単語記事: アムロ・レイ

編集  

アムロ・レイとは、アニメ機動戦士ガンダム』の宇宙世紀(UC:Universal Century)シリーズの『機動戦士ガンダム』、『機動戦士Ζガンダム』、『逆襲のシャア』に登場する架の登場人物である。

古谷徹 / 代永翼ガンダムさん)

概要

『機動戦士ガンダム』最終回「脱出」のアムロ
にはまだ帰れる場所がある・・・
こんなにうれしいことはい・・・

宇宙世紀シリーズを代表するキャラクター

地球連邦の技術仕官テム・レイ息子メカいじりをしながらサイド7で暮らしていたところ、偶然ガンダムに乗り合わせ、そのまま成り行きで地球連邦軍の兵士となる。後に戦いの中でニュータイプ覚醒していき、伝説エースパイロットとなる。しかし、そのニュータイプを恐れた連邦軍上層部によって軟禁され、復活には7年を要することになった。復活後は以前と変わらない操縦スキルを発揮し、かつてのエースの名に恥じない活躍をした。

内向的な主人公の走りとも言える人。スーパーロボット大戦等のゲーム作品では逆襲のシャアにおける「リーダーシップに優れる大人アムロ」が描かれる事が多いが、親父にもぶたれたことないのに!とごねたり、脱走したり、ガンダムMK-IIに乗れなくて嫉妬したり、割と弱い人間臭い部分も描かれている。

一年戦争

上述したとおり、サイド7での遭遇戦が初RX-78-2ガンダムに乗り、マニュアルを読んだだけでMS-06ザクⅡ2機を撃破する。

その後、シャア・アズナブル少佐と交戦、当初は機体の性に助けられていたが、段々操縦術・戦闘術を獲得し、辛うじて渡り合い、ガンダム母艦ホワイトベース(WB:White Base)と共に地球に辿り着く。

ガルマ・ザビ率いるジオン地上方面軍を撃退した後ランバラル隊、黒い三連星などのジオン軍の精鋭部隊を次々に破り、パイロットしての腕を急に上げていった。

ジャブロー基地から宇宙に上がった後はニュータイプとして覚醒、急に伸びつつあった戦闘スキルが手がつけられないほど発達し、「連邦の白い悪魔」とジオン軍の将兵から評される様になる。[1]

ソロモン攻略戦に参加したのち、ソロモンの亡霊と呼ばれていたララァ・スン操るエルメスと交戦、ニュータイプ同士理解し合うがシャアの横が入り、これがきっかけでララァを殺してしまうことになってしまった。これが二人に残る因縁となる。

ア・バオア・クー攻略戦で、シャア操るジオングと相討ちになるも、事生還。一年戦争時の最終スコアMS142機、艦船9隻。

グリプス戦役

1年戦争後にニュータイプの潜在を危険視した軍上層部において、閑職に回されるなど事実上の軟禁状態におかれた。そのため戦う気くし、戦いに対する恐怖心さえ芽生えていた。
しかし、かつての幼なじみであるフラウ・コバヤシおよびカツ・コバヤシの叱励によって勇気を取り戻し、連邦軍の監視下から脱走、エゥーゴ支援組織であるカラバに合流することになる。

7年のブランクがあったもののさすがの技量を誇り、カラバではエゥーゴMSであるMSA-099リック・ディアスを譲り受けてティターンズアッシマーサイコガンダムと交戦、これを撃退している。 

またこの時かつてのライバルであるクワトロ・バジーナことシャア・アズナブルと再会、そして自身の再来と言われたカミーユ・ビダンと共闘している。

第一次・第二次ネオジオン紛争

グリプス戦役終結後、第一次ネオジオン紛争が勃発。地球に降り立ったアーガマ隊と入れ替わる形で宇宙に上がり、消息不明になったシャア・アズナブルを探し出すため数年間にわたってコロニーに対する隠密調を実施した。しかし立った成果は得られなかった。

そのためTVアニメ版『機動戦士ガンダムZZ』に登場しなかったが小説版(遠藤明範:著)ではカラバに残留しており、前作『機動戦士Zガンダム』に引き続きモビルスーツ隊を揮した。

