単語記事: アフガニスタン

編集

アフガニスタン2001 アフガニスタンとは、アジアの中央に位置する 現代の魔窟民族国家である。

基本データ
正式名称 アフガニスタンイスラム共和
جمهوری اسلامی افغانستان
Jomhūrī-ye Eslāmī-ye Afgnestān
国歌 ソルーデ・メッリー
チューリップ
公用語 パシュトー、ダリー
首都 カーブル(Kabul)
面積 652,225k世界40位)
人口 2800万人(世界第38位)
通貨 アフガニ(AFN
国家アフガニスタン
それは全アフガニスタン人の誇り
平和の地 の地 その勇敢なる息子たち
ここは全ての民族の故郷である
バローチ人 ウズベク人 パシュトゥーン
ハザラ人 トルクメン人 タジク人
そしてアラブ人 グジャル人 パミール人
ヌーリスタン人 ブラフイ人 キジルバシ人
アイマク人 ファルシワン
青空太陽の如く この地永久に栄えん
アジアの中心としての思い 常に胸の中にあり続けん
らは唯一神に従う
ら唱える アッラーフアクバルは偉大なり)
ら唱える アッラーフアクバル
ら唱える アッラーフアクバル

国旗は縦にで三分割し、中央に章。は何年と続いた侵略・抑圧の歴史を表し、は長年の闘争で流された民の血を表し、自由平和農業イスラム教を表す。

概要

地理

 名のアフガニスタンとは「アフガン人(パシュトゥーン人)の土地」という意味のペルシア漢字表記は富汗斯坦(中国では富汗)。土の四分の三を山岳地帯が占め、北東から南西およそ1,200km・南北幅およそ500kmにわたってヒンドゥークシュ山脈が横たわる。地は北部を形成するアムダリヤ周辺と、南西部。大きな河川沼に乏しく、高山からの解けが頼りとなる。降量も多いとはいえず、2008年には大干ばつに見舞われた。また、隣パキスタンと同様に地震が多い。

 ヒンドゥークシュとはペルシアで「インド人殺し」を意味する。中国インド亜大陸を隔てる東のヒマラヤ・カラコルム山脈に対し、中央アジアインドを隔てる北のであるが、それでもカイバサラなどのを通じて、シルクロードインドを繋ぐ南北の交易路が築かれてきた。玄奘三蔵がインドへ入ったのも、現在バーミヤンからカブール~ジャララバード~カイバ~ペシャワール~イスラマバードへ向かうである。

経済

 長年の戦乱で工業の発達が遅れ、農業(※ニンジンの原産地。また、名産品としてザクロ)と牧畜(遊牧)が産業。その一方で、アヘンの原料となるケシ芥子)の栽培が、軍閥や反政府勢の資として近現代に広く行われ、生産量は全世界の9割を占めると言われる。現政府の撲滅政策にも関わらず、一向に減らないのが実情。
 言うまでもなく住居・道路・医療等のインフラが整っておらず、もとからの住民のみならず、戦乱を避けて外に逃れていた難民の帰についても大きな足かせとなっている。失業率は40以上。
 鉱物についてはいくらか有望ではないかと思われる事もある。古代はラピスラズリの産地で有名だった。鉱床・鉱床の存在も確認されている。2010年アメリカニューヨークタイムズは1兆ドル規模のレアアースの鉱床がアフガニスタンにあると報じた。

 内産業がズタズタのため、国家予算の9割を外からの支援に頼っている。2002年2012年東京アフガニスタン支援国会議が開催され、日本(議長)は2002年からの10年間で約33億ドル規模の支援を行ったこと、次の10年間も最大約30億ドル規模の支援を行うことを表明した。

