単語記事: イナズマン

編集  

イナズマン』とは、石森章太郎(現・石ノ森章太郎)作による画・特撮作品、及びそれに登場するヒーローである。
この記事では特撮版の『イナズマン』及びその続編となる『イナズマンF』について記述する。

MOVIE大戦アルティメイタム』に登場するイナズマンについては個別項を参照→風田三郎

概要

東映制作特撮作品。当時のオカルトブームから「超能力」を取り入れ、少年少女超能力集団「少年同盟」と悪の超能力集団「新人類帝国」との戦いが描かれる。
見所としては大野剣友会によるアクション論のこと、ミュータンロボットの奇怪なデザインミニチュア特撮により描かれる超能力描写などが挙げられる。

そんなイナズマンであるが、変身ブームの沈静化による人気の低迷やオイルショックによる物価の高騰に苦しめられる。それを受けて第3クールからはタイトルを『イナズマンFフラッシュ)』に変更。イナズマンヒーロー性を向上(サナギマンの出番減少、明確な必殺技の導入など)させた他、正義側のレギュラーを男二人に絞り、よりハードな展開へと路線変更していった。

NET系列で1973年10月2日から1974年3月26日にかけて『イナズマン』(全25話)が、1974年4月9日から同年9月24日にかけて『イナズマンF』(全23話)が放送された。ナレーション村越伊知郎が担当。

2011年10月から2012年4月にかけて東映特撮 YouTube Officialで全48話(F編含む)が配信されたが、劇場版MOVIE大戦アルティメイタム』への登場に合わせてか2012年12月から2013年5月にかけて再配信された。

あらすじ

イナズマン

ある女性少年怪人と戦っていた。偶然通りがかった東南大学の渡五郎と友人の丸作が助けに入るも、五郎怪人の攻撃でに落ちてしまう。

女性少年五郎を保護し、気がついた彼に事情を説明した。彼らは超能力を持つミュータント集団・少年同盟であり、帝王バンバ率いる悪の新人類帝国と戦っているのだと言う。さらに五郎は、少年同盟の導者・キャプテンサラーから自分もミュータントであると告げられる。

キャプテンサラーによって覚醒させられた五郎は「ゴーリキショーライ!」の掛けサナギマンに、さらに「チョーリキショーライ!」の掛けイナズマンに変転した!

イナズマンF

新装備・ゼーバーによりパワーアップしたイナズマンは、遂にファントム軍団を壊滅させた。しかしその裏で暗躍していたデスパー軍団の強襲を受けてしまう。なんとかその場を逃れるも、逃げる途中で関わった人々はデスパー軍団により殺されてしまった。

インターポール荒井に救出された五郎はそれまでの生活を捨て、荒井と二人で長く苦しいデスパー軍団との戦いに身を投じることになる。

登場人物

少年同盟(無印)

悪の超能力者と戦うためにキャプテンサラーが作った秘密組織。メンバー全員ミュータント少年少女で、日本の各地にメンバーがいる。有事の際はオレンジ色の制服ヘルメットを身にまとい、通信機や投擲武器になるアイテムピットを装備する。
『F』での出番はED映像のみで、本編には一切登場しなくなる。

五郎/サナギマン/イナズマン (演:伴直弥(現:伴大介))
東南大学の三年生。少年同盟とイツツバンバラの戦いに巻き込まれたことで自分が超能力者・ミュータントであることを知る。サナギマンイナズマンへの変転を得てからは少年同盟の一員となり、戦いに参加した。
正義感の強い明るい青年であるが、時として感情的になり窮地に陥ることもある。変転前でも超能力を使えるが、そのイナズマンにならなければ発揮されない。
作 (演:北村一)
五郎の友人。頭を丸めてを生やした九州男児で、五郎と共に少年同盟に協する。超能力を持たない三枚ではあるが、怪を武器に新人類相手に立ち向かう。
大木サトコ (演:桜井マリ
少年同盟の一員。少年同盟の中でも年長の部類であり、中心となって行動する。
大木カツミ (演:山田芳一)
少年同盟の一員。サトコので、五郎のように慕う。
カオル (演:府房代)
少年同盟の一員。地下基地で通信係を担当している。
キャプテンサラー (演:室田日出男)
少年同盟の導者。五郎ミュータントであると見抜き、彼の超能力を開させた。本編に登場したのは第1話のみで、以降は1回も登場しなかった。

インターポール(F)

