単語記事: アイドル戦国時代

編集

アイドル戦国時代アイドルせんごくじだい)とは、2010年以降のアイドルを表現した言葉である。

曖昧さ回避

3次元階層

はてなキーワードの「アイドル戦国時代」の項では、「多数のアイドルがいる2010年アイドル」と定義されており[1]、これが狭義の意味であると考えられる。ただしこの言葉は女性アイドルに関して使われることがほとんどで、男性アイドルに関しては某事務所所属アイドルによってほぼ市場を独占されている状態なので使われない。[2]

しかし、2011年以降も「アイドル戦国時代」という表現が用いられていることが確認され[3]オリコンでは2011年アイドルを「アイドル戦国時代」として特集を組んでいる。[4]

ハロー!プロジェクトプロデューサーであったつんく♂は、Ustreamアイドル情報番組「ゲンバTV」のインタビューに際して、2011年には「多くのアイドルグループが進出したものの、お茶の間で浸透したアイドルグループはそこまで現れなかった」として、アイドル戦国時代2012年から始まるのではないかという個人的見解を示した。[5]
そして2013年にはついにNHK連続テレビ小説あまちゃん」の題材に取り上げられるまでになり、作中のセリフから流行語大賞受賞を生み出すほどの人気を集めた。

なお、アイドル側の人間で最初にの場で「アイドル戦国時代」という言葉を用いたのは、福田花音(元スマイレージアンジュルム)であるらしい。

だが2015年に入って、アイドル戦国時代以前から活動してきたBerryz工房アイドリング!!!の活動終了、各グループで繰り返されるメンバー脱退と補充[6]ももいろクローバーZ紅白歌合戦落選、つんく♂ハロプロ総合プロデューサーなど様々な暗いニュースが流れ、戦国時代も一つの曲がりを迎えつつある。果てしなく長く続く戦いに、アイドルも所属事務所もヲタも疲弊の度を強めているのだ。
まずは日本武道館演をすのがアイドル戦国時代における各アイドルグループお約束のようになっていた時期もあったが、結局そこからそれ以上の会場にステップアップできたグループは強な資本・確固たる運営ビジョンを持つ事務所運営組織に支えられたほんの一握りしか現れず、それ以外のグループ武道館演は達成したものの事務所メンバーファンの三者ともに経済的・精的に深い傷を負って没落していくケースが大手事務所所属グループからも数多く見られた。
また女性アイドル余りに増えすぎたことにより、彼女たちのアイドル卒業後の芸界における居場所への不安は明なものとなっており、人気メンバーでも卒業後即引退を発表するケースが近年増加し(NMB48渡辺美優紀乃木坂46橋本奈々未、カントリー・ガールズ嗣永桃子AKB48島田晴香など)、ファンに衝撃と不安を与えている。

売り上げ・観客動員で他アイドルと別次元にあるAKBグループももクロアイドル界の頂点に君臨して久しく、もはや戦国時代ではないというもあるが、それ以外のアイドルメジャーアイドルインディーズアイドル・ご当地アイドルが全各地のライブ会場やTVラジオネット上で今なお生き残りを賭けた戦を繰り広げている。

2010年頃からメジャーアイドルAKB48ももいろクローバーZ乃木坂46に各姉妹グループが結成され始めており、以前から多数の姉妹グループを抱えていたハロー!プロジェクトと共に4大としてグループが以下に分かれている。

48グループ

秋元康が総合プロデューサーを務め、ほぼ全ての楽曲の作詞を行っている。
最大の特徴は各グループの専用劇場を持ち、16人組の頭文字チームに所属して演を行う。劇場演のセットリストにはそれぞれ「~演」というタイトルがあり、同じ演を行ってもグループチーム毎のカラー・持ち味の違いがハッキリ出るのでそれを見べるのも楽しみの一つ。
AKB48としてテレビの歌番組に出演する際は、本隊メンバーに各グループからの選抜メンバーを加えた16人組として出演することが多い。
会いに行けるアイドル」のコンセプトの元、全各地の大規模展示場などで握手会を開催しており、年1回の立補制からなる選抜総選挙が実施される。
時にはチーム間を兼任や移籍をするケースも出てくる。
 宮脇咲良の場合・・・HKT48チームKAKB48チームAを兼任
 指原莉乃の場合・・・AKB48からHKT48へ移籍。(現在HKT48及びSTU48劇場支配人を兼任中)

