID: TGfVf3ur2+
>>14908 そんな原理義発揮されても困る。
パラレルでなんでもありのアイマス世界なのに決めつけで暴走するから918見たいなことになったんでしょ。
今に至っても当時アイマスに石投げてた反逆者を許す気にはなれない。
14911 : ななしのよっしん :2016/08/01(月) 19:18:07 ID: t6iZG5q9sd
攻略情報まで見たのに無茶しやがってエンドになってしまった
打数が多い曲の時に限ってフルチェイン出来なかった、フルチェイン出来るようになった時に限って新曲の打数が低い、が重なったせいでスコアが伸びず酷いことに
OFAもそうだったけど「見る」と「出来る」は違うよな…

というか貴音ストーリー意味分からんな…
貴音背景と事情が一切られないから突然設定が出てくるようにしか見えん
というか「」って
14912 : ななしのよっしん :2016/08/21(日) 00:48:46 ID: t6iZG5q9sd
10周竜宮のかませにされるイベントがあるけど、あのとんでもない点差を見せられてから
「実差が縮まっていることには気づかなかったのかね…」とか社長に言われてもただの嫌味にしか聞こえないな
多分竜宮木星も「負けた後、敗北を糧にこちらが努して強くなってリベンジ成功!」
って展開をやらせたかったんだろうけど、再戦の時のあまりの弱さのせいでただの茶番になるのはどうにかならなかったのか
14913 : ななしのよっしん :2016/08/30(火) 18:17:26 ID: TGfVf3ur2+
RPG負けイベントであんな強かったのに再戦したら弱いなんてよくあることでしょう。内保管で十分な話、そんないちゃもん修正したからって何か変わるとは思えませんね。
14914 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 07:03:18 ID: t6iZG5q9sd
>>14913
まあ、実際負けイベントなんてそんなものですし、負けたらループさせられるので弱くなるのは当たり前なんですけど…強制イベントが全部ただの茶番にしか思えなかったんですよね
レス見てからどうしてそう思ったか考えてみたんですけど、どうも全く感情移入できないせいでそう思ってたようです

なんていうか……ゲーム内Pの横に自分が居て、Pの選択肢やフェスでの示などは自分がPに「こう言え」「こうやれ」と示してて、竜宮小町ジュピター関係のイベントの展開とかは一切口を出してない、みたいな感じで、どうもゲームキャラと自分の間にものすごい温度差があるようで…
アイドルゲーム内P竜宮小町との二回の対決で「今度こそ勝つ」って言ってる横で自分は「負ける要素のいフェスで何熱くなってんの?」って感じですし
14915 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 10:24:32 ID: UZO6Zdxj1b
Pの性格が合わなかったのかもしれんね
無印とはだいぶ性格が違って若いというか、な印が強くなってるイメージがある
そこで没入感落ちるのは何となくわかる

は2は割と容認なんだけどシナリオ面はやっぱりあまり良くないと思ってる
ただ、システムというかゲームデザインは悪くない。ここはOFAPSより好き
14916 : ななしのよっしん :2016/09/01(木) 12:21:58 ID: t6iZG5q9sd
>>14915
確かに、思いっきり性格が合わなかったのかもしれません
選択肢を見ても「…は?」って言いたくなるような2択、3択がいっぱいありましたし
竜宮サポートの最終日に伊織に呼び出された時の選択肢告白とクビの通告の2択)とか「お前何言ってんの…?」ってなりました
あちこちでこんな感じの選択や台詞ばかり見せられてドン引きしてるうちに「自分がP」じゃなくて「自分はPの横からPとアイドル示を出してる人」になったのかもしれないです

ゲームデザインは悪くない、というか良いと自分も思います
自分の上達がOFA以上にはっきり出てきますし、フェスで勝ったときの喜びがOFAとはべ物にならないくらい大きいんですよね
歌姫・歌王子で勝利出来た時とかは何度でも、やっぱり嬉しいですし
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015