荒井  (演:上野山功一)
インターポールの対デスパー秘密捜官。新人類帝国を調した際に五郎/イナズマンについて知り、彼を保護した上で協を要請した。以降、五郎と共にデスパー軍団に戦いを挑む。な武器はライフルショットガン
記憶喪失であったが、後に妻とを残してデスパー・シティから脱出したこと、自身がサイボーグ化されていることが判明する。
五郎/サナギマン/イナズマン (演:伴直弥(現:伴大介))
新人類帝国を壊滅させたのも束の間、デスパー軍団から狙われることになってしまう。以後は周囲の人々を巻き込むことを恐れ、荒井と共に地下50メートル秘密基地に隠れ住むことになる。

サナギマン/イナズマン

サナギマン

五郎が「ゴーリキショーライ!」の掛けで変転する。武器は怪で、地味な色の岩のような体は防御に優れる。

五郎イナズマンへ変転するためのエネルギーを蓄える形態であり、敵の攻撃に耐えながらベルトのゲージが溜まるのを待つ。そのため、敵にボコボコにされる=弱いというイメージが強くなってしまった。イナズマンほどの強超能力は使えないが、全神経を集中させることで遠見をすることができる。

「ゴーリキショーライ」は「強招来」と「剛招来」の二つの説があり、前者は『F』のEDで用いられている。

イナズマン

ベルトのゲージが頂点に達したサナギマンが「チョーリキショーライ(招来)!」の掛けで変転する自由戦士い体にサイケな両、稲妻を模した黄色ラインマフラーと、サナギマンとは対照的に非常に鮮やかである。デザインモチーフ

念動瞬間移動などの様々な超能力を駆使して戦う。戦闘時の掛けは「チェスト!」(サナギマンも同じ)。
『F』からは徒手拳を多用するようになった。デザイン面では大きな差違はいが、『イナズマン』24話でマフラー黄色からオレンジ色になり、『F』1話から「F」文字が染め抜かれている。

イナズマンの装備・主な技

ライジンゴー
少年同盟から贈られたイナズマンの専用マシン黄色手なカラーリングボンネットが巨大な口として開閉するなど、かなりインパクトの強いデザインである。
普段は自動車であるが、輪を収納してを展開することで飛行形態に変形する。な武器は口での噛みつきや口内のミサイル、下のライジングフィンガーなど。
『F』では潜形態への変形や、口からドリルを出しての地中潜行も見せた。
稲妻落とし
両手の拳から稲妻を放つ必殺技。中盤以降多用される。
逆転チェスト
超能力によりあらゆるものを反射・逆転する技。破壊された建造物の修復も可であることから、時間をも逆転させている可性がある。
マフラー稲妻走り
マフラーを鎖に変えたり、伸縮させる技。鎖の大きさは自由自在で、ビルを支えるほど大きくもできる。
パンチ/念キック/念チョップ
と打撃の合わせ技。遠距離の敵を攻撃することが出来る。
『F』での念パンチと念キック普通の打撃技のように使用された。
ゼーバー
イナズマン最終回で、ベルト右パーツイナズマン、触の一部から作り出した超能力増幅器。
稲妻状の2本のアンテナと3つのレンズ付きアンテナを収納している。レンズの色は黄色の三色で、が逆転チェスト瞬間移動黄色が透視を増幅する。
本体の色は黄色で、ラインが走っている。大きさは携帯電話ほどで、普段はベルト右のホルダーに収納されている。
ゼーバーイナズマンフラッシュ
ゼーバーを用いた新たな必殺技。稲妻状のアンテナを立てたゼーバーで電撃を増幅し、敵を攻撃する。
イナズマン最終回で使用された際は「ゼーバー・イナズマショック」と叫んでいた。
ゼーバー・逆転チェスト/ゼーバー・テレポーテーション/ゼーバー・透視チェスト
ゼーバーにより増幅された超能力技。

新人類帝国ファントム軍団

イナズマン』での敵組織で、帝王バンバが結成した悪の超能力者集団。超能力者・ミュータントこそが新たな人類「新人類」であると考え、超能力を持たない旧人類を滅ぼし、ミュータントのみの世界を作ろうと暗躍している。
な戦ミュータンロボットファントム兵士、それらが乗る戦闘機など。

帝王バンバ (飯塚昭三
ファントム軍団の帝王で、イナズマン以上の超能力者。旧人類殺を第一の的としている。
デスパー軍団によって新人類帝国が崩壊の危機に陥った際に五郎と手を組もうとするも拒絶され、正体である火炎ファイターに変身してイナズマンと戦うも敗北してしまった。
ミュータンロボットミュータンロボ
悪の心を持つ超能力者の優秀な部分を集結して作られる改造人間改造の際に洗脳も施され、帝王バンバの従順な部下となる。
自然化学物質などをモチーフとし、強超能力イナズマン少年同盟を苦しめる。名称は「~バンバラ」。
ファントム兵士
新人類帝国戦闘員ヘルメットガスマスク、右腕の巨大なカギが特徴的。
話が進むにつれ、ヘルメットの色やカギの大きさ、などが変更されていった。