アフガニスタンの民族

 この他にアラブ人インド系のヒンドゥー教徒、シーク教徒など。国家の人口は3000万人に満たないが、これでも冷戦時代にべれば1000万人以上増えている。実際には民族ごとに住み分けがされているため、「統一国家」の雰囲気はあまりい。
 民族の長はハーン(チンギス・ハーンのあのハーンと同じ意味)と呼ばれる。その下に部族の長が居り、マリク(中東方面の言葉で「王」、「長」などの意)と呼ばれる。また民族的な権者とは別に宗教導者も居り、ムッラーと呼ばれる。このように権構造も国家民族宗教バラバラになっており、国家YESと言っても民族がNOと言ったり、民族宗教がOKを出したのに国家NGを出すなど、かなりのカオスとなっている。

アフガニスタンに興亡した諸国

 有史以来、多くの民族がこの地域に侵入しを建てた。しかしひとたび建しても次から次へと異民族がやってくるため、出来ては滅び出来ては滅びを繰り返した。近代以降も変わらず、イギリスロシアソ連)、アメリカと近現代の大が侵入する。
 イギリス三度アフガン戦争を起こしたが、ことごとく苦戦した。一時は首都カブールを占領したもののその後すぐに英領インドカブール駐屯軍とその家族一般人約1万5千人が全滅し、生存者が一名という失態を演じた。
 ソ連は1979~1989年まで軍事介入をする。ソ連は最大で10万強の兵を投入したがソ連側の死傷者は9万人であり、うち戦死者は1万5千である。ソ連はかつてのベトナム戦争でのアメリカの教訓からヘリボーン作戦を実施するが、アメリカがムジャヒディーンにスティンガー地対空ミサイルを供与したため、苦戦することとなった。
 そしてアメリカ2001年からの戦闘でアフガン正規軍、NATO軍、アメリカ軍合わせて十万弱展開しているが、この数年は治安は回復していないどころか悪化してる地域もあり、国連職員やなき医師団などNPOやNGOなどの誘拐・殺人が起きているのが現状である。

支配民族・王 アフガニスタン支配の)時期
 メディア 紀元前600年頃~前550年頃
 アケメネスペルシア帝国 550年頃~前332
 アレクサンドロス大王帝国
  →セレウコスシリア
前332年~前250年頃
 グレコ・バクトリア王 250年頃~前170年頃
 インドグリー諸王 170年頃~紀元100年頃
 サカ(スキタイ)王 100年頃~紀元50年頃
 インド・パルティア 1世紀頃
 クシャーナ 1世紀頃~3世紀頃
 クシャーン・シャー
  (クシャーノ・サーサーン朝
3世紀頃~5世紀頃
6世紀頃~7世紀頃
 エフタル 5世紀頃~6世紀頃
 ウマイアイスラム帝国 8世紀初め~750年頃
 アッバースイスラム帝国 750年頃~820年頃
 ターヒル 820年頃~870年頃
 サッファール 870年頃~900年頃
 サーマーン 900年頃~990年頃
 ガズナ 990年頃~1150年頃
 ゴール 1150年頃~1215
 モンゴル帝国 1220年頃~1350年頃
 ティムール帝国 1370年頃~1500年頃
 ガール帝国 1500年頃~1750年頃
 ドゥッラーニー
  (アフガニスタン) 
1747年~1819年
 バーラクザーイー
  (アフガニスタン首長→王) 
1826年~1973年
 アフガニスタン共和 1973年1978年
 アフガニスタン人民民主党政権 1978年1992年
 アフガニスタンイスラム国
  →北部同盟 
1992年1996年
 タリバン政権
  (アフガニスタンイスラム首長) 
1996年2001年
 アフガニスタンイスラム共和 2001年~(現在

関連動画

関連商品 

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%8B%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3
ページ番号: 4359655 リビジョン番号: 1838161
読み:アフガニスタン
初版作成日: 10/05/13 23:14 ◆ 最終更新日: 13/06/22 01:22
編集内容についての説明/コメント: 大規模編集
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アフガニスタンについて語るスレ

