単語記事: アンチ

編集
ほんわかレス推奨

ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、事実誤認や認識不足によって同じような議論がしばしば繰り返されています。
コメントを書くときはスレや記事をよく読み誹謗中傷や暴言・煽りレッテルり等を控えほんわかレスに努めてください。

摘は具体的かつおだやかな口調で行いましょう。
ニコニコ大百科には、誤った情報投稿されている場合があります。そのような投稿を見かけたら、「これは間違っています。正しくは~です」といったように、具体的かつおだやかに問題点を摘しましょう。「お前の意見は違う、の意見が正しい!」といったような、あいまいかつしい口調で摘を行わないようにしましょう。
正しい内容と正しい伝え方、両方がそろってはじめて相手に届く言葉となるのです。

正義感は、人を幸せにするために使いましょう。
誹謗中傷してはいけません。
たとえ、徳的・法律的に責められるべき事や人物であっても、誹謗中傷してはいけません。誹謗中傷こそ、徳的・法律的に責められるべきです。

ニコニコ大百科:楽しく過ごすためにより引用

アンチとは

  1. (anti-) : 「反~」「対~」「抗~」を意味するヨーロッパ接頭辞古典ギリシア語の前置詞 (ἀντί)から 。
  2. (anti) : 1 から転じた名詞「反対(論)者」、形容詞「反対(意見)の」、まれに前置詞「~に反対して」(=against)。
  3. 1, 2 から転じた和製英語「反発」「反発」「対抗勢」の意。
  4. 3 から更に転じた和製英語。ある対しく嫌悪し、また罵倒したくてたまらない人。 
  5. もしかして→ 安地

当項では日本語内の外来語としての 1, 2 を簡単に解説した後に 3, 4 を扱う。

概要

アンチという英単由来の接頭辞日本語の中でも「アンチ○○」のようによく使われている言葉である。に「反~、対~、抗~」などと略されることが多い。

この接頭辞としての使い方は現在でもされているが、現在では以下のような生の意味でも使われるようになった。

野球用語「アンチ」

1970年代頃から野球として「アンチ巨人軍」などという言い方が存在する。

これは、「反巨人軍」を意味する単として使われていたのが始めである。また、巨人軍以外でも「アンチ○○軍」のようにも使われていた。(1983年には男が「アンチ巨人本」という本を出筆。)

この「アンチ巨人軍」「アンチ巨人」は「反巨人軍・反巨人」だけを意味する言葉であったが、1980~1990年代日を経過するごとに「巨人ファンに対抗する人」の意味でも使われる事が増えるようになる。

野球にとっては同じ野球同士が集まっても、どの球団を自分が応援しているかで対立の対となる為にこの単が頻用されていた。

この野球としてのアンチは「アンチ+(球団名)」の形で使われるのが流である。

インターネット用語「アンチ」

インターネット上では「アンチ」という単は上記よりさらに異なった使い方をされるようになる。

これは1999年に設立された掲示板サイト2ちゃんねるに大きく由来する。

1999年10月8日に「プロ野球板2ちゃんねる」は設立し、ここでも「アンチ○○」という単は頻用されており、さらに2000年3月4日には、『アンチ球団板@2ちゃんねる』というスレッド群)が建設された。

このアンチ球団は、自分の嫌いな球団についてなどをり合う場所として当初から使われていたが、次第にアンチ球団などでは、「アンチ」というのみで「○○球団が嫌いな人」のような意味で使われるようになる(ここで接頭語として使われなくなり、「アンチ○○」と表現しなくなるようになる)。

さらに、他のでも通称「アンチスレ」というスレッドが立つようになり(ここでのアンチスレの意味は特定の対物に対し嫌いな人が集まる場所として利用されていた)、さらに2ちゃんねる全体に広まるようになった。

2ちゃんねるとしての「アンチ」は、「アンチに帰って寝ろ」「アンチネット止めろ」「アンチ死ね」のような人物を表す名詞のように使われる事も多く、特に「しく対物に対し嫌悪感を抱く人」のような意味で使われる。

