単語記事: アメリカンフットボール

編集

アメリカンフットボールとは、19世紀後半ごろアメリカで生まれた球技の皮を被った格闘技である。

どんなスポーツなの?

一度にフィールドに出られる人数は11人。フィールドは長辺120ヤード(約109.3メートル)のサイドラインと短辺53ヤード1フィート(約48.78メートル)。ラグビーボールに似た楕円形のボールを使う。

試合時間は1クォーター15分×4の60分であるが、しばしば計時が止まるので実際の試合時間は3時間をえることもしくない。

ゲーム的は、ボールを相手のエンドゾーンに向けて前進させ、得点することである。ボールを前進させるにはボールを持って走る方法(ランプレー)と、味方にパスを投げる方法(パスプレー)がある。

得点はボールを持ってエンドゾーン内に入る(ラグビーと違い、ボールを地面に着ける必要はい)、もしくはエンドゾーン内でパスを受けるとタッチダウンで6点が入る。また、キックしたボールゴールポスト上に通過させても得点が入り、この場合は3点である(フィールドゴール)。他にはタッチダウン後のボーナスゲームタッチダウンなら2点、フィールドゴールなら1点が入る他、セーフティーと言う特殊な得点方法(自殺点、QBが自エンドゾーンでサックされるか反則を犯すなど)もあり、これは守備側に2点が入り、さらに得点を入れられた側がキックオフセーフティパント)する。

特徴としてはファンルリカバーを除いて、ボールが地面についた時点でプレイストップする事である。

で、ラグビーと何が違うの?

アメフトラグビーも楕円形のボールを使い、しいコンタクトがあることから両者はしばしば混同されるが、この2つは全く違うスポーツである。ラグビーとの分かりやすい違いは

  • 攻守がはっきりと分かれており、「4回の攻撃の間に10ヤード進めなければ強制的に攻撃権が移る」というルールもあること。ただし、4回の攻撃で前進できないとその地点で敵側の攻撃となり、自に近いところでは大ピンチになる事から、4回は攻撃を放棄し、敵に向かってボールを蹴り飛ばして攻撃開始地点を遠ざける(パント)を選択することがほとんどである(4回も攻撃することはフォーダウンギャンブルと呼ばれる)。また、3回も前進できずにパントに移項することはスリーアドアウト(三者退)と呼ばれている。
  • 1回1回のプレイで試合が止まり、次のプレイはまた仕切りなおしであること(ラグビーで言えば毎回スクラム組むようなもの)。
  • ラグビーべてしい体のぶつかり合いが認められていること。ただし、相手選手を掴んで引っったり、足をかけて転ばせるのはラグビー同様反則となる。またこのため、重厚な防具の装着が義務付けられている。

上記の理由により、ラグビー同様にボールを運び合う競技でありながら、「一部の例外を除き、攻守が明確に切り替わる」「細かいプレーの積み重ねで進行する」という野球に近い性格も持ち合わせている。また、スクラムからぶつかり合う様は大相撲である。

他の違いとしては、

などがある。

アメフトの人気

アメリカでのアメフトの人気は絶大で、野球(MLB)やバスケットボール(NBA)やアイスホッケー(NHL)などをアメリカで最も人気のあるスポーツである。

NFL(アメリカアメフトプロリーグ)王座決定戦であるスーパーウルは全歴代テレビ視聴率ベスト10の半数以上を占め、カレッジフットボール(大学アメフト)の全王座決定戦も、メジャーリーグワールドシリーズNBAファイナルの視聴率を上回ることがほとんどである。

しかし、アメリカ以外の地域での人気は高くなく、較的人気があると言われる日本でもラグビーと混同している人が多いのが現状である。

ちなみに、カナダにはアメフトと類似したスポーツナディアフットボールがある。

ポジション

攻撃

クォーターバックQB)・・・プレイ開始時にセンターからボールを受け取り(スナップと言う)ランプレー時はランニングバックボールを手渡し、パスプレー時はワイドレシーバータイエンドにパスを投げるポジションである。作戦を決定するであり、アメフトポジションである。OLが構成するポケットの中に居てパスを投げるポケットパッサーと、自ら走るモバイルパッサーに別れる。

