単語記事: イギリス王の一覧

編集

イギリス王の一覧とは、いわゆるイギリス英国)」のうち、1066年のノルマン・コンクエスト以後のイングランドの王、及び1707年成立のグレートブリテン王の王、及び1801年成立のグレートブリテンおよびアイルランド連合王の王、そして1922年以後のグレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国の王の一覧である。

ノルマン朝

王 (通称) 在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
ウィリアム1世
(征王)
1066年 ~ 1087年 (ノルマンディーギョーム2世
1027年 ~ 1087年)
ウィリアム2世
顔王)
1087年 ~ 1100年 ウィリアム1世の3男
1060年? ~ 1100年)
ヘンリー1世
(碩学王
1100年 ~ 1135年 ウィリアム1世の4男
ルマンディーほか
1068年 ~ 1135年)
スティーブ
1135年 ~ 1154年 ウィリアム1世の外孫(ブロワ
モードと王位を争う「政府時代」
1096年? ~ 1154年)

対立王

王 (通称) 在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
ティルダ
(女モード
1141年4月 ~ 同11月 ヘンリー1世の
神聖ローマ帝国皇后
アンジュー伯妃(フランス貴族
1102年 ~ 1167年

プランタジネット朝 (アンジュー朝)

王 (通称) 在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
ヘンリー2世 1154年 ~ 1189 ティルダ(女モード)の子
ルマンディーアンジュー伯ほか
1133年 ~ 1189年)
リチャード1世
(獅子心王)
1189年 ~ 1199年 ヘンリー2世の3男
ルマンディーアキテーヌほか
1157年 ~ 1199年)
ジョン
(失地王、欠地王
1199年 ~ 1216 ヘンリー2世の5男
初めて「アイルランド卿」を自称
1167年 ~ 1216年)
ヘンリー3世 1216年 ~ 1272年 ジョン王の長男
アキテーヌ
1207年 ~ 1272年)
エドワード1世
(長脛王)
1272年 ~ 1307年 ヘンリー3世の長男
アキテーヌ
1239年 ~ 1307年)
エドワード2世 1307年 ~ 1327年 エドワード1世の4男
最初の「プリンス・オヴ・ウェールズ
1284年 ~ 1327年)
エドワード3世 1327年 ~ 1377年 エドワード2世長男
王子エドワード黒太子
フランス王位を要百年戦争開始)
1312年 ~ 1377年)
リチャード2世 1377年 ~ 1399年 エドワード黒太子長男
位後、閉され餓死
1367年 ~ 1399年

ランカスター朝

ランカスターエドワード3世の4男にはじまるプランタジネットのひとつである
薔薇の紋章

在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
ヘンリー4世 1399年 ~ 1413年 ランカスタージョン・オヴ・ゴーントの長男
(=エドワード3世の孫)
リチャード2世より王位簒奪
1367年 ~ 1413年)
ヘンリー5世 1413年 ~ 1422年 ヘンリー4世の次男
王妃キャサリン・オヴ・ヴァロア
1387年 ~ 1422年
ヘンリー6世 1422年 ~ 1461年(位)
1470年 ~ 1471年(復位)
ヘンリー5世の一の子
百年戦争に最終的敗北1453年)
薔薇戦争1455年~)
1421年 ~ 1471

ヨーク朝

ヨークエドワード3世の5男にはじまるプランタジネットのひとつである
白薔の紋章

在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
エドワード4世 1461年 ~ 1470年(位)
1471年 ~ 1483年(復位)
ヨークリチャードの次男
(=エドワード3世の玄孫)
1442年 ~ 1483年)
エドワード5世 1483年4月 ~ 同6月 エドワード4世の長男
叔父リチャードにより
ともにロンドン閉され餓死?
(1470年 ~ 1483年?)
リチャード3世 1483年 ~ 1485年 エドワード4世の
ヘンリーテューダーと戦い戦死
薔薇戦争の終焉)
1452年 ~ 1485年)