さらには漫画アニメといった作品のファン)の対義のような使い方をされる事も多く、アンチ側にとってはファン自体を全て「○○(作品名)」などと蔑称で括られて吹聴される事も増え、アンチで分類の二極化が進んでいる。

以下、この記事ではアンチという単を「しく嫌悪感を抱く人」「反発者」の意味で解説する。

アンチ(反発者)の心理

心理学者・フロイトによると、「反発」という心理は、心が未発達な赤ん坊の頃から認識しうる原始的な感情の1つであるという。この反発に対する「怒り」は凄まじいものがあると考えられており、対を粉々に打ち砕いた程度では収まらないほどであるとも言われている。
赤ん坊真夜中にあって全で泣くのも、この「反発」からくる感情の発露の1つであると考えられている。

まさに、反発という行動原理は赤ん坊泣きに似て、ありとあらゆる迷惑・理屈・感情を視して意を通し、しかして対の状態を問わず、自身の怒りが収まるまで激怒し続ける存在である。
この怒りは外因性であるが、同時に内部にも原因が存在するため、たとえ対正論でもって反駁しても、自身の怒りが収まらないためまた罵倒を繰り返す。これもまた泣きに似ているといえよう。

ネットにおけるアンチ(反発者)の主な行動 

例えば、そこに「自分の嫌いなもの」があるとするならば、でも反発者になる事ができる。そして、なんとしても「自分の嫌いなもの」の発展を阻止する過な反応を見せるまでに至る。

「自分の嫌いなもの」で楽しむのが許せないと言った感情を持ち、「自分の嫌いなもの」を楽しむ人間を更に嫌うため、荒らしに行ったり、「自分の嫌いなもの」に対してその対について扱っている掲示板サイトコメントスペースなどのコミュニティ批判的な書き込みをするなどの行動などが挙げられる。

だったものとしては“上から目線で暴言や中傷、あるいは嫌味、愚痴の混ざった揶揄的なコメント投稿する”、“作者役者などの制作に携わった関係者を糾弾する”、“その対を純するファンユーザーを攻撃する”、“根拠のい邪推や思い込みで物事を決めつける”といった過かつ悪意の篭った言動でその対や相手を否定および非難するものがほとんどである。たとえ具体的にそれを嫌い、く理由を述べていたとしても、極めて個人的な感情に基づいていたり、被妄想の混じった難癖だったり、良くてもその言い方に問題があったりするととても他者から“論理的な批判”とは見られない。最近の常套句では「オワコン終わったコンテンツ)」だの「黒歴史かった事にすべきもの)」と、その作品や人物の存在意義をっ向から否定するようなネットスラングを多用する事もある。

当然それに反論する者も多く出るが、それに対してもアンチはその反論してきた人間を「信者」あるいは「厨」扱いして聞くを持たなかったり、あまつさえ「ここでは批判を許さないのか」と“言論の自由と権利”を振りかざして自身のを押し通そうとする。なおかつ確信犯か否かは不明だが“批判”と“非難”を混同して中傷かつ揶揄同然のコメントや発言をしながらそれが削除されたり咎められたりすると“言論統制”だの“火消し”だのと言い出して全く反省しない。そのくせファン側に対しては「別に擁護するなとは言ってない」と自分達は他人の発言の自由を尊重しているような態度を取りつつも、いざそれで反論の意見や自身への批判が来ると「そんなの擁護になっていない」「論点をずらすな」と相手側の話を受け入れる事なく切り捨ててしまう事も少なくない。

なおかつアンチ側もこれらの行為が客観的に褒められるものではないとわかっているのか、場合によっては「自分はアンチではなく、これは一人の客の率直な感想である」と言いってその対アンチである事を認めなかったり、あるいは自分は中立であるとしてそのをあたかも一般論のように装うケースも多く見られ、近頃ではそんなアンチ行為に苦言を呈している他の人間をアンチもそれに反発するも同レベル」「もはやアンチのアンチとまるで“どっちもどっち”的な言い回しで反論そのものを躱そうとする事もある。

