単語記事: アサルトライフル

編集

アサルトライフルAssault Rifle)とは、の一種である。突撃銃とも呼ばれる。
最古のアサルトライフルドイツ第三帝国Sturmgewehr 44(Sturm=、突撃、Gewehr=武器、)
であり、アサルトライフルSturmgewehrの直訳である。

概要

元々それまでの小銃弾(ライフル弾)は最大射程が1kmもあったのだが、実際に戦争してみた(=第一次世界大戦)所、そんな遠距離で撃ち合わないケースの方が多いことが判明した。
「弾の射程距離や威は減らしてもいいので、取り回し易く扱い易く、なおかつ弾数が多い小銃が欲しいなぁ」と言うニーズから生まれた銃器である。

代表的な特徴としては

上記のような特徴を持つの総称である。拳銃弾を使用するサブマシンガン火力が高く、自動小銃の中では軽量なため数多くの場面で使用されている。また小で低威とは言ってもあくまで「ライフルにしては」で、実際には拳銃弾の倍以上の速度で飛ぶので相当なエネルギーがあり、射程も大きく差がついている。

ちなみにゴルゴ13人はスナイパーに代表されるように、メディア作品で「スナイパー」と言うと何故かアサルトライフルが持たされることが多い(特にステアーAUG)。
前述のとおりアサルトライフルの基本は「射程や威は下げて、使いやすく」なので、いわゆる「ウンメートルもの距離から一撃必殺」っていうような狙撃用の、と言うわけではない。それは文字通りスナイパーライフル狙撃銃)の分野である。(ライフル=狙撃、と言うイメージによる誤用、混同が多いと思われる)

論、命中精度はによりけりであるし、そこまで遠方の標に当てられないというわけではない。中にはM4のようにスコープやレーザーサイト等を装備可だったり、狙撃用モデルバリエーションを持っていたりする突撃銃も存在する。

逆に「アサルトライフルってマシンガンの一種だろ?」というような扱いを受ける場合があり、一部のゲームではサブマシンガンの純な上位種だったりする。実際、ちょっとした改修で軽機関銃になってしまったアサルトライフルなども存在する。広い意味では自動装填機構を持つ銃器は全て機関銃なので、アサルトライフル機関銃の一種と言えなくもない。しかし、本格的なフルオート連射を行うために必要な、身の冷却や交換といった仕組みをアサルトライフルは持っていない。ついでにマガジンの装弾数が2030発程度なので、フルオートならすぐに撃ち切ってしまうこと請け合いである。アサルトライフルフルオートは、あくまでおまけと割り切るべきであろう。

まとめると、アサルトライフルとは

  • 歩兵一人で)携行できる
  • 歩兵レベルの敵の防弾装備を)貫通できる
  • (ある程度までなら)遠くを狙える
  • (ある程度までなら)バラ撒ける

という、おおよそ個人用銃火器に必要となる、互いに相反するスペックバランスよく実現した、現代銃器スタンダードというべき存在なのである。

軍隊での使用例

アサルトライフルは、今日では軍隊における最も一般的な小火器となっている。様々な良や発展を続けた結果、部隊の単位時間当たりの火力を向上させることに貢献。今のところ取って代わる武器はなく、今後も当分は歩兵武器のとなり続けるであろう。

歴史

第二次世界大戦までは兵士用のライフルも、ボルトアクションセミオートマチックが流であった。しかし第二次世界大戦が始まると、ドイツ軍今日アサルトライフルの原となる「StG44」(直訳すると、四十四年式突撃銃)を使用し始め、最も多い交戦距離歩兵の総合的な火力を向上させられることを明した。ちなみにドイツにはFG42という降下猟兵用の自動小銃もあったがお察しください

第二次世界大戦が終わると、ソ連ミハイル・カラシニコフStG44を参考に「AK-47」を開発した。命中精度はほどほどでも、とにかく安く作れてとりあえず動くことを重視したソ連らしい作りで、戦後の傑作小銃の筆頭となっている。その後は中国などでライセンス生産されたが、構造が簡単なことから海賊版が発展途上などで次々と作られ、世界中にばら撒かれる結果となった。「カラシニコフ」の評判と悪名は世界中にき、国連人権団体からは「カラシニコフは殺傷人数でみると、大量破壊兵器に等しい」などと言われるようになる。しかしカラシニコフさん本人が海賊版の利益を貰っているはずもなく、その名にただ悪いイメージだけを持たれる結果となった。カワイソス

