単語記事: アーカード

編集

ただいま伯爵

 

概要

アーカードとは、少年画報社発行のコミック誌『ヤングキングアワーズ』にて連載、2009年3月に単行本10巻を以って完結した『平野耕太』作の漫画HELLSING』のラスボス主人公である。
通称は旦那アニメCVTVOVA版共に中田譲治氏。

英国貴族ヘルシング、対吸血鬼組織『英国騎士団(ヘルシング機関)』の長インテグラ卿に使役されている吸血鬼。対化物の切り札、殺し屋にしてゴミ処理屋。
その正体はブラム・ストーカー作『吸血鬼ドラキュラ』に登場するドラキュラ伯爵にしてそのモデル、“刺しヴラド・ツェペシュその人である。

ちなみに名前の「アーカード」は英語では「Alucard」とられ、これを逆から読めば「Dracula ドラキュラ」になる。他のドラキュラ関連作品ではアルカードとも表記される。

能力

一言で表せばチートの塊。
作中に登場した吸血鬼の身体は、均的な個体においても人間を文字通りの“ボロ雑巾”にせしめる、1m程度の々至近距離からの小銃フルオート掃射を回避する反応速度ライフル弾が発された直後にか後方から飛び出し、仲間う程=弾丸をえる移動速度および、仮に直撃を被ったとしてもごく一部の例外(製武器、法儀礼済武器等)を除いて、明確なダメージを負わないという程の耐久、など。
上位種の個体にあっては、前述の性を有する吸血鬼単体、集団をすら牙に掛けない隔絶した戦闘(例として6.8tの高射砲を片手で持ち上げた挙句射撃)に加え、幻術・念動等の常のまで操る。

しかし、アーカードの戦闘はこれら異を誇る吸血鬼達を圧倒的に上回る。音速の20倍もの魔弾をも咬み捉え、音速偵察機SR-71ごと自身を極音速で軍艦叩きつけようが気の左。

使用武器は454カスルカタムオートチックおよび対化物戦闘専用13mm拳銃ジャッカル。装弾数はどちらも6発+1。双方共に弾丸に対化物、対吸血鬼用の特殊弾である(化物に有効とされるや法儀式を施した水銀など)。
ある人物は捨て駒を先行させることでこれらを消耗させようとしたが、作者く“『100万発入りのコスモガン』だそうで、その虐殺戦闘だけでリロードしで40発発しており(動くものが何一つくなった後、思い出したように一応リロード)、その後の本人との戦闘でもまったく斟酌せず撃っていたことから、まるきりのであったと思われる。
…というかその他の戦闘シーンでもお構いなしにバカスカ撃ちまくっている時点でお察し下さい。

ダンディな生前の伯爵形態時は甲冑を帯び、クレイモアと思われる十字を装備。外伝ではドラムマガジン付きのトンプソンM1928を使用していた。あと色気も。

又、吸血鬼ならではの異として魅了の魔眼抜けや走り、影との同化、体の液化&コウモリ化なども一通り保有しており、流(船舶、航空機での渡航にほぼ問題なし)、日光(本人く『大嫌いなだけ』だとか)への耐性も璧と言えるレベル

しかし、彼を絶なチートの塊然としているのは、同族たる吸血鬼たちをして化物と言わしめる程の特殊、そして極めて高い不死性に尽きる
第一に、彼は“拘束制御術式”と称する術式によって自身のを大幅に制限しており、これを一時的、段階的に解放する事により以下のようなを行使可である点。

第二に、『面に映る影』『生も死も全てがペテン』と例えられるほどの異常極まる不死性であり、これは前述の拘束制御術式もといアーカードを筆頭とするHELLSING劇中の世界観における“吸血鬼”の性質が大きく関係している。
判明している範囲内でのそのメカニズムは、素質を持つ人間が血液を媒介として他者の命・魂を取り込み、融合し、個にして群体の吸血鬼として自然発生するというものである。
これは命を取り込めば取り込んだ分だけ、殺戮し喰らえば喰らった分だけ実質的に命のストック制限に増える事と同義であり、通常の吸血鬼にとっての致命傷である心臓の破壊や頸部の切断、流への没等が単なる“残機数マイナス1”にしかならず、殲滅するには全ての命を殺し尽くす必要がある。
この出耐久性からか、アーカードは本来余裕で避けられる(防御できる)の攻撃への対応にも基本的に頓着、どころか敵に自分の体を木っ端微になるまで攻撃されるがままである事も日常茶飯事

主人公です。

人物

もはや姿形に意味はないのだろうが、時々気分でになったりロリになったりする困った人・・・ひと?!