この時の乗機はリック・ディアスの強化であるRMS-99RSシュツムル・ディアスを使用しディジェリストラされました 、ネオジオンが占拠するダカール奪還の作戦に参加したり、宇宙に戻るジュドー達を妨するために出撃したプルツーサイコガンダムMK-Ⅱに止めを刺すなどの活躍をしている。(サイコガンダムMK-ⅡTV版同様コックピット部だけは残った)

元祖主人公として、TV28話でリィナの靴を投げ捨てる役をルー・ルカの代わりに行った。

また、ジュドーに対して「自分が宇宙に上がる時はシャアと決着をつける時だ」と発言し、数年後の戦いをどこかで予感している節がある。

その後連邦軍の独立部隊であるロンドベル隊が結成されるとそれに参加、MS大隊の指揮官に任命される。

 

シャアネオジオンを結成、第二次ネオジオン紛争が勃発すると、シャア隕石落としを阻止するため出撃することになった。5thルナ阻止戦では、Zガンダムの簡易量産型であるRGZ-91リ・ガズィを使用していたが、初のサイコミュ搭載ガンダムであるRX-93νガンダム完成するとそちらに乗り換えた。

ネオジオン軍のギュネイ・ガスクエス・パラヤを圧倒し、最終的にシャアを撃墜する。

その後、地球に落下するアクシズサイコフレームを借りて押し返した。この時、サイコフレームの発するに包まれてシャアと共に消息不明(MIA)となる。
設定集などでは死亡扱いとなっており、シャアの反乱後、UC0096を舞台とする『機動戦士ガンダムUC』にて、ラー・カイラムの艦長室に二階級特進した彼の写真が飾られている。

主な台詞

声真似されることも多い。

関連動画

関連静画

声真似

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *原作にはい設定であり、ゲームギレンの野望』でのアナベル・ガトー台詞から定着した。知名度が高い通称にも拘らず長らく準公式設定扱いだったが、OVA機動戦士ガンダムUC』第2話劇中でのセリフにて、出度く公式設定となった。

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4
ページ番号: 772314 リビジョン番号: 2172685
読み:アムロレイ
初版作成日: 08/12/14 17:44 ◆ 最終更新日: 15/03/08 18:55
編集内容についての説明/コメント: CV追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


アムロ・レイ(0087)

むっつ!

アムロ=レイ(スパロボF)

初絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アムロ・レイについて語るスレ

627 : ななしのよっしん :2017/10/28(土) 01:04:33 ID: RCqvZYyidZ
そもそもララァに先に手を付けた、というか拾ったのはシャアだしなぁ……

アムロシャアがララァを戦場に出したことを許せないといった感じだったが、
ララァが望んでそうしている上にそうできるだけのがあったってだけだし。
628 : ななしのよっしん :2017/10/28(土) 01:27:39 ID: Qy6jmx7tBH
アムロは、シャアがララァのことを大事にしてるのはわかっていて、それなのにフラナガン機関
連れて行って兵器としても扱ってしまったことが許せないんじゃないのかな

そりゃララァはシャアに付いていきたい、役に立ちたいって思っていただろうけど、戦場に行くのを思いとどませることをシャアがやらなかった(できなかった?)ことを責めているんじゃないだろうか

