単語記事: アスキー(企業)

編集  

アスキーとは、かつて存在していた出版、コンピューター開発を手がけた企業である。

概要

1977年に西和が中心となってアスキー出版として設立、1982年アスキーに社名変更した。

コンピューター雑誌『アスキー』を創刊し、コンピューター関連の出版社として始まったが、翌年には米国マイクロソフト社と提携、ハードウェア企画ソフトウェアの開発、販売業に進出した。

1983年には、マイクロソフトとの共同企画によるコンピューター規格、「MSX」を提唱。多数のメーカー(と極少数の海外メーカー)が参加した。1985年にはアスキーが規格の管理を手がけるようになった。

しかし1986年に、古川ら一部社員がスピンオフしてマイクロソフトに移籍、提携が解消されて日本法人(現:日本マイクロソフト)が設立された。しかし、上記MSXBASICMSX-DOSの提携は継続された。

ゲームソフト販売においては、「ウィザードリィシリーズ日本語版が有名である。遠藤雅伸率いるゲームスタジオが大胆にアレンジしたファミコン版はヒット作となった。

ハードの開発にも携わっており、1990年にはZ80互換プロセッサであるR800を開発している。当プロセッサはMSXturboRに採用されたが、CPUの高速性を活かすことなくMSX市場は終焉を迎えた。

出版部門では『LOGiN』『ファミコン通信』(現:ファミ通)などの人気雑誌を出版し、特にゲーム雑誌や攻略本で多くの売り上げを得るようになる。

その後、映画ビデオソフトなど多化戦略を進めるものの失敗し、1990年代後半から経営危機に陥る。その間、積極的な多化戦略に反対していた塚本慶一郎と明郎の二人が退社、両者はインプレスを設立した。

1999年にはCSK下に入るも安定せず、2002年には投資ファンド系のユニゾン・メディアパートナーズに売却された。

2000年に、エンターテインメント系雑誌の編集部門およびゲームソフト部門をまとめ、エンターブレインを設立。

2002年アスキーの書籍出版部門の出版子会社であったアスペクトがアスキー下から離脱。また、アスキー(旧)が社名を「メディアリーヴス」に変更、営業部門を全て子会社アストロアーツに譲渡し、アストロアーツアスキー(新)と社名変更した。
翌年にユニゾン・メディアパートナーズと合併した後、2004年角川ホールディングスが買収、同社の子会社となった。

2008年に、新生アスキーメディアワークスが合併、アスキー・メディアワークスとなった。

2010年にはメディアリーヴスがエンターブレインに吸収合併され、法人としてのアスキーは消滅した。 

アスキーから派生した企業

アスキー・メディアワークスの傘下として残った企業

グループから離脱した企業

アスキー出身者が独立して設立・参加した企業

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%28%E4%BC%81%E6%A5%AD%29
ページ番号: 4741420 リビジョン番号: 1692959
読み:アスキー
初版作成日: 11/10/12 12:30 ◆ 最終更新日: 12/12/04 01:01
編集内容についての説明/コメント: 概要にウィザードリィやR800を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アスキー(企業)について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2013/02/10(日) 08:51:11 ID: hGq43SwgZa
アスキーってRPGツクール作った会社だっけ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829