単語記事: アマチュア

編集

アマチュアamateur)とは、「素人」「プロでない人」「ひよっこ」などの意味を持つ英単である。

なお海外では「アマター」のような発音もされる。

概要

アマチュアとは、「未熟者」などと訳される英単。しばしば「プロフェッショナル」との対義に使われる。

スポーツ業界においては「プロではない」「そのスポーツ職業にしてない人」などの意味で使われることも多い。

その一方で分野によってはアマチュアといいながら素人に収まらないものも存在している。例として上げるならアマチュアレスリングアマチュア無線が上げられる。これらはアマチュアを冠してはいるものの、その内容はより競技として洗練されていたり、時にはプロフェッショナル以上の研究がめられたりしている。

プロとアマチュアの境界

スポーツ世界などではアマチュアプロは明確に区別されていた。その最たるものといえばやはりオリンピックだろう。

近代オリンピックが始まった当初、オリンピックに参加できるのはアマチュアのみに限られていた。これはオリンピックへの参加者の限定の的があったとも言われている。アマチュアで、なおかつを代表して競技ができるだけの技量を手に入れるための練習ができる環境を有するのは、限られた裕福な階級のみだったのである。

しかし、時代が下るとオリンピックは東西冷戦の代理戦争の場となり、そこではアマチュアといいつつその中身はからのバックアップを受けた選手たちでメダルを独占するような状態になっていく。さらに時代が下り80年代になるとオリンピックからはアマチュア規定が消え、プロをも受け入れていくことになるのである。

アマチュアはプロに劣るか?

一般的にはプロのほうがアマチュアよりも優れているとされるが、それも場合によりけりである。時にアマチュアの中からプロえる逸材が現れたり、アマチュアチームプロチームを破ったりするが繰り広げられる場合もある。

代表的なものとしてはゴルフ石川が上げられる。彼は若干16歳アマチュアにして、プロツアーで優勝している。

また、2011年には東京マラソンにおいて男子3位の成績を残した埼玉県職員もいるほか、毎年開催されているサッカー天皇杯ではプロアマ交じり合ったチーム突し、時にアマチュアチームプロチームを破ることもある。

ある意味当然といえば当然なことなのであるが、プロアマチュアからしか生まれてこない。でも最初はアマチュアから始めるものであり、優良なアマチュアの土壌がなければ優秀なプロも生まれない。そう考えればアマチュアトップクラスプロを破っても不思議ではないのかもしれない。

ニコニコ動画のアマチュア

ニコニコ動画投稿されている歌ってみた踊ってみた描いてみたなどのやってみた動画はそのほとんどがアマチュアによる投稿である。しかし、プロによる投稿もまれにあり、あるいはプロを名乗らなくともプロ並みの投稿がされる場合もあり、玉石混交の状態になっている。このあたりの事情については野生のプロの記事も参照。

また、ニコニコ動画投稿をきっかけとして商業ベースプロになる場合もあり、ますますアマチュアプロフェッショナル界が曖昧になっている。

関連動画

 

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2
ページ番号: 4587574 リビジョン番号: 1109180
読み:アマチュア
初版作成日: 11/03/16 10:00 ◆ 最終更新日: 11/03/16 14:33
編集内容についての説明/コメント: 概要大幅加筆、主にスポーツのアマとプロについて。関連項目追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アマチュアについて語るスレ

1 : 名無しのパトラッシュ :2013/06/06(木) 18:36:52 ID: 7DbFC9t0lE
割りと内容がある記事なのにコメントねえな
2 : ななしのよっしん :2014/09/26(金) 21:23:25 ID: vNNt2K/Jqr
>2011年には東京マラソンにおいて男子3位の成績を残した埼玉県職員もいるほか、毎年開催されているサッカー天皇杯ではプロアマ交じり合ったチーム突し、時にアマチュアチームプロチームを破ることもある。

日本マラソン選手は基本的にアマチュアじゃなかったっけ?
あと天皇杯も例として不適切。
プロ側からハードスケジュールや権威について問題視されいてアマとの間でコンディションやモチベーションに差ができてしまっている。
言い方を変えると日本サッカープロアマでは対等な舞台で戦うことすらできないほど差ができたわけで『アマチュアプロに劣るか?』の問いに対してはむしろ記事とは反対の答えが出ているといってもいい。
3 : ななしのよっしん :2014/10/03(金) 14:08:55 ID: x2uCMoZyLe
海外からの招待選手やセミプロの実業団選手を相手に市民ランナーが3位入賞したんだから例としては申し分ないだろ。
4 : ななしのよっしん :2015/03/27(金) 04:17:24 ID: NE8lHZA+H6
アマプロ界線は嫌な仕事もするか否か、ってどこかで聞いたが、至言だと思う
5 : ななしのよっしん :2015/03/27(金) 04:20:00 ID: FGYxoDhT8X
アマチュアなんて趣味の延長線上みたいなもんだしな
プロからしたらお遊びにすぎん
6 : ななしのよっしん :2015/12/30(水) 05:59:35 ID: qHP92U+dN/
職業者としてその職で生計を立てていく覚悟と責任が持てるかどうかがプロアマの違いかなと思う
プロの方がアマよりそのに濃く関わっていて上達する機会は多いけど、必ずプロアマとはならないし単純に腕前の優劣がプロアマの線引ではないんじゃないかな

あと本来アマチュアは単なる趣味人の意味合いで、素人とか未熟者って意味はイマチュアって言うものだとか小に挟んだ
7 : ななしのよっしん :2016/02/20(土) 15:27:49 ID: /RZQX+0XTu
フィギュアスケート五輪世界大会で活躍するアマチュアだけが注されてて
プロ転向してからは「今何やってるの?」ってくらい影薄くなるよね
8 : ななしのよっしん :2016/06/09(木) 03:48:58 ID: cIjg90G8YF
単純にそれで飯食ってるか否かだろ
だから実業団とか社会人選手は日本だとアマチュア扱いだけど海外ではプロの区分に入る
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015