単語記事: アクションゲーム

編集

アクションゲームとは、コンピュータゲームジャンルの一つである。略称は「ACT

概要

プレイヤーキャラクターなどを直接的にリアルタイムで動かしてステージ上を自由に移動し、プレイヤー自身の操作によってクリアゲームの総称である。

アクションゲームコンピューターゲーム明期から存在し、時代に合わせて進化と細分化を続けてきたジャンルであるため、最も広義の意味ではリアルタイムの直接的な操作するものであれば全てそう呼ぶこともできるかもしれない。しかし、それはあくまで総称であり、ジャンルとしてのアクションゲームという名称は、どのサブジャンルに属さないものをして呼ぶことが一般的だろう。

内ではプラットフォーマーというジャンルゲームアクションゲームという名称で呼ばれている。(後述:プラットフォーマー)

プレイヤーの技量が直接反映されることから競技性が高く、タイムアタックスコアタックを競うプレイヤーは多い。自分で標を立ててやり込むプレイヤーも多い。(後述:ニコニコにおけるACT

ゲームデザイン

マリオソニックのようにごくシンプルな操作とルールの下でひたすらに自分の操作の腕だけを頼りにゴールに向かって駆け抜けていくものから、ロックマンのようにキャラクターの性強化や武器等の使い分けを要素としてもつもの、装備やアイテムを使い分けRPGのように情報収集もしながら戦略的にステージ攻略するものまで数多く存在する。操作する対プレイな人数、ゲーム的・システム等によって、更に細かく分類されている。

プラットフォーマー

スーパーマリオのように足場をダッシュジャンプで進みゴールアスレチックゲームのことを海外では「Platformer」(プラットフォーマー)と呼ぶ。海外ではひとつの独立したジャンルとして認識されているが、内ではメディアでもまずこの名称が使われることはなく認識はあまりされていないと思われる。

この記事では海外ではプラットフォーマーと呼ばれているタイトル内での一般的な認識であるアクションゲームというジャンルの定義で扱う。

個別記事のあるサブジャンル

2Dと3D

アクションゲームにはに2Dと3Dで設計されたものがあり、アクションゲームというジャンルの中でもまた、それぞれ別のジャンルとして認識されている。キャラクターを動かしステージを進み敵やトラップを越えて的を達するという基本的なルールは同じであるが、2Dと3Dというレベル設計の違いからゲームプレイは大きく異なるものである。

※他にどちらにも属さないものの一つとして、斜めから見下ろす視点ゲーム、クオータービュー(英語ではIsometric game)などもある。

2DACT

に高低差のあるステージを舞台にしたアクション。移動とジャンプを基本操作とする場合が多い。行きの概念の加えた2Dアクションも存在する(→ベルトアクション

ファミコンの頃ではとてもポピュラージャンルであり2Dアクションは数多く作られた。異常難易度が高いものが多かったともよく言われている。(例:魔界村忍者龍剣伝etc...)

主な作品

スーパーマリオブラザース

星のカービィ

ロックマン

ソニック・ザ・ヘッジホッグ

3DACT

間が3Dになったことで視点カメラワーク)という概念が存在し、1人称視点と3人称視点の違いによってもゲームデザインは異なるものである。1人称視点で進むゲームシューターに限らずFPSとも呼ばれ、3Dアクションとはほとんど別物として扱われていることが多い。

全方向に自由自在に移動できることから、探索や演出をはじめゲーム性はより幅広いものになったと言えるだろう。一方でカメラワークの扱いが難しい一面もあり、特に3Dゲームが作られ始めた頃は視点に問題を抱えたゲームも多かった。

主な作品

スーパーマリオ64

デビルメイクライ

クラッシュバンディクー

バイオハザード

ニコニコにおけるACT

ニコニコ動画をはじめ動画サイトにおいては、あえて自分から理不尽な仕様にしていく縛りプレイ動画、極限まで駄をなくしたTAS動画、常人には真似できないスーパープレイ動画等が人気を博している。常に操作し続けなければならないという性質上、実況プレイ動画の題材とするためにはそれなりのマルチタスクめられるだろう。