たまに「組閣」と称してチームメンバーを移動・移籍・兼任・卒業・研究生昇格をしている。
所属レコード会社は各グループごとにバラバラで、AKBインディーズソニーミュージックキングレコード、SKEはランティスエイベックスNMBはYOSHIMOTO R&C、HKTはユニバーサルNGTはアリオラジャパン所属となっている。

グループには下部組織として研究生とよばれるメンバーがおり、卒業したメンバーの後釜として正規メンバーとして昇格する。東李苑のようにお披露から44日で昇格するケースもあれば松村香織のようにお披露から1,958日で昇格するケースも存在する。

 2016年4月SNH48姉妹グループとしてBEJ48とGNZ48を設立発表したがどうやらこれがAKB48運営会社のAKSに内緒でやったらしく、AKSから6月にこの2つは48グループ関係であることと、契約違反によるSNH48運営見直しが発表された。これに怒ったSNHサイドは翌日書面にてSNH4848グループからの独立を発表。
 AKSAKB48と兼任していた鈴木まりやSNH48の兼任を解除したとそれぞれ発表。

坂道シリーズ

乃木坂46
欅坂46
けやき坂46

シリーズAKB48公式ライバルである乃木坂46を中心とするグループで、欅坂46はその乃木坂46姉妹グループ48グループからは分離独立しているが、一時は人材交流もあったこともあり、世間一般的には48グループに組み込まれる事もある。

AKB48とは逆のコンセプトで、数字を46にしたのは48よりも少ないけどその分追いつけ追い越せという意味合いも込められている。乃木坂は結成から紅出場まで4年を要したが、欅坂はデビュー年に紅白出場を決定し、もはや48グループを追い越すのも時間の問題か、という勢いを見せている。

欅坂46は下部組織としてけやき坂46(通称:ひらがなけやき)を結成している

こちらは両グループともレコード会社はソニーミュージックだが、これはAKBを手放したことをしく後悔したソニーミュージック秋元康に泣きついて設立されたという経緯による。

俺の藤井一派(スターダストプロモーション)

ももいろクローバーZ
私立恵比寿中学
チームしゃちほこ名古屋本拠)
たこやきレインボー大阪本拠)
ばってん少女福岡本拠)
ロッカジャポニカ
ときめき♡宣伝部

事務所スターダストプロモーションに所属する一
ここはももいろクローバーZが中心となる。特徴としては各ユニット5~6人でイメージカラーももいろクローバーを中心となるで統一されている。
ももいろクローバーZたこやきレインボーが、チームしゃちほこ欠番となっている。
川上Pのプロレス好きが影されておりコンサートではちょくちょくプロレス的演出が施されている。上記3閥とは違い各グループの共演が滅多にない。ただし年に1回「藤井」と称する合同コンサートを開催されている。
メジャーデビューまでの間にメンバーが増減されるが、メジャーデビュー後はメンバーは増員される事はない(私立恵比寿中学を除く)

2017年私立恵比寿中学松野莉奈の急逝という悲しい出来事を乗り越えて活躍していくのかが注される

3BjuniorとEBiDAN

 3Bjuniorはスターダストプロモーションに所属する小学生ティーン層のメンバーによって構成される女性アイドルグループであり、(48Gで言う研究生・ハロプロで言うハロプロ研修生的な位置)2016年現在

はちみつロケット
澤村
リーフシトロン
マジェスティックセブン
ロッカジャポニカ
ときめき♡宣伝部
が所属している。

過去にはももいろクローバーZなど上記5組もここに所属をしていた。

 EBiDANはももクロ分の特急を頂点とする3Bjuniorの男性版。俳優集団として位置づけられており、ジャニーズ事務所とD-BOYSの性格を併せ持っている。ジャニーズへの配慮から、アイドル集団ではないことを必要以上に強くしており、テレビにはスターダストの自社制作番組以外には滅多に出演しない。だがその観客動員には侮り難いものがある。