テューダー朝

ヘンリー7世の方はランカスター一族だが、ヘンリー4世に王位継承権を否認されている
ヘンリー7世を単なる簒奪者とする見方も有る

王 (通称) 在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
ヘンリー7世 1485年 ~ 1509年 キャサリン・オヴ・ヴァロアの再婚相手の孫
ランカスター傍系の出身
女系に基づくランカスター系の正統を
1457年 ~ 1509年)
ヘンリー8世 1509年 ~ 1547年 ヘンリー7世の次男
6度王妃を変えたことで有名
初めて「アイルランド王」を自称
(1491年 ~ 1547年)
エドワード6世 1547年 ~ 1553年 ヘンリー8世の3人の王妃の男子
1537年 ~ 1553年)
メアリー1世
ブラッディ・メアリー
1553年 ~ 1558年 ヘンリー8世の最初の王妃の
1516年 ~ 1558年)
エリザベス1世
処女王、栄者)
1558年 ~ 1603年 ヘンリー8世の2人の王妃の
ローマ教皇やカトリックからは
正統性を認められず
1533年 ~ 1603年)

対立王

王 (通称・別称) 在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
ジェーングレイ
(9日間の女王
1553年7月10日 ~ 同19日 系でヘンリー7世の曾孫
メアリー1世に擁立されるも
ロンドン閉ののち処刑
1537年 ~ 1554年)
フィリップ
スペインフェリ2世
1554年 ~ 1558年? メアリー1世の夫(共同王を自称)
ローマ教皇がエリザベスの正統性を
認めなかったため、資格ありとされる
(1527年 ~ 1598年)
メアリー・ステュアート
スコットランド女王メアリー1世)
1558年より要 方祖ヘンリー7世の
エリザベスの正統性をたびたび攻撃
幾多の政争の後エリザベスにより処刑
(1542年 ~ 1587年)

ステュアート朝

1371年よりスコットランドの王

王 (別称) 在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
ジェームズ1世
スコットランドジェームズ6世
1603年 ~ 1625年 メアリー・ステュアートの男子
エリザベス1世の遺言により即位
以後スコットランドとの同君連合
1566年 ~ 1625年)
チャールズ1世
スコットランドチャールズ1世)
1625年 ~ 1649年 ジェームズ1世の次男
清教徒革命1642年)により位・処刑
1600年 ~ 1649年)
チャールズ2世
スコットランドチャールズ2世
1649年 ~ 1685年
※(1659年 ~ 1685年)
チャールズ1世の長男
王政復古1659年)までフランスに亡命
1630年 ~ 1685年)
ジェームズ2世
スコットランドジェームズ7世)
1685年 ~ 1688年 チャールズ1世の次男
名誉革命1688年)により位・追放
1633年 ~ 1701年)
メアリー2世
スコットランド女王メアリー2世
1689年 ~ 1694 ジェームズ2世の長女
名誉革命によりぎ先より帰・即位
(1662年 ~ 1694年)
ウィリアム3世
オランダ統領ウィレム3世)
スコットランドウィリアム2世
1689年 ~ 1702年 メアリー2世の夫
ジャコバイトを排除する王位継承法制定
アイルランド全征
1650年 ~ 1702年)
アン
スコットランド女王アン
1702年 ~ 1714年 ジェームズ2世の次女
1707年よりグレートブリテン王」
(1665年 ~ 1714年)

清教徒革命による共和制 (護国卿)

1649年~1653年まで合議制

在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
オリヴァークロムウェル 1653年 ~ 1658年 清教徒革命の立役者
卿就任以後は独裁者
アイルランドをほぼ征
(1599年 ~ 1658年)
リチャードクロムウェル 1658年 ~ 1659年 オリヴァーの3男
王政復古により失脚・亡命
1626年 ~ 1712年)

対立王 (ジャコバイト)

※名誉革命後、ジェームズ2世の男系子孫が王位の正統を
※直系断絶後は、ステュアートの遠縁をたどって一部信奉者により擁立されるにとどまる

王位要者 (通称)  (生没年) 血縁関係・その他備考
ジェームズ2世 1688年 ~ 1701年  名誉革命
フランスへ亡命
1633年 ~ 1701年)
ジェームズ3世」
(大僭称者)
1701年 ~ 1766年 ジェームズ2世長男
1715年の反乱に乗じて帰するも
復位には失敗
1688年 ~ 1766年)
チャールズ3世」
(小僭称者)
1766年 ~ 1788年 ジェームズ3世」の長男
1745年にスコットランドで反乱を
起こすも失敗してフランスへ逃亡
1720年 ~ 1788年)
ヘンリー9世」
ヨーク枢機卿
1788年 ~ 1807年 ジェームズ3世」の次男
イタリア職者(枢機卿)
子孫くジャコバイトの直系は断絶
1725年 ~ 1807年)

