単語記事: アッカド語

編集

アッカド語とは、かつて存在した言である。

概要

アッカド語とはシュメール語の後を受けて楔形文字を用いた古代メソポタミアでの言である…と書くとシュメール語を受け継いだように錯覚されるかもしれないが、アッカド語自体はセムでありからして違ったりする。

当初楔形文字はこのアッカド語を中心にして解読されアッシリア学としてメソポタミア文明の研究が確立したため、シュメール語の解読はアッカド語をもとに行われ、基本的にはシュメール語を勉強する際にも避けては通れない言である。

北部で使われていたアッシリア南部で使われていたバビニアの二系統に分かれる。

アマルナ文書などとにかく文献に恵まれており、ギルガメシュ叙事も基本的にはアッカド語のものがベースとして扱われている。

文字

シュメール語の楔形文字をほぼそのまま借用している。のちにアラムにとってかわられるまでアッカド語の影が強く持続したことから、楔形文字の存続に一役かうこととなった。

詳しい説明はシュメール語のところを見てくれ。

発音

セムなので閉鎖音、咽頭音、強調子音などの子音が目白押しである。

また音にはa、i、u、eと現在アラビア語ヘブライ語と違い4つ存在する。

なおストレスアクセントだったそうだ。

文法

名詞

セムなのでだったシュメール語から一変して屈折である。

名詞は格、属格、体格の3格、単数、総数、複数の3数、男性女性の2性、と大体現在そのままの区分である

男性名詞 単数 双数 複数
šarr-um šarr-ān šarr-ū
属格 šarr-im šarr-īn šarr-ī
対格 šarr-am

女性名詞 単数 双数 複数
šarr-atum šarr-atān šarr-ātum
属格 šarr-atim šarr-atīn šarr-ātim
対格 šarr-atam

形容詞も大体に多様に屈折させるようだ。

動詞

動詞は…まあセムって時点で予想がつくと思うがおなじみの根に音を足して幹を作るタイプだ…。

おおよそ

さて例によって例のごとく、この幹どもを接頭辞接尾辞を用いて性数を表していくわけだ。

単純過去時制 単数 複数
1人称 aprus niprus
2人称男性 taprus taprusā
2人称女性 taprusī
3人称男性 iprus iprusū
3人称女性 iprusā

了時制 単数 複数
1人称 aptaras niptaras
2人称男性 taptaras taptar
2人称女性 taptar
3人称男性 iptaras iptar
3人称女性 iptar

現在時制 単数 複数
1人称 aparras niparras
2人称男性 taparras taparrasā
2人称女性 taparrasī
3人称男性 iparras iparrasū
3人称女性 iparrasā

このほかにも命令形や状態動詞的な意味合いに変化させることもできるぞ。

また直説法、接続法に加えてVenitiveの三つの法が存在するぞ。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%89%E8%AA%9E
ページ番号: 5426892 リビジョン番号: 2400344
読み:アッカドゴ
初版作成日: 16/06/19 00:55 ◆ 最終更新日: 16/08/31 01:10
編集内容についての説明/コメント: 記事作成乙です。「関連項目」に「アフロ・アジア語族」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アッカド語について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/08/14(日) 12:51:16 ID: xuqV0jttdC
ここだけアッカド語で会話するスレ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015