2016年現在
特急ももいろクローバーZ分)
DISH//
PrizmaX
さくらしめじ
MAGiC BOYZ
M!LK
SUPERDRAGON

ハロー!プロジェクト

アップフロントグループに所属する女性アイドル集団。「ハロプロ」の略称で呼ばれることが多い。
上記三勢にはコンサート使用会場の規模では明らかに劣るものの、20世紀末21世紀初頭に女性アイドル業界の人気を独占し、現代の女性アイドルグループ盛を築き上げた老舗中の老舗。今もなお根強い固定ファンを抱えており、上記三勢メンバーにもアイドルすきっかけとなった者やファン言している者は数多い。
演は全の中規模ホールライブハウスが中心だが、グループの記念日やメンバー卒業演などのここぞの時には日本武道館横浜アリーナを使用し、安定して演を成功させている。アイドル戦国時代の退潮がはっきりしてきた2016年に3組ものハロプロ所属、またはハロプロゆかりがあるグループ武道館初進出を達成しており[7]、上記三勢にも劣らない底の強さが伺える。(Buono!8月25日Juice=Juice11月7日アップアップガールズ(仮)11月8日
テレビ東京オーディションバラエティー番組「ASAYAN」から誕生し、シャ乱Qつんく♂が創設時から2014年11月まで総合プロデューサーを勤めていた。つんく♂ハロプロプロデュースを「シャ乱Qの活動の延長線上」と捉え、シャ乱Q同様の浮世離れしたド手なコスチューム[8]金髪茶髪、これまたシャ乱Q同様にコンサート中に寸劇やコントを入れるなど、観客を楽しませる姿勢を徹底して取り入れ、従来の女性アイドルイメージ全にひっくり返した。「アイドルマスター」の初代メンバーたちが人気絶頂期のモーニング娘。イメージを強く投影したキャラクターであることは余りにも有名で、2次元アイドル界にも強い影を与えている。また「公式ライバル」「海外展開」は実はハロプロ48グループかに先んじて行った新戦略である。が、事務所の経営戦略の貧弱さや、ジャニーズ事務所同様何をするにも会長のお伺いを立てなければならない企業体質などが原因でことごとく失敗し、ほぼ何の成果も残せていない。
所属レコード会社は自社グループアップフロントワークスだが、過去にはキングレコードポニーキャニオンとの合弁で別のレコード会社を立ち上げて所属グループを振り分けていた時期があったり、非常にややこしい経緯を経ている[9]Wikipedia「アップフロントワークス」の項を見ればある程度はご理解いただけるだろうか。
 ユニット間の垣根をえた合同コンサートハロコン)と、には各ユニットでの全ツアーを展開しているのが大きな特色。モーニング娘。アンジュルムカントリーガールズつばきファクトリーはメンバー卒業と加入が展開されており、モーニング娘。アンジュルムは新メンバーオーディションを開催した事がある。
 また下部組織にハロプロ研修生(旧名ハロプロエッグ)と呼ばれる組織が存在し、研修生からは新グループの結成や既存グループへの追加加入が行われている。また研修生には上記グループの新メンバーオーディションへの優遇処置(2次審からの参加等)があり、ジャニーズ事務所のような永久機関システムしていることがえる。
 2016年7月からはハロプロ展開の第1歩として北海道ハロプロ研修生北海道が始動[10]
 それに続き、同年から愛知県名古屋市のミッドランドスクエアシネマ2で毎週火曜日に定期演(イベント)をスタートしている。
 2017年に入り佐藤優樹モーニング娘。17)、相川菜穂(アンジュルム)、浅倉々(つばきファクトリー)、小川麗奈(こぶしファクトリー)、宮本佳林Juice=Juice)が相次いで病気で休養に入り事務所メンバー管理方法が問われている。(佐藤浅倉椎間板ヘルニア相川パニック小川は不安神経症、宮本は機性発
 この原因もあってか事務所は今後のリリース方法が発表され、今後は配信リリースを入れ、配信ではグループの曲に加え各グループメンバー間でのコラボハロプロOBとのコラボも視野に入る。ただCDリリース全に止めるのでなく今後は各グループで年間1~2枚になるだろうとの事。事実Juice=Juiceの新曲は配信のみになったのでちょっとした騒動になった。
 これと前後してカントリーガールズが今後の体制を発表した。カントリーガールズ嗣永桃子引退後、森戸知沙希船木結梁川奈々美が他グループ移籍をしてカントリーガールズ兼任し、山木梨沙小関舞は学業に専念しハロコン限定を中心で活動。楽曲は配信のみに切り替えるという。事前に研修生から昇格も発表されており戸はモーニング娘。17へ。段原瑠々梁川奈々美Juice=Juiceへ。川村船木結アンジュルムへそれぞれ加入した。ちなみに一玲奈は新グループを結成してそこのリーダーになる。カントリーガールズの存在意味って…)

