単語記事: アンチ

編集

アンチとは

  1. (anti-) : 「反~」「対~」「抗~」を意味するヨーロッパ接頭辞古典ギリシア語の前置詞 (ἀντί)から 。
  2. (anti) : 1 から転じた名詞「反対(論)者」、形容詞「反対(意見)の」、まれに前置詞「~に反対して」(=against)。
  3. 1, 2 から転じた和製英語「反発」「反発」「対抗勢」の意。
  4. 3 から更に転じた和製英語。ある対しく嫌悪し、また罵倒したくてたまらない人。 
  5. もしかして→ 安地

当項では日本語内の外来語としての 1, 2 を簡単に解説した後に 3, 4 を扱う。

概要

アンチという英単由来の接頭辞日本語の中でも「アンチ○○」のようによく使われている言葉である。に「反~、対~、抗~」などと略されることが多い。

この接頭辞としての使い方は現在でもされているが、現在では以下のような生の意味でも使われるようになった。

野球用語「アンチ」

1970年代頃から野球として「アンチ巨人軍」などという言い方が存在する。

これは、「反巨人軍」を意味する単として使われていたのが始めである。また、巨人軍以外でも「アンチ○○軍」のようにも使われていた。(1983年には男が「アンチ巨人本」という本を出筆。)

この「アンチ巨人軍」「アンチ巨人」は「反巨人軍・反巨人」だけを意味する言葉であったが、1980~1990年代日を経過するごとに「巨人ファンに対抗する人」の意味でも使われることが増えるようになる。

野球にとっては同じ野球同士が集まっても、どの球団を自分が応援しているかで対立の対となる為にこの単が頻用されていた。

この野球としてのアンチは「アンチ+(球団名)」の形で使われるのが流である。

インターネット用語「アンチ」

インターネット上では「アンチ」という単は上記よりさらに異なった使い方をされるようになる。

これは1999年に設立された掲示板サイト2ちゃんねるに大きく由来する。

1999年10月8日に「プロ野球板2ちゃんねる」は設立し、ここでも「アンチ○○」という単は頻用されており、さらに2000年3月4日には、『アンチ球団板@2ちゃんねる』というスレッド群)が建設された。

このアンチ球団は、自分の嫌いな球団についてなどをり合う場所として当初から使われていたが、次第にアンチ球団などでは、「アンチ」というのみで「○○球団が嫌いな人」のような意味で使われるようになる。(ここで接頭語として使われなくなり、「アンチ○○」と表現しなくなるようになる。)

さらに、他のでも通称「アンチスレ」というスレッドが立つようになり(ここでのアンチスレの意味は特定の対物に対し嫌いな人が集まる場所として利用されていた)、さらに2ちゃんねる全体に広まるようになった。

2ちゃんねるとしての「アンチ」は、「アンチに帰って寝ろ」「アンチネット止めろ」「アンチ死ね」のような人物を表す名詞のように使われることも多く、特に「しく対物に対し嫌悪感を抱く人」のような意味で使われる。

さらには漫画アニメといった作品のファン)の対義のような使い方をされることも多く、アンチ側にとってはファン自体を全て「○○(作品名)」などと蔑称で括られて吹聴されることも増え、アンチで分類の二極化が進んでいる。

なお、ニコニコ動画においても「アンチ動画を荒らす」のような使い方をよくされている。

そしてこのニコニコ大百科には一つの単語記事および人物記事全てに“それについて語るスレッド(掲示板”が付いているのだが、この“ついて”と言うのは感想、意見、雑談、そして批判など全ての意味を含んだレスコメントの事であり、よほど問題のある文章でもない限りは基本的にいかなる肯定意見も否定意見も全て受け入れるという体裁を取っているため、狭義の意味でのアンチスレは存在しないことになっている。一応、作品によっては「○○アンチ」という記事もあったりするが、こちらも「○○アンチについて語るスレ」なので決してその作品やジャンルアンチ記事およびスレッドというワケではない。

しかし、その作品や人物など対の評価が元より著しく低かったり、あるいは見ている人の反発を招くような問題が発生した場合、そこの記事のスレッドには批判よりも感情的な文句、愚痴、さらには中傷と言ったネガティブレスコメが多く書き込まれるようになってしまう他に、記事の題材によってはスレッド自体がその記事で扱われる対へのアンチスレと化する場合もある。

特に「○○」などについては上記の通りファン層との分類の二極化の影などもあってか、標的の非難やアンチスレ建てを的とした記事作成も大量に行われているのが実態である。(→厨房の一覧