通常時の外見はい長い瞳、相を浮かべなければ中性的な美形の青年

年齢:ヴラド本人であることを考慮すれば最低でも550歳前後。
好きなもの:血液・戦い・人間(後述の条件に適合する場合に限る)。
性格:傲不遜。ただし所謂ところの典的な吸血鬼としての人間蔑視などとは縁。

「『あきらめ』が人を殺す。あきらめを拒絶した時、人間は人を踏破する権利人となるのだ」
方も50年前の様なおてんばのままだお嬢さん。いや方は今こそが確実に美しいのだ女王
「私はもうおばあちゃんだぞ」「だがそれがいい」
「何という男だ。人の身でよくぞここまで練り上げた」
吸血鬼』である自分と対等にを交える『人間』へ。某狂戦士コミックの不死者の発言のオマージュ

闘争につぐ闘争の果てに、人を踏破し、人間に許された生よりもかに長い時を生きた不死者。
しかし内心、自身が『人間でいることに耐えられずに化物へとなり果てた弱いもの』であることをよりも忌避している。
その裏返しとして人間としての生、人間としての老い、人間としての死、即ち人間そのものの素らしさへの憧憬を強く抱いており、それらを決して捨てる事のない誇りある『人間』へは彼なりの好意と敬意を以って接する。
それほどの強い想いを持つ故であろうか、一度は認めた人物が人であることを捨てた際には失望と嫌悪を露わにし、自らの眼前で化物になろうとした者には、懇願めいた忠告すら口にしたほど。
…その美意識から、彼が有効的に接する人物の多くが高齢に達していることから爺専だの婆専だのと言われる事もしばしばではあるが。

使い魔達を出せ!!体を変化させろ!!足を再構築して立ち上がれ!!をひろって反撃しろ!!」
「高さも信念も理性もなく、キリにもコウモリにも姿を変えられない。撃たれたキズの回復すらできない。
喰うためでもないのに女・子供まで皆殺し、揚句弾が切れたら戦う事すらできない。
貴様、それでも吸血鬼のつもりか。恥を知れ!!」

こと戦闘ともなれば同族嫌悪も手伝ってか、真性サディストとしての面が強く現れる。とりわけ『化物』としての持すら持たないに酔っているだけの雑には辛辣ですらある。

前述のとおりドM呼ばわりされるほどのオーバーキルを総身に受けた後は、アッサリと一で再生、『それだけやったからにはやられる覚悟もあるよね?』とばかりに本気を出してワンちゃんのエサにしたり、上役の命令に従っているだけの実質的に関係な特殊部隊兵士モンスタームービーだかピカレスアクションのようなノリ虐殺したり、そのクライマックスに昔を思い出しでもしたのか、生き残りの数人を旗のポールデコレーションして夕飯時のお茶の間に素敵な放送事故をお届けしたり、のような悲鳴をあげろ!!!」とか言いつつトランプおじさんとパーがチョキに勝つ理不尽ジャンケンで勝負してフルボッコにしたり、「亡霊を装いて戯れなば、亡霊となるべし」とハマリ過ぎの魔王ごっこの眼鏡そばかすをこれまた太くて長い物で刺しにして血まで吸った揚句にお持ち帰りしたりと、どうしようもないほどの真性ドSになる。
これらの性質と絶大な戦闘力とが余すことなく披露されるアーカード戦闘シーンは、それでなくとも暴力的な本編の中でも際立っており、それらをピックアップした動画の中では[※主人公です]との注釈が絶えない。
というか再生怪人数の暴力に訴えるような主人公がそうそう居てたまるか。

ワラキア公家(=)に生まれ、幼少の頃にアッー!されたらしい。それが原因なのかそれとも元々からの義だったのか、『“祈り”と称してへただ嘆願をなすだけのような者は死ねば良い』、『への祈りと祈りと祈りの果てに(及び楽園)は降りて来る』と、狂信的かつ盲目的な信仰心の元、祈りのためだけの闘争を行うようになった。ちなみに当時は蓬を生やしたダンディなお方であった(中の人にソックリという話も)。しかし最後は結局に裏切られ、兵も領民も皆殺し。も領土も燃えて落ち、自らもムスリムの皆様に捕まり斬首される事となるが、首を落とされる直前に血液をめ、最初の吸血鬼、すなわち祖となる。