ニコニコ生放送においても、タイムスコアを競う大会や、オンラインにおける配信者リスナーの対戦・協力プレイなどが盛んである。

関連商品

ニコニコ大百科の関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0
ページ番号: 3196310 リビジョン番号: 2061135
読み:アクションゲーム
初版作成日: 09/05/19 13:16 ◆ 最終更新日: 14/07/28 19:01
編集内容についての説明/コメント: 原文を元にあちこち添削。プラットフォーマーについて。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アクションゲームについて語るスレ

23 : ななしのよっしん :2014/02/23(日) 22:25:35 ID: 0ywlZ7c3Gv
RPGタイムアタックがもはやアクションと化してる
24 : ななしのよっしん :2014/06/22(日) 10:08:54 ID: TPtCOp3D3Y
次世代機になってから制限がくなって逆に面くない物が沢山出来てる気がする。
駄に壮大なストーリーにしてムービーが多かったり
綺麗なグラフィックになったからボスQTE入れて手にしちゃったり
挙句にはレーシングシューティングなんて要素入れちゃったり。

その点昔の作品は雑と戦う事だけに集中してたと思うし
そのおかげで短時間で周回が出来て、前回苦戦した所をどれだけく倒すかなんて楽しむ方が出来た。

25 : ななしのよっしん :2014/06/24(火) 22:18:27 ID: WDirPzlFc9
制限がなくなったからっていうのもあると思うけど
1番の理由は、既にアクションというジャンル完成しているからだと思う。
だからこそストーリームービーを売りにしたり、
レーシングシューティングで他のアクション差別化したり。

プレイ時間に関して言えば、長い=作りこんでる。短い=手抜き
みたいなイメージがあるから仕方ない部分も。
26 : ななしのよっしん :2014/06/24(火) 22:31:43 ID: h9BBT0MMkN
作品の質そのものより、アクションゲームと言うジャンルをやり過ぎて新鮮差を感じなくなったプレイヤー側の問題かもしれない。

FPSなんてどんなにグラフィックがよくなっても基本「狙って撃つ」
TPSなら「敵の攻撃を避けて攻撃する」

とやることは基本的に変わらない。
ゲームを始めてやった時はマリオジャンプするだけで楽しかったわけで、良くも悪くも慣れ過ぎたのではないかと。
27 : ななしのよっしん :2014/06/27(金) 04:44:27 ID: labdKTSUBk
駄を排除した結果、変態的な動きをしながら
高速移動するようになるのはよくある話。
28 : ななしのよっしん :2014/07/31(木) 11:14:57 ID: DWaM7GEAsD
>>27
悪魔城ドラキュラかな?
29 : ななしのよっしん :2015/02/08(日) 23:05:10 ID: k4JJOxEMUW
Platformer っていう名前は初めて聞いた
日本だとジャンプアクションって呼んだりするような

あえて訳すなら足場ゲーム
30 : ななしのよっしん :2015/04/15(水) 20:53:24 ID: Qf7PGU4KOX
とりあえずアクションゲーに飛ばせないイベントQTE入れる開発者は消滅しろ

去年あたりからSTEAMで面ACTゲームどんどん出ててホクホク
shovel night
joylancer
super house of dead ninjas
体験版もあるからsteamインストールしてる人はやってみると吉

steamじゃないがマイティナバー9も楽しみだし結構盛り上がってる感あり
31 : ななしのよっしん :2015/07/10(金) 22:18:12 ID: DS0Z8N3Ovv
全に1人用にも関わらず被弾前提のバランス完成度の低さにイラつく
ヌルすぎてノーダメ余裕の作品は物足りなさはあるがストレスは溜まらない
難易度は高めだがやり込めばノーダメにたどり着ける作品は最高の爽快感と達成感が味わえる

1人用アクションにおいて一番上のタイプの作品は消滅すべき、普通クソゲーだわ
32 : ななしのよっしん :2016/05/14(土) 16:28:54 ID: dMr3tLuf7J
>>30
Mighty no.9はsteamでも出るじゃん
延びて延びて来やっと発売。難産だったがロクゼロの会社だし楽しみだな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015