以下、この記事ではアンチという単を「しく嫌悪感を抱く人」「反発者」の意味で解説する。

アンチ(反発者)の心理

心理学者・フロイトによると、「反発」という心理は、心が未発達な赤ん坊の頃から認識しうる原始的な感情の1つであるという。この反発に対する「怒り」は凄まじいものがあると考えられており、対を粉々に打ち砕いた程度では収まらないほどであるとも言われている。
赤ん坊真夜中にあって全で泣くのも、この「反発」からくる感情の発露の1つであると考えられている。

まさに、反発という行動原理は赤ん坊泣きに似て、ありとあらゆる迷惑・理屈・感情を視して意を通し、しかして対の状態を問わず、自身の怒りが収まるまで激怒し続ける存在である。
この怒りは外因性であるが、同時に内部にも原因が存在するため、たとえ対正論でもって反駁しても、自身の怒りが収まらないためまた罵倒を繰り返す。これもまた泣きに似ているといえよう。

ネットにおけるアンチ(反発者)の主な行動 

例えば、そこに「自分の嫌いなもの」があるとするならば、でも反発者になることができる。そして、なんとしても「自分の嫌いなもの」を阻止する過な反応を見せるまでに至る。

「自分の嫌いなもの」で楽しむのが許せないと言った感情を持ち、「自分の嫌いなもの」を楽しむ人間を更に嫌うため、荒らしに行ったり、「自分の嫌いなもの」に対して掲示板ブログなどで、批判的な書き込みをするなどの行動などが挙げられる。

また、それとは逆に「自分の嫌いなもの」をやりすぎと思うほどに過剰に誉めたり宣伝するような、が行うような行為を行う場合もある。この場合でも行動原理は上記とほぼ同じで「自分の嫌いなもの」で楽しむらが許せないため、そのようならの評判を落としたりする的での行動である。

さらには「叩ければ何でも良い」とばかりに反発・攻撃行為自体を的とする場合も存在する。上記の動機からエスカレートした場合や、全に行為自体が娯楽化している場合などが含まれている。

間接的被害者から転向した反発者

単純に愉快犯だったり嫌いだから反発者になる人間ばかりではない。や別の反発者、あるいは各種メディア等の執拗な趣味の押し付けを受け続けた挙句、生理的嫌悪感と過剰な精ストレスから新たな反発者が生まれてしまう場合も少なくはない。

もっとも、そういった人間が「○○たちに迷惑をかけた!」などと言って他の場所で荒らしを行う場合もあり、往々にして自らの迷惑行為について都合良く正当化するための口実に使われる理屈でもある。

熱烈な愛好家から転向した反発者

の中には、設定や展開が自分が(勝手に)期待していたものと違ったと感じたときに、作品や作者に対して裏切られたと感じる者がいる。そのように感じてしまうと、作品や作者に対する感情が180度切り替わり、反発者となってしまうことがある。このような場合、反発行為が強なものになることが多い。

全に独りよがりで身勝手な理屈であるが、まさに情と憎悪は背中合わせというやつである。

反発を目的・娯楽化した反発者

(特に有名な)作品や作者または支持者たちに反発することに悦びを見出す者。反発行為そのものが的化している点で本来の反発者とは事情が異なり、厳密な意味では反発ではなく攻撃を行っているだけとも言える。

彼らは粗探しの為だけに大して興味い作品すらも作者以上に熟読し、斟酌を加えず一両断、というか身も蓋もい評価を下す。このような状態に至るまでにもまた複数の要因が存在しており、攻撃を娯楽行為としている層であったり、評論家的に自己顕示欲を満たす手段にしていたりと、人によって様々である。

現在まとめブログツイッターなどの急成長で大量に増加し、現在最も大きく立ちつつある種類である。

最後に

荒らし行為は反発だが、反発者全てが荒らしているわけではない。だから、2ch等のアンチスレに行って「荒らすなコラ」とは言わないほうがいいと思われる。たまに本スレに突撃することもあるが、視に徹するべきである。

ファンが多いものには必ずそれを嫌いな者が居る、だからそれに対して闇に好戦的にならず静かに対処して欲しい。下手にあれこれ言いはじめると荒れる元になってしまうし、荒れればその時点で荒れたジャンルの評判が広がってしまい、それこそ彼らの思うという物である。荒れた時点で「元はと言えば○○が~」と言うのが彼らの常套手段であり、しかもそれが認められてしまうのが今のネット文化なのである。