中には感情的になり過ぎてるだけでただ自覚にアンチと似たような言動を取っているだけの者もいるが、それをきっかけにしてその対への非難行為がさらに粘着的にエスカレートしていくと本当にアンチ化してしまう事となる。

何よりそんなアンチが多数になってくると、さらに自分達の方に理があると増長して「ここまでかれているんだからこの作品(や人物)は否定されて当然」「こんなのにファンが付くワケがない。擁護しているのは極一部」とより積極的に対へのバッシング普通ファンの排斥を行うようになる。たとえ本当にそれでそのファンが傷つけられたり、対の評価が貶められても「当然の評価なのだから傷つく方がおかしい」「これが現実なんだから受け入れろ」とばかりに開き直りや責任転嫁を繰り返し、酷いものになると自分らに同調しない人間全てをその対の“”と見なすようになったり、さらにしい反論が来ると「擁護に必死になってる」と相手をあざ笑い、かと言って視したとしても今度は事実だから言い返さなくなった」と受け取るなど、どう対応しようとその態度をめようとはしない。
加えて同様に普通批判しているだけの場においてもアンチが紛れ込んでそれに便乗する形で感情的な非難を行う事もある(この場合、批判意見が大多数を占める場所だとそれに埋もれて見過ごされがちである)。

また、それとは逆に「自分の嫌いなもの」をやりすぎと思うほどに過剰に誉めたり宣伝するような、“”的なが行うような行為を取る場合もある。この場合でも行動原理は上記とほぼ同じで「自分の嫌いなもの」で楽しむらが許せないため、そのようならの評判を落とす事を的としたいわゆる“なりすまし工作に出る者もいる。

なお、特定アンチにはその作品内の粗や矛盾などの突っ込み所を基準にして攻撃して来る者がおり、一部の中にはそこを追求していった結果“その作品のファンも知らないor気付かない細かい部分も知っている”というヘタなファン以上にその対の事に詳しくなってしまった者もいたりする。

間接的被害者から転向した反発者

単純に愉快犯だったり嫌いだから反発者になる人間ばかりではない。や別の反発者、あるいは各種メディア等の執拗な趣味の押し付けを受け続けた挙句、生理的嫌悪感と過剰な精ストレスから新たな反発者が生まれてしまう場合も少なくはない。

特に人気作や人気キャラに付きがちないわゆる“”と呼ばれる過ファンが他の作品関係の場所で行ったおよび工作によって何らかの不愉快な思いをした人間が「○○たちに迷惑をかけた!」などと言ってその“”を生み出した対そのものをの敵にしてアンチ行為に走るという例も増えているが、これもエスカレートしていくとそのアンチ自身が“”同然の存在になってしまい、そういった人間が他の場所で問題を起こす場合もあり、往々にして自らの迷惑行為について都合良く正当化するための口実に使われる理屈でもある。

熱烈な愛好家から転向した反発者

ファン)の中には、設定や展開が自分が(勝手に)期待していたものと違ったと感じた時に作品や作者に対して裏切られたと感じる者がいる。そのように感じてしまうと作品や作者に対する感情が180度切り替わり、反発者となってしまう事がある。このような場合、その作品の原作者(アニメドラマゲームの場合は制作スタッフ役者)にも非難の矛先が向き、相手を曲がりなりにも“プロ=責任者”と見なしてアンチ行為がより一層しくなる事が多い。

しかも、その人間は例え自分がアンチ方向に転んだとしてもあくまで“自分はその作品のファンである”と考えている場合が多く、どんなに過な言動を取ろうとも「自分達ファンを裏切った制作側が悪い」「これはファンからの摯な意見・批判である」と自分がアンチ側になっている事を意識しない、あるいはそれを認めようとしない傾向も見られ、個人的な作品への正義感を暴走させて“自分はアンチではなくファンだからこそいている”とその作品のファンである(であった)事を理由に、自覚自覚問わず批評家感覚でアンチ同然の行為を行う者も少なくない。