吸血鬼となった後はドラキュラ伯爵としてトランシルヴァニア山中にて暮らすようになり、19世紀の暮れに、一人の代理士『ジョナサン・ハーカー』を騙しこんでに連れ込み、後にロンドンへ船で向かう。大英帝国では散々暴れ周り、『ミナ・ハーカー』の血を吸うも、吸血鬼となった彼女によって彼もまた血を吸われることとなった。そして最終的にヘルシング教授らによって心臓を打たれ倒される。この辺りの末はほぼ原典であるブラム・ストーカー著作『ドラキュラ』準拠と言って良いだろう。

その後如何なる紆余曲折があったものか、ヘルシング一族によって同じ吸血鬼を狩る為に使役される従となった。

外伝にてられる第二次世界大戦の折には、死神君ことヘルシング執事ウォルター・C・ドルネーズ(当時15~6歳?の少年として登場、通称はショルターとも)と共にドイツ占領下のポーランド・ワルシャワへと送られ、彼と共にナチスドイツアンデッド軍事転用研究機関機関全体が『ミレニアム』に帰属していたかは不明)の実験施設を強襲、トンプソンやらカンオケやらで少佐らをフルボッコしたという結末になる予定

余談ではあるが、この際アーカードは使用武器説明時に言及した通り何故か『少女』の形態を(少佐の審美眼を信用するなら、だが)採っている。
元がワラキアヴラド・ツェペシュ=れっきとした男性であるアーカードだが、本人く『姿形に意味はい』との事。本人の意思で自由に姿を変えられるこのを利用しての事であろうが、肝心のそのルックスはと言えば
年の頃はおおよそ13~4歳、背中の中程まで届くストレートロング黒髪を俗に『カット』、『毛先ぱっつん』と称されるヘアスタイル秋山澪蓬莱山輝夜古手梨花、閻魔あい、ざんげちゃん等のあの髪型)にし、逆に装いは毛皮の帽子、コート、スーツマフラーから靴に到るまで純という妙に凝ったスタイル
果ては外見にある程度性格が引き摺られるのかはたまた余と称してウォルター(と読者)をからかうつもりなのかその言動ときたら、

「あ、ひょっとしてじゃないとダメかな?キミワンワン、ワーン」
「それに私は敵の首を追わねばならぬ。悲しいけどコレ戦争なのよねぇ」
「まかせたぞ執事の権化!!がんばんなさいネー」
「何、あやつも手練れよ。傾御覧ぜは手練れ狙うてよのう」
「なんじゃこのは。火打ち式マスケットに…てか、長っ!」
「さあ、おいで!!」
「もう遅いわい、ブァーカ!!」

ドSで古お嬢様チック+煽り系お子ちゃま味にご乱心
映像化にあたってそのCVは長く論争の的となっていたのだが、この度OVA9話にて遂にその姿とCV明らかにした。
作者と)苗字繋がり平野綾とでも思ったか?残念!お譲さんでした!
いずれにしてもコレだけは言わずばなるまい。
それにしてもこの旦那ノリノリである。

その後、あまりにもチート強大に過ぎると闘争の為の流血を厭わない彼の性質を危険視した当時のヘルシングアーサーヘルシング卿(劇中時間によれば1989年前後に病没)によりヘルシング邸の地下にカラッカラに干からびた状態で封印、放置される。

しかし、インテグラの血(先代の死を機に当簒奪の為動き出した叔父リチャードに彼女が撃された際の出血)を浴びて復活、リチャード郎党を鏖殺(リチャード自身はインテグラにより射殺された)、インテグラに仕える様になった。

以後、それまでの吸血鬼狩りゴミ処理)を受け持ち、これまた常人を逸脱した戦闘を保有していたとは言え、既に70歳前後の高齢にあったウォルターと入れ替わる形で(ウォルター自身は引き続きインテグラの護衛、新たにアーカードの武器製作などのサポートを含んだ執事業を続ける事となる)吸血鬼狩りの任に就き、そして始まる闘争の

即ちHELLSING本編である。

最後に

敵を殺し、味方を殺し、守るべき民も、治めるべきも、自分さえも滅ぼしつくし、人であることを捨てて化物に成り果て、他者の命を際限なく取り込み続け、その末に個人としての自すら曖昧になった彼の望むものとは?

