単語記事: ウィッチクラフトワークスEDに登場する拷問

編集

TVアニメウィッチクラフトワークス』のエンディングでは、アップテンポな楽曲「ウィッチ☆アクティビティ」に合わせて「魔女」達が、実在する様々な拷問・処刑を受ける映像となっている。

この記事では、アニメに登場したこれらの拷問および処刑法を、中世ヨーロッパでの事例を中心に紹介する。

この記事には少々残酷な表現が含まれています。
「多宮君はを瞑ってて」

1.拘束具

身体の自由を奪うために、ヨーロッパでは様々な拘束具が考案された。大きく別けると、木製のを開けたものと、製の輪を鎖で繋いだものがある。手枷、足枷、首枷それぞれ独立したもののほか、いくつかが一体化したものもある。単に身体の自由を奪うだけでなく、そのまま苦痛を与える拘束具も多様に存在する。アニメで使用されているのは、手枷と首枷が一体化した状の拘束具と、製の足枷である。
日本では縄による縛りの技術が発達していたため、このような多様な拘束具は存在していない。

2.十字架刑

十字架に磔(はりつけ)にされる公開処刑の刑罰。磔刑(たっけい)。イエス・キリストの処刑法としてもあまりにも有名。太い釘で手首を打ち付けられ、打ちにされるなどしてし者にされる。死に至るまでの時間が長く苦痛が大きいため、世界でも最も残酷な処刑法であると言われている。あまりの苦痛により受刑者が発狂してしまうため、没を混ぜたぶどうを飲ませるのが通例であった。
また、磔刑とともに行われることのあった処刑法として「刑」がある。刑の場合、磔にした人間をの縄りに放置し、を啄ませる。アニメ中では背景が山とで高い所に磔にされていることから、刑にされているようにも見える。

3.運命の輪

輪を用いた拷問にはいくつかバリエーションがある。「運命の輪」は巨大な輪に体を縛り付け回転させることで苦痛を与える拷問で、下にを置いて顔をに浸ける・上げるを繰り返す拷問や、火を焚いて火りにする火車なども存在した。輪の側面に大の字に縛り付けるタイプと外輪に沿ってまっすぐ縛り付けるタイプがある。現在でもTVバラエティ番組なんかで見ることもありますね。
アニメで使用されているものは床がくり抜かれているががあるようには見えないので、単に回転を繰り返すことにより苦痛と恐怖を与え自させるための拷問だと思われる。

他に輪を用いた有名なものに「拷問輪」がある。これは初期には巨大な輪に身体を括りつけて転がすことで輪の重量で押しつぶす拷問・処刑であったが、死に至るまでに時間がかかるため、刺(とげ)の生えた輪を使ったり針や茨の上を転がす処刑法へと進化していった。キリスト教人・殉教者のカタリナには輪を用いた拷問にまつわる逸話があり、刺の生えた輪は「カタリナ輪」と呼ばれ彼女の徴とされている。

4.釜茹で

や油で身体を茹でる拷問・処刑法日本では石川五右衛門の処刑法として有名。日本では戦国時代から江戸時代にかけて行われたほか、中国では頻繁に行われていた。
ヨーロッパでは、ローマ帝国時代にヴィトゥスが釜茹での拷問を受けた後に処刑されていたりと古くから拷問の一つとして存在していたようである。近世においては、ヘンリー8世が殺に対しての法定刑罰として釜茹でを採用しており3件の執行例があるが、王位が移ってからは止されている。民間魔女狩り拷問・処刑にどれほど釜茹でが使用されていたかは不明。

5.石抱

「いしだき」と読む。別名「算盤そろばん)責め」。日本江戸時代に囚人に対して行われた拷問のひとつ。この中では一、西洋に縁のない拷問法である。三角形の木を5本並べたギザギザのの上に正座をさせ、膝の上に石版を乗せることでギザギザを足に食い込ませる拷問は十露盤(そろばんと呼ばれる。石版には伊豆石が使われ、一枚が45kgほどあるものを4・5枚程度乗せ、さらに石を左右に揺らされ苦痛を与えられることもあった。腕は後ろに縛られ、身体も背後の柱に固定される。自させることが的であるため生命に危険が及ぶ前に降ろされるが、数日すると再度実施され、状するまで繰り返される。
土佐では類似の拷問として、上下ともにギザギザのを置き、大掛かりな器具によって膝を挟み込む「搾木(しめぎ)」というものも存在した。

6.鉄の処女(アイアンメイデン)

別称「悲しみの」とも。中世ヨーロッパで使用されていたとされる拷問・処刑器具。女性の形をし内部が洞になった人形の中に人間を入れる。内側には体を突き刺すように刺が生えていて、を閉めると同時に体に刺が突き刺さる仕組みである。名称とは裏に大部分は木製である。
ただ、この拷問器具は実際に使用されたり存在していたという明確な資料がなく、囚人を脅すための威圧用のオブジェであるという説や、想上の拷問器具であるという説もある。現存しているものも全て中世オリジナルではなく、18世紀末以降に作られた模造品である。

7.伸張拷問台(ラック)

魔女狩りに使われた拷問具の中ではわりとポピュラーなものである。手と足をそれぞれロープで縛られ、上下からローラーでロープを巻き取ることで身体を引き伸ばしていく拷問器具。身体を引き伸ばすタイプ拷問器具には垂直方向にるすものとベッドなどの横に寝かせるものが存在するが、ローラーで巻き取るこのタイプは横に寝かせて使用するものである。アニメ作画では少しわかりにくいが、タイルりの床面に寝かされて拷問を受けていると思われる。なお、通常は一人用の器具。イギリスでは「エクセター」と呼ばれた。

