単語記事: アンティ

編集  

アンティとは、以下のような意味である。

  1. ポーカーにおいてラウンドの参加時に強制的に支払いを要される賭けのこと
  2. 転じて、トレーディングカードゲームにおいて、互いにカードを賭けてやる遊び方。もしくはその賭けに出されたカードのこと

1の概要

アンティは、要するにラウンドの参加をしたときに支払いを要されるチップである。通常、カジノにおいてはこのチップディーラーが取るが(なお、このアンティだけがディーラーの収入になる)、それ以外では勝利者がアンティも含めて手に入れる。

たとえばあるテキサスホールデムのトーナメントのある時間においては「スモールブラインド600・ビッグブラインド1200・アンティ100」となっているが、各人が100ずつ出したあと、スモールブラインドが600、ビッグブラインドが1200を出してビッグブラインドの次の人からベットを始める、ということである。仮に参加者10人でビッグブラインドよりも前の人が全員フォールドした(降りた)場合、ビッグブラインドは自分の賭け1300とスモールブラインドの賭け700、それとほか8人の賭け800の合計2800を手に入れることになる。

なお、チップが大幅に減少していてアンティが払いきれない場合、強制オールインになる。その場合、メインポットは一番払える額が一番少ない人の部分までで、それより上はサイドポットになる。

2の概要

アンティは、ゲームの勝敗によりカードの所有権が移転するルールのことである。アンティは多くの場合、山札(ライブラリー)の一番上から1枚を使う場合が多い(ただし、マジック:ザ・ギャザリングにおいては作為に1枚選ぶとある。まあライブラリーの1番上が作為なのでそれを使うのが一番楽だが)。ただし、当然であるがトーナメントシーンではアンティを使うことはない。

特に、マジック:ザ・ギャザリングにおいてはアンティに関するカード明期に9種類印刷されているが、当然その収録されているカードセットが利用できるフォーマットにおいて禁止カード定されている。

そして、アンティルールは法的な問題もある。特に董品カードが多く存在するマジック:ザ・ギャザリングにおいてこんなルール持ち出したらほぼ間違いなく賭博罪に問われるだろう。

なお、大昔な遊戯王ではアンティを推奨していたという噂があるが偽は不明。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3
ページ番号: 5493196 リビジョン番号: 2505764
読み:アンティ
初版作成日: 17/07/08 12:19 ◆ 最終更新日: 17/07/08 12:19
編集内容についての説明/コメント: 新規作成してみた。需要はあるのだろうか
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンティについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2017/08/23(水) 07:38:12 ID: FvDwAfjBtg
リミテッドエディションとアラビアンナイトは、アンティレアリティによってバランス調整されていた。レアに狂ったカードが多いのはその為だ。

リチャード・ガーフィールドPh.D「どうせ一人5パックくらいしか買わへんやろ…と思っていた。ブラックロータスは1つの町に1枚くらいしか存在しないハズだった。反はしていない。」
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829