ハノーヴァー朝

※ジャコバイト排除のための特殊な王位継承法により、ステュアートの女系の遠縁をたどって即位
※ハノーファーはドイツ西部国家英語読みがハノーヴァー

王 (同君連合 在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
ジョージ1世
(ハノーファー選ゲオルク1世)
1714年 ~ 1727年 方の曾祖ジェームズ1世
王位継承法により即位
「君臨すれど統治せず」の先駆け
(1660年 ~ 1727年)
ジョージ2世
(ハノーファー選ゲオルク2世
1727年 ~ 1760 ジョージ1世の長男
1683年 ~ 1760年)
ジョージ3世
(ハノーファー王ゲオルク3世)
1760年 ~ 1820年 ジョージ2世の孫
1801年よりグレートブリテンおよび
アイルランド連合王」
1738年 ~ 1820年)
ジョージ4世
(ハノーファー王ゲオルク4世)
1820年 ~ 1830年 ジョージ3世の長男
1811年~20年まで摂政王太子
王妃と不仲のため男子
1762年 ~ 1830年)
ウィリアム4世
(ハノーファー王ヴィルヘルム)
1830年 ~ 1837年 ジョージ3世の3男
子供はみな庶子のため
王位継承から除外
1765年 ~ 1837年)
ヴィクトリア 1837年 ~ 1901年 ジョージ3世の4男ケント
ノーファーが女王制度ののため同王位は叔父エルンストが相続
1819年 ~ 1901年)

ハノーヴァー朝 (サクス=コーバーグ=ゴータ朝)

※ヴィクトリアの王配アルバート名「ザクセン=コーブルク=ゴーダ」に由来
※ハノーヴァーの一部だが、新王と見る場合あり

王 (通称) 在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
エドワード7世 1901年 ~ 1910年 ヴィクトリア長男
チャールズ現王太子がえるまで最長の王太子(プリンス・オヴ・ウェールズ)在位記録
1841年 ~ 1910年)

ウィンザー朝

第一次世界大戦敵国ドイツに由来する名を嫌って名 (1917年)
※次王チャールズからは「マウントバッテン=ウィンザー」に名予定

在位 (生没年) 血縁関係・その他備考
ジョージ5世 1910年 ~ 1936年 エドワード7世の次男
アイルランド独立により1922年以後グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王」
1865年 ~ 1936年)
エドワード8世 1936年1月 ~ 12月 ジョージ5世の長男
愛人ウォリスシンプソンと結婚するため王位を放棄(王冠をかけた
1894年 ~ 1972年
ジョージ6世 1936年 ~ 1952年 ジョージ5世の次男
王の突然の退位により急遽即位
1895年 ~ 1952年
エリザベス2世
1952年 ~ (現在 ジョージ6世の長女
2007年にヴィクトリアを抜いて
最長在位記録
(1926年 ~ )

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E7%8E%8B%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
ページ番号: 4702481 リビジョン番号: 1373345
読み:イギリスオウノイチラン
初版作成日: 11/08/19 01:50 ◆ 最終更新日: 11/12/08 00:39
編集内容についての説明/コメント: 色々追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イギリス王の一覧について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/04/21(月) 23:13:45 ID: hmMzaxZLeB
なんでノルマン以前は視なんや
アルフレッド大王ェ...
2 : ななしのよっしん :2014/11/22(土) 15:59:27 ID: qbynkc5XWB
ノーヴァー突然王に迎えられたドイツ人はさぞびっくりしたろうな。
当然英語は出来ないから宰相のウォルポールに任せきりで、立君主制が開けたのが一の功績かな?
3 : ななしのよっしん :2016/05/29(日) 21:19:40 ID: Rr3bab2G/y
>>1
イングランド王はアングロクソンだと駄なんだろ(棒)
4 : ななしのよっしん :2017/07/23(日) 16:21:51 ID: MXX9CVceXO
イギリスってなんだよ
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829