8.車裂きの刑

輪刑」とも。中世ヨーロッパにおいて、被処刑者の四肢を砕いて輪に括りつけ示する(しものにする)処刑である。輪は太陽イメージで、死ぬまで太陽す行為には太陽に供物をげるという意味合いがあると考えられている。四肢を粉砕してから輪に括りつける場合、輪に固定してから粉砕する場合、輪を用いて粉砕する場合など、四肢の粉砕のプロセスは時代・地域によって様々であったが、輪の上でし者にされる点は共通している。このように、東洋の処刑が単純に見せしめであるのに対し、西洋の処刑は宗教上の「儀式」としての側面も重要視された。
アニメの場面は輪に括りつけられて高所にされている姿だと思われる。
なお、中国におけるによる処刑も「裂きの刑」と訳されるがこれは引き裂き刑の一種であり、西洋の「輪刑」とは別のものである。

9.ウォーキングプランク

17世紀頃に海賊が捕虜に対して行ったとされる処刑法。船縁から突き出したの上を歩かされ、に落ちてサメの餌食となる。体を縛られ隠しをされた状態で歩かされたり、後ろからで追い落とされる方法が取られた。アニメ内では隠しはせず、で突かれ追い詰められている。

10.審問椅子

拷問椅子」、「祈りの椅子」などとも呼ばれる。針の付いた椅子に人間を座らせて苦痛を与える拷問器具。
アニメ内で登場しているようなびっしりと刺の生えた椅子は体重が分散して大した苦痛を与えないため、囚人に見せつけて恐怖を与えるための威圧用のものである。
実際に拷問に使用されたものはまばらに刺を配置したもので、こちらのほうが苦痛が大きい。手を置く部分にも刺が生えており、体や手首をベルトで固定し刺を突き刺す。刺の長さはそれほど長くなく致命傷になりにくいため、較的安全に拷問することができたとされる。
「祈りの椅子」という通称は、拷問にかけられた人間が苦痛で前屈みになっていく様が祈りをげているように見えるためである。

11.火刑

「火り」。受刑者を火で焼き殺す処刑法魔女狩りの処刑法の中では最もスタンダードなものであった。なぜなら、魔女片の一片からでも再生すると言われており、身体を全ににする必要があったためである。そのため、魔女の火刑はただ絶命させるだけでなく、足元に大量に積まれたを使ってじっくりと時間をかけて焼かれた。
魔女の処刑法としては他に、イギリス体だった絞首刑や、溺死刑などがある。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9ed%E3%81%AB%E7%99%BB%E5%A0%B4%E3%81%99%E3%82%8B%E6%8B%B7%E5%95%8F
ページ番号: 5195634 リビジョン番号: 2026328
読み:ウィッチクラフトワークスエンディングニトウジョウスルゴウモン
初版作成日: 14/01/30 07:46 ◆ 最終更新日: 14/05/21 18:13
編集内容についての説明/コメント: 搾木は直接関係ないので一文に纏める。他微修正。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ウィッチクラフトワークスEDに登場する拷問について語るスレ

20 : ななしのよっしん :2014/02/21(金) 06:45:02 ID: ggK0a+QLJg
拷問」の記事より詳しい件
21 : ななしのよっしん :2014/02/23(日) 19:44:32 ID: bB6j9aikED
いろいろ知りたければこの動画シリーズ
拷問と処刑の歴史
http://www.nicovideo.jp/mylist/11438177
22 : ななしのよっしん :2014/02/23(日) 23:18:31 ID: DZbfAPw7cr
7.のラックって、モンティ・パイソンスペイン宗教裁判にも出てきたあれか。
23 : ななしのよっしん :2014/02/24(月) 23:53:47 ID: QFES8U++yC
考察と記事立て

なぜ作ったwww
そしてなぜここまで充実させたwww
24 : ななしのよっしん :2014/02/26(水) 22:35:37 ID: 6+PQ3AeXHQ
>>22
出てきた、っていうかモンティ・パイソンの場合出てこなかったけどなw
25 : NIGHT WALKER :2014/02/27(木) 00:30:52 ID: eaNTvvydPJ
石抱って驢(ブーロ)ってやつ西洋にいなかったっけ?rackで見た希ガス
26 : ななしのよっしん :2014/05/24(土) 20:06:28 ID: fiihjRkDTr
モズグス様がこのスレ興味を示しました
27 : ななしのよっしん :2015/10/12(月) 09:51:05 ID: +N02nGoJ0n
何だこの記事、充実しすぎだろw
28 : ななしのよっしん :2015/10/12(月) 17:11:47 ID: TR0fx6RKCz
はないのか。

A(ヨーロッパ史にある)大量のを飲ませる。
B(アメリカでは拷問ではないので今も使われている)上を向かせて顔にタオルをかぶせをかける。地味だが喉にが入ってむせる反射を使うから抵抗できず死ぬことも十分ある。
C(日本キリスト教、体の一部が常にに浸っている状態にする。腐る。
D(やくざドラマなどでよく出る)バケツ風呂桶のに顔をつける。呼吸を慢させ、失敗したら溺れる苦痛もある。
29 : ななしのよっしん :2016/03/10(木) 07:37:18 ID: NWJP0TUitk
シーキューブ涙目だな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015