また、数多くの続編および生作が出ている息の長い人シリーズの場合、コアファンを得るに連れて自身がその作品とそれに登場するキャラクターに持つイメージの乖離に敏感になる者も増えてくるため、一度そのシリーズの関連作でそういう“自分達が納得出来ないと感じる展開”があると一気にこの手のタイプが大量発生する事となり、場合によってはそのシリーズを扱っているコミュニティ内やその周辺で“炎上”に近い事態に発展する事もある。

その中にはそういった出来事を経てシリーズそのもののファンでありながらそのシリーズの中でも一部の続編や生作品、あるいは一キャラクターに対してのみ「この作品はシリーズ全体の汚点」「こんなの認めるシリーズファンではない」と否定に走るような限定的なアンチ(いわゆるキャラアンチ原作厨懐古厨などもこれに含まれる)が生まれたりして今度はそのシリーズファン同士の対立が起こる事もあるなど、この辺もそのシリーズコミュニティの内部事情をさらに複雑なものにしている。

逆に特定の作品とそれに出てくるキャラクターに執着している“”傾向の人間が他の何かのアンチと化している場合もあり、こういうタイプアンチは同じ作品の別キャラ、さらには全く関係のない他の作品およびそれのキャラを勝手にライバル視して「こっちの方が可愛いorカッコいい」「こっちの作品の方が面いだろ」較論を持ちだしてその対を相対的に貶してくるケースもよく見られる。

全に独り善がりで身勝手な理屈であるが、まさに情と憎悪は背中合わせというである。

攻撃者としての「アンチ」

インターネット上で「アンチ」という言葉が普及すると共に、次第に異なる意味合いが付加されるようになり、憎悪義者的な、もはや原義としての「アンチ」とは異なる意味合いではあるが、特定の物をしく嫌悪・攻撃を行う層の呼称としても扱われるようになっていく。元々はあくまで「反発」の結果発生する物であった「攻撃」自体が先鋭化した事をクローズアップされた形になる。

これらの層は「叩ければ何でも良い」とばかりに反発・攻撃行為自体を的とする場合が存在し、上記の動機からエスカレートした場合や、全に行為自体が娯楽化している場合などが含まれている。(→ネットイナゴ

に(特に有名な)作品や作者または支持者たちに反発することに悦びを見出す者が当てはまり、反発行為そのものが的化している点で本来の反発者とは事情が異なる。上記の通り厳密な意味では反発ではなく攻撃を行っているだけとも言える。

彼らは攻撃自体を的としているため、物や作品をくために見続け、粗探しの為だけに大して興味い作品すらも作者以上に熟読し、斟酌を加えず一両断、というか身も蓋もい評価を下す。「けて嬉しい」あるいは「場をかき乱したい」という思考の元に荒らし行為自体にも積極的であるため非常に悪質である。また、攻撃に対する正当性を騙るためにっ当な反発者のフリをする事もあり、とにかく際限なく場が荒れる要員にもなるため、摯に問題視しっ当に批判を向けようとしている層にとっても迷惑な存在である。

このような状態に至るまでにもまた複数の要因が存在しており、攻撃を娯楽行為としている層であったり、評論家的に自己顕示欲を満たす手段にしていたりと、人によって様々である。

現在まとめブログツイッターなどの急成長で大量に増加し、現在最も大きく立ちつつある種類である。

ニコニコ動画におけるアンチの主な行動

ニコニコ動画の場合

そしてこのニコニコ動画には知っての通り、その動画に対して一言感想や反応のコメント投稿でき、そのコメントが画面内で流れるという個性的な機が付いている。

だが、その動画に何らかの理由(動画うp主批判されている、動画の内容が不を買っている、動画で扱われている作品やキャラクターが不評であるなど)でアンチが発生した場合、その動画には極めて批判的かつ否定的なコメントが大量に書き込まれるようになってしまう。だいたいは吐き捨て同然のストレートな文句や不満、あるいは露な嫌味か愚痴意味不明弾幕、そして細な粗探しやツッコミなどで動画空気を差すものがほとんどである。
(特にニコニコ公式配信されているアニメとかだとそれが顕著だったりする)

そういったアンチコメに対して他のユーザーが反応するとさらに動画の雰囲気が悪くなるため控えるべきというのがニコニコ動画におけるコメント投稿マナーとされている。(→コメントの中の戦争