以後、世界各地で様々な突撃銃が開発された。開発者の全独自設計のものもあれば、ライセンス権を取得した突撃銃の構造に基づいて開発されたもの、どう考えてもあそこアレをパクったとしか思えないものなど、開発の経緯も様々である。

警察での使用例

アサルトライフルはその名の通り、300m程度の交戦距離歩兵部隊の火力を高める効果の武器である。よって警察では国家憲兵の戦闘部隊や、後進警察だか軍隊だか武装民兵だか良く分からん戦闘組織以外では、あまり染みのない武器であった。しかし今日では以下のようなことから、文民・武官問わず警察でもしばしば使われる武器となっている。

尚、英語Assaultはかなり攻撃的な意味の言葉であるので、警察が自身で使う突撃銃については
Tactical Rifle」という専門用で示すことが多々見受けられる。以下の項で示したカリフォルニアハイウェイトロールの使用法がその典的な例。
警察Assaultを使う場合は、例えば性犯罪を「Sex Assault」と表わすなど、犯罪行為に関するものが一般的。同様に、スタングレネードFlash Bang」と言い換えるなど、攻撃的な文言や表現は極排除するように配慮されている。

特殊部隊

第二次大戦後は世界中で体制の変革があり、思想や民族を問わずにテロが起こり始める。1960年代後半から70年代初頭頃からさらに活発化し、またを使った悪犯罪が色々と起こったことで、各警察に対テロや対悪犯罪特殊部隊が編成された。

当初、こういった部隊の近接戦闘火力を支えたのはH&K社のMP5であった。MP5は元々は戦車搭乗員などの自衛用武器として開発されたものの、高性フェチドイツ人がクローズボルトローラ遅延機構などを組み込み命中精度を高めた為、軍の要に対してオーバークオリティな上に高価で売れないと言う憂きにあっていた。しかし捨てるあれば拾う有り。この性が人質救出を行う特殊部隊の近接戦闘戦術に見事に合致し、各警察特殊部隊で採用されていくことになった。

ところが時代を経ると、テロリスト犯罪者の側も対策を施すようになる。体に防弾ベストなどを装着し、MP5が発射する9mm弾による負傷を緩和する措置をする輩が登場。こうなると、さすがのMP5もやや弱い。そこで文民警察特殊部隊でも、アサルトライフルを使うことが一般的になってきたのだ。

参考までに、内容の信頼性がまま怪しいと軍板で評判の某軍事雑誌で特集された、サンジェルス保安官本部特別執行局特殊火器隊(Los Angeles county Sheriff's Department,Special Enforcement Bureau,Special Weapon Team)の突入班の装備と編成をご紹介する。

巡査部長 HK416+サプレッサー+ダットサイト
隊員A HK417+スコープ
隊員B MP5
隊員C MP5

HK416及び417は、M4カービンベースH&K良を加えたアサルトライフルで、前者が5.56mmで後者が7.62mm。全の各警察ではこれらの装備以外では、M4カービンG36などが使われている。狭い室内で交戦するため、一般的にはカービンなど短銃身のものが多いと思われる。日本人の感覚からすると物々しい感じもするが、この人たちは対テロ専門部隊というわけではなく、基本的に凄く悪い人を捕まえるお巡りさんです。

パトロール

特にアメリカで顕著な例。パトカーでパトロールする普通お巡りさんが、自動小銃を装備する場合がある。

きっかけは1997年に発生したノーハリウッド銀行強盗撃事件。カラシニコフのコピー品にドラムマガジンを装填し、防弾チョッキで体を覆うという、福本伸行先生の「銀と金」第8巻に出てくる神威勝幸のような姿をした銀行強盗2名が、警察に向かって発しながら逃走を図ったという事件。最終的にはで制圧され死亡したのだが、その間に市民や警官に多数の負傷者を出した。パトロール警官はショットガンやけんを装備していたものの、犯人火力には中々太刀打ちできず、命中しても防弾装備をっているので制圧に手間取ったのだ。

ここから、パトカーでの警ら活動にもより強な自動火器が必要ではないかということになり、MP5などのサブマシンガンや、M16M4などのアサルトライフルを装備する警察機関が増えた。パトロール警官が自動小銃を装備するには、既定されたパトロールライフル課程を受講し、資格を得なければならない。

また警察学校で最初からそれを組み込んでいる場合もある。例えばカリフォルニアハイウェイトロール警察学校は、全ての補生に火器取扱課程で自動小銃の操作習熟を課している。ソースこれ(pdf注意)の49ページ

d. Weapons Training.