要は大きな心を持ち、反発者(アンチ)をひっくるめた全てをすることが大事とも言える ・・・はず、たぶん。 

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

摘は具体的かつおだやかな口調で行いましょう。
ニコニコ大百科には、誤った情報投稿されている場合があります。そのような投稿を見かけたら、「これは間違っています。正しくは~です」といったように、具体的かつおだやかに問題点を摘しましょう。「お前の意見は違う、の意見が正しい!」といったような、あいまいかつしい口調で摘を行わないようにしましょう。
正しい内容と正しい伝え方、両方がそろってはじめて相手に届く言葉となるのです。

正義感は、人を幸せにするために使いましょう。
誹謗中傷してはいけません。
たとえ、徳的・法律的に責められるべき事や人物であっても、誹謗中傷してはいけません。誹謗中傷こそ、徳的・法律的に責められるべきです。

ニコニコ大百科:楽しく過ごすためにより引用

ほんわかレス推奨

ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、事実誤認や認識不足によって同じような議論がしばしば繰り返されています。
コメントを書くときはスレや記事をよく読み誹謗中傷や暴言・煽りレッテルり等を控えほんわかレスに努めてください。


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%81
ページ番号: 247004 リビジョン番号: 2066825
読み:アンチ
初版作成日: 08/06/16 05:42 ◆ 最終更新日: 14/08/09 01:59
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に厨記事のアンチスレ化を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

アンチについて語るスレ

9315 : ななしのよっしん :2014/10/22(水) 13:41:28 ID: csV+8yKfUy
カプコンの記事そのものじゃないか
9316 : ななしのよっしん :2014/10/22(水) 20:23:31 ID: yqNXr48x6y
>>9314
既成が解除されたら案の定クソ以下の薄っぺらい自称正論で溢れ返ってるしな
連中はしか生まん
9317 : ななしのよっしん :2014/10/22(水) 21:02:10 ID: yqNXr48x6y
既成じゃなくて規制だったな
誤変換失礼した
9318 : ななしのよっしん :2014/10/22(水) 21:51:53 ID: QF0ZEKiF81
しっかりした理由でくのは許せるし一部の人間の痛い行為で全体をくのも100歩譲ってまだ許せる
けど感情的な屁理屈でや難癖つけてだけは許せない
そいつも結局ブーメランでしかない
異常信者異常アンチは表裏一体だってことがネットのおかげで嫌というほどわかったよ

9319 : ななしのよっしん :2014/10/22(水) 22:11:13 ID: QF0ZEKiF81
バカアンチって間違いやただの感情論でしかない屁理屈を摘されただけでかれたとか言ってるよね
いくらアンチスレだからって事実根な事言っていいわけじゃないし、そういうこというやつってリアルでも屁理屈とか愚痴ばっかり言ってて周りから嫌われてそう
あとちゃんとした理由がなくただ気持ち悪いとかで毛嫌いしてるも価値観を押し付ける事しか出来ないんだろうなあ。器と視野が小さいね
9320 : ななしのよっしん :2014/10/23(木) 01:32:45 ID: xcZdh4sj7D
>そういうこというやつってリアルでも屁理屈とか愚痴ばっかり言ってて周りから嫌われてそう
>>9212などを見ればわかる、それはない。どんなでもアンチになってしまうものだよ
9321 : ななしのよっしん :2014/10/23(木) 20:12:26 ID: plEkosxDWE
正直信者とかアンチって言われてる人のはどっちもそんな間違ってないように思える
でもTPO弁えずに思ってること言い散らすだけじゃ理解はされないよね
9322 : ななしのよっしん :2014/10/23(木) 20:21:31 ID: ZEZ7jQjfaz
個人的に
「こうこうこういう理由でこれは糞だ!!」と断定するのがアンチだと思うな
「こうこうこういう理由で自分には合わなかったな」という人はアンチじゃないと思う
9323 : ななしのよっしん :2014/10/23(木) 21:55:44 ID: OIB5vZa1D0
こういう展開や部分が納得いかなかったし好きになれなかったとかなら
その人には縁のなかった作品だったんだろうでお終いだからな

自分が不快に思った部分をの敵の様に延々と、好きな連中もいる場で喚き散らしたり
作品の矛盾点を摘できる自分が正しいと思い込んだ挙句、見て楽しんでる連中までおかしいとかまで言い出すと思うね
そういう場合の摘って見てる側はだいたい分かってて見てるのが大半だろうけど
9324 : ななしのよっしん :2014/10/23(木) 23:45:36 ID: yqNXr48x6y
>>9321
アンチなんて矛盾詭弁何でもありのものばっかじゃねえか
正しいこと言ってるならまだしも言ってることは間違いだらけの薄っぺらい屁理屈で場所も弁えない
そりゃ嫌われる
グニャラくんの本が出ました!
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015