ランニングバックRB)・・・HBハーフバック)とFB(フルバック)の2つに分かれており、ハーフバック仕事ランプレー時にボールを持って前に進むことであるが、パスプレイ時にはショートパスを受けることも多い。小柄で足の速い選手に向いているポジションだと思われがちだが、すぐに倒されないためにもパワーがかなり重要である。(もちろん、足が速いこと前提だが)またフルバックはハーフバックを開くためのハーフバック専属のブロッカーとなることが多い。

ワイドレシーバー(WR)・・・パスプレー時にクォーターバックからのパスを受けるのが仕事である。一般的には足が速くないと務まらないポジションだが、史上最高のレシーバーの一人ジェリー・ライスは実はそれほど足が速くなかったそうである。つまり、コース取りとコーナーバックとの駆け引きも重要である。

 スロットシーバー・・・WRとTEの間に位置いる第3のレシーバー。名前の由来はWRとTEの間を溝(スロット)に見立ててのこと。

オフェンスラインOL)・・・C(センター)、G(ガード)、T(タックル)に分かれており、ランプレー時には相手選手をブロックしてランニングバックが走るを開け、パスプレー時にはクォーターバックを相手選手から守るポジションである。バックスべると地味立たないポジションだが、ラインこそが勝敗の鍵を握ると言っても過言ではない重要なポジションである。特にクォーターバックの利き手の逆方向のタックル(ライトタックル(LT))はクォーターバックから見えないところ(ブラインド・サイド)をブロックするため、オフェンスラインの最重要ポジションと言っても過言ではない。

タイエンド(TE)・・・ある時はワイドレシーバーと共にパスを受け、またある時はオフェンスラインと共にブロックするマルチポジションである。優秀なチームには優秀なタイエンドが居ることが多い。ブロックが得意なタイエンドをブロッキングタイエンド、レシーブが得意なタイエンドをレシービング・タイエンドと言い、最近は後者NFLに多く見られる。

 守備

ディフェンスラインDL)・・・DT(ディフェンスタックル)とDE(ディフェンスエンド)に分かれていて、ディフェンスラインが3人の時のDTの選手をNTノータックル)と呼ぶこともある。相手のラインを破り、クォーターバックやランニングバックを潰すなどして相手のプレイを崩すポジションである。攻撃側のほぼ全ての作戦オフェンスラインがしっかり働くことを前提に立てられている。つまり、これを根底から崩すことのできる優秀なディフェンスラインを擁するチームは非常に厄介である。

ラインバッカー(LB)・・・MLB(ミドルラインバッカー)とOLB(アウトサイドラインバッカー)に分かれており、ラインバッカーが4人の時のMLB2人をILB(インサイドラインバッカー)と呼ぶ。対パス守備も対ラン守備もこなし、ある時はディフェンスラインと共にクォーターバックを潰しに行く(ブリッツと言う)ポジションである。ディフェンスのをこなすことも多いポジションである。

コーナーバックCB)・・・ワイドレシーバーマークしてパスを止めるのが仕事である。場合によってはパスをインターセプト(守備側がパスをノーバウンドで捕球すること)することもある。ワイドレシーバーとの1対1の勝負はまさに手に汗握る攻防である。

セーフティ(S)・・・クォーターバックの利き手のサイド(ストロンサイド)にいる選手をSS(ストロンセーフティ)、SSの逆サイドウィークサイド)の選手をFSフリーセーフティ)と言う。パスプレイ時はコーナーバックと共にパスを守り、ランプレイ時にはディフェンスラインラインバッカーを抜けてきた選手を止める最後の砦である。優秀なセーフティは居ればなかなか大きな前進が出来ないので、攻撃側は攻めあぐねることも多い。コーナーバックセーフティを合わせてセカンダリー、もしくはDB(ディフェンスバック)と呼ぶこともある。

ダイバックニッケルバック、クォーターバック・・・ブリッツとは逆に対パスプレー要員として増強されるDBのこと。5人ニッケル、6人ダイムとなる。由来は5セント硬貨がニッケルと呼ばれるのを5人と引っかけたもの。2人×5でダイムとなり、稀に3人も増強すると5×5×5=25セント硬貨ということでクォーターバックと呼ばれるから紛らわしい。

その他(スペシャルチーム)

キッカ(K)フィールドゴールキックを蹴るための選手。ゴールポストを確実に捉えるための正確性と遠い距離でも決められるキックの強さがめられる。3点でも重要だが、キッカーが立つのは問題だといえる。何故なら、タッチダウンが取れないことを意味するからだ。