デスパー軍団

『F』からの敵組織。『イナズマン』第24・25話から登場し、内部からファントム軍団を壊滅に追いやった。ファントム軍団以上の戦イナズマン達を苦しめる。
本拠地は人工太陽く巨大地底都市デスパー・シティ」。デスパー・シティにいる5万の市民は全てさらわれてきた人間であり、サイボーグ手術を施された上で圧政を強いられている。

ガイゼル総統 (演:安藤三男)
将校に身を包んだデスパー軍団の総統。顔は真っ白で、右は傷を負ってふさがっている。冷酷非情の独裁者で、趣味が人間を獲物とした狩りという恐ろしい人物。またチェスも好んでおり、劇中で度々していた。
帝王バンバ以上の超能力を持ち、デスパー・シティも彼が超能力により作ったものである。また、見たの印とは異なり格闘にも秀でている。
デスパー (:岩名記)
デスパー軍団の参謀。『イナズマン』24話より暗躍を開始し、ファントム軍団を内部崩壊へと追い込んだ。戦闘時にはカギガトリングなどのアタッチメントを右腕に装着する。
策略であると同時に戦士でもある。イナズマンっ向勝負を挑むも、事前に遂行していた計画が裏に出て敗北してしまう。
デスパーα (渡部猛) / ウデスパーβ (:岩名記)
爆散したウデスパーの破片から作られたウデスパー兄弟色がα銀色βである。性格の違いから兄弟仲はかなり険悪。
αは頭部が小さくなり、右に大、左に小状のがある。ウデスパーの「」を受け継ぐが、その分性格は粗暴で短気。
βは頭部の中心に曲状のがある。ウデスパーの「知」を受け継いだ冷静沈着な性格だが、それゆえαにしばしば反発する。
合体デスパー (和田周)
仲違いばかりのウデスパーαβ合体させたウデスパー。右半身が銀色、左半身が色になっている。圧倒的なイナズマンを圧倒するも動回路のオーバーヒートにより撤退、手術により分離される。
後に再度の合体手術を施され欠点をイナズマン決戦を挑むも、弱点を突かれて敗北する。
デスパー (:岩名記)
中盤から登場。デスパー軍団の都市デスパー・シティ」の市長。ウデスパーよりも地位は上で、合体デスパーが倒された後は新たな参謀となる。ウデスパーとは異なり、間接的な手段でイナズマンを苦しめる。
名前は「右」デスパーに対しての「左」デスパーというわけではなく、「サディストデスパー」の略。
デスパー怪人
超能力者に改造手術を施したサイボーグミュータンロボットと異なり機械的なデザインモチーフ器や機器。異なるエピソードに(別人が素体の)同怪人が登場することもあった。名称は「~デスパー」。
デスパー兵士
デスパー軍団の戦闘員ファントム軍団を裏切ったファントム兵士改造されたもので、頭部のデザインも似通っている。な武器はマシンガンライフル、手など。

主題歌

イナズマン

オープニングテーマ「戦えイナズマン
作詞石森章太郎作曲編曲渡辺宙明/歌:子門真人コロムビアゆりかご

エンディングテーマチェスト!チェスト!イナズマン
作詞八手三郎作曲編曲渡辺宙明/歌:水木一郎

イナズマンF

オープニングテーマフラッシュ!イナズマン
作詞八手三郎作曲編曲渡辺宙明/歌:ヒデ夕樹

エンディングテーマイナズマンアクション
作詞石森章太郎作曲編曲渡辺宙明/歌:水木一郎

その他の作品での活躍

ゲーム

特撮冒険活劇 スーパーヒーロー伝』や『スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望』、『スーパー特撮大戦2001』などのコンパチヒーローゲームに参戦している。

映像作品

劇場版オーズ電王オールライダー レッツゴー仮面ライダー』に石ノヒーローとして登場。キカイダーキカイダー01快傑ズバットと共にジェネラルシャドウと戦い、シャドウに稲妻チェストという技をくらわせている。
を演じたのは声優石川英郎