とは言え、そんな負のコメントは純動画を楽しみたい人にとっては障りでしかなく、そのアンチコメ投稿している人が一人か二人ならばそのコメント(およびそれを投稿したユーザー)をNG定して画面から消す事ができるが、しかし、それ以上にアンチコメが増えてくるとNG定が追い付かなかったり、が埋まってそれ以上NG定が出来なくなったりと、こうなってしまうともうコメント表示を全にオフにするしかなくなってしまう。どちらにせよアンチではない他の視聴者に余計な手間を掛けさせる事になり、なによりその動画を見る上での楽しみを削ぐ結果にもなる。

動画ユーザーへの心構えとして嫌なら見るなという言葉もあるが、この“嫌なら見るな”というのは本来ならば“わざわざ非難するために動画を見てそんなコメント投稿する人間”に対しての言葉であったのだが、逆にアンチ側にしてみれば“そんな批判されて然るべきな(作品の)動画を見ている人間”への言葉として使われる事もあったりするなど、住み分けの効き難いニコニコではかなり微妙な問題となっている。

なお、ニコニコ動画全体でも特定ジャンルや作品をアンチする的の動画はそんなものを作るという趣旨自体が大抵の視聴者からは良く見られないためそう多くはないが、某総統閣下シリーズのようなMADレビューものの動画だと途中で批評が加熱し過ぎてその対全に否定するような内容になったり、政治社会問題が絡んだものだと最初からそれに関わる相手および対への批判ありきで作られた動画も存在する。

動画ではなくイラスト投稿する“ニコニコ静画”でも同様の問題が起きており、イラストに書かれた内容およびキャラクター、しいてはそれを描いた作者そのものにもアンチが湧いてそこのコメ欄にそれらに対しての否定的なコメントを残す輩がいたり、中には絵師自身が何か物が言いたい対への批判や揶揄を含んだネタイラスト投稿してそれに他の閲覧者が同調あるいは反発してそのイラストコメ欄が荒れるという事態も往々にして発生する。

ニコニコ大百科の場合

また、ニコニコ大百科には一つの単語記事および人物記事全てに“それについて語るスレッド(掲示板”が付いているのだが、この“ついて”と言うのは感想、意見、雑談、そして批判など全ての意味を含んだレスコメントの事であり、よほど問題のある文章でもない限りは基本的にいかなる肯定意見も否定意見も全て受け入れるという体裁を取っているため狭義の意味でのアンチスレは存在しない事になっている。

一応、当大百科の中にも「○○アンチ」という記事があったりするが、こちらもあくまで「○○アンチについて語るスレ」なのであって決してその作品やジャンルアンチ記事およびスレッドというワケではない。

しかし、その記事で取り上げられている作品や人物が元から何らかの理由でかれている存在だったり、あるいはどこかで見ていた人が反発するような問題が起こったりしてそれらのアンチが発生した場合、そこの記事のスレッドには動画コメントなどと同じく冷静な批判よりも感情的な文句、愚痴、さらには中傷と言ったネガティブレスコメが多く書き込まれるようになり、結果的にアンチスレと同じような状態になってしまう。さらに記事の題材によってはスレッド自体がその記事で扱われる対へのアンチスレと化す事も少なくない。(→厨記事のアンチスレ化

大百科で明確なアンチスレを建てる事は原則として禁じられているため、他の掲示板コミュニティのように“ファンスレ”と“アンチスレ”を分けて住人の住み分けを図る事は困難で、一度アンチ傾向の人間がその記事のスレに増えてくると必然的に普通ファンユーザーはそのスレに居辛くなり、さらにそのスレアンチスレ化が加速する事となる。

しかも最近ではニコニコ大百科でも“問題提起”という建前で特定の作品における問題点やそれで起こった騒動を論うような内容の揶揄的な記事が作成され、今度はそこの掲示板アンチの拠点あるいは溜まり場のような場所と化すという例も増加している。しかし、それで住み分けがなされるかと言われればそうとも限らず、結局はその話題が沈静化するまで関連するスレ全体が荒れ続けてしまう場合の方が多い。(→問題記事の拠点化

