単語記事: アドベンチャーゲーム

編集

アドベンチャーゲームとは、ゲームの形式の一種である。ADVもしくはAVGと略される。

類似の形式としてビジュアルノベルが挙げられるが、厳密には異なる。

概要

ゲーム画面にはまず背景普通主人公がいる場所のである)があり、それに重なる形で立ち絵プレイヤーが話しているキャラクター)が表示される。場合によっては背景立ち絵のかわりに一枚絵が表示されることがあり、これはしばしば「イベントCG」と呼ばれる。

また、立ち絵の更に手前、画面の下2025ほどをメッセージインドウが占める。メッセージインドウは任意に消すことが出来ることが多いが、消した状態ではプレイすることは出来ず、前述したイベントCGの鑑賞的な意味合いが強い。

選択肢が表示される場合は画面の中央上部、メッセージインドウと被らない位置に表示されることが多い。プレイヤーはその選択肢クリックすることによって選ぶ。

ゲームプレイヤーシナリオ読み進めて行くうちにゲームから提示される選択肢を選ぶことによって進行し、選んだ選択肢によってゲームオーバーになったりエンディングが変化したりする。見方によってはゲームオーバーエンディングの一種とみなされ、「BAD END」などと呼ばれたりする。

歴史

一口にアドベンチャーゲームと言っても起となったゲーム々が現在アドベンチャーゲームと呼んでいるようなゲームには相違点が数多くあり、々が慣れ親しんでいる形式が登場してくるのは第4節からである。

1.テキストアドベンチャーの時代

アドベンチャーゲームの始祖は米国で作られた「アドベンチャー」というそのまんまのタイトルであった。製作者の趣味だった洞窟探検を題材としたもので、当初想定していたプレイヤー製作者のだったという。

アドベンチャー」の形式は現在のものと大きく異なり表示される文章を頼りにコマンドキーボードから打ち込むというもので、画像は一切表示されない。このようなアドベンチャーゲームは後に「テキストアドベンチャー」と分類される。

テキストADVはその他のゲームのような複雑な仕組みが必要なく、アイデアさえあれば開発は較的容易だったため当時のパソコンハードウェア的な制約もあってかアメリカではそれなりに受け入れられた。

逆に、日本ではまだ漢字の表示が困難だったことから自然日本語が表示できず、ほとんど受け入れられなかった。海外のものも古いもしくは難解な表現が使われていることが多く輸入ゲームマニアからも敬遠された。

2.グラフィックアドベンチャーの登場

テキストADVが成熟してくると、アメリカでは「ミステリーハウス」を皮切りに画像を伴ったグラフィックアドベンチャーが発売されるようになった。こうしたグラフィックADV市場に受け入れられたが、テキストADVは根強いファンを持っていたためすぐに移行したわけではなくしばらく共存することとなった。

この時代になると日本でも数多くの作品が発表されるようになったが、操作方法は相変わらずキーボードからのコマンドであった。また、ゲーム終盤では打ち込むべき単ヒントしく難しかったりそもそもヒントがなかったりしたため難易度が跳ね上がった結果、ADVはかなりマニアックな位置づけのジャンルとなっていた。

後期の作品の中には同じ単を何回も入する手間をくためよく使うコマンドショートカットキーに割り当てたものが登場し、これが後のコマンド選択方式へ繋がっていく。

3.画面内移動の発明、コマンド選択方式の発明

やがてグラフィックADVも成熟したアメリカでは次なる手法として画面内に表示された主人公キャラを移動させてゲームを進める方式が発明された。日本におけるこの形式のゲーム主人公に移動先を定して間接的に操作するか主人公を直接操作するかで二分され、後者アクションRPG融合ゲーム内でストーリーが展開するアクションRPGとなっていった。前者では「クロックタワー」が、後者では「ゼルダの伝説シリーズ」が有名である。

また、コマンド方式の限界は画面内移動とは異なる日本独自のアプローチからも解決された。事前に用意したコマンドの中からプレイヤーに選択させるコマンド選択方式が発明されたのである。これはADVマニアックジャンルとなる要因だった難易度を下げ、市場に広く受け入れられるきっかけとなった。

しかし、コマンド選択方式は難易度を下げた反面凝ったシナリオでもごく短時間でクリアできてしまうという問題を抱えるようになった。コマンドが最初から提示されることにより総当りで解くことができるようになったのである。

前述のアクションRPGではレベル上げやキャラの移動によってコマンド選択方式より長い時間遊べることが多く、その結果ADVというジャンルはだんだんとアクションRPGに吸収されていった。