四大派閥以外の大手事務所勢

アミューズ

Perfume
さくら学院
BABYMETAL
Ciào Smiles

00年代半ばにBusy(旧称Color)、BOYSTYLEといった、知名度はやや薄いながらもるものを持っていた所属グループが次々解散に追い込まれ、残されたPerfumeも解散秒読み=アイドル事業撤退か?、というところまで追い詰められたが、Perfumeテクノポップ路線が大当たりし、起死回生を遂げる。
現在さくら学院からのユニットBABYMETALワールドツアーを成功させ快進撃中。

iDOL Street(アイドルストリート)

SUPER☆GiRLS
Cheeky Parade
GEM
わーすたThe World Standard

エイベックスアイドル特化部門である。統括Pはかつて松浦亜弥ファンサイトを経営していた程の筋入りのヲタである。 そのせいかiDOL Streetは設立当初から(松浦亜弥が所属していた)ハロー!プロジェクトのように、下部組織や姉妹グループをつくり、レーベル事務所ファンクラブ等すべて自社グループで賄う、いわゆる「360ビジネス」を実行している。またファン参加要素を取り入れるなど48グループの長所も見習っている。
 他勢の研究生的位置のカテゴリに「ストリート生」というカテゴリを設置している。他と違うところはこのストリート生がエイベックスアーティストアカデミーが存在する全6ブロック北海道札幌)・東北仙台)、関東東京)、中部名古屋)、関西大阪)、九州福岡))に分かれて活動しており、適宜、各ブロックから選抜で新ユニットを結成したり、既存グループへの昇格を果たしている。

プラチナム・パスポート

PASSPO☆
predia
palet
ぷちぱすぽ☆
サンミニ
BAND-MAID

プラチナプロダクションアイドル特化部門。以前はすべてのグループの頭文字が「P」で始まるようになっていた。
グラビアに強い事務所だけあってスタイル自慢のメンバーが多い。

2次元階層

アニメ漫画ゲーム等でも古くから『スーキャット』、『超時空要塞マクロス』、『魔法の天使クリィミーマミ』、『アイドル伝説えり子』、『きらりん☆レボリューション』等々歌やアイドル歌手に関連した作品が少なからず制作され、時には実在アイドルとのメディアミックス展開も行われた[11]。ただしこれら作品は散発的に展開されることが多く、同時期に複数作品がメディア展開し「戦国時代」というイメージにつながるほどの意識はされてこなかった。 

しかし2000年代後半以降、3次元アイドル業界の盛り上がりに刺され、2011年7月アイドルマスター(アニメ)うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%が放映されたのを皮切りに2次元にもアイドルブームが発生。通称:2次元アイドル戦国時代(ちなみに両作品は2011年7月に放映開始し共にA-1 Pictures制作

2017年現在
女性アイドルの有ブランド
アイドルマスターシリーズ
 プラチナスターズ(初代-我那覇四条
 シンデレラガールズ
 ミリオンスターズ
ラブライブ!シリーズ
 μ’s(初代)
  Aqours(サンシャイン!!)
アイカツスターズ
プリパラ
Wake Up, Girls!

男性アイドルの有ブランドでは
うたの☆プリンスさまっ♪ シリーズ
アイドルマスター SideM
あんさんぶるスターズ!
KING OF PRISM by PrettyRhythm
スタミュ
美男高校地球防衛部LOVE!シリーズ
B-PROJECT鼓動アンビシャス~
アイドリッシュセブン

ではかろうか。
 2次元では男性アイドルにも女性アイドルにも等に戦国時代が来ている。
 当然、彼女ら彼らアイドル達は自分たちの曲を次々とCD化していき、さらに担当声優がこれらの曲を披露するコンサート横浜アリーナ舞浜アンフィシアターさいたまスーパーアリーナ日本武道館などの大規模会場で行い、人気作品ともなるとそんじょそこらの有名アーティストぐ集客を持つに至っている。
 尚、下述のスポーツ界の刺客その1は2002年からCDリリースを開始し、2005年アニメが終わってもリリースを続行し、2016年現在全員800曲の持ち歌があり、おおよそ2-3年に1回の間隔で定期的に日本武道館演を開催しいずれも満員にしている

 2013年以降、アニソンオリコンチャートでは、2次元アイドル(と2.5次元アイドル)達のしい戦いが繰り広げられ、3次元アイドルオリコンチャートで打ち負かす事態もしばしば発生している。
 そして2015年アイドルマスターシリーズドーム球場ライブラブライブ!紅白歌合戦&Mステに登場という大快挙を成し遂げ、そして2016年3月31日4月1日にはファイナルコンサートとして東京ドーム演2daysを大成功させた。その直後(以下略
 2016年6月
アイドルマスター シンデレラガールズ3回もオリコン総合1位を果たすという前代未聞の大快挙を成し遂げた。第4週のハイファイ☆デイズに至ってはジャニーズを倒しての1位というわけのわからないことをしている。
 