(火器訓練)

This program prepares the cadet to meet the challenge of “real worldencounters.

(この課程は、補生に現実に遭遇しうる状況に望んでもらうことで、任務への備えとします)

(2) Each cadet will also complete a firing course to familiarize him/herself with tactical rifles.

(各補生は火器訓練課程で、タクティカルラフルに習熟してもらいます)

※多少意訳

今日では、パトカーのカタログに掲載された内装の画像を見ると、必ずショットガンと自動小銃が固定具に備えられている。つまり「こういった装備をこの車両は搭載できます」というのは、最必要不可欠な説明と言えるだろう(アメリカ限定)。

関連動画

アニメ・ゲーム

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%AB
ページ番号: 746269 リビジョン番号: 2252715
読み:アサルトライフル
初版作成日: 08/11/29 14:52 ◆ 最終更新日: 15/08/26 23:51
編集内容についての説明/コメント: 機関銃との兼ね合い
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


colt M16A1

ハヤル

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アサルトライフルについて語るスレ

124 : ななしのよっしん :2017/03/14(火) 00:48:36 ID: jgWEMUdNL9
ちょっとしたパーツ単位でなら腐れアメリカ帝国より先に偉大なドイツ第三帝国がプラ製品を使ってるんだから先進性を謳いたいならフレームにポリマーを使ってから言えよって事だ
それを「ポリマーフレームなんか採用してねえよ」だとか曲解した文盲はお前だろ
それにStG44のグリパネは熱硬化性プラスティックだつってんだろ
機関短銃の近距離制圧と、状況次第ではある程度軽機関銃の面制圧を代替する事を考慮してないモノはOKHやヘーネル社の企図した突撃銃の要件を満たしてない
連射出来たって曲床のせいでどんどん身が上を向いていっちゃ意味がないだろうが
7.62*39が著しく形状の酷似した7.92*33を差し置いて拳銃弾と見紛う.30カービンの影るならもう好きにすればいい
アメポチ称号をくれてやる

125 : ななしのよっしん :2017/03/14(火) 00:58:50 ID: jgWEMUdNL9
OKHじゃなくてHWAだった
Oberkommando des HeeresとHeereswaffenam
何度でも言うけど、近接戦闘での制圧を考慮しない「連射できればその分火力上がるだろう」って思想は突撃銃の思想に反してる
フルサイズ小銃はその時点で突撃銃、シュトゥルムゲヴェーアでは
126 : ななしのよっしん :2017/03/14(火) 13:56:44 ID: ukv4eZF/dq
>>123
たぶんアメリカだけじゃなくアサルトライフルとしてしまった世界の軍隊ほぼアウトだと思うんですけど(名推理)

>>124
>>偉大なドイツ第三帝国
あっ…(察し)

>>プラ製品を使ってるんだから先進性を謳いたいならフレームにポリマーを使ってから言えよって事

いや、そのりくつはおかしい
グリップだけとかストックだけとかはあるけども、M16は大胆にもハンドガード、ストック、グリップ本体をプラスチックにして(それだけじゃないけど)それを軍に採用されたのが重要なんであって
グリップネルごときがプラでしたと言われてもだからなんだという話にもなる。一番おかしいのはフレームをポリマーでい限り先進性はれないみたいなとこだけど
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
127 : ななしのよっしん :2017/03/14(火) 17:22:18 ID: jgWEMUdNL9
自己陶酔染みた文章の上にホモガキかよ そして間に書き込みする余裕があるのか