MOVIE大戦アルティメイタム』にはリファインされたサナギマン/イナズマンが登場する。しつこいようだが詳しくは冒頭にも書いてある風田三郎の記事へ。

萬画版

週刊少年サンデー1973年34号から1974年38号まで連載された。『仮面ライダー』や『人造人間キカイダー』同様に、原作ではあるが設定は特撮版と大きく異なる。

主人公超能力者(サナギマン/イナズマン)として覚醒し、少年同盟と共にバンバの率いる新人類帝国と戦う、と基本的なストーリー特撮版と同様である。しかし主人公が「サブロウ」という中学生であったり、少年同盟のメンバーが異なるなど設定面で異なる点が多い。
イナズマンデザイン特撮版にべてより生物的であり、額にはの口吻のような器官が存在する。

画版『人造人間キカイダー』とは世界観が繋がっているようで、本作の一編「ギターを持った少年」に最終回後のジロー/キカイダーが登場している。
この話は後に『キカイダー01 THE ANIMATION』のDVD-BOXにて映像特典として映像化された他、漫画イナズマンVSキカイダー』(作:MEIMU)としてリメイクされている(こちらは漫画キカイダー02』の後日談にあたるが、若干本編矛盾する描写もある)。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%B3
ページ番号: 4973059 リビジョン番号: 2030603
読み:イナズマン
初版作成日: 12/09/30 19:30 ◆ 最終更新日: 14/05/30 12:57
編集内容についての説明/コメント: 少し加筆。冒頭はイナズマンを太字にしてMOVIE大戦は太字解除。冒頭とその他~で誘導してるので関連項目からアルティメイタム削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

イナズマンについて語るスレ

20 : ななしのよっしん :2012/12/11(火) 00:00:28 ID: qi6Mx/8pRM
荒井さんに該当するキャラは登場したのかえ?
21 : ななしのよっしん :2013/02/10(日) 12:17:04 ID: H1vgGPyM1H
>>20
原作版重視の設定なので登場せず
22 : ななしのよっしん :2013/02/25(月) 20:21:58 ID: QkDMgdRvQV
知らない人が見たらサナギマン怪人の戦いは仲間割れに見えると思うw
戦闘員との戦いは部下イジメにも見えるw
23 : ななしのよっしん :2013/04/28(日) 08:08:53 ID: Eg/uD4rBy7
 ヒーロー対戦Zでも出てきたけど結構立ってましたね
24 : ななしのよっしん :2013/07/27(土) 15:57:27 ID: wEhYu4fpmh
アルティメイタムフォーゼ編のサナギマンイナズマン本当に良かったなあ・・・
25 : ななしのよっしん :2013/08/08(木) 22:04:54 ID: yuOfHFrg3u
五郎荒井の二人は変身ヒーローと捜官という関係で、
変身ブームの火付け役の本郷(一文字)と滝和也と重なる部分があるけど
爽やかライダー組とは対照的でありえないほど渋いなw
26 : ななしのよっしん :2015/12/07(月) 19:41:38 ID: jE1fZnkqsY
サナギマンが弱いってやつはちゃんと見てないだろサナギマン普通に強いぞ
サナギマンは耐えるって言葉が先行してやられキャラのように思われてるが
実際は怪人とだって普通に戦えるし戦闘員なんぞ余裕で薙ぎ払える
その上でイナズマン黄金バット並みの強さ
27 : ななしのよっしん :2016/04/14(木) 00:58:29 ID: Zuh6RGyehT
石ノ先生が「最強」と言ったらしいけどてつをズバットがあまりにも凄すぎてそう見えないんですが。
28 : ななしのよっしん :2016/07/19(火) 19:08:11 ID: y1obDvCJdT
ズバットがいかに強かろうと所詮は強化を着た人間にすぎず、5分というタイムリミットがある。
ダッカー悪の組織とはいえ構成員は所詮は生身の一般人暴力団だけど)で、早川およびズバットはその一般人相手に無双してるにすぎないから、超能力者のイナズマン勝てるわけがない

次にRXだが…
イナズマンイナズマンの状態で全仮面ライダーをほぼ持ってると言っても過言ではない(さすがに巨大化は出来ない)から、いくらライダー最強補ともいえるRXでもイナズマン相手では分が悪すぎる。
直前のサナギマンでさえ何をやっても死なないから、サナギマン相手でも勝てるかどうかが疑問。逆にサナギマンもこれといった攻撃技を持たないからRXに勝てないけど、RXの攻撃を耐え続けることになるから結局はイナズマンになるし。

というか、イナズマンに逆転チェストとかいうチートえたインチキ技がある以上、そこら辺のヒーローではどうしようもできないと思う。
29 : ななしのよっしん :2017/08/21(月) 12:14:45 ID: an4Fk6WOg4
>>28
その場で一番効果的な事が起きるキングストーンフラァァッシュ!と
バイオの液体化で内部破壊が通じるかどうかだな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829