39 : ななしのよっしん :2015/01/03(土) 00:16:20 ID: 0gQqmSZ+/+
>>34
当時の米国政府の一部がソ連領内にも波及することを狙ってイスラム過激派を盛んに支援したことも大きかったと思う。
(これが後々、米国自身にツケが回ってくるのは皮な話だ)
40 : ななしのよっしん :2015/01/03(土) 00:34:13 ID: DwrbCAoy2F
マスード将軍が生きていたら今のアフガンをどう思うのだろうか
41 : ななしのよっしん :2015/03/20(金) 19:10:16 ID: Z90c8Gpa/J
キジルバシ人ってやっぱりサファヴィー朝キジルバシの末裔なんだろうか
42 : ななしのよっしん :2015/07/30(木) 10:20:30 ID: 1UsOChSgTj
>>40
パシュトゥーン人中心のタリバンにタジク人として対抗した人生って感じなのを考えると
ハーミド・カルザイにおいしい所持っていかれたのは念だと思ってそう
43 : ななしのよっしん :2015/08/10(月) 21:53:17 ID: j/gfaB+EtR
南北に分裂しないの?北部連合とタリバンに分離独立できないかな?
もしくは南部パキスタンに併合、北部はそれぞれの民族へ併合とかさ
イラクスンナ派シーア派クルド人ですっぱり別れちゃえばいいのに
44 : ななしのよっしん :2015/09/06(日) 01:02:18 ID: 2F8P3RDEd6
それが出来るならここまで泥沼になってない
それが出来たとしても土が、資が、地形が~などの不満をもってパレスチナばりに余計に泥沼化する可性すらある
45 : ななしのよっしん :2016/01/02(土) 18:39:04 ID: DRuLfktWWH
タジク人地区はタジキスタンに、ウズベク人はウズベキスタンに割譲して
パシュトゥニスタンとして再スタートした方が内部対立を宗教問題に絞れるかもしれない

まあパキスタンがパシュトゥーン人地区(トラバルエリア)を譲ってくれるとは思えないから
もう育てた本人としてタリバンごとパキスタンに引き取って貰って終わりでいいんじゃない(適当)
46 : ななしのよっしん :2016/03/27(日) 01:04:40 ID: KpeuRKjxmc
インドパキスタン系のパシュトゥーン人、トルコ系のウズベク人、イラン系のタジク人、モンゴル系のハザラ人が住みアラブ人の作った宗教を信じている
中国ともを接していて中央アジアよりアジアの中央って感じがする
アフガニスタンが荒れてるのはイギリスソ連アメリカが侵攻したせい
アフガニスタンで起きている紛争は全てアジアヨーロッパの争い
アメリカアフガニスタンから撤退すれば争いは自然と収まるだろう
47 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 20:10:32 ID: GU1wnV1RRx
4:44学校プールを覗くと飛ばされる らしい
48 : ななしのよっしん :2016/05/13(金) 23:59:03 ID: TlphlKaRLW
>>46
アメリカが撤退した所で変化は望めない。
同時テロ以降、タリバンはISI(パキスタン情報局)との関係が
極端に悪化していて、関係修復が不可能な状態にまでなっている。
タリバンから生したTTP(パキスタン・タリバン運動)も誕生し
パシュトゥーン人の勢は、パキスタンを含む如何なる国家の意思も
受け付けなくなった。
実際、TTPパキスタン内で軍の関係先を標的にテロを仕掛けてる。
仮にパシュトゥーンスタンが建されたとして、パキスタンが黙って承認するわけもなく、
即座に地帯で紛争状態になる。
イラン系のタジク人は、スンニ派原理義に近いパシュトゥーン人と隣で争いなく上手くやっていける可性は皆無過去イランイラク戦争しただぜイランは。それと、タジク人はカブールの様な都市部に住んでる割合が非常に高く、元より田舎の山岳地帯に住む保守的なパシュトゥーン人とは相容れない。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015