本項にて列挙した彼のからすれば無茶振りにもほどがある話ではあるが、突き詰めればそれは『化物である自分がただの人間に打ち倒され、滅ぼされる』事、その一点に尽きる

「おまえにわたしはたおせない。化物を倒すのはいつだって人間だ。人間でなくては、いけないのだ!!」

意訳:
「人間じゃないになんて殺されてあげないんだから!勘違いしないでよね!狗になんか殺されたくないんだからっ!!」

ツンデレである。…なのか?

関連動画

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89
ページ番号: 725180 リビジョン番号: 2271828
読み:アーカード
初版作成日: 08/11/17 13:49 ◆ 最終更新日: 15/10/08 00:45
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に命のストック追加。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アーカードについて語るスレ

497 : ななしのよっしん :2015/11/21(土) 10:23:16 ID: GWUj3DngE0
命のストックが自分の分だけになっても祝福された武器で頭ふっとばれて死なないのは祖の不死性か?
498 : ななしのよっしん :2015/11/21(土) 20:11:28 ID: NnVnQLVSFY
もともと心臓を打たなきゃ死なないんじゃないのか
499 : ななしのよっしん :2016/01/03(日) 22:55:02 ID: djI8u+8neB
あきらめが人を殺すってどーゆー意味?
500 : ななしのよっしん :2016/01/04(月) 13:43:04 ID: 2mcs/G35Gr
いいな いいな にんげんっていいな

ぼくもかえろ おうちへかえろ
でんでん でんぐりかえって
バイ バイ バイ
501 : ななしのよっしん :2016/01/24(日) 00:27:53 ID: mglyw9IDPm
>>499
作中で警備隊の生き残りが拳銃で頭撃って自殺したろ?
アーカードに勝てないと考えて(まぁ、拳銃一丁じゃどう考えても…)生きることを放棄、もしくは
アーカードのように死の淵に絶望して化け物になって『人間』を捨てるようなことが
「あきらめが人を殺す」ということなのではないだろうか。
502 : ななしのよっしん :2016/02/16(火) 12:46:23 ID: /Uu2SdKV4y
❭❭501
結果は自殺と惨殺だから変わんないっていうねw
あえて言うなら罵倒されるか称賛されるかってところか。・・・死んでからw
クソゲー!
まあ、殺しに行ってるんだから文句いえんわな。
503 : ななしのよっしん :2016/02/16(火) 21:05:16 ID: NnVnQLVSFY
>>502
圧倒的なの差を見せつけられて、絶望に震えて、それでもまだあきらめなかったのなら、賞賛とともに見逃すなり下にするなりしてたかもしれない

……クソゲー!には変わらん気もするがw
504 : ななしのよっしん :2016/02/17(水) 15:06:34 ID: p/D9Gy85Qt
そういえば、なんでアーカードアーッ!されたの?
奴隷買った趣味なの?昔はそういうのが普通だったの?アーカードが可かったからなの?
505 : ななしのよっしん :2016/02/24(水) 14:16:00 ID: WsLTWXg40u
過去の史実としてアーカード(ウラド3世)は人質としてと共にオスマン帝国に連れられた
ウラド3世とそのは両者ともに美少年であったため、ある意味も含めて可がられたらしい。
オスマン帝国の富に魅了され堕ちたがウラド3世は聡明でありキリスト教を信仰してウラド2世息子と言う誇りがあったから負けなかった
因みにオスマンからの人質解放はウラド2世ハンガリーに暗殺されて領となったから
ハンガリーと恐れられたウラド2世より子供であるウラド3世を領にした方が良いと考えたから
因みに色々あってハンガリーに負けたけどオスマンに逃げ帰るよりハンガリーの方がマシだと思いハンガリーに亡命したが、そこでも可がられた。
屈辱に耐えながらもワラキアを取り返すために慢してやっとオスマンから取り戻したのが25歳の頃
その後、ハンガリーの策略とオスマンの猛攻に詰み状態でビックリするぐらい耐え続けたけどムリゲーでクソゲー死刑END絶望して化け物になりました
506 : ななしのよっしん :2016/04/21(木) 19:13:04 ID: C61j2fFgze
アーカードに一番近いイメージドラキュラ映画ってなんですかね?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015