 2016年からプリティーリズム・レインボーライブ最終回で結成したOver The Rainbowスピンオフ映画の「キンプリ」ことKING OF PRISM by PrettyRhythmミニシアター規模で劇場開されると、ジワジワと人気になっていき王様のブランチミニシアター部門で1位を獲得する。当初製作は2週の土日が終わった時点で最終的に3,000万ほどに留どまる行収入を見込んでいたが、ミニシアター規模ながら最終的には行収入7億円、観客動員数40万人を突破した。

 そして2016年12月うたの☆プリンスさまっ♪内のユニット「QUARTET NIGHT」が「God's S.T.A.R.」で初動10万越えでオリコン一位を獲得。男性キャラ名義シングル初のオリコン一位アニメキャラ名義初の初動10万越えという大快挙である。ちなみに女性アニメキャラ名義のシングル初動最高枚数はμ’sが、アルバム初動最高枚数は放課後ティータイムがそれぞれ所持。

 さらに2017年は、ラブライブ!サンシャイン!!アニメ第2期が決定し、けものフレンズから生したどうぶつビスケッツ×PPPの台頭。美男高校地球防衛部LOVE!が初めて開催するというCGライブを機に2次元アイドル界への本格的な進出を匂わせたりをしている。今後はあんさんぶるスターズ!アニメ化延期が決定したが、代わりにアイドルマスター SideMアニメ化アイドリッシュセブンアニメ化がそれぞれ決定した。

 あの秋元康氏がデジタルアイドルグループ22/7」をプロデュース。さらには教え子の指原莉乃2.5次元階層の声優ユニット「=LOVE」もプロデュース
2次元階層、2.5次元階層、3次元階層ともまだまだアイドル戦国時代は続きそうである。

関連動画

  

関連商品

関連項目

脚注

  1. *アイドル戦国時代とは - はてなキーワード
  2. *…と見せかけて実はEXILEとその系列グループや、韓流グループスターダスト系列の若手男性グループEBIDAN)、ライジンプロダクション男性ダンス&ボーカルグループ名古屋を拠点とし中地区で絶大な人気を誇るBOYS AND MENなどがこれまで某事務所が独占していた市場を静かに浸食しつつある。これら各グループに共通しているのは演・イベントなどのライブ活動を重視している事である。TV出演に重きを置かなければ、某事務所の圧とやらは関係なく活動できるのだ。
  3. *AKB以外にもこんないる!動画で紹介、アイドル戦国時代!ハチヨンイズム、2011年8月1日
  4. *2011年アイドル総決算『アイドル戦国時代!激動の1年を振り返る!!』」 ORICON STYLE、2011年12月14日
  5. *「ハローを舐めたらいかんぞ」つんく♂ 独占インタビュー 2012年のアイドルシーンを語る」 リッスンジャパン2012年1月10日
  6. *グループまで含めると2015年一年だけでおよそ300人のアイドルグループ卒業したという。
  7. *それ以外に武道館初進出を達成できたのは2.5次元アイドルi☆Ris11月25日)くらいである。
  8. *これに対し、48グループと坂シリーズ制服モチーフにしたコスチュームを一貫して用いているが、これはアイドル日常の延長線上に存在する、という捉え方を示しており、「非日常」「浮世離れ」をテーマにしているハロプロももクロへのアンチテーゼと言える。
  9. *ハロプロ関連グループが所属するメジャーレーベル現在3レーベルあるが、zetimaが本体(ワーナーとの合弁会社ワンアップミュージック株式会社ティマに由来)、PICCOLO TOWNキングとの合弁会社、HACHAMAがポニーキャニオンとの合弁会社に由来するレーベルとなっている。
  10. *48グループがまだ本格的進出をしていない都道府県であり、出身OGには石黒彩安倍なつみ飯田圭織藤本美貴里田まい紺野あさ美稲場愛香などを生み出し、現ハロメンでも佐藤優樹谷本安美の出身地であり、ファンにもメンバーにも聖地と言える土地である。
  11. *古くは1978年に「ピンク・レディー物語天使たち」というアニメが放送されている。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E6%88%A6%E5%9B%BD%E6%99%82%E4%BB%A3
ページ番号: 4801187 リビジョン番号: 2513142
読み:アイドルセンゴクジダイ
初版作成日: 12/01/12 18:34 ◆ 最終更新日: 17/08/07 12:48
編集内容についての説明/コメント: 3次元共に情報アップデート(主にハロプロ)
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アイドル戦国時代について語るスレ