シャアアムロのことをララァのとまでは思ってなかったんじゃないかと思う
戦場に連れ出した自分にも非があると自覚していたんだと思うな
629 : ななしのよっしん :2017/11/05(日) 11:14:41 ID: um+TM0V369
TVカミーユの末路見ると優秀すぎるニュータイプアムロの言うとおり戦場に出る人ではいと思っちゃうわ
630 : ななしのよっしん :2017/11/06(月) 18:31:18 ID: gi2E5xGYXf
ただ、Ζの時のアムロクワトロ戦場宇宙は男、特にニュータイプの男を強くする、みたいな幻想を持ってた
ようにも見えたな
自分がそうだったからなのか、カツ戦場に出るべきではない、少なくともその年齢に達してないのにエゥーゴ
預けちゃったのは痛恨のミスじゃないかと思う
631 : ななしのよっしん :2017/11/15(水) 08:36:01 ID: +UO77b6kAy
ニュータイプ進化幻想こそ否定はしたけど、だいぶ大人CCAアムロでも
密航してきたハサウェイを怒るブライトに対して
「男の子はそれくらいの方がいい」なんて言ってるから、その辺はあくまで戦士線、仕事人間的なではある
人殺しでしか働けない自分が嫌なのと同時に、ガンダムに乗る者としてのプライドも持ってるからね
ルチル正史になってさらに生前に子ども生まれてたら、ブライトくらいは父親できたかもなぁ
632 : ななしのよっしん :2017/11/16(木) 16:42:05 ID: vy3t5Brjaf
>>625-628
ララァを特別扱いにするだけどシャアは実際その後でも懲りなく年端もいかない少女を戦闘に利用した。アムロシャアを許せないのもわかる。
633 : ななしのよっしん :2017/12/18(月) 13:17:03 ID: /eEQ9pXDpm
>>631
アムロは初代の時点で悔しいけどは男なんだなとか言ってるし基本的に考え方が古い
「男は」辛い事にも耐えなきゃいけないし嫌でも戦わなきゃならない時があると考えているようだ
カミーユ絡みで何か言うでもなくカツなんかは半ばアムロが連れ出してるところもあるのに
キレるのはララァやクェスに関してでそれは男の体性を重く見ているってことで悪く言えば男尊女卑的

基本的にアムロは全編通して仕事がどうこうよりも心の話をしていて
大局に対して責任で役割よりも人間性を重視した動きをしていると見えるんだが
妙に大人とか仕事人みたいに言われるのは
切羽詰まった状況と当人のに加えて男らしさに対する考え方が理由ではなかろうか
……とはいえ一番の理由はベルチルがそうであるようにシャアとの対

ともあれブライトのように良くも悪くも毅然とした自然父親が出来たとは考え難いように思う
634 : ななしのよっしん :2018/01/03(水) 02:53:43 ID: o6v5Vo9yuj
>>628
「ララァを戦争に関わらせない」はシャアの決意でできるのに、しない。ハヤトの「何年かかっても連邦大統領になる」もそうだが、シャアは「できるのに、しない」。それは同性には絶対したくない、彼特有の弱さ。ララァは全部理解したうえで傷口には一切触れずに包んでくれるが、ララァすら兵器扱いしてそれでもなおついてくるかどうか、試してしまうのがシャアの業の深さ。

で、そんな弱さの理解者はララァだけだけでない。アムロ達もかなり理解している。「貴様ほどの男が、なんて器量の小さい!」等、CCAで頻出の一連の台詞シャアの弱さを知らなくて言ってるのでなく、男同士の友誼と敬意であえて分からない振りして、「できるはずのシャア」に焦点を当てたいがための叱励と思う。

戦乱はダイクンを蝕んだが、それ以上の災厄をったはずのアムロ民以下のララァがこれほどに大人なのに、ここまで自分を慮ってくれているのに、エリートたる己は……
という自身への度し難さが結果として逆切れ発言となるあたり、シャアはやはり甘く幼くダメな人で、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
635 : ななしのよっしん :2018/01/03(水) 03:05:38 ID: U6OmS2vOLS
>>633
アムロ自体憧れの人がランバ・ラルだしな、案外シャアフェンシングで勝てたのもラルさんと出会ってから体を鍛えてたのかなと思ったり

男の体性でも君は強い子だとかそういう事を言ってフラウに対しては割と突き放してる感じはあると思うのよなアムロ、ララァにも守るべき相手が居ないと言われた時にフラウの名前は出なかったし
幼馴染だから強さを知ってたか過剰評価してたのかもしれないが
636 : ななしのよっしん :2018/01/21(日) 20:17:25 ID: p5GggcPn6i
そこまで大切でゃないだけでしょ
もちろん大切だけどララァにとってのシャアぐらいの存在は
アムロにはいなかったよ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829