パンター(P)…パントのためのキックをする選手。こちらは局面に応じて距離や位置など、自由自在に蹴り込むられる。キッカーで代用できそうな感じがしないでもないのだけど、NFLではそれぞれ専任になっている。

ロングナッパー(LS)…フィールドゴールパントの時にスナップを担当するボジション

ホルダー(H)…フィールドゴールトラフォーポイントの時にボールを保持する役割。正確にキャッチして、安全にキッカーにボールを蹴らせる事が要される。……これで大失敗した選手が。

キックリターナー・パントリターナー(KR・PR)…キックオフパントの時、それらのボールをキャッチして敵のエンドゾーンに向かって前進する選手の事。リターナーが進んだ地点がスクリメージラインになってプレイが再開される。ボールを正確にキャッチすると、スピードタックル回避が要されるのでWRやRBが兼任することが多いが実際は専任になっているような気がしないでもない。もちろん、キックリターンタッチダウンパントリターンダッチダウンを決めることも可で、攻撃に問題があるチームにとっては重な得点である。

用語

関連動画

ルールをよく知らない方はこちら

腹筋崩壊注意

投稿日時が前なのでこちらも(内容は全く同じです)

関連商品

アメリカンフットボールに関する関連商品を貼ってください。

関連コミュニティ

関連項目

ポジション解説画像の転載元はウィキペディアより


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 4530232 リビジョン番号: 2167608
読み:アメリカンフットボール
初版作成日: 10/12/25 12:36 ◆ 最終更新日: 15/02/26 14:13
編集内容についての説明/コメント: 用語追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アメリカンフットボールについて語るスレ

112 : ななしのよっしん :2015/08/01(土) 21:00:22 ID: QOJvcKsp0R
そりゃアメリカスポーツお金もたっぷり稼げるわけだし
それを日本人お前がああだこうだ言うのは野暮ってもんだ

アメリカ人が力士にむかって「日本だけのガラパゴススポーツスポーツするなんて勿体無い」なんて言ったら立つだろ
113 : ななしのよっしん :2015/08/01(土) 21:13:48 ID: qTMYuFZkBW
言われた力士はこう答えるだろう。
「自分、モンゴル出身なんですけど出稼ぎにいいんですよ」
って。
114 : ななしのよっしん :2015/08/14(金) 15:27:06 ID: QJIJgM0mxK
アメフト選手(にすがりつく連中)が言った
サッカーは少しの接触で倒れる女々しいスポーツwwwwアメフトこその男がするスポーツだ!」
サッカー選手(にすがりつく連中)が言った
「防具でガチガチに保護されてなきゃプレイできないチキンが何か言ってるwwww大体あんだけ手を使いまくっておいてなにがフットボールだよwwww

・・・うーん、この小競り合い・・・
ある球技がサッカーラグビーに分かれた時もこんなだったそうな・・・


>>100
自分の惨めさから逃げ続けてる人間の典的な生態
かを見下したりかの威を借りたところで、自分自身が変わるわけじゃない
上に行く人間は自分にを向け、下に堕ちる人間は自分以外をりたがる
115 : 削除しました :削除しました ID: C8379Hu9rc
削除しました
116 : ななしのよっしん :2015/11/01(日) 23:24:55 ID: lonLV/cMYH
>>111
逆にアメリカからしたら体格良くて運動あるのになんで格闘技やら陸上なんて選ぶ必要があるの?って感じじゃないのかな
アメリカ形はやっぱりフットボールだよ
117 : ななしのよっしん :2015/11/27(金) 20:26:27 ID: NHPEOLrW27
アメフトのディフェンスっておもしれぇなぁ。
インターセプトしてそのままタッチダウンなんて最高だよ。
118 : 削除しました :削除しました ID: C8379Hu9rc
削除しました
119 : 削除しました :削除しました ID: /0DpTpbmsi
削除しました
120 : 削除しました :削除しました ID: y2KOVpCAc4
削除しました
121 : ななしのよっしん :2016/08/24(水) 21:49:12 ID: oJGUGc7TqN
>>117
野球みたいに攻守わかれてプレーするけど
守備側も点を取れるっていうのが
このスポーツ醍醐味だよな

  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015