86 : ななしのよっしん :2017/06/30(金) 11:39:59 ID: D7eEbcdhDc
最新版

アニメ放送予定
あんさんぶるスターズ!
アイドリッシュセブン
ツキプロ
アイドルマスター SideM
Wake Up Girls!(新章)

ソシャゲ
アイドルマスター ミリオンライブ! Tokyo 7th シスターズ
アイ★チュウ アイドリズム
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
87 : ななしのよっしん :2017/07/18(火) 23:15:02 ID: s6gRbDJGSO
まねきケチャとか地下アイドルから
地上にあがってるアイドルの記載がない
ところからネットは現場とのタイムラグが凄いよね
88 : ななしのよっしん :2017/07/25(火) 23:38:24 ID: wBiunRwRXA
2017年秋アニメがなかなかのアイドル戦国時代
あと>>83での予想が現実になった
アイナナあんスタも遅すぎるだろ・・・
>>84
チケットの争奪戦がとんでもないことになりそう
一部対立厨立ってるけど、複数の二次元アイドル押してる人って結構多いんだよな
>>86
青空アンダーガールズRe:ステージ!には注しているけど流行る未来が見えない
22/7アニメ化するらしいが堀口絵のままぐりぐり動いてくれなきゃなあ
89 : ななしのよっしん :2017/08/04(金) 21:25:10 ID: vJVvpTq3jS
>>88
2次元フェスティバル現実的に考えてみた。
・会場を東京ドームに変更。(μ'sの実績やうたプリライブのキャパ、アイマスライブのキャパでのコンサート実績から)
・チケットは各ユニット公式HPから応募可とし各ユニットを一定の範囲内で想定。(ゆび祭りを参照。)
イベント総時間は5時間30分越えを想定→アニサマSMEMUSICTHEATER2017Kiramune Festival、ランティス祭りなどを参照)
出演アーティストを以下のように変更。
μ's
Aqours
ST☆RISH
・QUARTET NIGHT
HE★VENS
765PRO ALLSTARS
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
90 : ななしのよっしん :2017/08/08(火) 10:06:31 ID: KEmO99NMZL
現状女性アイドルものはシンデレラアクアの二強だわな
その下にバンドリアイマス本家ミリオンとかが居る感じ
91 : ななしのよっしん :2017/08/20(日) 05:46:45 ID: 1H4s1+1Ywn
何か今更な気がするが日本コロムビアってアイドルグループいないな?アイマスとかじゃなくて本物のアイドルグループ。同じく演歌歌謡曲メインキングレコードでさえAKBももクロがいるのに。

この記事は女性アイドルグループの争いメインだが男性アイドルグループの争いはどうなんだろうか。まあジャニーズしかないからな。確かナベプロにもいるにはいるが。
92 : ななしのよっしん :2017/08/25(金) 20:54:15 ID: dFgz7WUx5i
アイドルコンテンツには全く興味いけど基本無料音ゲーアプリリリースされまくってるのは嬉しい
まぁ大抵のアプリはその音ゲー部分がしょうもない出来だけど
93 : ななしのよっしん :2017/08/26(土) 14:52:04 ID: wBiunRwRXA
>>92
良く出来てる音ゲーはどれだと思う?
女性向け男性向けにべるとクリアできない人を考慮してかキャラ萌えに重点を置いてるのか難易度低いの多いなと常々思う

ふと最近アイドルアプリたくさん出てるなと思って今年に入ってリリースされたアイドルアプリを知ってる限り書き出してみた(ジャンル音ゲーに限らない)
ツキノパラダイス
B-PROJECT 無敵デンジャラス
アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ
青空アンダーガールズ
Re:ステージプリズムステップ
KING OF PRISM プリズムラッシュ!

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
94 : ななしのよっしん :2017/09/04(月) 22:54:42 ID: dFgz7WUx5i
散々言われてる意見だろうけどバンドリは良かった
システムに癖がく画面全体を音ゲーに使っていてやりやすい
MVがあるゲームって背景を邪魔しないようノーツが変に降ってきてやりにくいんだよなぁ
95 : ななしのよっしん :2017/09/18(月) 23:15:38 ID: EdBCqHia5P
今はアイドル戦国時代でも2034年頃にはアイドルなんてダサいってなっとるやろ……(支配人並感)
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829