ADV形式のエロゲーの祖とも言える「天使たちの午後」(1985)はコマンド選択方式で製作されたが、ADVの衰退に伴い後続の作品はADV以外の形式で製作されるようになっていった。エロゲーADVに戻ってくるのは次節、1992年以降を待たなければならない。

4.アドベンチャーゲームの再定義 

1992年アクションRPG全に吸収されたかに見えたADVに一つの超新星が登場する。「弟切草」(1992)である。エンディングに到達することよりもシナリオの分岐を楽しむことに軸が置かれた同作は、プレイ回数によって新たな選択肢が登場したりする当時としては画期的なアイデアを採用していた。これはADVゲームとしての軸を全に刷新するADVの再定義とも言うべき物で、この後に「かまいたちの夜」、「SIREN」などの名作が発売されるのだった(なお製作元のチュンソフト弟切草を「サウンドノベル」と定義している)。

また、エロゲーにおいても弟切草の9ヵ後にエルフより「同級生」が発売される。この作品は10万本以上を売り上げ、エロゲーADVに再び帰ってくるきっかけとなった。また、同級生2においてエンディングに到達することそれ自体よりもヒロインと結ばれる過程を読んで楽しむ形式が確立された。

更に、天使たちの午後ではまだ画面右に常にコマンドが表示されており「みぎ いく」などと選ぶものだったが、同級生シリーズではシナリオの分岐点でのみ表示されるようになった。これはすなわちコマンド選択方式が選択肢に変化したということが出来、これもまた前述のシナリオ重視の確立とともに後続に大きな影を与えたADVとしては較的大きな変化である。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0
ページ番号: 3136499 リビジョン番号: 1303086
読み:アドベンチャーゲーム
初版作成日: 09/05/13 01:19 ◆ 最終更新日: 11/09/26 22:21
編集内容についての説明/コメント: 修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アドベンチャーゲームについて語るスレ

37 : ななしのよっしん :2014/10/04(土) 21:13:04 ID: nF8P7TTTH0
メトロイドプライムのように公式アドベンチャーって言ってたりするから余計わけわかんなくなる定義だよな
38 : ななしのよっしん :2014/10/16(木) 11:07:06 ID: jcCbTf1b54
小説好きだから色々やりたいんだけど乙女ゲーばかりであんまりやるものがないのがな
39 : ななしのよっしん :2015/04/01(水) 17:10:35 ID: sfJUuDvQZi
>>38
小説好きならビジュアルノベルにすればええんちゃうのん?
40 : ななしのよっしん :2015/08/08(土) 22:47:24 ID: HwtJzSFVre
この1年以内に発売されたADV(細かい定義区分は問わない)を
なにか遊んだ人いますか?
41 : ななしのよっしん :2015/08/21(金) 11:23:16 ID: IlXWcFSoz/
>>40
カオスチャイルド大逆転裁判プレイした。
恋愛ゲーム以外だとコレってアドベンチャーゲーム出てない気がする。
42 : ななしのよっしん :2015/10/04(日) 18:03:14 ID: ty+gsxIs5s
>>41
お前は俺か
今年発売予定のアドベンチャーゲームっていうとあとはシュタゲ0しかないような気がする
43 : ななしのよっしん :2016/03/01(火) 12:57:14 ID: +8xIv6ryxu
昔はゲームコミックの延長線上にあるものと思ってた。サウンドのベルシリーズは最たるもので当時ハマったねぇ。最近は多様化して何だかついていけなくなった。年のせいかw
44 : ななしのよっしん :2017/01/25(水) 03:11:01 ID: ykrTyx38h1
時代によって意味が変わってきたからプレイしていた時期によってイメージが全然違う
最初期のテキストアドベンチャーコマンドの頃は
そもそもストーリーを楽しむものよりも
解きとか入したコマンド(行動)に対するレスポンスを楽しむものが多かったし
45 : ななしのよっしん :2017/04/09(日) 22:44:22 ID: tjgWScGOQC
今の潮だと、要素があることよりも、いことで定義したほうが適切なんじゃないかって気がする。RPGのような数値遊びではなく、アクション性も(基本的に)ゲーム
46 : ななしのよっしん :2017/04/17(月) 18:52:18 ID: ykrTyx38h1
>>45
元々定義がしづらいジャンルの上にタイトル数が少ない
生のノベルゲームとの差も人によって定義が異なる
内と海外アドベンチャーゲームに対しての認識が違いすぎるのもある
ゼルダ等のアクション系をメーカーアドベンチャーゲームとしているのは
海外市場を意識してだと思うけど
それが非アクション系のイメージが強い内においての
アドベンチャーゲームイメージ混乱させている面もあると思う
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015