単語記事: アイルランド語

編集

アイルランド語Gaeilge)とは、アイルランド共和国の第一公用語である。「アイリッシュ・ゲール」とも呼ばれる。

概要

アイルランド語は、インド・ヨーロッパ語族印欧語族)のケルトに属する言である。アイルランド共和国の第一公用語であるほか、欧州連合EU)の公用語の一つにもなっている。しかしながら、実際には英語が通用するため、とする人の数は減少に減少を重ね、もはや30万人程度といわれる。このため、アイルランドではどうにかしてアイルランド語を普及させようという努が続けられている。

なお、「アイスランド語」と混同しないように注意。

アルファベット

ラテン文字ラテン・アルファベット)が使用される。一応ゲール文字もまだ存在するがあまり使われることはない。アイルランド語で通常用いられるのは以下の19字である。

A B C D E F G H I L M N O P R S T U V

a b c d e f g h i l m n o p r s t u v

発音

難しい。というのもお隣英語よろしく、りと発音の間にだいぶ乖離があるからである。特に音は/a/, /e/, /i/, /o/, /u/の5つとその長音の10種類の発音しかないにもかかわらず、り方が多種多様なものになってしまっている。
加えて短音/a/, /e/, /i/, /o/はアクセントのない音節ではあいまい音のようになるため厳密にいえば音の種類はまだある。

さらに二重音は/ia/, /ua/, /ai/, /au/の4種類があるが後ろ二つは子音dh、gh、bh、mjとの組み合わせによって使うので全部覚える必要がある。

一方子音も後ろの音で広子音 / 狭子音の変化が起きる、軟音化、暗音化があるなどこちらもいろいろとめんどくさい決まりがあるのだ。

文法

発音の難しさにべて文法自体はフランス語ドイツ語べてもだいぶ簡単なものになっている。

名詞

男性女性の二性、単複の二数、格、属格の二格とだいぶ簡単なものになっている。

複数期の作り方は

  1. 末の広子音が狭子音に
  2. 末に-a

属格は男性名詞が

  1. 広子音で終わるとき:iを挿入して狭子音に変える
  2. -(e)adhで終わるとき:-(a)idhに変える
  3. 広子音で終わるとき:-a
  4. 音、または-ínで終わるとき:変化

女性名詞は

  1. 狭子音で終わるとき:-e
  2. 広子音で終わるとき:-iを挿入して狭子音にし-e
  3. -(e)achで終わるとき:-(a)í
  4. -(e)acht、-(a)íochtで終わるとき:-a

また定冠詞のみが存在し以下のようになる。

頭が子音 頭が 頭がs + 音、sl-、sn-、sr-
男性名詞 an lá an t-ainm an sagart
女性名詞 an chaoi an uair an tSeapáin

動詞

まず存在動詞でどのような活用が存在するか見ていこう(なおアイルランド語ではコピュラ動詞と存在動詞に限り動詞が文頭に来る)

現在 過去 未来 習慣現在 習慣過去 条件法
1人称単数 tá mé bhí mé beidh bím mé bhínn bheinn
2人称単数 tá tú bhí tú beidh bíonn bhíteá bheifeá
3人称単数男性 tá sé bhí sé beidh bíonn bhíodh sé bheadh sé
3人称単数女性 tá sí bhí sí beidh bíonn bhíodh sí bheadh sí
1人称複数 muid bhí muid beidh muid bíonn muid bhíodh muid bheadh muid
2人称複数 tá sibh bhí sibh beidh sibh bíonn sibh bhíodh sibh bheadh sibh
3人称複数 siad bhí siad beidh siad bíonn siad bhídís bheidís

というわけでそれぞれがどのような活用をするか見ていこう。なお動詞にはが人である人称形、が非人称である自立形の2種類が存在する。

まずは自立形を先に見よう。

基本形の語尾
命令 変化なし なし(2人称単数=辞書形)
過去 頭が子音:軟音化
頭が音:d' +
頭がf:d'fh
なし
習慣現在 変化なし タイプ1:根 + (e)ann
タイプ2:根 + (a)íonn
未来 変化なし タイプ1:根 + f(a)igh
タイプ2:根 + óidh、eóidh
条件 過去形と同じ タイプ1:根 + f(e)adh
タイプ2:根 + ódh、eódh
習慣過去 過去形と同じ タイプ1:根 + (e)adh
タイプ2:根 + (a)íodh
動形容詞 変化なし タイプ1:根 + ta / te / tha / the
タイプ2:根 + (a)ithe
動名詞 変化なし 動詞によって異なる

人称語尾がつく人称形は語尾がこのように活用される。

簡単な挨拶など

以下の記述は wikitravel の「アイルランド語会話集」から引用した。ちなみに、同ページによると、「アイルランド語には「はい」「いいえ」に相当する表現はなく、疑問文に現れた動詞を肯定形や否定形で繰り返して表現する。」とのこと。これはしいと思われる。

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

アイルランド語に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E8%AA%9E
ページ番号: 5048148 リビジョン番号: 2453970
読み:アイルランドゴ
初版作成日: 13/02/24 19:30 ◆ 最終更新日: 17/01/29 22:03
編集内容についての説明/コメント: 人称形の説明を追加してわかりやすくする
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アイルランド語について語るスレ

1 : ナンプレたん ◆lNQvK9PV.. :2013/02/24(日) 21:08:50 ID: f8evTkmUhW
Fagaim」ってアイルランドの言葉かな?もしそうだったら、どういう意味なのかが気になる。
2 : ななしのよっしん :2013/03/15(金) 16:54:53 ID: KSdWmkaER8
エンヤがゲール歌詞でたまに歌っているけど、ネイティブ・スピーカーなのかな?
3 : ナンプレたん ◆lNQvK9PV.. :2013/03/19(火) 22:45:53 ID: f8evTkmUhW
>>2
Enyaアイルランドの「グウィドー」という、ゲール事実上の公用語の地域で生まれている。だから小学校に入るまでゲールでしか話せなかったらしい。だからネイティブ・スピーカーであることは一理ある。
4 : ななしのよっしん :2013/06/27(木) 22:39:17 ID: kuITIicck0
りから読みが全く予想できない
5 : ななしのよっしん :2013/09/02(月) 12:13:49 ID: 1Ta5+VJdAT
>>1
たぶんエンヤの曲、「'S Fágaim Mo Bhaile」で知った言葉なんだろうけど、
gaim(ファガム)は、以下、これがfágという動詞からきていると仮定して説明しますが、
「私は去る / 去っている」という意味です。
アイルランド語の動詞の活用には「習慣形」ってのがあって、
gaimは直説法習慣現在1人称単数形です。
その名の通り、習慣にしていること、一時的でない行動を示します。
ちなみに「mo bhaile」(マーリャと読む)は「私の」ですが、「's」はわかりません。
agus」いは「is」(どちらも英語で言う「and」)の省略形かも。
エンヤが育った地域の方言かもしれないです。
6 : ナンプレたん ◆lNQvK9PV.. :2013/09/04(水) 19:32:30 ID: f8evTkmUhW
>>5
解説有り難うございました!
7 : ななしのよっしん :2013/12/24(火) 23:39:54 ID: Wlqx5PvBl+
去年アイルランド行ったけど、とうとうこの言を話している人に会うことはかった…
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829