まず戦前からプラ素材が好評なんだから戦後プラの率が拡大するのは当然の流れ
順当な進化だけど画期的じゃない、既存の技術を高める事も確かに大切だけど、それは別に新機軸じゃない
例えるならスカイアクティブDの設計思想が幾ら優れてるからってHCCIエンジンと同じ土俵で評価するのは少し不適切だ
ARアルミフレーム採用はお得意の物量のお陰もあるだろうけど基本的には冶技術の向上の賜物だ
アルミディーゼルモート―を製造できなかったドイツ第三帝国は仮に戦勝してても暫くはレスで頑ってただろう
既存技術の応用は優秀な技師が一人居れば歩でも進むけど、基礎技術ばかりは総統の聡明な御示と恩寵でもってしてもひっくり返せない

そしてAN94突撃銃じゃないって何処から飛躍した話だよ
動作方式や身長で精度に差が出るんだから機関部を最適化すれば同じ弾の他のよりも有効射程を伸ばせるのはごく自然だ、しかも後発が先発に性で負けてたら悲惨なんてものじゃない
UZIとMaschinenpistole 5を較してMaschinenpistole 5を狙撃銃だとは言わないだろ 良く揶揄されるけど
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
128 : ななしのよっしん :2017/03/14(火) 20:26:33 ID: ukv4eZF/dq
やけに見にくい文章で誤魔化してたり自称職種戦車と名乗ってるけど言ってることガバガバやん

戦後のプラ率が上がるのは当然の流れとか言っちゃってるが、AR-15の祖先であるAR-10が開発される以前のライフル等を見ても軍用ライフルグリップ、ストック、ハンドガードをプラ、フレームアルミを採用したは極めて少なく、ほとんどのが木製、フレームもスチールを採用していた。
その中でAR-10/AR-15の登場と軍と後に陸軍もM16を採用した影は大きく、AR-18の登場も相まって一気に各ライフルプラスチック化は進められた。この影歴史において重要だよ。

あと君の意見を見る限り君の中のアサルトライフルの定義では直床と中間弾を使用して
ガスピストン身の上に置く形式で機関短銃の近距離制圧と、状況次第ではある程度軽機関銃の面制圧を代替する事を考慮しているのがアサルトライフルとするならば、確かにフェドロフStg44以前のアサルトライフルではくなるけど、逆にStg44以降のアサルトライフルと呼ばれているものもア
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
129 : ななしのよっしん :2017/03/15(水) 14:36:26 ID: jgWEMUdNL9
警衛明けだから間から失礼
身分せないけど運転免許でよければ住所に鹿追駐屯地ってあるぞ、見る?

戦前はプラ製品の明期だった訳で、新機軸は保守的な軍隊にとって信じきれないモノ、何処も使い出さないのは明
その点で言えば警察向け製品のPP系はまだしも、軍用のP38のベークライト製グリップは挑戦だと言える
戦中は細々したパーツの製造に一々石油製品なんか使えないから軍服ボタンだって末期には圧縮したになった位だ
そして戦後は兵器を動かす為の油の消費が戦時中よりは減るんだから、プラスティック素材の利便性を知ってるなら何処だってプラスティックパーツを使い始めるだろ
前例のい(稀有なだけで有るのか?)アルミフレーム採用は画期的と言っても良いけど前例が簡単に浮かぶプラ素材使用は順当な進化の範疇だろ
っていうかアメポチ盲目的に愛して止まないアメリカ帝国くらい余裕があるなら戦時中にでもプラスティック製ストックくらい作れたんじゃいんですかねえ?今のM24L96みたいな感じで

ピストンの位置は近接戦で弾をバラ撒く戦いをする時にそうするのが現状一番ベタって話で、知ってるとは思うけど別に突撃銃である為の用件じゃない
反動利用式のG3MP5には御存知の通り存在しないし、他の機構の兼ね合いで何処にだって移動しうる 極論を言えば別に身の左右にだって付く 身の左右にピストンを置いて生まれる利点は武器科じゃいんで想像もつかないけど
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
130 : ななしのよっしん :2017/03/15(水) 17:54:08 ID: ukv4eZF/dq
>>129
警衛明けご苦労
だけどネットにそういう仕事に入ってる事と駐屯地まですのは良くないぞ、最悪その運転免許書をさなかっただけマシだけど。某所々ではなく公務員という立場にあるのならそれは常識だ。