特に「○○」などについては上記の通りファン層との分類の二極化の影などもあってか、標的の非難やアンチスレ建てを的とした記事作成も大量に行われているのが実態である。(→厨房の一覧

心構え

アンチは、誹謗中傷を含む上から目線の言葉をしてしまうと荒らし行為と見なされる。

しかし批判をしている反発者においては、それらが全て迷惑なアンチという訳ではない。ネットでの反対意見は冷静に穏やかな口調であれば、正当な個人の一意見として見られる場合もある。
ただし、いかに論理的な文章にしたつもりであってもやはり書き方や調、そして内容によってはただの嫌味か愚痴と取られて説得を失ってしまう事もあるので、言葉選びは特に慎重にすべきとされている。(→批判的思考

また、その作品や人物に対して何らかの不快感や憤りを催したとしてもそれが感情的なものにせよ理屈的なものにせよいくらそれが不愉快な事柄であろうとも理に是正や修正をめたり執着的に追求しようとはせず、本当に合わないと思ったものはさっさと離れた方が良い。

2ch等のアンチスレは隔離場であり「荒らすなコラ」などと出向いたりする事はするべきではない。たまに本スレに口調が悪く感情的な人が突撃する事もあるがその場では視に徹し、気にしない方が良い。何を言っても通じない人は相手にするだけ時間の無駄である。

2ch等のまとめサイトコピペブログアンチのみで集まっていた隔離場を、アンチ以外の者にわざと見せ対立を煽っている場合が多いため問題視されている。上述の通りニコニコ大百科アンチ記事・ヘイト記事等を立てると同時に作成される掲示板が拠点となり、影された者が他の記事や動画コメントに出没している事例があるためそういった記事作成は歓迎されていない。

人気があり有名なモノは、それを忌み嫌う者が出てしまう。だからアンチに対して闇に好戦的にならず冷静に対処する事が望ましい。下手にあれこれ言いはじめると荒れる元になってしまうし、荒れればその時点で荒れたジャンルの評判が広がってしまい、それこそ迷惑なアンチの思うである。

ニコニコ動画大百科誹謗中傷を含む意見を見かけてしまった際はその場で触れずにスルーした上で冷静に削除依頼板に申請する事が推奨される。

また人の意見を見過ぎてカッとなってしまったり、暴言を含む熱した議論をしたくなった場合は「ニコニコ大百科を楽しく過ごすために」を読んで穏やかに過ごせるよう心掛けた方が、楽しくニコニコ関連が見れるはずである。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%81
ページ番号: 247004 リビジョン番号: 2198311
読み:アンチ
初版作成日: 08/06/16 05:42 ◆ 最終更新日: 15/04/29 16:19
編集内容についての説明/コメント: 全体的に加筆修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


なんでもかんでも擬人化(?)させればいいわけじゃない…orz

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンチについて語るスレ

12589 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 18:56:45 ID: 23aDFfHhp5
>>12587
>某掲示板としか書かれていないのですが。
「単なる悪口”や”感情的すぎる文章”は禁止という注意書き」「アンチじゃないなら出てけ」「アンチの意味調べてから来てねww^^♪」
これらの文章から分かりそうなもんだが・・・
逆に言えば君にとって「定かではなかった」としてなぜ泥棒!なんて罵倒したんだろう
文章読まずアンチという言葉自体に「かなければ!」と過剰反応するように最なってんじゃないのか

>それについてはあなたの勘違いなのですが
本人がいくら否定しようと「ついてかもしれないからそんな否定に価値はない」なんてこれそのまんまアンチ(もしくはヘイト集団の在日認定のような)がやってるようなレッテル行為そのものなんです
実際には何のアンチなんですか?と聞いたら答えられなかったでしょ?

削除された文章があるからという理由で発言を全て否定しないで欲しいのですが。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
12590 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 19:16:34 ID: 23aDFfHhp5
>その作品が好きな人達が集まっている場所で「この作品は気に食わない」と大で叫ぶのが正しい行為なのでしょうか。たとえ事実であろうと、それはするべき場所でするべきだとは思いませんか?

いや、思いませんかって・・・彼はするべき場所でしたって言ってるでしょうよ(ただの悪口はよくないとも)
あんたとちりして泥棒!なんて罵倒したからだろ・・・
12591 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 20:54:29 ID: /zS/EuGLfv
批判が当然ならその批判意見を批判するのも勝手なはずなのに信者扱いされるんだよな。
12592 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 21:12:54 ID: 8PH+anlmMp
>>これらの文章から分かりそうなもんだが・・・
逆に言えば君にとって「定かではなかった」としてなぜ泥棒!なんて罵倒したんだろう
いえ、ですから私は「その某掲示板というのが「アンチ大歓迎です」みたいな事を言しているのだったらともかくね」という文章を書いたのですが、理解できませんでしたか?
同じ事を言い続けても、同じ答えが返ってくるだけですよ。理解してください。
>>文章読まずアンチという言葉自体に「かなければ!」と過剰反応するように最なってんじゃないのか
これって、あなたが忌み嫌う「認定行為」ではないのですか?
自分がするのなら良いのですか?
相変わらず大甘ですね。
>>本人がいくら否定しようと「ついてかもしれないからそんな否定に価値はない」なんてこれそのまんまアンチがやってるようなレッテル行為そのものなんです
ネット上の議論では発言が全てとしか言いようがないですね。
アンチ思考をタレ流している人の「アンチじゃない」に信憑性など欠片もありません。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
12593 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 21:13:36 ID: /zS/EuGLfv
ここでアンチ肯定するのはアンチスレアンチに反論するのと同じくらい不毛なのにな
12594 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 21:16:40 ID: 8PH+anlmMp
>>これ君の発言だけど君は迷惑行為で規制になる行為をしたんですよ?
自分自身反省しないことに君の批判に何の説得もないと言ってるんです
それこそ「他人の迷惑行為には厳しいのに」ってやつです
反省してない、なんてあなたの決めつけではないのでしょうか?
あなたは自分が決めつけ行為をするのなら良いと思っているのでしょうか?
きちんと私は反省しましたよ?決めつけないでくださいね

>>いや、思いませんかって・・・彼はするべき場所でしたって言ってるでしょうよ(ただの悪口はよくないとも)
あんたとちりして泥棒!なんて罵倒したからだろ・・・
>>12588では彼をアンチ扱いしてなんていないのですが。
ただの確認行為。それ以外の何者でもない。

勝手に人の発言に悪意のある解釈を混ぜるのはやめて欲しいですね。
12595 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 21:19:18 ID: 8PH+anlmMp
自分に対しては大甘なあなたの事ですから、正当化以外の答えが返ってくるとは期待していませんよ
12596 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 21:21:42 ID: wZO7vFMZb3
普通に楽しんでるファン差して煙たがれるよりもアンチスレ同志と共感し合う方がアンチ連中も気が楽だと思うんだがなあ

>>12577>>12586
どこの掲示板か大体分かってしまった
まあアンチだろうが陰口だろうが誹謗中傷だろうがファンに付かない場所でやってくれるならお好きにどうぞと思うけど
12597 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 21:46:50 ID: 4M4Iz5uaAk
>>12586
プラスがあればマイナスもあるはずとは言うけれど、
そのマイナスの評価って、どんな「プラスの価値観」を読み手にもたらせられるんだ?

批評とうそぶいて叩き行為をする人間に決定的に欠如しているのはそれだし、アンチ擁護するお歴々に欠けているものでもある

そんな彼らが自己正当化のために使うお題は「自由」だの「どっちもどっち」だの、プラマゼロで足踏みするものばかりで、
自分の意見を自ら肯定することができない、その意見の価値を第三者に届けることを放棄した物言いに終始するだけ
12598 : ななしのよっしん :2015/05/22(金) 21:57:31 ID: U5P4tWKmxN
作者という立場ならいざしらずただの消費者が違う価値観に触れるだけじゃ何の役にも立たんわい
この掲示板は、プレミアム会員のみが書き込めるように設定されています。
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015