話を本題に戻すが、何度も言う通り、一部部品にプラスチックを使ったStg44とか較的少数だがあったのは事実だがストック、グリップハンドガード全体をプラスチックにした”軍用アサルトライフル”はAR-15が始めて(ここら辺自信ない)で例えそうじゃなかったとしてもその与えた世界に与えた影は大きい。
最もM16の登場で重要な部分はプラスチックだけじゃなくむしろ一部に値するが
>>110の考えている事は不明だが、少なくともアサルトライフル歴史という観点で「M16の登場やAR-18の登場は”とても重要な物”」はそうだと思うし少なくともそれが一般論だろう。
まぁ君は「M16の登場やAR-18の登場が歴史上”最も重要な物”」と勘違いして「いや、Stg44こそが最も重要だ」と言ってるみたいだけど。人をアメポチ認定してね、簡便してもらいたい

Stg44以前のはフルオートで撃てる歩兵」だの言っているが
Ribeyrolles 1918自動カービンで言えば全な中間弾薬である8×35mm Ribeyrolle弾を使用するフルオートセミオートもでき軽量で持ち運びやすい、アサルトライフルの要件を満たすがきっちりとある。
Stg44なんかよりもか昔に開発されただぞ。決してPDWの祖先でもいからな
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
131 : ななしのよっしん :2017/03/15(水) 18:12:09 ID: ukv4eZF/dq
Stg44以前のは単なる自動小銃始祖鳥でもいとすると、アサルトライフルの定義から考え直さなきゃいけなくなる。
アフターマートはアサルトライフルではないのか?そもそもアサルトライフルというカテゴリーに締め括る必要性があるのか。
アリサ弾薬は中間弾ではないかと考えられる書籍もあるけど仮にそうでなかったとしてもフェドロフは現代の小口アサルトライフルの特徴を掴んでなったと言えばになる
132 : ななしのよっしん :2017/03/16(木) 21:22:49 ID: jgWEMUdNL9
だと思われたくないんで強気に出ただけでマジすつもりはいぞ
確かにAR15が木製部品を一切排してプラ製品を採用したのは、膨したり腐ったりしないけど、兵器としての実績も足りない、当時の感覚で言えば100%信頼し切れない次世代の素材な訳で、
それを今ずーっと世話になってたクルミ材だの合だのから全部置き換えたのは思い切った英断だ
でも局所的な採用が何例もある以上AR15の存在がくても他所ので必ず何時かプラ製品全面採用のは産まれるんだな
辺り中見回しても製しかかった所に急に生まれたアルミフレームってのは100%オリジナリティのある先進的な点だけど
率の拡大はそこまで宣伝するほどインパクトがあるモノじゃ

フランス製のそのドマイナーは存在自体知らなかった
当初の企図としては時代的にも強装な機関短銃なんだろうけど、300m前後の距離歩兵と変わらない運用が出来るなら立突撃銃だなそれは
自撮り棒みたいな頼りさそうな脚は伏せ撃ちを考慮してるのかも知れないし

Panzerって単に本来「戦車」って意味がかった様に、本来はАвтоматって単自体には「自動」くらいの意味しかくて
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
133 : ななしのよっしん :2017/03/16(木) 22:12:23 ID: ukv4eZF/dq
>>だと思われたくないんで強気に出ただけでマジすつもりはいぞ。
そうなら安心した、とは言えど駐屯地の名前しちゃうのは少し頂けないが(変なマジ通報してくる事ある)

>>でも局所的な採用が何例もある以上AR15の存在がくても他所ので必ず何時かプラ製品全面採用のは産まれるんだな
それはたしかにある、というかそのの為に生まれた素材ならともかく、結果的にプラスチックM16もとい、AR-15や祖先のAR-10、果てはストーナーが南カリフォルニアでサリバンとドチェスターに出会なかったとしてもいずれは軍用に施されていたはずなんだ
ただアーマライト社やストーナーの作品の登場で一気に拍が掛かったのは歴史的な価値では十分に大きいと思う。
ブローニングのガス圧利用方式の発見もブローニングがいなくてもかが見つけて開発した可性が高いのと一緒で
始めてポリマーフレームを採用したにレミントンのナイロン66ってのがあるがこれですら1959年に登場したもので口径も.22LRだった
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015